疲労蓄積

アニメはコンスタントに
見られてるけど、残業がたたってお疲れモード。

一期は知りもしなかったというツレが、
毎週「JIN」が終わるたびに感想メールを
送りつけてくる。今日は職場で原作本が
回し読みされていた。モテモテですなぁ。

それにしても今回の「へうげもの」のラストには
びっくりして「えっ!?」と声をあげてしまった。
いや、そういう作品もあるのかもだけどさぁ、
これまでの流れから「えっ!?そうくる!?」と
意表を突かれてしまったのだ。いやいやいやいや…
そりゃあるかもだけど…利休が噛んでるんだろうけど…

「いろは」の徹さんは確信犯過ぎると思う。
「銀魂」はここまで!ここまでっか読んでない。
お登勢さんがこの後入院するのは知ってるけど、
次回からは未知の領域だ。どうなったんだろう。

「デッドマンワンダーランド」はどうにも厨二病的。
「アザゼルさん」はにょりん。チーチ、コヤス、檜山と
ベテランも今がこぞって転換期なのかしらん…
「C」はアジアの金融街が崩壊し、裏切者が出現。
先生はついに死んでしまい、真朱は…公麿の娘?

「あの花」はねー、あなるがねー、泣かせたねー
お母さんが病んでいる事で弟も辛い思いをしているようで、
めんまの願いは仲間なのか家族なのか微妙なところに…
じんたんのお母さんが何らかで絡んでいそうだけども。
とりあえずめんまの存在が示されたことでいよいよ
ラストスパート。泣かせるか、爽やかか。眼が離せんね。

「30歳の保健体育」はナニゲに結構楽しんでいる。
EDの「走れないなっちゃん」とかねー、リアルかもー
「カイジ」1玉4000円って、アホか!と相変わらず
ツッコミどころ満載の沼パチンコ編に突入。
「おまえもアニメ化しとるやん!」とツッコまされた
「神のみ」最高の女の子はやっぱりエルシィだ!ハクアだ!
でも実はエルシィには安直に桂馬に惚れたり、ヤキモチを
妬いて欲しくないんだなぁ…今のつかず離れずがいい感じー

「シュタゲ」は風が吹けば桶屋が儲かる…ならぬ、
バタフライ・エフェクトでますます複雑怪奇な事に。
アレがこうなった世界線ではコレがああなるというように
もつれあって絡み合う。萌え萌えワールドでない秋葉は
我々には「これこれ、これだよ秋葉は!」なのだけど、
今までにない大きな改変はますますオカリンを孤独に…
つかまゆしぃって高校生だったの!?え、マジで!?

そして今面白いのは「ターンA」
キエルお嬢様すげーです!格好いいです!
いやー、まさかあそこで建国宣言を覆すとは。
なんと聡明で勇気あるお嬢さんであろうか。惚れる。

「ゴーカイジャー」はバスコから仲間を取り戻し、
イレギュラーのレンジャーキーも無事にゲット。
つーか敵であるザンギャックが全く出てこない話だった。
次回は追加戦士カモン。

一言投票所

漫画&雑誌
■漫画喫茶で「罪に濡れたふたり」という姉弟の近親相姦漫画を読む。リアル兄弟を持つ人には設定段階でキモイですが、内容はサカッた尻軽女が禁断の恋というシチュエーションに延々、自己陶酔する話。仮にも少女漫画の主人公が…→
→「最低でも四人の男とヤル」「弟との仲を引き裂こうとする母親に反発しながらスネカジリを続ける無職の二十歳」「性欲と生命力は並外れており14階から飛び降りて腕を折っただけ(幼馴染は主役を庇って交通事故死)」 まさにキラ・ヤマトの女版?

ま、全く想像ができなかったので調べたところ、
おっしゃるとおりしょーもない話のようで爆笑しました。
なんなんですかこれは。少コミはガイキチ漫画の巣窟ですか。

いや、むしろこのヤリマン主人公をお産みになった
北川センセイも、我らがエロ魔人キラきゅんを
お産みになった両澤センセイも「女性」である事から、
げに恐ろしきは超人主人公を産み出す女人であると(笑)

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
■来週、いよいよ新作ガンダムが発表されるらしいです。コロコロコミックとのコラボなどから、低年齢層を狙ってくるのではと言われていますが…何にしても楽しみです
ああ、来週プレス発表でしたっけ。
低年齢層向けというと、あのOVAで作られた
バトルものみたいのとかもありなんでしょうかね?
あまりにもチビッコ向けだと見ないと思うなぁ…

その他「狼の血族」
■前から見たいなぁと思っていた赤頭巾と狼の映画の名前をずっと失念していて、忘れていたのですが、になになさんの日記のおかげで思い出すことができました!ありがとうございます。ジョーダン監督の映画は耽美な雰囲気と美しい画が魅力ですよね。雰囲気が良いけど雰囲気映画だけに終わらない感じが好きです
それは何よりです^^
私もこれを書いた後、また見たくなったので
つい見直してしまいましたよ。99分と短いので
見やすいんですよね。主役のサラ・パターソンが
本当に可愛いし、全編に渡ってそこはかとなく
エロティックなのも何ともいえないのです。
ミエミエのエロより、ほんのりとエロティックな
香りがする、というのが上品で好きですね。

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
■9話、ラストの展開にやられました。WEB限定の予告もなんだか不穏な感じで次週が待ち切れないです
よかったですねぇ、あの不気味な感じ。
季節がうだるような夏というのも、世界が
狂ってもおかしくないと思わせるに十分だし。
まさに次回も楽しみです。

2011/06/06 23:09 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |