Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
07/17(Wed)

言ってるそばから!

「闇芝居」がむっちゃこえーよ!!!!!
怖い話と脅かす話はベツモンだろ!でも実際ラストもわけわからんかったからやっぱこえーよ!

サボりましたすいません。
しかしこの三連休は予定にはなかった別荘滞在だったので更新はムリ。
スマホからの更新はマジでムリ。ストレスでスマホ投げつけたくなる。

11日の殺人的暑さ、12日のイラつく暑さ(11日の方が暑さは上)に耐えかねた…わけではないのだが、新宿への出張をいいことに早めに引け、別荘に向かった…のはいいのだが、新幹線に乗るまでの在来線の混みようがこれまた殺人的であった。
一本待つにしても遅くなればさらにラッシュになるわけで、乗らざるを得なかった。
15年くらいラッシュにほとんど揉まれない生活をしている(朝早く海外に行く時とか病院に定期健診に行く時しかラッシュアワーには乗らないなぁ)ので、私自身昔のように乗り慣れていないせいもあるだろうが、デカい荷物を持っていたので怒られるんじゃないかとヒヤヒヤした。うーむ、S県恐るべし。

そしてN県恐るべし。
昼近くまでへろへろ眠れるくらい涼しいのは素晴らしいが、何しろテレビ番組が貧相過ぎる。
アニメなどもってのほか。見ることができたのは当然、全国ネットの星矢とヤマトだけである。(日テレネットのハンターはやってはいるが曜日が違ったため見られなかった)かつてハガレンは見られるとうきうきしてチャンネルを合わせたらやってはいたけど一週遅れだった時の絶望ったらなかった。土6の週遅れも今はもう伝説か。

NHKのあまちゃんやタイムスクープハンターは見られるが、半沢直樹も1話の再放送が見たかったのに、TBSでは当然やっていた昼間の再放送が地方局ではやってない。もー!仕方なく「八重の桜」とか見ちゃったよ、もー!!

というわけで三連休の最終日に帰ってきた。
帰りは運賃をケチってバスだったので、2時間半で帰れるところを4時間半かかったため、溜めこんだアニメがまだ全部見られていない。一生懸命見たんだけど終わらない。見ても見ても終わらない。ふーっ…
あっ、そういえばローゼンメイデンやアメトーークはDVDに焼いて持って行ったのに機器が認識しなかったんだった。もー!!!

では簡単に。この溜め込みにより、「ちょっと見るのが面倒だな」と思った作品は切ったものもあります。

【マジェプリ】
アンジュどころじゃない豹変ぶりで、闘争心剥き出しのイズルはジアートと互角にガチンコ。いや、まぁジアートはそれでもまだ余裕な感じだったけどね。

我々同様、アンジュの性別は5人にとっても推し量れない部分のようで、運動に誘ってみたり料理をさせてみたり…
遺伝子操作されてる身では体力勝負は意味がなく、ケーキ作りは上手なれど、対抗馬があまりにも下手過ぎて比較にならない…果ては「エロDVD見せてみようぜ!」となる始末。ってかあの時だって男のスルガが逃げ出し、女のタマキが興味津々だったんだからわからんじゃないか!

イズルたちは過去を「思い出そうとすること」も禁じられているのかぁ…可哀想。アスランはこの世界では絶対に生きていられないね!
テオーリアさんが知るイズルは、自分を守るといってくれた、ヒーローだった…イケメンに操られまくったタマキといい、イズルもテオーリアさんに掌で転がされてますやん。

【銀の匙】
内海賢二氏に哀悼の意を。
声に張りがあるし、全然お亡くなりになるなんて感じじゃないのになぁ…

「ハガレン」作者による北海道農業高校物。
農業学校系は「もやしもん」、北海道が舞台ということでは同じサンデーってことで「じゃじゃ馬ぐるーみんUP」を思い出してしまう。ついでにデブ女がアリサちゃんにしか見えなかったので「モンキーターン」も思い出す。中の人が根谷美智子だったら完璧だね!

ニワトリの卵が肛門から出るって聞いて卵を食えなくなるってどんだけ王子様なんだか。そんな事言ってたらきみたち男性の精液と尿道の関係はどうなるのか!
そもそも駿平みたいに農業とは無縁の東京から来た優等生なのかと思ったら、優等生ではあるらしいけど札幌だしさ。大都会とはいえ、同じ北海道じゃん。

まぁしっかりした内容みたいだし、作者らしいキャラ設定はあるものの、今のところ拒否感はないので継続。

【ローゼンメイデン】
2話目からはいよいよ原作未読のヤンジャン編へ。「まかなかった」ジュンは大検を受け、1人暮らしをしながら大学に通い、本屋でバイトをする悶々とした日々を送っている。
ある日「少女の作り方」というデアゴスティーニオマケつき雑誌を手に入れたジュンは、毎回送られてくるパーツを使って「ローゼンメイデン」なるドールを完成させることに没頭するようになる。

せっかくのバイト仲間のモーションにも上の空で、「真紅」を完成させたい一心で作業に励むジュンの元に、ある日メールが届く。それは中学生の頃の自分・・・「まいた」自分からのメールだった、というところでヒキ。

なんだよー、これまた随分面白そうじゃないか。先が気になる。超気になる!

【ダンガンロンパ】
苗木が部屋を取り替えた事がきっかけで起きてしまった第一の殺人…犠牲者は舞園さやかだった!
ってか「あれ?CMでは葉隠じゃなかった?」と思った人は、ゲーム発売時の嘘予告もそうだったと知るだろう。
うん、事件後のさくっと殺られちゃった江ノ島さんといい、かなりスピード感があっていいねいいね!
そのくせさくらちゃんが江ノ島さんに「雑誌と雰囲気が違う」と言うセリフは削らないなど、構成上もバッチリ。

次回はいよいよゲーム最大の見せ場、学級裁判開始。どんな演出になるのかな。

【サーバント・サービス】
ファミレスで働いてるような連中が、恋愛だの商品のバカ食いだの妻探しの旅だのやってる分には許容できたけど、同じようなことを公務員がやってるとなると、さすがにちょっと許せないものがある。
というわけでこれは視聴切り。

【幻影ヲ駆ケル太陽】
いつもの私なら絶対切ってそうなんだけど、なんだろう、やっぱりタロットカードの使い方がきちんとしている事や、「あれ?イトコ殺しはスルー?」と思ったら、それが「記憶の改竄」によるものだったという結構ダークな展開になってきて、うーん、なんか結構面白いかも。主人公が変身すると意外とカッコいいのもいい。4人だし、キャラ設定や色合いなどダーク・ミルキィホームズって感じだけど、このまま見ちゃうかも。

【超次元ゲイム ネプテューヌ】
いやいやいやいや、ないわ~、私がこれを見られるわけないわ~

【神さまのいない日曜日】
死神のスカー曰く、アイが村人全てを埋葬したことで、「生きている人はいない」とのこと。
15年前の災厄により、人には子供が生まれなくなったのに、アイは12歳ということに、ハンプニー・ハンバートは何か心当たりがある様子。

しかしハンバートがいきなりアイを殺そうとするのはともかく、助けておいて「この子を殺すぞ!」とか言い出すユリーのガイキチぶりがわけわからん。

色々「ん?」「何…だと?」と思うところはあるものの、全体的にはダークな雰囲気が気に入ってるし、何より先が気になるので結構楽しみ。

【宇宙戦艦ヤマト2199】
岬百合亜の博識過ぎる不思議ちゃんぶりに、真田副長もびっくり。

いやー、今回はウザったい恋愛模様とかやたらクネクネした新見が島に迫るシーンとかより、なんたって艦隊戦がめちゃくちゃ格好良かったね!
復活した沖田艦長の言う通り、あそこで戦闘隊は出せないよ。どっちにしろヤマトで突撃するしかあるまい。
島の絶妙な舵取りや、すれ違い様に行きがけの駄賃に機関砲や副砲をぶち込んでいくとか、ドメルの余裕綽々の包囲網とか、見所満載で燃えたね!やっぱヤマトはこうでなくちゃね!!

しかしまぁあそこで退いてくれなかったら完全に墜とされてたよねぇ、絶対。
本国への帰還命令という事は、総統へのテロ(替え玉かな?)について、あの冒頭のシーン(ドメル娘)が何か関与してるってことなのかな。

とにかく久々に格好いい艦隊戦が見られて大満足。やっぱり名実共に世界一の現在のアニメーション技術で描くとすごいよね!(だからガンダムもはよ)

【有頂天家族】
立派な古狸だった父上は弁天たちに鍋にされ、跡目を継いだ長男は真面目な堅物だが融通が聞かず、次男は古井戸でカエルになって元に戻れず、天狗に憧れ人に懸想するちゃらんぽらんな三男は頼りにならず、四男は幼過ぎてライバルのツイン狸にいびられる。

今回も京都を描きこんだ美しい背景に酔いしれ、個性的なキャラクターたちにほくそ笑み、雷に驚いて逃げ出したというママン@王子タヌキが可愛過ぎてモエモエ。やだー、これやっぱりすごく面白い。ヒット作が多い今期の中でも一番好きかも。(いや、ローゼンも面白いしダンガンロンパもいいし神様もいいし神のみも…ああっ、決めきれない!)

【ファンタジスタドール】
自分で変身して戦う「幻影」に比べると、カードによる代理戦争はイマイチ緊迫感に欠けるけど、こっちはこっちで女の子たちは可愛いし、先生そこで何してはるんですかラフレシアマンは変態の度が過ぎるので、見所満載。特にラフレシアマンが出てくるとむず痒くてぷぷっと笑ってしまう。保志きゅん、いくら谷口絡みだからって仕事は選べよ。

【ブラッド・ラッド】
何が悪いわけでも問題というわけでもないんだけど、今期は週末アニメが多過ぎるのでパスすることにした。
すんまそん。

【進撃の巨人】
OP変更。アニがクローズアップされるのは当然だが、曲も歌詞も「紅蓮の弓矢」の方がよかったなぁ。
リヴァイ兵士長による蹴りでケリをつけた裁判編。同じ日に10歳の女の子が30過ぎの男に殴る蹴るの暴行を受けて顔も判別できないほどの脳内出血で重体という痛ましい事件(犯人が自立支援センター入りなので案の定報道規制がかかり、報道は秋田のキャバ嬢殺しよろしく、もっぱら16歳の16歳殺しばかりだが)が起きたので、この無抵抗な相手への暴行シーンもあまりいい気持ちはしなかったが、エレンは巨人エレンゲリオンなので折れた歯もちゃっかり元通り生えているのだった。

このへん、ちんたらしてるのは仕方ないのです。原作もそうなのです。そしてもう少しちんたらが続くのです。

【神のみぞ知るセカイ 女神篇】
「神様のいない日曜日」の次の日は「神のみぞ知る月曜日」
アテナを宿したカノンは刺され、残り一週間の命だという。
ディアナは姿を隠し、エルシィはカノンの代わりにアイドル活動を継続。
桂馬はハクアをバディとして、残る4人の女神探しを始める事に。

ハクアスキーなので、お風呂で桂馬と鉢合わせというハーレムアニメ鉄板展開など活躍は嬉しいが、それ以上にエルシィスキーなので寂しくもある。
記憶を保持しているキャラを絞っていくものの、アニメでやってない物語のキャラを当然のように出すのはホント、強引だ。原作を読んでない人はそのキャラとの因縁がサッパリだもんねぇ。

でも私は原作も少しは読んでいるので問題ない。というかすっごい楽しい。むしろ今までのシリーズの中でも一番楽しいかも。気になるところで続かれたので、来週も楽しみ。

とまぁこんな感じ。

他に今期はドラマも結構見ていて、「孤独のグルメ」「リミット」「半沢直樹」「タイムスクープハンター(次回は「八重の桜」とのコラボ)」そしてもちろん「あまちゃん」
見るつもりもなく「ショムニ」やら「サマーヌード」やら「Woman」だのも流し見したけど、さすがにこれらは続けては見ないなぁ。

とにかく今期はアニメが豊作のような気がする。
春は豊作、でも夏は…って状態がここ数年ずっと続いていたのでオドロキだよ。去年なんか「超訳 百人一首」だけだよ。懐かしくて久々に公式覗きに行っちゃったよ。もう今さらだけど「うた恋ぃ。なう」いいよね。なうな和歌も面白いし、声優さんたちのコメントもすっげーいい。

明日早いのでとりあえずこのへんで。一言へのレスはまた今度…って、そうだ、明日は「劇場版 銀魂」見に行く予定と告知しておきます。一言へはレビュー公開までネタバレなしでお願いしますね。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ