久々の雨!

久々のおしめりがあったが、8月は既に終わっている。
今年の夏は確かに暑かったが、人々はすっかり忘れてしまうのか、「去年も暑かったわよねぇ」「そうそう」などと噂をしていてあきれる。昨年は8月はさほど暑くはなかった。暑くなってきた「最近の平年並み」というところであろう。
暑かったのは2010年である。この夏は暑かった。ところが9月に入った途端、急激に涼しくなったのも2010年である。これは2007年にもいえる。8月は暑くてたまらなかったのに、9月になった途端涼しくなったのだ。
そしてもうひとつ、猛暑だった2010年に顕著だったのは「4月がやたら寒かった」ことである。コレはよく覚えている。「もう春だし、GWも近いからすぐに暖かくなるだろう」とポトスをベランダに出したところ、寒さで全滅の憂き目にあったためだ。そして夏は死にそうな猛暑。「春が寒いと夏が暑いのか?」と用心して昨年の春を観察したが、昨年はいつも通り早々と暖かくなってGWには半袖といういつも通りの年であった。

ところが!今年は寒かった。2010年ほどではなかったが、4月がいつまでたっても寒かったのである。そしてやはり夏が暑かった。
気象庁発表や、後々の数字データだけではわからない事を、ちゃんと自分の生活と結び付けて考えるって大事だなぁとつくづく思った。

しかし2010年と決定的に違う事もある。それは「ゲリラ豪雨が全くなかった」ということ。
そもそも夕立もないし雨もほとんど降らなかった。一日中降るような雨らしい雨がなかったのだ。
2010年は活発によく雨が降ったものだが、今年は降らなかった。
秋も似て非なるものになるのだろうか。それとも8月に降らなかった反動で雨ばかりになるのだろうか。

さて銀魂3期(&よりぬき銀魂2期?)開始の話題が出たところで、現在私のプレイリストに入っている銀魂OPEDと、それぞれ大好きなベスト3をご紹介。
最初の頃はあまりの規制でさっぱり面白くなくて、半年でゴールデンを追い出された時は「1年くらいで終わるな、これは…」と思ったのだが、そこからの巻き返しがすごかった。

スタッフの悪ノリを見るたびに、人間捨てるものを捨てると怖いものはないんだなとつくづく思わせてくれた。原作どおり「ノーパンしゃぶしゃぶ」と言わせられなかったスタッフとは思えないはっちゃけぶり。5年後にはノーパン女の着物の裾覗いてたもんね銀さんもヅラも…

銀魂OP1 - Pray
銀魂OP2 - 遠い匂い
銀魂OP3 - 銀色の空
銀魂OP5 - 曇天

歯抜けになっているのは、あまりお気に入りではない曲は入れていないから。
「PRAY」は実はさほど好きではない(ちゅかこの歌の世界観は全然銀魂ではない…)のだが、あの、毎週苦々しい思いで見ていた頃のゴールデンタイムの「銀魂」を覚えておくためにリストに入れている。
「遠い匂い」はYO-KINGの名曲だが、実はこれが無頼漢である銀さんにはもっとも似合う曲ではないかと思っている。それも今の20代後半の若い銀さんではなく、もっと年を重ねて味のある大人になった銀さんに合いそうで好き。あっぷあっぷしていた一年目が終わった時のエンディングを飾った曲でもあるので、とても感慨深い。「YO-KINGさん、ありがとうございました!」というテロップが泣かせた。
「銀色の空」は「ええ!?ウソみたい」な2年目突入を飾った曲だが、それを全て吹っ飛ばしてくれたのがEDの「修羅」であった。あれは鳥肌物だった。これも決して悪い曲ではないので好きなのだが、OPの半年に比べればたかが3ヶ月というEDに完全に食われた負けOPである。悪くはないんですよ?
「曇天」は「修羅」でそれまでの銀魂とは違うメロディラインで度肝を抜いてくれたDOESがOPを飾った。真撰組動乱編(私は実はあまり好きではなかったのだが…)だったせいもあり、世は盛り上がった。「探偵ナイトスクープ」で、この「曇天」のドラムがあまりにも格好いいので弾いてみたいという依頼があったことを覚えている。

次はED。

銀魂ED3 - 雪のツバサ

銀魂ED5 - 修羅
銀魂ED6 - 奇跡
銀魂ED7 - SIGNAL
銀魂ED8 - Speed of flow

銀魂ED9 - Sanagi
銀魂ED11 - I、愛、会い

銀魂ED13 - 朝Answer
銀魂ED15 - ワンダフルデイズ
銀魂ED16 - サヨナラの空

「雪のツバサ」は木曜18時に左遷された後の第1号EDだが、大変いい曲だ。redballoonはこの後OPに格上げされ、「銀色の空」を歌った。そしてDOESのEDに敗れ、次にそのDOESがOPの「曇天」を歌った時、私はEDの「sanagi」が大好きだったのだが、残念ながらこの「格上げジンクス」はPOSSIBILITYには作用せず、彼らは今、何をやっているのかよくわからない状態である。
「修羅」は銀魂の中ではもっとも革命的かつ反抗的な歌である。高杉一派にこれほど似合う歌はあるまい。
「奇跡」はこれでもか!と「修羅」が流された山崎による「紅桜編総括」の後を受けて登場したが、これまた名曲であった。この曲はなんといってもほぼ毎回「ED絵が変わった」という革新的なEDだ。たまさん登場が印象深いが、両津勘吉が友情出演したEDでもある。シュノーケルは「KIBA-牙-」のEDもとてもよかった。
さらに続いた「SIGNAL」も素晴らしい。1年目を青息吐息で乗り切ったスタッフが、「紅桜編」の評価の高さに励まされ、ノリにノッていたのがこの2007年の銀魂だ。私は9月でレビューをやめてしまったのでこの後は鑑賞のみだが、この時のメインは無論、柳生編である。
「Speed of flow」は忘れもしない不二子ちゃん…ならぬキャサリンによるルパンパロ「キャッツパンチ」に使われた。「劇場版詐欺」の後、「終わる終わる詐欺」をぶち上げまくった後、「3年目もあります」とやらかしたのが懐かしい。

「sanagi」は私はとても好きなのだが、あまり知名度が高くないようで残念。ショタ趣味はないが、松陽先生の塾で学ぶチビッコ銀さんたちはとても可愛い。
「I、愛、会い」は「君からもらった勇気でよりどりみどり~♪」がキャッチーな名曲。この頃はOPは飛ばすがEDはきっちり聞いていた。

4年目、2009年のEDは「朝Answer」から。可愛い絵柄と明るい曲調が好きだった。
「ワンダフルデイズ」は秋改変後のEDで大好きな曲なのだが、この頃になるとさすがに「そろそろ銀魂も原作に追いつくので終わってしまうのだろう…」としみじみ寂しさを感じたものだ。
そしていよいよ「サヨナラの空」ではED4のキャンディライン同様「3年B組銀八先生」の卒業の絵柄で飾られ、終わる終わる詐欺を続けてきた銀魂も陰陽師編終了と共に晴れて本当の卒業となったのであった。

よりぬき銀魂OP1 - バクチ・ダンサー
よりぬき銀魂OP2- 風のごとく

…と思ったのに、悪足掻きにも程がある。劇場版公開を理由に、よりぬきサザエさんならぬ「よりぬき銀魂さん」で劇場版の宣伝も兼ねるとは!あざとい、あざといですよ、銀さん!
しかも「バクチ・ダンサー」は劇場版テーマソング!ミュージックステーションに初登場したDOESに、タモリからの「売れてんだってね」「そうみたいッスね」と醒めた返しをしていた氏原さんが忘れられない。
「風のごとく」は初聴では「な、な、なんじゃこりゃあ!?」だったが、聞き慣れてくるとたまらない味がある。井上ジョーという怪しすぎる名前もなんとなく銀魂の胡散臭さに通ずるところがあってたまらない。OPとしては変則的な4ヶ月王者だったが、この後の銀魂はOPは年間3部構成となった(それまでは2部構成)

よりぬき銀魂ED1 - 僕たちの季節
よりぬき銀魂ED2 - WAVE
よりぬき銀魂ED4 - 桜音

「僕たちの季節」も劇場版EDである。しかしここまで劇場版の宣伝をしまくった番組も珍しい。
「WAVE」はエリザベスが可愛く(中のオッサンの事は考えてはいけない)て、歌も夏っぽくてとてもよい。
「桜音」は声を聞いて最初女性かと思ったが、ビジュアルは「これは…やっぱ男じゃないか」と思ったら男だった模様。和風な絵がなかなか素敵なEDであった。よりぬきの終わりもなんとなく寂しくはあるのだが、4月から本編再開と思えば寂しがる必要など全くないという、不思議な感覚であった。

銀魂OP9 - 桃源郷エイリアン

2期目でありながら5年目というなかなかの前代未聞ぶりを見せてくれた銀魂’の初っ端はこれまたキッチュなOpだった。おかげさまで大好きである。銀さんたちが毎回あのOPを「生撮り」していたという衝撃の事実が発覚。フルで聞くとサビの部分の怒涛の祭りっぽさが結構いい。

銀魂ED17 - サムライハート
銀魂ED20 - 仲間

AGEでもEDを担当したSPYAIRの「サムライハート」は今でも好きでよく聞く。これも変則絵のEDだったが、突如出現した天空のラピュタには吹いた。
「仲間」はつい5ヶ月前まで流れていたが、これはとても好きだったので一度も飛ばせなかったし、今もヘビロである。よりぬきのお知らせもなく、「ついに終わっちゃうの?」とこれほど寂しかった事はない。

で、私のOPのベスト3は以下の通り。
1位 桃源郷エイリアン
2位 風のごとく
3位 銀色の空

EDは選びがたいけれど…
1位 Sanagi
2位 ワンダフルデイズ
3位 修羅

あー、けど「I、愛、会い」も「サムライハート」も「仲間」もいいんだよなー、「奇跡」も好きだしなー、「WAVE」も捨てがたいしなー…と、迷いまくるのもまた楽しみ。

なおこの一覧を見てわかるように、私が聞いているのは男の歌オンリーである。(女は記念すべき1曲目のトミフェブのみ)
自分でもよくわからないのだが、銀魂に関しては女の歌は嫌う傾向がある。どうやら高周波スキーな猫耳ではなく、低周波スキーのサル耳のようだ。
他にも「いやいや、この曲のここがいいよ!」というおすすめがあったら「銀魂」項目をまたしても追加しましたので教えてください。

足掛け5年にもなるのか。よりぬきを入れれば6年。そもそも今年も春からよりぬきで乗り切ればよかったのに、なんでやらないんだろうと変な恐竜を見ながら思っていたところなので、秋からの復活はめでたい。(そうなるとスケットダンスが終わるのかなということはあまり考えないようにしよう…ボッスンがあの顔で泣きそうだから)

私にとって銀魂は、デビュー当時から応援している空知の初連載作品であり、10週目までどうにもふるわず、打ち切りの危機を「頑張れ!なんとか頑張れ!」と祈りながら乗り切り、ゆるゆると楽しんでいるうちにすっかり人気者になっていてほくほくという「のんべんだらりと楽しむ作品」なのだが、その分世間での銀魂の扱いには疎い。

銀魂スキーのサイトというのは一回も訪れた事がないし、ここに来てくださる方々にしても(まぁもともと私の傾向がそうではないので)腐れ系ではないようだし…うーん、でも劇場版やよりぬきなどを見るに、人気はあるんだよね、多分。そうでなきゃあんなにグッズは出ないだろうし、実際DVDは売れていると聞くし…

まぁでも私はホモに走る事もなく、恋愛にどうたら言う気もなく、相変わらず銀魂らしいツッコミギャグトークをゆるゆる楽しんでいく予定です。

【しろくまカフェ】
ペンギントリオ&チビッコペンギンズが再登場。あの神経衰弱はわかりにくいわー
Bパートもペンギン話。ペン子さんたちの区別がつかないペンギンさんは、皆の助言で色違いのリボンをプレゼントする。最初は順調だったけど、ペン子さんたちがそれを取替えっこしたからさぁ大変。まだ区別がついてない事がバれたペンギンさんは、怒りのトボガンアタックを受けることに…「ペン子さんたち」とまとめているけど、やっぱ一番印象的な名前は「ペンジョリーナ」だなぁ。

【アクセルワールド】
タクムがニコからレクチャーを受ける間、以前から意味深に出ていたメイドさんことブラッド・レパードと肉丸くんは能美の秘密を探るべく秋葉原へ。ちょっとモタモタしている間に終了してしまった。あと4話?もしかしてこれも2期あるのかな?

【エウレカセブンAO】
やっぱ全てにおいて腹立つわー、ガゼル。コイツが臭いんだけどなー
自分勝手な理屈で飛び出して米軍に下ったアオを、自分勝手な思いで迎えに行くエレナとフレア…という「いい話」っぽい感じなんだけど、肝心のエレナが何者なのか全く明かされていない今は見ているこちらとしては何の感情移入もできないわけで…どうしてこんなに構成や演出がヘタクソなんだエウレカの制作陣ってのは。バカなの?バカばっかなの?
ただ米軍にいた女の子は可愛かった。予告でも出てたのでちょい楽しみ。

【ドリランド】
エルアを飛び出して初めての冒険は…ちょっと「等身に難アリ」な俺俺女の子とポロンが仲良く?なってお別れした物語。しかし今回、戦闘がトロくてトロくて見ていられなかった。ここからが本番なのにどしたぁ!?
それにしても漁師が船を俺に差し出すなんて…ないと思います、絶対!

【ソードアート・オンライン】
会話の間、ずーっと抱きついているアスナっちの根性がすごい…(普通なら気まず過ぎるわ!)

ボスを見た途端逃げ出した二人は仲良くランチタイム。
そこへ現れたのはクラインチーム。ホント、この人はいい人なので生き残っててよかった。
さらに現れたのはなんか時代錯誤の稲田徹隊。ってか何でこの人こんなに偉そうなの?年が上なの?社会的地位が高いの?
そのくせ現実では「45歳ヒキコモリ歴30年」とかだったら殴るぞゴルァ!ま、死んじゃったけどネ♡

ボス戦に挑んでへろへろの彼らを助けるべく、激情に駆られたアスナが飛び出したので、仕方なくキリト、さらにはクラインチームも参戦。
しかしこのミノタウロス、やたら硬いわ剣さばきも鮮やかだわでキリトですら太刀打ちできず、キリトは二刀流スキルを発動して斬りこみ、ダメージを食らいつつもなんとかねじ伏せる事に成功した。こんぐらちゅれいしょん。

いきなり現れたスキルって、確かにそんなのズルいわ。条件を満たしたんじゃないならゲームマスターの贔屓じゃないの。
アスナっちがキリトと組むと決めた事で血盟騎士団も黙ってはいられない…って事で、ゲームの世界も縛りがあってマジめんどくせぇな、これ。ゲームはやっぱ1人でもくもくとやるに限るよ、うん。
00:14 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ナスカじゃんけん | top | ライナスの毛布

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1548-d1bafff5