元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
失せ物その後
出た。
まさかの失せ物出る。

手元にはないが、おかげさまでこの年末は
日本一安全な場所に保管されることに。

完全に私事だが、私自身、財布を見つけたのは
ネットで何気なく「遺失物」とか「失せ物」を
検索してみたところ、いくつかのブログにそれに
関する記事があり、それを参考に動いてみたら
見つけられたので、ご恩返しも含めて記載しておく。

23日に財布を落として、心当たりは5つ。

1 ショップA
2 スーパーB
3 ショッピングセンターC
4 スーパーD
5 地下鉄

落としたのは16時から18時くらいの間で、
気づいたのは21時過ぎ。
買い物をしようとしてない事に気づいた。

24日になってしばらく連絡を待ったが、一向にない。
気が重い中、まずはショップAに電話。ない。
続いて以前落とした時に「届いている」と連絡をくれた
スーパーBに電話。ない。「ダメだなぁ…」と思いつつ、
ショッピングセンターCに聞いたが、これまたない。

ここで心が折れた。

スーパーDは通り過ぎただけ、地下鉄では財布に
触れてもいない。ショップAとスーパーBが一番
可能性が高かったので、そこになかったと知って
意気消沈してしまい、完全に戦意喪失してしまった。
今だから思うが、粘り強さがなく、まさに短気は損気

諦めてクレジットカードを停め、キャッシュカードも
停める。運転免許が別のカード入れから出てきたので
少し気分が上がる。1500ポイント溜まっていたカードが
なくなって(ポイントを引き継いでの再発行不可)いて
萎える。1500円くらいかと思ったが3000円近く入って
いたと気づいて少し下がる。警察に届けたが当然ながら
届いていない。「まぁ厄落としと思うしかないな」と思う。

この3日、「仕方ない」と思う気持ちと「なんでだー」
という気持ちが交互にあったものの、まぁまぁ事実を
受け入れ、「来年は心機一転。それに落としたのが
旅行中でなくてよかったぜ」と思っていた。

そして昨日は無事に仕事納め。抱えていた仕事も終え、
1月アタマの仕事も終え、なかなかいい気分で帰宅した。
そしてふと「落し物をした人は一体どうしているのか」
と思い立ち、ネットで検索してみたのである。

見つかった人、見つからなかった人…いろいろいる中で、
見つかった人の中に「何ヶ月前のことでも諦めずに、
心当たりに聞いてみた」という告白があったのだ。
12月の日付だったが「10月20日にそちらで…」と聞いたら
あったとか、一回聞いた時は「ない」と言われたが、
数日後に聞いたら「あります」と言われたとか。

「ほう、諦めないことが肝心なのだな」と思い、
「そういえばあの日、心が折れてしまったので聞かずに
終わったスーパーDや、地下鉄には聞いてなかったな」
と、ネットで電話番号を検索し、さっそくかけてみた。

12月23日に財布を落とした旨を伝えると、いつも通り
「ちょっとお待ちください」と調べている気配。
でもどうせないだろうと思って手では次の地下鉄の
遺失物センターを調べながら待っていたところ、
「お名前は?」と聞く。届いている財布があっても
結局名前が違って終わりだろうと思って告げると、
さらに「漢字は?」と聞かれる。しかし免許が入って
ないので、漢字で登録しているようなカードはないはず。
(やっぱり違うだろう)
と漢字を伝えると「ああ、確かに届いてます」

なーーーーーにーーーーー!?!?

びっくり。
ただ仕事納めだった28日にまとめて警察署に届けたと言う。
礼を述べてすぐに警察署に電話してみると、確かにスーパー
Dから遺失物がまとめて届けられたが、管轄する会計課は
29日から3日まで正月休みなので、確認は正月明けとなる。

というわけで、私の財布は日本一安全な場所にあるのだ。

日本のすばらしいところは「失くし物が届く」ところだと
外国では絶賛されるらしいが、日本人でもつくづくそう思う。
スーパーDは通り過ぎただけなのだが、一瞬、ブーツの試し
履きをした時、カバンを1、2メートル離れた場所に置き、
恐らくその時ぽとりと落ちてしまったのだろう。

23日中はそのショップにあり、24日にスーパー全体が落し物を
まとめたはずなので、私が電話した段階でスーパーDにかけて
いれば見つかった可能性が高い。しかもクレジットカードは
夜まで停めずに待っていたので、うまくいけば全部停めずに
済んだかもしれないのだ…

拾ってくれ、保管してくれていたスーパーD。
もちろんありがたい。感謝にたえない。しかし、しかしだ。
責めるわけではないが、以前財布が届けられたスーパーBは
自分のスーパーのポイントカードがはいっていたからとすぐ
身元を調べてくれ、電話してくれたのだ。スーパーDも系列の
カードが入っていたのだから、調べればすぐにわかったはず。
そして電話してくれれば、とりあえず財布の在処が判明し、
手続きを踏みとどまる事ができたではないか…

いや、自分がそもそもミスをし、見つからなくて当然なのに
ちゃんと見つけてくれた相手に贅沢な事を言うなというのは
もっともである。もっともだが…もっともなのだが…ねぇ?

まぁ結局カードは全て新しくなってしまったが、新年には
財布が無事に戻ることになった。さらにこの件のおかげで
来年は本格的に「陸マイラー」となる踏ん切りがついた。
(手続きが煩雑なので、面倒くさくて放置していたのだ)

ついてない年は最後までついてないのかと思ったら、最後の
最後にピンチヒッターがスマッシュヒットを飛ばした感じ。
これでいい年が迎えられる。とにかく感謝感謝である。

さて、アニメの方は最終回を迎えたもの以外は年末年始
進行になって一休み。しかしガンダムAGEは、クリスマスに
特番で休止し、1月1日にやるという意味不明な放映構成で笑う。
1月1日はガンダムSEEDリマスターも始まる。
ブルーレイに焼くために結局見てしまうであろう。

銀さんの酒癖の悪さをこらしめるためにやっていた六股。
先週は久々に声を出して笑ってしまったが、オチのヒドさにも
笑ってしまった。バカである。バカだが愛すべきバカである。
九ちゃんにもれなく東条がついてくるのもサービス満点である。

「未来日記」は、この間の犬の時も思ったが、日記所有者って
なんでこんなに最後の詰めが甘いの?バカなの?アホなの?
今回だって捕らえている由乃の首を、致命傷にならない程度に
傷つけて出血を餌に迫る事もできたんじゃないかと(怖い事を)
思ってしまう。おまえら本気で勝つ気あんのかとイライラする。

まぁ原作を知っているツレからは「未来日記は最初や展開には
面白い部分があるが、物語性や最後のオチまで読むと『なんだ
ソレ』とガッカリすること請け合いなので、あまり深く考えず、
由乃のキチガイぶりを楽しむくらいの気持ちで見てる方がいい」
との事なので、あまり文句を言わずにぼけーっと見ようと思う。

というわけで今年のアニメはここまで。
1月は夏目やミルキィホームズ、偽物語などの続編、フロッグマンが
絡んでいるテルマエ・ロマエ、アクエリオンは…どうかなぁ…?
他にはAnother、シンフォギア、ラグランジェなどを様子見。

そういえば4月からはエウレカセブンも続編だか外伝とか。
なんでそんな過去の遺物が発掘されるんだよ。ファフナーや
ギアスもあるし、下手したらSEEDまで復活しそうで怖いわ!

IE9に乗り換えたところ、お気に入りボタンが右側に来てしまい
ポインタがえらい無駄な動きをすることに。なぜ変えるかなっ!

一言投票所

ドラマ「99年の愛」
◆昨晩、「99年の愛」という20世紀前半の日系人を描いたドラマを観ましたが…、やたら説明臭い会話が多くて学芸会じみてました。橋田脚本はホントに駄目になったなぁ・・・
セリフだけで感じ取らせるってのは難しいんですかね。
でもドラマなんだから映像で見せる部分もあるわけで、
(演劇だとセットに限界があるので、役者の演技力が
ものをいうわけですが)そこは頼れると思うんですよ。

やはり老いというのは才能の枯渇を歴然とさせるのかな。

その他「屍鬼」
◆「これを2クールで収められるのか!?」:屍鬼がアニメになると聞いたとき、まさにそう思いました(笑)
そして全く収まっていないというwww
いや、まぁあくまでも「フジリューの屍鬼」ですしね。
それのアニメ化としては非常によくまとまっていたし、
作品としても優れていたと思いますよ。面白かったから。

ま、もともとの原作が「とてつもなく面白い」という
点もかなり手伝ってますけどもね。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
◆瞬間移動するキャラクター・MS、2週間もみっちり作戦会議したあとの「さて、作戦目標はここで、攻め込む地形はこれね」「ところで、敵はどんな生き物なの?」、反逆者の集団(=主人公達)を捕捉しておいて首領だけ逮捕、他放置… 正直、ツッコミどころを限界まで増やそうとしてるとしか思えませんねぇ…
そんな理論的なダメ出しを…ありがとうございます。
最後の方なんかもう呆れて流し見だったんで
「なるほどそうだったんかい!」と思いましたよ。
ダメダメじゃないですか!今さらですけど。

ホントにねぇ…どこに行きたいんでしょうねAGEは。

PERSONA4(2011年10月開始)
◆こんにちは。以前キャラの感想についてコメントした者です。になになさんがP4を面白いと感じられてるのは以前から伝わっていたんですが、あのお話はどちらかと言えばそれぞれのキャラの内面を楽しむ物語だと思っているので、もしそれぞれのキャラの魅力が伝わってなかったら…と不安に思ったためのコメントでした。(続)
もしそれぞれのキャラの魅力が伝わってなかったら…と不安に思ったためのコメントでした。 お返事拝読して、杞憂だったかと思うと同時に、嬉しくなりました。丁寧に答えてくださってありがとうございます。私もまだ1クール途中時点で、それぞれ深さの描写が物足りないと思ったのは早とちりすぎたかもしれません。(続)
これから、程度の差はあれ、描かれていくだろうとは思いますし… ネタバレになってしまうのでいまいち自分が感じている物足りなさを伝えられず申し訳ないです。 残り話数でメイン全員掘り下げ終えられるのか?とやっぱり不安なところはあったりするんですが、期待して待ってみようかな…と思っていたりもします。(続)
とにかく、になになさんがP4を面白い、キャラもいいとコメントしてくださったので、原作好きとしてはそれが本当に嬉しかったということだけ改めてお伝えしておきます。またまとめきれず長くなってしまい、失礼いたしました

レスへのレス、ありがとうございます。
そうですね、私はマジメに考察しながら見ている
わけではなく、むしろ「鳴上と愉快な仲間たち」の
コミカルさが一番好きなので十分なんですけどね。
あと1クールあるのでこの先も楽しみです。
「BLODD-C」「ピングドラム」と、金曜深夜TBSは
どーも「やっちまった」感が強いんですが、(ラスエグも
何の話題にもなってないし、どーせコケるに違いない)
ペルソナ4にはぜひとも頑張っていただきたいものです。

2011女性声優人気投票

千葉紗子
◆あとは、「舞―乙HiME」のナツキ・クルーガーとか(笑) ( 男 言えない )
低めのトーンの役というと、「舞・のHiME」の玖我なつきを真っ先に思いだします。( 男 言えない )

いやいやいやいや、同じじゃん!!とツッコんどきます。

本田貴子
◆「吸引力の変わらない掃除機」の印象が強い(笑)( 男 30代 )
「えっ、あれって戸田恵子じゃないの!?」
…という人もいるんじゃないかなぁ、
少し耳のいい人なら。

矢島晶子
◆やっぱりクレヨンしんちゃんです。しんちゃんの声と他の美少女・少年ボイスの違いがすごすぎます。( そんなものは超越した 年齢など無意味 )
しんちゃんは、出せると思うんですよ、誰でもああいう
「自分にだけできる声」って。ただ彼女の恐ろしさは、
それを長年保ったまま持続しているってことですよね。
大谷郁江がピカチュウやチョッパーをやり続けている
事とは訳が違うじゃないですか、あの声、あの演技。

小清水亜美
◆雪子が時々見せるドスの効いた声と、下世話な感じの笑い声が最近ツボにハマってきました。( 男 30代 )
ナージャで初めて聞いた時は甲高いにもホドがあると苛立ち、
リモコンを投げそうになりましたっけ(サイガーに救われた)

2011男性声優人気投票

山寺宏一
◆定番すぎますが、やっぱり「ビバップ」のスパイクが最高でした。ぼけーっとしてる所やブチ切れてる所も含めてカッコよすぎます。( 男 言えない )
◆やはり私のなかでは政殻のトグサですかね。笑い男の声もやっていてその声の違いに驚きました。ほんとキャラクターによって声が同一人物と思えないほど変わります。映画のナレーションもほぼ山ちゃんばっかですしね。( 女 10代後半 )
山寺さんはちょっともう抜きん出てますね。
私もスパイクの山寺ボイス大好きです。
つーか、あの時の若本ボイスも最高だと思います。
若本はビシャス以降はちょっとダメだろ、あれは。

野沢那智
◆先日、放送されたTBSラジオ開局60周年記念特番で、当時の那智チャコパックの音源が流れましたが… 「なにもかもみな懐かしい」状態でした(笑)( 男 言えない )
◆ダイ・ハードは日曜洋画劇場歴代5位の視聴率だったんですね。( 男 30代 )
へ~、そうだったんですか<ダイ・ハード
那智チャコは当時、美容院に行くと流れてた記憶がw
当時は「冬美なのになんでチャコ?」と思ってましたっけ。

鈴村健一
◆鈴村さんでクズ教師といえば、「ぼくらの」が思い出されますねぇ。この方はカッコイイ声だけではなくて、ヘラヘラした声やビクついた声も本当に上手い。( 男 30代 )
あー、そういえばあの教師も鈴村さんでしたっけね。
私はやっぱり「ノエイン」のアトリかなぁ。
誰がどう聞いても悪役として出てきて、最後は
大切なものを守るため、彼らしく散っていった。
あれは本当にすばらしかったですね。
ホント、種デスのシンの直後だったから特に。

石井真
◆石井真さんが好きです。ファフナーで初めて知って、あの演技にやられました。その後、他の作品でも素晴らしい演技を見せてくれた。大好きです!( 女 50代 )
ちょっと独特のくぐもるような声で一騎にはピッタリ
でしたが、なかなか主役級はないようにも思います。
私が知らないだけかなぁ?
今は「未来日記」の西島刑事で聞けますね。
前回のオマケ本編は「西島祭」で面白かったです。

2011-12-29 Thu 18:02
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<今年もお世話になりました | Parallel Paradise | 失せ物出ず…>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| HOME |