FC2ブログ
2013/04/10 (Wed)  23:29

新番組消化中

新年度になって10日が過ぎました。
危惧していた通り、やはり1週目よりは2週目が問題。
あと土曜日出勤が多いのはカンベンして欲しい。バカじゃないのー

あと一個大きな仕事を覚えれば大体の見通しは立つ気がする。
それでも待ちの仕事が多いので、片付いていない仕事が山積。
あああああああああ、こういうのイライラする!とっととテキパキさくさく片付けたい!

しかし今はぐっと我慢で毎日地ならしをしている。
パソコンの無秩序なフォルダ(年度バラバラに入っていて探せない)の整理、ぐだぐだと腐るほどあるのに肝心の情報が何一つ入っていない名簿、なんだかよくわからない領収書、簿記…
前の職場も「なんてだらしなくていい加減なんだここはっ!」と思っていたけど、実は凄まじく仕事がやりやすかったんだなぁと感心。ファイリングなんか完璧だったからどこに何があるかすぐにわかったもんだ。

グチっても仕方がないのでちまちまと仕事をしている。
今日は10年位前にお世話になった上司(ものっそい出世なさっている)に声をかけてもらってちょっと感動してしまった。私のようなチンケな職員をちゃんと覚えててもらえたなんて驚きだ~♪とてもいい上司だったので嬉しい。
仕事そのものは嫌いではないのでかまわない。内容にまであれこれ言うのは3年早い。
今は種まきのシーズン。年度末には無事芽吹き、来年はちゃんと咲き、再来年は身を結ぶように頑張ろう。

【進撃の巨人】
何これ面白過ぎる…!

そりゃ噂ではマンガが面白いというのは聞き及んでいたけど読む機会がなく、アニメ化の話も大分前に聞いていたけど具体化せずだったので、結局今回アニメを見るまで全くご縁がなかったマンガなのだが…

ヤバいでしょー、これ!巨人が壁を壊すところとか怖過ぎるよ!
エレンの行動にいちいちイラつかせておいて、なんつーイヤなカタルシスを送ってよこすんだこの作者は!
抵抗し、いやがる母親があっさりと折られ、バクリと噛み砕かれるシーンでヒキとかありえないよ!
CMで流れる先々の映像も迫力あるし、何よりOPのカメラワークはアニメならではで素晴らしい。

今期はなんだか急激に「動の演出」の腕が上がった作品が多い気がする。
(この巨人のワイヤーワークやガルガンティアの重装歩兵風陣形とかさ)
これはぜひ今後に期待したいですな!

【翠星のガルガンティア】
前半のロボット戦はむっちゃくちゃ見応えがあった。
後半の「可愛いおにゃのことのまったりお約束的ボーイミーツガール」がお好きなレビュアーには「こんなのいらない」「もっと減らしていい」とか言われてて眼が点。
あの一糸乱れぬ重装歩兵のような陣形での突撃、それが敵の攻撃で見る見る総崩れになっていく様子、一発目の奇襲が成功したにも関わらず、こちらのチャージより相手の再生力の方が圧倒的に早いという緊迫感など、むっちゃ面白かったじゃん。人類型ではない宇宙生物とのコミュニケーションの取りようがない不毛な戦いはヒロイックエイジの「青銅の一族」を思い出させるぜ。

超時空航行に乗り遅れて時空のねじれに巻き込まれた主人公が目覚めたのは、原始的な棒や機械でコックピットハッチを開けようと奮闘している人類型がいる場所。半年間眠っていた彼は支援AIに情報収集を命じて恐る恐る外に出ると、そこは人類が生きるのに最適な空気、そして見事ピッタリ「1G」を保つ重力。

何より、言葉がさっぱり通じないというのが「異世界ものなら当然だよねー」というリアルさでよい。
はじめにまず言語習得に苦労する異世界ぶっ飛び主人公も何人かはいるが、大概通じちゃうもんね。同じ地球でも他の国とはもちろん、古代の日本人とだって多分言語なんか通じないのにそんなわけねー。

ちなみにこの作品、主人公の言葉はヒロイン側にはホニャララとしか聞こえず、逆にヒロインたちの言葉は主人公にはハニャホニャとしか聞こえていないのが面白かった。
主人公側が未来、または科学の進化した側の世界から来ているので、支援AIが言語サンプルを収集し、解析するというのもナイス。そのうち彼もちゃんと話せるようになるのだろうが、裏づけがあっていい。

女の子は可愛いし、主人公は優秀な兵士ではあるものの完璧な管理社会で眠りすら統制されていた世間知らず。
AIが杉田ボイスなのも狙いがあってのことだろうし、絵も動きもとても綺麗。ロボ戦は久々に見応えあり。
ここが「伝説としてしか知られていなかった人類発祥の地」、即ち地球であると知った主人公の驚きやいかに。
今のところは非常に面白そう。何より制作陣が「絶対面白いといわせてやる!」と気を吐いているなというのが伝わってきていい。こういうスタッフに熱のある作品は、見ているこっちも気合が入る。

しかしマジェスティックプリンスもよかったが、このガルガンティアも本当にロボット戦闘がよかった。
昨年の「ガンダムAGE」が私を初め多くの人の記憶から既になかったことになっているので、宇宙で戦闘するロボものといえばガンダム00あたりで終わっているが(UCは見てないのでスマソ)、いや~、久々に見たらやっぱいいな!もうそろそろ打ち止めかと思ってたのに新しい見せ方が続々出てきたのは喜ばしい。

【カーニヴァル】
首がバキバキして腕がにょろにょろして人間をガブガブ食うようなヤツを領主に仕立て上げている怪しげな連中と「サーカス」なる組織に属する特殊能力者が対立する世界。カロクという親代わり?を失ったらしいナイは、たまたま助けてもらったガレキと共に行動する事になる…という、まぁよくありがちなファンタジックアクションホラー?とでも言おうか。色が鮮やかで、イマドキ風の絵もまぁまぁ綺麗。モブのおっさんとか手抜きしてるとこはなかなかスタッフもしたたかだけどね。

ナイは「サザンアイズ」の八雲よろしく「无」と書くらしいけど、「こんな字出せねーよ!」とあれこれやってたら「む」で出たのでビックリした。出るんだ…

【アラタカンガタリ】
実は結構原作が好きなので楽しみにしていたサンデー作品。
絵柄が少し違う?イマドキのアニメは原作より綺麗に描くけど、珍しくちょっと今ひとつかな。
EDがホモ臭くて驚いた。あ、やっぱりそっちの需要が多いのかぁ。ホント、ホモに興味がないのも困りものだよ。
つーかやっぱりアラタの見せ場が少ない。原作もそうだから仕方がないんだけど哀しい。
この作品ではコトハがけなげで可愛いのだが、うーむ、キャラデザはやっぱ原作の方が可愛い気がする…

【ゆゆ式】
これぞオタ兄さんたちが大好きな日常まったりのんびり系。
おまかせ録画でせっかく録ってくれたけど悪いねブルーレイくん、はい切ったー

【ガラスの仮面ですが】
・・・。

これを許してしまう当たり、美内先生に一体何があったのであろうか…
三白眼連発の絵柄的にも「美肌一族」を思い出すよ。あっちの方が後発なのにね。

【黒魔女さんが通る】
前回は「お、再開したらOPがなくなった」と思ったら今回からOPリニューアル。
同じ夕方ETV系の鷹の爪は結構まめにEDを変えるのに、一年間変わらなかったこっちの方が珍しいか。
もりかわさん…って、説明されても誰だか全然覚えてない。記憶力ヤバいなー

【あいうら】
テンション パッション クエッショーン!

なんだこのカニOPはッ!
途中でEDになって驚いていたら、5分番組だった。
清純なオタ様たちが大好きなまったりのんびりかわゆい女子高生アニメ。
OPの破壊力に唖然としたのでヒマなら視聴してもいいけど、今期は豊作の予感だからなぁ。

一言投票所

名作劇場「あらいぐまラスカル」
▼BS12の「ラスカル」再放送終わりましたが、スターリングは正に四半世紀前のキラ・ヤマト。自分が罪悪感を感じなければいいだけの動物愛護を振りかざして周囲に迷惑かけまくり。周囲の大人に甘やかされまくり。
→種との決定的違いは脚本家に暗に否定されている事。GFのアリスが父の事業失敗のショックを受けている事に気づいてくれず、釣りで自分より好成績を出した事を根に持ち冷めていく。ケツの穴の小さい男だったので彼女は友人オスカーの方と仲良しに

スターリング、評判悪いですな(笑)
そしてこんなところにキラさんが比較対象として出されるのは、人気があるからなのか憎まれているからなのか。もうキラきゅん主役でSEED2やればアンチ・信者入り乱れて種祭が起きること間違いなしだぜ!

そもそも原作では自分からアライグマを捕獲しているらしいのでなんかイマイチなイメージとか。「捕獲したけど畑とか荒らして手に余ったから捨てた」って話ですもんね!
ってかアリスにそんな心境の変化があったんですか。
ジャマ者は落ちぶれて引っ越したし、アライグマは凶暴で馴れないと初めから理解していたオスカーと幸せにね。

その他「進撃の巨人」
▼進撃の巨人、面白かったです。OPサビの映像なんかは特に、原作の躍動感に負けじと動きまくりで勢いを感じました
面白かったですね!!いや~、ビックリしました。
絵も綺麗だし、背景の書き込みもすごい。
戦いを忘れ、恐怖を忘れた平和な生活と、それが突然破られた時のあのどうしようもない残酷さ!残忍さ!
いやいや、身震いするほど素晴らしかったです。これはもう絶対見なくては!

ジョジョの奇妙な冒険 (2013年3月終了/2期あり?)
▼原作が絵の癖が強くて1部2部は、3部もだけど読む気がしなかったのだが、このアニメには救われましたよ。完成度も素晴らしくて、昔の作品でもこういう風に時代を超えて描いてくれるのがアニメのいいところです
それは何よりです。あんな名作を知らないなんてもったいないですから!

それに多分、実際にジョジョが連載されていたあの頃にアニメ化されたって不評なだけで、単なる「黒歴史」だったと思いますよ。(あの頃の北斗の拳や男塾のように、須田正巳の絵柄で作られ、似ても似つかぬものになって人気も出ず、あっさり終わりですよ)

アニメファンもアニメスタッフも成熟した「今だからこそ」ジョジョはアニメ化されて成功したんだと思います。
この時期しかないというナイスタイミングだったんですよ、きっと。

もしまだ原作を読んでいないなら、第三部開始までに第一部・第二部はおさらい読みしてみてください。
アニメではカットされた部分もあることですし、自分なりの好きなシーン、好きなセリフが見つかるはずです。

▼シュトロハイムが死んだのは間違いなく冬将軍のせいでしょうね………。大半の戦車が凍りついて動かなくなったって聞くし、全身機械の彼には相当逆境だったはずだと思われます
マジメか!!

その説は既に24年前にファンロードなどでも散々投下されましたので、今風の面白いツッコミをお願いします。

▼勝ったッ! 第2部完! 半年間、丁重な作品造りと声優陣の熱演を堪能させて貰いました。そして予想通りのCパート……このスタッフならやってくれると信じてましたが、これはもう確実に水面下で企画進行中でしょう
面白かったですよねぇ。「ホントは違うけど、カーズが悔しがるならそう言ってやるぜ!」なんて、こんな絶体絶命の場面でもジョセフならではのやんちゃなセリフ、ホントに原作をよく再現してくれたと思います。

でもあくまでも原作とアニメは別物。
けれど原作への思い入れやリスペクトがここまで強く深いと、こんなにも熱意溢れる作品になるんだと教えてくれた作品でした。制作スタッフが作品をわが子のように愛するだけで、作品は面白くなるんですね。

第3部、私もあると信じています。ここまで話題になったのにないわけがない。承太郎登場を信じて待ちましょう。

その他「荻原規子センセェ」
▼ 西の善き魔女は原作ファンだったんですけど1クールに原作カットしまくってつめこんで重要な原作のオチをなかったことにしたアニメでした。2クールでじっくりやってほしかった残念なアニメ化でした
でもねぇ、男が女装したらバレないくらい女っぽかったとか、拷問&陵辱されてトラウマになった男の子とか、女同士が寮生活(RDGもそうなるみたいだし、荻原センセェはこの狭い女の園での女の覇権争いネタが実にお好きなようですな)するとか、なーんか合わないんですよねぇ、作風が。

女性が書くファンタジーだからなよっとするんかしらと思ってたら、精霊の守り人のように神山監督作品だったからという点を除いても、なかなか骨太な作品もあるし…やっぱ相性でしょうね、自分との。

特撮&仮面ライダーシリーズ
▼そういえばアキバレンジャーは見ていましたか?
見てません。日曜日のブログにもそのように書いてありますが…

イクシオン サーガ DT(2012年10月開始)
▼よくよく考えると将来エレクとエミリアに子供が生まれても、遺伝子上はマリアンが父親になるんじゃ……w でもDIO+ジョナサン×女=ジョルノの例もあるし、エレクの要素も受け継がれるのか。さもないとデュカキス家の血筋が絶えますしww
あっ、そういえばそうか(笑)
移動したタマは果たしてマリアンのものなのかエレク様のものなのか…って、どんな悩みだこれ。
エミリアのように清純で、エレクのように勇猛で、マリアンのように料理上手な子が生まれたりして。

聖闘士星矢Ω(2012年4月開始)
▼昴弱っ! まあ鋼鉄ですし至極当然でしょうかw 生死不明な割に、予知夢や新OPでさりげなくアテナ陣営にいるパラドクスに忘れられてなかったと一安心。所謂ヤンデレはその思い込みの強さゆえ利害さえ一致すれば凄まじい戦力になるので…未来日記の由乃みたいに
鋼鉄聖闘士のカッチョ悪さはクリスタルセイント同様、忘れてあげてくださいと心から思うんですけども…

パラドクスに思い入れてますねぇ。ってかOPや予知夢に彼女いましたっけ?じゃあもう一回見返さないと。

その他「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」
▼相葉君も上手でしたがメガネのゴーカイシルバー
すいません、続きです。 シルバーも上手でしたね。やっぱり戦隊物的なかんじをねらっているのでしょうか。内容としてはこれからに期待ですかね。平井絵はスクライドのころが一番好きかな。あとこのアニメなんと略せばよいのやら

うんうん、鎧も上手でしたね!!つか2人とも声優としてレベル高い。
ブルー1からレッド5まで色で分けられてますし、戦隊でメンツを揃えているあたりもそうなのかもしれません。
キャラクターも個性的で5人は出生の秘密も匂わされてますし、人間関係も恋愛含めてどうなるのか楽しみですね。

そうですねぇ…一番しっくり来る「マジプリ」はもう「うたのプリンスさま」がありますもんねぇ。
ややこしいけどマジェプリとか、マジP、銀マジ、銀プリ?はてさて、困ったもんです。

ちなみに私も平井絵はスクライドの頃が一番好きです。涼やかな美形の劉鳳、カズくんのブサイクさ…(酷)
でも何よりキャラがちんまりしているリヴァやSEED以降(マジェも含む…あ、略すならマジェがいいか)と違って、スクライドは全体的に珍しくキャラの等身が高いでしょう。あれがすっげー好きです。
Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]