右足よ、おまえもか!

左足に続き、右足の親指の爪もべろ~んと剥がれてしまった。
痛みはなく、下には新しい爪が生えているが、左同様「普通にここまで切ったら深爪過ぎて痛くて歩けない」レベルまでしか生えていない(親指の半分くらい)ため、今は爪先の敏感ぶりはすごい。しかも左で経験済みだがこれがまた全然伸びてこない。

s-つめ 001剥けた爪。日が経つと不思議な事にどんどん丸まってくる。
s-つめ 002爪の裏には薄皮のようなベロベロが張り付いていた。

少し長い時間しゃがんでいると爪先に負担がかかるらしく、親指が少しちくちくする事はある。
再生したばかりの爪は弱そうなのでケガには気をつけているが、触れた時の感触がいつも以上である事以外は特に支障はない。
足の爪って意外と伸びるのが遅いんだなぁと改めて実感。手の爪はむちゃむちゃ伸びるの早いのに。

さて本日も猛暑日だったようだが、私はあまり暑さを感じることがなかった。
宣言していた通り、本日は朝からベランダの大掃除と風呂場の大掃除、その後レンジ周りの掃除を行った。
ベランダ掃除とは、「窓・壁・天井・床の大掛かりな水掃除」のことである。
洗面所からひいたホースでとにかくひたすら水掃除。
スカイツリーを見ながら、天井を洗い、壁を洗い、窓を洗う。
脚立に乗ってゴシゴシやるので、一歩間違えば数十メートル下に転落死などという不名誉すぎて死ぬに死ねない事になりうる。ことに手すり側の天井を洗う時が怖い。高所恐怖症というわけではなく、「失敗した時のイメージ」を常に持ちながら仕事をする慎重なタイプなので、「そんなみっともない死に方は怖い」と思っていたという事だ。

ホースを天井に向けて洗うと、天井は斜めにはできていないため水がボタボタと私にかかってくる。
昨年はうっかり6月の梅雨まっさかりに作業して寒くて寒くて仕方がなかったので、今年は梅雨明けまで我慢して、満を持しての掃除開始。
今日くらい暑ければ特に問題はないのだが、Tシャツだと水を含んで冷えてしまうので水着に着替えての掃除だ。
さらに日焼け止めをがっつり塗って、天井は長い柄のスポンジ、窓はスクィージー、壁はスポンジと雑巾、床はデッキブラシで延べ4時間にわたる大掃除であった。

隣の家の犬の毛がうちの排水溝に詰まってしまうのでスクレイパーと歯ブラシで取り除く。
これがまたも~んのすごく獣くさいので、「これ、動物嫌いの人だったら隣人トラブルの元になるなぁ」と思う。
私はずぼらで掃除が大嫌いなので、ベランダも年一回掃除をするかしないかだし、犬の毛だろうが猫の毛だろうがもとが動物好きなのでそのへんは「お互い様ッスよね」と別にかまわないが、マメに掃除している神経質で綺麗好きな人だったらキレるかもしれない。

水仕事が終わったら布団やシーツを干し、次は風呂場だ。
ユニットのエプロンを外して床や排水溝、壁に至るまでひたすらごしごし。
毛量が多く、抜け毛もハンパでないので色々なところにちょこっと髪の毛が詰まっていて気持ち悪い。
だが他人の髪の毛が出てくることだけはないのが安心だ。(出てきたら怖いわ)
カビ取り剤を散布して休憩方々「アクセルワールド」と「エウレカセブンAO」を見る。

おばさん声(遠藤綾)の「スカイレイカー」の厳しい特訓を受け、「心意」に近づく肉丸。
彼女は義足の女子高生(中学生?)で、かつて黒のレギオンに所属していた先輩のお友達だったとか。
飛翔ではないものの「跳躍」の外装を譲り受け、一歩前進というところ。
スカイレイカーはとても可愛い娘だったけど、アッシュへの評価が酷すぎて笑った。

エウレカはもう全然面白くない。ガゼルたちがイラつくわー、見てて。
シークレットは果たしてコーラリアンを滅ぼす「ヒトの味方」か、これまでの認識どおりコーラリアンとセットの「ヒトの敵」かというところだけど、なんかもうどうでもいい感じ。フレアがまともで可愛いのが救い…って、はっ!!!!!!
私コレ、元祖エウレカでもこういう見方してたな!「ドミニクがまともで面白いからまぁいいや」って!
うーわー、これ完全アウトのダメパターンだよ…

腹がくちくなったところで今度は流しとレンジ、レンジフードを掃除。
「これらはそもそも汚れるところなんだから完璧にきれいにしても意味が無い」というポリシーのもと、さくっと終了。
大掃除で頑固な油汚れなどに苦労したくないのなら、極意は「使ったら簡単に一拭き一掃除」しておくことが大切だ。
トイレは前日やってしまったので今回はやらなかったが、これはトイレにもいえることである。
私はとにかく掃除が大嫌いなので、大掃除をしなくていいようにマメにちょこっと一掃除するようにしている。

死神小僧名探偵コナンが始まった頃、全ての掃除が終了し、シーツ・布団をセットして完了。
実に充実した掃除デーであった。そしてこうやって掃除をしてみて、パチエモンを買ってよかったと心から思う。
とにかく床にほとんどゴミが落ちていないのだ。毎日毎日パチエモンがキッチンマットと喧嘩しながら(どうやら風呂マットには勝てるようになったらしく、風呂マットが巻き上げられて塔になっている事がしばしば)床を綺麗にしてくれているので、掃除をすると目につく床の埃や髪の毛についぞお目にかからなかった。濡れた足をうっかり床についてしまっても、掃除サボりーヌの証である「湿った足にゴミや髪の毛がくっつく」ことが全くない。

「う~ん、ルンバ買おうかなぁ」と迷っている方がおられたら、絶対にお奨めである。(いや、私はルンバマスターではないのだが…)

①一人暮らし、あるいは共働き
②掃除が嫌い
③抜け毛が多い多毛の方

この要素があるなら買って損はないと思う。
②については、ルンバを買ったとしても、普通自分でも掃除機をかけるのは当然だろうが、私のようにそもそも「掃除機をかけるのが大嫌い」「それどころかまず掃除機を持っていない」人なら間違いなく得する。
逆に「自分で隅々まで丁寧に掃除機をかけないと気がすまない人」は、機械のやることなど絶対に物足りないと思うのでやめた方がいい。
抜け毛を見てコロコロしたり指でつまんで捨てる事が激減し、ストレスがなくなったのは嬉しい。

しかし掃除しただけで既に体中筋肉痛なんだがどうなってるんだ…(明らかに運動不足です)
あー、でももうこれで来年まで掃除しなくて済むぞ。嬉しいなぁ♪
はっ、明日は休日出勤なのでこんなことしている場合ではない。早く寝なければ。

男性声優人気投票

山寺宏一
●SOAで久しぶりにお声を聞いたので一票。やっぱり山寺さんの長い説明台詞は迫力がありますねぇ
山寺さんは太さといい低さといい、本当にいい声してますよね。
80年代末に声は先に知っていたので(駆け出しの頃に声質が好きだったんですよ)、空白の90年代を知らず、オタ生活に戻った2000年代に入ってからご本人を見た時「え?これ山寺宏一なの?同姓同名じゃないの?あ、声同じだ」と驚いたものです。だってものまね番組に出てたんだもん。そりゃたまげますよ。

辻谷 耕史
●自分も辻谷さんといえばバーニィですが、それ以外だとBLOOD+のソロモンが印象深いですね。あの常時困ったような顔してる優男のくせに、戦闘では妙に容赦なかったりする独特の味は辻谷さんならではだと思いました
●まずはご結婚おめでとうございます。まさかケロロと結婚するとは・・・驚きました。犬夜叉で共演してましたね。バー二ィですいません。間違えて送信してしまいました。やっぱりバーニィが好きです。ビデオレターのあの淡々とした喋りがほんと泣けます。タンダもよかったですね。優しい声だと思います

ご結婚されましたね~、おめでとうございます。
というかカテジナさんもバーニィ(あるいはシーブック)も独身だったんですね。

朴訥でどこか抜けているのに、どこまでも善良で優しいタンダ、冷酷な部分と愛情深い部分が混在している不思議な美青年ソロモン、不快な侵略者であるスカブコーラルを殲滅させて大地を人の手に取り戻そうと謀り続けてきたデューイ、削除と市が大好きな浅井長政など、ヘラヘラと凛々しさが同居する弥勒様以外にも印象的な役が多いです。そしてバーニィはもはや伝説ですね。ポケ戦は思い出すだけでじわっときます。ケンプファーもな(笑)

鈴村健一
●アッシュ・ローラーがこの人だなんてテラ信じらんねぇ!!
ねー、私も「えっ!?これ鈴村だったの!?」とキャストを見てぶったまげましたよ。
でもすごく印象深い面白いキャラだったので、「また出てこないかなぁ」「鈴村使ったんだから出てきて欲しいなぁ」と思ってたら、2クールOPにそれらしき姿があったので「お?これは期待できるかも?」と思ったら本当に再登場。しかもなんていい奴なんだ!スカイレイカーの前ではすっかりタジタジなのも可愛いじゃないか!

女性声優人気投票

千葉紗子
●劇場版ストライクウィッチーズ:二代目の世戸さおりも悪くないけど、千葉紗子に復帰して欲いかったなぁ… 最後に美味しいとこを持ってく役どころだけに(笑)
ありゃ、千葉さんまだ復帰されてないんですか。

早見沙織
●ストーリー自体は個人的にイマイチでしたが、サチの演技は実感がこもっていてとてもよかったです。また死に役なのが残念でしたが…
私はさくさく話が進んで面白かったと思うんですけど、ネットでの評判はイマイチだったみたいですね。
その理由が「せめて2話はやれよ!」というものが多くて、「1話で十分まとまってたし、初見の私でも十分全部理解できたのに」と思いました。
どうも最近は、ただひたすらダラダラダラダラやればいいという傾向があるようですなぁ。
だからたとえば「涼宮ハルヒの消失」が、3時間近くもあるなんてバカバカしい結果になるんでしょうね。

2012/07/29 03:22 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |