時期外れの時機外れ

エウレカセブンAOの放映は来週の今日だそうだ。忘れないようにしなければ。
別に楽しみというわけではないけれど、半年視聴を続けたので決着は見届けたい。

【CODE:BREAKER】
変態的先輩はカッコいいんだか悪いんだかよくわからんが、とりあえず結構強そうだった。
そして助けも駆けつける。AGE後の豊永さんの新境地が止まらないなぁ。
無理矢理な学園物は好きではないが、歓迎会ひとつで思いっきりデレる大神のちょろさに吹いた。
刻くんは譲治総理のお子さんだったご様子。しかし最後に本当にお子さんに。なぜぇ?(ロストという現象らしいぜ)
サイガーの新キャラも投入、さらにメガネ先生はバイオレンスであった。つーか何なのこの学校…

【イクシオンサーガ DT】
姫様のアホ毛が三本立った時、とてつもなく恐ろしい何かが起きる…らしい。
マリアンは料理に奔走し、セングレンは「ニャン語」を強いられ、ペットは鳥になれ…って、予想外過ぎて吹いたわ。細谷さんなりふりかまわな過ぎ。
まぁね、とりあえず相変わらずバカな話ですよ。でも小便中に飛びつかれるのが一番恐ろしかったのではと思うの。
ってかCパートに止め絵でセリフだけってズルいと思うの。このためだけに呼ばれたのかあの3人は!

あと次回「タマツクレ」温泉ってことで予告と提供で「ファンタジー世界に黄信号!?」とあったけど、このスタッフ勘違いしてると思うの。だってとっくに赤信号だからねっ!

男性声優人気投票

吉野裕行
●ホントこの人はチンピラが似合いますね。下っ端チンピラはこの人で、偉いチンピラは伊藤健太郎、ゲスいチンピラはうえだゆうじって感じです
似合いますよね~(笑)
私はその中にもう1人、天下のチンピラ声を入れたいッス。
即ち、「外道チンピラ」に「高木渉」
これでしょ!(でもお馬鹿で愛すべき億泰は高木ボイスがムチャクチャあってるぅ!)

石田彰
●吹き替え版タイタニックで魅せたジャックの甘い声からセーラームーンのフィッシュ・アイで女の子としか思えない可愛らしい声まで表現でき、声も演技も素晴らしいものを持った方です。ガンダムでのアスラン・ザラの熱演は一生忘れられません
元々甲高い声ですからねぇ。タイタニックは字幕で見てしまったので石田さんのアテレコは知らないのですが…
大役をやった割には意外とそれに縛られないのは名優の証でしょうね。今後も新たな役に挑戦していただきたい。

でも私としては彼の役で一番好きなのは、「コミカルさ」「アホ丸出しのバカさ」「クソ真面目さ」「シリアスさ」「野太い怒声」「男らしさ」そして「とてつもないカッコよさ」の全てを併せもっている銀魂のヅラです。

一言投票所

絶園のテンペスト(2012年10月開始)
▼吉野とマヒロはお互い裏切ってもあっさりうけいれそうな感じがしますね。なんというかドライな関係。妹ちゃん殺害に関しては吉野が一番怪しいような・・・いや、なんとなくですが。原作読みたいですけど我慢です
うーん、確かに。お互いに信頼はしてるけど信用はしていないみたいな感じですかね。
妹ちゃん殺害が吉野!?私は妹ちゃん殺しの元凶は「偏愛が生じた」真広だったりして~とは考えましたけど(だからこそ生き返らせなくてもいい=生き返ったらいずれ誰か別のヤツのものになってしまうから、かなとか)その考えはなかったわ(笑)

本屋で立ち読み本を1話読んだ時は「なんだこれ、ダメだつまらん」だったのに、思った以上に面白いかもです。
何より見づらかった絵がボンズ作画のおかげでくっきりはっきりで見やすい。そして何より声優が実にいい。
ホント、豊永さんは化け過ぎですよ…いい意味で。

イクシオン サーガ DT(2012年10月開始)
▼そういえばDT捨テルがランキング6位でMステで流れたとか…………あれ、そのまま流したら、お茶の間的にアウトなような………
字幕を見て聞くのとただ聞くのでは大違いですからねー
でもきっとゴールデンボンバーならいつかどこかでやらかしてくれるに違いない。

▼今週の突っ込みどころは「花の肉が二つ、草の肉が二つ」の台詞ですね。花の肉が………二つ………?後、「タマツクレ温泉に来たエレクの目的は一体!?」の提供テロップで危うくTV画面を茶で濡らしかけました(笑
「いやいやいや、草ばっかですから!」とツッコまざるを得ない。
それにしても次回は温泉回だというのに男臭い予感しかしない…
Q.タマなしと工事済みのタマあり、男湯に入るべきなのはどっち!?

ジョジョの奇妙な冒険 (2012年10月開始)
▼ポコが自分から飛び込むのがオリジナルだったとは。怒涛の展開にこんなぽっと出の少年にまで勇気の賛歌を徹底させるなんてテーマが一貫して化け物に勝つんだ、素晴らしいと思っていたけど、良改変ですね
時間をうまく使ったアニメもいいし、独特の文章で説明される迫力ある原作もいいです。
本当にこのスタッフはうまい具合にこんな難しい作品をよくぞここまで映像化していると感心しますよ。
敢えて大げさな舞台風の演技で応えている声優さんたちも見事です。次回は本当に楽しみです。

マギ(2012年10月開始)
▼モルジアナがストレートに主人公していて良かったけど、この作品、なぜか敵が小物ばかりに感じるのはなぜなんだろうか。それなりに小賢しい倒すべき強敵なのに単なる障害にしか見えず、味がないな
アラジンはじめキャラクターが今はまだまだ世界を知らず、力弱い存在として描かれているためかもしれません<敵が小物
実際キャラバンにとって奴隷商人や盗賊は恐るべき存在だったでしょうし…他にも、置鮎さん演じる奴隷商人が「実は彼も元は奴隷だった」という原作でのバックボーンが見えると、解放されたモルジアナとの分岐が見えていいのかもしれませんが、まぁ瑣末な事ですね。

全てを原作通りにしろとはいいませんが、何しろ今期は「ジョジョ」という「原作を愛し、噛み砕き、よりよく作りかえる」優れた作品があるので、同じくらい改変しているマギの演出のマズさがちょっと目立ってしまうかもしれない…

探検ドリランド(2012年7月開始)
▼姫様がゴンドラ修行をまったく文句言わずに真剣にやっちゃう良い子さに和む。珍しく一人でモンスター倒しちゃうし。でも見守るウォーレンスの優しさが良いです
ここに戦うウンディーネが誕生した!
まぁ謎解きは男三人がやってくれてるので、姫のコスプレを楽しむのもたまにはいいかもです。可愛いし。

K(2012年10月開始)
▼一言で言えば変な作品なんですよね。シロもネコも何者?というのが消えないし青と赤がどういう対立軸なのかも分からず、しかしこの不安定で分からないからこそ謎の吸引力があるというか
一つ間違えば私も「何これ、つまらん。意味わからん。切る」で終わってそうなんですけど、なんででしょうねぇ…不思議と「わからなくてもまぁいいや、面白いから」と見てしまうのですよ。
次回は久方の全裸祭りになりそうな可愛いネコのことも本当に不思議ですが、大体において私が大好きなクロも実は犬だった(名前からして「狗」ゆえ)なんてことがあるのではと思ったりするくらい、何があってもおかしくない奇想天外さです。
赤と青ももちろんですが、黄金の王とかまだ出てこないしなぁ。
02:00 | 日記 | comments (0) | trackbacks (1) | edit | page top↑
キャレット貴様ーっ!! | top | そんな事したら年末が大変な事になるじゃないの!

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1584-bf3cb2d2
エウレカセブンAOの放映は来週の今日だそうだ。忘れないようにしなければ。別に楽しみというわけではない
2012/11/13 (Tue) 16:22 | まっとめBLOG速報