Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
09/13(Tue)

眼鏡貧乏

10年ぶりにメガネを新調した。
コンタクトが曇りまくってどうしようもないのと
疲れてしまうので最近はメガネばかりだったこと、
さらに残業に次ぐ残業で給料がついに大台超えとなり、
これほどの眼の疲れを思えば度数のあった、ちゃんと
調整されたメガネをせねばならぬと思い至ったからである。

かなりの度数ゆえ、レンズを最高に薄くしたら
かかった費用は5万円超(フレームは1万円)
コンタクトも両眼で5万円なので変わらないが、
メガネをファッションになど絶対にできない
人間がここに。よく見えるようになったけどね。

今週のOPでは事故らなかった「銀魂」
また監獄ネタかよとでじゃぶーしちゃったろー
シャチってヅラの時にも出てきたっけね。

引っぱたかれて鼻血を出したあの頃に比べれば、
ラスボスともいい関係になっている?ように見える
「いろは」は、孝ちゃんをぼんぼり祭にご招待。
しかしむしろ緒花との関係に希望を持ち直し(てくれ)
孝ちゃんにホッとしたよ。一方置いてきぼりのみんちは
めそめそ…しかけたものの、次郎丸さんのおかげで
徹さんと共通の話題が。包丁人味平…ジャンプのザラ紙じゃ
余計に、どこからどう見ても汚くてうまそうには見えなかった。
ラーメン対決とかよー、寸胴やエプロンが汚れてるようにしか
見えねんだよ。味見とかも汚く見えるだけでさ。参った参った。

一言投票所

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中)
▼次郎丸にマトモな職歴があったのが意外でした(笑) 元ネタと思わしき「包丁人味平」を読んだことありますが、あの類の料理漫画を読んで料理人を目指したみんちも中々変人な気がしてなりません。皮肉にも次郎丸のおかげで徹さんと微笑ましく盛り上がったのはさぞ複雑でしょうねぇ
読んだ事があるどころか、ジャンプ連載時の
リアルタイム読者ですよ、包丁人味平は。

徹さんと一緒に古ぼけたコミックスを読むみんちは
楽しそうで可愛かったですが、次郎丸さんじゃねぇ…
ってことは牛次郎なのか、きみは!
いやいや、最終回でもし10年後なんて展開になったら、
売れっ子になって本当に喜翠荘(名前は変わってるかも
しれないけど)に缶詰になる次郎丸がいるかもですよ!

しかし意地っ張りのみんちが徹さんの前で素直に
ベソをかけるようになっただけ進歩ですよね。
ハラハラがドキドキに変わる日も遠くはない?

その他「バトルスピリッツ」
▼バトスピ最終回、復活もヒロインとの再会もなく、なんと主人公死亡でENDでした(滝汗) おまけにエピローグでは残されたヒロインが妊娠したように見えなくもないという…(年上設定はこの為?)。結論としては、通称「深夜31時アニメ」は伊達じゃないハードで骨太な作品だったかなと
最終回前の情報をいただいたので、ついつい
気になって最終回後、私もググっちゃいましたよ。
なんかすごかったみたいですねぇ。
「ダメかもしれないし、ダメじゃないかもしれない」が
てんこ盛りで、死んじゃってそれっきり、ヒロインは
ゆったり服でおっとりフェイス、みたいなエンド。

最近はキッズアニメも侮れんですな!
ガンダムAGEもこんなことになったらどうしよう?(笑)

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
▼聞いた話によると図書館の本の返却日やひまりが探してた小説は地下鉄サリン事件に関係する伏線らしいです。(ちなみに小説の方は別タイトルの小説の中の一編だったらしいので職員さんが検索しても見つからなかったとか)あっさり伏線に気付いちゃう人の頭脳には少し嫉妬してしまいます(笑
へー、そうなんですか。何か意味があるんですかね?
丸の内線なのもサリンに関係あるんでしょうか。

伏線がわかったとしてもそんな、嫉妬する事はないですよw
むしろ制作陣に掌の上で面白いように転がされる楽しみが
減っちゃうじゃないですか。本当に楽しい作品って、翻弄され、
騙されてなお、「そうかっ、やられたっ!」というのが楽しい。

その人の感性だけを元に書くレビューと、「俺、知ってる!」
「俺全部わかってっから!」は全然別物だと思うのですが、
最近は昔気質のレビューらしいレビューはほとんどなくなり、
ググったり必死に情報を集めて先の推測を正確にした上で、
「○○じゃないか?」とあたかも自分がハナから推理予測を
しているかのようなブログが多くなっちゃいましたよね。
(数週間先に、これらの予測が絶対にハズれてないところが
逆に不自然なんだよなぁ…コナンくんじゃあるまいしさ)

別に素直に自分なりの推理や考えを表せばいいのに…
今のネット主体世代って、よほど間違いを恐れるのかね?

TIGER & BUNNY(2011年4月開始・視聴中)
▼普通他のアニメならおじさんみたいなタイプは名脇役ポジションで死亡する事により途中退場するのがお約束みたいなものですが、虎徹さんにはきっと主役補正が掛かると信じてるっ!
いや、あれ、誰もホントに危機とは思ってないでしょ。
こんなとこで寝るんじゃないよ、虎徹さん!とか。

私、虎徹人気は平田広明さんの力も大きいと思います。
おじさんでも子持ちでも男やもめでも人気は出る!!
これがもしヒロシだったら絶対ダメだったと思うなぁ。
同じ年増主人公の妖奇士とは比べ物にはならないけどさ。

やっぱ平田さんの柔らかい声が必須だったと思うのですよ。
かつてうちでやった「男性声優人気投票」では、奇しくも
タイガーとバニー(森田成一)は両者11票で36位でしたっけ。
こんなところまで仲良し♪

懐かしの満票終了「男性声優人気投票」

▼いや、パラユニさんに来た事自体超久し振りだったので(ギアスR2を放送していた夏以来かも)タイバニをそれほど宣伝していらしたなんて知らなかったのですよ。あーあ、馬鹿な事したもんです
それは残念でした。
うちはもう4月からタイバニイチオシでした。
何しろ2007年にレビューをやめて以来、初めて
「あー、レビュー再開してぇ」と思わせた作品です。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーフォーゼ」
▼フォーゼ>鼻があぐらをかくとは上手いオブラートの包み方ですねw
顔の造詣のうち、鼻って結構大事ですよね。
小雪とかも自分はいい女と思ってるんだろうけど、
「あんた、鼻、超ヘン」って感じだし、モロに。

ちなみに今回のフォーゼを見たら、視聴続けるかどうか
ビミョーな感じだった。学園物、やっぱ苦手かも…

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)「ターンA」
▼手柄争いをするポゥに、状況打破のために核を利用し反乱を起こすフィル。そうなったら戦争になるのは目に見ているからディアナ様もロランも核を組織のために使わない選択をするけど、フィルとしては全然進まないから強硬手段に出たいのもわかる。月に戻ってどうにかするなんて現場として悠長過ぎる。
(続きます)この作品の良さは、ゼノアとソシエの直訴が失敗するところ。核が爆発したからっていざこざやってるのにいきなり戦争辞めようなんてなるわけない。武器持ったまま勝手に使者として来たって通してくれない。当たり前の描写が上手い。大穴や弾頭の扱いで核の脅威を強調するのも丁寧だし

でもねぇ、そうせずにはいられないゼノアの気持ちも
わかるんですよ。核の存在を知って、戦う気の失せた
軍人だよって言葉がなんかグサリときましたよ。
末端とトップの温度差も本当にうまい。
ディアナ様の考えだって、トップならば当然です。
正しい手続きをして初めて形を成すのが政治ですから。

大体、戦争なんてものは巻き込まれてる時は何が何だか、
一体今どうなってるんだか、何が正しいんだかさえ
わかるはずないんです。終わって始めて考察と検証が
なされるんですよ。幕末も戦国もそうなんですよね。
渦中にいると何もわからない。末端の人間には特に。
そういう「戦争の狂気」を描くのがトミノはうまいッス。

ドラマ「長七郎江戸日記」
▼里見氏主演の「長七郎江戸日記」をチラッと思い出したり。長七郎は一応、「江」の主人公の孫なんですね
えー、あれって架空の人物じゃないんですか?
しかしこうして思うと、時代劇ってなくなりましたね。
大河以外は水戸黄門だけ?NHKがたまにやるくらいか。
安っぽい韓流ばかり流しとる場合じゃないですな。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ