一所懸命に一生懸命!

銀メダルと聞くたびに、「あと一歩なのに」と悶々とするのが常だが(銅メダルは問題外なのでどうでもよい)、久々に「銀でもあっぱれ」と思ったのはバドミントンのダブルスの試合であった。
優勝候補を含む4組が失格という、正直「ごっつぁん」による決勝進出だったが、このペア、日本チームによくありがちな「スタミナ切れ」「集中力切れ」「諦め」の悪癖をひとつも起こすことなく、最後の最後までよくぞここまでと見ているこちらが気持ちよくなる試合をしてくれたと思う。
こんな事は珍しい。最近は特に「メダル確定」とか煽るもんだから、大概そこで上記「3悪癖」を起こして銀か銅で終わる。そしてその場合の言い訳が多くの場合「楽しめたのでよかった」だ。何が楽しめただ。楽しんじゃダメだろ。勝利はむちゃくちゃ苦しいに決まってるだろ。

他にも、フェンシングとアーチェリー個人は勝てたと思うなぁ…あと一歩で。
柔道はなんかもうダメだなって感じだったけど。内村もここで勝たないと、今後は「肉体的衰え」との戦いを含めて勝たなきゃいけないから辛いのに、どうして頑張れないかな、あと一歩。取れるだけの力はあるだろうに。
かつての絶頂期の北島康介と同じく、自分が年取って衰えるなんて想像できないんだろうなぁ、あの子…ま、無理も無いけどさ。今はケガだけに気をつけてりゃいいけど、「老い」はひたひたと迫ってくるからねぇ。
でも人間は必ず衰えるんだよ。室伏が戦えてるのは競技の性質によるものと、何より後進が出てこないという絶望的状況を示してるだけだからね。

…と、まぁ、よくあるにわか評論家みたいな事を言いながらオリンピックを楽しんでいるわけですが。
涼しい避暑地ではよく眠れるせいかダラダラと惰眠を貪りまくり、なんとかかんとかリフレッシュ。
平日休みだとNHKの朝ドラなんかも見られるわけで、「おー、ホントだ、殿が出とる」と改めて松坂くんの活躍を確認。

しかし見なければならない積録が6時間分もあるのはゲンナリ。
まだ「夏雪ランデブー」と「鷹の爪」と「ぽよ」しか見ていない。

「夏雪ランデブー」は予想に反して全然面白くなかった。
少女漫画独特のノリというか…
いや、それに加えて松尾監督得意のプレスコのせいか、絵とセリフが乖離してるような感じがアリアリだったんだろうな。
特にアッチの世界での会話とか、コッチの世界での掛け合いのあたりは違和感があったなぁ。
う~ん、とぼけた感じの大原さやかがちとイマイチなのかしら…?男連中はそうでもないんだけどなぁ…

一言投票所

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
♥ほんの3週前に思わせぶりに登場した重要人物っぽいキャラが、唐突に一話使って回想やったと思ったら勝手に暴走して死んで後には何も残さないという斬新な展開をかましてくれましたね
えっ、あのスプリガンって人、キオ編の最初から出てた人じゃないんですか?
ザコっぽくでも一応出てたのかと思ってた…本当にいきなりのキャラだったんですか。アホですか。
なんですか、噂によれば「Xラウンダーではないゆえに、Xラウンダーの暴走に巻き込まれない」というある意味「イマジンブレイカー」のアセムのアドバンテージも全く無意味だったとか。アホですか(2回目)

♥最近回想まみれで前にも増して酷い有様の今作品ですが、今回はキャラ同士の感応現象+回想内容(の一部)のデータを見た人の内容読み上げから回想に入ったのに、回想が終わってみたら(続)
(続)感応してた筈のキオは「何か事情があるんだよ」とか言ってるし、読まれてたデータは事件の真相が入ってるはずのないデータだし、そのくせ回想の当事者のスプリガンは全部説明したような体で会話を進めるという異常事態に…。回想自体も無駄でしたけど、回想の入り方も丸ごと無駄(無意味)という斬新な手法でした

「回想=バンク」という悪い印象をつけてしまった種が悪いのであって、本来「回想」は「キャラの掘り下げ」や「キャラの心情」を見せるための「演出方法のひとつ」はずなんですが、どうやらAGEはAGEで「回想=無駄な迷走」という新たなルートを開拓したようですね。
正直、見てないとレビューを読んでもまとめスレを読んでも、このアニメが何をやってるのかわかりません。
というか、察するに「見ていてもわからないから説明できず、従って見ていた人にも見ていなかった人にもわからない」という事態になっているのではないかと…

多くの人は日野ばっかり責めてますけどね、これは監督とプロデューサーの責任が重大だと思いますね。
ホント、これでガンダムというコンテンツが滅ぶか、少なくとも長い休止状態に入るかもしれません。結構マジでね。

映画「ベルセルク」
♥パックとファルネーゼがカメオ出演してましたね(笑)
ベルセルクってどこまでやるんですか?
思ったほど興行収入が伸びてないなんて噂も聞きますけども…

映画「劇場版BLOOD C」
♥良かったです。I.Gがこれまで培ってきたレイアウト・作画(パトレイバー・人狼・攻殻・精霊の守り人…etc)の集大成的な映像でした
おお、よかったですか。
ただI.Gの困ったちゃん的な悪い点がその、「映像は飛びぬけてすごいのに、話がついていかない」なわけですが…そちらは無事、面白かったんでしょうか?つーかTV版のあの投げっぱなし、どうなったんですか?

仮面ライダーフォーゼ(2011年9月開始)
♥映画キター!!まさかのキョーダイン、大鉄人17とのコラボでしたが、色々と凄かった。Wも良かったけど、あの時より同時上映が数段マシなのも◎。次回ライダー、ウィザード。なかなか動くと悪くないんですが、アクションが腰のビラビラを意識したものになってるので…スカートみたい
Wと同時上映ってなんでしたっけ?ゴセイジャー?
キョーダインは見てなかったなぁ。なにせ裏番組の「ハックルベリィの冒険」見てたもんでねぇ。「天然痘、怖っ!」と思いながら(笑)
腰のビラビラアクション!スカートヒラリアクション!
ま、私の場合まずは内容なんですけど。オーズのように1クール頑張ったけどダメだった…となりませんように。

ゲーム
♥ドラクエのようにターン制の戦闘だと、キャラクターが自分の攻撃以外のときは静止、敵から攻撃されたらそれを一方的に受けてしまうだけ。このようなターン制の戦闘だと何だか緊張感がなかったり、非現実的な動きのように感じられてしまいませんか。2DのⅦ以前はターン制に何の不満もなかったんですが
いや、全く思いません。
次の行動を考える時間が欲しいので、その「空白」時間がないと大変困ります。
リアルなアクティヴタイムバトルがやりたいなら普通のアクションゲームにすればいいじゃないか!と思います。
こうしたテーブルゲーム的なRPGが廃れていくなら、単にやらなくなるだけなので、別にいいんですけどね。

声優&俳優「俳優=声優」
♥ジブリ作品における、非声優のワースト・キャスティングは「耳をすませば」の立花隆だと思う。(ベストは「ラピュタ」の寺田農と初井言榮)
俳優さんは、きちんと演技できる人なら悪くはないと思うんですよね、使うの。
ハウルのキムタクも悪くなかったし、ゲド戦記の岡田准一も、山口智子や田中裕子もさすが、合格ラインは楽々クリアしてたと思うんですよ。倍賞千恵子は最初は「若い女の子にこの声?えええええ?」とすっげー違和感があったんですけど、最後にはすっかり遜色なくなっていて、「うぬぅ、桜さんオソルベシ!」と思いましたしね。
立花隆は俳優ではなかったので問題外。あと「トトロ」の糸井重里もキツかったですねぇ。
う~ん、あとはまぁ石田ゆり子くらいですかねぇ、今でも「プロの声優使った方がよかったのでは」と思うのは。

♥ポケモンやディズニーで「タレントの○○さんが声優に初挑戦!」とか、ワイドショーで見るにつけ「必死だな」とは思いますが(笑)
どうしても客寄せが必要というのはわかりますが、やるならうまい人にやってもらいたい。ヘタな人(その時旬の一発屋芸人とかね)を使うなら出番を減らすとか。
ジブリ以外でも、ストレンヂアの長瀬やアイスエイジの太田だって悪くないし、竹中に至っては声が抜群にいい。トイ・ストーリーの唐沢もさすがです(これはむしろ「達者すぎる」山ちゃんじゃなくてよかったのかもと思うくらい)そうそう、松たか子もさすが、芸達者でした。ゴッドファーザーズの江守もめっさうまかったなぁ。悪役だったけどマルタザール役のGACKTもよかった。この人はホント、びっくりするくらいよかった。

あとねぇ、俳優としてなら悪くないんだけど、小栗旬は今のところ声優としては何を聞いてもいまひとつ(「ハガレンのシャンバラ」「獣王星」「二舎六坊」「サーフズ・アップ」となぁ…)
まぁ「グスコーブドリ」はどうなのか、一回も聞いてないからわからないんですけどね。

Parallel Universe(管理人になにな)
♥およそ3:「アルキメデスにあやまれ!」と、数学を専攻した知人が申しておりました(笑)
いや~、3月末に桜が咲き乱れても何の異常でもないような顔をして「桜前線北上中」とにこやかに伝えたり、中国産の「外来種」のトキを野に放って日本産みたいな顔して観測していたり、26度という一昔前なら「真夏日」が「9月上旬並み」という恐ろしい事態には何も言わず、「原発反対!絶対停止!だからこれからもどんどんCO2で地球を満たし尽くすのだ!」と言ってる事とかと同じように、「およそ3」も、10年か20年もすれば「ゆとり伝説」になるんじゃないでしょうかね…

映画「細田アニメ」
♥サマーウォーズみられましたか。私も細田監督の作品はあまり好きじゃないですね。みててなにかむかむかしてくるんです。あとこの間公開された映画にしろオタクに媚びうりすぎじゃないかとおもいます。あんまりキャラに魂というか怨念を感じない。声優については同感です。カズマのこと終盤まで女の子と思ってました
あははは、同じです同じ!ムカムカしますね~、確かに。もうちょっと柔らかい表現にするなら、「ムズムズする」感じかな?毒も傷もなくて綺麗過ぎてヘドが出ると言うか…
それにカズマについては全く同感!女が男を演じるのは嫌いな私ですが、それにしてはあまりにも「少年っぽく演じる努力」をしていないので、「あ、もしかしてカズマってGIDっぽい女の子なのかな?その反動で格ゲーが強いとかそういう設定なのかな?」とか思ったら、正真正銘の男でやんの。呆気に取られましたよ、谷村美月下手すぎだろ!!

ああ、「狼と香辛料と雨と雪」でしたっけ(違います)
あの映画で一番の見所は、高岡と離婚した宮崎あおいと、同じく離婚経験者の大沢たかおに「家族ってステキだな」とかなんとか言わせてるところですね!細田監督ってばなかなかのイジワルッ!

ゲーム「デジモンゲーム」
♥新しく発売されたデジモンの育成ゲームでセイバーズ組がそこそこ優遇されてるせいかこの主人公(人間)でデジモン殴りたいなーとか考えてしまいます(笑にネタバレによるとその代わりに全くデジモンとは関係ない格闘ゲームからゲスト参戦したキャラがデジモンの着ぐるみ被って襲いかかってくるらしいのですがwww
デジモン(追記)>その一方で「真のバトルとは拳で語り合うもの」とか言っておいて広範囲に雷みたいなもの落としてくるデジモンもいましたが。後、セイバーズ優遇するならファルコモン(イクトのパートナー)系統は欲しかった………

最新のゲームってなんだろうと思って調べたんですけど、「デジモンワールド」の「リ・デジタイズ」ってヤツですか?へぇ、セイバーズが優遇されてるんだ、どれどれと思ったものの、チンプンカンプンでした(笑)

前から聞きたかったんですけど、デジモンスキーの皆さんは、ポケモンについては一体どう思ってるんですか?
そして純粋なるポケモン世代は後発のデジモンについて、本当のところはどう思ってるんですか?

私なんかも、今はともかく、かつては「ワンピース」を面白いと思っていた時期もありましたから、「レイヴ」だの「フェアリーテイル」だのを書いた人(名前も覚えてないや)は「許し難いパクリ屋」としか思っておらず、評価対象でさえないんですけど、ポケモンとデジモンの関係はどうなんですか?それともこれ、聞いちゃいけないアンタッチャブルなんですかね?

2012/08/08 00:54 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |