だらだら週末

「あの花電車」に遭遇してビックリ。
人気あるんだろか。

今週もどのアニメも面白かった。
「銀魂」も「シュタゲ」も「アザゼルさん」も
「30歳」も。「ターンA」、面白かったな~♪
「タイバニ」どうなってしまうの折紙先輩!!
「C」も劇的過ぎる展開で息を呑んだよ。
「カイジ」や「いろは」も面白かったな~

今は布団で寝転びながら腹の上にノートを
乗せてパチパチ。左脇に愛犬マルチーズ、
足元には猫、羽布団の上にはプードル。

雨の土曜日に、な~んにもやることなく
のんびりできるって最高。
健康で、元気で、仕事があって、金が稼げて、
ストレスがなくて、好きな事をやれる生活が
やっぱり最高だね。はっぴーはっぴー♪

一言投票所

その他
♥になになさんにちょっと相談したいことがあるのですが・・いやすっごくすっころぶ様な事なのですが、になになさんは友人からのメールはすぐに返信しますか?
私は友人とのメールを返信するのが遅く、届いたら二時間後とか次の日にメールを送るんですがそれが友人の機嫌を損ねてしまった様で「なんでメールや電話すぐに返信しないの?」「貴方私が連絡しないと音信不通だし自分から遊びとか誘わないよね」・・と。
ああっ(涙)確かに休日は外で遊ぶより家で一人でゴロゴロしながら溜まったアニメを観る方が好きだし休みの日に自分から友人を遊びに誘うって滅多にない・・ 自分って相当薄情なんじゃないかと非常に悩んでおります・・友人に言われた「私はその時だけの友達なのね」と言う台詞がグッサリと・・・

ご質問の方は恐らく若い方なんでしょうね。
私の年代だと、そもそもメールを使いません。
なのでもともとツレが少ないうえに、メールしてくる
若々しいツレなど、ほんの1~2人いるかいないかです。
そういう連中も10文字メールができる連中ではないので、
即返しなどするとむしろウザがられます。だから頃合を
見計らって返事します。あとは「久々に会わない?」と
連絡を取るときくらいですね、マメにやり取りするのは。

>「貴方私が連絡しないと音信不通だし
>自分から遊びとか誘わないよね」

これは私も若い頃、結構腹が立ちましたね。
今も続いているツレは2月に私が「飯食いに行こう」
と誘ったら、4月か5月にはあっちから誘う、という
感じです。相手は一方通行を感じているんですよ。
友情は自然に保たれるものではなく、互いが互いの
方を向いて努力しなければ持続しないものなのに、
自分ばかりが努力しているような気がするんでしょう。

その相手と長く付き合いたいという気持ちがあるなら、
貴方も「見たい映画がある」とか「なんか美味しい
物でも食べに行かない?」と誘い返してあげないと。

ただ言わせてもらいますと…

相手の人もあんまり友達いないですね、多分。

他にもバンバンメールして、バンバンレスが
返ってくる人なら、貴方からのメールがすぐに
戻ったかどうかなんて気にしていられないと
思いますよ、忙しくて。「この人はメールしても
戻らないからまぁいいや」くらいの気持ちのはず。

多分寂しいから怒るんですね。
礼儀としてそれを言ってはいけないと気づくには、
もう少し山あり谷ありの人生経験が必要なのかなぁ…

私も若い頃(そんな枕詞ばっかり)は、マンガや
ドラマみたいに、週末ごとに女子で集まったり、
お泊り会をするのもなんだか楽しそうだなーと
思ったこともありますが、今は金もらっても
めんどくさくてごめんですね。映画も買い物も
展覧会も旅行も全て1人で行くのが一番です。

我々のような種族は、「薄情」なのではなく、
「怠け者」であり、「面倒くさがり」であり、
ぶっちゃけ「わがまま」で「自己中心的」なのですよ。

恋愛も友情も人とのつきあいは「まめさ」が必要であり、
相手の気持ちを慮る「思いやり」が何より大事であり、
日々努力を重ねてよき関係を築き続ける事が極意です。

周囲に諦めてもらうか、どうにも無理だと思ったら
ないものねだりはやめ、自分が潔く諦めましょう。

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
♥脅迫メール第二弾に続いて全裸待機ってもうそろそろヤバいんじゃ…。しかし、真っ先にまゆりのことを心配する辺り、大切なラボメンの中でも特別な存在ってことでしょうかね
無事視聴したので改めて…
クリスと父の件といい、相変わらずオカリンの
いいやつっぷりが炸裂です。でもまゆしぃを
大事にするオカリンを見るのが一番好きですね。

まゆりはオカリンのリーディング・シュタイナーの
ことは知らないけど、タイムリープで起きる現象
(記憶はあるが事実はない)がオカリンをどんどん
孤独にしていく事に共感してくれているわけで。

ジョン・タイターはオカリン自身で、彼の記憶が
熱を出した幼い日の自分にリープされた…とか?

しかし今回見ていて一番感慨深かったのは、
「ノエイン」のブルーレイ発売決定ですよ。
私、自分の「時間」の概念や「別次元」の感覚に
一番近いと思ったのがこの「ノエイン」なんですよね。
量子の中の無限の分岐点と、絶対に同じではない近似値、
しかもそれは人によって「観測」されて初めて形となる…
この感覚を見事に示してくれ、なおかつ閉塞的な世界を
不気味に描き出してくれたのが「ノエイン」なんですよ。

いつもそれを思い起こさせる「シュタゲ」を見ながら、
「ノエイン」のCMを見る。なんだか意味深でしたね。
16:11 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
あっさり?こってり? | top | 昔から

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://parallelparadise103.blog102.fc2.com/tb.php/1362-50ce0f37