グリード・アンクの「生存戦略ー!」

というわけで、オーズが終了。

見てた人、本当にすまん。
本当に申し訳ない。
これはつまんない最終回だった…

いや、ずーっと見てたわけじゃない私が
こんな事を言ってはいけない事はよくわかる。
わかるのだが、言わせてください。

たとえばうんこライダー「キバ」ですら、
最終回は「わはは、なんじゃそりゃ」と笑えたり、
アホか!バカだろ!とツッコめる部分があったが、
オーズはびっくりするくらい普通でつまんなかった。
敵もあっけなかったし。え、終わり?的な…
電王も龍騎もシンケンジャーだって最終回は
あんなに面白かったのに、どしたぁ、靖子にゃん。

というわけでアンクの生存戦略ー!はこれにて無事完了し、
ピングドラムメダルを集めて欲望を満たし、満足して消滅した。
刑事さんはファンキーな髪型からまともになって
ひなちゃんのところに無事に戻ったのでありました。
そして映司は再び世界へGO。全てが見事予定調和でした。

まぁ一番格好良かったのは間違いなく里中くんでした。
あとQさまにウヴァが出た時(成城大生らしい。お坊ちゃま)、
「もう死んだのに今さらか?」と思っていたので、「ああ、
復活して最期まで出られたんだ、よかったね」と思いました。

最終回第一弾として、とりあえずオーズは終了。
来週からはフォーゼ。EDに出てたわざとらしくスイッチを
見せてた学生2人組は次に出る子たちか(過去の話の子かと…)
あ、あと戦国鍋も9月で終わるらしい。そろそろ潮時?

「シュタゲ」
やべぇ、朝から涙腺崩壊しそうになった。
自分が命を投げ出せば、と飛び込んだオカリンを
まゆしぃが救い、そして死んだまゆりに呼びかける
宮野の演技がファフナーROLの僚を思い出させたよ。
あの時の宮野の「祐未…いなくなったのか…祐未…」
の名演技を彷彿とさせたぜ。泣くわ、そりゃ!!

お墓のおばあちゃんに話しかけるまゆしぃの
寂しさを滲ませたモノローグの哀しいこと。
本当に2人とも素晴らしい役者さんですなぁ。
コミマ後の帰り道の会話からしみじみとした
シーンが続いてジーンときたよ。マーベラス!

それに比べると、いい子なのにクリスの中の人は
下手すぎていつまでたっても感情移入ができん…
なんだ、この棒読み演技は。味と思うしかないのか。

シュタゲの合間に「Fate/ZERO」のCMが流れたが、
作画や雰囲気はいい感じだったな。

「セイクリッドセブン」
「なんだよ、今回は学園物じゃなくてラブコメか」
とバカにしていたのだが、いやいやどうして!
「とりあえず」の誤解が解けてから後、鎌倉には
アルマの思い出が詰まっているとわかる後半にこそ
「ここに持ってきやがったか!」という感じ。

アルマの普通っぷりが本当に生きてるよね、これ。

バトルシーンもなく、カガミンがひたすら頑張った
(らしい)話だったけど、箸休め&アルマの過去&
ルリとアルマの距離が縮まる…ってことでいいのかも。
あ、アルマと石部長派には「んだよ、これ!」だと思う。
ヒロインをどっちに設定するかで作品見る眼って変わるよね。

「ピングドラム」
婚約発表ー!
というわけでデスティニーに暗雲立ち込めた今、
プロジェクトM…MのMはマリッジのM…ではなくて
マタニティのMなのだ!ということでストーカー
ゲロビッチが交尾態勢に入りそうであります。

キモカエルのキモ卵を食い尽くすペンギンも、
ゴキブリは食べないんだなぁと思う今日この頃。
兄は怪しげな人物と再接触、弟はストーカーを
ストーキング中。体の弱い妹は家でただ一人…
出番といえば生存戦略。ひまりちゃん、カワイソ。

「ゴーカイジャー」
俺がアイツでアイツが俺で…という入れ替わり回。
ハカセの人の演技のうまさに驚いた(ルカはそこそこ)
ナニゲに振り幅でかいな!ってか表情までうまいな!
まぁ器用さからいったらハカセだったんだろうけど、
キャラから言ったらジョーが女の子になる方が
面白かったよね。トイレに行きたくなるくらいの
時間が経つ前に元に戻れてよかったですね!

そして次回はいよいよ大先生、降臨!

ジェットマン…一体どうなるんだ…

「TIGER&BUNNY」
今回も最高だった。
しかもなんだよあの「俺たちの戦いはこれからだ!」
的なヒキはー!アツすぎるだろー、2人とも!

ワイルドタイガーのキメゼリフから
OPに入るその流れの格好良さ!
しかーし!
やってる事はいつもの虎徹!
サムズアップ・ゲッツ!
ヒーロー暴露話!
うう、スカイハイ…あんたって…
「ゲス野郎!」×2
借金20ドル!
ブルーローズけなげ!
娘登場に一同ビックリ!
「グッドな挨拶だ!」
うう、スカイハイ…あんたって…(二度目)

…まだ見てない方は是非この流れを楽しんでもらいたい。
しかし監督もスタッフもスカイハイの使い方を知ってるなぁ…

「貴様ー!反撃かー!」(バーナビー・ブルックスJr.)

いやいやバニたん、あのね…

しかし今回は斉藤さんですよ。やはり斉藤さんはいいね!
アニエスさんたちはバニー同様まだ戻ってないもんね。
あとこの間紹介した「タイバニを楽しむ動画」に出てた
巻き子(モブ子)がまたまた巻き込まれて登場してた。
バイクの変形機能やカー(バイクだけど)チェイスも
楽しめて、ヒーローたちの絆にもよかったと思える。
ハラハラしたり笑ったりドキドキしたりと最高だった。

一週間待ち遠しい。しかし残りあと3話と思うと寂しい。
しかし「この冬キャラ食も大量発売!」とか、金になると
わかったらプッシュしまくりの倍プッシュじゃねぇか!!
なおBS11では平田&森田のちょこっとインタビュー、
ユーストリームはイケメン津田健次郎が登場してた。

一言投票所

ドラマ
♥>藤原の鎌足 NHKは5、6年前の「大化の改新」で岡田准一にやらせてましたね。どちらかといえば入鹿の方が良いキャラしていて、そこそこ観れました
まぁ白村江を描くなら大化の改新もやらざるを得ませんが、
この場合は「韓流の力を借りる」のがコンセプトなので
メインは入鹿や蝦夷よりは百済、高句麗なんですがね。
宮崎→妻夫木→福山→上野→松ケン→綾瀬ときてますが、
次は誰かなー?題材は何かなー?まぁ見ないんですがね(笑)

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中)
♥例の「子供は5人」とかホテル勘違い時の反応のせいで、知人たちの間で目下『みんち実はムッツリスケベ疑惑』が浮上中です(笑)
み、耳年増と言ってあげてください(笑)
あんなに美人なのにそんな事気にもしてないし、
望む人からは望まれずを地で行ってしまう体質。
実際にいたら面倒くさいけど、アニメで可愛い
みんちを見ている分には実によろしいです^^

逆境無頼カイジ 破戒録篇(2011年4月開始・視聴中)
♥本シリーズから登場のアイツにキャラソンが!?(笑) http://www.youtube.com/watch?v=YZaUVaWWJH8
キャラソンて、ノーカン節…(笑)

ドラマ「それでも生きていく」
♥どうも、ロクなアニメ放映してない中国地方のものです(涙)
昨日お風呂から上がったら「それでも生きてゆく」と言うドラマを母が見ていて、私は見てないんですが娘を殺された母親を演じる大竹しのぶのガラガラの金切り声と気迫が凄まじくてつい見てしまいました
シュタインズ・ゲートの萌郁もすごかったけどこっちもすごい(笑)母は「大竹しのぶは頭のおかしい役やらせると上手いのよ」と言っていたのですがあまりの気迫につい魅入ってしまいました。
最近ドラマはつまらないのばかりだからアニメだけにしようと思っていたのですがどうやら久々の当たりドラマらしく見逃したのがちと残念でした。やっぱり大竹しのぶは女優さんですね あんまり彼女のドラマを見たことなかったのですが修羅場シーンはすごかったです
あとシュタインズ・ゲートの萌郁を演じた後藤さんの今後の活躍に期待したいです 個人的に彼女、能登さんの対抗馬か後釜になってくれるのではと思っているので

お母様のおっしゃるとおりです。あら~、イマドキの
若い方にとっては、大竹しのぶという女優は
「演技に入り込み過ぎのプッツン怪奇女優」というより、
「さんまの元妻」の方が印象強いんでしょうかねぇ…

大竹の演技ってスケールのでかい舞台や映画ではいいけど、
テレビだとクドかったりオーバーアクションだったりして
ちょっとやり過ぎ感が漂うんですよ。この回、私も実は
たまたま見たんですが、「やってるな、大竹」と思いました。
彼女が「北島マヤ、13歳!」を舞台で演じたのも頷ける。

後藤さんについては、私はあまり彼女と縁がないようで
これまで薔薇水晶とかQとかそういう系統の声しか
聞いたことがないので、もっといろんな役に
チャレンジしてもらって、色々な声を
聞かせてもらいたいと思います。

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
♥21話のまゆりの切々とした語りがとてもよかった。花澤さん、本当に上手くなりましたね。 ゼーガペインから見てる身としては何か感無量です。  それを受けての宮野さんの細かい演技もよかったなぁ
よかったですね、まゆしぃのモノローグ。
無理なく、哀しく、オカリンへの想いが
たくさん詰まっていて、とても優しい。

そのあまりのどヘタクソ演技に怒りを覚え、
うぜぇんだよカミナギ、バーカバーカ!と思っていた上に
「話がまどろっこしい、わざとわからないようにしているのが
あざとい、学園物だからそもそもムカつく、CGバトルが嫌い」
などとぶーたらぶーたら言いながら、「レビューしている時期に、
(ムカつくので)レビューをせずに26話完走した」唯一の作品です。
見なきゃいいだけなのに、当時はそれができなかったなぁ(笑)

ゼーガペイン。 ED「リトルグッバイ」は神曲。
「消されるな、この想い。忘れるな、我が痛み」
8月31日までが何度も繰り返され、9月1日は永遠に
来ないという、セレブラントたちのエンドレスエイト。
もう人間じゃなくなった人たちによる、ホモあり
子作りありのなんとなく生臭いロボットアニメ。
どっちもひでぇなエンタングル!
ってか、この時の転送失敗によるカミナギの
データロストシーン(=現体を失う)を見ると、
「面白そうじゃん」とか思ってしまうのが怖い!
舞浜サーバーを探しに行っちゃダメだぞ皆!(笑)

この頃は浅沼にも「ヘタクソーッ!」と怒ってました。
ソウルイーターの主役のP子やみんちとかさぁ、
真綾とかさぁ、ああいう声質と演技を聞けば
「うん、この人はずっとうまくならないな」
と思うのに、浅沼と花澤は全く見抜けなかった…
(ついでに言えばシズノ先輩は世紀の棒読み声優
川澄綾子だったし、ミナトの井上もどヘタクソ…
こんなんばっかり集めたのかというくらいだった)

ホント、こんなに聞く耳がなかったのは初めてです…
2人とも本当にすみません。今は大ファンです。
16:12 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
書くのを忘れていた | top | 白ユリと黒アゲハ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1394-80986e61