視聴完了

タイバニはラストが切なかった。
自信喪失のスカイハイがなぜ壁に突っ込んどるのか!
とか、3人娘(…娘?)の仲良しぶりとか、バニーの
一時の安らぎ(ホント、一時という感じが怖い)に、
折紙先輩ナニゲにポイントゲットおめでとうとか、
物語そのものも非常に面白いのはいつものこと。

そして何と言ってもやっぱりタイガーの能力の
減退は不安。そんな不穏な中、スカイハイの恋が
もう永遠に実る事も報われる事もないのだという
無言で締めた苦いラストが切なくてよかったな…
それを知ってるのは我々視聴者だけってのも好き。

やはりタイバニ、全てにおいて面白すぎる!最高。

「No.6」はうーん、うーん、やはりホモくせぇ…
「あなたの精子が欲しい」とかもあざといというか、
そういうドライな中に「考えるな、感じろ」的な
作者の小手技を感じてしまってウンザリする。
若い人なら気持ちよく騙されるんだろうけどねぇ。

それと同じことが言えるのが「うさぎドロップ」
んなことうまくいくわけねーじゃん的な醒めた視点を
持ってしまう。おとぎ話としては悪くないんだがね。

う~ん、今期ノイタミナはどうかなぁ。
「うさぎドロップ」はまぁ大丈夫かもだけど。
ちょっと今年は「あの花」が秀逸過ぎたかもね。
CM見ても「実写でもいけるんちゃうか」と思うし。
A-1はアニメノチカラでもろくでもない作品ばかりの中、
最後の最後に「オカルト学院」で見せたから侮れんわ。

「シュタゲ」は面白いな!もともと面白いと思って
見続けているわけだが、さらに尻上がり的に面白い。
先が気になる…というところで終わるのも憎いぜ。

「カイジ」はいよいよ反撃開始。
まぁあれも仕掛けのうちとはいえあいたたただわ。
「ユルアニ」は霊媒と新しいのをトバし見してるが、
シマコーも汐留も江古田ちゃんも面白いのでよい。
そしてぷ~ねこさんが可愛くてたまらんのである。

「銀魂」は銀魂得意の自虐版。
回転寿司とか床屋とかコンビニとかサウナとか、
たまにこういうぶっ壊れ回があるよね、空知。
んでジャンプでは決まって作画が荒れてんのな。

「セイクリッドセブン」
主人公が意外と「実はおとなしめ」「実はナニゲに
礼儀正しい」「実はちょいヘタれ」なのが面白かった。
まさかあんな胡散臭さ爆発のお嬢様たちに対して
「キミたち」って言うとは思わんかったんだもの。
やっぱこれは平成臭いよ。平成10年前後って感じー
鬼瓦は…ま、まぁいいやね、鬼瓦だしね、うん。

「ゴーカイジャー」
ボウケンジャーだったけど、うん、今回は悪くない。
ボウケンレッドがちゃんと話の中枢に絡んでたしね。
お宝探しのシーンにしても、トレジャーハンターと
海賊は似て非なるものなので相性的にはいいかもしれん。
ナミ…じゃなかった、ルカがいたのもよかったんだろう。

「ピングドラム」
…こ、これは…一体なんなのだろうか…
チンタラチンタラ進めて視聴者の気持ちを逆撫でし、
最終的には「うへぇ…」と後味の悪さを残すとは。
いや、だからって悪くないですよ、このキモワル感。
絵が可愛いのにこの「ゾクッ」とする感じはね、
なんつーかね、怖いもの見たさというか、まぁ弟が
一応(ホントに「一応」ね)常識人っぽいので何とか
救われているというか、しかしやはりなんとなくどこか
気持ち悪いというか、うーん、変な作品だ…不思議。

BLOOD-Cは録画だけはしてたけど、結局ぱーっと流して
見ただけで消去した。今さらBLOODってのもめんどくさいし、
CLAMPの絵も水樹奈々の声も好きじゃないからもういいや。

一言投票所

その他「今敏監督」
●件の千年女優トークショーの映像を発掘しました。「異端」発言は3本目の終わりの方ですね(笑) ttp://www.youtube.com/watch?v=dveJ6wnEMDI
「千年女優」はアニメ離れしていた自分が
本当にただの偶然で見に行った映画ですが、
何が言いたいのか全く意味がわからず、
「最近のアニメ映画ってこんななのか」
とついていけない感をひしひしと感じました。

「パーフェクトブルー」や「ゴッドファーザー」
じゃなかったのは不幸でしたが、それでもさすがに
「パプリカ」よりはわかりやすかったかも(笑)

今となっては異端というより鬼才と言いたいですね。
どんな才能もその人が亡くなれば二度と発揮されない。
パヤオにしても禿御大にしても、何ひとつ産み出せない
我々が気楽に気軽に軽々しくただ彼らを叩くばかりでは、
いざその才能を失った時には後悔するだけかもしれません。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
●やっとBD&DVDの情報が出たのですが、ほぼ全カット入れ替え(それは新作という)だそうです。&続編のお知らせがありました。嬉しい反面、公式に諭吉が同化されすぎてつらいです
なかなか発売されないなと思っていたら、
「あなた(諭吉)はそこ(財布)にいますか」
的なXEBEC商法だったのですか。大変ですね(笑)

ところでまた年末に舞台公演があるみたいですけど、
舞台キャストの募集の「容姿端麗」に吹きました。
てめぇ、カノンにも「容姿端麗」つけろやー、こら!!

その他「うさぎドロップ」
●日記の感じだと、うさぎドロップは見られてないんでしょうか・・・・。1話見た感じだとほのぼのだと思ったら、予想外に涙腺にグッときて、オススメだと思ったのですが
見ましたよ、ちゃんと。
涙腺にグッときたのはりんちゃんの
「もう起きないの…?」ですかね?
ノイタミナは週の終わりに近い事もあり、
ちょっと見るのにパワーがいるんですよね、
特に2本見る時は。1本に戻してくれんかなぁ…

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
●1年ぶりくらいに「になになさんまだアニメ見てるかな?」とお邪魔しました。シュタゲは序盤で切られてるかなーと思ったのですが視聴続行されてて嬉しいですv
これはこれは、お久しぶりです。
どなたかはすみません、わかりませんが…(笑)

いやいやいやいや、シュタゲは私向きでしょう、まさに。
これはスーパー面白い。ぐいぐい引き込まれますね。
オカリンはじめ、ダルもまゆしぃもバイト戦士も皆いい。
宮野真守はエキセントリック★マジボーイが似合いますね。

今年私が見たもので「えっ!?あれ全部見たん?」というのは
「兄好き」ですよー、絶対(笑)あと「GOSICK」もよく耐えた。
でもおかげで反動もきつく、GOSICK臭を感じる「ダンタリアン」
「神様のメモ帳」「クロワーゼ」はハナから切りましたけどね!
20:12 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
果たされぬ野望 | top | 暑い国から暑い国へ

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1377-2eca1769