Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
05/11(Wed)

何はともあれ余裕のよっちゃん

「こんなにもダメだったか自分?いやいや、
このヤローなにくそ絶対やってやるぜべらぼうめ」
と頑張って踏ん張って努力に努力を重ねた結果、
大好きな「能率と効率」が見えてきた今日この頃。

おかげ様で3月以来、地獄の4月を経て久しぶりに

「仕事を全てやり終えて18時前に帰る」

事を達成した。やったーやったーやったー♪
ただ単に早く帰る、急いで帰る、用事があるから
帰るのではなく、「一日の仕事を時間内に終えた」
という事が、何より嬉しいし誇らしいではないか。

残業手当をこてんこ貰ったって嬉しくないよ。
私には何より時間の方が大事。余裕の方が大事。
金は最低限生活ができて借金を返せればよし。
健康で、自分の世界が無事ならそれで幸せだ。

よし、明日も元気に楽しく効率よく働こう!
難しいゲームの攻略みたいで楽しい。いやマジで。

なおそんな私も管理職様の顔を見るたびに
「死ねばいいのに♪」と呟いています♡
練川えすてる様最高ッス。爆笑したッス。
ながいけん閣下と尾玉たまえちゃんは
時代の先を行き過ぎてるよね間違いなく。

「タイバニ」
青い炎のダークなヒーローがついに登場。
OPにいるじゃんと言っても「え?いたっけ?」と
言われ、前回牛角がパクられた時の遊佐裁判官が
炎を出してたという事もわかりづらかったりして…

けど今回は生身バトルが多くて、ファイアーエンブレムと
ワイルドタイガーの絡みも思ったとおり面白くて最高。
ウロボロスの印を持つエレベーターのテロリストに
追っかけまわされる2人。斉藤さんがナニゲにツボ。

「今晩、添い寝してあげよっか」(ネイサン・シーモア)
「おまえの腕じゃ堅すぎる」(鏑木・T・虎徹)


「あの堅い声で堅い演技しかできなかった津田健次郎が
こんなおネェ声が出せるとは!」と驚いていたんだが、
凄んだ時の声はモロに男だった。社長ー、ステキ!
(そういや海馬もシーモアもどっちも社長だよね)
そしてアニエスが甲斐田さんなので、さりげなく
トンデモアニメ「ガラスの艦隊」も。懐かし。

「Steins;Gate」

「ノスタルジアドライヴフゥッ!」(岡部倫太郎)

時かけメールでも「バック・トゥ・ザ・メール」でも
「デロリアン・メール」でもなく、過去メールはめでたく
Eメールの前のDメールに決定。そしてゲルバナ量産化も
時間制御も成功。「穴が狭すぎる」事が難点なのか…
バイト戦士は相変わらず謎めいていて牛丼を知らず、
今回はついにシャニングフィンガーもラボメンに。

ゼリーを見て、もしかしてまゆりたちを危険に
巻き込んでいるのでは…と一人逡巡しちゃう
オカリンがいいッス。オカリンの変な言動で
この作品を切っちゃうのはもったいないよぅ。
だってそこここに「すごくいい人」味が出てる。
最近いないじゃん、こういう男子キャラってさ。

「そこ!いつまでも百合フィールドを
作っていないでDメールの準備だ」
(岡部倫太郎)


あの、もしもしオカリン…?

「花咲くいろは」
毎回結構なクォリティの高さを誇る「いろは」
あれだけ働いて20000円で喜ぶ緒花ちゃんに
世の働かないオトナたちは頭を下げなさい。
(爪の垢を煎じて…とか言ったら喜びそうだが)

昔はおかみだって新しい事にチャレンジしていたと
わかった時の若旦那がよかった。祖母と孫も親子も
叔父と姪も希薄そうに見えて、こういうエピソードで
「ちゃんと繋がってる」と見せるシナリオがうまいわ。
まさにNHKの朝ドラが面白い時みたいじゃないか!

大正ロマン風の衣装に「大正野球娘」を思い出すー
そういやどっちも女の子がかーわーいー♥作品だね。

「青の祓魔師」
うーん、まぁ、可もなく不可もなく…
別に悪くはないんだけど、ものすごい予想通りの展開…
「少年漫画って、こうだよね!」という強い思い込みで
描かれているというか、優等生過ぎて枠を出ないと言うか…

決してダメじゃないんだけど、最初に見た時直感したように、
今期は面白くて見るものがたくさんあるので、真っ先に切るなら
やっぱりこの作品だろうな。今、わざわざ見る必要はない気がする。

一言投票所

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
●相変わらずオカリンのネーミングセンスと宮野の演技に大爆笑……ノスタルジア(笑) しつつも、じんわりとした不穏なものも徐々に滲み出ていてワクワクが止まらないです
いいですね~、宮野オカリン!
殿の時もそうでしたけど、彼の声は柔らかくて
温かみがあるので、強めの声を出したとしても、
月や刹那を演るよりは飄々としたオカリン風の
キャラの方が絶対に向いてますよね。

物語の方もちょこちょこと楽しげにやっている
ゲルバナ実験も、しかし実は非常に危険な何かを
秘めているのでは…と思わせるスメルがぷんすかぷん。
それがまた楽しい。…そういやあったな人工衛星…(焦)

Parallel Universe(管理人になにな)
●遅くまでお仕事、ご苦労様です。体調管理が大変だと思いますが、気をつけて下さいね。連休があると、イレギュラーが増えますよね。私はGWも仕事だったので、規則正しい生活がおくれてます
お気遣いありがとうございます。
寝る時間は守っているので、私も規則正しさは
崩れてません(むしろいつもより整っている)
ただ食べる事がついおろそかになりますねー

人員が減らされた上に、今年やるつもりで
昨年覚えた仕事が全部パーになるという状況、
そして5年間同じ事をやっていた前任者が
「そんな事一回もなかった」事がゴロゴロ出現。
ありえない状態の中、新しくきたのは変子ちゃん。

おかげでクソ忙しくて大変でしたが、先輩から
「仕事は時間内で終えるよう効率的・能率的に
やってこそだ。そういう方法論を見つけ出して、
着実に仕事をこなす人間を評価せず、『残業してる=
仕事をしている』などと安直に考えるのはおかしい。
そんなことでしか評価出来ないあの管理職がおかしい」
と、私が思うこととまさに同じ言葉で励まされたので、
今はどうにか一つの山を越えました。ありがたい。

C(2011年4月開始・視聴中)
●経済が遊戯王的なバトルになるとは!って感じですよね。でも確かに、お金が一番シビアで怖いものなんですが
「化猫」「モノノ怪」「空中ブランコ」と異色の
作品で注目を集める80年代アニメ世代・中村監督の
作品ですから期待してましたが、予想通りです。

今回はあの飛田ボイスの先生があんな事になったのに
最後まですごく冷静だったのが逆に哀しかったです。
公麿を怒鳴ったり殴ったりしたっておかしくないのに…

そして彼が言った、「(三國壮一郎のような)人脈を
持っていたこと」がきみの勝因というのはズキリです。
なかなか痛いところを抉ってくれますよね、この作品。
社会人なら実感する事ですけど、勝ち上がるためには
ただ真面目に働くだけじゃダメですからね、正直言って。

一声声優も明日まで募集中ですぞ。
我こそは!という方は是非チャレンジ。

TIGER & BUNNY(2011年4月開始・視聴中)
●おはようございます。オススメありがとうございます(笑)観たかったんですけど、土曜深夜の放送時間の為、土曜~日曜の子どもが観てる番組の録画が多すぎるので、泣く泣くリストラしちゃったんですよね。感想サイトでチェックだけしてます(笑)
残念ですね~、ご一緒に楽しみたかったです。
お子さんが見ても楽しいと思うけど、年齢に
よってはダメかな?キャラの年齢が高いので。
(それゆえに私は逆にツボに入ったんですが)

感想サイトでチェック、わかります。
(最近ではスタドラはそうしてましたっけ)
昔は私も感想サイトめぐりが日課でしたが、
優れたサイトさんがどんどん閉鎖してしまい、
今は主流のブログ感想は散漫でわかりづらく、
なかなかいいサイトさんにめぐり合えません。
ここは面白いですよ!というナイスサイト様が
ありましたら、ご教示願えれば幸いです。
このページのトップへ
このページのトップへ

Comment


 (管理者にだけ表示を許可)
このページのトップへ
前のエントリーへ ホーム 次のエントリーへ