FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

死ぬほど

眠い…

ネッ友のともさんから、素敵なわんこブログを
ご紹介いただきました。写真の風景が見慣れないと
思ったら、ニュージ-ランドなのだとか。荒々しい!

犬は、人の感情をその鋭い嗅覚で嗅ぎ取るそうです。

声を出したり歪んだ泣き顔をしなくても、哀しい、
怖い、困った、苦しい…そんな感情を嗅ぎ取って、
彼らのコミュニケーションである口舐め(相手の
不安を取るためだそうです)をしたり、もしもしと
アピールしたり、果ては遠巻きに眺めていたり…

夫婦喧嘩をすると犬が仲介するなんて話も聞きますね。

以前飼っていた犬が、この慰め行動に出るコでして、
哀しかったり感動して泣いたりするとすっ飛んできて
慰めてくれました。それをされるとあまりに彼女が
必死なのがおかしくてつい笑ってしまうのですが、
きっと犬にとってはそれが幸せだったんでしょうね。

でも困った事に、泣いている時に舐められて、わかった
わかったと笑っているうちに、「でも、本当に本当に
自分が哀しみにくれる時、一番慰めてくれるはずの
この子はいないんだ」と思うと、また泣けました。

10歳の誕生日を目前にして逝ってしまった彼女の死は、
それはそれは重く、つらく、ひどく哀しかったです。
獣医さんは「また犬を飼ってあげて」と言ってくれましたが、
やはりなかなかそういう気にもなれませんでしたねー

今私が仲良しのわんこはクールビューティーで、前の子の
ようには激しい慰めはしませんが、遠巻きや様子窺いは
こまやかです。誇り高いので絶対おもねらないのもいい。

そんな彼女も11/8で14歳になりました。
遺伝病を持っているのと、無知ゆえに、前に飼っていた
子が腰痛になったり痴呆症状が出たりと色々あったので
(あと猫も尿路結石や慢性腎不全があったので)かなり
健康に気をつけたせいか、今も元気に低空飛行しています。
でも風邪はひかない、下痢しない、吐かない、かゆがらない、
痛がらないと、全然手がかからないものすごい健康優等生。

7ヶ月の子猫はもう彼女が大好きで大好きで、彼女がやる事
すべてをまねするし、飛びつくし、抱きつくしで大変です。
11歳くらいの男の子と走り回って遊ぶ72,3の歳の老婆って無理!
2人で走り回ってると人間がやめてやめてと追いかけて止める始末。

別れを思うと辛いなぁと思わない日はないですが、一日一日、
彼女が元気で幸せでいてくれるなら、私も何より幸せです。

そして多分、これが犬を飼うのは最後になるでしょう。
実家にいる彼女は、それでも私と何年か過ごしましたが、
今は私には仕事があり、私は犬を一人ぼっちにだけは
できないからです。そんな残酷なことはできません。

リタイアして仕事をしなくなってから飼えばといわれるかも
しれませんが、年をとった自分には犬を飼いきる責任を
全うする自信がないのです。何より、病んだ動物を病院に
連れて行くのが一番大変な事で、これは1人では難しい。

私が飼いたいから、寂しいから、という理由では
犬を飼えない。それくらい犬が好きで犬が大事なので、
「完璧に責任を背負って飼える!」と言い切れない限り、
犬を飼えない。だからきっとこれが最後かなーと思ってます。

そういえば最近、犬にまつわる話がありました。
防災避難訓練に参加したんですけども、ペットを連れての
同行避難訓練だったですよ。んで、企画の段階からもめて
もめて、中に犬だのペットだのが大ッ嫌いと言う親父がいて、

「人間の人権を守らなきゃいけないのになんだっ!」

と怒鳴って会議をぶち壊す始末。
ペットと避難できないなら壊れた家に残ると二次災害に
巻き込まれた人もいることから、やってみようと妥協案を
出してもオヤジは怒りまくり、結局次からは出てきません。

それでも、やってみようよと町内会長はチラシを刷り、
あちこち奔走してついにその日がやってきたわけです。

訓練なんだから、失敗してもいい。むしろ失敗した方がいい…

会長はそう言って実行したわけですが、これがまぁ思ったより
うまくいっちゃって大盛況大成功。飼い主にも様子がわかり、
しつけの大切さも救助犬組合の人から学んでもらったし。
もっとダメダメな犬が一杯いるわけだから、こういう試みは
いいですねとシメになったわけですよ(私としては避難所は
絶対に「ペットOK」と「ペット厳禁」に分けるべきだと思う。
つーか避難しないでちゃんと耐震工事して食料確保しとく。
まぁ地震はそれでなんとかなっても、火事が怖いけどね~)

そして〆の言葉に驚いた!

「実は私、犬、本当に苦手なんです…」

えええええええええええ!?マジでか!?

なんと会長、この日初めて犬に触ったのだそうだ。

嫌いなのに、同じく嫌いな人を「必要なことだから」と
説得し、あれこれ走り回り、実現させ、成功させたって…
そりゃ、好き嫌いなんか言ってらんないってのは仕事なら
あるけどさ、たかだか町内会だぜ?ボランティアじゃん…

いや、あんたすげーよ。
ちょっとビックリしたよ。

と感心する反面(そうか、きっとこうやって教祖とか
政治家のセンセイに傾倒するのだな、人は…)などと
穿った見方をしてしまうあたりがいかんのだろうか。

うん、まぁでも、イカしてたぜ町内会長!

【御礼!】
拍手を下げさせていただきました。
1/3ほどの方は知っていてくださるようで…
本当にありがとうございます。感想をくれた方、
ありがとうございました!本当に本当に嬉しかったです。

コメントをいただきましたので
コチラでレスさせていただきました。
ありがとうございました!
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する