寒ぅ

昨日一昨日とも夏とは思えない寒い日でしたなぁ。

旅行中に溜め込んでいたアニメをようやく消化。
同時に3月以降整理していなかった一言投票所のアニメ作品・皆様の過去ログをまとめ、7月バージョンに直しました。
項目を作らないまま完結してしまった「坂道のアポロン」や「つり球」などは申し訳ない。

7月開始作品で視聴継続が決定したのは「ソードアート・オンライン」
OPでもうひとりの主人公格の女の子が可愛い事、さらに凛々しく動くのが気に入った事(戸松さんもね)
仲間になってくれそうなキャラがまぁまぁいい感じだった事、黒マントを手に入れたキリトが場をおさめるためにヒール役を買って出た事など、「うん、これなら…」という感じだったから。相変わらず作画はイマイチだが…
A-1ちょっと仕事請けすぎじゃないの!
「探検ドリランド」は純粋に面白いので。デフォルメしたゲームものなんかダメかと思ったけど、意外と相性がいいようだ。
「超訳百人一首」も継続。これは意外と面白い。相変わらず「なぜ今アニメ化?」とは思うけど。
そしてノイタミナは春ほどの情熱をもっては見ないものの、まぁ勝手知ったる「もやしもん」と、女性漫画が苦手な身には2割ほど不満と嫌悪感がありつつも、ひたすら女に都合のいい「夏雪ランデブー」もまぁ見るかという感じ。
「ラグランジェ」も同様。またちんたらモタモタやるんだろうな~と思いつつ、結局見てしまいそうだ。

「トータル・イクリプス」はもうダメだった。本当にカンベンしておくれ状態だったので3話で切り。
「じょしらく」はダラダラ続く会話に耐性がないので切り。10分ものなら見るのだが。またはマジメに落語に取り組んでくむ面白下町青春ストーリーか。
「AKB0048」も頑張ろうと思っていたのだが、2話目でわらわらと女の子が出てきたらちょっとおなか一杯になってしまい、「も、もういいや…」とゲップしてしまった。

しかし「エウレカセブンAO」がひでぇな!!!!!
もー、見ていてイライラしてたまらんのだが、「いや、元々うんことわかっているエウレカに今さら文句を言っても自己責任…ここは穏やかに進路に落ちている汚物でも見るように諦めようじゃないか」と言い聞かせている。
時間はぶっ飛びナゾはまだまだ明かされず青ハウルの存在意義がわからずアオはひたすらママっ子でしょーもない。
FLOWのOPに変わったからといって騙されん!とりあえず、あそこでマトモなキャラクターって実はフレアだけの気がする。そしてマトモな人は影が薄いというエウレカの法則も生きている!ああああ、もうキチガイばっかで気が狂うぅぅ~!!

あとねー、「宇宙兄弟」が納得いかないんだよなぁ…
ああやってトラブルが起きることについて、ムッタたちはなんであんなにみっともなく動揺したり大騒ぎするの?
あんな「非日常的状況」すなわち「異常」な閉鎖空間で何かアクシデントが起きれば、犯人がどうとかじゃなくて「JAXAが仕組んでるな」とまず考えるに決まってんじゃん。つかそう考えろよ、何かあったら!!
あんなのまだマシで、非常ベルが鳴るとか、本当に火災が起きるとか、トラブルやアクシデント対応能力を見るための試験だってやるかもしれないじゃん。実際「プラネテス」では部屋の酸素を抜かれたわけだし。
なんで皆、あんな「普通の状態で作業している時に起きたアクシデント」のようにフツーの対応してんの?特にムッタは犯人を見てるんだから、あんなにうろたえてキョロキョロしたり「俺は犯人じゃねぇぞ!」と言うとかやめればいいのに。みっともないなぁ。しかもこういうシーンがあまりに長すぎて、しかも何度も出てくるのでホントにウザい。もうちょっとシンプルにさくさくと話を進められないかなぁ。こののんびり加減、ドラえもんタイムですかー監督!

アクセル・ワールドは、もー、肉丸のうじうじメソメソぶりにキレそうだった。いい加減にしろよグズ!
アッシュ・ローラーは噛ませ犬だからもう出てこないのかなーと思ってたので再登場はちと嬉しかったり。

「サマー・ウォーズ」は10分だけ我慢して見たのだが、どうにも耐え切れずそのまま放置。
そのうち見るだろうか。見ないと思うが。どうやら細田監督とはとことん合わないようである。

一言投票所

コメントレスが抜け落ちていてすみません。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
★三世代100年戦争達成の為にいちいち年月を水増ししてる本作ですが、そのせいで爺二人は50年以上、海賊さんは10年以上戦い続けて成果0という惨状に…
100年戦争となると、ジャンヌ・ダルクが必要ですねっ!(バカにしてますよ~)

★初代ガンダムが正義VS悪の勧善懲悪を脱却して、正義VS正義を描いて新しいとか当時言われたみたいですが、AGEは悪VS悪を描いててこれまた新しくていいじゃないですか!ま、残念ながら全く面白くは無いんですが
悪VS悪て…そんなガンダムはいやだ。

★フリット爺さんが息子を戦闘マシンに仕立てた事について、アセムは一時的に容認してるだけで後で何か一言あるに違いないと思ってたんですが、直接顔合わせても何もありませんでしたね…。この子には戦争のない世界を云々は本当になんだったのか
そもそも海賊になっていたというのが衝撃的なんですが…何しろ経過を全く見ていないので(笑)
ホント、なんだったんでしょうね?軍を辞めるあの時に何かを決意してたけど、結局うまくいかなかったんで自分の中で有耶無耶にしてんのかな?

その他「じょしらく」
★中国スイカは反則(笑。でも、現実のスイカは身の詰まり具合を確認するためにポンポンと叩いただけで爆発したそうなので、日本に来る前に爆発しそうなものですが、それ含めて手寅の運というものでしょうかww
また異国ネタほりこんできましたか。
2話目を視聴しかけたんですが…言ってる事は結構過激でも、どうもまったりし過ぎて厭きました。
5分とか10分ものならよかったのになぁ。

Parallel Universe(管理人になにな)
★になになさま、お誕生日、おめでとうございます!!!! になになさまが気質の違いも含めて四国を楽しまれたご様子に、私も旅をしたくなりました(暑くない季節に)。次はどこへ行かれるのでしょうか? またワクワクさせてくださいね。(たまり)
たまり様、改めてのお祝いをありがとうございます。何百年も生きている身としましてはもはや何の感慨もなく、どーでもいいイベントではございますが、わざわざの書き込み、本当にすみません。どうか今年限りで忘れてください。

確かに旅は「暑すぎず、寒すぎず」がベストですね。暑いの嫌いです。ものっそい汗かきなので、炎天下で歩き回ると滝のように流れる汗が恨めしい。一方寒いのは苦手ではありませんが、雪で交通が乱れたり、凍結で滑って転ぶのが怖いので困ります。やはり旅するなら秋が一番ですね。(春は多かれ少なかれ環境が変わるので旅行どころではありません)

大阪は東京より暑いと思われます。カレーで汗をかき、氷枕でひんやりしつつ、どうぞお体ご自愛ください。

その他「りりかるなのは」
★になになさんは興味ないでしょうが、「リリカルなのは」の劇場版見に行ってきました。まあ、リメイクなので不満点はチラホラありましたが面白かったです。後、戦闘シーンの演出があまりにロボットアニメっぽくて、「魔法少女ってなんだろう?」と疑問に思ったのは自分だけじゃないはずw
知らない間に劇場版をやってたんですね。総集編はお金がかかりませんもんね。DVD(ブルーレイ)の販促にもなるし。ま、まぁ私もなのはは最終回を見てビックリしましたが、元々武闘派魔法アニメですしね。「ドラゴンボールも空を飛んだり、技を出す時はぶっちゃけ魔法みたいなもんだし」と思えばおかしくない…かな?

その他「トータル・イクリプス」
★心理描写がここまで下手なアニメも珍しいです。戦闘の見せ方も下手で。ロボアニメなのにここまで演出が下手で良いのか。AGEより悪いかも。(目も当てられないぐらい相当悪いってことです)
そのお言葉に戦々恐々として見た3話目、もはや「完全にアウト!」でしたね。
もっさり戦闘、エロいだけのおっぱいスーツ描写、陳腐な戦闘、ペラペラのパーソナリティ、チンケな会話…
「ああ、これはやはりダメだ」という宝庫でした。最後の捨てゼリフシーンなんか唐突でわけわからん。

女性声優人気投票

水樹奈々
★「黒執事Ⅱ」でもテンション高めのテンパり坊やを好演してらしたので、ひょっとしたらテンパッた演技がお得意なのかもしれませんね
女の子らしい女の子とか、のんびりしたお嬢さんとか、戦う化け物とか、私の耳にはそういう役を演じる時の彼女の声がどうもしっくりこないので、もしかしたら「テンパリ演技が天職」なのかもですね。0

柚木涼香
★アドリブでこんなにしゃべれるなんて頭の回転が速すぎるよ!(笑) http://nicoviewer.net/sm18172084
これアドリブなんですか。ものっそいですねぇ。でも柚木さんなら「うん、ありかも」と思ってしまう。

日笠陽子
★「カンピオーネ!」で今までと少し違うタイプのお声が聞けたので期待したのですが、速攻デレてしまって残念でした…
私はドリランドのハルカさんがむっちゃ可愛いので満足です♪

斎賀みつき
★ガンダムAGEで名無しのモブ子供をやってた時は、きっと後で男装の麗人的な敵パイロット役とかで出てくるんだろうなと期待してたんですが…(笑)
サイガーボイス=「男装の麗人」あるいは「男より男らしい男キャラ」に変換されてしまうのは不思議不思議…

男性声優人気投票

白鳥哲
★「エリアの騎士」で南米人のイケメンサッカー選手の役をやられてますが、似合ってるのに何となく笑ってしまうのは何故だろう(笑)
「シラトリンのことだ、きっとそのうち何かやらかしてくれるにちまいない!」という期待感がニヤリ笑いになってしまうのですよ!

2012/07/22 01:53 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |