2012_02
20
(Mon)22:02

感無量

最高裁の英断に拍手。
日本の司法はまだ捨てたものじゃないと思えた。

インフルエンザで休校。
こう聞くと、未だに羨ましくて仕方がない。
「あと一人、あと一人休めば大手を振って学校を休める!」
と、怠け者の私は冬になるとめちゃくちゃ期待したのだが、
学校に行くと治ったヤツが出て来てやがって(もっと休めよ!)
学級閉鎖回避。妹も弟も従兄弟も、皆一回以上は休校経験が
あるのに、私だけが小学校も中学校もそんな夢のようなボーナス
休みをもらえたためしがない。ムカつくわー、マジムカつくわー!
大手を振って休んで、マンが読んだり本を読んだり(インドア派
ゆえに外遊びなどしない)一日中教育テレビを見たりしたかったよ!

今週末は歯医者だ。
クリーニングではなくメンテナンス。ああ、憂鬱…

しかしその前に日帰りで温泉に行く予定。
年度末はクソ忙しくて休みが取れないと思うので、
2月のうちに休めるなら休んでおこうという腹だ。
(というか昨年は地震でそれどころではなかった)

【輪廻のラグランジェ】
ヤバイ、涙腺が…
「私の事、何も知らないくせに」と怒るムギナミの過去。
まどかも、心のどこかで突っ走ってしまった事を
謝らなきゃと思ってたのね。お互いに痛みがあって、
謝って、仲良くなれてよかった。可愛い可愛い。

そしてそんなシリアスな2人に、2人以上にシリアスに
見えるのにとんでもないドジぶりとエロ補給を見せる
ランが可愛い。それにしてもランがまどかを演ってたら
まんまちはやだなぁと笑ってしまう。まどかとちはや。
元気で可愛い女子高生コンビでコラボってしまいそう。

こうなってくるとジュビジュビももちろんムギナミを
捨てたわけではない…と思いたいところだがどうかな。
ラグランジェは2期制らしいので、のんびりと楽しもう。

【未来日記】
権力に任せる11thの策略を8thと同盟を組んで破ろうと
持ちかける1stと2nd。しかしそれは8thを片付ける罠…

またしても超展開。いや、これは褒めてない。
ラストシーンを見て「何度目だユッキー!」とツッコむ。

【アクエリオンEVOL】
まさかの「GO TIGHT」!!

前回は「面白い」と褒めたけど、今回はまさしく1期の…
そうだな、ユリユリ巨乳つぐみの話みたいなバカ展開だった。
脱いだら感じやすくなってジャンケンポンって、アホか。
さすがに毎回はできないので「しばらく封印」は賢明。

【銀魂】
バラガキ編終了。
今回はメインはもちろん土方なのだが、私が一番カッコいいと
思ったのは沖田だった。本気モードの沖田は格好いいよなぁ。
銀さんはおいしいところはそれなりに持っていったけど、
活躍的にはいまひとつ。真選組はからみにくいのよねぇ。

一言投票所

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、∀他)
▼>ジオンのおっさんたちが皆シャア少佐を信じ、尊敬してついていってたこと。 まあ「少佐」の頃のルナツー潜入とかですね。「大佐」になってからはジャブロー潜入時に部下が地味でピチピチのウェットスーツという中、自分は赤いコスプレ軍服のまま。そりゃ、作戦も失敗するわー。哀れアッガイズ
ははは、あれは記号みたいなもんでしょう。
せっかく「敵」も「正義」も、大義や名分によって
いくらでもひっくり返るものというテーマを乗せたのに、
やはり見ている子供のためにはどっちが「敵」かはっきり
させなきゃいけないというジレンマもあるわけですからね。

シャアについては皆好き過ぎて、分析しすぎて、スピンオフも
大量に出すぎてて、すっかり本編でのそのままのキャラクターが
評価対象にならなくなってしまってる気がしますけど、人の意見に
踊らされずにじっくり見てみると、謹慎処分を受けていた彼が無事
戻ってきた時も部下たちは皆喜んでいたし、「一緒に戦えて光栄」と
言ってるし、アムロの車が泥にはまれば汚れるのも厭わずに手伝って
あげたりするし、人物としては決して悪い人間ではないんだろうなという
印象でしたけどね。その上で復讐を成し遂げた意思の強さも実によかった。

子供心には、「後ろで偉そうにしてるタイプなのに、最前線に出撃する」
というのも、それまでのスパロボ感覚を覆してくれたキャラですしね。
何にせよ、こういう描かれ方をする「敵」キャラは珍しかったので、
やはりガンダムって変わった作品でした。

ガノタといえばシャアをさんざん貶めたり馬鹿にしたり悪く言う人が
多いですけど、そのくせ皆、嫌いどころか実は大好きですよねぇ…
さては「相葉祐希シンドローム」にかかってるな!?

でも実は私自身はシャアってあんま好きじゃないんです、昔から。
いや、ぶっちゃけると好きなキャラって1人もいないんですよね、実は。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
▼ウルフさんが相変わらずガキを甘やかす免罪符にしかならないキャラで逆にちょっと安心しました(笑) アセムばっかり責められてるけど、棒立ちでアッサリ防衛線を突破されたウルフだって問題大アリだったと思いますけどね
ねー、もっと子供をしっかりとしつけてくれる
大人キャラかと思ってたのに、実は大した事
ないんですよね~、ウルフさんって。

配属された5機のうち3機が新人という「人手不足ここに
きわまれり」な状況には同情しますけども、それにしても
あんた歴戦の勇者ちゃうのと言いたくもなりますわな。
むしろ前より腕が落ちましたかウルフさん?

2011 男性声優人気投票

鈴村健一
▼沖田のちょいシリアス入ったくらいの声が、チャラさの中に迫力が感じられて好き。( 男 言えない )
私もこのセンの鈴村ボイスはすごく好きです。
鈴村さんってギャグキャラ演る時、はしゃぎ過ぎるとちょっと
聞き苦しいけど、沖田の時は抑え気味でブラックなギャグを
飛ばしたり、シリアスでは「人斬り」の孤高を感じさせる
ドスの利いた声を出すのがいいですよね。

中でも私は、シリアスに人斬り状態にスイッチしているのに、
同類でもある神楽が絡むことで緩和される空気がとても好き。
鈴村さんって、ナニゲに女性とからむとよさが倍増します。
この間の「男子高校生」での斎藤千和さんとの掛け合いは、
あっちもうまいから素晴らしかったですね。内容はしょーもないんだけど(笑)

2011 女性声優人気投票

水樹奈々
▼-->相思相愛の相手と幸せになる作品:過去作にはありましたけれども、甘々の少女マンガだったので、になになさんの嗜好には合わないかもですね(笑)( 男 30代 )
「私の見た作品では」って、さすがにもう枕詞をつけなくても
いいかなと思ったんですが(笑)、そりゃ他の作品ではハッピー
エンドも当然あるでしょうね。まぁ、そういうことです。

花澤香菜
▼「EVOL」のゼシカの低音ボイスが予想以上に良かったので一票。ちょっと話すペースが上がるといつものお声に戻ってしまうのが残念ですが、これはつきつめていけば新しい分野が開拓できるかも。( 男 言えない )
おっ、さすがはファンの方ですね!
それ、私も全く同じ事を思ってました。この間のオバケ話の時、
テンパったセリフになると「ああ、花澤さんに戻ってしまった」
と思いました。今回はまたゼシカっぽく演ってましたけどね。

そうですよ、役の幅を広げて大人の女性や悪役なんかもどんどん
演じられるようになってもらいたい。最近は平野綾がその域に
達してきて、演技の幅を模索しているのがわかり、面白いです。
何事にも努力を怠らない向上心のある人は伸びますよ。素晴らしい。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック