久々の残業

休日出勤だの会合だの急な仕事だのであわあわと忙しい。
そんな中、久々に会った人たちから、うちの職場についての不平不満を聞かされることが多かった。

レンタルしている機器の設定を勝手に変えてしまうので文句を言ったら逆ギレされた。
データが間違っているが、どこの何が間違っているのかはこちらではわからないので「確認して欲しい」と言ったら「そんなのわからない」「なんでこっちがやらなきゃいけないんですか?」とキレられた。
システムの更新で別件のデータを入れて欲しいと頼んだら「それはどうしてもうちがやらなきゃいけないんですか?」とブスくれられた…

それぞれ別の人たちから、それぞれ違う部署への不満なのだが、確かに思い当たる部分があるのでふんふんと聞いてあげるしかない。

レンタル機器については、そもそも絶対にいじるべきではない。
データの間違いについては、たとえ何もわからなくてもまずは相手の話を聞き、こちらのデータを調べてみて、それでもわからないなら互いに調整しながら解決策を見出していくべきだ。
システム更新にあたってのデータ入力は、SEがどの程度のレベルでやるのか必ずPTがあるはずなのでそれにきちんと参加して意見し、できる事・できない事を整理・調整する。その上でやるべきことは責任を持ってやらねばならない。どうせそういう面倒ごとの代表など誰かに押し付け、知らんぷりしてきたのは目に見えている。

仕事は1人でやるものではないし、他部署が絡むならなおのこと、相手とのコミュニケーションを図りつつ「いかに合理的かつ効率的に仕事をまわすか」に全力を注ぐべきだ。

しかし上に挙げたような対応をした人は皆、少なくとも職場での評判は「仕事はできるけどいつもキレキレでトンがっておっかないになになさん」より、「にこやかで穏やかで優しくて感じのいい人」と評判上々の人ばかり。

しかし実際にこの人たちと仕事をした人がイラつく理由はとてもよくわかる。だがそれはマイノリティなのだ。
普段の仕事では、相手からはそこまでの緻密さや正確さ、協調性や問題解決能力を求められないからだろう。

どうも仕事を手で押し返すことばかりしてる人たちだなぁと思っていたのだが、案の定だった。
いいトシして「佐藤健君が可愛いのぉ」「あー、あの子仮面ライダーだったんでしょぉ?」「そそ、最弱の仮面ライダーだったのよぉ。あと松坂桃李くんって、シンケンジャーの赤だったんだってぇ」「へー、シンケンジャーって?」「あのねぇ…」とまぁ、延々とくっだらない話をしている彼らは、とにかく仕事を「まず受ける」どころか「絶対拒否」から入り、「すぐやる」より「寝かせる」ことに執念を持っている。そしてガキがどうしたこうしたと言っては休んでばかりだ。

電話に出ない、窓口に出ない。とにかくラクな道へラクな道へ行こうとしている。
べちゃべちゃな仲良しグループではなかったが(この私にそんな事ができるはずがない)、古参だった私がビシバシとスパルタで仕事を覚えさせた時代は、それぞれがある程度の高いスキルを持って責任を持って仕事をこなせていた。厳しい分私も経験と知識を駆使して彼らをフォローしたし、難題は余裕のある自分が引き受けるようにして仕事が廻るようにした。

何より仕事は楽しいものだ。
今は仕事の流れが一通りわかってしまってものすごくラクチンだが、同時につまらなくて死にそうだ。
今日のように突発的な仕事がどんどんどーん!と積み上がってむちゃくちゃ忙しい方が断然面白い。
わからなかったものが少しずつわかるようになり、知識が増えていくことに勝る楽しみはない。
右も左もわからなかった去年の自分が、この時期いかに四苦八苦していたかを思うと褒めてやりたい。

そんなことを考えながら、愚痴る人たちの話をうんうんと頷いて聞いていた。
(だが正直言うと公平性を好む自分としては、愚痴る側にも「伝え方」や「感情的と取られる物言いになっていないか」や「相手が理解しやすい説明を心がけているか」などは怪しいと思わざるを得ない)

女性声優人気投票

川澄綾子
▼エリナばあちゃんが、しっかり婆ちゃんの声で驚いた。声優さんの演技の幅が広がるのを、リアルタイムで見られるのっていいですね
婆ちゃんボイスでしたねー、本当に。
ジョジョと戯れる可憐な少女時代、愛を紡ぎあった淑女時代ときて、哀しい過去を乗り越えた女性の強さと優しさ、気丈さを併せもつ素敵な演技でした。そしてそんな婆ちゃんをジョジョが本当に労わっているのが好きなんですよ~

男性声優人気投票

投票がありましたので津田健次郎さんの項目を作りました。
まだあと5個くらい余裕がありますので項目を作っていただいて結構ですよ!それこそカッキーとか江口さんとか松岡さんとか…

杉田智和
▼イクシオンのレオンがMキャラだと判明したときに思い出したのが、http://www.youtube.com/watch?v=wHbmj1WEe6Uでした。これのスタッフロール後半によると杉田さんは自称Sだとのことなのですが・・・・・まぁ、あくまで自称ですものねww
なんですかこのキャラはwピーピー言ってたのに肉便器って言っちゃってるじゃないですか。
妖狐がどうのって作品、ありましたね、そういや(ピンドラの後くらいに)

私は杉田さんは自称どおりSだと思いますよ。ただしこれは見かけ上ね。
きっと心を許した彼女とかの前だともーマジでヤバいんじゃないかと。人に見せられないくらいじゃないかと。

杉田さんってばナイーブゆえに心のガードが固そうなので、それくらい乱れられる相手じゃないとカレカノ関係にならないと思います。女性に対して警戒心が強そうだもの。女は好きだけど得体が知れないと恐れてもいそうですよ。
うん、イメージですけどね、あくまでも!ってかそこまで彼の事知らんくせに言うなと(笑)

石田彰
▼企み系のキャラが多いですよね 今思うとエレメンタルジェレイドのクーは熱血で珍しい役だったなぁと思いました あとなんとなくこの方、になにな様に似てらっしゃる様な気が・・・他人と適度な距離を保ちたいというか
わはははは、恐れ多くも石田さまとポリシー(?)が似ていると言われるとは(笑)
でも私は自己紹介しようとする新人さんに「あ、覚えられないからいいよ」とは言いませんよ!ホント」に覚えられないけどさ!

確かに、今思うとクーはまさに熱血少年っぽくて普通でしたね。
私は見てないけど、ボトムズファインダーの主役(アキ)もそれっぽいような気がしますが、見た方、いかがでしょう?
企み系が多いですが、個人的にはあんまり好きではないです。完全悪役系、優しいお兄さん系、イッちゃってる系、耽美系など多々ありますが、やっぱ私が一番好きなのはヅラだ!!

私が「この人面白いな」と思ったのは、SEEDの小説の4巻だかあたりであとがきを書いてらしたでしょう?それが非常に知的で面白い文章だったので、これはずいぶん幅広く本を読み、映画や演劇を見たりして色々と勉強してる人なんだなと思いましたね。賢い人ですよ、多分。そして演劇人としての自分を高める努力を怠らない人。

仕事に真摯に打ち込む姿勢は見習いたいです。ま、確かにつき合いは悪いみたいですけど、他人に嫌われるような事は絶対にせず、ソツがなさそう。でも礼儀知らずや不躾で遠慮のない人には心持ち厳しそうですね。
知識と教養があると認めた相手となら、きっとすごく話が弾むんじゃないかな。石田さんを攻略したいファンの女子はがんがれー

一言投票所

K(2012年10月開始)
▼過去編のヴァイスマンとシロの話し方が似てるのはミスリードだと思っていましたがそのまんまだとは。ネコももしかしたらおねえさんと関係があるのかも。あと浪川とカッキーって声にてるんですねー。たまにどっちの声かわからないときがありました
あー、うんうん、確かに似てましたね。ほわーんって感じの浮世離れした話し方でした。
柿原徹也と浪川大輔、確かにおっとり話す時の声質は似てるかもですね(テンパリ声はちょっと違うけど)
しゃべりの癖では、言葉がくぐもって喉の奥でもつれるところとか特に似てますね。

私も白銀=シロとわかって回想シーンがばばーっと出た時、あ、じゃネコは死んじゃった姉さんなのか?と思いました。
クロが見極めるべき本物の無色の王があのキツネで、シロは白銀が「地に舞い降りる」ための現身とでもいうんでしょうかね。今回は普通に考えればありがちな展開ですが、フツーに面白かったです。

その他「ボンバーマンジェッターズ」
▼キャラデザが子供向け。なるほど個人的には子供向けでもボンバーマンジェッターズやレジェンズのような名作があるのでそれで見ないのは少し残念です。
続き。お勧めしても大体ボンバーマンwwwと言われて終わるので。でもそこは好き嫌いなので仕方ないですね。何度もすみませんでした

ああ、そうでしょうね。でもそこはホント、仕方がないですよ…
いくら「名作だよ!面白いよ!最高だからやってみ!」と言われてもきのこや虚淵のエロゲはやる気になれないことにも似てる気がします。子供向けとエロゲでは対象物が180度別の角度ですけどw

でも今回せっかくお勧めいただいたので、再放送があったら見てみたいと思います。ありがとうございました。

2012/12/20 02:25 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |