Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
07/04(Wed)

バイバイ梅雨前線

西日本では梅雨前線が停滞して大きな被害がでているとのこと。
耶馬溪は行ったことがないが、とんでもない景色に唖然…観光シーズン目前だというのに、なんと気の毒な。
来週に旅行を控えている身としては日々、天気予報とにらめっこしつつ、臨機応変に旅程変更できるよう準備に余念がない。
時刻表を切り刻み、最新ガイドブックを切り刻み、ネットの情報を印刷してわくわくしている。
梅雨の時期を選んだのだから雨は仕方がない。しかし早く去って欲しい。
いや、それ以上に恐ろしいのは台風だ。こないで欲しい。いや、生まれないで欲しい。

【超訳百人一首 うた恋い】
う、う~ん…
平安の歌に絡めた恋愛話らしいのだが…
まぁところどころちょっとギャグっぽい雰囲気もあったものの、正直もっとおちゃらけて笑える話になってるのかと思ってたので「意外とマジメか!」とツッコむことしきり。
いきなりの元祖「ちはやふる」に、「ちはやふる2期はまだか」と遙か彼方に想いを馳せてしまったよ。

もうちょっと笑える内容ならいいんだけどなぁ。しかしこれ、今アニメ化する必要あるのかな…

…と、昨日ここまで書いた時点で挫折してしまった。

私のブラウザは今をときめく火狐ではなくIE9なのだが(Fire FOXはDLしてみたのだが、お気に入りの操作がさっぱりわからず移行できなかったので、かんしゃくを起こしてすぐにアンインストしてしまった)、4月頃からこちら、このFC2ブログとの相性がすこぶる悪い。
投稿してもいつまでたっても反映されなかったり、何より一番困るのが入力画面でカーソルが消えてしまう現象…いわゆるキャレットが見当たらなくなる事である。

マウスを動かしてもEnterキーを押してもキャレットが出てこず、けれど文字を入力すると画面に出てくるのだ。
しかし位置がわからないので、大体の見当をつけたりあてずっぽうで消えたキャレットの位置を特定する必要がある。
こんな状況で文字を入力するなどできるはずがない。
昨日は色々調べても全く原因がわからず、きちんとした解答にもたどり着けず、最後にはPC使いが呪文のようにいうフレーズである「プロトコルをいじれ、ただし自己責任で」と、「ウィルスに感染してるのかも」と匙を投げられて終わり。

しかしこれでは困るので再度検索してみたところ、解決策があった。
そのブログ主はWindows7使いであり、私と同じ64bitであり、IE9であった。
症状は全く同じで、入力画面で突然キャレットが消えてしまい、入力が困難になるというもの。
そして「IE9の不具合なんだろう」と諦めていた彼曰く、「意外とアッサリ解決した」とのこと。

確かにその方法だと驚くほどあっさり解決したではないか。
それはインターネットオプションの詳細設定、「アクセラレータによるグラフィック」である。
ここの「GPUレンダリングではなく、ソフトウェアレンダリングを有効にする」にチェックを入れればあっという間に解決したのだ。
今はこうして文字を打つとその後にちゃんとキャレットが点滅している(さっきまでは出たものの点滅しなくてやはり尋常ではなかったが)

どうやらグラボなどにも関連しているらしいのだが、とはいえ忍者ブログや他の入力画面では全く起きないのでやはりFC2の問題だと思う。
(それに更新→すぐ反映は早いものの忍者がいいというわけではなく、あそこもいい加減IE9に対応させろと思う)
SEESAAからブログライフに入った私としては、乗り換え先のFC2は軽くて鯖もそれなりに強いのがいい点だと思っていたが、どうも今は昔ほどよいとは思えなくなってきた。ツイッター全盛に加え、ステマに乗っ取られているブログに翳りが見えているせいだろうか。

旅行が近づいてきて、毎日毎時間毎分毎秒旅行の日程を吟味するのが楽しくて楽しくてしょうがない。
夏休みは仕事の合間にうまく休みをとって今年も何回か別荘に行こうと考えるとニヤついてしまう。
秋にはヨーロッパ旅行が待っている。正月に私が前から行きたかったツアーがあるので申し込もうと思う。
今日は仕事の問い合わせに緊張したが、思ったよりはうまくいきそうな手応えだった。
日曜出勤も振替休が取れると思えば頑張れる。おかげさまで幸せで楽しくてわくわくして仕方がない。
幸せな日々は決して永遠に続くものではないが、だからこそ逆に目一杯楽しまないと損というのは経験則である。

一言投票所

その他「ヒグマまたはツキノワグマ」
●熊 > 北海道で登山する人は、鈴とかスプレーとか持って入山しますけど、熊って基本的に「人間を避ける」ので、リスクの度合としては、低体温症とかスズメバチの方が遥かに高いと思います。(続く)
(熊の続き)自分も知床の羅臼湖を観に行った時はナタを持参しましたが、入山ガイドを読んだら「朝夕は入山しない」とか「飲食物は持ち込まない」といった点を守れば、まず襲ってこないようです。

ナタとは!
まぁね、確かに仰るとおり山に登る人や山菜取りに行く人はまずその行為自体が「非日常」なのでより気をつけると思うんですけど、三毛別みたいにこっちの生活圏に突如現れた時が怖いですよね。全国で多発しているように、市街地にゴミを漁りに来られたら怖いですよ。うちの別荘周辺もたまに猿や熊が出るのでおっかないです。

クマにしても畑を荒らすイノシシやシカにしてもそうですが、そもそも人間が手を入れてその恵を享受すると同時に「野生動物と人の緩衝地帯」であった里山がなくなったことで、自然と市街地が近くなりすぎた事が互いの生活圏が重なり、事故が増える原因の一つとか。それに戦後、国がブナなどの樹を伐採した後に無計画に植えた杉は実がならず、山を豊かにしない(ついでに花粉もすごい)ので、森の動物は飢え、人里に現れるという悪循環なのだそうです。難しいですね。コチャバンバ水紛争が有名なボリビアの二の舞にならないよう水源地を中国人や外国人から死守する事、そして中国産のトキを何を血迷ったのか日本産と言い張るよりも、里山を復活させる事が今後の課題ですかね。

その他「普通の人」
●自分で思う仕事上の「普通の人」>1を聞いて6を知り、4を自力で調べて、そのうち2を再確認する人、くらいのイメージです。他にも接客で、相手の求めるところを探りながらも妥協点を提案できる(でも無理は無理と断る事ができる)こととか、(続く)
(普通の人続き)自分の能力と仕事量を判断して(早いうちから)同僚に助力を請えることとかありますが、組織なんだから「何もかも全部できる」必要もないんですよね。できる人がいると助かるのは間違いないけど・・・

そうですね、確かにそれくらいできれば万々歳なんだと思いますが、誰にも聞けず、全てを自分で判断せざるを得なかった自分の立場を考えると、ちょっと甘ったれすぎな気がします。別に私がしっかりしてるとかそういう事ではなく(全部できるどころか、実際に会社を揺るがす大ミスもしましたし)、もう少し自分を追い込んでもいいんじゃないのと。できない事は仕方ないけど、せめて頑張ろうという気概を見せてくれよと。

…うっ…今ふと思ったけど、ナチュラルの中のキラ様ってもしかしてこんな気持ちだったんかしら…

その他「ヒッグス粒子」
●以前確かニュートリノの話をしていたと思うのですが(残念な結果になってしまいましたが)、今度はヒッグス粒子が何やら盛り上げているようですね
こうやって新しい物質が見つかる事で未知なる可能性が広がると思うと感慨深いものがあります。でもヒッグス粒子って何なのか説明読んだけどよくわからなかった(汗)
その昔地動説と天動説があったようにまた何年かしたら新しい発見が出てきたり今まで断言されてきたものがひっくり返されたり可能性はいくらだってあると思うのでとても楽しみです(ナスカの地上絵だって解明されてないしね!)
個人的にはパラレルワールド、特にちょっとした事で分岐した世界に非常に興味があります というかこれはタイムリープの方になるのかな?例えばになになさんが歯を食いしばって苦渋を舐めながらAGEを見た世界と全くもって見なかった世界とか
こういったパラレルワールドもネットで調べるともっともらしー事で完全否定されたりしているのでこういった事も何億年かしたら存在が確認されてたりするのかなーと思っています

まるでシュタインズゲートの映画公開にあわせてきたかのようにCERN関連ですよ(笑)
生粋の文系脳である私にもサッパリ意味がわかりません。
しかし何かしらの定義が覆るのは未来へしか進めない自分にとっては驚きであり、保守的な自分としては少し寂しくもあり、怠けて生きてきた自分とは反対にたゆまぬ努力を続けた人を思うと拍手を送りたくなりますね。

タイムリープは必ずタイムパラドックスを唱えてもっともらしく否定する人がいるのが面白いですね。
今のところ誰も見たことないし経験した事ないのになんで否定できるんだ?と思います。
多分色々な事を「想像する」ことから科学は始まるんだと思います、どんな荒唐無稽なことであっても。
「思い出すこと」と「想像すること」、すなわち「過去」と「未来」を明確に意識できるのは人間ならでは。
我々も時には大いに想像して果てしない夢をめぐらせたいものですね。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
●柳の下狙いアニメ真っ盛りな昨今、唯一の癒し系として期待していた白熊が自分のツボから微妙にずれていたので癒し枠にAGEを移動する破目になりました。巨顔族やドワーフのキャラ発表がされた段階でシリアスを期待するのは筋違いと受け取り安定の残念っぷりを楽しんでいたのでまあいいかなと>ちずる
すみまs3ん、シリアスでなくリアルでした>ちずる

しろくまカフェ、私は好きですよ。動物が変にデフォルメされてないのがいいです。

AGEが癒し系…あれはワタクシにとっては劇薬系ですけど…
だって腸を煮えくり返らせるのに5分も見れば十分です。
あと「シリアス」と「リアル」、それはどちらもAGEにはないものなので言いなおす必要はないと思われます(一瞬、「…は?どこが違うんだ?」と思ってしまいました)
計らずもこの追記によって「AGEにはどっちもない」ことを浮き彫りにしていただいてありがとうございます(笑)

名作劇場「あらいぐまラスカル」
●BS12で「ラスカル」が再放送中。去年、地上派でも観ましたが主人公とんでもない奴。母親を猟師に殺されたラスカルを保護したなどと言われてますが、「飼いたいという欲求を満たすため動物親子を巣穴から追い出した」のが真相。それで何の責任も感じず自分は母が死んだからとラスカルに更なる友情を求めていく・・・。
→しかも家が金持ちで両親も甘やかすので見た目が利発そうなだけのクソガキ。自分に都合がわるくなると屁理屈と逆ギレ。「オヤジにもぶたれたことがないのに!」の2年前にキラ・ヤマトが既に登場していたとは…。
→ラストはラスカルと別れて引っ越しますが、これアニメオリジナル。「保護者面するな!」と逆ギレした姉に首根っこをガッチリ押さえこまれた「野生動物や大型動物を飼いたくても飼えない」生活にゴー!って成長ゼロの主人公スターリングを流刑罪に処したのね「ペリーヌ」も手掛けた宮崎さん

原作って実話なんですっけ。アニメのスターリングがクソガキ?それとも原作?
ラスカルは最初は見てたけど、間がダラダラしてて厭きちゃった覚えがあります。
「6月の風が渡る道を~」というOPを聞き、「6月かぁ、遠いなぁ…」と思った覚えがありますが(名作劇場は大河ドラマ同様1月開始でした)、確かそれこそ6月まで耐えられなかったと思います、視聴し続けるの。
ラスカルは可愛かったけど、キャラがあんまり可愛くなかったし…あと富永みーなでしたねぇ、アリス。

「アンネット」にしても、やっぱり「どうやって膨らませるか」「それをどうお子様向けに改変するか」は大人たちの悩みの種だったんでしょうね。
今の原作付アニメ最大の問題点は「完結してないものを無理やり完結させて、結局中途半端でビミョーなものにする」ということですけど(笑)

映画
●中島哲也監督の映画、全部見てるそうですね!どのレビューも面白いです。「告白」は見た後打ちのめされたなぁ。ところでトランスフォーマー3のレビューはまだですか?
ありがとうございます。そうなんですよ、狙って見ているわけではないんですが、ケーブルを入れていた時に結構見ましたね。

「告白」はあの突き放し方が好きです。子供に騙されない松たか子は格好よかったです。
私はヒネた子供だったので、反抗こそしませんでしたが(それは自分が損するだけなので)大人が信用できず、とにかく皆大嫌いでした。
逆に大人になった今は、ヒネていた分子供のズル賢さや汚さがよくわかるので、子供はゴキブリ並みに大嫌いです。

トランスフォーマー3はすみません、見てないんですよ~
去年は忙しくてほとんど映画見てる時間がなかったです(忙しくなくなった今年も全然見てないけど)

男性声優人気投票

細谷佳正
●彼を知ったのはテニスの王子様だったのですが、どうやらそれが初めての役だったらしく、そして関西弁だったのでけっこうぎこちなかったです。でもこのときから声質は聞きやすかったです。ずっと聞いてて疲れない声なんですよね。あとこの人歌が凄くうまいです。一度聞いてみてはいかかでしょうか
「刀語」も酷かったですよ~、ああいう役柄(人間とあまり接した事のない野生児)である事をさっぴいても聞いてられなかった。「No.6」では少しよくなっていたので「これは期待できるか?」と思ったら、「ちはやふる」で見事に化けました。「アポロン」はキャリアの長い木村さんとの掛け合いが多かったのもよかったのかもですね。

なるほど、歌がお上手なんですね。
私は元々俳優や声優は歌う必要は全くないという考え(むしろそのエネルギーを演技に回しなされという)なんですが、最近は上手な方がいますよね。

宮野真守
●私もこの人の声は、ウザすぎない程度にナルシーで包容力のある、優しい感じの演技をしてる時が一番好きですね。最近は殿みたいな役がめっきり減ってしまいましたが…
そうそう、あくまでもウザ過ぎず、というのがミソですよね。
優しく強く、自信満々に見えるのにどこか脆い部分があって、何か満たされないような危うさを隠し持った役こそが彼の真骨頂だと思います。
ファフナーROLの僚や、もちろん我らが殿、そして最近では恋とかるたに悩む太一。確かに役としては少ないですが、キラリと光りますね。

女性声優人気投票

水橋かおり
●やっぱりマミさんが有名ですが、私はディスガイアのラハールで。高笑いがホント楽しそうです。でもちょっと今は演じるのがきついみたいです・・。なんかかすれてるんですよね・・。ゲームばかりでている印象があります。あと今度やられてらっしゃったゲームの最新作の主人公だそうですよ
ディスガイアは知らないですが、アニメやってましたね、そういえば。

アクションゲームなので私はできませんが、主役ですね。また豪華な声優陣ですこと(笑)
そもそも水橋さんはこのシリーズが大好きで、何周もするほどなんですってね。
そして念願の出演をゲットし、大喜びで会見でそれを言ったらファンから大絶賛だったとか。一方遠藤綾さんは「(このゲームは)全然知りません」の一言で場をフリーズさせたとか。ダメじゃん。
もうじき発売のフルボイス版は「電話帳一冊分くらいセリフがあった」そうですが、一番セリフが少ないキャラでそれかよ!と戦慄です。なら柿原さんは一体どんだけ喋ったんだろうという話ですよね。

私はマミさんだったことにも驚きましたが、メイルちゃん役で結構前からつき合ってたことに超ビビりました。
あとARIAのアイちゃんですね。でもゲームボイスのボソボソ喋りが広橋涼の声質に似てるので、今となっては「ホントはアリス役でオーディション受けたんじゃないか?」とでっかい勘繰ってしまう。
(ちなみにマミさんはふたご姫のアルテッサに似てる…あ、そういや柿原さんとはここで兄妹だったじゃ~ん)
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ