FC2ブログ

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]

「アンリミテッドブレイドワークスってああなってんのか!」と皆を驚かせたディーンのセイバー編(あとまぜこぜの蟲っ娘桜編)は黒歴史と課した今、「きのこは金になる」と踏んだユーフォーテーブルがまたまた一儲け。

とはいえ鳴り物入りだった「Fate/Zero」も正直後半はグッダグダで、あのホムンクルス女が鼻につき、意味もなく消費される英霊に「ええぇ~」と思い、なんつーか、「所詮はきのこだわ」とガッカリして終わった覚えしかない。

唯一、ウェイバーとライダーの関係がとてもよかったことと、ちびっこ凜が可愛かった事だけが救いであった。(ランサーもいいヤツだったけど最期はちと憐れだったにゃー)

そうなのだ。
私は遠坂凜が好きなのだ。
Fateのしょーーーーーないキャラの中で、この「猫かぶ凜ちゃん」が一番好きなのだ。
「え?セイバーは?」と聞かれるだろうが、何しろ士郎が嫌いなのでセイバーも嫌い。Zeroのセイバーも嫌い。
つかそもそもアーサー王が女とかクソバカな設定が許せないので嫌い。
昔からブルフィンチの「中世騎士物語」が好きなもんでね。

何しろキャラデザ、戦闘、演出、すべてがしょっぼしょぼだったディーンのFateを全話見てしまった上に、作画は向上しているがやはり息切れ甚だしい(しかもあんなくだらない話を分割2クールもやりおって!!)ZEROも見てしまったのだ。
もうFateはおなか一杯。そう思って期待せずに見たのだが…

なぜか家事に秀で、皮肉屋のくせに礼節をわきまえたこのゲーム屈指の人気男性キャラ・アーチャーと、優れた魔術師であり妹思いの猫かぶり、私が大好きなツンデレ美人キャラ、凜。
この2人が揃っただけで「ああ、うん、見られそうだ」と思ってしまう。だってどっちも好きなんだもの。
物語もかつてのセイバールートを別視点から、一方で全く別物として見ることになるため、「初めて見るからこそ、期待して最後ガッカリ」にはなるまい。結末がどうなるかわかってるんだし。(ところどころオリジナルもぶっこむらしいけど、そう大きく乖離はしないのでは?)

それにしてもアーチャーとランサーのバトルはすげかった。めちゃめちゃカッコよかった。
ZeroのランサーVSセイバーもスピード感があって好きなバトルだったけど、やっぱバトルは断然男同士の方が現実感があっていい。

ゲームからのファンに配慮しているのか、止め絵っぽいゲーム的視点や、表情の変化が少なくため息が続くような進め方が多くて、「こっちはゲームじゃなくてアニメを見てんだよ!ファンに媚びてんじゃねぇよ!」とイラッとするシーンも多々あったけれど、まぁまぁ許容範囲。何しろアニメは動いてナンボだからね。

とりあえず視聴継続してみよう。
それにしてもまさか全クールメインキャラを演じる諏訪部ボイスを聞く時代になるとはなぁ…

2014/10/07 23:56 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ワールドトリガー

しょっぱな、世界観やこれまでのことを全部セリフだけで説明してしまう(止め絵すらなく)というのはどうなんだろうと一瞬不安になったけど、その後のさくさく進むテンポのよさはむしろ感心した。

いいね!思ったよりすっごくいい!
葦原さんのあのシンプルな絵柄も、アニメにはどうかと思ったけど、動きがあるせいかすげーいいね!

修=梶くんというのもあまりイメージができなかったけど、いざ見てみたらこういう役も梶くんいいじゃん。
梶くんがやると底抜けの明るさというよりはちょっと暗い雰囲気が残るんだよね。このへんは明るさが持ち味の逢坂良太とはまた違っていいかも。
つか飄々とした空閑遊真を演じる村中知が抜群にいいかも。正直、空閑のイメージどおり過ぎてビックリしたわ。

つーか、OPが想像以上にスタイリッシュでカッコよすぎるんだが。
ちょっと中毒になる曲だよね。

なんつーか、こんな辺境時間に追いやられたアニメ(ジャンプなのにぃ!)なのに「ちゃんとやってくれてる」とちと感動。
うわー、この先めっちゃ楽しみ。すげー嬉しい。派手さはないし時間帯的にも地味だけど、わくわくする。

異形が町や人を襲う世界で、謎の転校生に助けられる主人公、または主人公こそが実は「力を持つ者」で、ヤンキーに絡まれても力を隠し、いざという時に力を解放…というのはどっちもよくあるパターンなんだけど、この作品はもう一段上を行き、その両方をぶっこんでいる。

主人公は初めからボーダー。そして謎の転校生はネイバー。
ここから始まる不思議な物語がとても好きだ。
誰にも知られてなくてもいいや。自分だけ密かにニヤニヤと楽しみたい。

いやいや、まぁ多くの人に「お、結構おもろいじゃん」と思ってもらえたらそりゃもっと嬉しいですけどね!

2014/10/07 00:14 |日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |