梅雨明けだって

九州は大変だったようですね。
近いせいか四国も雨がひどいのではないかと家族や友人から心配されましたが、存外雨は降りませんでしたな。
ただ山で降れば水かさは増すわけで、予定していた四万十川行きは中止しました。う~む、残念。
しかも三連休が終わるまで梅雨空が続くという予報は見事にはずれ、一昨日からあちらは天気が回復し、まー暑いこと暑いこと。
そして東京に帰ってくれば来たでこれまた暑いこと。っとに暑いよっ!

これで未踏だった四国にも足跡を残せた。(昔児島から坂出を記念に往復した事はあるけど)
しかし四国は遠い。もう一度行けるかどうかわからないほど遠い。
いや、行こうと思えばもちろん行けないことはないけど(国内だし)、私は一度行った場所よりさらに「まだ行ったことのない場所」へ行きたい派なので、多分もう一度四国に心が向かうにはかなりのモチベーションが必要だと思う。

四国の印象は、これはあくまでも私の個人的なものなのだけど、ものっそいのんびりしている気がする。
特急が車両故障で止まってしまっていても、駅で一時間待っていた私がその情報を全く得られず(なんでよ!?)、ホームに上がって初めて知って「はぁ!?」と驚くくらい、人も時間ものんびりしている。
その後慌てて快速の指定席を取りに行ったら、「これ、鈍行でも行けるから指定に変える必要ないよ~」とのんびり言われた…お、思わず「快速のが15分早いですよね!?」と声が上ずってしまったよ。
都会の数分単位の移動法は通用しないのか四国!!そっ、そもそも特急が止まってると知ってたらその一つ前の快速に乗れたんですけどっ!?いや、その後だって改札した時に「特急止まってますよ」の一言もないってどういうこと!?「その後にくる鈍行に乗れるからいいよネ♪」ってことなのかっ!?

…私と同じ江戸っ子の夏目漱石が松山の人々を面白おかしく小説に描いたのはなんだかわかる気がするぞ。(このやりとりは愛媛でではないけど)
いや、でも四国の人々の名誉のために言っておくと、そののんびりにイライラするわけじゃなく、こっちのペースが乱されるというか、「ふにゃ~」と気持ちが萎えるというか、「ま、まぁいいか…」と思うというか…
もしビジネスで来たらやり取りのたびにノッキングしまくるかもしれんな。

それに、基本的にはとても親切だと思うし、一人旅の観光客にも変な差別的視線を送ってこないし、そういう意味では大らかで優しい。「どちらから?」くらいで、必要以上に踏み込んでくることがないのもとても嬉しい。
こちらが指定列車を取る時、何度も「南風(みなみかぜ)○号」と言っているのに黙って席を取ってくれて、実際乗り込んでから車内放送で「こちらは南風(なんぷー)○号」と聞いて「がー!間違ってるなら訂正しろや!」と心の中でツッコんだのは秘密だ。

北海道のような観光大国だと、結構観光ズレしているところが多く、「そちら(行き先)のお天気は大丈夫でしょうか?」と問い合わせた時、「は?別に普通ですけど?」みたいなこっちが萎縮するような答え方をする施設がいくつかあったのだが、四国ではとても親切で優しい対応が多く、いやな思いをした事など一度もなかった。何しろその北海道の嫌な思い出がトラウマになって四国で天気の状況を聞けずに後回しにしたケースもあったのだ。意を決して電話したところ、ものすごく丁寧に、親切に教えてくれたので感動した。しかも回答は「天候が悪くて催行しない」だったので向こうにとっては商売にならないことなのに、だ。
長い期間旅をしたのは北海道(2週間)、九州(7日間)、四国(6日間)だったが、いやな思いをしなかったという点では九州といい勝負である。北海道を責めているわけではないが、さすが観光立国(道?)だけあって何においても対応数が多い分、ついビジネスライクになっていると言えるのかもしれない。

それにしても四国を旅していて、毎日移動する身にとって一番困ったのが天気予報だ。
雨の状態によっては毎日臨機応変に行き先や乗る列車を変えなければならないので、限られた休みしかない旅人には死活問題なのだ。そもそもスマホを持っていないので完全な情報難民である。今時ⅰモードでは限界がある。
そこで宿のテレビが頼りなのだが、四国の人々は自分の県の天気にしか興味がないらしく、愛媛は愛媛、徳島は徳島しか流さない。たま~に「続いて近県の天気です」と大阪や広島までの広域天気を流してくれる場合もあるが、その場合も説明は「近畿地方と中国地方」に限られる。
仕方がないので全国放送の全国版天気予報を見ると、ネットしている県しか示さないので、大体松山か高知のみ。
四国の詳細天気予報がどれほど欲しかったか。確か一回だけ見た気がするが(高松かな?)、少なすぎる。
首都圏はほぼ同じ放送局なので全ての県を網羅しているのだと、やはり東京はデカいと改めて思う。
そりゃ隣の県の天気なんか知ったこっちゃないかもしれないけど…少しは流してくれてもいいじゃん。

帰ってきて真っ先に見たのは気楽に見られそうな「ドリランド」だったが、うーん、これやっぱ面白いな。私は好きだ。姫が足手まといじゃないのもよい。なんで放映が夕方や朝じゃないのか。ガチャか。やはりガチャなのか。

あとは「ぽよ」とジョジョ芸人のアメトーークを見た。川島がウザくてイライラしたが、1部2部が多く取り上げられていたのでスーパー嬉しかった。1部と2部はやはり傑作としか言いようがない。第3部は承太郎以外はいいんだがなぁ…スタンド戦も面白いし(承太郎が苦手だと、その後全てのJOJOがダメになってしまうというのがとても辛い)
第4部は地味だが結構好きだ。スタイリッシュな第5部はラストがよくわからなかったが、新たなファンを開拓したのはここだから仕方がない。私にはJOJOではなくGIOGIOなのはどうにも納得いかんのだが。
第6部は女主人公という事もあってほぼ95%読めたと思う。世界の再構築には驚いたが、楽しめた。

「ぽよぽよ」は英の優しさにずっきゅ~んであった。
いやぁ、優しいなぁ。こういう男っぽい無骨な優しさっていいよねぇ。たとえそれも結構痛かろうと、そりゃ我慢しちゃうよね、マキちゃん♡

一言投票所

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
▼フリット、イゼルカント様に続いてアセムまで「両陣営の戦力を拮抗させれば大規模な衝突は避けられるから犠牲者を減らせる!だから俺は必要なら両陣営を攻撃するぜ」というマジキチ理論を持ち出してきて、もうどうしたもんかと…。
そして、キオはキラきゅん化しました。(笑)

ざっとまとめサイトを巡ってみましたが(「ちゃんと見ろや!」という残酷な意見は置いといて)、

フリット … 「(山田を殺した)敵はすべて全滅させるべし!」
アセム  … 「睨み合わせておけば小競り合いしか起きないだろう…きっと、多分、おそらく、あるいは…」
キオ   … 「やめてよね。本気を出したら火星人が僕にかなうわけないだろ」

こんな感じで合ってますか?
種はラストがグダグダ、種デスは問題外、期待した00も種という前例がある割にはつまんねーガンダムでしたけど、AGEはさらにひどいですなぁ。あ、そういやOPが変わって死人祭りになったとか。種デスでもそんなEDがあったけど、駄作ほど死人に頼る。やだやだ。

女性声優人気投票

大原さやか
▼最近は故人役ばかりで、長い出番がないので残念です。ラノベだと下品な喋りをする役ばっかりだし
Fate/Zeroのホムンクルスも故人に入っちゃうんですかね?
私は今期、両作品ともメインキャラを演じているノイタミナタイムによく聞きますが…
けど下品な喋りっていうのはすっごくよくわかります。スケバン言葉というか女子プロ言葉というか、女の子のハスッパな喋りって私も嫌いなので、ほどほどにして欲しい。無駄な露出と下品な口調では単なる下級娼婦だぞ。

な~んつっても、自分はリアルでは結構言葉遣い悪い方なんですけどね。

さて、旅の疲れもあるし今日は早く寝ます。おやすみなさい。

2012/07/17 21:38 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |