FC2ブログ

悪魔よ来たれり我が胃袋の中へ

辛い物は苦手ではなく、むしろそこそこは
食べられる方だと思うのだが、ディアボロは辛い。
けれどうまい。

2007年にルルーシュ(1期)のレビューをやっていた頃、
ちょうど17.5話が総集編だったというラッキーも重なり、
イタリア旅行に出かけた。目的はベニスのカーニバル。
おかげさまで本当に楽しいお祭りを満喫できたのだが、
その時、なんてことないドライブインで乾燥している
パスタソースを購入した。2ユーロもしなかったと思う。

「話の種に」くらいの気持ちだったが、帰国して
食べてみたらこれがうまい。何が入ってるのか
(ドライトマトとかニンニクスライスとか唐辛子)
よくわからないが、茹でたパスタにあえるだけで
ヒーカラなパスタができる。辛さは入れる量で
調節するが、粉チーズともよく合うし、これは
買いだったと大事に大事にしながら食べてきた。

日本で色々探してもそれが見つからない。
一体なんというソースだったのか、袋を捨てて
瓶に詰め替えていたのでわからない。
乾燥品なので2年以上もったが、いよいよ心許なくなり、
ああ、もうこのパスタを食べる事はできないんだなぁと
思っていたところ、昨年、チュニジアに行った時の事。

トランジットがローマのフィウミチーノ(ダ・ヴィンチ)空港
だったのだが、そこのなんでもない売店に、見覚えのある
それがドサッと無造作に置かれているではないか。
見れば「ディアボロ」と書いてある。
「悪魔の」という意味のそれはピザなどでお馴染みの名前だ。
それのパスタ版だったのか!道理で辛いわけだよと納得し、
「何もイタリアで土産買わなくても…」と思っていたのに、
昼食代としてもらった5ユーロも全部つぎ込んで購入。
名称もわかったし、大事に食べれば(というか辛くて
たくさんは入れられない)一袋2年はゆうに持つので
ほくほくである。なくなったらまたイタリアに行こう♪

一言投票所

名作劇場 「特劇アプリオリ」
♥本丸が残っていたのですね。ありがとうございます。しかし箇所によって見れたり見れなかったり・・・、「新マン」のグドン&ツインテールレビューが読みたい!
そうなんですよねー、見られなくなってる
コンテンツも多くて…何よりあの可愛いのに
毒のある絵がほとんど見られないのが残念。
移行してくれ…ないかな、ないよねぇ。
やはり憎むべきはインフォシーク@楽天!
こういうの、やめてもらいたいですよね。
(FC2のアク解とか、勝手にやめたくせに
邪魔な宣伝は流しっぱなしにしやがって…
全部外すの大変なんだよ!大元で消せよ!)

漫画&雑誌「君町」
♥「君町」の作者、「ラブソング」読んでたかもですね。「主人公をショートヘアのヒロインといちゃつかせる」を前提として思いついたシチュエーションを描くためストーリーを動かす奴。「」部分を「キラをカッコよく描く」に置き換えると、まんま両澤
皆様の話を聞いて何となく思い出しました「たとえばこんなラブソング」
懐かしいですね(笑)あれもホント、わけわからん作品だったにゃー
シチュエーションを書きたいという動機は、創作の際には
アリだと思うんですが、そのためにはちゃんとストーリーや
キャラクターの肉付けをしろと言いたいですよね。「君町」の
作者さんを否定するわけじゃないですが(第一読んでない)

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
♥>舞台版 戦闘もしっかりありましたよ。コクピット内部のパイロット、司令部(総司含む)を役者が壇上で表現しつつ効果音で演出していました。(フェストゥムが出現、迫ってくるシーンは金色のライトと「あなたはそこにいますか?」のアナウンスで表現)役者さんの表現力が高かったので緊迫感が凄かったです
なるほど、演出で見せる戦闘だったんですね。
ファフナーといえば前半と後半で脚本家が交替し、
カラーもちょっと違うという不思議な作品ですけども、
まさかこんな展開(スペシャル、劇場版、舞台化)を
見せるとは、2004年にあれを生で見て「ホモー!」と
笑っていた我々にぜひとも教えてあげたいですなっ!!

Comment

非公開コメント

Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク