Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
07/10(Tue)

パチエモンの逆襲

以前もブログに書いたお掃除ロボット・パチエモンは、相変わらず日々、せっせと部屋を掃除してくれている。
さすがにもうゴミもそんなに取れないだろうと思ってフィルターを開けると結構入っていて驚く。
やはり買って正解であった。何しろこの私が掃除をする必要が全くない。わーいわーい♪

今日もライバルのキッチンマットに喧嘩を挑んだらしく、マットを少しだけめくり上げたパチエモンはダイニングのテーブルの下で力尽きていた。
そんなパチエモンを充電させ、いざテレビをつけてアニメを見ようと思ったら、ない。
ブルーレイレコーダーのリモコンがないのだ。

当然まずは自分を疑い、どこかにもっていったまま置いてきたのではとか、化粧をしたついでにボックスにしまいこんだのではとか、ソファの後ろに落としたのではとか、テーブルの上の書類の束の下敷きになっているのではと探索にかかる。
何しろなくしたとしても犯人は私しかいない。すぐに見つかるさとタカをくくっていたのだが出てこない。
あら?一体なんぞ?と本気で探し始めてもない。なぜだ、なぜないのだ…ないとなると「ラグランジェ」も「トータル・イクリプス」も「見られないじゃないか!」と俄然先が気になってしまう。

やがて床に這いつくばって隅々まで見渡すと、あった。
家具の隙間の奥の方にちんまりと置かれている。

おまえか、パチエモン!

どうやら床に置いたリモコンをそのまま押して家具の下に入り、自分だけ脱出してきたらしい。
普通は何かにぶつかると方向転換するのだが、リモコンは犬のぬいぐるみ同様軽いのでそのまま運んでしまったようだ。
同じところで果てていれば同時に見つけられるのに、自分は脱出して知らん顔で掃除しているものだから、置きざられたリモコンは「行方不明」というミステリーに見舞われることになった。
「パチ!ちゃんと連れて帰ってこいよ!」
パチエモンを睨もうとも、本人は緑のランプをペカペカ光らせ、電気を腹いっぱい食ってご満悦である。まるで一仕事終えたと言わんばかりのドヤ顔。顔ないけど。

まったく…私の賢く可愛いわんこも、いたずらと脱走が好きな弟の猫も、こんな悪さしないわ!

【輪廻のラグランジェ】
いいたくないけど、今期、どのアニメも作画ひどくない?しかも動きのあるアニメほどひどい。
SAO、ラグランジェ、トータルイクリプスとグダグダな作画で目も当てられないんだが…
(あまり動きのないノイタミナや百人一首、じょしらくなどは悪くなかったが)
こんなもんじゃない?と言うなら、アクセルワールドはあれだけの動きがあってもレベル高いと思うぞ。
物語のレベルはともかく、エウレカAOは言わずもがなだし。

3年生の夏だっつのにまだ進路を決めてないってどんだけノンキなのまどかさん…実は頭いいの?
異星人の出入りが自由になった地球では、あの3人が海の家を営み、宇宙ではランが実験体になり(お兄さん非情過ぎますよ)、あのままヴィラジュリオと共にいるムギナミが彼らを襲っている。
まぁ特に1期から「驚くほど変わった」ということもなく、相変わらず鴨川でまったりのっぺりと始まった感じ。
OPとEDがチェンジした。総集編は単に1期の曲を使ってただけの様子。今後はどうなるのかねぇ…面白くなってくれればいいんだけど、1期がああだったし、まぁ期待はしないでおこう。

【人類は衰退しました】
「なんとかファミリア」の方を一回で切ったので、一応こっちは2回目も録ってみた。
う、うーん…やっぱりこのノリはなぁ…先週は血飛沫パンが、今週は権力と歴任大好き工場長が(しょーもなくて)ちと笑えたが、やはりこのノリで30分は苦痛…どうせなら10分アニメとかにしてくれればよかったのに。
というわけで一応視聴は切り。

【トータル・イクリプス】
迫力のない戦闘でバタバタ死んでいく「ごきげんよう」な昭和風味サクラ大戦。
敵が汚いんだよぅ、やられるとぐっちゃぐちゃで赤い液体出しやがって。違う色にしとけよ!
「8分間」を生き抜いたロボが返り血を浴びていく様子は悪くはなかったけど、迫力がないくせにメガネや姫カットがぐっちゃぐちゃに食われて首がぽーんと飛んでくる(暗転してたけど)ようなシーンを描き、しかも主人公がそれを前にして茫然自失(残酷に殺されるのがイヤだから殺してくれという友の頼みを聞けず、彼女は結局生きたまま食われてしまう)という視聴者(というか私)のストレスを一気にマックスにしてくれる。

まぁそんな修羅場をくぐり抜けて強くなった(と信じたい)彼女が3年後、いよいよ男主人公と出会う本筋が次回から。世界中から集まってきた一癖もふた癖もありそうな連中の中にあって、男主人公のパーソナリティはいかなるものか。ヒロインの方はこの2話でまぁまぁわかったので、次回からはそれによるかなぁ。
しかしこのエロゲ発祥の「マブラブシリーズ」って、えらい迷走に迷走を重ねて「戦記物」「軍記物」みたいになったみたいね。

さて、先週のガンダムは昔から結構好きな話だった。
そう言うと「ククルス・ドアン?」と聞かれるのはなぜだろう(笑)
いや、まぁ「ククルス・ドアンの島」もいいですよ。(ちなみにこれの放送は今週木曜日である)

その話とは「時間よ、止まれ」だ。
このストーリー、今なら虎の子のパイロットであるアムロに爆弾処理をさせるなどムチャすぎる話だが(もしSEEDがこの話を踏襲したならスーパーコーディのキラ様は難なくやり遂げてしまいそうだが)、私が好きなのは「名もなきジオンの兵たちが、若さにかまけて一矢報いようとした」その無鉄砲さの描写である。
悔しいがトミノはこういうサイドストーリーが実にうまい。ジオン兵をまっとうな人間として描くところもうま過ぎる。こういうのは今でこそ当たり前でも、時代が許さなかったのだといくら説明してもわかってはもらえまい。
生身でガンダムに挑む無鉄砲なジオン兵たちは、まさに獅子を翻弄する蟻の如し。
鼻先に爆弾をくっつけられるガンダムもラブリー♡である。
最後に連中が近所の青年団として現れ、半ば呆れながらもその勇気に敬意を払い、アムロを目に焼き付けるのも好きだ。派手さはないが、名もなき人たちとの出会いと別れ、そして何気ないほんの一瞬の積み重ねが物語を紡ぐのだと思わせる回だ。

一言投票所

輪廻のラグランジェ(2012年1月開始)
■>いきなり総集編やないかーい!! 激しく同意!1ヶ月以上前に1話が大スクリーンでイベント上映されたというのに!! 6日のOVA上映会で総監督が謝っていましたが、一体何があった!?(笑)
あれはないですよねー
総集編やるなら別枠とかさー、とりあえず2期を見ようと思ってた人の気持ちを削ぎますよ。
ま、ようやく始まってみても「ああ所詮はラグランジェだねぇ…」という感じでしたけどね。ははは。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■実はキラさんはニコルを殺ってはいない ニコルが自分から対艦刀に突っ込んだだけttp://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-10500.html#more
母さん、僕、避けてくれた優しいキラさんのエクスカリバーにツッコんでっちゃった…

…って、なんでしょうかこの改悪は(笑)
キラきゅんはもうこの頃から不殺でしたってことですかね。
ははは…ははは…

今までだって散々殺ってきたくせに…!

■ガンダムAにてコミック版が新規連載しています。フレイさんとのドッキングをどこまでしっかり描けるかが評価の争点?
まぁそのへんは別にリアルには描く必要はないでしょうが、丁寧には描いていただきたいですな。
連載が始まったのは知ってますが、読んだことがないのでどんなデキなのかは知りません。
しかしなぜ今さら!?という感じはしますね。リマスターはまぁそこそこ売れてるようですがね。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
■暫くぶりに観たら、海賊船が「ハー○ック」並の優秀さでちょっと絶句(火星って近いなぁ)敵のボスの理屈も何だかなー(現実でも、同じ位変な理屈は多々ありましたけど)で、もぉ今後はまとめサイトだけ読めばいいやって気分です。海賊ガンダムのワイヤーだけは良かったけど
私も今はまとめサイトだけ見てます。溜めこんだアニメ見るのがダルくてダルくて。
だってレビューを書いてた人がどんどんやめていくんだもの(理由が「我慢しながら書きたくない」)
フレイグさんだけはなんとかまだ追いかけてくれてますけど、明らかにキャプが激減。意欲落ちてるなー

■以前ゼハートに明かされた敵ボスの真意と違う真意が明かされたと思ったら、二週後に更に違う真意が明かされました。何を言ってるか分からねーと思うがのAAを地で行く、悪い意味ですごい展開です
なんかいきなり情け容赦のないDESTINYが始まったとかいう噂ですが(笑)サブタイまで「新世界」ついてるし。
まぁDESTINYよかマシだったのは、黒幕の手の内が明かされたのが「残り3話、しかも総集編で」じゃなかった事くらいですかな?

その他「ソードアートオンライン」
■ソードアートオンライン>略称はSAOで竿っていうらしいです(笑) それはそうと、本当に説明のバランスが悪いですよね。この説明要る?ってところには過剰にあるのに、肝心なところでは無説明っていうのはラノベの業病みたいなモノですが、読んでて不自然に思わないんでしょうかね。
あれ、もう1話くらいかけて「現実に戻れない」「一体どうすればいいんだ」「ゲームマスターにコンタクトできないか」「なんとか強制リセットできないか」とやってる時に人が急に「ボーン!」みたいな感じでやったらおもろかったのに。
まぁラノベ作家というのは同人作家の延長にいるようなイメージなのであまり多くを望まずにいますが、ここまであれこれとアニメになってくると、読まなければ無関係でいられる私も無関係ではいられなくなる。しかも結果的にアニメになってもほとんど見られた作品じゃないってのが現実を物語っていると思います。
SAOもED見る限り女キャラと男キャラの比率がどうもおかしいような気がするので、いやな予感を持ちつつ、もうしばらくは様子見ですね。

Parallel Universe(管理人になにな)
■になにな様は私と同じ月の生まれでしたか。なお「0083」のGP-01、03の月面開発チームは「クラブ(蟹)ワークス」というのですがアナハイム社内で金喰い虫部署の「キャンサー(=蟹座、癌)ワークス」と言われたり…
デスマスク様についてとかキャンサー・ゾディアーツが出てきた時とか、私が蟹座だと言う事は結構表明してきました。
癌と言われ、神話もパッとしない(ヒドラ市先生をお助けしようとして踏み潰されました)星座なので、ホント、あと数日遅く生まれて獅子座になりたかったぜ。

その他「グレンラガン」
■ロボもの:ガイナはグレンみたいな壮大なスケールのSFが見てみたいですね。今春はジャンプアニメをやってましたが… 新ヱヴァは庵野秀明が設立した新スタジオがメインなので、ガイナは制作にクレジットされてません
え…グレンラガンは正直、全然面白くなかったので私はパスですパス。
まぁいいところもなくはなかったですけど…基本、ガイナックスの作品とは相性が悪いので。
私の中では超うんこつまらなかった「ブレブレ」の恨み重なるジーベックといい勝負ですな!

その他「じょしらく」
■じょしらく:あれのどこが「差し障りのない会話」なんだ(笑)
あのナレーションを聞いて「なんとなく歴史が学べる」という「戦国鍋」を思い出しました。
しっかし戦国鍋の最近のグループは全然戦国ちゃうよね…(赤穂浪士とか幕末志士とか)

その他「トータル・イクリプス」
■>TE メガネ食べられてるところのリアクションがやけに薄い… とはいえちょっと面白くなってきたかも…?すっごいB級臭はしますけれども OPやEDは男主人公が出てからが本番かな
あ、やっぱそう思われました?なんかねー、作画や演出が残念なんですよね…
悲壮感や恐怖感、追い詰められる焦燥感が全然感じられなくてのっぺりとした展開と、ぐっちゃぐちゃに食われたり人間なんだかベーダなんだかの血(液体?)でまっかっかに染まるのも、ただただ「汚ねぇな」という印象。
でもまぁここまでが導入で、男主人公が出てきて初めて物語が始まるのかな…とは思います。
でもそう思わせといてぐだぐだな恋愛やら三角関係やらハーレムやらがメインだったら切るぞっ!!

このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ