FC2ブログ
2014/02/06 (Thu)  01:27

トイレは迅速に!

トイレに行くのが嫌いである。
もともとトイレも遠く、朝起きて行き、22時頃にふと気づいてトイレに行ってぎょっとすることも珍しいことではない。
水分そのものは汗として分泌されているのだろうが、やはり体に悪いのでマメにトイレに行かねばと思うものの、気づけば8時間、10時間もザラである。

家のトイレは居心地のいい空間にしてあるので苦痛ではないが、外でトイレに行くのは本当に好きではない。
思えば女子が鏡に群がっているあの空間は昔から嫌いであった。
小学校は男女一緒だったから、トイレは「さっさと用を済ませる場所」だったのでよかったが、中学校から先はいけない。
女どもが連れ立って行く場所、先輩と絶対に一緒になってはいけない場所、ツッパリども(ヤンキーにあらず)がたむろす危険な場所だったので、できる限り行きたくない。
高校は普通だったが、それでもなるべく行きたくない場所ではあった。それは今でも同じである。

しかし昨年異動してきて、イラつくことがある。
フロアにあるトイレの3つある個室が、いつも塞がっているのだ。
何しろほぼ8割、すんなりと入れたためしがない。
それでもまだ和式は空いていることが多いので、私はほとんど和式を使っている。つか和式とかイマドキ…(尾篭な話だが、人間ドックの検便時は便利)

以前いた職場は100人職場で、しかもトイレはもう一つの50人職場と共用、それどころか一般にも開放していたため、ヘタすると何百人単位が利用する忙しないトイレだったが、4つ全てが埋まることなど、イベント時以外はなかった。
ましてや私はトイレが遠く、仕事中行っても2回、下手したら1回行くか行かないかである。

それなのに今のフロアのトイレは、いつもいつも塞がっている。
私の前の人が和式を使い、私が同じくその和式で用を足して出てきても、2つの洋式からはどちらも出てくる気配がない。

何してるんだよあの中で女はよー!(怒)
中で1回全裸になってションベンしてんのかおまえらはっ!!!!

マジで上から覗いてやろうかと思うくらい出てこないヤツがいるんだよ、ホントに。
男と違って「個室=排便」ではないので、そこまで時間はかからない。そもそも男と違い、外で排便する女性は(いないとは言わないが)緊急事態はともかく、かなり少ないものである。その根拠は、「個室の共有率が男性より圧倒的に高い」ためだ。
男性が何気なく、「人が出たばっかりの個室って使うの嫌だよなー、なんとなく」と笑っているのを聞いて、女だって嫌だけど個室以外使えないからなー、と改めて思った次第である。
ま、その緊急事態が生じたため、排便臭をごまかすために長居せざるを得ないことも確かにある。(女性には女性の苦労があるのだ)とはいえ10分以上もデオドライズする必要はないだろう。

その塞がってる洋式をもっと前から待ってる人がいて、和式を使った私が外に出てもまだその人は待ってるから、怒りを禁じえなかった私もどんな女だろうと思って外で見てたんだよね。(仕事サボってヒマだな私も…)

中でスマホいじってんのかね?5分はたっぷり出てこなかったね。
私と私の前の人と、多分その前から待ってるんだから相当入ってたんだぜ。思わずじっくり見ちゃったよソイツのこと。
具合が悪い?絶対違うよ。フツーに元気そうだったもん。
そもそもそこにいたってよくなるものでもないよね。本当に具合が悪かったとしても、大人なんだから的確な判断しようよ。仕事に支障をきたすくらい具合が悪いなら、トイレじゃなく家に帰るか病院行けよ。

しかももっと恐ろしい事に、もう一つの洋式はついに私が外で待っている間、誰も出てこなかった。
さすがに私も仕事に戻らないとヤバいギリギリまで待ったけど、最後まで出てこなかった。信じられない。
こういう事が続くと、緊急事態の時は水ぶっ掛けてやろうかと思うくらい腹立つわ。
特に私はドア閉めたらそこから遅くとも3分でトイレから出たいクチなので、トイレで長居してるヤツの気がしれない。
そんなヤツが「清潔」だの「除菌」だのってうるさいんだから、チャンチャラおかしいんだよ。

ちなみに下の階は殺人的に忙しい部署で、職員も私のフロアの倍はいる上にお客さんも多いのに、ここのトイレはいつもガラガラだ。
多分忙し過ぎてトイレに長居している時間がないんだろう。
そして上のフロアは事務室がないため、これまたガラガラである。

私はいつも混んでいてイラつく我が階のトイレではなく、この上のフロア御用達なのだが、現在改装工事中で使えない。
それゆえ仕方なく行ったトイレで「いつも満室」にイラッとくるのだ。
早く工事を終えてくれないと、本当に「もしかして中で倒れてるんじゃない!?大変、早く助けなきゃ!」と大声で言いながら上から覗くか、水をぶっ掛けて逃げそうだ。

すいていようが混んでいようが、トイレの個室でのんびりするクセのある人は、ホントに迷惑だからやめましょう。

【スペース★ダンディ】
かかかかかか、格好いい!
ダンディがダンディ過ぎて格好良くてマジしびれた!

おっぱいじゃんよ&尻じゃんよだったり、ラーメン屋で暴れまわったり、凶悪宇宙人にてんでいいとこなかったり、とことんダンディじゃないところしか見せてなかったくせに、前回のゾンビ回といい、今回の「宇宙のダンディ」といい、やはり侮れない。
ゾンビ回は迷作にして名作?と思うのだが、今回は意地っ張りで孤独なザワさんのアデリーがとことん可愛く、ダンディは飄々としながらもとことん格好よく、30分(正確には22分)の中に「起承転結」がきちんと盛り込まれ、往年のロードムービーそのものの見事さで感動まで奪っていった。
ジェンツー、アデリー、フンボルトと悉くペンギンの種類があちこちに出てくるのもカワユス。

まぁ一番の驚きはこれが最近、ギルクラやヴヴヴのせいでブーイングを一身に浴びる大河内一楼脚本だったって事なのだが、もともと彼を知ったのがプラネテスの私にとっては、ガンビルの黒田同様「やればできるじゃん」という感じである。(谷口と組んで名声を掴んだ人は、谷口と離れるとなぜ迷走してしまうのだろうか…)

【ウィッチクラフトワークス】
ハーレムが悪いとかではない。ヘッポコ魔女がほんまにヘッポコなのでそれも悪くない。逆にいい。
鬼強い火々里さんもいい。クギュノワールも白能登も、蛇髪メデュー沢城も悪くはない。

では何が問題か。決まっている。答えはひとつ。

多華宮くんが気持ち悪い…

お姫様抱っこもなよなよぶりも女みたいなほわほわ感も、全てが吐き気をもよおす気持ち悪さ。
こんな気持ち悪い男キャラ初めて。マジで気分悪い。気持ち悪い。むしろいっそオカマならいいのに。

そして止めを刺したのが、どこかのスレでの誰かの一言。

「俺も守られたい」

うぁー、マジでだめ!マジで気持ち悪い!ジェンダーに偏見があるわけじゃないけど、これはダメだ。ゲロ吐きそう。

谷口の絵コンテだったんだけどねぇ…すまないが、限界なのでここで視聴落ち。

【バディ・コンプレックス】
「妹が世話になったな…青葉…」

自分を責め続けているディオを思いやるフィオナがいい子過ぎてちょっと感動した。
ひねくれた作品だと、表面はそんな事を言いながら途中で母と自分を守れなかった兄に本音をぶつけて決裂するなんて恐ろしい事がありそうだけど、この作品はそういうのはないかもな、王道過ぎて。

つか、何しろ王道過ぎて古臭くさえ感じるんだよ。シゴキの後の歓迎会とか。まぁこのシゴキがぬるいってのがまた現代風なんだけど。

青葉の「雛雛病」は相変わらずウザかったけど、ディオが冷静なので救われる。
シグナスの離脱を援護するために、カップリングの後、2機がシグナスを先導して背中合わせで高速飛行したんだけど、高出力シールドのような役割をも果たす模様。つーかもうなんでもアリだなこのカップリングは!

それにしてもあっさり放棄された千歳が非常に気になるのだが、ディオと青葉はフィオナが無事ならそれでいいようだ。
「フォローして欲しいなら素直にそう言え!」
「なんだよっ、その言い方!」
まだまだぎこちないながらも、カップリング漫才も絶好調。

そんな中、2人の前に新たなカップラーが出現だ!

てめぇ、笑い死にさせる気かこの野郎サンライズ!カップラーてアンタ…

【ウィザード・バリスターズ】
あの刑事が怪しいのはいいとして、あの兄弟はただの真快楽殺人者で、単に取引しただけなのか?

未確認で進行形も落ちた。
ディーふらぐも落ちた。
ノブナガ・ザ・フールも落ちた。
ハマトラも落ちた。
いなり、こんこんも落ちた。
続きそうだったウィッチクラフトワークスまで落ちた。

しかしなぜこれは未だに残っているのか…
イライラしたりムカムカしながらもなぜ残っているのか…

【となりの関くん】
宇沢くん、ナイス!
やっぱこういう無敵キャラにこそ、天敵がいないとおもんないわー

【弱虫ペダル】
えええええ!?そこ!?そこで終わる!?

【うーさー】
鮮血ぅぅぅぅぅ!

…どうりであっちがあのEDなわけですよ。

【ハンタ】
このあたりを見ていると、この後のゴンの運命や、キルアを待ち受ける「強化系」との戦い、王VSネテロ会長の結末とか、戦いそのものの決着とか、色々思い浮かぶのだけど、それにつけてもことごとく、「ウェルフィンは正しい道を選択しやがるなー」と感心する。この道が正しいのかどうか、辿っている時はわからないものだけど、読者にもなんでこんなにウェルフィンの心理に時間を割くのかわかりかねるあたりだったんだよね、このへんは。終わってみれば「や・ら・れ・た!」って事になるわけだけど。作者のしてやったりを隠しながら掌で転がされるって、悔しいけど気持ちがいい。

【ガンダムビルドファイターズ】
魔王、敗れる!

うーん、いいバトルだった。マオの涙に、もともとマオとXを応援してた私もちょっとグズッときてしまったよ。
「悔しい」というのは頑張ったからこそだからね。そもそも何も努力しなかったなら、負けても失敗しても別にどうってことはないものだ。(だからどうにも自信のない人は、負けても失敗しても傷つかないで済むように、どこかで言い訳しながらさりげなく手を抜く)

シールドで相手のパワーを吸収し、蓄積したプラフスキー粒子をディスチャージするセイ・レイジ組に対し、マオはソーラーレイを使って太陽光と共に周囲のプラフスキー粒子を吸収し、それをコンバートすることでサテライトキャノンの連射を可能にするという荒業で挑んできた。マオのイメージバトルでも、レイジの反応なら避けられてしまうと踏んだサテキャだけど…連射できても結果的にはことごとく避けられちゃったね。

そんな斬新なるプラフスキーの使い手ともいえる両者が、互いに最初に虎の子の武器と防御を奪い合うのも意外だったなぁ。けどそれによってバトルが面白くなったのは確かなので、結局アナログこそが一番なのかしらん。
その後も飛び道具を失って、サーベルでの鍔迫り合いも勝負がつかないのでどうするんだろうと思ったら、マオはチャージしたプラフスキー粒子を大剣のごとく出力する「魔王剣」、セイたちはエネルギーを拳にこめる「ビルドナックル」でぶつかり合う。

互角に思えた両者を分けたのは何だったんだろう。
ガンプラの強度の差か、呆然となった一瞬の隙か、ダメージコントロールとファイトの役割分担か、それとも想いの差か…
「セイとレイジが勝つのは主人公なんだから当たり前」と、簡単には片付けられないくらい、心に沁みたバトルだった。

しかし惜しむらくは、師匠である和尚のCVが秋元だったらなぁということだ。クーロンガンダムなんだしさー
つーか、あのエロ坊主、マリューさん一択とかどんだけ!?そりゃいるもんね、中の人!!新規作画もしちゃうよね!

しかしガンプラだけでなくヒロインフィギュアも充実してたなぁジジィコレクション…00がやたら多いのは気のせいじゃろうか。
私はやっぱラクスが抜群に可愛いと思ったなぁ。露出控えめで清楚なのがいいんだよ。中身はとんでもなかったけど。
マオはチ○コ頭エマさんなんだね。部屋にはXのポスター貼ってあったのに、ティファじゃないのか。ティファも可愛いじゃん。キャラとしてはいまひとつなんだろか?
ちなみに毎回なんかしら出てくるGガンも今回はポスターで嬉しかった。SEEDはよく見えなかったけど(あれSEEDだよね?)

フェリーニはニルスに普通に話しかけてたけど、グレコの仇を取る気はあるんでしょうか。大分勝たないと当たらんが…
つーかさ、こいつがバスローブで窓辺に立ってるもんだからカーテンの陰から女が出てくるんじゃねぇかとどうでもいい事でハラハラしたわ(月曜日の18時台ですから!)
そして皆大好きアビゴルバインで挑んだ、いい人ことルワンさんがレナート兄弟に惨敗。あちゃー…

バトル中心ってことで女の子勢は少し寂しかったものの、ミサキさん再登場でマオとの距離は縮まる…のかなぁ?
しかしこの年の差でもめげないマオとよろめくミサキさんを「凪のあすから」の連中に見せてやろうぜぇ。
久々にレイジとの接点なしだったアイラたんはコマンドガンダムを相手にスナックぼりぼり。干物女か!

次回はレナート兄弟の戦術にさしものメイジンも苦戦か?ってなことで、ケンプファー好きにはたまらんちんな試合になること間違いなさそう。楽しみでワクワクが止まらねぇよ!!

一言投票所

スペース☆ダンディ(2014年1月開始)
◆ゾンビ回やっと見れました。ショッピングモール行きたいはずるい、ゾンビ回に限らずナレーションの使い方がずるい(笑)ゾンビアイランドとかショーンオブデッド見たくなりますね
Aパートではハラハラドキドキで終わらせて、Bパートで「全員ゾンビになりました」となっててまず吹きました。

あのナレーションはズルいですよね。
矢島さんはオカルト学院でまさかの出演に驚きましたが、久々にお声が聞けて嬉しいです。でもあの声聞くと思わず逃亡したくなっちゃうかもよ!

◆どこでギャグ来る?どこでギャグ来る?と身構えてたら、タイトル通り本当にダンディな話で終わって衝撃でした。ダンディって名前のキャラがダンディに活躍するだけだったのに、なんでこんなに自分は驚く羽目になるんでしょうか(笑?
すっげぇいい話でしたね!上質なロードムービーを見せてもらった感でいっぱいでしたよ。
アデリーを置いて出かけようとした時は、一瞬ムッとし、いや、まぁ所詮はダンディだもん、期待しちゃいけなかったとプンスカし、夜を徹してアデリーの祖父について聞き込みしまくっている姿を見て、激しく後悔した私がいますよ。
アデリーはきっととてつもない美人になると思うので、もうしばらく待っててあげなさいね、ダンディ。

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
◆プラモ発売の見通しがないアビゴルバインが発売直前のK9に勝てる見込みはないのです!(泣 とはいえ名人には負けてしまいそうですが。準決勝でアイラ、決勝は名人でしょうし。どこで大ボスっぽいエクシアなど、CEOの後ろのシルエット機体が絡んでくるのかが気になりますが
あっ、ホントだ!まさかのジムスナイパーk9予約受付中じゃないですか!!
キララさんといい、なぜこんなにジム推しなんでしょうか。MSV系はコアなファンに訴えかけるせいかナニゲに強いなぁ。

そもそもエクシアは誰が操縦するんだよってのも気になるところですよね。やっぱアリアン人かな?

◆組合わせを見て「ダラーラ対メイジンの熱い戦いが見られるのか?」と思ったのですが、双子のかませで終わってしまいました。フェリーニはニルスと戦うかと思っていたけどアイラの方に行ってしまいました。とりあえず「Cパートでいきなり負けていました」というのは、なしで。ちなみに私は逆襲のシャアのチェーンが好き。
ルワンさんはもうセイたちと戦っちゃったからなぁ…野球だったけど。(あとロワイヤルでちょこっとだけ)
この組み合わせではまだ見せ場のないレナート兄弟に軍配が上がるのは致し方なしかと。
確かに、フェリーニはアイラに瞬殺される可能性は十分ありますね。ってかセイたちの方に偏り過ぎだろう!
メイジン側に面白いキャラがいればいいんですが、どうかな?

チェーン・アギかぁ。アムロにベタ惚れで、クェスを怒らせて、ハサウェイに殺された報われない人でしたっけね。
私はトミノ作品の女ってとにかくハスっぱでゲスですぐ男とぐちゃぐちゃになるから嫌いで嫌いで…ロクなのがいないんですもの。

SEEDを好きになった理由のひとつが、「女の子がちゃんと女の子らしい!言葉遣いが丁寧!育ちがよさそう!すげぇ!」と思ったからですから。それくらい長年のアレルギーなんですよ。

けどターンAで凛として賢いキエルさんや器がでかいのに可愛らしいリリ様を見てようやく見直したかも。
あの2人はとってもよかったです。ソシエとかメリーベルとかポゥとかは相変わらずだったけど。

◆ガンダムヒロインの美少女フィギュアの中にしれっと紛れ込んでるSD三国伝登場のキャラらしきキュレベイ。いや、ヒロインには違いないかもしれないんですけど…………やはりスタッフは頭おかしい(誉め言葉)
私も思わず「ん?」と覗き込んでしまいましたよ。ナニゲにSDが優遇されてるのはSD世代も制作に関わる年齢になったってことなんでしょうね、V世代同様に。

◆マオが最初に動かしてたスペリオルガンダムは版権問題で難しいと聞いていたんですが、ガセだったのか製作陣が頑張ったのか………基本的に連邦製MSがピンク色の、敵側MSが黄色のビームを使う印象なんですが(F91は逆ですけど)、センチネルシリーズのガンダムはどこか神秘的なブルーのビームを使ってるのが個人的に好きです
最初見た時「Ζっぽいフェイスだなー」と思ったんですけど、スペリオルなんですね。知らんかった。
マオくんはフェリーニと違い、色々なガンダムを作ってお気に入りを絞っていったタイプみたいですね。
でも好きなヒロインはエマさん。こっちはあれこれ好きなキャラがいそうなフェリーニと違い、譲れない模様。

◆まさかな……パイオツカイデーの乳揺れ新作カットが観られるとは 視聴し続けて良かったじゃんよ
やっぱ一番はおっぱいじゃんよ!

バディコンで見た目も役柄もナタルさんみたいな副長が活躍してるので、ここは魔乳艦長の新規作画で巻き返しですよ。
何しろ中の人は本物ですからノリノリですよ。しかし「揺れが足りん!」と思ったのは私だけではないはず。ですよねー?

◆Wに続き、Xも格好良かったです。ド派手な魔王剣をも打ち砕くビルドナックル、恐ろし過ぎる… アビゴルバインは予想通り負けてしまいました…あまり情報の無いK9がどんな戦いを繰り広げるのか楽しみです(名人が相手では負けてしまいそうですが
面白かったですね!魔王剣はド派手でよかったけど、打ち破られてしまった。あれはセイのスタービルドストライク、あっぱれでしょう。

メイジンは勝ち残る運命でしょうが(私はケンプファー大スキーでもあるので)、レナート兄弟がかなり苦しめてくれるんじゃないかと期待したい。
そういやフェリーニ、マオがそうだったように、レナート兄弟も来週はこれまでの軌跡が描かれるんでしょうかね。

ゲーム「ロケみつ声優」
◆魔人學園作った所が春に出す魔都紅色幽撃隊、監督の趣味らしく昨今の声優らしい声優演技ではない雰囲気の出演陣ですが…ヒロイン役と相棒役が話題になってますねー不安半分、期待半分。でもがんばれとも思うブログ旅と沢城弟
へぇ、あのアスカな彼女が声優ですか。んで沢城の弟は…本物なんですか?

ロケみつは岡田桃太郎とお供のドミノが好きで見てたのに、曜日移動で結末が見られませんでした…
ホント、関西ローカルの番組をあちこち曜日や時間動かすのはやめて!

その他「女性のワガママ」
◆女性のワガママにになになさんは厳しそうですが、僕もそういうのは以前から拒否しています。面と向かって駄目と言い切ることも多数ですが、そういう甘い女性は、それを女性から言われるのと男性から言われるのとでは受けとめ方が違うのでしょうか?
面と向かって…どんな事をおっしゃるんでしょう?怖いわぁ(笑)

私は別に、モラルを守って節度ある行動をしてくれればワガママでもいいとは思うんですよ。
というかそもそも面と向かっては言わないです。なぜって面倒くさいから。

それに女性だけでなく、男のワガママも迷惑ですよね。
変なプライドをふりかざして知ったかぶりを繰り返したり、自分より立場がしたと見るや偉そうにしたりゴネたり、そのくせちゃんと仕事しなかったりとか。

となると男女関係なく、「やる事やれ、他人に迷惑をかけるんじゃない」と言いたいですね。
もちろん直接は言わないですけど。なぜって面倒くさいから(笑)

声優&俳優「無限のリヴァイアス」
◆アイドル声優ですごいなと思ったのはリヴァの丹下桜ですかねぇ。扉越しのあおいとの会話が女の情念に溢れていて怖かったです。さりげにリヴァには堀江さんもでてますよね。こっちもすごいビッチな女の子でアイドル声優によくやらすなと
丹下桜は全盛期を全く知らないので、イマドキの子が40代50代のおっさんおばはんに「松田聖子やキョンキョンはすごい人気だったんだよ」と言われて「へー」と答えるような状況です、私も。声質自体もあまり好きではないですしね。
くだらない理由で強姦されてしまうこずえといい、ほっちゃんが演じたミシェルは身売りをしていた上に、ブルー失脚後は男たちにやられまくるエグい役でしたね。
スクライドのシェリスといいプラネテスのクレアといい、はっきりした描写は絶対にしないんですけど(だからずっと気づかない人も多い)、谷口は女が悲惨な目に合ってきたというバックボーンをよく作ります。C.C.も然り。むしろ完全に飾り窓の人だったガンソのファサリナさんはわかりやすかった方です。
2014/02/03 (Mon)  00:32

明日で2年ぶりに天中殺とお別れだぜぃ!

占いなんか信じないけどさ。
とはいえ、なんかもう、ホントに色々うまくいかなかったけどねー。特に去年は本当に酷かった。
新年早々愛犬を失った上に、クソつまんねぇ仕事(世間的にはグレードアップなのだが、気ままスキーな私としてはごめんこうむる)に異動して、マジで私ももう終わりじゃないかと思う状態だったからさ。

でもやっぱり私は占いなんか信じないね。
だってやっぱり「的確に」努力をすれば、物事はなんとかなるもんだからね。
いくら努力しても残業しても学んでも上手くいかない人は、天中殺だからじゃなく、そもそも努力のベクトルが間違ってるわけだから考え直した方がいい。エネルギーの無駄。

じゃ、午未天中殺の皆、あとはヨロシク!(信じてんじゃねーか)←ウソウソ

しっかし昨日とおとといの肉体労働により、微妙に肩と腰が筋肉痛…
しかし最近の自主トレにより股関節の可動域がまた広くなったので、すさまじい運動不足時よりは楽。

お互いに日本国内にいるのに、英文でしかやり取りできないメールってなんなのだ?
こっちのメールがローマ字でしか読めないので、英文の方が早いんだけど…と言われる。
ちょっと、教えて、OCNの人!(英語苦手だから困るんだよマジで)

【マギ】
と…トロい。いつもながら展開がトロ過ぎてイライラする。
レームもマグノシュタットも、どっちも正しいところがあってどっちも間違っているところがあるのはすごくいいんだが、肝心の主人公・アラジンの心情と取るべき態度がさっぱり伝わってこないのでイライラしてしまうのだろう。
「薙ぎ払え!」
どうしたばけものー

また舌戦で負けるティトスもどうかと思うが、ファナリスの真っ只中にいきなり現れるアラジンもどうかと思う。
ここでアリババくんが絡むとさらにややこしくなりそうなので、トロトロ展開に拍車がかかりそうなのが恐ろしいわ。

【ノブナガン】
ムチャクチャしつつも健闘したシオは、ジャックのいる第2小隊に配属され、ニュートンやガンジー、ガリレオとは再会し、ヴィドックや戴宗とははじめまして。脳味噌ウォッチしつつヤキソバパンを食べるハンターってのも出てきたな。
キス魔ニュートンは萌え系やエロアニメにはよくいるタイプだが、ここまで周りをどん引きさせるとギャグになる不思議。まぁやたらとジャックを意識しちゃうしおは可愛いんだけど、「私には浅尾さんが!」というそのセリフは間違っとるぞ。

キャラも面白いけど、この作品、実は一番面白いのが進化侵略体だったりする。失敗を伝え、進化を促す「伝令役」が存在するってのは実に面白い。あれだよな、場所を隔てたサルが同時に芋を洗い始める「百匹目の猿現象」ってやつ。

【TIGER&BUNNY BIGINNING】
「そんな言い方はしていない」
「ソンナイイカタハシテイナイ」
新作映画の公開が近いからか、先週はMX、今週はBS11で放映したタイバニの最初の映画を見ている(まだ途中)のだが、2012年の公開時に見たらさすがに「こりゃーただの総集編じゃねぇか」とムカッ腹も立とうものだけど、今、時を経て見るとさすがに記憶も薄れている(それでも私は集中放送も再放送もきっちり見てる方なんだけど)から、楽しいわー、すごく。

久々に最高にいいヤツらだったヒーローたちを見るとわくわくしちゃうね。ブルーローズの尻カットが格段に増えているのはサービスか?
そして唯一お当番回がなかったロックバイソンの見せ場も増えてる(失敗ばっかだけど)のが泣けるぜぇ。まぁお当番回があったら死んでたかもしれないのでこの方がいいんだけどね、牛角さんは。
そして嬉しそうにクソスーツを破壊する愛すべきラブリー親父・サイトウさん健在で嬉しい限り。
完全新作映画、見に行っちゃおうかなー♪(ファフナーもまどマギも興味なかったくせに、タイバニだとこれだ)

【種デス HDリマスター】
今日は「変革の序曲」でジブ様がお亡くなりになる回だったんだけどさー、猫ちゃんのカットが増えてて驚いたわ。前々からジブが飼ってた黒猫も一緒に死んだんかなーと懸念してたんだけど、あれはもしかして「猫は(オーブに)置き去りにされた=生きてますよー」ってなメッセージなのかなぁ。
私は動物好きだからいいけどさぁ…ホントはそんないらねぇカットより本編なんとかしろよバカって感じよね。

あと本放映時はザフトの制服着てて「軍人という自覚がない」と一斉にブーイング浴びてたメイリンたんが、オーブの作業服のまま&フレイさんカットのまま(本放映時はツインテ)だったよ。
出立の挨拶時もちゃっかり列に並んでたし(前はいなかった)このままザフトの制服着ないなら、ずっと新作カットもらえるんだろうね。

まぁ彼女は戦後、実はザフトじゃなくてオーブ軍に入ってる(SEではザフトに戻ってたんだが…)と、最近またコロコロ設定が変わってるらしいから真ヒロインとして扱いがよくなるのは当然だろうけど、この監督は「軍に入る」とか「軍を脱走する」ことを、「バカ大学に入る」ことや「バブル期のお気軽転職」くらいにしか考えてない事がまず問題だと思うんだよねー、そもそも。
2014/02/02 (Sun)  17:32

嘘と真実の間には温泉が沸く

昨日はほぼ一日中立ち仕事と外まわりで疲れた。
金はいらない(無論、あるに越した事はないが)ので、休ませてくれんかのぅ…

3月の連休にはまた温泉に行くので楽しみ。
実はこのあたりの日程には、大物幹部職員の引退セレモニーが入ってるのだが、1万円もするホテルでのイベントになんぞ出たくないので、嘘をついてバックれたのだ。

無論、普通はイヤならただ「欠席」だけでいいのだが、私が昨年移動してきた今の部署は「幹部のお世話係」でもあるので、直接お世話をするわけではない私のあたりまで「全員出席で受付とか運営とか余興とか手伝ってもらうからね」という無言の圧力がかかっているのである。

既に私の上司は余興メンバーに、一緒に異動してきた彼は運営メンバーとなっているが、受付になりそうだった20代の若い娘ちゃんは別の幹部会に呼ばれているため欠席となっている。

ヤバい…この時期に断るなら、理由は正当なものではないと…

私が考え出した理由は、「翌週の検査のため、前週から食事などの生活に制限がかかるため」というもの。
しかもちょうどそのセレモニー前には別の飲み会にも参加強要があり、整合性をとるためにこの理由を使って断った。

実は3月の連休明けに検査があるのは本当である。

それは「受けたくはないが、受けないことで異常に気づかず手遅れになることが最も危険なので受けざるを得ない…が、異常は見つからないで欲しい。もちろん『見つけられなかった』からではなく、『異常がない』という意味で」という葛藤のもと、受けねばならない重要な検査なのだ。
既に今から非常にプレッシャーを感じ、それ自体がストレスになっている。

むしろ検査前に温泉でリラックスしておきたいからこその5連休であるから、「日常生活に制限」も嘘ではない。
上司はいい人なので、嘘(嘘じゃないってば!)の臭いを嗅ぎつけても快く欠席でいいよと言ってくれたので、まさしく地獄の検査前にゆっくりしよう。

さてアニメの視聴も順調にこなしている。
この間「1月期のOPEDでお気に入りは?」と聞いて下さった方がおられて回答したが、ひとつお気に入りを忘れていた。
それは「47都道府犬」である。ご当地わんこも全て可愛いし、歌詞は県名だけだし、メロディーも耳に残る。番組終了までにぜひ順番をマスターしたい。

【凪のあすから】
紡とちさきの、長年の夫婦もビックリの息のあった動きに要がちくちくと傷つくのがリアル。
ヒカリの目覚めはちさきや紡、美海たちの心境がメインだったので「周囲からの視点」だったが、それが一段落した今、要の目覚めは「目覚めた者の視点」になってるのはうまい。ギャーギャー騒ぎながらも、子供らしいしなやかさで順応しようとするヒカリより、むしろ落ち着いているように見える要の方が、心が硬直していてなかなか受け入れられないかもね。

むしろ「下手したら浦島太郎になるところを、オリンピックとワールドカップを一回ずつ見逃したくらいでよかったじゃん」と思うのだが、これをハラハラドキドキ楽しんでいる(ネットで見ているとチビッコたちはマジで面白いみたいだねー、この展開が…)若い世代の連中にとって、5年間という時間は「越えられない壁」なのだろう。

私としてはションベン臭い恋愛なんかどうでもいいから汐鹿生の謎の方がよっぽど気になるのだが…
あ、あとガキ2人の恋愛論のケンカはそろそろいい加減にして欲しい。うぜぇ。
けどさゆの言ったことは真実。私もこれまで、失恋しては呼び出され、散々泣いたり喚いたりしてた男友達や女友達が、素知らぬ顔で新しいパートナーと平気な面で結婚していく姿をどれだけ見たことか。現実はまさにこんなもんなんですよー(制作者はおっさんおばはんだからこういうとこはリアルなんだぜ)

【新機動戦記ガンダムW(再)】
手に持ったガトリングがパラパラパラってエネルギー切れになった瞬間、唖然としちゃったよ。
「…え?いやいや…策、なんかあるんでしょ?」
武器を捨ててチェストが開き、撃ったガトリングもパラパラパラ…
「…え?まさか、ないの?」
マジか、こいつ…だって、なんか冷静そうに戦況分析みたいなことしてたじゃねぇか…

面白いのは髪型だけにしようよトロワさん

いや、それでもさぁ、後からやってきたカトルと連携してるのかと思ったんだけど、ヒイロとデュオが別行動だったみたいに、こっちも全然別々なのね。
まぁ殴り合った後で何の根拠もなく「僕たちは戦っちゃいけないんです」と言うカトルくんの唐突さもビックリしたけどね。

一方、血まみれになってベルトを引きちぎってまで逃げたくせに、なぜかそのまま落下する阿呆にもビックリした。
機密が漏れないように逃げたってんなら逆に確実に死ななきゃあかんよね。
脱臼ならともかく骨折を瞬間で治せるわけない。まさか200箇所以上それで治してるのか。脳筋ならぬ脳骨野郎か。

まぁまともそうだったのは、サンドロックに胴体をぶち切られて(いやな武器だな、これ…)落ち着いたまま死んじゃった仮面の部下の人ね。何もそこで死ななくてもいいのにねぇ…ああ、そう思うと彼も死に急ぎ野郎だったのかも。

ヤバい、このガンダム、とんでもないバカばっかっぽい…

【サムライフラメンコ】
裏フラメンコ(略して裏メンコ)はあっさりと自殺し、ビヨンドの脅威は去った。
フラメンジャーも解散し、世間は平和になったかのように思えたのも束の間、正義の前にはキャプテン・アメリカ…じゃなくて、Mr.ジャスティスが現れて警告するという、これまた王道の「陰謀篇」に突入。

もちろん準備がよ過ぎる政府は怪しかったけれど、思えば武装文房具を「政府に没収された」というあたりも伏線っぽい描写だったよね。

とっ捕まった黒緑ピンク、総理にぶっ飛ばされたブルーといい、麻酔銃でよかったじゃないかのジャスティスと、サムメンコの味方は続々いなくなり、またしてもサムメンコ最後の砦は我らが後藤さんなのであろうか。
絵だけだったけど、萌を罵倒するまりちゃんは最低。でも次回は何らかの救済があるようなので楽しみだ。

しかし今回一番強かったのは、生身でも強いフラメンジャーでも、銃弾を怖れずパンチだけで勝ち進むジャスティスでもなく、要さんの横でピンクに睨みを効かせる奥さんだったね。

【銀の匙 Silver Spoon(第2期)】
ハガレンでもつくづく思ったけど、バカキャラの使い方がヘタなんだよなぁ、この作者は…ギャグセンスがないんだから無理にやらなきゃいいのに。

【キルラキル】
総集編!?と思わせて裏切ってくれるキルラキル。
「大江戸ロケット」や「グレンラガン」もそうだったけど、中島脚本は変な現象は皆強引に「宇宙生物」がやったことにしちゃうんだよなぁ。(そして「W」もそうだけど、それと戦うことに全力を注ぎ、それが一体「何なのか」にはほとんど着手しないという…)

しかもここでOPED変更。もうこのまま変わらないかと思ってたのに裏切ってくれる。

【のうりん】
相変わらず色々とパロをぶっこんでくるものの、ダンガンロンパについ笑ってしまった。
ってか、何いい話っぽくまとめてくれちゃってんの!?
ちょっとジーンときちゃったじゃないかよぅ、「のうりん」のくせに!!<ツンデレレビュー

【鬼灯の冷徹】

おのれ狸…

葉っぱがあればモグモグするし、食糞も当たり前のウサギの芥子ちゃん登場。それはまさに可愛い地獄の暴れん坊♪
親切を装ってその家に入り込み、妻を惨殺して鍋にし、帰宅した夫に食わせるなどという凶悪事件を扱った「カチカチ山」は、現代で言えばまさに家族に家族を始末させていった「北九州一家監禁虐待惨殺事件」や「尼崎事件」である。
(西洋にしろ東洋にしろ、人間の残酷さや善良さ、狡猾さや優しさを全て内包する昔ばなしは、歴史に残らない庶民の生き様を残すものとして大好きだ)

現実では残念ながら松永や沖野の背中を焼き、塩や唐辛子味噌を擦り込んだ挙句、泥舟に乗せて処刑してくれる芥子ちゃんはいなかったが、早々とあの世へ旅立った沖野はせめて鬼灯様たちによって、モザイクがけの立ち入り禁止地帯で永劫の苦しみを受け続けていることを願うばかりだ。芥子ちゃんポリシー万歳!ハムラビ法典万歳!

お岩さんの言葉にキレる鬼灯様は、意外と自分の容貌に自信を持っている模様。
そして牛若丸の言葉に鉄棒ツッコミを入れる鬼灯様は、桃太郎やシロさんたちの配置などを見るに、「適材適所」というお考えの模様。
そして相変わらずのジブリマニア。ネコバス…………ちゃうわ!

【プピポー!】
このアニメ(漫画もだろうが)、絵柄のせいもあるかもしれんが言葉のイジメは結構グサッとくるな…

【世界征服~謀略のズヴィズダー~】
えええええ!?ナターシャの両親はどうなったの!?つーか、なんで急にあんなことになったの!?

うん、けど、古代ウド文明はどうでもいいのだが…なんかね、よくわかんないけど、終わってみたら結構いい話だった気がする。



…はっ!?
征服されてる!?

【ダイヤのA】
くっそー、面白い面白い面白いー!!!!!

「いや、それボークじゃん…」
こっちも画面の前で完全に固まったわ。ルール変わってないよな?と思ったらやっぱりボークだった。
降谷の中途半端フォークにしろ、栄純の大失敗牽制球にしろ、みゆきちゃんが「練習試合の意義と目的」を履き違えることなく理解していること、さらにそれにクリス先輩が気づいていることなどがリンクしていくのがたまらん。

ピーゴロを取った栄純がまず三塁を見るのも、その後のみゆきちゃんの的確な指示も、野球のいいところだなぁ。
みゆきちゃんにとっては完成されたエースより、ナインの信頼を得られなかったエース未満と、チームに恵まれなかったエース候補を修正して育てていく方が楽しんだろうね。

もー、面白過ぎて30分があっという間過ぎるんだよぅ、これ!

一言投票所

鬼灯の冷徹(2014年1月開始)
▼作者が女性だからか、かわいいキャラは動物と男の子に多く、女性キャラはどちらかというと面白いキャラが多いこの作品。可愛くて面白い芥子ちゃんは一番大好きなキャラなんで暴れっぷりにニヤニヤしました。
ちなみに最後のパラパラ漫画はアニオリでしたが、とある話の伏線になってるんですよね………原作読んでればニヤリとしますが、読んでない人は一体どうなんでしょう(笑?その話を来週やるかは予告見るだけではちょっと分かりませんが

そ、そんな法則があるのですか?知らんかった…そうだっけ?

何の罪もないぶんぶく茶釜タヌキも追いかけ回されてて笑いました。芥子ちゃん可愛い。所詮はウサギなのも可愛い。
法の手が届ききらずに泣く人を守るため、現実社会にも請け負った復讐をきちっと最後までやり遂げる芥子ちゃんのようなウサギたちがいないとダメですね。

声優&俳優「そうだ、今日のサザエさんは見なくちゃ!」
▼永井さんがお亡くなりになるとは・・・ガンダムUC、これからオリジンもあるというのに・・・ネテロもそうですが波平の後釜がだれになるか気になります。チョーさんはちょっと違う・・・家族は島田敏じゃないかといっていました。でも、ホント、永井さん以外の波平が思いつきません
年齢や持病の糖尿病を思えばあり得ることではあると思いますが、それでもやはり驚きました。引退し、または何らかの理由で姿を消してから、ある程度経って死が報道される、というパターンが大体ですからね。前日まで仕事していて、という事だと、やはり予期せぬ急死ということなので残念です。

島田敏が日曜18時台のフジテレビをジャックする日が…いやいや、さすがにないんじゃないかなー、それは(笑)
(シロッコとか五代くんのイメージが強い人には島田敏や二又一成って大御所に思えるかもしれないけど、私にとってはホント、佐藤正浩や戸谷公次と合わせて、70年代~80年代アニメの「ザコ声脇役声優」だからね。そもそも格が違うんだよなぁ)

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
▼フェニーチェってよくよく考えると重量も推進力も右側に偏りすぎててバランス最悪ですよね。リカルドの癖に合わせてそうなったのか、多少バランスが崩れても乗りこなせる自信があって性能強化を考えたのか、どっちなんでしょう………あれだけ愛着持ってるシーンが流れてたのを考えると、どっちもありえそうですよね
右?左じゃなく?
右のアンテナがやられてることなどからも、フェリーニ自身の「左優勢の癖」なのかもしれませんね。外人さんは左利きも多いし。
ビームマントを左腕に撒きつけてのガチのボコリあいとか、泥臭くて好きです。それゆえに物量戦にはちと弱い感じも、自信家にありがちな詰めの甘さっぽくていい。

▼ガンプラは一応初期のころから知っていますが、最近のはかなり楽になっています。接着剤はいらないし、塗装しなくてもほぼいい具合の色になっているし、特に手を加えないで組むだけでも割といい感じで出来上がります。興味と時間があれば、一度試してみてはどうでしょうか?おススメはHGシリーズかな。
まぁあの昔のガンプラに比べたら、本当に作りやすそうになりましたよね。
SEEDの時、上戸彩のCMでガンプラの部品を見てビックリしました。クラスの男子に教えてもらった頃のものと全く違う!!組み立てだけでも大変なのに、塗装の手順を聞いてクラクラしましたよマジで。

そんなわけで、今は時間さえかければ不器用な私でも確かに作れるかもしれません。
しかーーーーーーし!
私にはもう一つ、ガンプラを制作できない致命的な理由があるのです。

それは、部屋に余計な物を置きたくないというものです。

実用性のない物品を一切部屋に置きたくない。
ヌイグルミだのフィギュアだのDVDだの雑誌だの、そういった部屋のスペースを圧迫していく余計なものを置きたくない。
ぶっちゃけ我が家はかなり広いのですが、広い部屋で広々と住んでいたいので、ものは一切増やしたくないのです。

ましてや幅を取るガンプラなど飾るのはもってのほか。飾らないものを制作することももってのほか。
この確固たるポリシーがある限り、私がガンプラを制作することはないのです。

声優&俳優「ほっちゃんボイス好き。歌も好き♡」
▼堀江結衣>萌えない萌え声で思い出しましたが、東京魔人學園(ゲーム)の堀江さんは言われなきゃわかんない声質でした。デビュー前後、養成所時代の収録?だったらしいですけど…現在の中二や萌えとかと全く違う空気のゲームの雰囲気にあってるんで違和感はないんですけど
私は萌声ってあんまり好きじゃないので、むしろ萌声と言われる方々が所謂普通の声や悪役をやる時の声にシビれます。
だから声優さんも、確かに萌声の方がドラマCDだのキャラソンだのイベントだのラジオだので副収入を得られる機会が多いのかもしれませんが、自分の演技の幅を広げる修行としてはきちんと色々な役にチャレンジすべきだと思うんですよ。

残念ながら声優としての演技力を磨く人が少ないことが、声優がいつまでも役者より軽んじて見られるところだと思うので。男性はそれでも、浮き沈みの激しいこの業界で一生の仕事にしていくにはかなりの努力が求められると思うので「頑張ってるな」と思える人はいるのですけど、女はそういうのが少ない。女は甘い汁だけ吸ってる人が多いなぁってのはありあり感じられます。

「(バカなファンが暴動を起こさないくらい落ち着いたら)正式に結婚を発表して(発表する頃にはもうとっくに同棲か結婚してんだよ、バカだね)、安定した生活を手に入れて、子育てがひと段落したら「拘束時間が短くて金になる」割のいいナレーションのレギュラーとって、でもファンに忘れられない程度にアニメとか吹替えやって、美味しい汁だけすすってラクチンに暮らそうっと。だって容姿が痛くなっても声は長持ちするもんね~エヘヘ」と考えるんじゃない!!

バディ・コンプレックス(2014年1月開始)
▼はっとしている描写があったので人殺しについてはこれから描写されるのではないかと。ディオとカップリングしたことによりディオの思考にシンクロされてるんじゃないかとも思いました。ディオはやっぱり妹の子孫なんですかねぇ
えー?あのちょっとビックリした表情は、シグナスが全火力で敵艦を撃沈した事と、単にそれを見慣れていない(=戦争に慣れてない)からかなぁと思ってました。(シンクロしているのは思考ではなく、感情や気分じゃないでしょうかね?まだ設定自体がよくわかりませんが)
つか民間船の救助に成功した時点で戦闘行為終了でよかったような気がするんですが(正規の軍同士なので、余計な戦闘行為は不要では)、シグナスの追い討ち攻撃は容赦なかったですな。

妹は翼ちゃんでしたっけ。うーん、ひ孫なのかな?
そういや青葉と翼が食卓についている時、さりげなくテレビのニュースで「ゾギリアの新資源」についてやってましたね。
映画「ハンニバル」で、クラリスがFBIデータベースのレクター博士を調べている時、同じ画面に「ウサマ・ビン・ラディン」が出てたみたいな感じ。(公開当時は気づきもしなかったけど、後年見てビックリさー)

仮面ライダー電王
▼懐かしいなぁと思いながら1話みました。初めてみた電王は伝説?のゴメンナサアアアイの回だったので爆笑した覚えがあります。二重ボイスになっていたりとまだ試行錯誤だったんだなぁと。健くん若いなあ。これらかも見ていこうとおもってます
私も初めてが「ごめんなさぁぁぁぁい!」で、翌週はもうリアルタイムで最初から見ながら「カニが飛ぶな!」で転げまわって笑いました。

その伝説の4話を見た理由が、3話終了の時点で、ネットで「今度のライダーがむちゃくちゃ面白い」という評判であふれかえっていたからでした。それまで「平成ライダー=イケメン、ダーク、シリアス」の印象だったのに、感想を書いている人たちが本当に心から楽しそうだったので「なになに?んじゃ見てみっか」と思ったのです。今思えば、それが4話だったのも運がよかったです。まさに大当たりでしたからね。

確かに、最初は二重音声だったんですよね。
途中までは逞しさを出すためなのか怪我を予防するためなのか、M良太郎の時は中に何か着込んでるし。
佐藤くんは確か3月が誕生日なので、撮影最初の頃はまだ17歳なんですよね。若いわぁ。