Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
05/11(Sat)

今日は土曜日出勤

そして来週も土曜日出勤…はぁ。

上司から、私と一緒に異動してきた人が「この職場を面白くないと思っているようだ」と相談されてビックリ。
感情や好き嫌いを露わに出す私の方がうまくやれてなくて、調子よく周囲の人と話をあわせ、顔が広く知り合いが多く、何かあればすぐ「子供が熱を出した」と「子供防衛線」を張りながらもなぜか残業は私よりしている彼の方がよっぽど職場に順応して楽しくやってるのかと思っていたのに…
上司いわく、「この仕事に嫌気が指している彼に比べ、あなた(私のこと)の方がやっぱり色々な事に耐性があるようだ」とのこと。
ははははは。

【魔王さま】
ありー、またED変更だ。
魔王がいなくなって平和を取り戻したはずのエンテ・イスラではまだまだ不穏な空気が漂っているようだけど、こっちでは魔王さまは相変わらずバイトに精を出し、アルシエルはトルコ旅行を画策し、漆原は…って、やっぱルシフェルおるしー!しかもまた戸籍造ってるしー!

ついに時間帯責任者になり、相変わらず大人対応の魔王さまに一喜一憂するちーちゃんは可愛いなぁ。
アルシエルがそれに気づいているのもなんとも…そしてエミリア!壊した人体模型はちゃんと弁償しなさい!
大山鳴動してねずみ一匹ならぬゲーム機1台。
最後に結局見てはならぬものを見てしまう魔王さまでオチがついた今回も面白かった。

新キャラ出てきて、さて今後はどうなるかな。

【マジェプリ】
意外にも卒業話。
いや、学園物としてもう少しやるかなと思っていただけにね。いやビックリ。
あの渡辺明乃ボイスもまだほとんどからんでないもんね。いやビックリ。
過去の話をうまいこと取り混ぜながら、5人だけが飛び級で卒業する事のちょっとした寂しさをブレンドしててよかったよ。
模擬戦闘もザンネン5らしく失敗するのかと思ったら意外と普通だったし。
そして生徒たちの敬礼での見送りはなかなかの感動シーンであった。

ラストに出てきたのは敵ご一同かな。
魔法使いみたいな服装は、あのおっぱいちゃんが持ってた絵本に似ている。という事はあの子は敵方か?
GDFに正式入隊するにしても艦長はリンリンなので、良心であるアマネ大尉ともども、今後はまた5人に関わってくるんだろか。

そして今週の「MZ5!」はまたしてもケイのノーパイネタ。もう許してやれよ…

【ヴヴヴ】
カップラーメンざーっとか、壊れた水栓で水浴びとか、ケンカの元になった張本人の癖に「歌を歌いましょう」とかひたすらひたすらショーコがウザい。どうしようもなくウザい。めっちゃくちゃウザい。あいつ実は本当は死人とかだったらいいのに。
似たようなタイプ(髪型も)にラグランのまどかがいるけど、あの子はこんなにウザくなかった。ちはやではピッタリの瀬戸ボイスまで聞くのがイヤになってくる。こいつが正ヒロインってマジでキッツい。

ショーコを糾弾する縦ロールに2発殴られるも、キツい一発を返したサキちゃんが綺麗でかっこよかった!(まぁいきなり噛むのもどうかとは思うけど…)
そしてなぜかハルトとまたコックピットに二人で乗って地下?格納庫に向かい、そこで多くの別型ヴァルヴレイヴを見つける。戦力強化…というよりは、色が綺麗とはしゃぐ彼女に、ハルトが「これ以上自分のような人間を増やしたくない」と秘密の共有を持ちかけると、まさかの了解のキス。うう、何このドキドキのエロさ!つーかセックスじゃねーから!しかしサキちゃんにはあそこではクールビューティーを貫いて、歌は歌わないで欲しかったなぁ…

縦ロールが穿いてなかった。なぜ!?
サンダーがいいヤツ過ぎて見ているのがイタい。
声はサンダー寄りのチンピラなのにキャラはしっかり理系オタクのオタマヤは、吉野のエポックメーキングになるかもね。

どうにもくだらん話なので、一応それから離れて行動しているエルエルフさんが出るとホッとする。
次回はサキちゃんストーリーなのでまた「僕じゃな~い、僕じゃない、僕じゃ~ない」かな、出番は。

今週は「ガルガンティア」「マジェプリ」「ヴヴヴ」と春アニメ話題のロボット作品が軒並みマジ戦闘なし。
一番過酷な戦いをしてるのが「巨人に美味しくいただかれました♡ 」エリンたちってどゆこと!?

【デビサバ2】
名古屋にセプテントリオン参上。
先週から潜入をしかけていた二人はジプスの一員で、使う悪魔は二人そろってニャンニーズであった。
ヒビキはスザクを撃破され、今にも死に顔動画通りのビームを受けるところでケルベロスを引き連れたヤマト登場。

う~ん、言葉だけ聞いてるとヤマトの言い分は単にコミュ力が低いだけじゃない気がするんだが…
そして小山力也演じるロナウドもどこまで信用できるかわからんちん。

【ちはやふる2】
千早は怪我を押して連取するも、机、筑波が負けてしまい、瑞沢は後がない。
団体戦に参加しない新と詩暢ちゃんにとっては、かるたは自分が強くなる事だけを考えればいい。
でも新は今回の助っ人で、詩暢ちゃんは声を掛け合う彼らを見て「気持ち悪い」と言いつつ、白熱する千早の試合を見て何か思い出すものがあるようで…
共に戦いたくても自分について来られる同年代の仲間はいない。ヒカ碁の塔矢とかガッシュの清麿とかデスノのライトとか、ライバルや仲間ができるまでは孤独でしたっつーよくあるタイプなのかな(しかしキングはどれとも違いそう)

一言投票所

皆さんそりゃ言いたい事は一杯ありますよね!

革命機ヴァルヴレイヴ(2013年4月開始)
●同じ「つまらない」でも、退屈な脚本よりかは、酷い脚本の方がまだ視聴者は食い付くんですよね…………そう思った回でした。酷いけど退屈だけはしないですし。
それはわかる気がします。
退屈とか、本当にクソつまらないだと単に「見るのやーめた」になっちゃうわけで、つまらないのに見てしまう、というのはやっぱり何か力はあるんだと思います。私にとっては「仮面ライダーキバ」とか「ゼーガペイン」がそんな作品。面白くないんだけどなんだか気になってみてしまう、という(「ゴセイジャー」とか「ガンダムAGE」みたいにあっさり切れる作品とはやっぱり違うような気が…)

●なんだか電波ゆんゆんで頭の中が痒くなるお話でした。どうせ後から仲間割れしたりするのだろうと思ってたら早過ぎましたね。
ホント、ウンザリする話でした。でもサキがよかった(歌ってるとこ以外)ので私はいいです。
仲間割れするならもっとドラマティックな展開を用意してもらいたいですが、そこまではしなさそう。
あとはエルエルフさん次第ですかね。

●何で第1話で爆散しなかったのかと不謹慎に思ってしまうほどショーコが酷い。貴重な水で遊ぶのも歌い出すのもエキセントリックでついていけませんが、何よりカップラーメンを薙ぎ払う場面はただただ不快でしかなかったです。相対的にサキの株が上がってますが、メインヒロインの理不尽な壁は崩せないだろうしなぁ…
ねー、そう思うでしょう?ガサツとかのレベルじゃないですよ、食べ物をバラバラ床に落とすとかサイテー。
サキちゃん株上がってますか?ラストのキス、私はいいんですけど、もしやほかの人には不快だったのでは…と心配だったんですけども。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス(2013年4月開始)
●動画サイトでもう一回みてみたんですがケイってさりげなくイズルの隣にいたり怒ったときイズルだけ睨んでたりと細かいとこがコメントで指摘されてました。もしかしたらここでなにかあるかもしんないですね。あと戦隊物の
続きです。戦隊物のセオリーで追加戦士もきそうですね。5話ででてたあの女の子?でしょうか。何色でしょうかね。銀ですかね。べたに緑でしょうか

なるほど、追加戦士はあるのかも。あれじゃないですか、覗き見してる渡辺明乃。
まぁ「追加」ならいいですけど、「補充」だとガチョーンですね、あはは。
あの女の子は敵方の人間で真ヒロインじゃないッスかね?

●学園生活以前の過去がないイヅルたちにとって文字通りの卒業、そして巣立ちの時。彼らがこれからどんな道を歩む事になるのか、愉しみですね。後何気に印象に残ったのがイヅルのボケに微笑むケイでした
ここで卒業なの!?もう!?とビックリしました。いや~、先が読めないわぁ、マジェプリ。
ケイ→イズルがお好みなんですね?OPからしておっぱいちゃんが正ヒロインだと思いますけど…

声優&俳優
●福圓さんがアヒャリ過ぎなのは確かにw彼女はガラの悪いタイプ、地獄少女で雪野五月さんがやったズベ公系がピッタリだと思います だからフレイさん系は合わない気がします
でも女性の悪役ならやっぱりかかずさんを超えるのはないかなーと思っています 最近は悪役・・・と言うか悪女を見かけなくて寂しい(涙)
私は悪女と言ったら人間くささやドロドロとした女性特有の情念だったりこちらが予想もつかない様な行動をとるのが醍醐味だと思っています 序盤のフレイさんや伝説と語り継がれているローズマリーは言わずもがな、
ハガレンのダンテ様も加えてもいいと思います ハガレンで一番好きなキャラなのに当時周りの人に誰も賛成者がいなかった・・・ あとつまんなかった00のルイスもかきようによってはなれたかも
サジの写真を消した後彼を忘れる為にアンドレイと肉体関係を・・だったら面白かったのに でもってサジはトレミーに来たネーナと失意のうちに出来ちゃって・・・とかだったら楽しかったかもです

雪野五月もズベ公やらせたら大したものかも。中原麻衣も出ていたひぐらしでも爪剥がしとかマシン使ってアヒャってましたなぁ。

確かに「キチガイ女=悪女」ではないですよね。ローズマリーは存じませんが、ダンテは悪女ですね、間違いなく。
ダンテは原作派から総スカンでしたからね。「こんなにホリブルで面白いアニメより、そんなにも原作は面白いのか」と思った私は、後に1年半も延々とクソつまらない原作版を見る羽目に…アームストロング姉が出てきてトーンダウンしたあっちより、欲望に正直なダンテの主人公の追い詰めっぷりの方がよっぽどおぞましく醜くて面白かったですよ。

フレイさんも最後まで悪女を貫けたら見事な悪女だったでしょうし、ルイスも悪女として同じく悪女のネーナや、ネーナに代わって留美を倒すのならそれはそれで伝説になれたでしょうにね。

●有名なひぐらしのなく頃には見た事ないですが、中原麻衣さんは憤怒や狂気の演技が上手だなと放送当時の恐怖を思い出し改めて実感しました…あわわ……ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm2062364
「嘘だ!」
狂気演技でしたねー、あれも。
一期アニメの最後、屋根の上でのナタ対バット戦はもはや恐怖を通り越してギャグでした。

ドラマ「八重の桜」
●八重の桜 久々にちゃんと見ていられる大河ドラマですよ。予習(幕末維新の歴史を知ること)も必要かもしれないですけど
なかなか会津編が終わらないのでちょっとビックリです。
来年はまた戦国時代だそうで…(しかもヤマカンでコケた軍師物かよ)
早く幕末から平成までの血縁主人公交代制で現代日本史ものをやってくれよぅ。

翠星のガルガンティア(2013年4月開始)
●一日中チェインバーを監視して眺めてガン見できる環境の何が不満なのだ、レドよ!四六時中インターフェースで繋がってていつでも喋れて、夜はチェインバーのコクピットで休んで、私もチェインバー焼き肉したいです。伏せチェインバーがかわいすぎる。
そして前々から思ってましたがレドはいい子ですね。死骸を食べる!?とかギョッとさせられつつも、武力を笠に着て居丈高に振る舞ったり文明度の低い蛮人と侮ったりせず、対等の相手として交渉の道を探ろうとしたり、チェインバーの便利な翻訳に頼りきりではなく片言ながら極力自分で喋ろうとする姿勢がいいです。

チェインバーのバディに嫉妬し過ぎるとアンダインさんの職能が発揮されちゃいますよ!
まぁレドもいくらチェインバーで無双できるからといって見知らぬ土地で知識もなく生きるのは難しい(それこそ半永久的に冬眠するしかない)でしょうからねぇ。「人間」に興味を持ったと言う証なのかもしれませんが。

しかし確かにレドの言語に対する努力は大したものです。自国語で喋る時は冷静で頭もよさそうなのに、カタコトになると途端にかわいらしくなる。ギャンギャン怒ってばかりの日本の鬼嫁より、娘ほども年の離れたカタコトのフィリピーナやチャイニーズを嫁にもらうおとっつぁんたちの気持ちはわかりますね!(しかし故郷への送金でむしりとられるわけですが)

このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ