Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
07/21(Thu)

迷走台風

なんという迷走進路。

昨日から1週間ぶりに仕事に出ているが、
思ったほど戻り仕事もトラブルもなく、ちょっと
拍子抜けするほど静かだった。つか仕事、ないわ。

逆に、私がいない間の宇宙人は大変だったようで、
トイレで倒れていただの、仕事の指示をしないため
全員総がかりでフォローしなければならなかっただの、
相変わらず自分の仕事一つ片付ける事もできておらず、
具合が悪い具合が悪いと休んでばかりだったとか。

今日も仕事を頼んだのに、出かけたまま帰らないので、
仕方なく私がやった。いいけどね、別に。ヒマだし。

「Steins;Gate」
バイト戦士~!
私は彼女が好きだったので、あの手紙の絶望感には
涙腺決壊したよ。重い運命背負わされて、決意して
行ったのに報われなかったなんてあまりに可哀想…

皆が鈴羽とのひと時を忘れても、まゆしぃを救うため、
非情に、そしてその痛みを自分ひとり背負うつもりで
世界線を越えていったオカリンの歪んだ顔にも泣けた。

うわ~、面白いな~、シュタゲ。
なんで皆様が「私はこれを切ってしまうのでは」と
思ったのかわからないくらい、最初からハマってますよ。
でも宮野をはじめ、花澤・チーチには感謝ですけどね。
リキ入れた時の声質は少し似てるかもしれないけど、
オカリンは福山じゃダメ。やっぱ宮野じゃなきゃ!

「夏目友人帳 参」
ずるーい!ずるいよずるいよずるいってばよ!
泣かせようとしてるの丸わかりなのに泣くわ!
村崎が消えていく姿を最後まで映すなんて反則!

かつてのいじめっ子と再会した夏目が、彼が恋した
妖怪との交流を通じて、偽りではない、新たな友人を
得ていく話。ひたすら人嫌いを演じたレイコさんと違い、
夏目が着々と成長していくのは微笑ましい。作画はなぜか
どんどん幼くなっていくが。なんでこんなにコドモ顔!?

でも総体的に考えると、レイコさんには夏目という
孫がいるわけで、となると友人はできなかったけど
愛する人ができたということかなと思わせつつ、
でも姓は夏目のままという疑問も残り、そのへんは
原作では描かれているんだろうかとも思う。不思議。

「銀魂’」
ひでぇ。これまたひでぇ。
相変わらずマジ顔の将軍のいじりっぷりがひど過ぎる。
つーか将軍回って新八じゃなくて銀さんがツッコミに
なるんだよね。ばかばかしくて面白かった。
つーか、ナニゲにED、毎回変わってるよね。

「カイジ」
今度は釘かい!
まー次から次へとよく考えるよ。笑っちゃうよ。
アホなパチンコ相手に「一体何をやらかすんだ」と
思ったけど、相変わらずドラマティックだなぁ…

「ユルアニ」
確かに元祖山ガールと言えなくもないですけどね。
私は汐留好きだよ!むしろ霊媒とかトバしてるよ!
月の重力1/6のぷ~ねこさんも相変わらずカワユス。

そして「タイバニ」をまた見る。
やはりルナティックさんのバックボーンはたまらん。
虎徹の原点でもあり、ルナティックさんの原罪でもある。
ますます力が衰え、レジェンドの雄姿を見ている時の
虎徹の呆けたような表情がこれまたたまらんですなぁ…
モテ男虎徹、こういうところが無防備でヤバいッス。

つーか、英語で文章書けるのに読めないのかよ虎徹。

時間があったので前回のスカイハイの話もまた見る。
一期の素晴らしいOPEDには及ばないと思っていたが、
最近の不安を煽る展開には「物語~の~」という
短調転調のOPや、止め絵でじっくり聞かせる女性
ボーカルのEDも悪くないかな~と思い始めている。

一言投票所

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
◆ファフナー。続編が出るそうでものすごく楽しみです!まだどういう形なのか分かりませんが、今からお金を貯めておかないと!です
諭吉スタンバイですね。
映画で再びファフナー熱に燃え始めた方や、
いきなり再始動したファフナーサイト様も多く、
もちろん新たにファンになった人もいたりして
ちょっとビックリです。映画、よかったんですね。
うちのレビューを読みに来る方もコンスタントですし。

TIGER & BUNNY(2011年4月開始・視聴中)
◆スカイハイは最初「ランキングを気にするキャラじゃ無いはず?」と思わせて「真面目過ぎる」って判らせてくれるのは良かったです(噴水もw)今週は「もしかしてあの人もアープ症候群?」とか思いました
噴水は面白かったですね!
そうそう、ランキングじゃないんですよね、
スカイハイが気にしているのは。そもそも
18歳でネクスト能力が開花したって事は、
2歳のバニーや10歳くらいの虎徹に比べても
遅咲きなわけで、だからこそ自覚も人一倍
なのかもしれません。誕生パーティの時の
天然ぶりもよかったけど、本当にいいヤツ。

いや、私はルナティックさんにはもっと深く
暗い闇を感じましたね。可哀想だとさえも。
それにもっと困るのはあのお母さんですよ。
DVを受けている人には暴力に支配されてしまい、
ああいう感覚に陥って異常な共依存に陥る人が
いますもんね。リアルっぽくてゾッとしました。

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
◆16話凄く良かったです。感動しました。「人は巡り巡って…」って、良い言葉だなぁ
よかったですね。好きだよ、バイト戦士。

私もつい最近かつてのネット友達と偶然再会し、
「若かった自分は、あなたの言葉に救われた」
と礼を言われたのだけど、私自身、今も若い彼に
「なら、きみもいつか誰かを救ってあげるといい」
と言ったばかりだったので、ちょっとテレテレ。

若者よ、アニメばっか見てる大人になっちゃダメだぞ!(笑)

◆3年振りにお邪魔してみれば、になになさんも本作視聴と知ってうれしい限り。原作クリア済の身としてはネタバレは控えさせていただきますが、ここからはじまる怒涛の躁鬱展開をアニメでもどう魅せてくれるか、私も楽しみにしています
見てますよ、なぜかそう言われることが多くて逆に
戸惑っています。私が「見ないだろう」と思わせる
要素があるという事ですかね?主人公が大学生と
いうだけで既にクリアしてるくらいなのに(笑)

本当に面白いです。特に今回は泣きまくりでした。
ヤバい。毎回面白いと思ってましたが今回はキタ…

その他「キスダム」
◆完全予約制だけどやっとDVD発売ですか。買う気はないですが、あれはあれで割と面白かったと思ったクチなのでまあいいニュース(笑)?
失格!
いや~、あれは2話くらいまで見た気がしますが、
ヒロインっぽい人やライバルっぽい人がいきなり
死んじゃうというトンデモアニメ臭ぷんぷんでしたね。
あの頃ってアニメ飽和期で、アクエリオンとか
ゼーガペインとかオリンシスとかドラゴノーツとか、
「見た人や好きだった人はともかく、誰の記憶にも
残らない」ような作品が量産されてた気がします。
キスダムもその一つだなぁ、私的には。

その他「インセプション」
◆インセプションがパプリカの影響をうけてるって、映画評もありましたな…
ああ、確かに。
でも私は「パプリカ」よりは「インセプション」の方が
わかりやすかったです。ダイヴするキャラが現実と夢で
変わったりしないし、アリアドネのような「夢の設計者」
がいるという発想も面白いと思いましたよ。とりあえず
ノーランは妻&恋人を殺し過ぎだと思います(笑)

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー555」
◆ジェットマン登場が近いから、という訳ではないんですが最近ファイズを見終えました。やっぱりこれ面白いと思います。大先生だけじゃなく、監督や演出等他のスタッフの気合も画面から感じられました。以前はうろ覚えで強くはおススメ出来ませんでしたが、もし余裕が出来たら、是非是非
確かに、私も「555」と「剣」は見たいんですよね。
機会があればとは思っているんですが、今期のように
アニメが豊作過ぎて嬉しい悲鳴を上げるようだと
なかなか視聴する時間が取れなくてジレンマです。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ