学園祭続き

歌舞伎町のビル火災から10年という事は、
今年は9.11からも10年なんですなぁ…

あれ、かなりの大惨事だったのに、同時多発テロに
関心が向かって、その後の経過の印象がなく…
ちょうど同じ日に新宿で遊んでて、帰ってきたら
幹線道路をものっすげぇ数の消防車が走ったので
「なんなんだ?」と思ったら火事だったという。

先日、エレベーターで話しかけられた話をしたが、
本日は掃除用具売り場で「どっちのホウキがいいか」
「このちりとりは使いやすいか」と聞かれる始末。
私は店員ではない。

「花咲くいろは」
前回のヒキは「喜翆荘をたたむって事だろう」と
思ってたら案の定だった。

結婚式の準備と式当日に、みんちと緒花の恋の
鞘当がからむ。孝ちゃんに片思いをすると決めた
緒花に怒りをぶつけるみんちは思いもかけず
告白も兼ねてしまうという…徹さんの気持ちは
ほらねー、やっぱりねー。恋ってほどのもんじゃ
ないんだよ。気になるし、面白いし、気軽だし、
恋に変わるかもだけど、このままかもという。

まぁ、ハラハラの方が大変だとは思うが…
庇護欲と責任感の強い男ならイケるかもしれん。
(ただ緒花母にも弱いからなぁ徹さんは…)
それにしてもなこちのボインは犯罪ですね!

「銀魂」
片栗虎VSヅラ。
ジャンプを読んでいない間に、空知も飽和状態なので
もう新しいキャラを出すのはやめて、既存のキャラを
からませる「異種格闘戦」に乗り出したのだろうか。
けどフツーに面白かった。うんこうんこ言うなや!

「夏目」
な、なんか今年、学園祭に参加しまくった気がする…
セイクリッド、いろは、そして夏目。

フォーゼも5話目くらいで学園祭じゃなかろうか

喋ろうとする石が怖い。
多岐と田沼と普通になかよしなのがいい。
あと夏目が意外とモテるらしい事に驚いた。
石に取り憑かれた女の子を見てたら
オカルト学院のこずえを思い出した。
アホでバカで面白かったなぁ、あれ。

「カイジ」
詰まっちゃった!
…って、おいいいいいい!なんじゃそりゃ!
と、ツッコミまくって大笑い。、
そして情緒不安定すぎのカイジと一条。

映画版カイジの情報を見たツレが、
「バッカ、なんで遠藤が女?ありえねーだろ!」
と怒っていたが、この沼編を見て納得した。

「ユルアニ」
次回の放映未定って、ちょっとちょっと…

一言投票所

ドラマ
●コメントしてくださりありがとうございます!「若い方は大竹しのぶはさんまの元妻と言う印象が強い」
・・はい、になになさんのおっしゃるとおりです(汗)大竹しのぶさんのドラマほとんど見たことがないのであの修羅場が初めてでした
でも彼女、結構演技がオーバーって言われてるんですね私の母は太鼓判を押していたけど他の年が上の方に聞くとそう言う意見の方がいらして驚きました
うーん、役者って難しい・・ちなみに私の好きな女優さんはマイナーな方ですがりりィさんです でも同じ二十歳の友人は彼女の事誰も知りません(涙)
中学の頃にやっていた「人間の証明」に出ていたのを見て以来ずっと彼女を見ていないのですがあの得体の知れない感じと当時演じていた役も合間って今も好きな女優さんの一人です

いえいえ、こちらこそコメントありがとうございます。
そうかー、若い方はあまりご存じないんですね。

大竹しのぶはうまいという人と過剰すぎて鼻につくと
いう人とに大きく分かれるんじゃないですかね。
映画と舞台とテレビでは演技は全く違うものですから。
舞台の演技をテレビでやったらドン引きしますよ。

今GYAOで無料配信している「クワイエットルームにようこそ」
にも出てますよ。むっちゃウザい重要キャラです。
メンヘル系映画ですが、まぁまぁ面白かったですよ。
拒食症の蒼井優が鉛筆みたいに細く、首にボールペンで
刺された痕のあるりょうが怖い看護師さんをやってます。
私もレビューしてるので、よかったらぜひ。

あと、りりィさんはすみません、私も知りません。
歌で有名な方みたいですね。でも歌も知らないや…

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
●「SEEDシリーズのHDリマスタープロジェクト」が発表されて5日。ほのかな期待と大いなるあきらめの気持ちがないまぜになりながら、ずっと気になってます。好きだから、もういじくりまわしてほしくないんですけど何かいいことあるんじゃないかって考えてしまう。振り回されてますね(笑)
その気持ち、痛いほどよーーーーーーーーーく
わかります。そして「何事もないだろう」事もね。
変えるべきところは一切いじらず、変なところを
改変するんですよね、あの監督は。変な人ですよ。

どうせ目新しいものといえば、最近はキャラデザの仕事が
めっきりなくなった(意外にも種より息が長く、劇場版も
アドバンテージを取ったファフナーがあるか)平井画伯の
描き下ろしくらいじゃないですか、期待できるのは。

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーオーズ」
●オーズ>最初は「ラスボスがアンクで、実写版セラムンみたいな展開になったりして…?」と心配していましたが、良くも悪くも普通レベルの出来に持ち直したって印象です。オチの着け方はブレイドの方が秀逸だったけど、オーズの方がなぜかちゃんと通して観ている不思議
ああ、私も何やら雲行きが怪しいあたりでは
最後はアンクと戦うのかなと思ってましたが、
それはなかったみたいですね。ぬるいなぁ…

●オーズ、一応タジャドルが出た辺りからちょくちょくは見て、後藤さんがバースになった辺りからは殆ど全部見てるんですが、全体的に凄く薄味だったと思います。「オーズといえばこれ!」というようなシーンが殆ど思い出せないんですよね。龍騎や555だと大体の話数まで思い出せるんですが
ただ、ずっと出番を奪われ続けていたタトバやタジャドルが最終回で活躍したのは期待通りで良かったです。 フォーゼはどうなるんですかね。前にデザインがちょっと…と書きましたが、それにはもう何だかんだですぐに慣れてしまいました…(笑)

タジャドルって、最後のアレですか?
後藤さんがバースになった回はチラッと見た気がする。
ああ、やっぱ薄味だったんですね。どのレビューでも、
電王の時のような熱気(今のタイバニに似てますね)も、
ディケイドの時のような祭も、Wの時のような物語や
小道具的なお遊びを楽しむ雰囲気もなく、「一体皆、
何が楽しくてオーズを見てんの?」と謎でした。
キバでさえアンチの「一刀両断」が面白かったのにな。

フォーゼはどうでしょうね。
中島かずきだから…明るい→騒がしい→暗い→重いとなり、
全体的には暑苦しい、グレンラガン・大江戸ロケット風味?

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中)
●ワクワクとハラハラでは、みんちも将来希望があるでしょうか。一方の緒花は勝手に気持ちが盛り上がってるみたいで、こりゃ既に東京にいるトンビに油揚げをさらわれてるとしか…。まあフィクションとし考えると、考ちゃんがそうあっさり他の女になびく男だったら、たとえ付き合ったとしてもうまくいかなかったと思いますけど
バイトメガネといい仲になっちゃってたらねー
「所詮はその程度の男か」とガッカリですねー
ただ緒花は前科があるので、バイトメガネに
走ったとしても孝ちゃんを責めるのは可哀想かな。
ちゃんと向き合って気持ちに応えなかったわけですから。
そりゃホントにフラれても自業自得。そもそもこっちに
来てからは連絡もしてなかったんだから、不利ですよ。

みんちは…長そうだなぁ、片思い。一途っぽいし。

映画「この子の七つのお祝いに」
●大竹しのぶといえば「黒い家」、「この子の七つのお祝いに」の岸田今日子さんに並ぶ子供時代のトラウマ映画です
昔、「横溝映画みたいなもんだろう」と気軽に見たら
血まみれの岸田今日子の恐ろしさに震撼しましたよ。
今と違い、昔は真夜中にやってた映画は怖いか
エロいかでしたが、「この子」はふすまだが障子に
血しぶきが舞りまくり、話もひたすら陰惨で暗い。

大竹しのぶの「黒い家」も怖いらしいですね~、
大竹しのぶの過剰演技が(笑)あの頃さんまも
散々「黒い家」をネタにしてたなぁ。

その他「エヴァンゲリオン」
●エヴァ「破」は自分も観ましたが新規イベントを駆け足で入れていくのでキャラの心情が追いづらいし、ダミープラグで三号機を破壊する場面は旧作より描写がぬるくて毒気が抜けてるし、往年のテンションが伝わってこなかったですね
テンポがいいのはダラダラうだうだまったり嫌いの
短気な私にはとってもありがたいんですがね。
駆け足だったから覚えてないとかではなく、
なんていうかな、そうめんを食べたみたいに
見た後にするーーーっと抜けちゃうんですね。

以前ここで「エヴァのDVDのCMで翼をくださいなんて、
ネタバレもいいとこですよね」とおっしゃった方が
おられたのですが、そう言われても何のことだか

全くわからなかったんですよ、マジで。

思わず自分のレビュー読んじゃいましたよ。
「見たのに全く何一つ覚えてないのはなんで?」と。
そしたら「レイが可愛い」としか書いてなかった(笑)

逆境無頼カイジ 破戒録篇(2011年4月開始・視聴中)
●キャラソンに続き、あの名曲のカバーまでリリースされているようです。やはりノーカン!は本シリーズ屈指の名台詞か!? http://www.youtube.com/watch?v=6hykll95GQQ
これは爆笑しました。うまい!!うま過ぎる!!
02:24 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
東京は雨晴れ曇りで暑かった | top | 書くのを忘れていた

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1396-d19e6197