FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の地震

いや~、昨日は久々にブログを更新することそのものに舞い上がってしまい、大阪で大きな地震が起きていたことに気が回りませんでした。
地震は日本全国どこでも起きうる天災であり、規模の大きなものが来てしまえば日常が狂ってしまう厄介なもの。
拙ブログを読んでくださる皆さまの中にも関西方面の方がおられることと思いますが、一日も早く穏やかな日常が取り戻せますように。

作成はしてあったんですが、HPの紹介ページを2018年バージョンに更新しました。
Parallel Universe
今時こんな古臭いサイトもないもんですが、血と汗と涙と涙と涙のレビューなど、愛着もあるのでファイルマネージャーがある限り残しておこうと思います。

「銀魂.」
もう何作目なのかもよくわからんが、シリアス続きだったせいか、今回は歌舞伎町を舞台に懐かしいキャラたちが大暴れ。
たまさん、次郎長、お登勢に西郷、マダオにお妙さんや東条…銀魂はやっぱりこっちの方が「らしい」かな。
ヘドロさんの設定がうまくいきすぎて吹いた。いやこれ絶対伏線ちゃうでしょ!
なお7月からまた開始。私の「好き」は腐女子の趣向とは違うんだが、こうなりゃ最後まで付き合うよ!

「伊藤潤二『コレクション』」
美麗な描画で昭和的ホラーが繰り広げられたが、理不尽だったり意味不明だったりマジで怖かったり後でぞっとしたり…
今思い出すと記憶が混ざり合ってしまっているんだが、あのお隣さんの「坊ちゃん」とか、能天気な笑い声の梶くんとかムカデみたいな婚約者とか水玉とか…うーん、やっぱ首をひねる内容であったのことよ。

「刻刻」
最後のチート過ぎる「はじまりの人」登場でひっくり返ったわ。
ええええええええ…なにこれぇ…なぞなぞぉ~?
とはいえ、親父のダメっぷりや主人公の詰めの甘さなど、なかなかハラハラして面白かった。
子供のお兄ちゃんとか突然増えた赤ん坊とか、戸籍上はどうするんだろう。あと吉野演じるチンピラが意外な活躍であった。
閉ざされた世界だけで完結し、無駄に話が広がり過ぎなかったのもよかった。家族の再生の物語としてもよかったかも。

「マーベル フューチャー・アベンジャーズ」
子供向けアベンジャーズも視聴2作目。
前の作品よりは作画がよかったけど、まぁアメコミ調アニメはこれが最後かなぁ。

「おそ松さん(第2期)」
クォリティが下がったわけでも作風が変わったわけでもなく、相変わらずダメな六つ子のダメな日常を描いていたのだけど、やはり機を逸した感は否めない。
続編をやるなら死に物狂いでスタッフをかき集め、2016年10月、せめて2017年春だったよね…
1期でシリアス詐欺をやっちゃったので最終回はどうする気かと思ったけど、地獄からの生還というかつての「おそ松くん」っぽいまとめで面白かった。3期は…うーん、ないかなぁ、もう。

「まめねこ」
猫が可愛かった。あと柴犬が可愛かった。
モジャも肌色もメガネも皆いい人ばかりだった。

「怪獣娘 ~ウルトラ怪獣擬人化計画~(第2期)」
毎回見てはいたんだけど、いつもだらーっと流し見だったので、ぶっちゃけよく覚えてない(分離したりしてた)

「オーバーロードII」
「答えはどこイェ~イェ~イェ~♪」のインパクトには負けるが、「ぶれーくだんぶれーくだんススむよ♪」の2期のOPもなかなか。
コミックスでは読んでいるのだけど、長かったトカゲ話もアニメだとあっちゅー間だったし、やはりアインズ様関連の物語の方が面白い。
セバスがカッコいいのはいいのだが、ブレインが救済されるとは…
あとクライムの絵柄がどうも浮いて見えるのが気になる。
7月から3期放映が決まっているので、最終回後から3期のCMをやたら見る。力入ってるな~

「宇宙よりも遠い場所」
なんだかんだで南極到達。
しかしクソメガネは北極到達。
胸糞陸上部やおふくろとの「再会」など、どうにもクセがあり過ぎて大好きというわけではなかったが、無難にまとまったと思う。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」
これは素晴らしい作品だったね。
少し前まで空前の日常アニメブームだったのが、今は何かあるとすぐ現実逃避する「異世界ならば俺TUEEEEE」ブームになってるが、よくまぁこんな世の中に逆行するような作品を取り上げたと感心する。
世界は傷を負った彼女に優しいばかりではなく、時に残酷で辛い。
そんな彼女が歩んできた歴史は彼女を苛み、けれど逆に助けてもくれる。
血まみれのくだらない戦争に運命をもてあそばれた人々の挫折と再生の物語。
どれも本当に珠玉のいい話ばかりだけど、ヴァイオレットが雪山で救えなかった一兵卒の話が悲しかった。

ただコヤスの「ヴァイオレットちゃん」がどうにもこの作品にそぐわない。「ちゃん」いらんやろ。

「恋は雨上がりのように」
ほーかーごー♪で始まるOPが印象的。
おじさんに恋した女子高生の淡い恋の話かと思いきや、後半はそのへんは曖昧になって青春のときめきや情熱を忘れたおじさんがもう一度その気落ちを取り戻す…まではいかないけど、まぁ「やってみるかな」くらいにはなったっぽい物語であった。
結論も出ず、テーマもぶれ、結局は実写映画の宣伝アニメだったのかなという感じ。

「ミイラの飼い方」
異形の連中と主人公たちのほのぼの交流アニメ。
勢いで描き始めたはいいけど、話が広がらなくて困ってる感じがよく出ている。
最近だと「Relife」とか「リア充…」じゃなかった、「ネト充のススメ」や「小林さん家のメイドラゴン」とかもそんな感じ。
多分今は昔より安直に漫画家になれる分、明らかに知識や教養、人生経験が足りなくて力量不足なんだよね。
まぁ可愛いってだけで気楽に見られるのはよい。EDのダンスが可愛い。

「だがしかし2」
15分アニメにスケールダウンして2期開始というのは珍しい。
前半はいつも通り、後半は蛍さん不在で新キャラが活躍した。
そして蛍さんがいないと話がしまらないんだなぁと思った。

「ラーメン大好き小泉さん」
金持ち女子高生小泉さん。何で稼いでるの小泉さん。
クレイジークソサイコレズにストーキングされながらも頑張れ小泉さん。らららラーメン大好き小泉さん♪

「ゆるキャン△」
うーん、これは予想以上に面白かった。
「ヤマノススメ」もほんわかしつつまぁまぁ山登りの知識を得られるが、こちらもノウハウものとして完成度が高い。
夏場ではなく、寒い秋冬キャンプというのが面白い。
私も晩秋から12月くらいまでの寒い時期が好きなので、寒い中のキャンプもいいなぁと思った。いや、やらんけどな!

「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」
都会と闇に牙狼はよく似合う…
純粋な思いを利用されるだけ利用され、不本意ながらソフィの言葉で真実を知り、闇落ちしてしまったお兄ちゃん可哀想だったなぁ…
なんで朴さんが二役やってたのかはわからんが、兄妹サービスということなのだろうか。
作画も頑張ってたし、ストーリーも悪くなかった。つか、いかんせん前作が酷すぎて悪すぎた。
ただのケバいお色気キャラだろうと思ったジーナが、いつも勇敢で強く、めっちゃ優しくて大好き。
ヘタレから脱した短髪のルークも好き。ソフィもリジーも妹キャラの典型のようないい子であった。
ソードは今時珍しい安定感のある主人公だったな。弱いところがないので安心して見てられるのはよかった。
前作のせいで見逃した人には十分勧められるレベル。面白かった。

「ハクメイとミコチ」
作者が1から構築し、作りこんだ世界観をあますことなく見せる、「メイドインアビス」タイプのファンタジー。
しかしこれ、作中で何度か間違えられたように、ハクメイがフツーに男でもよかったんじゃないかとつくづく思う。
何気ない話が多いのだけど、なかなか魅力的だった。EDにちょっと流れるウンチクも凝っている。

「博多豚骨ラーメンズ」
出てくる連中が皆ヤバい。修羅の国にもほどがある。
大切に想い続けてきた妹が嬲り殺される初っ端がなかなかエグかったので、その後のエグさも「修羅の国だからねぇ」と見逃してしまう。
そんな中、サブマリン忍者はギャグで盛り上げ、強くて死なない(死にそうにない)数少ない救いであった。
いやまぁこいつもしっかり殺し屋なんだけどね。松風に裏切られるかと思ったら、ヤツもヤツでしっかり友情に厚かったのは意外。
インストゥルメンタルなんだけど、EDの曲がカッコよかった。

「働くお兄さん!」
いろんな動物と一緒に、いろんなバイトをする話だが、裏話もあったりして結構楽しめた。
クセのない主役より、電王のコタローこと溝口くん演じるややひねくれたロシアンが実は家族想いで可愛かった。(いい声だったよ)
最終回後の声優顔出し特番で2期決定との告知あり。

「クラシカロイド(第2シリーズ)」
なんやかんやで無事完走。まぁ…こんなもんじゃないかな。でも意外にも1期より面白かったかも。
いろんなクラシックアレンジが聞けたけど、「僕は奏助~何にもない人~♪」が一番好きだったりする。

「魔法使いの嫁」
しゃらくせぇ話の域を出ず、最後までしゃらくせぇまま終了。
ちょうど今やってる「かくりよの宿飯」も似たような境遇(虐待、嫁、保護者、才能を伸ばす)だが、なんか違う。
きみはきみはきみはの2期OPより、やっぱ病的なまでに歌い上げる1期OPの方が耳に残る。

「ポプテピピック」
出ました2018年1月期最大の問題作。
若いもんにはさっぱりわからなかったという噂だが、これほど老オタが楽しめたアニメもないのではないか。
声優のチョイスが絶妙過ぎる。神谷明の回は、生きてたら内海賢二をからませたかったんだろうなぁ。
つかさんざん男で固めてきて最後が小山&三石とかマジないわ。それだけでメシウマ過ぎだわ。
最終回のコレジャナイ感満載の蒼井翔太への、小山茉美のベテラン感漂う「頑張ってね」に笑ってしまった。

というわけで、すっかり旬が過ぎてしまいましたが記憶を手繰りつつ書いてみました。
4月期アニメの最終回は旬の感想を書けたらいいなぁ…無理かなぁ…
スポンサーサイト

2018年も半分

いやー、サボりまくりましたなー

足の骨折が治って仕事に復帰し、新年度以降地獄のような忙しさにブログどころではありませんでした。
しかも今もまだ職場のゴタゴタが片付いておらず、ストレスマックス状態。
事態は待ったなしなのに、解決するまでにはまだまだ無駄に時間がかかりそうでウンザリです。
まぁ仕事に加え、相変わらずソシャゲに時間を費やしているせいもあるんですけどね。

とはいえ、アニメは見てますよ。
3月の最終回シーズンにほやほやの感想を書くことができず残念。
ちなみに1月期開始のNo1アニメはダントツで「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」でした。
さすがの作画力に加え、終始真面目に戦争に苦しめられた人々の姿を見事に描いた京アニ見直した。

現在見ているのは以下の通り。

かくりよの宿飯
宇宙戦艦ティラミス
キャプテン翼(2018)
ガンダムビルドダイバーズ
ルパン三世 PART5
重神機パンドーラ
銀河英雄伝説 Die Neue These
メガロボクス
Lostorage conflated WIXOSS
信長の忍び~姉川・石山篇~
ヒナまつり
魔法少女サイト
PERSONA5 the Animation
鬼灯の冷徹 第弐期その弐
LOST SONG
若おかみは小学生!
レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~
ピアノの森(TVシリーズ)
美男高校地球防衛部HAPPY KISS!
Cutie Honey Universe
ゴールデンカムイ
シュタインズ・ゲート ゼロ
奴隷区 The Animation

シュタインズゲートにたどり着けず、まゆりを選び、クリスを失ったβ世界線のオカリンを追う「シュタインズ・ゲート ゼロ」や、相変わらず大人っぽいキャラデザやスタイリッシュな音楽がステキングな「ペルソナ5」が頭一つ抜きんでてるかな…と言いたいところですが、もっとお気に入りがございます。

そーです、おもすろいのは「ヒナまつり」ですー(変なおじさん風に言って!)

ヤバい。バカバカしすぎて毎回ニヤニヤしてしまう。
「ええ~?なんでぇ~?なぞなぞ~?」には爆笑した。
独身なのにもはやすっかりお父さんの新田を演じる中島ヨシキの芸達者ぶりが光る。

そして7話からの超絶怒涛の展開にひっくり返った「LOST SONG」
世界名作劇場かよと思わせる古臭い作画や、の~んびり冗長なストーリーを根底からひっくり返す超展開にあんぐり。
昨年の「正解するクソカド」とはまた違う驚きにあてられ、今週の最終回が楽しみです。

期待していなかったところでは「レイトン ミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~」や、ガキが絡まないと結構いいじゃんと思う河森の「重神機パンドーラ」、原作リスペクト&スピンオフはこうでなくてはという「メガロボクス」に、ついに1期と2期の主人公が出会った「ウィクロス」も楽しんでます。

なお、前期から継続しているは以下の通り。

仮面ライダービルド
弱虫ペダル GLORY LINE
ブラッククローバー
斉木楠雄のΨ難(第2期)
BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS
グランクレスト戦記
七つの大罪 戒めの復活
ちはやふる(第2期・再)

「ビルド」はもりもり出てくる後付設定に苦笑することもあるけど、まぁギリギリで保ってて結構おもろい。
しかしライダースーツはいかんせんゴテゴテが過ぎるので、たまに初期っぽいシンプルなスーツになるとほっとする。
最近はキャラ崩壊しまくりのげんちゃんの行く末が心配です…内海さんもだけどさ。

ちはやふるは3期制作が決定したせいか、念願の2期再放送に小躍り。いや~、嬉しい。
あと見てわかる通り、「バジリスク」や「封神演義」は4月の新番組ラッシュに屈して切りました。

他にも4月開始でわりと最近まで見てた「カリギュラ」や「デビルズライン」も切り。
昔は10話くらいまで見ちゃったら、どんなにつまらなくても切ることはなかったんだけど、今はもういいかなーと挫折してしまう。

こらえ性がなくなったなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。