温泉って素晴らしい

満喫しまくり。
山の紅葉も少しずつ始まり、夜は寒いくらいだが、
露天風呂の温度が下がっていつまでも入って
いられるので満喫満喫。あー、幸せだった。

昨年パソコンの角で傷つけた膝の傷も、
年をとった割には大分綺麗にはなっていたが、
今回の温泉でほとんど目立たなくなった。
もともと傷の治りはよい方だが、やはり
温泉の効力はすごい。毒素を出す効力も
すぐに効果が出て、今回も二日目にはもう、
温泉に行かないかぎりできなくなったニキビが
口元にポツン。自分でも気づかないどこかが悪い
サインなのだろう(多分胆嚢だろうと思うけども)

N県と違い、G県は関東圏ゆえ、テレ東まで入るので
U局以外は見ることが出来る。とはいえ録画機器が
ないので見られないと思ったピンドラは夜更かしの
おかげで見られた。逆に自堕落な生活で早起きを
しなかったのでスーパーヒーロータイム全滅である。

夜更かしの原因はPSPでやっているゲームである。

・かなり息の長いRPGシリーズ
・キャラが非常に立っている
・ストーリーが壮大で面白い
・ランダムエンカウントではない
・魔法がむちゃむちゃ作りづらい
・ATBではないが順番は意識すると効果的

弟に奨められて始めたのだが、この連休中は温泉に
入るかゲームをやるかというくらいやりまくった。
謎もネットがなくても自力で何とか解ける程度なので、
ストレスが少なくてよい(難しすぎるとイラつく)

とりあえず、今はまだ最終章に入ったばかりである。
しばらくは地道にやりこんでしまいそうだ。
DSが行方不明なのでイヤホンがなくて困っている。
(アニメについてはデモを見ただけで「なかったことに
ならんものだろうか」と早くも不安要素で一杯どす…
TVアニメじゃないことが救いかな。やらんでいいのに)

「ピングドラム」
冠葉がすり潰し娘、りんごが多蕗のお宅へGO。
それぞれにそれぞれの事情があって家族愛と
恋愛が微妙に交錯してるから複雑怪奇になる。

「ムリムリムリムリムリムリムリムリムリ!」
カエルのシーンはまた笑っちゃっただろー
りんごちゃんすごいし。そして「好きだー!」
と唐突に叫ぶ多蕗にも吹いた。アホかおまえら。

晶馬の仲直りロールキャベツをぶっ飛ばした
りんごちゃんに生存戦略。好きになったのかなぁ?

しかしりんごの姉のももかが死んだのは、どうやら
カルト事件が元になっているようでお話は急展開。
丸の内線、千代田線、日比谷線、第二第七サティアン、
VXガス、目黒公証人役場に坂本弁護士、松本サリン、
警察庁長官狙撃事件。例を見ないテロ事件だったね。
宗教絡みで娘を滝行で窒息死させたなんて事件が
あると、ありゃりゃんこりゃりゃりゃんだわね。

「BLOOD-C」
夜更かしついでに見た。

なんだこれバカじゃないのマジで

30分間きゃははきゃははきもーい、なんなワケー
ありえねーしーバカじゃんあたしらふざけんなYO!
とやってるだけだった。あれ、5分か10分で終わりで
いいと思うんだけど、なんであんなに長々やったのかな。
真相がわかった途端、連中は皆あの変な怪物にバクっと
マミられて「おしまい♡」でよかったと思うの、演出的に。

まだ最終回に見所を残してるのかもしれんけども…
なんちゅーか本中華、結構良作がそろってきたのに、
こんなもん堂々と放送するなよなーって感じー

「銀魂」
うわ~…
「本人が一番恥ずかしいんだよ!」と言ってたけど、
うん、これはかなり恥ずかしい。中の人ネタに、
コラボどころかあっちこっちに被害を広げまくり、
最後は股間がかなづちになって終了という最悪のオチ。

うわー、恥ずかしい。
30分恥ずかしかった。EDは赤マルの付録だよね、あれ。
声優ネタ盛り込むためのオファーって…やりかねん、
やりかねんよ、銀魂ならね!秋からはまたガンダムだし、
ネタぶっこんで来るね。00の時は散々予算に文句言ってた。
作画的にはヒメコが月詠っぽくてケバいのが可笑しかった。

「花咲くいろは」
今度こそ、今度こそ本当に

いい最終回だった!

いや~、本当にこの作品はいい出来だった。
私的にはこれが一番のダークホースだったよ。
公式サイトを見た時から、「あ、面白そう。見よう」とは
思ってたけど、変な学園物になって旅館がおろそかになったら
イヤだなとか、つまんない恋愛話とかになったらいやだなとか、
結構私の中のハードルは高かったんだけど、軽々クリアしたね。

学園物も旅館を邪魔する事はなかったし(むしろ逆にいい
スパイスになった)緒花が明るくて元気なのに、イマドキ
珍しく「ウザくない」主人公だったのも最高だった。
「明るくて元気」=「うぜぇ!」ってキャラばっかだからなぁ。

スイさんが眼を逸らし、そっと涙を拭うシーンなんか
昔の日本映画みたいな「間」が見えてよかったなぁ。

孝ちゃんとの件も一件落着(バイトメガネは哀れだったが)
喜翠荘も、奇跡が起きるわけでもご都合の救世主が現れる
わけでもなく、力不足を認めた縁の手で一端の終止符が
打たれる事になる。このラストが何より最高!寂しくても、
日常は続いていき、全ては無常であるというしみじみした
「終わり」を打ち出した制作陣の美意識に拍手を送りたい!

全ては終わりに向かうからこそ、はかなく美しい…

いつまでもダラダラダラダラ終わらせようとせずに
連載を続けたり巻数だけ延ばしてんじゃねーよ!

素晴らしい作品をありがとう。
終わった後、笑顔になれる作品はそうそうないけれど、
スタッフの愛と物語を「見せる」ことをよく知っている
脚本のおかげで、半年間本当に楽しかった。ありがとう。
緒花は東京で、みんちもなこちもいつもの生活が再び始まり、
けれど緒花が来た時とは、もう皆少しずつ違っていて…
スタッフの皆さん。半年間、本当にお疲れ様でした。

「あの花」と「花いろ」は実写でもいけそう。

「夏目友人帳」
「えっ!4期あるの!?」というのがマジメな驚き。
公式全く見てなかったよ。ビックリだよ。
神のみの3期が先かと思ってたけど、夏目のが先か。
冬の夏目も好きなんだよねー(2期が冬だったので)

妖怪たちとの影踏み鬼。
3期では田沼や多軌との絆が深まったので、
ここで妖怪方面をフォローという感じかな。
ちんちくりんの斑にショック!の紅峰さんとは
お友達になれそうだ。やっぱブタ猫より斑よね!

将来と聞いて坊主と名取(的場も)を思い浮かべる
田沼と夏目。今回多軌はでないのかなと思ったら
最後にちょこっとだけ出た。久々に陣を書き書き。

終わりだけど、3ヵ月後にはまた会えるそうなので
しばしのお別れ。よい夏でした。お疲れ様でした。

しかし委員長は女友達おらんのかいな…

一言投票所

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中)
★緒花の元気がこの作品の魅力の一つでしたが、女将さんや電六さんといったキャラがいたこともまた十分な魅力を持っていました。凄く良い作品を半年間見せてくれたものだと思います
確かに、「大人」がしっかりしていましたね。
だからこそ安心して「子供たち」が成長できていました。

緒花の母ちゃんだけはどうも鼻について嫌いでしたが、
彼女もまた、母の前では未だ「子供」だったのでした。
退き時を知っていた縁の方がよほど大人だったのだと、
愛する崇子さんだけは気づいてあげて欲しいですね。

本当に素晴らしい作品でした。スタッフには感謝ですね。

★二期はないでしょうが、それでもいつか再興してみんな集まった絵が見たいと思う爽やかな終わり方でした。もう帰ってくる理由もなく詐欺から始まった生活でも、(多分)何だかんだで喜翠館に愛着湧いていた次郎丸も帰ってくるかなぁ……食うに困って(笑)
半年間見ても、内容がグダる事もなく、キャラが
崩壊することもなく、物語が破綻する事もなく、
久々に「いい最終回だった!」と思える
「ドラマティックアニメ」でしたね。拍手拍手!

1クールものなら、昨年の「オカルト学院」や
「まどか」のように、結構ちゃんとまとめられる
作品が増えてきたなと思ってましたが(ノイタミナなんか
安全を図るために1クールものばかりで、あまり2クールに
手を出さない。結果、かなりの数が中途半端になっている)
2クールでこの結末は本当に素晴らしい。オリジナリティを
大切にした点といい、タイバニといろはは間違いなく2011年
4月期の殊勲賞ですよ。こういう作品こそ報われて欲しいなぁ。

あの別れに、無常の美を感じるのもまた一興です。
マメじぃもスイもいなくなり、蓮さんも望みこそすれ
立場があって戻れず、巴さんは結婚して故郷に帰り、
なこちも早々に子供を何人も産んで…なんていう
未来も見えてきます。でもそれもまたよいものです。
過ぎ去りし青春は、懐かしく思うからこそ鮮やかに
色づいて見えるものなのかもしれませんからね。

名作劇場「私の『鬼嫁』アンネット」
★(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=10502181 )強烈な右~!これでダニーの一件があったら、どうなるのか。続きが無いのが残念
ルシエンは名作髄一のM男だからいいんです、これで。
そして中の人は鬱憤を晴らすかのように2年後には
セーラをいじめまくるからいいんです、これで(笑)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年2月開始・視聴中)
★役者さんが引退して出演不可能だったり、また現役の人でもゴーカイに懐疑的な人だったりする意趣返しなのか、チェンジマンの扱いが酷い…
今回まだ見てないんですが…
チェンジマン、何かあったんですか?
でも自分たちがやってる作品に否定的な人を
わざわざ使いたいとは思わないので、それは
しょうがないですよ。扱いが悪いかどうかは
よくわからないですが…チェンジマン自体、
私もあまりよく知らないです。伝説獣?

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
★先々週でしたか、「地下鉄サリン」の伏線を聞いてこちらで話題に挙げましたが、「16年前の事件」とそれっぽいのが早々来ましたね。本当に伏線だったのかは分かりかねますが、当時小学生だった頃、オウムが犯行予告をしたのだったか、親が小学校まで迎えに来てくれたのを思い出しました
出てきましたね~。まだはっきりとはわかりませんが。
オウムは当時、犯行予告はしてなかったはずです。
全てを否定するために、麻原が前々から煙たがって
遠ざけていた口の立つ上祐をロシアから呼び戻し、
全面否定させて自分が隠れる時間を稼がせたのです。

当日私は家で惰眠を貪っていましたが、地方の友人から
電話が入り、「東京が毒ガスでやられたって!?」と
聞かされて仰天してテレビをつけましたが、画面には
道路に横たわる人人人…なにやら大変な光景でしたね。
阪神大震災から2ヶ月しか経ってないのに、一体日本に
何が起こったんだという感じでした。MW?ダチュラ?

弟は丸の内線利用者だったのですがこの日は休みでした。
日比谷線沿線に住む妹に電話すると「今日八丁堀まで
行く予定だったんだが、昨日キャンセルになってさ」と
驚いた様子だったので、「オウムの仕業かも!」と
言ったら「なんでもかんでもオウムか」と笑われました。
前年の夏の松本サリンと同じ様相だったので何となく
直感したのですが、東京では麻原が逮捕されるまで
サリンと阪神大震災でニュースは持ちきりでしたね。

…ってか一番ショックだったのは「サリン事件当時
小学生」ということですね(笑)生まれてない人も
いるんでしょうね。村井が刺殺された瞬間の映像とか
もう今はTVでは絶対流れないでしょうから、見たこと
ない人もいるんでしょうね。まぁYOU TUBEにあるけど、
あの当時の雰囲気は伝わらないでしょうからねぇ…

子供の頃私が「昔はこんな事件があったの!?」と
驚くと(帝銀や国鉄の下山・三鷹などの黒い霧事件とか)
父や母が「そうだよ」とさらっと言うのを聞き、そういう
生の事件を知ってる大人はすごいと思ったものですが、
(ことに母は60年の安保闘争に参加してますしね)
今は自分も色々な事件を生で味わったんだなぁと
思います。それらを見るにつけ、断言できます。

「歴史にならない限り、真実は不明である」

戦争と同じく、当事者(事件の当事者のみならず、
その「時」を共にした全ての人間)が結局一番何も
知らない・わからないという事は多々あるものです。
あれこれ言えるのは「史料」が揃ってからなんですね。

その他「BLOOD-C」
★BLOOD-C、なんだか面白いことになってるそうで・・・当日プラスをリアルタイムでみていたので懐かしいと思っていたのですが
PCが壊れてしまい見れず・・ネタバレを見てしまったのを後悔していますw

面白いというか、演出がまずいというか…
相変わらずちんちんたらたらやってましたよ。
BLOODシリーズってなんかこういう歯切れの悪さが
ありますよねー。なんでIGはこれにこだわるんだろう?
こだわるなら攻殻をやってくれよ。(ただし神山で)

TIGER & BUNNY(2011年4月開始・視聴中)
★出張で視聴が遅れて、今日やっと最終回観ました。2部にはベンさん&サイトーさんコンビに密かに何気に期待してますが(車の差でいじけていたベンさんは可愛かった)、ヒーロー達の戦闘でのコンビネーションにも期待したいところです(コンビを組むんじゃなくて単に協力し合うの意。)
皆もう「2期あるよねー」という雰囲気で安心して
語ってる感じですね(笑)嬉しいなぁ、人気で♪
サイトウさんとベンさんコンビいいですよね!
ラストでちょいちょいとベンさんを呼ぶサイトウさんに
「声を出せ」と言うのも仲のよさが見えてよかったなぁ。

新たなライバルヒーローとか、ルナティックさんとか、
それこそアメリカンドラマのようにまだまだ考えられる
展開がありますから、難事件や探偵物っぽい物語なんかも
取り入れて色々やってもらいたいかなー、と私も勝手に
盛り上がってます。まだ何も発表されてないっつーのに(笑)

本日23時からは「牛角さんと振り返るタイバニ」が
ユーストリームで配信されますよ。見ましょうね。
ユーストはリアルタイムのコメントとかインタは
面白いけど、重すぎて下手すると途切れるからなぁ…
私は同時刻のMXで見ますわ。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
★DVDで見直しましたが、劇場で気付かなかった演出が多過ぎて泣けましたねぇ・・・。灯篭流しに皆城家全滅したから蔵前はないんだと思ってたらあったし、見にくくさせてるのが誰かさんだし。CGも全カット演り直したそうで・・・。来年、19歳の一騎と総士に会えるのが楽しみ。カノンが真壁カノンになってたら嬉しいな
おお、DVDがついに出たのですね。
なんだかんだで見てないなぁ。
TVでやってくれたらいいんですけどね。

カノンは…私も彼女が好きなので幸せに
なってくれればそれでいいんですけども、
そんないい雰囲気があったんでしょうか?
カノンは自分を捨て身で救ってくれた一騎のことが
好きなんだろうと思うんですけど、最大のライバルが
真矢…ではなく、総士ですからねー、なんたって(笑)
21:39 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
そろそろ | top | さらば台風

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1414-366e5b15