元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
これから弾丸旅行
夜行バスで旅に出ます。
日曜日には戻ります。

「旅はゆっくりしたい、少なくとも3泊4日以上」というポリシーの私には珍しい強行軍。
秋の旅行に向けてのトレーニングもさることながら、なんとなく「行こう」という気持ちになったので、行く事にした。

一旦出かけたのに帰りの新幹線の切符を忘れて取りに戻ったり(そしてこうして映画レビューを更新している)、醤油をこぼしてソファカバーを急遽洗ったり、大分躓いているのだが、逆に厄落としになったと思って楽しんできマッスル。

一言投票所

その他「寄生獣」
●アニメ版寄生獣、作画は中々良さそうですね。平野ミギーがどんな感じかはまだ分かりませんが… 自分も平野さん、というか、女の声のミギーはイメージになかったので「ないわー」って感じでした https://www.youtube.com/watch?v=66WjbV9rZjw
へー、ホントですね。作画はなかなかの気持ち悪さでいいかも。
平野綾はなー…まぁ未知数っちゃ未知数なので、もしかしたら…とは思わなくもないけど、でもやっぱり違う気がする…

映画 「ゴジラブ♡」
●になになさんキャッハーッ観に行きましたよ、ゴジラ!ゴジラ!ゴ・ジ・ラ! 私はストライクにゴジラ世代なんですよ!(平成ゴジラシリーズ)ゴジラ大好きで今日一日千秋の想いで鑑賞致しましたタマンナァイ
感想としてはゴジラがなんか横入りでメインじゃない!ムートーばっか悪目立ちさせるんじゃないっ!パンチもキックも足らん!です!私はてっきりゴジラがメインでゴジラVS人間だと思ってたのに最初ムートーが出てきた時はえっこれがゴジラ!?って思っちゃいました 私はゴジラ好きなんであの扱いは不満ですな
ムートーはバトラとメガギラスとクモンガをくっつけた様な生き物でかわいくないし、せっかくゴジラがプリティなのに完全におまけだしで納得いかず 主人公のパパがいきなりあぼんしちゃって盛り上がりにかける 放射能ならゴジラでしょ!
ゴジラの魅力は決して人間の味方をしているのではなく、あくまで生物としての本能で生きている(野生味溢れる姿がス・キ)所なのです ちなみに終わった後の観客のビミョーな空気がなんとも痛かった・・・・
特撮があまりお好きではないになにな様に私がオススメするゴジラは昭和の「メカゴジラの逆襲」です その名通り続編なのですがこれだけでも楽しめるはず 個人的に「非常に気分の悪いゴジラ作品」でした。だからこそ子供の頃印象に残った作品です お暇な時にどうぞ・・・

おやおや、かなりのゴジラブさんがキャッハーと来ましたよ。
特撮にもゴジラにも詳しくないですが、私もまさにゴジラブさんの仰るとおりの感想です。
ムートーを見た瞬間、ぶっちゃけ私も「ゴゴゴゴゴジラッ、一体何があった!?」と動揺しました。
脱皮するのかとか、もっかい放射線浴びるのかとか、色々エクスキューズを考えてたら全然別の生き物だったとわかってますます「んだよ、ムートーよォ!」という気分でした。
そうですよね、ゴジラは勧善懲悪のヒーローだったり、ただ単純な人間の味方であってはならんですよね。
ハリウッド映画になると聞いて一番危惧したのはここでしたが、全然裏切ってくれなんて詐欺ですよ!

ゴジラの中でお勧めが「非常に気分が悪いゴジラ映画」というのはどういう意味なのか謎です。
そしてこの書き込みを見て、「あっ、ガメラ見るの忘れたわ」と気づいたのでした。お勧めいただいた方、すみません。

その他「ディスクウォーズ・アベンジャーズ」
●ミュータントってすごい差別されてるんですね。能力的には他のヒーローと変わらないと思うんですけど先天的なのがダメなんでしょうかね。学園も隔離してるだけで根本的な解決になってないしなぁ。プロフェッサーの怪しさは異常ですね。黒幕っていわれても納得してしまいます。
うーん、ホント、なんであんなに嫌われるのかわからんですね。

アイアンマン…技術力(と、誰にも負けない頑丈さ)
ソー…神様
ハルク…ガンマ線
キャップ…オーバーテクノロジーの盾を持つヂーピング・タフガイ
ワスプ…ピム粒子

あー、ソー以外は確かに明らかに後天的だわ。ソーはそんな事気にしなさそうだし、そもそも神様だしね、腐っても。
我々人間は、生まれつきの異端者に対してはやっぱり寛容にはなれないんですかね。

その他「ワールド・トリガー」
● ワルトリ、朝早いですねー。原作好きなんで不安もありますが楽しみにしときます。声優さんに関しては修くんがまさかの梶くんでちょっと心配っす。イメージと違う気が・・・。監督・脚本はだれでしょね。あとレプリカの田中さんはよかったです。ミギーもこんな声のイメージだったのになぁ。
「枠買いだし、どうせこの時間じゃ視聴率取れないし、とりあえず作っとけ」という捨て駒的な番組じゃないといいんですが。
梶君はなー…私もちょっとイメージ違います。今をときめく花形トリオ(逢坂・花江・石川)や、小野賢や信長でもいいくらいなのにさ。

***更新***

映画視聴 思い出のマーニー UP

2014-08-15 Fri 22:29
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
改悪の代償
星矢Ω→のた松ときて、10月からはワールドトリガー。朝早いわ!
まぁでも葦原さんの作品がアニメ化するというのは、リリエンタールを惜しんだ人間としては感無量。
絵柄的に「動きの見えない」漫画が売りなので、むしろアニメではバッキバキに動いたら面白いな。

今週も朝起きたらすぐに野崎くんを再生した。
楽しみにしてる反面、ある程度コンディションを整えないと再生できない「テロル」や「アルドノア」より100倍くらい気軽に見られるのが野崎くん。そして今まで1回たりとも期待を裏切らないのもすごい。
若松くんの声を聞いて「あー、これ誰だっけ。聞いたことある。よく知ってる」と思いつつ、結局最後のスタッフロールで「木村良平かぁ~!そうだよそれそれ!」と悔しい思いをした。ダメ絶対音感があるゆえに、当てられないと本当に悔しい。
(でもおかげでその後に見たダンディでは「あ、これ木村」と一発でわかったぜ。聞き慣れてればどーってことないぜ!)
器用そうに見える堀先輩のトーンクラッシュに吹き出してしまった。あと屋上で悶える野崎くんにも笑った。
思いもかけないところに笑いのツボがあるよね野崎くん。

野崎くんを見るたびに、「大柄・短髪黒髪・冷静無口」なことから、私はいつもモリ先輩(桜蘭高校ホスト部)と百目鬼(HOLIC)を思い出すのだが、先日はたと気づいた。この3人ってさ……………女に興味なくね?

遅くなりましたが、先日の怒涛のレビュー更新の際、もう10年ほどネッ友でいてくださるたまり様より拍手コメントをいただきました。
非公開なので詳しくはレスいたしませんが、いつも本当にありがとうございます。私もたまり様のブログにはいつもお邪魔させていただいております。最近お互い更新が滞り気味なので、励ましあいながら頑張るモン!
誕生日祝いもありがとうございました。今後ともこのようなブログですが、どうぞよろしくお願いいたします。

今回「ゴジラ」等の更新で気づいたのだが、ジオシティーズが改悪されてしまっていた。
編集しようとすると窓が固定の大きさなので、いちいち広げたり動かさねばならず、更新すると全て消えてしまうので、再編集はまた一から窓の大きさを定めなければいけなくてストレスが溜まる。
ファイルを探すのに、以前はファイルの頭文字を入れれば出てきたのに、今回はズラズラと出てくる上に全部は表示されなかったりする。検索で探せといわれても、ファイル名なんかいちいち覚えてないから頭文字検索が便利だったのに…
また、<P>や<br>タグを打って改行しているのだけど、以前のようにどうもうまくいかない。実際今回のレビューは行間のレイアウトが気に入らない。

アタマに来たので、これからも更新していく映画レビューのページだけでも他の無料HPで作ろうかと試してみたけど、これはもう全然ダメだった。
FC2はソースごと貼り付けると背景の設定やらテーブルタグが全然反映されないし、「簡単にできます」というものは「簡単」ゆえにカスタマイズが全くできず、リンクを貼ったりタグを打ったりが全くできない。ひどいところは「市販、あるいはフリーソフトのFTPを使ってアップロードする」だけで「無料ホームページ」なんて謳っているところもある。
やはり当社比90%は使いづらくなったとはいえ、ジオほど自由にタグが打てるファイルマネージャーはないようで、苦虫を噛み潰しながらも使い続けるしかないようだ。

そもそも時代遅れのHPなんかいまや絶滅寸前なんだし、更新するのは映画レビューだけだからブログを利用してもいいのだけれど、いやはや残念な改悪だ。長いこと気づかなかった自分も自分だが。(更新してなかったからねー)

なんとか使い勝手を向上させてくれんものかのぅ・・・

一言投票所

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、W、∀他)
■とうとうドロシーさんが出てきましたか?彼女が出てきてから一気に話を掻き乱してくれて個人的には面白かったんですが
なんちゅーマユゲじゃとそればっかり気になってしまいましたが、出てきましたよドロシーさん。
しかしこの作品は「心身ともに自立した女」が隠れテーマにあるせいか、実に可愛げのない女キャラが多いですね。
でもそんな中で私が一番好きな女キャラは、実はサリィ・ポォだったりします。あの人好き。

特撮&仮面ライダーシリーズ「ガメラ」
■平成ガメラは「ガメラと心通わす子供」「怪獣」以外はファンタジー抜きでトンデモなしの兵装でがんばる自衛隊と人間目線で描写される破壊シーンが特徴ですね。2は怪獣モノではなく生物ホラーになってますけど、今見ると色々なところに影響与えてるなあと感じます
へぇ。ガメラは子供心に「カメ?弱そ」と一蹴してたものですから(モスラも「蛾?弱そ」でした)ほとんど見たことがないんですよね~

映画「GODZILLA ゴジラ」
■OPクレジットがいきなりの出オチで吹きました。ストーリーは練り込みが足りなかったですね。父親退場は明らかに間違ってます。正直渡辺謙は要らなかったです。分断された親子の絆の回復に集約した方がすっきりします。勝利の鍵はゲロビームな酔っぱらいオヤジの大暴れと納得することにしました>ちずる
まさにその通りです。あの父親は重要人物ですよね、どう見ても。彼と息子の和解が軸で、そこにゴジラをよく知る渡辺謙が絡むというならわかるのに、そうじゃない。一味足りず、パンチも足りず、ふわふわした映画ですよねー、ホント。
そしてゴジラが「酔っ払い親父」であるとすれば、初め意外なくらい弱いとか、酔いが回って本気出すとか、とどめはゲロビームとか、戦闘終了後は眼が回って寝ちゃったとか、起きたらヨタヨタと家路につくとか…って、行動が完全に酔っ払い親父やないか!!!

映画 「アメイジング・スパイダーマン2」
■そういえば、アメイジングスパイダーマン2もかなり良かったです。1を観た時は「旧作でいいやん…」って気持ちだったんですが、2は大ヒットしたのも頷ける出来でした
へー、2は大ヒットしたんですか。それすらも知らないんですよ。いけませんねー

2014-08-12 Tue 00:25
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
台風通過中
天気も悪いし昨日のトレーニングで少しばかり筋肉痛でもあるので、のんびり日曜日を満喫。
とはいえ溜め込んでいる録画を見ている間に「ハイキュー!」の時間になってしまうのはとほほなのだけど。

溜めこんだといえば、前に「ガンダムW」を溜め込んでいるとグチったけど、見たらなんということでしょう!
ばっちり総集編でやんの。それも2話も。
溜めこんだのが総集編じゃ体のいい挫折のいいわけにもできんじゃないか。
二股マユゲのドロシー嬢が出てきたところで、ヒイロ&カトル組がリリーナと合流。
コンテに池田監督の名前があるのでまだこのへんは彼なんだろうけど、そろそろ高松監督にバトンタッチするんだろうか?
バトンタッチしたらもう少し面白くなるんだろうか?面白くなってくれないとかなりツライ。

先週はヘタクソなアイドル劇を見せられて30分間「……・・えー」という気分だった「少ハリ」だが、今回もよかった。
ハンパもんのマッキーがキレたり怒鳴ったりするんじゃなく、なんとも朴訥ないいヤツだったことに加え、キラを怒らせた時もちゃんとごめんと謝っててええ子や~と思った。そしてキラの子役ライフが壮絶過ぎる。子役ってホントこれだよね。
相変わらず全く萌えないこのダメさ加減がいい。マッキーとミミズクのコンビっぷり(以前の時間差「ホー」も含め)もいい。
つか今回はまたマッキーとカケルのキャラソンであった。ホント、少ハリEDは猫の眼仕様だなー

「BASARA」は兜を取ると「誰だおまえ」という地味さのパーリーの人がウザい。中井和哉は最近弱いくせに口だけは廻るウザキャラが多いな。
「ペルソナ」は先週のクイズもよかったが、今回もりせちーや直斗にスポットが当たる展開で面白かった。
バトルもののスピンオフで、バトルがないのに面白いって、なんという二次創作的作品であろうか。
千枝ちゃんに惚れてる一条くん(いい子だよね~)たちも出てきてちょい嬉しかったな。

「ばらかもん」は可もなく不可もなく。梶くんって主役より絶対こういう役の方が似合う。「進撃の巨人」だって、声だけ勘案したら適役はエレンじゃなくてコニーじゃね?
「スペース☆ダンディ」は前々回はスクール・カースト、前回は巨大魚一本釣り。ゲストは小林星蘭ちゃんであった。

教授の能力に翻弄されるリンカを助けるため、刺された手をぶち切って東さんが飛んだ「東京ESP」は、東さんを意識するリンカがちょっち可愛かった。果たして「家族の絆」に勝てるでしょうか。
「信長協奏曲」は今川のスパイだった猿が一夜城を築いて出世の足がかりを作るも、歴史が苦手な三郎の拠り所である日本史の教科書を焼いてしまうという暴挙に!教科書がなかったら私だって「信長のその後」はわからんよ!

「サイコパス」も相変わらず面白い。ああ、ユキさん本当に可哀想…でもこの時の「引き金を引けなかった朱ちゃん」が、最終回の「引き金を引く狡噛さん」に繋がるわけで、この3人は微妙なる三角関係(白くて黒い愼島、黒くて白い狡噛、白くて白い常守)にあるんだなぁと二度目の視聴ならではのわくわくも止まらない。シビュラへの怒りは篝くんの件もあるから理解できるしね。でも反面何でもシビュラが決めてくれたら諦めがついてラクだろうなぁとも思う…

「ハイキュー!」は伊達工に勝ち、いよいよ大王様のいる青葉城西との試合。バレーって1日2試合やるんだ。きついねー
すまんかったの気持ちもあって最近はジャンプでもちゃんと読んでるぞ。
原作のざざ~っと見せる躍動的な絵もいいけど、アニメは線が綺麗ですごくバレーの動きを丁寧に書いてるよね。のやっさんがレシーブする時の体のしなやかな動きとか、東さんがジャンプする時の腰の反り返りとか、いつも「アニメスタッフいい仕事するねぇ」と思って見てるよ。

「ベイビーステップ」は栄ちゃんがいよいよプロを目指して肉体改造を始める事に。こっちもまたきつそうだ。そして櫻井キャラの分析を聞いて、ますますテニスってすげーなと思った。
同じく栄ちゃんが再びマウンドに立った「ダイヤのA」は3点のリードを無傷では守りきれなかった。主人公が「いいものは持ってるけど、豪腕でも速球でもなく、メンタル面でも技術面でも不動のエースにはまだ程遠い」というのもいいもんだ。

「ハンタ」はいよいよヒソカVSゴトー開始。ギャル執事の掛け合いは楽しいけど、一応大団円で終わる事になるこの「アルカ編」は、ゴトーの結末だけがちょっと哀しいよね。憎たらしいけど一方で「キルアぼっちゃんL・O・V・E」の人だもんね。
「さばげぶっ!」はこれまでも何度も「マジメにサバゲやらない」と言ってるけど、なんだかんだで毎回撃ちあいしてるよね。
ってかママン何者…

キッズアニメの「アベンジャーズ」「マジンボーン」「テンカイナイト」もちゃんと見てるよ。
ミュータントが出てきてややダークなアベ、新たな力に目覚めたマジ、そして女の子XX(ダブルエックス)モードに覚醒したテンカイと、それなりに面白い。私もホワイトさんが怪しいと思うんだよゲンくん。つかゲンとグレンが「同じ傷を持つ、似た者同士の陰と陽」とかいきなり言われたらものっそい気になるじゃないの!なんなんだ急に!

ざっとこんな感じ。
今日は本当にナニゲに、「どれどれ、ガンビルは今どのあたりなのかね」と番組表を見たら、何ともラッキー!
18話の「ブラッド・ハウンド」だったのでかぶりつきで見てしまったよ。
最後まで見た今となっては、やっぱりガンビルのベストバウトはこの「メイジンVSレナート兄弟」だったんじゃないかな。
殴り合いのない、知略による化かし合いと、互いの選んだ武装との一騎打ちだったもんね。

スナイプと見せかけて自走砲と2体での狩猟、さらにはジオン兵による「時間よ止まれ」という白兵に対し、豊富な武器と反応と機敏な動き、そして落とした武器の元に誘い込むという相手の上を行く一人包囲網で勝負。
流れるデジタルフラメンコの、最後の決めはまさに「ole!」
いや~、カッコよかったなぁ、ケンプファーA。これで出番もおしまいだったけど。

「アルドノア」の圧倒的戦力差の中での防戦もいいけど、やっぱ「ガンプラバトルだからこそ」の思いっきりアグレッシブなバトルもいいな。ドッグパックに追いこまれ、ジムスナイパーK9に正面から狙われた時は咄嗟に武装をパージして撃たせるとか、自分が落としたガトリングを構えてK9を蜂の巣にするとか、バトル自体もものすごく肉迫して決して圧勝ではないけど、でも勝負あり!と言いたくなる爽快さだったわ。いや~、やっぱビルドファイターズはいいね!スカッとするね!

一言投票所

その他「Gのレコンギスタ」
★富野新作ガンダム冒頭10分見ましたか?すごい富野でした。雰囲気はリーンの翼っぽい。専門用語多すぎて何言ってるかわかんないですけど徐々にわかってくるんですかね。設定に不穏なところがありつつも、どんな感じになっていくのか楽しみです
ちょっとだけ見ました。エウレカっぽい絵柄が既にイヤです。
劇場版だけなら見なくても済むと思ってたのに、アニメイズム枠とは…あー、やだやだ。我慢して見てるけど辛くてやめたい、けど一応トミノだからと、見たくないけど最後まで見なきゃ、という辛い拷問になりそうな臭いがプンプンします。
もちろん面白ければそれにこした事はないけど…ないけど…ないだろうなぁ…
このストレス、ガンビル2に救ってもらえるかなぁ…

その他「野崎君」
★思うに、アニメや漫画のヒロインって性別を逆にすると残念化するケースがとても多いですね。逆にヒーローは、性別を逆にしてもその魅力を維持できる気がします。「アルドノア」のイナホ、「サイコパス」の狡噛、ヒロインでも余裕でイケます。となるとストライクゾーンの狭い「男」は「女」より哀れな性なのかも。
ああ、以前もそんな事を仰ってましたね…正直、おっしゃってる意味がちょっとわからなくて、レスもスルーさせてもらったんですが…イナホと狡噛を女性化してもイケる?あの、すみません、ちょっと意味が…

そもそもヒロインが残念化すると言われましても、少女漫画嫌いな私にとっては、もともと少女漫画のヒロインは残念なヤツがほとんどなので、男女を逆転するもしないもないかなぁと。

私が野崎くんを見て面白いと思ったのは、「ヒロインを形作るのに、女子ではなく男子であるみこりんをモデルにした」という発想のことであり、マミコを男にしたら残念になった、ということではありません。

その他「アルドノア・ゼロ」
★ スレイン、合流するんですかね。お互いにとがった性格じゃないのでうまくいきそうですけど。話によると血脈が大事だそうなんで姫様以外にも王族はいるんでしょうね。その人たちもでてくるのかな?あと火星の人らは歴史浅いのにすっごくえらそうっすね。これから理知的でかっこいい敵がでてくれないかなぁ。
合流は…どうでしょうね。 あの物語はなかなか一筋縄ではいかない感じなので、そのへんは安直には行かないような気もします。OPでもイナホとスレインが共闘することを示唆するようなシーンは敢えて示されてないし。

私もオーパーツを見つけなさったのが今も生きてるあの皇帝だと知って、思わず「おまえは新興宗教の教祖さまか!」とツッコんでしまいましたよ。もっと前の世代(とはいえ1969年が軸だったけど)だと思ってたのに…だからこそあんな時代がかった皇族だの騎士だのやってるんだと思ったのに…
スレインが不時着したときの様子や、今回の和平特使の件からも、変わり者で世間知らずの姫様はちょっと鬼子っぽいですからね。彼女はギアスで言えばユフィみたいな役まわりで、他にボロボロ皇帝の血筋の者が出てくるんでしょうかね。

今のところキレそうな騎士はあのザーツバルムですかね。他は…う、うーん…

映画「特撮映画」
★GODZILLAは既に次の製作が発表されたらしいですよ。モスラ、ラドン、キングギドラの登場が示唆されてラドンと戦闘機が空中戦をしているコンセプトアートが公開されたそうです。
らしいですね~
もうその3体と言えばゴジラ映画のオールスターじゃないですか。
続編はただでさえダメになっていくのが定番なので、不安しかないわー

★ ゴジラ>物足りないになになさんに来週からBSプレで平成ガメラ三部作放映するのでおススメします。苦悩の怪獣戦士ガメラ、ヒロイック荒御霊VSシリーズゴジラ、守護女神(変身ヒロイン)平成モスラ、と平成怪獣映画並みの個性の強さがあったらなあと思います、ギャレゴジ
強いぞガメラ~強いぞガメラ~強いぞガ・メ・ラ~♪
うーん、もともと特撮映画はそんなに好きじゃないんですが…余力があったら見てみます。

2014-08-10 Sun 23:17
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
東京も雨
1時間ほど前から東京も雨。
今日は雨の中でのトレーニングができるかと思って出かけたのだけど、降る気配がないままに10km.踏破してしまった。
本番前に、がっつりレインコートを着て歩くトレーニングができるといいのだが。

先週も今週も「残響のテロル」と「アルドノア・ゼロ」が突出し過ぎて面白くて興奮して眠れなくなるほど。
「残響のテロル」は、先週はなかなか合流しないリサの姿と同時進行で柴崎とスピンクスの化かしあいが進むのが楽しくて、今週はナインたちと因縁がありそうな彼女の登場と、何やら根深そうな「上の命令」など、ますます謎が複雑になる中、境遇から暗い表情しか見せていなかったリサが意外にも愛らしいキャラだったりして最後まで眼が離せなかった。

そしてお待ちかねの「アルドノア・ゼロ」は、殴られても耐えるしかなかったスレインが意外にも武闘派の上、敵の雨あられの銃弾をかいくぐって逃亡し、しまいには今や「冷静無敵超人」の名を欲しいままにするイナホくんのピンチを救うヒーローぶりを見せるという鼻血が出そうなほど「オラわくわくすっぞ!」展開。

先週はスレインが皇帝に真実…つまり姫様が生きているということをなんとか告げられたと思ったら、ザーツバルムが既に手を回していたというしてやられた展開に驚いた。
こいつトリルランの死に疑問を持って「最期を知っている人間を調べろ」とか言ってたけど、ここまで手を回してるって事はもう既にスレインの素性と行動への疑いを固めてたってことだよね。
もしかして根はいい人かもしれないクルーテオさんよりよっぽどタチが悪いな。頭が抜群にいいだけに。

今回は敵の女騎士のロケットパンチも爆笑させてくれたぜ。
なんでも吸収したりなんでも切り裂いたりなんでもぶっ飛ばしたり、アルドノアエネルギーはホンマになんでもありやね!

皇帝の宣戦布告を受けてイナホたちも正式に軍に編入されることになり、イナホとインコはパイロットに、カームは整備士、ニーナたちはブリッジ要員になったけど、ライエはまだ自分の立ち位置を決めかねている模様。姫様に反感を持ちつつも、立場や感情の面からすぐには地球側に立つ事もできない。いいよね、こういうキャラがいるのも。

死んだ鞠戸の同僚はマグバレッジ艦長の兄だったそうだ。
鞠戸くんはこれほどまでにPTSDとサバイバーズ・ギルトに悩まされてるくせに、どうしてあんな斜め上からの物言いしかできないんだろうか。
今回だってイナホが撃ち漏らした最後のロケットパンチを撃ったのは「鞠戸か!?」と思ったのにスレインだったので、結局コックピットで震えて終わりだったんだろうか。だったらそのへらず口を男らしくつぐんどけやと言いたいわ。

でも鞠戸の「ダメなくせに偉そう」な揶揄にも全く動じないイナホはやっぱり冷静無敵超人だ。
しかもそんな冷静なイナホくんも、怪我人のユキ姉が出撃すると知った時は動揺を隠せない。そういう人間味もいいんだよねー

アルドノアエネルギーについても少しずつ明かされてきたし、火星側の駆け引きも面白いし、偉そうで鼻につくのに、力に驕ってとてつもなくバカな火星騎士たちも楽しい。
何よりイナホくんとスレインがいよいよ出会うのかと思うとそれもものすごく楽しみ。ライエがどうするのかも楽しみ。
とにかく楽しみ。楽しみ過ぎてつい長々とレビューしちゃうほど楽しみ。

あ、そういや同じロボットアニメのアルジェヴォルンは墓地でうだうだやってるシーンで「もういいや」と思い、視聴中断しました。ますます0083っぽいんだもの。

今はやっぱりテロルとアルドノアだな。
そのくせ「月刊少女野崎くん」が相変わらずのゆるゆるな破壊力で心を揺さぶる。担当ェ…
「ジョジョ」は期待通りのデス13。あのクソッたれのガキも実にこにくらし~
今回が初見の人は、先週私が言った「ストレスが高い話」という意味がおわかりと思う。
でもそこは頭脳派の我らが花京院。きっちりカタがつき、ばっちりオチがつくのでお楽しみに。

そういえばMXでマギの「シンドバッドの冒険」の特番をやってたな。
少年シンドバッドと一緒に冒険するキャラが杉田だったので「ふーん」と思ってたけど、途中で「あれ?杉田ってシンドバッドの仲間にいなかったっけ?」と思ったら、あの妻子持ちの竜なんだね。え、この子があの竜人になるのん?
で、次はジャーファルの「黒歴史」なのね。
MXはシンドバッドのOVAが1クール分くらい溜まったら放映する気じゃなかろうか。

一言投票所

漫画&雑誌「ハイスコアガール」
◆押切蓮介さんのハイスコアガールが著作権違反でまさかの全巻回収に。アニメ化まで決定してたのに許可取ってなかったんかいスクエニ… このまま打ち切りなんてことになると凄く残念です
さすがにビックリしましたね、この「俺クォリティ」には。
ホント、何してたんだって感じですよスクエニ。家宅捜索が入って初めて事の重大さに気づくとか、いくらなんでもゆる過ぎるわ!
アニメもダメになっちゃうんですかね。もしそうなったら、原作は読んでないのでアニメを楽しみにしてたのに残念。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆http://crossange.com/staff/ プクタンに仕事があると話題に
あっ、ホントだ、なんか名前が載ってる。
クリエイティブプロデューサーって。営業メインのプロデューサーと制作メインの監督を繋ぐのが一つの役割じゃないですか。一方で儲けを出し、一方で作品の質を保つという、ものすご~くバランス感覚が必要な仕事だと思うんですけど、できるんですかね、ヒットが確実だった作品の統括すらできないプクタンに。

その他「アルドノア・ゼロ」
◆圧倒的に戦力の劣る主人公が知略を尽くして敵に勝つ、という設定が痛快です。思えばロボット物は、「主人公が最高のポテンシャルのメカに搭乗する」というパターンが圧倒的に多いんですよね。それはそれで楽しいですけど。あと虚淵は、好き嫌いはともかく「次回が早く見たい」と思わせる才能は毎度満点
仰るとおりですね。最強のワンオフ機に搭乗する主人公がバッタバッタもいいですが、オーバーテクノロジーで襲い掛かる敵に知恵と知識と勇気と度胸で挑みかかるのも大好物です。イナホくんの冷静さパネェっす。
あとこれ、3人目まで出てきましたが圧倒的戦力に胡坐をかきすぎた火星騎士がアホ過ぎます。
そのうち理知的で冷静な騎士も出てくるのでしょうが、もうしばらくはアホのオンパレードだと楽しい。

◆今回もイナホくんTUEEEでしたが不思議と嫌味がなくて素直に「SUGEEE」と楽しめてます。真っ先に助けに来たのがライエだったのが意外でした
相手の力を利用し、水蒸気爆発を起こすという戦法に、ジョジョだったら「窮地に陥った人間に残されたもの、それは勇気!!!」とか煽りを入れそうだと思いました。名付けて「負けて勝て」作戦とでも言いましょうか。
ライエが助けに行くところの演出は上手でしたね。その前にカームたちが「迎えに行こうぜ!」と言ってたので、当然彼らだと思うじゃないですか。なかなか意表を突いてくれます。

今週もめっちゃ面白かったですね!今回は「撃ち落せないなら軌道を逸らせばいいじゃないの」作戦ですね。撃ち逃しても弾切れでも超冷静なイナホくん。まぁついにこれまでにないほど大きな「奇跡」が起きてしまいましたが、もう一人の主人公ともいえるスレインとの化学反応が楽しみです。

映画
◆ゴジラ、All you need is kill を見て来ましたが両方とも中々面白かったです。あとは、結構前に見たものですが、WOOD JOB!が面白かったです。そちらは原作も映画を観た後に読んだのですが、おすすめです
ゴジラはアップしました。ついでに見たのにレビューをサボってた2作品も更新しました。
「WOOD JOB!」ってのは、「のうりん」で言えばウッドマン林太郎(CV檜山)がやってる仕事ですよね。
映画はこのところ全然見てないので、後半は少し頑張りたいです。来週はマーニーです。

映画「ゴジラ」
◆ゴジラ新作、見に行きました。べた褒めではないけど怪獣王の帰還にふさわしい出来でした。主人公役の人がキックアスのひょろい兄ちゃんだったことにびっくりムキムキになったなあ
私も見ました。アップしましたのでぜひレビューをご覧いただければと思います。
キック・アスのにーちゃんは私もビックリしましたよ。何しろあの時はひょろひょろのギークが「弱いけどそのおかげで頑丈になった」ってのがウリだったんですもんね。

その他「ハマトラ」
◆ハマトラの制作会社が変わったのはそういう企画だったみたいです。NAZ(1期)はラルケ(2期)から独立した会社ですし岸監督と熊谷脚本は同じですし。しかしなんであんなに1期くだらなかったんだろう…(つまらなかったともなんか違う)。2期は普通に面白いです。
へぇ、普通に面白いですか。
私は3話目くらいまでしか見てませんけど、モタつく展開、おもしろみのないセリフ(ギャグも空回り)、立たないキャラ(姿は奇抜)に加えて、ハルクくんの話のようなお粗末な脚本にあきれ返り、「ないな。切る」と思いました。
というか、「つまらなかったとも違う」ということは「くだらないけど面白かった」ということですか?化けたのかな?

***更新***

映画視聴感想
アイアンマン3 UP
塔の上のラプンツェル UP
GODZILLA ゴジラ UP
2014-08-10 Sun 01:55
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
眠いです
先週の土曜日も暑かったが、今日も暑かった。
今日は先週やるはずだったベランダの水掃除。もうじきマンションの外壁工事に入るので、その頃には床のタイルを剥がしたり物を片付けたりしなければならないのは気が重いのだが、窓やタイル、排気ガスで真っ黒になった壁や天井を洗い落としていくのは気持ちがいい。
例年びしょびしょになるとわかっているので、今日は初めから水着でレッツラである。暑い事は暑いが、すぐに水を浴びられる状態なので結構楽しかった。
ついでにエアコンとトイレも掃除し、午後は疲れて昼寝。クーラーをつけてなかったので「暑いわ!」と起きたらもう6時近かった。

いやー、夏だなぁ。

アニメは「ガンダムW」を2週溜め込んでしまった以外は追いついております。
「残響のテロル」が面白くてチビりそうです。
あのどうしようもなく暗い雰囲気、そんな中にあるニヒルな笑い、それでも絶望しかないのでは…と思わせる陰鬱さ。
さらに私自身、世界の神話が大好きなのでスピンクスの謎に関わるウンチクが楽しくてたまらない。
やっぱ力あるよね、渡辺監督って。

そして再放送なのに夢中で見てしまう「サイコパス」
王陵璃華子のすっとばしはとても残念。棒読み真綾にとって、棒読みゆえに不気味さが増す珍しいハマリ役だったのに。
飛ばされた先はユキが殺されるあの嫌~な事件。サイコパスの犠牲者の中では縢くんと同じくらい、ユキさんは可哀想。
特にユキさんは本当に純粋に「ただ巻き込まれた」だけの人だもんね。常守の知り合いという条件なら、もう一人のメガネでもよかったわけじゃん。狡噛とのコンビも意外とよかったので、余計に可哀想だったなぁ…

ったく、佐世保のサイコなガキのせいでいい迷惑だ。
女にはあまりシリアルキラーやサイコパスは出ない(ゼロとは言わないが)というのが持論だったけど、今回の事件はそれに近いんだろう。ただし、私はヤツの言うように、本当に「死体を解剖してみたかった」からだけではないと思っている。

とんでもなく頭のいいヤツらしいので、「子供は純粋である」「子供は更生できる」と思ってる阿呆な大人をたぶらかし、まんまと医療少年院送りになるのだろう。
だって彼らは子供たちに「騙されたい」のだ。子供たちに殊勝な態度で「ごめんなさい」とさめざめ泣いてほしいのだ。
またどうせ「アスペルガー」とでも診断しておしまいなのだろう。

「父親を尊敬している」と報道された(あくまでも報道で、だが)セリフにぞっとした。尊敬なんかできるわけないだろう。
バットで殴りかかったからではない。母親の喪すら明けていないのに、さっさと別の女と結婚する男を父親として許せるわけがない。戦前や封建時代じゃあるまいし、年頃の娘がいる男が普通やることか。常識で考えても冗談じゃないぞ。
なのに「尊敬している」だなんてよくも言えるものだ。その方が阿呆な大人の心象がいいなど、何かしら都合がいいのだろう。

過度のストレスに加えて、仲がよかった被害者を刻むきっかけがあったのだろう。
なんだっていい。佐世保には他愛もない一言でカッターナイフが貫通するくらい友達の首をぶっ刺す小学生もいたので、きっと非常に「心の沸点」が低い街なのだろう。

そして恐らく、ヤツは犯行に至った本心を絶対に絶対に明かさないに違いない。

むしろずば抜けて頭がいいらしいこいつが、もう少し衝動を抑えられたなら、医学部に進み、しまいには厨二病の作者が大好物の「ラノベに出てくる刻み放題のサイコでキ印の変態医師」ができあがったろうに。
医者になって「いい仕事をする」のではなく、「自分に都合のいい」仕事をする医者になったんじゃないかと推測しているので、そこんとこよろしく。

児相や両親に「こいつはヤベェ」と忠告していた精神科医は、犯行は止められなかったものの、よほど目利きで腕がいいのではないか。名を挙げたということで今後めっちゃはやったりして…あ、違うか。
外科なら名医だけど、自分が「殺人するかも」って見抜かれたら困るから逆に誰も行かなくなるのかな、この病気の人は。

バトルの全くないペルソナも意外と面白い。キャラが全部馴染みなので、何のストレスもなく見られるのがナイス。
そして相変わらず放映されたらすぐに見たくなるダントツは野崎くん。なんだろう、やっぱり好きだわ~、これ。

男性声優人気投票
杉田智和
♥久しぶりに銀魂1話を見ましたが、声がみんな若いですね!声とかテンポとか全体的にふわふわしてました。今度ジャンフェスで一話だけ復活とか。制作陣が仲好さそうなのが伝わってくるので、最後までアニメ化しないかなぁと思っております。
銀魂は最後こそスタッフもこなれて好き放題やってましたけど、1期はスタッフから何からすっげー緊張感が伝わってきて、視聴する私もハラハラしてました。今だから言いますけど、ノーパンしゃぶしゃぶのように規制は入るし、セリフや話に変に気を遣いすぎてるから、ぶっちゃけ「つまんなかった」んですよ。そっちの意味でハラハラしながら見て、「ああ…今週もつまんなかったわ…」と絶望してました。こりゃ半年で打ち切りだなーと。

あー、杉田は主役だったけど、同時に始まったハルヒのキョンの方で大ブレイクしちゃったんですよね。
でも今思えばむしろその方がよかったのかもしれないですね。ハルヒの爆発的人気に比べて、銀魂は低発進だった反面息も長く、当たり役でしたね。
くぎゅも人気絶頂の頃で、ツンデレ声優の名を欲しいままにする中で神楽でしたからね。当時は「くぎゅぅ~?」という感じ。
坂口新八もハマリ役だし、石田彰のやってる役で一番好きなのはヅラだし、新撰組のキャストもこれ以外ないと思います。

ホント、私もそう思います。ぜひ最後まできっちりアニメ化して欲しい作品です。

その他「松岡禎丞」
♥この頃好きでラジオや動画を見ているのですが・・・会話がすごい苦手なんですね。でも演技になると真面目に語ってしまい周囲が引くという・・・M5の松岡くんが地味に好きです。低音ボイスが好きかな。
私が彼を知ったのは当然SAOでしたが、「何これ、読めない」と思ったまま、ずーっと読めないままにしていました。
「よしつぐ」さんなんですね。すぐ忘れそうだけど。
ベースは鼻声で、高音と低音のミックスが面白いですよね。高音は澄んでいるのに、低音はガラガラしているので、それがダブルで聞こえて変わった化学反応を起こす。特徴的なので、声優としては得する反面、損もするかもですね。

女性声優人気投票

日笠陽子
♥今日7月16日はナイムネンタープライズ フラット3の一角 ひよっちの誕生日であり「ナイムねの日(無い胸の日)」と覚えれば多分一生忘れないと思う
長年、どうして女性のシャツやジャケット、コートには胸ポケットや内ポケットがないのかと不満に思っていたのだが、普通は女にとってそんなものあったら邪魔で困るんだとようやく気づいた。




…………じゃ…邪魔…?

♥蟲師、よかったですね。抑え目の演技で、あんまり日笠さんっぽくなかったです。名前からキャスティングされたんじゃないかとも思っちゃいますね。
日照る雨、よかったですね。ナガレモノに憑かれてしまった哀しみを押し殺しつつ、ギンコの言う通り「うまくやれてる」強さが滲み出ていてとてもよかったです。いつかあの優しい彼と所帯が持てるといいなぁと思いました。現実には狭い村では家族や近所の手前もあって、彼女を待ちきれずに隣のみよちゃんと結婚して子作りしてそうですけどね←黒いわ!

一言投票所

その他「寄生獣」
♥色々言われていますが原作が20年も前のものですし、時代を現代に合わせて改変するのは全然いいんじゃないかなと思います。スケバンなど、今のアニメで出てきてもギャグのように見えてしまいそうですしね。
学ランがブレザーになったり、シンイチがメガネ男子になったり、村野がハイソガールになったり…
いいんですよ、別に。PCや携帯やスマホが出てこなきゃおかしいし、三折ソックスとかスケバンとか絶滅してるんだし。
何があったって別にいいです。どうしてもダメだったら見なければいいだけの簡単な話ですから。

でも「ミギー=平野綾」はないわ。それはないわー

♥寄生獣、実写のPVとアニメのキービジュアルが発表されましたが… アニメのキャラデザが違いすぎますし、スタッフから漂う残念感が半端ないのですが… 実写の予告は面白そうなんですが、役者のインタで「寄生されながらも奇跡的に感情が残っている」なんてコメントがあってやっぱり不安です
そうですね、物語はそのままに、世界観を現代に合わせてくれるのは寧ろ有難いことです。 米村さんのシリーズ構成では仮面ライダーカブトとガラスの艦隊のイメージが強くて、拒絶反応が先に出ちゃいました

実写版は「うわ、すげー」と思いましたが、確かにアニメは別物っぽい感じですね。つか「セイの格率」と副題がついていることから、スピンオフ的な部分も多いんじゃないかなと思ってます。

それより私にとって最大の衝撃は平野綾でしたよ。はあああああ?って感じです。
これなら誰か俳優さんにやってもらいたかった。劇場版のCVはまだ未発表ですが、そっちが俳優なら同じ俳優でいいのに、リュークみたいに。あ、けどもしかしたら女がやるのかなぁ…女ってイメージは全くなかったけどなぁ…

山崎監督は「この人がゴジラやったらいいのに」と思うくらい「続ALWAYS」冒頭のゴジラがすごかったので、いいんじゃないですかね。脚本も古沢良太だしね。
アニメ版は…うーん、確かに米村は…監督に期待ですかね。聞いたことない人だけど。

その他「和製メアリーベル」
♥ 佐世保の女子高生殺害事件がなんとも恐ろしい・・・加害者の女子高生がメアリーベルを彷彿させるタイプでゾッとしました
堂々と出ましたね、女のサイコパス。夏だからね。
被害者にとってはこんなの防ぎようがないですよね。相手が男だったり集団だったら警戒のしようもあるのに、無防備なのが当たり前の状況ですもんね。警察はもっとエグいものを掴んでると思いますが、我々は報道でしか知りえないものの、ヤツの言動を聞くと弁護士や女性警官や精神鑑定医などはコロッと騙されそうな雰囲気を持ってますね。あーあ。

その他「ハンタ」
♥そういえば、「ガンダムW」や「HUNTER×HUNTER」はどうなったんでしょうか?
ハンター見てますよ。蟻編は無事終了しましたね。声優さんの演技も、後日談の入れ替え演出も非常によかったと思います。
アルカ&十二支ん編も、旧ヒソカがパリストンで出てくるとは意表を突かれましたが楽しんでおります。

ガンダムWはですね・・・まぁもうここまでつきあったのでやめることはないですが、言っていいですか。

クソつまらん!

もー、本当につまらない。うじうじグダグダ話が進まないし、キャラクターにはひとかけらの魅力もない。
それでもヒイロ、カトル、デュオ、トロワが出てくればもつんですが(五飛はいてもいなくても大して変わらない)、何しろこいつらがあまり出てこない話も多い。私が政治的・軍事的なストーリーが苦手とか嫌いではないことは、ここに来てくださる方ならおわかりと思いますが、それをさっぴいてもまー面白くないこと面白くないこと。

まず話が面白くない。キャラに魅力がない。進みがのろい。先が全く気にならない。
ホント、ちょっとサボると溜まる積録を消化するのが苦痛です。

その他「制作会社変更」
♥ 「制作会社が変わる」:パッと思いついたのは「みなみけ」ですね。1期終了から1週間後に始まった2期は別の制作会社でした。あと「うる星やつら」は放送期間中に変わっていましたね(ぴえろ→ディーン)。
あー、けどそれって最初から2つの制作会社で作る予定だったんじゃないですか?
あれがそうでしたよね、「屍姫」の赤と黒。
ならハマトラもそうなのかな?
うーん、評判がよくて人気が出たから急遽続編作るとも思えないし…だったら元からそういう形態だったのかもしれませんね。

その他「月間少女野崎くん」
♥>野崎くん ギャルゲの主人公の男友達が主人公より遥かに良い奴で、いつの間にか主人公より男友達の幸せを願ってしまうその気持ち……分かる、分かるぞ…
はー、そういうもんなんですね。
それにしても野崎くんではそれぞれキャラが濃過ぎて、同じく十分濃い(何しろ中身は少女漫画のヒロインキャラ)はずのみこりんが、なぜかマスコット的可愛さを誇っているのは何故だろう…

ゲーム「スパロボ」
♥スパロボ>原典でシャアの情けないマザコンぶりがあってこそとはいえクロスオーバーの醍醐味で実に壮観。ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm23383442
シャアについては後付け設定が多過ぎて、放映当時、あの時代に見た時の印象を絶対に忘れないようにしようと心に誓っている。「シャア像」がおかしくなり始めたΖとかΖΖとか逆シャアをリアルタイムで見なかったのも、今思えばよかったんだと思う。

ジョジョの奇妙な冒険 (2013年4月終了/2014年2期開始)
♥ドネルケバブ…縁日で一度だけ食べたことありますが、ジョセフのような値上げ交渉はできなかった(しなかったです)w  美味しかったけどチリソース限定だったので砂漠の虎さんお勧めのヨーグルトソースが味わえなかったのが残念
私は羊肉が嫌いなのでビーフやチキンでないと食べられないんですよね~、ケバブ。
中央アジアのシャシリークは牛肉だったし、めっちゃくちゃおいしくて好きです。ビバ中央アジア。
ヨーグルトはもともとあまり好きではなく、腸のために努めて食べようとでかいのを買っても必ず食べきれないんですよね。
でもトルコやギリシャのヘビーなのに酸っぱくないヨーグルトは大好きで、あっちへ行った時はむちゃくちゃ食べます。ホントに美味しいんですよ。ヨーグルトをソースにするという意味もよくわかります。マヨネーズなんぞよりよほどうまい。
なお、発売された当時、甘いヨーグルトしか知らなかったので「何これ、すっぱっ!!」と思った老舗のブルガリアヨーグルトが、巡り巡って一巡し、今は一番美味しいと思います。

次回の「デス13」は、花京院好きなのですっげぇ楽しみにしてます。ストレスの高い話なので、最後にスカッとするのが好きだ♪

2014-08-03 Sun 00:54
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
サヨナラはカチガツのララバイ
8月なのでテンプレも納涼っぽくしてみました。
佐世保事件のせいで今日の王陵璃華子の回がすっ飛ばされるとのこと。残念だけど、まぁ再放送なのでよかったかも。

またちょろっと忙しいような忙しくないような…アニメは全部追いついております。
もちろんキャプテンアースは積んでますけど。ここまで積むともうダメかな。見ないよなぁ。

明日は一日中出張で、夜は前の職場の諸先輩方と食事会なので、ブログは更新できなそう。
土曜日は先週のトレーニングと交換し、今度こそベランダ掃除なので1日ずぶ濡れ状態ッス。はなっから水着ッス。

人間とは何日何ヶ月会わなくても喋らなくても平気だが、犬や猫に会わないと禁断症状が出そうだ。


2014-08-01 Fri 00:52
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| HOME |