正確にはもうレビューサイトじゃないですけど

昨年の10月期だったかに更新したっきりの感想NAVIで、サイト設定を久々に更新してみた。
そしてそちらで配布しているブログパーツを貼ってみた。私が「現在視聴中」として登録したアニメがカウンタの下に並んでおります。上部の「Parallel Universe」に飛ぶと、私の番組への一言や、視聴チャンネルなどのデータもあったりします。
「このアニメが面白いかどうか知りたいから、レビューが読みたい」という方は下の感想NAVIから飛ぶと、現在レビューやってますよーというサイト様を探せますのでどうぞ。

おおかみ映画や「BLOOD-C」や「ベルセルク」はチラチラと書き込みがありますが(ああ、「なのは」もあったか)、ギアスについてはまだないですね。この「亡国のアキト」のCMを見るたびに、「あ、ギアスだ」ではなく「あれ?これ、セイクリッドセブン?」と思ってしまうのは、残酷なる時の流れってヤツですかね…

【SAO】
あー、これむしろ2話連続で見て正解だったかも。今回2話ともちょっとテンポ悪かったしね。
ソードアート・仕事人オンラインは継続中。そして待ちに待ったアスナも再登場…したんだけど、特に劇的な再会劇もなく、すでに攻略組として顔を合わせているという設定でフツーに再会して「気が合わない」仲になってました。コンビ組んだ時は息が合ってたのに。でもまぁラストでフレンド登録しようと言われてたからこれからだね。

ここで原作も作風が代わったのか、キリトにあった当初のクールさが薄れ、ラブコメ要員っぽい「ツンデレに振り回される草食男子」という雰囲気に。せっかく凛々し可愛いアスナっちが出てきたのにちょい残念。
水玉?の肩当もなんかかっちょ悪くて変だ。けど重要な防御アイテムなんだろうか、あれ。

あんなに大袈裟に死んだふりしてギルドのリーダーの仇を取るヨルコさんたちも大概キチガイだが、おとなしく従順だった奥さんが生き生きと凛々しくなったから殺すというグリムロック成田剣も大概キチガイだし、相変わらず危ない橋を渡って利益の少ない殺人ギルドをやってる連中もキチガイで、うん、もうこれはキチガイだらけのゲームだな!

いつものようにやっぱり作画がビミョー。クネクネ動くし、口元がなんとなくだらしない感じ。
だけど私はこれ結構好き。なかなか好き。アスナはやっぱ可愛い。キリトも嫌いじゃない。ナニゲに毎週楽しみ。マジでマジで。

【ドリランド】
こちらも今回はなんかやたらテンポの悪い話だったなぁ。
相手がモンスターならいいんだけど、人間キャラとなるとデフォルメものの悪い面が出ちゃうというか…
仲間集めの回はもうちょっと劇的な演出があった方がよかったかも。荷が重いだろー、あんなザコキャラじゃ。

【HUNTER×HUNTER】
レオリオと再会し、シズクとの腕相撲勝負まで。オークションでの惨殺まではいかなかった。
大人声のTARAKOのセンリツも悪くなかったけど、淡々と優しい声で喋る富永み~なのセンリツも悪くないね。

【鷹の爪】
暑いからデラックスボンバー撃つのやだって、相変わらずのうんこ野郎ぶりだ。

【しろくまカフェ】
ペンギンさんがペンジョリーナちゃんたちに迫られまくるペンギン祭り。
それにコウテイペンギンとはイマイチ仲の悪いキングペンギン登場。って、声優豪華すぎだろ~、相変わらず!
ちょっと怖い顔のアデリー、お人よしっぽいアゴヒモ、吊り目っぽく見えるジェンツーペンギンも登場。イッちゃってるっぽいファンキーなイワトビペンギンは出なかったなー
旭山動物園で散歩するのはキングペンギン。今年行った時はちょうどチビッコも散歩してました。

s-DSCF4352.jpg…チビッコか?

ちなみにうちのサイトのぺこり~なちゃんはコウテイペンギンのヒナです。

一言投票所

声優&俳優
▼宮迫っていうとウルトラマンの悪役思い出します。あれはノリノリだったなぁ………(笑
へー、そんな役までやったとですか。ノリノリってことは、上手だったってことですかね。

その他「ワンダーワンダー」
▼ワンダーワンダーのタカとワシの回もよかったですよ。カラスに襲われたタカが逆に捕まえて川で溺死させるんですよ。あれとアリューシャンマジックがお気に入りです
それはすごい。頭のいいカラスの上を行くんですか、タカ。格好いいなぁ猛禽。
アリューシャンマジックは似たような映像を見ました。魚もニシンとか鰯とか、クジラ以外にもバブルネット・フィーディングするイルカとか、それに便乗するサメとか、色々なパターンがありますね。どれもすごいッス。

漫画&雑誌「パクリ漫画」
▼戦後のストーリー漫画はたいがい手塚治虫のパクリという説(要出典)もありますし(笑)
うーん、残念。その例えではあまりうまくまとまってませんぜ。

映画「学校の怪談」
▼こう暑い夏が来ると、ついつい「学校の怪談」シリーズを手に取ってしまいます。適度に怖くて適度に笑えて適度に泣けて、これを見て去りし日の郷愁に思いを寄せてみるのもいかがでしょう
去りし日の郷愁…とは?小学校時代に想いを馳せろということ?それとも「学校の怪談」放映当時に想いを馳せろということですかね?すみません、この番組を全く知らないのでなんとも…

その他「境界線上のホライゾン」
▼原作者、編集、ファンが「アニメ化なにそれ頭おかしいの?」から「サンライズにやってもらってよかったぁぁ!」ぐらいには成功してます。個人的には5話のドレイクの狼男っぷりとウォルシンガムのパペット挙動に大満足。竹内さんかっこよかったー
ほほぅ、そうなんですか。やはり老舗ならではの実力ですね、サンライズ。
00の頃は、00に比べて格段に制作費が低かったらしい銀魂が泣き言を言いながらも頑張ってましたが、今はどうなんでしょうかね。皆さんいまや「3スタ(AGE制作ね)じゃなくてよかった」と思ってるのかも。

週刊少年ジャンプ
▼ジョジョも昔は…という話、わかります。あの頃それに加え巻末にゴッドサイダーとかありましたし。実際仕事となると、流行>個性(プライド)になる事もあるんでしょうね。純粋に皆、北斗大好きというのもあったのかもしれませんが。今はジョジョ好きですが、ネット始めてなかったらきっと読まなかったろうなと思います。
ジャンプの絵…の続きです。いくえみ綾までくると「たくましいなあ、次は誰の絵柄来るんだろ」と逆に楽しみです。あとになになさんお嫌いでしょうが、矢沢あいも最初紡木たくフォロワーでした。ただああいう「普通」の少年少女ではなく、ジャージ着た工藤静香似と藤井フミヤ似でしたが(時代が!時代が!)

うおぉ、ゴッドサイダーwwwww
そうでしたそうでした。ホント、あの頃は山ほどありましたからね。
いくえみはつむたくに影響される前は槇村さとるや多田かおるや宮川匡代っぽい混ぜこぜ絵柄で、それでも「エンゲージ」なんかは結構読み応えがあると思ったんですけどね。あっちゅー間に影響されて「おいおい、キミに漫画家としてのプライドはないんか」でしたね。
矢沢あいはデビュー自体をしらんのですよ。いつの間にか爆発的に売れていてビックリしました。

その他「ポケvsデジ」
▼パクリ、というよりは「拡張性」として互いに機能してたんじゃないかと思います、黎明期は。どちらもゲームが原作で進化が絡むので、「ポケモン好き?だったらコレも似た感じで面白いから貸そうか」と好意的に伝染していったような記憶が。
続き→最近だと『ポケモン+ノブナガの野望』というゲームソフトが公式に発売されましたし、ポケとデジもクロスオーバーしたら面白いよねくらいの感覚じゃないかな。似た物は混ぜればもっと面白い的な発想?

ははぁ、なるほど。こうして子供は大人の戦略にまんまと引っかかり、親たちは財布の紐を緩め、経済をまわしたのですね。
ポケモンとデジモンはいい化学変化を生んだと言えるのかもしれませんね。

その他「ザンボット3」
▼ザンボット3をご存知でしたか。私も見ましたが人間爆弾はすさまじかった。最後の連続特攻もいまじゃありえないでしょうね。でも
続きです。ただ鬱なだけじゃない。家族が仲間が迎えにきてくれる。流石元祖リアル系だなと。主人公が

スパロボなどという言葉がなかった時代にマジンガーZやコンバトラーVで育っておりますので。
しかし何しろザンボットは主人公ボイスが大山のぶ代なのがすっごくいやだったなぁ、子供心に。

2012/08/12 02:06 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |