眠気が…

いつもは見たり見なかったりのOPだが、
今回はたまたま見ながら鼻歌っぽく歌っていたら、
まさかの大激突に「なにーっ!?」と吹く。
やってくれるわ銀魂。
23回目にして大惨事…OPをいじる監督は
物語に思い入れがあるという持論があるが
まさかクラッシュってなぁ。みゆきちの
堕天使と銀さんのホラーになってない
ホラーも面白かった。で、天人設定は?

いや~、殺人的に忙しいだろうとは思ってたけど
思ってた通り忙しかった。何で同時に重なるかね。
去年もやったならまだしも、何で今年?って感じ。
こんなに不可能だと思いながらも、なんだかんだで
できてしまうあたりがいけないんだと思うんだよね。

だからどうしてもミスも出る。まさかあなたがって、
驚かれても困る。買いかぶりもいいとこなんだって。
それは思い込みなんだって。やった事ないんだって。
能力以上の評価をされても困る。大体テキトーで
いいんだよ。ラクに生きたいんだからさ、私は。

「夏目友人帳」は、また一歩前進した田沼と
夏目が、視聴者の突っ込みより早く自分らに
ツッコんでて乾いた笑いが。多岐がいてくれて
本当によかったなぁ。ホントに多岐可愛いなぁ。
一人だけ見えないのに一生懸命で可愛いなぁ。
もう3日ずつ夏目と田沼の嫁になればいいよ。
(日曜日はお休みでニャンコ先生ともふもふ)

「カイジ」
おまっ、125分遅れって!あやうく見そびれるわ!
相変わらず泣いたり笑ったり泣いたり笑ったり。
結婚式や葬式のように喜怒哀楽が飛び交ってるが、
やってるのは天下一アホなパチンコですからね。
もうね、萩原も浪川も立木も、演ってる時の
テンションはすさまじくアゲアゲなのに、終わって
「お疲れさまでした」と言った時の寒いリアル感は
ハンパないと思うね。下げないと戻って来れないしね。

秋の新番組が出揃ってきましたなー
今年はとにかく春が大豊作だったので幸せだった。
秋からは何見ようかなー
00が「う~ん?」だった水島精二と、ディケイド降板以来
あまり見かけなかった會川昇の元祖ハガレン(私はやはり
原作よりTV版一期の方が好きだ)コンビの作品は気になるが、
なぜがゆんと組むのか水島…がゆんやCLAMPはやめてくれよ…
「へうげもの」がまだ続投のNHKもバクマン2期他も意欲的、
巷で話題の作品もぞろぞろと。そして相変わらずPVを見ても
コドモ向けアニメかゲームのアニメーションにしか見えない
ガンダム…どうなるんだ、あれ…ついていけるのか、あれ…

アニメじゃないけど初っ端の「フォーゼ」がなかなか幸先の
いいスタートだったからなぁ。でも中島かずきは無理くり
シリアスにして、力技でつき抜けるっぽいので、それが
始まるとちょっとついていけなくなるかもしれんね。

一言投票所

その他「漫画界のとんねるず」
★悪い意味で同人誌臭さが抜けてない気がする高河ゆんやCLAMPをどうにも好きになれないので、になになさんの「漫画界のとんねるずか」に笑ってしまいました。うまいこと言いますね
うーん、抜けてませんね、確かに。
オタク濃度が高いというか、ファンがコアすぎて
ある意味一般の漫画好きには敷居が高いという。
ホリックだのツバサだのなんだりかんだりが全部
ループしててリンクしてて云々と聞くだけで、
「ああ、もう好きにやってくんなまし」となる。

昔は歌手でも漫画家でも、一度ヒットを飛ばすと、
次作にはものすごく苦労して、「一発屋」という
不本意な人生を送る人もたくさんいましたけど、
最近はそういう事もないのか、もはやヒットした
その作品をセルフパロしたり、スピンオフして
延々同じ世界観で話を続ける漫画家が驚くほど
増えましたね。創作する側にとっては、ヒット作は
もちろん大切だろうけど、本当に才能があるなら
自分はそれだけじゃないという自負もありそうな
もんですが…パート2や新章、結構平気ですね、今。

ヒットしたとなると、マンガ家も編集もいつまでも
いつまでも終わらせないし。ラノベもバカみたいに
続いていて、終わらせる気ないのかと思うし。
「ズッコケ三人組」じゃないんだからさー
それでもかつては「あんなに人気だったのに!?」
という作品でもバッサリ打ち切られたりしたけど、
イマドキの若い読み手はいつまでも厭きないのか、
いつまでも同じ作風、同じ物語の繰り返しでも、
根気よく読んでますよね。まぁ「ガラスの仮面」や
「王家の紋章」みたいな人外マンガもありますけど。

こういう大御所はともかく、まだまだ可能性を
追求できる年齢の人たちがこれじゃ停滞しますよ。
やっぱり何でも終わらないと始まらないですしね。
いつまでもロートルが同じ事を続けるだけじゃ、
次の才能が出てこない。新しい文化が花開かない。

不況の折、確実なヒットが大事なのはわかりますがね。

その他
★フェイトゼロ、秋の新番枠では一番人気のようですが(前作とは完全に別物)ぶっちゃけまどかから入ったファンがあの虚淵ノリに何人脱落してゆくかが楽しみです。癒し系はしょっぱなから正体雄叫んでるライダー組くらい(CM動画でさらすとは思わなかった)
絵柄や雰囲気はいい感じでしたけどね。
虚淵玄って、そんなにもてはやされるほど
いいんですかね?博識だなとは思いますけど。
(いろんな映画や小説のいいトコどりが上手い)
「まどか」は面白かったけど、イマドキの子は
あれで一喜一憂しちゃうんだ、という感じでした。
(昔はもっとグロかったり残酷だったり哀しかったり
する作品は一杯あったような気がするけど気のせい?)

その他
★もう次で最終回ですが、スーパーヒーロータイムの直前にやってるバトルスピリッツブレイヴが終盤になって色々ぶっ飛んでます。敵の男娼設定とか、ヒロインの大告白や主人公とのキスとか、朝7時なのに(汗) 前作からメインキャラ続投してるんですが、まさかこういう展開になるとは…どシリアスな展開も含めて
バトスピって見たことないんですよねぇ。
なんか日曜って似たようなの一杯やってるでしょう、
ベイブレードとか、他にもバトルなんたらとか。
まぁ土曜日の朝も似たようなモンですけどね。

ぶっとんでるらしいですね。男娼て…マジッスか?
しかしそもそもキスしたり告白したりするのに、
男キャラが女声ってのが萎えるわー、激しく。
だから女が男役やるのってイヤなんだよなー

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーフォーゼ」
★フォーゼ>掴みは完璧にOKでした。後は、これからの一年間、多少の中だるみや暗い展開はあるとしても、このテンションを維持できるか、ですね。ちなみにオーズは玩具のベルトにメダル音声が入ってた為に解析によって、早い段階で全バレしてましたが、フォーゼもベルト本体に音声入ってそうなのが(笑。
そうですねー、中島かずきは「ええ!?そんな暗くて
重くて陰湿な展開に?」という事があるので侮れない。
おもちゃ売り場でポスティング見かけましたが、
音声、まるまる入ってそうですね~(笑)

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年2月開始・視聴中)
★凱、最高に格好良かったです。マーベラスの成長も忘れずに、ジェットマン最終回の後日談としても成立していて感動・感涙でした。供えられたばかりの花や野菜はニクイ…。 よろしければ、こちらのMADもどうぞ。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm13213058
今回は井上脚本がいい方に転びましたね。
素晴らしかった。まさにマーベラス。
凱の詰め合わせは凱スキーには垂涎ものでしょう。
どうやらこのグレイもジェットマンの名物キャラらしく、
今回の放映後、あちこちで名前を見かけましたよ。

2011/09/09 01:30 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |