元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
追いつけ追い越せ
「ペルソナ4」がヤバい。
前回からギャグの精度が上がりまくっている。
なのに悠は相変わらずのクールイケメンであり、
花村や里中も雪子もいいキャラで、何よりカンジが
ある意味ものすごいムードメーカーとなってしまった…
あー、面白い。最初に「殺人事件を追う学生探偵団」
みたいな話かと思った予想を見事にぶっ飛ばしてくれ、
学園物が嫌いな私に「学生時代が懐かしい」と思わせる
侮れない作品。「ちはやふる」共々今期No.1を争うな。

「ピングドラム」
語られるひまりと晶馬の過去。
「透明な存在」は宮崎か酒鬼薔薇だったっけ。
しかし何を描きたいのか、この監督は…
ゴミのように葬られる被虐待児のことか?
壮絶で陰険な「情報化」いじめの中で育った
ストレスまみれのゆとり世代が、自分より弱い
存在の子供に八つ当たりして殺すのは必然かも。

「未来日記」
またまた狭い世界で日記所有者がわんさか登場。
こうなるとやはりこの世界は閉じられた環の
中にある特異な世界と思わざるを得ないかも。
犬使いはあの女子2人に日記を譲り、石田彰は
EDラストの影の日記所有者という事なのかな?

「銀魂」
感動のさよなライオネルリッチー…かと思いきや、
去って行ったのはパートエリザベスで、しかもエロ女も
死んでいなかったという…なんじゃそりゃー!!!!!
という、いかにもな銀魂オチで安心。脱力するわー
EDがOPになるのは一期はたまにあったけど、二期では
初めてじゃなかったっけ?録画ミスかと驚いたのは秘密。

コメントをいただいたのでコチラでレスしました。

一言投票所

ホントーにホントーにレスをサボりまくってすみません。
とりあえずできることからコツコツと…

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年2月開始)
■ここで殿下死亡とは…………どうにも勿体ない。あんな貴重なギャグキャラ、今後出せないでしょうに。ところで、今更なんですが、ハリケンゴーカイオーとマジゴーカイオーのゴーカイオーの部分って明らかに要りませんよね?
あれ、殿下死んじゃったんですね。
いや~、この後大丈夫なのか?と心配しちゃいましたよ。
つーかダマラスがナニゲに忠臣っぽかったのが驚きかも。

合体の意味自体あまりないんじゃね?とか言ったら負け。
私なんかロボバトルは全然マジメに見てないですから。
だってぇ…やっぱ特撮ってちゃっちぃんだもの…

この回でゴーカイジャーも「大いなる力」を持ってると
判明し、「名実共にスーパー戦隊」と言ってましたが、
この回のEDを見ていてハタと気づきました。

カカカ、カーレンジャーの立場は!?

■ヨロイ君がゴーオンゴールドとシルバーのメットを両手に持つシーンで、何故か童話の「あなたが落としたのは金の斧?銀の斧?」の有名な文句を思い出しました(笑
童話では無欲でどちらももらえるか、欲をかいて
どちらももらえないかですが、ヨロイ君はまさかの
「ええい、両方欲しいから半分こだ!」でしたね。
まさにゴーインシルバー。

輪るピングドラム(2011年7月開始)
■「冷たい熱帯魚」かよ(笑)
福岡一家惨殺事件同様、「遺体なき殺人事件」である
「埼玉愛犬家殺人事件」を元にした映画ですね。
ヘドが出そうで見るのに覚悟がいりそうですが、
何か似たようなシーンでも出てきましたでしょうか?

Parallel Universe(管理人になにな)
■久々に遊びに来たら、声優投票してる♪早速項目入れましたよ!杉山くんに(笑)
ありがとうございます。
そういえば私が見てる作品ではなかなか杉山さんが
登場しませんね。リヴァルが最後くらいなのかな?

■女性声優投票、朴ロ(王路)美さんの項目を入れさせていただきましたが、2文字目が特殊な文字のため、仮のつもりで入力しています。もし良い表記がありましたら、変更してください。お手間かけさせてしまってすみません(泣)
ぱくろみさんの漢字対応して頂きありがとうございました(文字化けしてないあの字を初めて見ました)。声優投票、男女で票の分布の様子が違うのが面白いです。

あの字は環境依存文字なので、マックの方や
IE以外のブラウザでは読めないかもしれません。
携帯では完全に変なマークになってますし(笑)

声優の方は声優登録があまりないので、「その他」に
名前を上げていただいた方をこちらで登録しますね。

■温泉旅行、羨ましいです。東京都心部では四季の変化を視認させるような落葉樹があまりないため、温泉地で紅葉などを見られて今がやはり晩秋なのだと驚かれたのではないでしょうか
紅葉の中で入る露天風呂は格別でした。
山はもう晩秋なのでちょっと冷えるのがまたいい。
職場の前の銀杏並木は秋を感じさせてくれますが、
やっぱり山の温泉じゃないとね!

UN-GO(2011年10月開始)
■亡くなった祖母が、爆弾三勇士のことを話していたのを思い出した
私は大学時代にゼミで考察を行いましたっけ。
戦時中は私の父も母も低学年だったので
まだ教わらなかったそうですが、高学年では
戦意高揚のために教え込まれたのだそうです。

「父親たちの星条旗」のように、これもまさしく
戦争のプロパガンダなわけですが、最近の紛争を
見るにつけ、プロパガンダや政治的戦略というのは
「ある程度豊かで、知識層がいてこそ作用する」
ものだと思いますね。字も読めない人々に活字で
思想は伝わらず、結局は言葉、さらには人々に身近な
宗教を利用するのが一番手っ取り早いわけですから。

さて本編ですが、「美談」をテロと絡めたアレンジは
面白かったですね。風守が「因果が他人を殺さぬよう、
自分に取り憑かせたのは自己犠牲ではないのか?」と
問いかけた時、思わず息を呑んだ新十郎がよかったです。

そして人の良心が「存在する」とする反面、結局は本当に
金塊が「存在した」ことも皮肉たっぷりで面白かったです。
原作を読んでいないので実際はどうなのかわかりませんが、
良くも悪くも「會川脚本らしいなぁ」とにんまりしました。

未来日記(2011年10月開始)
■今回、最後にゆのの日記が happy end で再度締められていたけれど、その日付は7月28日であった。一方、ユキテルは厚着。季節が設定されていないアニメは多いと思うが、この作品はこの点で無頓着トップクラスではないかと思った
始まったのが確か4月21日頃で、デートしたのが
5月のGWくらい…にしても暑苦しい格好ですね。
ちょうど同じ時期のペルソナと比べると一目瞭然。

■どこまで描写できるか気になっていた6thの過去ですが、まさか原作よりも陰惨さがパワーアップしてるとは…原作でも薬漬けでガリガリはさすがに無かったんです。全2クールなら彼女がヒロイン扱いの外伝も映像化するかもしれないので、多分ファン倍増するであろうソレを期待
この話の後にエロ歯科医がマインドコントロールで
少女に暴行なんて話が出たのは痛ましいですね。
「股間に悪魔」ってどっちがだよって。バカだろ。

■ユノの奇怪な言動ばかり気になっていたが、そのせいか、他の日記所有者の印象が薄く、また彼らは結構あっさりと片付けられすぎのように感じる。どことなく話の構成が単純すぎるというか、手詰まりを感じるのは私だけだろうか
私はそれも物語上の演出ではないかと睨んでるんですが。
仰るとおり、他の日記所有者って希薄すぎますからね。
狭い箱庭世界の中で殺しあっているとも思われますが、
それじゃさすがにありきたりなので、「それはさすがに
読めんかった。すまんかった!」という面白い展開を期待。

Fate/Zero(2011年10月開始)
■ご大層に解説した途端、一瞬で灰燼に帰したケイネスの拠点にどうしようもなく笑いがw 取り敢えず「番犬代わりの魑魅魍魎」とやらがどうなったのか気になります。「ぎゃー」と爆風に散ったのか、それとも街へ解き放たれたのか
え、あいつ、もう死んじゃったんですか?
なんという出オチ…
(もう3話積まれております・・・うー、めんどい)

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
■なんとなく惰性でMXの再放送をずっと見てますが、一期二期通して見ると益々二重基準ぶりが目につきますね。前半散々世界の理不尽ぶり・世界を変える事の難しさを語っておきながら(続→)
(続→)天才おじいちゃんと愉快な仲間達がプラン通りに頑張ったら何もかもうまくいきました!でシメるとは。もう進研ゼミの販促漫画ばりの酷さです。特に世界を色々語っちゃってる一期は、オチを踏まえてみるとギャグにしか見えなくて困りました(笑)

ホント、何がやりたかったのかサッパリですね。
一期の1クールを見る限りでは、表面上は平和そうに
見える世界に潜む「戦争、紛争、テロに警鐘を鳴らす楔」に
なりたいのかなぁと思わせ、2クールになったらそれが
すっかりぼやけて「敵討ち」だの「権力」だの「快楽殺人」
にシフトしてわけがわからなくなり、二期は今度は仲間集め
(そこなの!?)から始まり、イノベーターがどうのこうのとなり、
最後は仰るとおり天才おじいちゃんの「計算どおり(ニヤリ)」
で無理やり締め、劇場版では異星人襲来で金色の眼の人が
増加してわけのわからないまま終了という…まさしく「狐に
つままれたような」作品でしたよね。意味がわからない…

私の中ではそれでもまだ面白い要素のあった種などより
ずっとタチの悪い「ワーストガンダム」ですよ、00は。
まぁ「W」「X」「V」「F91」「UC」「08」「逆シャア」
と見ていないので(並べると見てないの随分多いなオイ!)
なんとも言えませんが…あ、でも今まさにAGEがぐんぐん
ワーストチャートを駆け上って(下りて?)るから抜くかも。

ゲーム
■所々出される情報で薄々勘づいてはいましたが、ラスボス前の緑川で確信。まだ3作あるというのも。恋愛が気に入らないのもになになさんの傾向としてわかりますよ。このゲーム、話もキャラも良いけど、街の人々が良いと思いませんか。これで大外しだったらお恥ずかしい
おお、気づかれましたか。
面白いんだけど、その分不満なところも多いので
敢えてタイトルは出しませんが、多分アタリです。

あ、やっぱりわかります?
別にね、私だって恋愛否定派じゃないんですよ。
たとえばあの中の年の差カップルはいいんです。
でもあの主役2人の恋愛はヘボい!
やめてもらいたい。2作目のラストとかふざけろよと。

しかし反面、最終作は感動しまくりでした。
私はこういうハードで強くて格好いい話、大好きです。
最終作の主人公はもともと「胡散臭ぇ奴だな」と思って
イマイチ好感が持ててなかった分、好感度はマックスに。
完全に制作側に弄ばれてますね。だがそれがいい!!

前2作のもう一人の主人公くんには彼を見習って欲しい。
主人公ちゃんは大嫌いですが、主人公くんは緑川に免じて
まだ許してます。しかしやっぱりサイガーは格好いいぜ!

街の人、いいですよね。
時間経過と共に、夫婦喧嘩して家出したり仲直りしたり、
自分の道を模索したり見つけ出したりするんですよね。
めんどくせぇ、でも全部話を聞かないと気がすまない…
これは「凝り性で面倒くさがり屋」の私には地獄です。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■ガンダム00は売り上げ的にいまいちだったという話を聞きましたし、AGEは関連商品が売れるかどうか未知数な感じが……そーいう意味で、SEEDを引っぱり出してきてるっていうのもあるんでしょうかね?
へぇ、00って売れなかったんですか?
色々出てたし好調なのかと思ってましたけど…

AGEはどうでしょうね。
最初からカード頼みの雰囲気もありましたし。
でもモビルスーツ格好よくないし。動きもイマイチだし。
しかし私としては何より話が全然面白くないので困ります。

■SEEDがHDリマスターVerでBS11とTOKYO_MXで来年正月からまるっと再放送されるみたいですね。で、1クールごとにBDBOX発売、プラモの方も再稼働…商売根性たくましいけれど、売れるんでしょうかね?AGEもあるのに…
ああ、売れるでしょう、SEEDは。
これはやっぱりコンスタントにいけるのでは。

公式は「新規作画を敢行!」と煽ってますけど、
敢えて言おう。話そのものをリライトせぇよと。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
■今更気がついたのですが、 age は 00 よりも作画に金をかけていないんだな。約10年前の seed 以下ですらあるだろう。ガンダムの作画の質は右肩上がりと今まで思っていたけれど、age は初めてそれを否定してきた作品であると言えよう
キャラの線をあれだけデフォルメしたくせに、
モビルスーツ戦までデフォルメしてどーすんねんと
誰もがツッコんでますよね。腕が落ちたかサンライズ…
と思ったら、銀魂の頑侍ではこれまたすごい動きでした。

銀魂スタッフは00と重なって、雲泥の差だった
制作費に恨みつらみばっかり言ってたからなぁ…
で、今はAGEに喧嘩売ってんのかしら。

■魔少年はビーティーの枕詞(笑)
私も真っ先にそう思いましたとも!

■ガンダム初見ですが、結構週の楽しみになってます。一話の時点ではステレオタイプだなあ、としか思えませんでしたが。以外と各話で出オチがあるなあ。(一話のラーガン、AGEシステム、四話のイケメンシャワー等)
そうですか、それはよかった。
反面私は1話1話苦痛になってきています…
ホントに辛い(泣)なんとかしてよ、ガンダム!

■ 左舷を「ひだりげん」って発音してて驚いた。子供向きなのに、ジパングなみに軍事考証はちゃんとしてるのか(^^;
そういう考証ができるスタッフを揃えられるのが
ガンダムがガンダムたる由縁なのかも。資金面で。

最近ではもう00の軌道エレベーターが素晴らしすぎて
震えました。大好きなんですよー、軌道エレベーター。
プラネテスのセブンとか、ターンAのザックトレーガー、
SEEDのマスドライバーなど、巨大SF建造物はいいですね。

その他「奇子」
■この前図書館に行った時に、前から読みたいと思っていた手塚治虫の「奇子」を偶然発見し、2時間かけて読破したのですが
何と言いうか、言葉にできない作品でした・・・これはぜひ、になにな様に読んでいただきたいです 私にはちょっと、ほんとに何も言い表せない様な作品です

戦後の闇を描き出した問題作でしたっけ。
ずーっと読みたいと思いながらつい忘れてしまい、
これまで読まずにきてしまいましたが、機会が
あったら読みたいですね。図書館にあるかな。

その他「ベン・ト-」
■ベン・トーは見てないんですか?真剣にバカやってて面白いですよ
見てないです。
新番組チェックの時、どうしようかと迷いましたが、
内容が狭い世界でのことなので物語に広がりがないと
思い、パスしました。一応キャプつきのレビューでは
読んでますが、とても私の好みとは思えませんねぇ…

声優&俳優「野沢那智氏」
■声優人気投票は故人でもよろしいのでしょうか?
お許しが出たので、登録いたしました。ありがとうございました。

野沢那智さんにこんなに票が入るとは…
少し高い声質なので私はさほど好きな声というわけでは
ありませんが、ニヒルな主役はもちろん、癖のある悪役や
バイプレーヤーを演じられる時はとても好きでしたね。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、∀他)
■シャアがどんどんヘタレていく理由について大真面目に論じている書籍として、宇宙世紀の司馬遼太郎こと皆川 ゆかが著した「評伝シャア・アズナブル」があります。興味と時間がありましたら御一読の程を…
へ~、そんなものがあるんですね。
しかしホント、ガンダムが人気作品になって
息の長いシリーズと化した事で、間違いなく
一番割りを食いましたよね、シャアは。
あの頃シャア少佐に熱狂していたゴッドマーズ世代の
お姉さま方が聞いたら苦笑するんじゃないでしょうか。

その他「カウボーイ・ビバップ 天国の扉」
■渡辺信一郎は、かぼちゃを見るたびにこの作品を思い出すのだそうな(笑)
なるほど(笑)
そういえば渡辺信一郎の作品もチャンプルー以来。
そろそろあの人のスタイリッシュ作品も見たいなぁ。

PERSONA4(2011年10月開始)
■緑は赤の補色なんだな(^^;
おおぅ…コメントを放置しすぎて何のことか皆目…
すみません。

2011-11-30 Wed 01:15
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<「諦めないで!」じゃねぇよ | Parallel Paradise | 今度こそ本当に>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| HOME |