Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
01/31(Fri)

明日は何時間労働になるのやら…

その後土曜日は出勤だし。
まぁ風邪をひきそうとか疲れが溜まっているとかもなく、血色素も13オーバーで元気溌剌なので踏ん張れそうなのだが。

先週「いなり」、今週で「ハマトラ」が落ちたので、水曜~木曜は少し余裕ができた。
見るアニメが多くてスケジュールがきついというのはオタにとっては至福ではあるのだが、オタとはいえアニメだけを見るに非ず。

実家の周辺には500m圏内にコンビニがひしめいていたと以前語った事があるが、私が住んでいる町はコンビニはなぜか繁華街から離れたところに散らばっている代わりに、50メートル徒歩圏内にドラッグストアが4軒ひしめく激戦区であった。
シャンプーや化粧水など日用品は各店を廻って安いものを探せるのはいいが、実は駅にあるスーパー内の薬局や化粧品売り場が一番安かったりするのでなかなか侮れない。

しかしつい最近、そんなドラッグストアの一軒が閉店してしまった。
小さいながらも他店にはない品揃えと、たまにアホみたいに安くなる(ブルーレットの詰替えが168円とか、ユンケルLが298円とか)バクチ性が好きでよく使っていたのだが、昨年職場が変わってから駅に行かなくなったので、閉店する事を知ったのは閉店日の前日というショック。

ことに、そこでしか扱っていないトイレの消臭剤が非常に気に入っていたので、買えなくなったのはショック。
まさに「いつまでもあると思うなドラッグストア」であった。

次の店はなんだろうなぁ(携帯屋は飽和状態なのでないと思うが、不動産屋だったらぶっ飛ばす)

一言投票所

仮面ライダー電王
▼トッキュウジャー開始するこのタイミングでニコニコ動画で配信が始まりました。恒例の大戦映画でメインとして双方が絡んだりするのかなぁ
あー、なんか配信開始したらしいですね。最近はキスシーンも難なくこなす佐藤くんのもっさりした良太郎や、最もコミカルな「日常演技」をする主役級のスーツアクターさんたちが見られるのは、電王を見たことがない人には面白いかもですな。全国区ではもはや活動していないハナさんや、完全に引退した侑斗、休止中のコハナちゃんなどにも会えるんですねぇ。ご覧になる方はぜひとも楽しんでください。私の拙いレビューもヨロシク<デネブ風に

2007年って、まだ今ほど動画サイトの削除合戦が厳しくなかったから、当時も私は電王をニコ動で見てましたよ。
皆で一緒に見てるという感じがすごく楽しくて、しかもコメントがむっちゃくちゃ面白くてね。何より嬉しかったのは、人気作品のコメントってひどいアンチもいるから油断できないんですが、電王は当時でもほぼ全てが「愛あるコメント」だったこと。ホントに電王スキーが集まってる感じがして、あったかい雰囲気でしたね。

本放映はもちろんテレビで見るけど、皆の愛あふれるコメントが見たくて早めにニコ動(遅いと削除されてしまう)にも行くという感じでした。(そのためにレビューを急がなければならなかったので、日曜日は忙しかったなぁ)
皆動画Gメンの検索に引っかからないようにタイトル工夫しててね。あまりに工夫し過ぎて今度は我々にも見つからないという本末転倒もしばしば。例えば「地球へ…」は「寺院へ」ってなってましたっけ(しかもOPが必ず劇場版に差し替えられていた)
その後は削除とアップロードのいたちごっこが続き、動画サイトが「やってみた」だの「歌ってみた」だのばかりになってからはすっかり足が遠のいちゃいました。今や「公式配信」でニコ動とアニメ業界は蜜月になってますが、いつの間に…って感じです。

ご覧になる方は、22話あたりだったかな?劇場版と全てがリンクする話が数話あるので、配信と同時に名作「俺、誕生!」を見るのもお忘れなく。(劇場版も配信してくれるような気の利いたことはしないですよね?多分…)楽しくてちょっとホロリとくる、電王らしいとてもいい映画です。

東映は電王コンテンツが大好きだから、トッキュウジャーの人気次第ではまさかのコラボも…?
売れるともう出てくれない若手俳優は使えないけど(残念ながら売れてない俳優は出てくれる。椿さんとか井上くんとか)、声優はそういうしがらみもないし、声は見た目ほど激しく変化してしまうこともないから、使いやすいんでしょうしね。
このページのトップへ
01/30(Thu)

50回目

本日は記念すべき50回目の献血をした。
ここのところ行っても血色素量が11.9とか12.1とかで、もちろん貧血ではないが、献血をするには濃さが足りないという微妙な数値で断られ続けていたので、今回は久々に13を超え(若い頃のように男並みに回復!)、献血OKとなった。

その50回目の献血だが、結果的には失敗に終わってしまった…

私は非常に血管が細く、ヘタクソな看護師に当たると一発で針が刺さらず、酷い時は皮膚の下でグリグリと血管を探されたりする。
だからいつも「なるべく混んでいる献血ルーム」に行く事にしている。
「来所者が多い=事故なくテキパキとこなさねばならない=手際がよく有能な看護師が多い」というのが、エルエルフさん私が導き出した結論なのだ。
その法則に気づかない頃は、献血車でもなんでも飛び込んでやっては痛い目を見たので、今は慎重になっている。
しかも献血の中でも時間はかかるが成分や血小板の方が好きなので、設備が整っている献血ルーム御用達なのである。

今回はここのところ断られ続けたこともあって気が緩んでいたようだ。
いつも「外側から採ってます」といえば看護師はちゃんと外から採ってくれるのだが、今日の看護師は「内側からでもいいですか?」と聞いて来た。
もし次回そう聞かれたら、「内側で4回採ったことがありますが、2回は途中で止まって中止になりました。外でお願いします」と言うつもりだ。

しかし今回は久々に「ようやく献血可能になった。しかも50回目」という喜びで浮かれていたので「いいですよ」と何の気なしに答えてしまったのが運の尽きだった。
私は針を刺す瞬間が好きでいつもマジマジと見るのだが、今回は刺してすぐ、見たこともない状態に皮膚が盛り上がり始めた。
内出血しとる…看護師が慌ててチューブの位置を変えたり手を握って開けと命ずるが、血は思うように出ない。
成分献血だと機械が息切れしたようになり、逆回転したり止まったり忙しいあれだ。
それでも外側はゆっくりであるが止まる事はなく、「献血できなかった」ということは今までないのだ。

ところが慌ててあれこれやっていた看護師がついに根を上げ、もっとベテランらしい看護師がやってきた。
血が出ていないことを説明され、途中で止めると宣言される。
よっぽど「外側なんですよね、いつも採るのは!」と怒りをぶつけたかったが、最初に担当した「内側から採っていいですか」の看護師が聞き耳を立てているので黙っていた。

「すみません。献血は行った事になりますから…」
ベテラン看護師はそう言いながら針を抜いたのだが、その途端、血がドバッと針を抜いた穴(傷)からほとばしった。
看護師がそれをガーゼで押さえ、「すいません。内出血で溜まっていた古い血です」と言いながら拭き取る。
そしていつものように、内出血に塗り塗りするヒルドイドをもらう。
「献血行って薬をもらうの?」と、知らない人は最後まで知らずにいるが、知っている人はいやでも知っているピルケースに入ったあの薬だ。青タンを押すと痛いのと同じで肘の内側の最も弱いところに塗り塗りするだけでビミョーに痛いあれだ。

最後に、最初の看護師も「すみませんでした」と謝ってくれたが、「どうしてくれる!」と怒るわけにもいかないので、にこやかにベッドを後にした。

せっかく血色素がOKになったのに…
やっと50回目到達だったのに…

いちごミルクを飲みながらトマトプリッツを食べつつも、どうにもこうにももやもやする。
献血カードにはピカピカの「400ml.献血」と「50回顕彰」が打刻されたが、私としては不完全燃焼この上ない。
しかもほとんど採ってないけどやったのは400ml.であるから、次の献血まで約4ヶ月も空けねばならない。再チャレンジまでインターバルが長過ぎる。

血色素のクリアが本当に嬉しかったので、ホント、油断したなぁ…肝心の献血ができないなんてムカつくにもホドがある。
血色素については改善したので、次は献血ルームで成分献血をしよう。もちろん外側から!

ちなみに記念品はガラスの杯だった。
今は10回、30回でも杯がもらえるらしいが、以前私が貰ったのはピンバッジと銀色有功章だったので、いつの間にか変わったらしい。
また、昔は400ml.と成分は確かスタンプが3回貰えたので、実際の献血回数は50回より少ないはずだ。とはいえ成分自体がまだ主流になって20年ほどだし、3回スタンプもすぐに1回になってしまったのであまり恩恵は受けていないのだが。

もー、ホントにあの看護師ヘタクソ過ぎ!!!

【ノラガミ】
お茶を入れると蓋が落ちちゃう貧乏神ちゃんがダメダメ過ぎる!!これは実にいい豊崎愛生だ!← 好きダ♥
前回は自殺しようとするヤツなんか魔に憑かれてるんだから放っておけと言いながら、ギャグっぽい展開ながらしっかり助けちゃう夜ト。
「縁を斬る」という難しいことを簡単にやり遂げ、大黒や夜トに褒められて嬉しくなっちゃう雪も可愛い。
でもやっぱりなんだかんだで巻き込まれてるひよりが可愛いんだけどね。普通に小福たんを思い出せよ!

何やら夜トと浅からぬ因縁がありそうな野良が登場。
小福曰く、夜トはかつて神器を斬り、人斬りも厭わぬとても怖い神だったのだとか。
そんな夜トは、もし自分に何かあったら、小福と大黒の元に行くようひよりに囁いたりして、うーん、コメディタッチの反面、シリアスチックでいいなぁ。

【ノブナガ・ザ・フール】
結婚が婚約になって「せれもにぃ」やってオワタ!!
2012年の夏みたいに恐ろしいほどの不作期なら見てもいいけど、今期は豊作なので我慢してまで見なくていいかなと思う。完全にダメと言うわけではないんだが…でもブレイブルーみたいに最後まで盛り上がらない事もあり得るかな。切り。

【スペース・ダンディ】
ゾンビ先輩にゾンビ指南を受けながら生きるゾンビなダンディ、略してゾンディ。
予告を見て、前回置き去りにしたミャウがゾンビになって蘇る…という話かと思ったら、冒頭にフツーにいたね。
そしてAパート丸々かけてゾンビ病院からの脱出成功と思いきや、Bパートはゾンビライフの説明。
生命保険金を受け取るゾンビ。新種宇宙人に全く動きが追いつかないゾンビ。ゾンビ映画を楽しむゾンビ。
生肉を食べるゾンビから、発酵食品を食べるゾンビへ。ゾンビ同士のデートはもちろんショッピングモール。
屋上から狙撃されるゾンビ。しかし男前なゾンビ先輩が見事スナイパーをゾンビ。ゾンビによるゾンビワールド。

って、お ま え ら ア ホ か !

【バディ・コンプレックス】

ホントに殴られたよ!?

先週、「80年代ロボアニメなら鉄拳制裁だよねぇ」と思いながら書いたことが、冒頭で青葉がディオにやられてたので仰天した。なんというレトロアニメ!

74年後の習志野には、青葉が家族の消息を手に入れられる手がかりは何一つない。
74年前の青葉が消えた瞬間、未来から青葉が帰ってきた、という展開になれば、その帰ってきた青葉が未来に行った過去の自分に何らかのメッセージを残すということもありそうだけど、今回の習志野にはなかったので「未来から帰る」ことはないのかもしれんね。(青葉がいなくなった時間に未来から帰ってくれば、青葉という人間の時間的空白はなくなるけど、未来の連中とは当然別れてこなきゃならないから、それを描くのがしんどいのかも)

しかし今回はちょっと脚本が安直過ぎて苦笑ものだったね。
那須さんとリーさんに「救世主」と言われたからって、それだけで「ルクシオンに乗ります」って宣言するかね…
殺されちゃたまらないし、実際シグナス以外に帰る場所はないんだから戻るのは仕方ないにしても、もうちょっと葛藤があった方がよかったんじゃないかな。今回だってディオの家の民間船が襲われてて、ディオ1人じゃ無理だ、となって青葉が「自分の意思で」出る展開にした方が無理がなかったと思う(先週は艦長からの「お・ね・が・い・♪」だったから余計に)

しかもディオとカップリングしてからは、敵を倒すのが面白いみたいに笑ってさえいるような…
いずれ自分が「人殺しをしている」ということに気づかされる事件があるんだろうか。
青葉がはっきりさっぱりした性格なのはいいんだけど(もうちょっと「雛雛」言うのは控えて欲しいものの)、逆に順応性が高過ぎるのか、悩みや葛藤が少ないのは気になる。これが空元気で、実は内心不安で仕方がない、なんて心情を吐露する話があるならいいんだけど…今のところものすごーくサクサク進んでるので、もしや1クールものなのだろうか。

しかしディオのダダ下がりテンションの「アクセプション」は笑った。気が乗らないのはわかるけどさぁ…
ま、そもそも「カップリング」ってフレーズ自体がもうガッカリしまくリングなんだけどね。シリアスシーンを見事にぶち壊す魔法のワードだよなぁ、これ。
ってか青葉が「俺はもう家族に会えないかもしれないから(唐突だなぁ)、おまえの焦る気持ちがよくわかる(え?きみ焦ってるの?)お前の家族を守らせろ(前後の脈絡がないぞー)」という理論がようわからん。
ディオも怒り出すのかと思ったら「わかった」って、えええええ?何がわかったの?わからんよ!

OPに出てるのは弟かと思ってたけど、妹だったのね。
ウェインバーグは連邦の名家らしいけど、親父さんは日本人なのかね。

【弱虫ペダル】
パーマ先輩の回想はまだまだ続く…コミュ障の青八木とタッグを組み、青八木のレース運びを自分がプロデュースするkとで勝たせ、エリートに一矢報いてきた凡人録。けど坂道の全力が40秒しか続かないとソロバンを弾いた瞬間、「あー、終わったな」と思った。
この合宿で心肺機能も筋力も上昇している、というオチだろうと思ったらその通りだった。

坂道が今泉も鳴子も本当にカッコいいから、インハイに行って欲しいと思いをぶつけるシーンはなかなかスポ根してた。
そんな時でも「小野田くん」とくんづけで呼んでくれる鳴子くんはホンマにええやっちゃだぜ。

でも今回の一番の見所は予告の風呂だったけどね。今泉、自爆…
「ユリ女の風呂シーンばっかじゃねぇか!」とキレて視聴をやめた「GO!GO!575」ばりの「野郎どもの風呂シーンばっかり」なんだが、なんだろう、こっちは普通に許せる。

【うーさー】
カーニヴァルだよ♪

【ハンタ】
漫画では休載を挟んでる上に、同時間に様々な駆け引き(シュート、ナックルとユピー、モラウとプフ、キルアとゴン、王とネテロとゼノ、そしてイカルゴとプロヴーダとウェルフィン)が行われているので全体を掴むのが難しいあたりだけど、アニメはこのへんはさすがで、すごくわかりやすい。
ネテロ会長の永井一郎ボイスは一言。ホント、誰が代役をやるんだろうか。

【ハマトラ】
ノンフィクションをフィクションにしてしまう…って、つい最近アウトブレイクカンパニーでもやってたねぇ。
医者がどこかで医者をやっててビックリした。銃をばらして密輸って結構よくある手じゃないの、これ。
はい、もうダメだこれ。主人公が何を言ってるか全然わからない。天才だからか、納得。無理。切る。

これでかなりラクになりそうだ。
10月期は終わってみればブレイブルーは切っても問題なかったのに見続けちゃったので、やっぱり無駄な時間は費やさない方向で厳しく行きたい。とはいえ、バリスターズがまだ生き残っているのは自分でもちょい意外。

男性声優人気投票

細谷佳正
■スポーツ漫画のキャプテン率が高いですね彼。ダイヤのAの場面よかったです。すごく真面目そうな感じ。将棋弱かったり彼女の存在を気にしたり高校生っぽいとこもいいですね。
へぇ、そうなんですか?さては黒子のバスケとかハイキュー!でもそうなのか?
細谷さんはまさに「朴訥な声」なので、クールでもどこか人間味のある抜けどころがあるのがウリですよね。

一言投票所

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
■私はそんなに作りませんが、作ってて一番気になるのがパーツを切り離した時の出っ張りだったので、誰でも出来るニッパー二度切り、やすり掛けの説明は感心しました
私なんか作った事も買ったこともありません。不器用さには自信があるので、完成させられないと思いますトホホ。

しかし最近のガンプラは作りやすそうですね。私の場合色すらついていなかった時代のイメージが未だに抜けないので、不器用王の自分(何しろ提出しなきゃいけないパジャマの製作中にバリーッと背中を真っ二つですから…)にはとても無理だと思ってましたが、今回のレクチャーを見たら「簡単なものなら作れそうじゃん?」とおこがましい事を考えてしまいました。ま、やっぱり無理でしょうけどね。

■ガンプラ作り、最初に設計図を見てパーツを一通り確認、ニッパーは二度切り、最後にやすりをプレゼントしていたところから見てやすり掛けもしていた模様・・・、初心者相手に最初からそんな面倒なことをさせなくてもいいんじゃない? 一通り完成した後にスミ入れをやって更に完成度アップを見せるのはいいと思うけど
へぇ、そうなんですか?今のガンプラは昔に比べたら作りやすそうだから、本格的にはやらせなかったにしろ、ちょっと試しに「ここにやすりをかけると綺麗に仕上がる」という知識くらいは伝授したのかもですね。
けど今回のガンプラレクチャーは玄人さんには「当たり前過ぎてあくびが出るぜ」だったかもしれませんけど、私のようなド素人にはとても興味深く、面白かったですよ。

■ママンの妄想に出た記者に爆笑しました。本当にマニアックな部分に突っ込んできますよねw種のミリアリアもいてもおかしくなかったのですが、登場してなかったのか見つけられなかったのがちょっと残念な気も……………
フランさんと00の人たちでしたなぁ。確かにミリアリアやカイさんがいてくれたらカンペキだったのに。

■セイ・レイジ、マオ、フェリーニ、アイラ、メイジン、ニルス、ダラーラ、双子。今のところ分かっている決勝進出者はこの8組かな。果たして残りの8組はモブで終わるのか、それとも隠し玉が入っているのか? バトルロイヤルの時のエピオンなんて結構強かった感じがあるけど、残っていないかな?
そうですね、実はまだ決勝トーナメント出場者が誰なのかわかってないんですよね。
次回には判明するでしょうから、できればいぶし銀でも強い人が入ってるといいんですが…ネタかな、また(笑)

鬼灯の冷徹(2014年1月開始)
■1話EDからの飛ばしっぷりにアウトォォォッ!!と突っ込みを入れつつそれが1度きりの特殊EDだった残念さも楽しんでいます。現実に金魚草は存在し可憐な花を咲かせます。が、枯れた後の莢の形状は地獄テイストでした>ちずるhttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52134389.html
あれは未だに何度も聞いてしまいます。それくらい中毒性があります。禁止令を出さねばいけません。
キンギョソウというのがある事は知ってましたが、枯れた後がこれほどまでにホラーとは…やだマジ怖い。

マギ(2013年10月2期開始)
■母親で思い出しましたが、引きこもりの紅玉を更生(?)させた夏黄文を見た時「ヘレンケラーとサリバン先生」を連想しました。あんだけ本音ダダ漏れな夏黄文で?(底が知れてる分、信用できますがw)
ははは。まぁ夏黄文さんは典型的な「頭はいいけどバカ」タイプなので、なんだかんだ言いつつも最後まで紅玉ちゃんを守り抜いて欲しいものです。思えば白瑛に李青舜、紅玉には夏黄文、紅覇にだって純々たちがいるのに、白龍には信頼できる部下も付人もいない(恐らく「作らない」のだろうけど)ことが彼の不幸の始まりなのかもしれないなぁ…

その他「1月期OP/ED」
■になにな様は冬アニメの中ではどのOP(またはED)がお好きですか?
今期は新作アニメのOPならノブナガン、ノラガミ、ダンディ、鬼灯の冷徹がお気に入りですね。ズヴィズダーも面白いかな。
EDは一回こっきりだった鬼灯がやっぱりよかったけどなー。
やくしまるさんのダンディ、バディコンのEDもいい。バディコンのOPはロボットものらしい歌だけど、残念ながら歌手がヘタで…高音域のぶれぶれは茅原さんレベル。アニソンスキーらしいけど、ちょっとねぇ…
あ、ウィッチクラフトワークスもOPED共にいいッスね。EDはまた水島監督が好みそうな…24時間どっちもこっちもウィッチウィッチ!

継続ものなら弱虫ペダルのOPEDが好きです。絵もいいし、いい曲選ぶなぁ。

バディ・コンプレックス(2014年1月開始)
■ストーリーは良いのに…………『カップリング』という単語は失敗なような、いいところでシリアスなシーンを台無しにしてる気がします(笑。いや、作品としてもネタとしても面白いんで、楽しめてることには変わりないんですけどww
カップリングはあかんわー、ないわーって感じですよね。
サンライズにしてはサクサク進み過ぎじゃないかと思うくらいのサクサクぶりですが、さすがにここまで順調に「来た・見た・勝った」をされちゃうと一抹の不安が…そろそろ「この世界では一人ぼっち」の青葉の不安と葛藤も知りたいところです。でも雛雛病はもうちょい抑えて欲しいなぁ。
このページのトップへ
01/27(Mon)

巨星、また墜つ

永井一郎氏が逝去とは…
ここ数年はかなり滑舌が悪くなっていたとはいえ、まだまだ味のある声で聞かせてくれていたのに急死とのこと。
年齢も傘寿を過ぎ、確か糖尿病を患っておられてインシュリン注射が欠かせない体だったと思うが、生涯現役で頑張っておられただけに驚いた。土曜日に普通に情報セブンデイズで聞いたばっかりだったし。
波平さんはもちろん、これからが見せ場のネテロ会長はどこまで収録が終わっているのか。代役は誰がやるんだろうか。
またしても昭和の大声優がいなくなったことは、実に寂しい限り。ご冥福をお祈りします。

【ガンダムビルドファイターズ】
怪しいおじさんに捕まったレイジとアイラがガンプラ指南を受ける息抜き話。

しっかし公式のウソ予告に騙された感があるわー
だってさ、怪しいおじさんにガンプラを教えてもらって、いざバトルとなった時、現れたのは大会を妨害したあのガンプラだった…ってこんな書き方されたら「怪しいおじさん=妨害ガンプラのビルダー」かと思うじゃん!
え?そんなこと思わなかった?
じゃあ単に私の勘違いじゃん!!<自滅
ま、普通に考えても「世界中にガンプラの素晴らしさを伝え歩いている」ガンプラバカのおっさんが悪いわけないので当然なんだけどさ。

アバンのテム・レイひとつパロといい、ガンプラ音頭(何アレ可愛い!特にカイに代わってアムロが乗ると実はスペックの高さが浮き彫りになるガンキャノン)といい、相変わらず腹ペコキャラのアイラといい、いつも通り隠密活動中の「忍々ニルス君」といい、先週のハードなバトルから一転、全編リラックスモードで楽しい。
おちゃめで可愛いりん子ママも駆けつけたので、決勝トーナメントはフルメンバーで挑めそうだ。

レイジが作り上げたのはビギニングガンダムで、アイラが組み立てたのはSDのコマンドガンダム。
はしゃぐレイジにファイトを持ちかけられても、ガンプラバトルは生きる手段であり、心の底から面白いとは思えないアイラはもちろんお断り。
そこで1人COMプレイに挑んだレイジだけど、相手はどこかで見たことのある機体だった…

ガンプラ作成の楽しさを描き、その上で自分で作ったガンプラなら操縦も普通以上にスムースに行くという感覚を知ったレイジは、同時に「自分で作り上げたガンプラだからこそ、それが傷つき、時には失われる事がどれだけ辛いか」を追体験するというのはよかったね。
何十日もかけて作り上げたガンプラをバトルで傷つけても、セイはいつも黙ってコツコツと直してるんだと知らなければバトルに重みが出ないよね。それによって萎縮する必要はないし、レイジはそんな事をするタイプじゃないけど、それでもガンダムでは常に自分と共に機体を整備してくれる人がいなければ戦えないように、ガンプラを作り、直す人がいなければバトルはできないんだから。特にセイとレイジのようにビルダーとファイターが別のペアは余計にね。

そしてクロー付ジオングとのバトルに苦戦するレイジを見て我慢できずアイラも参戦。
アイコンタクトだけでアームを撃破したり、コマンドガンダムが武装パージ&アサルトナイフ突撃、ビギニングガンダムは三爪タイプのビームライフルで斬りかかり、見事撃破。さすが2人とも一流のファイターだけのことはある。

バトル中の楽しそうな笑顔と、思わずレイジの手を握って勝利を喜んじゃうアイラが可愛いったらないよ!
お泊り宣言してお互い真っ赤になり、ラルさんにストップかけられたセイと委員長に比べ、見た目もう少し上のこっちは「ガキかおまえらは!」という体たらく。
このギャップがまたいいよねぇ。

で、ガンプラマフィア(わはは)は国際ガンプラ審判員(なんじゃそりゃ)のパパンに「ガンプラ不法操縦(えええ?)」の罪などで捕えられ、御用。
いや~、今回も本当に楽しかった。ただ「色々あった」エル○スの大人の事情を説明してくれなくて残念だ。

次回はいよいよトーナメント開始!
セイ&レイジ組の一回戦は、待ちに待った念願のマオとの初対決だった!
ガンプラの完成度と圧倒的破壊力を持つ武器に加え、武闘派の会長やフェリーニとは違い、マオはいわばプラフスキー粒子を自在に使いこなす技巧派でもあるから、トリッキーで面白いバトルを見せてもらえそう。
とはいえ、どこかで敗者復活があるかもしれないけど、ストーリー上セイたちがいきなり負けることは考えにくい…
ま、そんなことは考えずに楽しもう。
来週はまたきっと胸アツなバトルが我々を待っているに違いない!

予告はGガン。「もうやりましたよ」と教えてくれた人がいたけど、やっぱり1回やったら終わりってわけじゃなかったね。

【ウィッチクラフトワークス】
多華宮くんの乙女化が気持ち悪いレベルなので何とかしてください…オエッ…
つーかあの人、なんで妹を「霞ちゃん」とか呼ぶの?キモいわぁ…実の妹なんでしょ?それとも連れ子?
クギュノワールが手を貸してもポンコツどもが火々里さんに勝てるはずがなく、霞にも見事な負けっぷり。そのせいかついに上司メデューサが覚醒した模様。
街のあまりの破壊ぶりを見た火々里理事長のリアクションが面白かったッス。

【バリスターズ】
今回面白くなかったら切ろうと手薬煉引いて待ってたのに、あ、あれ?意外と普通に魔法裁判やってればストレスなく見られるかも…
しかし井上麻里奈刑事みたいなキャラって、報われないタイプだよね。DTBの未咲とか、Cのジェニファーとか、スピグラのヒバリとかみたいに、初めは敵対、または追尾していて、最後には主人公に肩入れするけど報われない、みたいな。パンツスーツ症候群?
裁判官の木槌が効かなかったのも何者かが操作しているからってことなんだろうか。もうちょい様子見。

【ズヴィズダー】
「タバコ吸ってもいい?」
「吸ってもいいけど、吐くなよ?」

まぁヤニはマジで迷惑だけどさぁ…でも喫煙者にも権利はあると思うの。きちんと分煙することで、吸いたい人の権利を守ってあげてもいいんじゃないかと思うの。

でもうちの隣の親父がベランダで吸ってる煙が開いた窓から流れてくると「死ね、今すぐ死ね!」と思うの。だって臭いんだもん。

【ピューパ】
えええええ?なぜぇ・・・!?(土曜日のブログに書き忘れた)

【いなり、こんこん、恋いろは】
いや、これ無理。もう無理。マジ無理。切ります。(これも土曜日のブログに書き忘れた)

日曜アニメはダンディ以降ノラガミ、バディコン、ノブナガと追いついておりません。日曜日多過ぎるよ…

一言投票所

マギ(2013年10月2期開始)
●(17話がHDDレコーダーに未収録、涙)学園長もシェヘラザートも基本的には「善人」なんどろうけど、片や「魔導士以外は人の姿をしていても単なる獣」という認識(もう思想どころではなさそう)、
続き (もう思想どころではなさそう)、片や「子を心配しているようでいて、実は感情を組んでやらず道具扱い」というふうに見えてしまって、中世十字軍とイスラム教徒もこんなんだったんだろうか?と面白がってしまいました

確かに、はっきりした悪意より、まったりした善意の方がタチが悪い場合は多々ありますからね。
そして両者が潰し合いになるなら得をするのは結局煌という…
それにしてもこの作品、アリババくんの娼婦ママ以外はロクな母親(あるいは母親もどき)しか出てきませんな…

声優&俳優「永井一郎氏死去」
●永井一郎さんが亡くなられたそうです 突然だったので非常に驚きました まだまだ現役でやっていかれると思ったのに・・・・寂しいです
いやー、ビックリしましたね。いや、年齢からしたら決して早いわけではないと思いますが、現役でその日まで仕事をされていたという事なので、本当にぴんぴんコロリという事なんでしょうね。でも残念です。

声優&俳優
●キッズアニメは新人や声優初挑戦の人を採用するのが多いですからねぇ。そんな人達がどんどん成長するのをみるのが楽しみだったり。努力する人はホント上手くなりますからね
そうですねー、思えばデジモンセイバーズのガッキーもそんな1人だったのかも。豪勢ですよね、今思えば。

その他「山崎ハコ」
●http://www.nicovideo.jp/watch/sm13999605 おすすめの曲です。
なぜぇ!?!?
このページのトップへ
01/27(Mon)

憂鬱な日曜日

アメトーークの「ガラスの仮面芸人」を見た。
ツッチーの部長再現度が素晴らし過ぎてワロタ。
初の少女漫画がコレというのはさすが。つーか「ガラスの仮面ですがZ」書いてた野々村友紀子ておまえかい!!

【マギ】
ティトスはシェラザードの肉から作られた人工生命体だった!
なるほど、女性から創られたから見た目がかなり女っぽいというか、むしろ男女のない無性人間なのかな。
でもそういえば最初の頃そんな雰囲気あったっけね。
チョーさんの白とも黒ともつかない「魔道士の魔道士による魔道士のための」国づくり演説ですっかり忘れとったわ…

まさしくシェラザードの「子飼い」だったティトスの命はあと1ヶ月。
でも世界を知り過ぎ、その事実を受け入れられなくなってしまったティトスは苦悩を告白し、それを聞いた学園長は本当に驚いて、さらには彼を本気で守ろうとしたのでますますこちらは混乱する。
いや、むしろここまで「学園長は果たして正しいのか否か?」を突きつけるというのは凄い事かもしれない。

現実社会では正義は人の数だけあるのだから、絶対にどれが正しいという事はない。
だから学園長が過酷な経験に基づいて導き出した結論が全て間違っているとは言い切れないし、かといって立場を変えた側から見れば彼の政策は「冗談じゃない」という事になる。
彼が守りたいものは明白で、それは不断の努力のもとに実行される愛情深いものだけれど、それ以外のものに対する慈悲や博愛は一切ない。

だからこそ読者や視聴者、何より主人公のアラジンが判断をしかねて停滞してしまう。
でも逆に言えばここまで明白に線引きがないことを見せたら、実際どんな結末に持っていく気なんだろうと興味が沸くよね。

ところが困った事にシェラザードがそもそもどんな人間なのかさっぱり描かれていないので、彼女の意図が全くわからん。ティトスのようなホムンクルスを何人も創っては野に放っていたような会話もあったし…なかなか恐ろしい魔女なんでないか、この人は。

そのままいきなり開戦というのも驚いたが、ファナリス軍団と一緒にマグノシュタットに向かうアリババくんがめっちゃ爽やかな顔して「アラジン、元気かな」言うてるのにはぶっ飛んだ。これから戦争しに行く人が何を言ってるのだ…
(少し曇った表情で「マグノシュタットとレームが開戦…アラジンのヤツ、大丈夫かな?」と言うならともかくさー)

【星矢】
アテナエクスクラメーションは天地崩滅斬を砕いただけでハイペリオンはピンピンしてた。
ブチ切れた昴が「まるで神のようなコスモ(わー不思議だなー ←棒読み)」を放ってもやっぱりハイペリオンはピンピンしてた。
三位一体技がアテナが嫌う鬼畜以下の戦い方と説明した途端、6人で寄ってたかって攻撃する光牙たち(しかも全員吹っ飛ばされる)に、果たして倒せるのか、ハイペリオン!(投げやり)

【ダイヤのA】
「早く…!」
「…態度デケーけど…」
打たれまくった挙句、ついにみゆきちゃんにアドバイスを求める降谷にニヤニヤ。
野球嫌いな人って必ず「だって野球ってピッチャーとバッターだけでやってて、後の人はボケッと立ってるだけじゃん」と言うけど、ホント、わかってないよね。プロや高校生でもうまいチームだと、もう野手見てるだけでも楽しいのにねぇ。

野次りまくりつつ、クリス先輩に分析され、うるさいと釘を刺されるとおとなしくなる栄純(出番なし)が可愛い。
みゆきちゃんも予告で言ってたけど、そうか、みゆきちゃんとは檜山との対決以来のバッテリーになるんだなぁ。

【一歩】
品行方正・正々堂々のイーグル登場。
宮田が「鷹村を破るのはイーグルのような正攻法で攻める選手」と言ってたけど、本当はそうじゃない。
鷹村ほど正攻法を極めている選手はいない。その能力があまりにも高過ぎるがゆえにそうは見えないだけで、ホーク戦もそうだったし、宮田だって鷹村のアドバイスがどれだけ的を射たものか知ってるはずだ。

しかしこの3期、ペース配分を見ても十分だと思うんだけど、逆になぜあんなに海人戦を端折ったのかわからない。
プールでの猛特訓と予備ボンベの話、好きだったのに。もしかして何か問題があってまるまるカットされたんだろうか。

【47都道府犬】
柿の和歌山犬にかじりつく茨城犬が可愛い。
そしてノリツッコミと旗揚げで引っかかる兵庫犬も可愛い。
それにしても戦隊にブラウンて、シンケンジャーか。

【プピポー】
同類くんが登場。おばけより現実の恋敵が怖いヨー

【ノブナガン】
やだー、普通に面白い!
けったいな装置に組み込まれたガリレオ登場。挨拶もしないから無礼なヤツかと思ったけど、「ノブナガンさん」と敬称付でしおの事を呼ぶのがちょっと可愛かった。

信長さんの敦盛でダンシングはイミフだったが、トランス状態に入ったのかしおはハリケーンの中に飛び出し、見事進化侵略生命体の脳を撃ち抜くことに成功。ところが進化侵略体は合体しており、卵を守るもう一体はしおの弾では殺せない。

ジャックとのバディファイトはなかなか面白かったなぁ。
ジャックが切り裂き、しおは推進力としてノブナガンを撃つという発想はなかったわ。
2人ともバトルの高揚感と達成感で盛り上がってたけど、あのお姫様抱っこバトルは我に返ったらそりゃ恥ずかしいことこの上ない。布団に潜ってジタバタしちゃうしおも可愛いじゃないか。

ズヴィズダーは録画ミスで見ていないので後日。22時以降の日曜日はとても追いつかないなぁ。

女性声優人気投票

真堂圭
■じわりじわりと主演を頂いてる様で嬉しい限り。可愛らしい声に独特な冷たさ(乾燥した感じ)があると思います 今後に期待したいです
おっ、そうなんですか。結構キッズアニメにも出てらっしゃいますよね。

私、基本的にキッズアニメ(バトスピとかカード系とかイナイレ系)は苦手なので見ないのでわからなかったんですけど、佐藤拓也みたいに「キッズアニメで注目されて深夜アニメへ」という人も結構いるみたいですね(何この人?というのは大抵キッズアニメで活躍している)
声優オタの方はキッズアニメも追いかけるんでしょうが、そう思うと私は声優オタには絶対になれないなぁ。(ダメ絶対音感はまぁまぁ自信があるけど)

一言投票所

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
■黒田なんで奇をてらっていきなりメイジンかアイラとかありそうな。ニルスはフェリーニ、マオはダラーラの新旧対決で。ここでまさかの新キャラもきそうかなあと。でもその前に大会が最後まで開催されるかわかりませんが。大会って絶対途中で邪魔入りますよね・・・
なるほど、いきなりメインイベントというのもアリかもですが、機体の調子が…って、まさか親父登場と同時に強化パーツも登場なんてこたないでしょうね!?
予想は決勝トーナメントの放映回までは何でもアリなので、あれこれ考えるのは楽しいですね。

■アメリカ大会の様子からニルスとはフェリーニが当たると予想。それはそれとして、決勝までの相手がダラーラ、フェリーニ、マオ、メイジンだったりすると、どれも熱い戦いが期待できるところです。ただアイラは確実に入ってくるだろうからな。外れるとすればまずダラーラか。好きなんだけどな、あの人
あ、そうか、ありましたねぇその因縁。それでフェリーニがニルスに負けて脱落するんじゃないかな。
ダラーラは一応対決は終わりましたからね。確率は低いかも。

■オリジナル機体が発表された当初は、途中からゼロフェニーチェだとか、DX魔王になるんじゃないかと思ってましたが、いい意味で期待を裏切ってくれました。フェリーニをガノタに引き込んだ作品(恐らくは)の、最初の主役機であるウイングにこそ愛着があるんでしょうね
ここまで全く手の内を見せない双子の活躍も楽しみです。プラモの発売が全く予定されていないアビゴルバインか、ベストバウトを演じたフェニーチェがあっさり倒されてしまいそうな予感がします

フルパッケージやスタービルドなど、セイの機体はわりとサクサク進化してますけどね。
それにしたって皆自分の機体をベースに、創意工夫によってカスタムしていっているという感じですね。

双子とはレースで同じチームになりましたが、特に相手の手の内を見たわけでもないので、私ももしかして対アルゼンチンが一回戦かなぁと思ってます。
フェニーチェはスタービルドストライク戦での機体ダメージが大き過ぎたという理由で敗退しそう。

その他「若返り」
■儲け話ぜひ教えて下さい(笑)て言うかしまった、資金の事全然考えてなかった!今の内にツイッターでどっかの石油王と仲良しにならねば(笑)あれですよね、なんだかんだ言っても若い方がいいですよね 身体能力的にも記憶力的にもw
若い身体の方がいいって言うダンテさんの気持ちが分かりますね。こういう技術ももはや現実の物になっているので大いに向上していって欲しいです 願わくば本当に必要としている人達の為に
そして私の優しい老後の為にもな!!!若い身体で紅茶と男を嗜みながら悠々自適なダンテさんライフを送るの・・・ね、素敵な人生でしょう?

「いいですよね」と同意を求められましてもちょっと困るんですが…
夢は人それぞれなので「ダンテさんライフ」もいいと思います。ただし腐らないようお気をつけください(笑)

世界征服~謀略のズヴィズダー~ (2014年1月開始)
■2話の伊瀬さんの「ガンバッタ↑アッハァ」が素晴らしく萌えない萌え声で素晴らしい。しかし黒星さん絵が忠実に再現されてて嬉しいです、違和感なく再現されてたのサモンナイトのOPアニメくらいでしたから…
今期は「ザワさん出過ぎッス!」の他に、「全然萌えない萌え声」が流行りなのでしょうか。のうりんのベッキーとか。
流行の絵ですよねー、「まん丸より少しだけ長めの輪郭(顎は細い)に、口の位置が下過ぎ(あるいは横に行きすぎ)て、常にだらしなくどこかが開いている(=完全な円・楕円・三角にはならず、線が閉じていない)。口をつむぐときはちょんと黒点。笑う時はなぜか真ん中あたりで切れる。」という。SAOとかもそうだし、京アニ系がこういう絵柄好きっぽい。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、W、∀他)
■>W 「???」となるようなセリフや思想のオンパレードでしたが、ぶっ飛び加減をヴヴヴと似た感覚で笑えれば楽しめる作品だと思います。デュオは5人の中で死に神を自称する割に唯一明るく、協調性もあり、好きなキャラでした
既に「???」のオンパレードですが、軍関係のセリフはまぁ普通に聞けるので助かってます。
まぁ未だに何を目的としてあの学園にヒイロくんが潜入したのかはわからんのですがね。
デュオはまだ出てきたばかりなので性格などはわかりませんが、主人公は問答無用で女の子を殺したがり、逆にデュオは女の子を助けようとするいいヤツっぽいということはわかりました。
このページのトップへ
01/26(Sun)

三行半

来週は土曜勤務、再来週は日曜勤務と、忙しい日々が続くなぁ…

気の合う昔の職場の仲間と新年会をやった。
幹事をやったのだが、どうにも腑に落ちない…

1 店で配っているチラシを見ながら3時間コースを頼んだ(もちろん時間の確認もした。なぜならメンバーへの周知があるため)のに、当日になって「実はチラシを直していなくて、本当は2時間なんですが、今回に限って3時間でいいです」と言われたこと。

2 そのチラシには制限となる事は何も書いてなかった(しいていえば「女子会などに」と書いてあっただけ)のに、当日になって「これは女子のみのコースなので男性がいると困る」と言われ、男性は+500円払う事になった。

3 わざわざ店を訪ねて予約したのだが、内緒話がしたかったので「2階の個室を」と何度も確認しながら予約したのに、1階の奥ですぐそばに1グループいる席だった。

1については、これ、わざわざ言う必要あるかな…だって店の不手際で間違ったチラシを配ってたわけで、それを受け取った人はある程度の期間はチラシ通りにサービスを提供するべきだし、何も私の耳に入れるものでもないと思う(例えば次に同じコースを予約してきたら「2時間に変更になりました」と説明すればいいわけだし)
で、その時トイレに行ったらやっぱりまだ「3時間」のチラシが貼ってあって「おいおい」とツッコんだわ。早くチラシ変えろよ!

2についてはチラシを何度見返しても「女子限定」「女子会コース」とは書いていない。
「女子会などに」というのは、歓送迎会や忘年会などに、と同じく「選択肢の一つ」であって、あくまでも制限になるような言葉ではないと思う。
しかも電話で再度確認した時も「女性だけですか?」などと確認はされていない。
まぁもともとその後のお茶代を考えて500円多い予算を伝えていたのでその場で金額変更する必要はなかったが、それにしたってひどい話だと思う。ちなみに増額の理由は「男性は女性より酒を飲む量がはるかに多いため」とのことだったが、男性1名は下戸であった。

3についてはもう文句を言う気力もなく、黙っていた。
客数が少ない時は1階にまとめたい気持ちもわかるが、こちらは店の構造を知っていて「敢えて」2階の個室を頼み、店もOKしたくせに、無断で変えるというのはちょっとヒドいんじゃなかろうか。だったら初めにダメと言ってくれれば別の店を探したよ。

おしゃれ系の店だし、3時間飲み放題で味もまぁまぁだったので、皆さんは満足してくれたのでそれはよかった。
店の言い分も幹事の私しか知らないので、皆さんに不快な思いをさせることなく、心ゆくまでおしゃべりを楽しんでくれたようだ。
ついでに言えば最後、領収書を頼んだ時に宛名を見せるつもりで渡した名刺を返してくれなかった…
意地悪な人ならこういったトラブルを食べログなどに投稿するのだろうが、私はそこまでする気はない。

こんな店、もう二度と使わなければいいだけの話である。

【ハンタ】
キルアがイカルゴのために進路変更している間に、ゴンはいよいよピトーの元へ。
それにしてもプフのキチガイぶりがアニメだとさらにキモい…そして二又一成は喋り過ぎ…

【うーさー】
ゆかりぃぃぃぃんんんんん!

【ハマトラ】
ミニマムホルダーってエリートコースを約束されてるの?
我々ってこれまでそんな高い地位にいるミニマムホルダー見た事あったっけ?
ガキのイジメをマッチポンプしてたクソ教師とか、150円のパンも買えない探偵コンビとか、医師免許を持ってるというものの診療所もやってない胡散臭い医者とか、ファンキーな電撃野郎とかばっかで、全く持って「すごい」人を見た事がないのに、なんでこの脚本はなんでもかんでも唐突に出してくるかね…

しかも、前回のチクタクボマーは「…は?あんた誰?」という唐突さ、今回の黒ハルクは「おいおい、まさかこの変なオバハンの息子が…うわー、やっぱそうだった!」という使い古されたお約束。
ナイスが何言ってるかわからんと思ってたら笛吹いて「おまえ、カッコいいぜ!」って、どこがだよっ!!
こいつ、こんな姿になっちゃって今後どうすんだよ!おまえ学院始まって以来の伝説の天才なら元に戻してやれよ!!

サイコ野郎はペラペラ喋ってたけど槙島ほどの魅力はなく、冷静そうに見えたアートは狡噛さんほどの忍耐力もない。
そもそもアートすげぇじゃん。ミニマムもないのにトップの成績で卒業なんて、そっちの方が普通じゃないじゃん。

いやー、もうこれほとんど視聴継続はないなー、多分。一応次回も見るけど、ノブナガ・ザ・フールとバリスターズとハマトラはほぼ脱落間違いないと思う。

【凪のあすから】
ヒカリが復学し、美海やさゆと同級生になった。
まぁヒカリにとっては美海はちびまる子ちゃんと変わらないわけだから悪ふざけもするだろうが、色気づいた年代にはそうは見えず、美海とさゆは大喧嘩をしてしまう。

美海が海に落ちた時、あー、これで要が助けてくれるのかと思ったんだけど、まさかのエナ展開でハーフの美海も海の中で呼吸ができるように。
じゃあもうちょい先かと思ったらラストで本当に要が戻ってきて、まなか以外のメンバーが揃ってきた。

恋愛物ってドラマでも少女漫画でも思うことけど、愛だの恋だので悩んでる皆さんって、あまりにも世界が狭くてちゃんちゃらおかしいわな。

【銀の匙】
偉いのは馬。以上。

【サムライフラメンコ】
サムメンジャーが相手するビヨンドは強いんだか弱いんだかわからないビミョーなヤツばっかなのに、一般のザコ隊員が相手にするビヨンドは口から酸を出して人間溶かしちゃうとかマジでヤバいヤツばっかなんだろう。

フラメンガールズ再会だったけど、トーチャーの前で命を賭ける覚悟を見せた萌を見たまりは悪態をついてしまう…ったく、ここは瑞希にバシッと決めて欲しいね、バシッと!

後藤さんも小林ゆうドンナと対決。しかしそのピンチに現れたのはハラキリサンシャインだった!

って、えええええ?

行方不明だった要が連れてきたのは往年のヒーローたち。唖然呆然の正義たちだけど、やがてビヨンド「最後のシ者1人」から謎の呼びかけが。
1人降り立った正義の前には、正義を「兄さん」と呼ぶ正義と同じ顔…なんだと思うんだけどさぁ、相変わらず作画が不安定なアニメなのでなんかどうもソックリに見えない…

というわけでヒーロー大集合の後は「きみは光~僕は影~」ならぬシャドームーン展開の模様。
むちゃくちゃだなぁ、もう。

【のうりん】
ビキニアーマーって言うのか、あれ…
ゆかりんキャラがあれで巨乳って異常パターンはよくあるが、花澤さんキャラがボインボインゆえに太ましいのがリアルでいいな。
いもむし手づかみ、鶏糞さっさか、ゴキブリぐりぐりは実にたくましい。
鬼灯でのラムちゃんモドキが記憶に新しいところでうる星風EDに笑った。まさか毎回変える気じゃあるまいな?

【鬼灯の冷徹】
切れ長の眼が鬼灯によく似ている女好きの白鐸さんが登場。
桃太郎の従者はどれもたぷたぷしてて微笑ましいなぁ。触ったら気持ちよさそうだ。
まさかの上司への「スリーピング回し蹴り」に吹いてしまった。容赦なさ過ぎ。

【キルラキル】
サツキから最後の一枚を奪い取り、ピョン吉鮮血復活。
金満は良く頑張ったけど、駆けつけた四天王の加勢もあり、目的のヌーディストビーチ基地も壊滅に追い込まれてサツキ様が勝利してしまった。
OPもED仕様の特別版だったし、流子も初対決よりは健闘したものの、最終決戦と呼ぶにはまだ早いかな。
次回はすべての謎が明かされる…のかな?

【ガンダム関係】
Wは2話目を視聴。
リーオーと共に沈んだウィングを引き上げようと画策する軍関係は問題ないけど、主にリリーナ関係のキャラたちのセリフが時代がかり過ぎていてこっぱずかすぃ…
デスサイズのデュオがヒイロの事を知らないというのはちょっと新鮮かも。なおこの機体の武器は水中でもビームが減衰しない模様。

海にうつぶせに浮かんでるヒイロは早く助けないと死ぬと思う。

ガンビルをブルーレイに残すべく、15話+BSの特別版のチャプター整理をしながら何回か見直してしまう。
今思えば年末の旅行のおかげで、野球のあたりをまとめ見できたのも息切れしなくてよかったのかも。
ちょうど今、同じくDRで録画している種デスが一番アホらしいあたり(次回が二人のラクス)に突入したので、CMカットのために見るのすらゲンナリするため、余計にガンビルは面白いなぁと見返してしまう。
ちなみに種デスは最終話までブルーレイに焼くと、何話分か余ってしまうので、ヴァルヴレイヴ全話(面倒くさいのでCMカットはしない)をぶち込んでやろうと思う。ふろしきの畳みそこねと最終回がうんこな作品同士で仲良くするがよい。(そしてどちらも憎みきれない)

一言投票所

その他「若返り」
■最近ネズミを使った若返りとか老化抑制とかの記事を見かけてワクワクしている自分がいます。20年後くらいに自分の若い身体を作って精神を移し替えると言う壮大な計画を立てているのでチャッチャッと実現して欲しいです(笑)」
なるほど。でもそういう時代がきた時、多分初めはものすご~く金がかかりそうなので、十分な資金を用意しておくといいと思いますよ。
そこでそんな前向きな野望を持つ貴方様に、絶対に儲かるお話を今だけ無料でお教えしたいのですが…(笑)

凪のあすから(2013年10月開始)
■それぞれ女子力・男子力が高そうなキャラなのに、ホレタハレタのベクトルが錯綜していて全員片思いという昼ドラも真っ青のドロドロ展開。が、絵(背景も含めて)がきれいでキラッキラしていて、そのドロドロぶりもあんまり生々しくならないところがアニメのいいところですね。続きの見たさでは今期最強。
つくづく、あの連中は恋愛しかない狭っ苦しい世界に生きてるんだなぁと思います。
基本的に恋愛物は、ラルさんじゃないけどケツが痒くなるので嫌いなんですけど(しかもさらに世界の狭い学校物だし)、「凪あす」は汐鹿生のことやまなかの運命も気になるので、毎週楽しみです。

鬼灯の冷徹(2014年1月開始)
■そういやOPで八大地獄の名前を順繰りに歌ってるってことは2番では八寒地獄の名前なんですかねぇ。八寒地獄は原作でも突っ込まれるほど名前が適当なんで、そこまで取り入れた歌詞だったらちょっと面白いかも。ちなみに尺的に八寒地獄のエピソードは入りそうにないのが残念なところですw
キャスト見た時に白タク様に遊佐浩二は確かに合うだろうなぁ…………と思ってましたが、予想通りお見事でしたwちなみに白タク様を最初に投げ飛ばしたキャラなんですが、先々月か先月あたりで意外な正体を明かしています。二期あった時(笑)のお楽しみになりそうなので、これ以上のネタバレは控えますがw

この作品は鬼灯さんの温度の低さが地味にいいですね。お供と再会した桃太郎も微笑ましかったです。しかし2期とはこれまた気が早い…

その他「ガッチャマンクラウズ」
■やっぱりあの最終回は製作が追いつかなかった結果だったそうで… BDのディレクターズカット版では出番の無かったキャラ(ジョーさんや梅田さん)のその後、カッツェとの決着など、足りない部分が追加されてました… 2期やるのなら絶対放送すべき内容でした
そうですか、それは残念ですね。最後がきっちり決まればすごくいい作品になったと思うのに…
2期の前にそういうシーンをある程度は入れて欲しいなぁ。

ダイヤのA(2013年10月開始)
■作者のかたも女性があまりにも少ないことを悩んでいるようです。掲載誌マガジンだもんね。マネージャーとしてだすしかないんですけど試合始まったら空気だしなぁ。これってどのスポーツ漫画にもいえるのですが。
マネージャー4人もいれば結構頑張ってると思いますが、出しどころに困ってるんだろうなぁという「出し方」をしてますよね。特に野球は好きなので、試合に関係ない余計なシーンはいらないんでいいですけど。

バディ・コンプレックス(2014年1月開始)
■青葉くんがすっきりしたいい性格なので今回の暴走の件についても反省はしてくれるだろうと思うとみやすいですね。ディオからは粛清パンチをもらうでしょうけど。ヒナの「は→→↑」にちょっと吹きました。早見さんはあんまり叫ぶ演技あいませんな。
青葉、明快でいいですよね。まだ出会って間もない女の子にちょっと馴れ馴れしすぎるのは気になりましたが、バカではなさそうなのでそのへんはいい感じです。
早見さんは能登系統のささやきボイスなので、あまりバトル向きじゃないかなぁ。

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
■決勝は16人のトーナメントなので、優勝までは4試合。オーソドックスにいくとすれば、1回戦マオ、2回戦ニルス、準決勝アイラ、決勝メイジンといったところかな? さて、どうひねってくるか。
私は以前の予想通りアイラ戦にもう少し重い因縁を持たせる(レイジにはあるけどセイにはないので)と思うので、そのためにマオVSアイラを組んだりするんじゃないかなと。お笑い担当ニルスはセイ・レイジ組でもいいんですが、今回メイジンと絡んだのでそれもありかなぁと。なんにせよ楽しみです。

■00の1期でグラハムがフラッグで活躍した後グラハム専用フラッグのプラモが売れた時と同じように、15話の後、フェニーチェが次々と品切れているようです。
おー、売れてるんですね。カッコいい戦闘を見せればプラモは売れるんだなぁとつくづく思います。
私は「ガンダムコンテンツが多大な利益を上げると、御大がガンダムに動き出す」と見ているんですが、SEEDの時にΖ劇場版が動いたように、最近チラチラと御大始動の噂が聞こえてきたので「ガンビルの収益が上がってるという事かな」と見ています。

■リカルドに愛されているウイングガンダム、実は不遇な主人公機として有名だったりします。これから視聴されるかもしれないとのことなので、詳しくは省きますが主人公が全く愛着を持っていないのがそもそもの原因でして。(続き)
続き)周りの主要人物が自分の搭乗機体を愛しているキャラばかりなので、特にウイングガンダムの扱いは浮き立ちます。00の刹那やグラハムとかも搭乗機に対する情熱は強かったし、黒田脚本のロボット作品は自分の機体に対して熱いパイロットが多いのかもしれません。

私としてはボトムズや初期のギアスみたいに機体への愛着が薄いロボットアニメも好きですけど、機体に強い思い入れを持つのも悪くないと思っています。
特にガンビルはプラモデルですから、自分の手で作り上げ、強化パーツを考えてカスタマイズしていけば特に愛着が沸くのかも。
ヒイロはそうやって兵器に思い入れないことで、根本にはどこか「こんな事をしている自分」を否定している、というテーマ性を盛り込んだとか、何かしら製作側に意図があるのかもしれませんね。全部見てみないとわからんけど。
このページのトップへ
01/22(Wed)

アニメ視聴クロニクル

あっという間に1月が終わりそうだ。
何がイヤって、2月になると春めいてくる事がいやだ…ああ、イヤだ。念のため言っておくが花粉症ではない。

遅ればせながら今年のインフォメーションページを更新しました。

2014年インフォ

同時に2013年も最終更新。ログ・ホライズンの視聴挫折を書き加えて終了。振り返ると一年間色々見たなぁと思い出しますな。去年の今頃は左門のグニャアが名物だった「絶園のテンペスト」とか、「ジョジョ第2部」とか、「ちはやふる」や「新世界より」とか見てたなぁ。続編決定の「サイコパス」もやってましたっけね。

そうやって2003年のインフォから順に見ていくと自分が何を見ていたかという視聴クロニクルになっているわけですが、つい最近、全く内容を思い出せない作品があって愕然とした。
どんなにつまらなくても印象が薄くても、見たものについては何かしら覚えているはずなのだが、この作品はタイトルを見ても全く内容を思い出せず、「ええ?こんなの見てたっけ?」と首を傾げた。

そもそもこのインフォページはいわば備忘録でもあるから、途中で視聴を挫折した作品も描いてある。

「そうか、きっと3話目くらいで挫折した作品に違いな…全部見とるやんけ!」

自分で自分にツッコんでみても全く思い出せない。記憶の片鱗に何一つ残っていないのだ。
根負けして作品を調べたところ、おぼろげに記憶が蘇ってきた。
案の定、全部見ても全然意味がわからず、ひとつも面白くなかった作品だった。
キャラクターや世界の雰囲気は「Another」にそっくりだった気がする。その作品の名は…





…と引っ張るほどのものでもない。





答えは「おおかみかくし」である。(しかしこうやって長々と書いてもなお、何ひとつ印象を思い出せんのです)
この作品に比べれば、未だに「その眼で見て誰が死人か早く言え!」とツッコんでしまう「Another」は、十分印象深いのであった。

【マギ】
相変わらずちゃんと見ているのに一言書き忘れる。そんなに書くべきことがないせいかもしれないが。
魔導士が国を創ろうと思わなかったのは、征服欲や支配欲以上に「知識欲」が旺盛だから、というのは面白いかも。

まぁねー、あんな家畜の安寧豚どもに酷使されて命をすり減らして死んでいった家族や仲間の事を思えば選民思想に走る気持ちもわからなくはない。手を下した貴族が悪いにしても、彼らの暴走を止められなかった王家を憎むのもわからなくはない。

でもそんな諸々より、チョーさんが一生懸命ヤングなパパボイスで喋ってるのがむっちゃハラハラしたぜー

【バディ・コンプレックス】
「おまえ、泳げるか?」

物語は「ロボット物の王道」をいって、一度は出し抜いたはずの敵の罠にはまって動けなくなった味方を救出するため、艦長からの依頼で青葉が出撃する→デュオとの「ナイスカップリング」で機体の力を極限まで高めて圧倒的有利に立つという流れがなかなかの熱さだった。

この時点では「ちょっと有利過ぎるんじゃないの?」と思わせておいて、雛の存在に心を揺らした青葉がコネクトを切ると両者とも急激に力を失ってしまうという危うさも見られて「うーん、なかなか演出がうまいじゃないか」と唸らされた。

まるで昭和後期のこなれてきたロボアニメみたいな展開でなかなか引き込まれ、しかも主人公の暴走で戦場が引っ掻き回されてぐだぐだと終わる…なんてどこかZっぽい雰囲気だ。(ロザミアやブラン大尉が出てきたあたりってこんな感じだったよね)

文化の違いと言語に難ありのガルガンティアのレド、控えめかつ天然なマジェプリのイズル、争いごとが嫌いで一歩下がりがちなヴァルヴレイヴのハルトと、主人公がいまひとつ「コミュニケーション下手」だった2013年度ロボアニメと違い、青葉はハキハキと明快に自分の意見を述べるし、ディオに対しても全然遠慮がなくて常に対等なので、見ててストレスがないというか、なんかすっごく気持ちよくない?
しかもそう言いつつも無駄にうるさくつっかかるタイプじゃないし、ディオも冷静さを併せ持ちつつ、情熱を隠していそうなタイプだし。次はこの戦闘のぐだぐだ加減を巡ってケンカするのかなぁ…わくわく♪

惜しむらくは「まゆかちゃん」と呼ぶのはやめて欲しかったなぁ。世界観的に、女性でもちゃんと姓で呼んでいただきたい。でも可愛いよね、那須さん。いい子っぽいしね。
井上麻里奈のツインテは多分ディオが好きなんだろうけど、ロボ物で恋愛はうざいのでほどほどにしてもらいたい。

ピンクのヴァリアンサーに乗ったゾギリア大好き雛さん(ピンクと早見沙織はAGEの悪夢が…)は能力の上がったルクシオンといい勝負してたので、相当強いんだろう。
つーかあれだけ早い反応するディオを受け止めきった森川もかなり強いよね。ホント、ディオ&青葉は「いや、ちょっとチート過ぎね?」って感じだったからなぁ。まぁ弱点も露呈したので今後はその秘密を探られるのかもしれないけど。

しかしこれ、企画が進んでる段階でスタッフはちょっと冷や汗かいたろうね。
何しろ昨年夏のヒット作「パシフィック・リム」のダブルパイロットの精神リンクとクリソツなんだもの。

いや、でもとても楽しい。思った以上に楽しんでる自分がこれまた楽しい。

日曜日は豊作だ!とほくほくしたが、さすがにここまで。
「となりの関くん」は短編なのでどうでもいいが、ここからの2本は2話目および3話目にしてかなり怪しくなってきた…

【ノブナガ・ザ・フール】
うーん、なんか後半厭きちゃったよ…
ヒミコさんが出てきて「同盟=結婚」のトラップを仕掛けました。
ジャンヌはもう少し凛とした女性で、男になっても本当にそう見えるようなタイプがよかったなぁ。日笠さんには悪いけど、声ももう少し低めの落ち着いた人に演って欲しかったよ。

つか作画が不安定で、たまにえらい劇画調になるので笑ってしまった。ジャンヌさん、顎ごっつ!!
わざわざ信玄が出てきたのに、本当に集中力が続かなかったので、これは早くも黄信号かもしんないね。
あとホントに茅原さんの歌をOPに使うのはやめてくれ…それだけでおもっくそマイナスだわ。

【ウィザード・バリスターズ】
「セシルの戦闘服です」をまさかの裁判長に対しても…ウザ…

つーか、あの事務所の連中はホタルさん以外は皆、裁判長の心象を悪くするような格好してると思うのですが…
弁魔士がああなら、検事側もヒラヒラの衿とか鞭持ってビシバシとか、コーヒーごくごくとかじゃないと釣り合わない。

再構築魔法はあんまり使える人がいないと言ってたからよっぽどレアなのかと思ったら、なんか後半は敵も味方もやってなかったか?

これも厭きて流し見してるうちに終わっちゃって、イヤイヤながら繰り返しで見た。視聴継続はかなりヤバいかもなー。

【弱虫ペダル】
「真波君にボトルを返すために」インターハイに出たいと本気になる…のはいいんだけど、なんという色気のなさ。
そりゃもう提供バックでマネちゃんの胸がたゆんたゆん揺れちゃうわけですよ。

今までまるで空気だった2年生が突如進路を塞いだり昔話を喋り出して1年坊主を翻弄するパーマ先輩こと岸尾回。
インハイの自転車はチーム戦ではあるけど、あくまで勝負は個人戦で、チームワークを武器にするのは負けの法則だ(by 金城)みたいな展開になるんだろうか。

男性声優人気投票

平川大輔
♥私は岩窟王の死ぬシーンですかね。ハッピーバースデーの言い方があまりにも優しすぎて切ない。子供に夢を与えるために声優になったのに誠をやっていたのにはなんか複雑な気持ちデスネ
「フランツ・デピネー 永遠にアルベールの心と共に…」(巌窟王 第20幕)

限りなく愛情に近いフランツのアルベールへの想いは、男女の別すら気にさせない優しさに溢れてましたね。
巌窟王18幕のレビューは初めから最後まで泣きながら書いた覚えがありますよ。
あんなにものめりこんで真剣にレビューを書きたくなる作品に出会えたのは幸せでした。
最近このサイトにいらした方や、「GONZOはちょっと…」と見ていない方は、ぜひご覧になることをお奨めします。私の拙いレビューもよろしく~

反面、当時あれだけ話題になったスクイズで「はっはっは、ここまで憎まれてる主人公を引き受けた物好きは誰だ」と調べた時、「えっ、平川さんなの!?なんで!?どうして!?」と仰天しましたよ。振り幅大き過ぎるよ…

一言投票所

ノブナガン(2014年1月開始)
♥しおちゃんとキャパ師匠の「なんでノブナガン?」「かっこいいから」「え…」な会話に爆笑。しおちゃんのぼっち充なんだけどコミュ否定をしないキャラはなんだかかわいいです、ちょっと前のサンデー系主人公的な雰囲気みたいな
キャパ師匠、気難しそうなんだけどなんだかんだ言いながらきっちりしおの面倒見ているあたり、なかなかいい人そうですよね。
しお可愛いですよね。中の人は歌はアレだし、ひたすら「うううぅ…」ばっかりですけど、ゼーガの花澤さんに比べたらとんでもなくうまいので、今後も温かく見守りたいと思います。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、W、∀他)
♥「ガンダムでメインを張ってない」とすると小野Dもスターゲイザーで一応主役を…
ああ、そうか、小野はスターゲイザーやってましたっけ。でもあれ、なんとなく見てる人は少なそうですけど…
OVAや劇場版を入れるとなると内山もダメですね。

あとガンダムの話題は「その他」ではなく、こちらの項目へお願いします。

マギ(2013年10月2期開始)
♥校長は善人かも?と思わせて、選民思想にどっぷりで(ストーリー的には)よかったです。アマゾネス先生は「這い上がろうとしない者など」って考えなんだろうけど、今後敵対するのか気になります
ホロコーストも恨みが元になったなんて言われてますし、正義はいつの時代も簡単にひっくり返るものです。
あの魔力源の人たちは働かなくても最低限食べて生きていけるような状況におかれてたんでしょうね。
そういう意味では救済の道が残っていたのに、茨の道であるそれを選ばなかったと言いたいんでしょう。

その他「悪女」
♥悪女話題>ニナの名を見ると某作家氏の「キースはその女あ(略」を思い出します、でも同じ作家氏記事内の「スネ夫顔」の方に共感したり。今でもあーいうシャギー髪の男性キャラはスネ夫にみえちゃうときがあります、遠景や動きの最中のデフォルメ作画なんか特に(国民的アニメキャラの印象が強いだけってのもありますが
続き>下記の件は「キースはその~」で検索すると出ると思います、なんだか説明不足すみません

すみません、ご本人も「説明不足で」と仰られてますが、本当に何を仰っているのか意味がわかりません…

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
♥アビゴルバインの対戦相手は00前期のラスボスで国連大使の乗ってた、アルヴァトーレですよ。大量の太陽炉に巨大なビーム砲とバリア、あと疑似サイコミュ兵器とまさにMAって感じで、成金趣味のカラーリングが残念なところ以外は中々好きな機体です。まあ、BFでは活躍どころか一瞬で沈みましたけど(笑
あー、あれか、ガチホモのアレハンドロさんが乗ってたキンキラキンの、MSがくっついたみたいなMA。だから搭乗者も「アレハンドロ・コーナー」ならぬ「コーラ(サワー)」だったわけか。
サイコガンダムの勇者的スパロボカラーにも驚きました。色変えられると見慣れた機体もわからんですばい。
しかし15話、どこのレビューやスレを見ても拍手喝采ですね。皆本当にガチンコバトルが見たいんだなぁ。
そしてフェリーニは株上がりまくり。ミスター・ブシドーが空回りしまくった中村もこれで本懐でしょう。
このページのトップへ
01/21(Tue)

日曜アニメが豊作過ぎる

リアルタイムで見ても間に合わず、バディ・コンプレックスまで届かん!

【ノブナガン】
絶海の孤島でキャパの特訓。しおとキャパの師弟ぶりも思った以上にいいし、各国から来た兵たちがナイスガイ過ぎる。
つーかこれ、しおコピーの爆乳水着姿とか見ても、「泥臭くて少年漫画っぽい」と思えて普通に楽しい。

【ウィッチクラフトワークス】
相変わらず塔の魔女どものポンコツぶりは微笑ましいのだが、クギュノワールはなかなか底知れぬ力を秘めていそうで不気味じゃったぞ。
多華宮くんと火々里さんは何らかの因縁があるらしく、火々里さんの魔力は多華宮くんから引き出し、多華宮くんの体の傷や痛みは火々里さんが引き受ける模様。飛行時や魔力放出時にガタイのいい火々里さんに守られる多華宮くんの姫ぶりは絶対狙ってるなスタッフ。

CMで見てビックリ。これラノベじゃなくて漫画なのか!しかも原作の絵よりアニメの方が見やすい。多華宮くんはより姫っぽい。絶対狙ってるなスタッフ…

【スペースダンディ】
竹達キャラが「爆乳」のハラペコモンスターにぃぃぃぃぃ!
QTも知らない謎変身でロボになったのは笑った。
あとくぱぁ宇宙人が意外にもいい人たちだった。
ダンディ(正確には1万光年離れた星のレトルト)があれを駆逐したおかげで、彼らも平和に暮らせるようになったならめでたいことである。

つーかミャウ助けたれよ!何見捨ててんのよ!

【ノラガミ】
夜トは、自殺しようとするヤツも、自殺したヤツも嫌い…その本心を知って思わず泣いてしまうひよりが可愛いなぁもう。
このアニメはひよりが可愛いんです。絵柄も好きだけどひよりの健やかな性格が何より好き。まぁ実際は半彼岸の魂だけども(全然健やかじゃねー!)

夜トの神器になった雪音は「切れ過ぎる」ほどの刃で現世の物体まで斬り裂いてしまう。反抗的ながら中二病真っ盛りっぽい不安定さも可愛いなぁもう。

菅原グループの威力はマジでゴイスー。1話で出てきた伴音が大手に就職しててあらまぁビックリ。
予測どおり、毎回面白くて超楽しみ。

一言投票所

その他「機動戦士ガンダムW」
★GWは20世紀に視聴済ですがヒイロとリリーナの関係が好きでした。そういえばテロリストと政府関係者の娘という関係はキラ様とラクスもでしたね
キラとラクス…って、いやいやいやいや、それは違うでしょ、初期のヒイロとリリーナとは!
だってキラって最初は民間人から野戦任官の軍人でしたよ?
それが脱走兵になり、祖国オーブの抵抗勢力となり、やがてテロ姫ラクスと合流してから「晴れてテロリストに転職」ですから、初めからテロリストだったヒイロとは違いませんか?

★W>5人のパイロットは中堅だったら神谷・小野D・杉田・中村・カトル枠で沢城とかですかね。今だったら逢坂・木村・岡本・細谷・江口ですかね。個人的には浅沼・豊永・宮野もいれたい
あはは、いいですねぇ。宮野は刹那の雰囲気がヒイロに似てるなぁと思ったのでハマり過ぎちゃう。
「ガンダムでメインを張ってない」を条件にすると、神谷を外して福山あたりどうでしょう。ターンAではガンダム乗ってないし。

イマドキの声優はまさに私も考えてた通りです。つか順当ですよね。細谷は低音でドスが効くのでカッコよさそう。江口はAGEに出たので外すとすれば、内山か花江はどうでしょう。梶くんは個人的にはあまり…なんですが、セキトシの代わりに入っても仕方がないかなと思ったりします。
浅沼は脇役でぜひ入れたいですね。豊永はいい人か悪い人のどっちかで。悪い人ならエグく死ぬ役をうまく演じてくれそう。

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
★戦って勝つことに理由なんていらねえ!!ってことですね。一つの機体にずっと愛着があるとか泣かせます。男が二人以上いたらバトルですよバトル。スクライドの一騎打ちを思い出しました。さりげにウイングとストライクで中の人もかぶってますし
00が黒田と聞いて、まず思ったのは誰もが「スクライドなガンダム」が実現するのではということでしたが、実際はそんな胸アツなバトルは皆無でした。無常矜持のセリフはあんなに面白かったのに、00では狙いをハズした変なセリフが空回りしてるなーってのが印象です。
そういやオリジナルのモビルスーツに乗ってたキャラは確かに保志&緑川でしたな。

フェリーニがあんな小さな頃からウィングに魅せられ、負けてもそれを強化しながら共に戦ってきたというのが熱いですね。
以前この一言でもマオやセイ、ニルスに比べてプラフスキー粒子を利用するバトルより、肉弾戦が得意なフェリーニは「オールドタイプ」ではないかと言われてましたが、我々がニュータイプ全盛のガンダムにあって、「知恵と経験でニュータイプを上回る、戦闘巧者のオールドタイプの逆襲が見たい!」と思うそれを見事やってのけてくれた気がします。あっぱれでした。(最近だとアセムがそれをやれそうだったのになぁ…ホント、AGEはXラウンダーじゃないアセムをもっともっと大事にすればきっと化けたと思うのに)

★熱すぎる!熱すぎてもらい泣きしそうになりましたよ!
なんですって!?私は完全にもらい泣きしましたよ!久々にいい涙を流させてもらいましたよ!
生死を賭けてないから会長とのバトル同様、とことんやり合えるし、生死を賭けてないから終わればまた友達に戻れるという爽やか展開に、してやられたわいとニヤニヤしてしまいますよ。おっさんおばはんにとっては本当にいいガンダムですよね、これ。

そしてズタボロのスタービルドストライクを見て、「ならマークⅡで…」と密かに思ってしまうマークⅡスキーな私。

特撮&仮面ライダーシリーズ
★靖子さん脚本ならタイムレンジャーをお勧めします。戦隊の中でもかなりシリアスよりで大人むけの脚本です。後半の展開はかなり盛り上がりますが子どもに理解できたのかどうか。
続き>主題歌も戦隊では異色の女性ボーカルゴスペル風で子どもが歌えないOPと言われてました。お話も初期は地味ですが中盤以降かなり盛り上がるのでシンケンジャーが面白かったならこれも楽しめると思いますよ

最近いらした方ですかね?
2007年にレビューをやめてから、「特撮物は何を見たらいいか」で盛り上がった時、タイムレンジャーも熱心にお勧めいただきましたっけ。ただ「さすがに戦隊物はちょっとなぁ…」ということで、龍騎やクウガやネクサスにしたんでした。
ゴーカイジャーで、こちらで子供を作って視聴者の度肝を抜いたタイムイエローのその後が出ましたっけね。

特撮&仮面ライダーシリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」
★現在公開中の映画にお約束の先行登場したそうですが・・・完全にノリがあのお馬鹿戦隊カーレンジャー風だったそうですw CMとかでも少し映ってますが「電車ごっこしながらエグザイルダンスして名乗りを挙げる」という訳のわからない連中だそうでwww
なんですとカーレンジャーのノリ!?それは楽しそうじゃないですか。私は何度も言ってますが(皆さん忘れてませんよね?)基本的に子供向けの特撮は嫌いですけど、「チビッコ向けに見せかけて大人が笑えるギャグを盛り込んである」作品は好きです。電王とかディケイドとかゴーカイジャーみたいなのはいい♪(そういう意味では純粋に子供向けだったゴーオンはちょっと異質だったかも)

その他「悪女論」
★コメントありがとうございます。鬼女って言うのはなんと言うか・・残虐さや汚らしさが顕著に溢れ出た女性と言う感じです 現実の世界だと尼崎の犯人がこれに当たると思われます。ギアスのマリアンヌは何と言うかよく分からなかったですね もっと重みのある人だと思っていたので表紙抜けと言うか何と言うか・・・
ファイナ様は教祖様系と言うことはガラスの艦隊のレイチェルみたいなタイプでしょうか?彼女ももうちょっと頭が回れば悪女になれたのに残念です そしてオススメの悪女ですが若くないので悪女ではなく毒婦ですが聖戦士ダンバインのルーザ・ルフトはエグくてよかったですよ
史実ならベル・ガネスとカテリーナ・スフォルツァがいます。ベル・ガネスは女版青ひげと呼ばれ、その消息とともゾクッとさせられます。カテリーナは詳細を省きますが、自身の子供を人質に取られ、反乱軍に脅迫された際「馬鹿者!子供なぞ後でいくらでも作れるわ!」と言って大砲をぶっ放したと言う逸話が残っています。
ガンダムWに再び挑戦されてるそうですね!ぜひW屈指の悪女ドロシー・カタロニアさんに会っていって下さい 悪女っていうか女狐なんですけど ポジションは王留美でナージャのローズマリーの行動力と弁舌を兼ね備えた指南ショーコって感じかなと 出てくるのは後半なんですが彼女の台詞には感銘を受けるものがあります。

いやいや、また長いコメントをありがとうございます。
レイチェルさんは(ホモの)ヴェッティ様の愛を得たくて変な方向に走っちゃった感があるので、まともな夫と結婚していればまともだったかもしれません。ファイナは…うーん、まぁ色々とおかしい人ですよ、やっぱり。

悪女って強い信念と目的を持って「その身を汚すことも、手を汚す事も厭わず」完遂しようとする姿にどこか魅力があるような気がするんですけど、やっぱりなかなかいないものです。
トミノは昔から作品にヘドが出るようなハスッパ女をよく出しますが、悪女という冠が与えられるキャラはいないなぁ。

ドロシーは噂に聞きます。大分先になりそうですが、どんなキャラか楽しみにしておきます。

声優&俳優「加藤精三さん死去」
★加藤精三さん、お亡くなりになりましたね。有名所では星一徹やメガトロン様、私としましてシグルイの虎眼先生の狂気が印象深いです。ご冥福をお祈りします
お亡くなりになりましたねぇ。私は「巨人の星」の声しか思い出せませんが、調べてみるとつい最近まで驚くほど色々な役を精力的に演じてらっしゃったんですね。年取って辞めちゃう人も多いのに、すごいなぁ。ご冥福をお祈りします。
このページのトップへ
01/20(Mon)

久々に!

いい黒田を見た!
ズタボロになったスタービルドストライクに、セイが「ありがとう」と呟いた瞬間なんかヤバいだろ。
フェニーチェの奇襲と地形を生かした戦闘に追い詰められながら、ブースターでトラップを仕掛けるとかね。

【ガンダムビルドファイターズ】

キララが言ったように、ニルスが推測したように、フェリーニが懸念したように、手を抜いてセイたちを勝たせることでお互い決勝には進めるし、ガンプラを傷つけずに温存する事もできる…でも、ビルダーであり、ファイターであるフェリーニはそれをよしとする事はできなかった。

ストライクの厄介なシールドを斬り裂く先制も、息もつかせぬビームサーベルでの斬りあいも、ランチャーVSライフルの撃ち合いも、本当に呼吸を忘れるくらい夢中で見てしまった。
アビゴルバインが戦ってたのはなんですかね?
キュベレイもギュネイwに勝ったし、マオも謎の忍者ニルスも順当で、ケンプファーはレジェンドを瞬殺。しかし種の機体倒すの好きだね会長…

いやー、しかしホント、今回は3人とも本当に格好よかったよ。
レイジとフェリーニがガチの殴り合いの後、ふっと笑った顔なんかね…
もうね、女ならあの緩急を見たら惚れずにはいられないよ。
男のいいところの一つは、張り詰めきった精神が緩んだ瞬間だからね。
そしてガンプラを直す時の「子供か!」という笑顔で振り返ったセイとリカルドもね。
ましてやフェリーニはずっと相棒フェニーチェをカスタマイズしながら戦ってきたのかと思うと感無量…くっ、たかがオモチャなのにぃ!

いいものを見せてもらった。
久々に感動の涙がこみ上げたよ。
そのくせ、命懸けではなく、死人が出るわけじゃないから、両者に心から拍手を送れる。
素晴らしかった。きっとこれも来週までに何回も見返すだろうなぁ。(アニメ視聴に忙しいというのに、毎回必ず見返しちゃうのがBFよ)

これが我々が黒田脚本に求める熱さだよね!
ホント、00で期待したのに全く不発だった黒田節を、ついに聞けて嬉しいよ。
男たちが皆ひたすら熱くて格好いいから、それを無駄なお喋りもせず、黙って見守る女たちがこれまた健気で超可愛い。
1人冷静なニルスに絡むのが会長だったのもよかった。ええい、もう、皆よかったよ!最高だったよ!

レイジはCEOの事を覚えてなかったみたいだけど、やはりアリアンの第一王子というのは本当らしい。
次回はいよいよ親父登場の模様。
いやぁ、もう、ますます眼が離せませんな!
このページのトップへ
01/19(Sun)

夕方から仕事

日曜だけど今日はイベントの片付けの手伝いがあるので夕方から仕事。
なので昨日の夜家に帰ってきたのだが、今日の朝、目覚めて時計を見たら始業時間5分後。
飛び起きて「遅刻だーぁっ!!」と焦りまくり、マジで駆けずり回ってしまった。

日曜やん…

仕事はあるけど、夕方からやん。
ぐったりと疲れて二度寝三度寝四度寝で、目覚めたら11時だった。
いやー、参った。週末はほとんど実家に帰るから、「家で寝る=仕事のある日」が染み付いていて、遅刻だと思い込んだ。

それよりあざといのは、まずは「体調が悪いから休む」と電話入れなきゃ!とイイワケ電話の内容を考えていた事だ。
実に情けない。しかし切実であった。
もし測ったら、あの時のストレス指数はハンパなかったに違いない。
実際にそんなことがないよう、くれぐれも気をつけよう。

【サムライフラメンコ】
「決戦前夜」って前にも決戦なかったっけと思ったらキング・トーチャーの時だった。

6万人以上の構成員がいるフロム・ビヨンドの総攻撃が始まる。

誰を助けて、誰を見捨てるか…ヒーローがヒーローらしい悩みに悩まされるのは常だ。
正義が助けたい人として後藤さんたちを挙げる時、後藤さんの彼女も入れるのが本当に優しい。

意外にもピンクは家族との関係に難ありの模様。戦隊編はまさかの全滅で空中分解とかありそうで怖いわ(何しろOPが使い回し映像ばっかで全然作りこまれてないから、真打のフラメンコVer.があるんじゃないかと疑ってるんだよね)

後藤さんはまりのことを彼女さんに話しているらしい。誠実だし、お互い信じているのもわかるけど、彼女さんの気持ちはやはり複雑だと思うよ。ラスボスはごっちんを通してフラメンコたちの事を「よ~く知っている」彼女さんじゃないのか。やだそれマジ怖い。

しかし要さん…本当に逃げたのだろうか?それとも1人で特攻?はたまた裏切り?
特撮ヒーロー物は何でもありなのでどれもありそうで困る。

【えぞのう】
農業高校を舞台にしたのうりんの出現でますますイイコちゃんぶりが際立つ銀の匙。相変わらず可もなく不可もない。

【星矢】
アテナもビックリ!ライブラの紫龍、バルゴのフドウ、アリエスの貴鬼による三位一体の禁断奥義「アテナ・エクスクラメーション」炸裂でハイペリオン撃破。
青銅の死ははったりだと思うけど、黄金は本当に死ぬので口減らしは本当に困るわぁ。

【ダイヤのA】
奇しくも同時期に始まったスポ根もの「弱虫ペダル」同様、こちらも鬼の合宿開始。
クリス先輩が出てくるとホントに嬉しそうな栄純のケツに、ふさふさしたシッポが見えそうだ。(なら降谷は猫か)
前園先輩がっ!前園先輩がやっぱりいい人過ぎるよ!!
「おまえはやる気にならんでいい!」と言いつつ、自信のなさそうな小湊に「弱気になるな!」と励ましちゃってるのを聞いて泣きそうになった。荒っぽいけど根本いい人だよね~

しかし「弱虫ペダル」にしろ、エースにしろ、女の子マネがいるのに全くもって絡ませる気がないというのが潔くていい。何かに打ち込んでる時って、そんな器用にあれこれこなせないよね。ましてや集中型の男は尚更さ。
どっちも声優が男ばっかりなのが笑える(エースの方は少し女声が聞けたけど、ペダルは最近女声皆無だもんなぁ)

【ズヴィズダー】
飯ウマは世界征服の第一歩!
秘密基地に連れてこられてあれやこれややってるだけなんだけど、個性的なメンツとのやり取りがそれなりに面白かった。

前回は「真面目に世界征服をやってる鷹の爪団」かと思ったが、彼らの日常の生活は「普通の鷹の爪団」であった。
しかも今週の鷹の爪団では、欲張って変身キャンディーを食い過ぎたデラックスファイターがまさにクルクルみたいな可愛いモフモフになってたから余計にな!こうなったらコラボしろおまえら!

ケイトが幼女&殿様キャラで明日汰が花江夏樹なのでどうしてもアウブレっぽいのは玉に瑕なのだが、久野美咲の声も、今回みたいに皆でわいわいやってる時は1話目ほど耳障りではなかったのでいいかも。

【47都道府犬】
のんびりマイペースな沖縄犬可愛いな。同じくのんびりした福島犬と気があう感じー

【一歩】
沢村戦が終わって次はなんだっけと思ったらイーグル戦か。
鷹村と一緒だと、いつもスカしてる宮田がただのガキになるのがいいよね。
人は「上には上がいる」と思うほうが向上心を掻き立たされるもの。宮田パパはわかってますな。

下ばっかり見て鼻高々になってるヤツに未来はないし、上を見て「よし!自分もあそこを目指して頑張ろう!」じゃなく、「悔しいからあいつを引き摺り下ろそうぜ!」と思うヤツ(大企業の社員や公務員をねたむ、当時それを目指す努力すら怠ったヤツらは大概ここにいる)は先の見えないただのバカ。

「八木禁止」だってそれまでの努力の賜物だもんね。でも八木ちゃん、初心者をバカにしたらあきません。

というわけで今週分も視聴完走。
「ログ・ホライズン」もテレビはつけてたけどマジメには見なかった。
ゴブリン集団に対し、低レベルグループが戦うの戦わないのとケンカしてたようだ。
あと「死ぬたびに現実の記憶が失われていく」模様。まぁ死ぬだけじゃなく、長くこっちにいるだけでも記憶は失われていくって設定なのかも。やっぱこいつら現実では全員死んでるか、かなり「死に近い状態」にあるんじゃないの。

それによって現実の世界に戻りたいという気持ちが薄いと説明したいんだろうけど、これ、後付っぽいよねぇ。
そもそも最初に「死に物狂いで戻る方法を探した」けど、長くこっちで過ごすうちに「そういえば前ほどその気持ちがなくなってる」と気づいたってんなら最初からあった設定や伏線だろうけど、なんで今さらそんなことが明かされるんだと。

あ、しまった。ログホラなんかに感想つけるんじゃなかった。マジメになんか見てませんからね!

そしてガンダムWにまたしても挑戦開始ですよ。
マジでもう何回目だろう…この作品の最初の監督同様、視聴を投げ出す事早数回。
何しろ最初の挑戦が1995年4月…そう、ずばり本放映の第1回目だからな。

Gガンの「石破ラブラブ天驚拳」で爆笑した最終回の後、新番組予告見て「うーん、またガンダムか」と思って翌週も見たんだけど、説明が多過ぎてアップアップしてしまった覚えがある。
Gガンは勢いで見てたけど、基本的にオタク生活からは脱却しており、アニメ脳じゃなかったからね、当時は。

その後も何回も挑戦(最近では00をやってた頃にチャレンジしたけど、やっぱり無理だった)したものの、なかなか乗り切れず挫折しまくり。今度こそ頑張って見ようと思ったが…OPを見た後、ついBFのOPを見てしまい、「20年経つと全然こっちの方が効果も見せ方もどれもカッコいいなぁ…プラモだけどね、全部」と思ったのだった。

「おまえを殺す」
仮面男に作戦を阻止されたテロリストとお嬢様の運命の出会い。
気になったのはヒイロに吹っ飛ばされた救急隊員は無事だったのかという事と、リーオーがあまりにももろ過ぎて唖然とした事くらい。なんですかこの棺桶ぶりは…
ウィングのバスターライフル一撃で2機同時に沈む(アホか!味方との車間距離取れ!)エアリーズもどうかと思ったけど、リーオーはいかん。「乗る=死ぬ」過ぎる。

5人の少年パイロットは、20年経った今なら誰が誰をやるかなぁと思いつつ、今後も視聴を頑張りたい。

男性声優人気投票

平川大輔
◆今一番に注目している声優さんです。『鬼灯』の桃太郎は粋がっている時の声と素の優しい声と使い分けていたので凄いと思いました。ジョジョ三部アニメで花京院を演じることが決まったので楽しみです
平川さんはもともと役者さんなので演じ分けは素晴らしいですよね。
私は何と言っても彼の名前を知るきっかけになった「巌窟王」のフランツですよ。彼の手紙は本当に泣けた。
「巌窟王」のイベントでもあの手紙の一節を披露して大喝采を浴びたそうです。その時の平川さん、本当に嬉しそうな笑顔でした。

平川さんと聞いて男性諸氏が印象に残るのはやっぱり「ナイス・ボート」の「修羅場量産工場」ですかね。
ジョジョでは花京院なんですね。それはめでたい。花京院と言えばチェリーをレロレロですが、デス13との対決も楽しみです。彼が涼しい顔して作る「うんこミルク」は再現されるんでしょうか。

浪川大輔
◆かなり苦手な声だったのですが(特に高い声が)ルパンのゴエモンやる様になってから評価を改めました これからは低音路線を行けば燻し銀になるかもと期待しています
私も好きな声ではなかったんですけど、最近、子役出身の彼が天狗や挫折を経験し、干されていた時期に身を正して、声優という仕事に真摯に向き合うようになったという話を聞いて、かなり見直しています。

五右衛門は井上さんの渋くて老成した武人タイプとはまた違い、私が第1作目以来「ホントは五右衛門ってこうだよなぁ」と思っていた五右衛門…即ち、腕に覚えがあるがゆえに無謀にもルパンに挑み、敗れたことで行動を共にする「若僧らしさ」がすごく出ていていい感じです。言うなれば吉川版武蔵の佐々木小次郎っぽいイメージですね。

一言投票所

特撮&仮面ライダーシリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」
◆靖子にゃん>電王は牙王がいい味出してた気がします。オーズはラスボスキャラは確かに不気味でしたけど、アンクがある意味ライバルのポジションだったかなぁとも思えるので、ちょっと微妙ですね。靖子脚本の悪役に総じて言えるのは、主人公を食いかねない誰も彼もいい役者さんに恵まれてる感じですよねぇ
確かに牙王よかったですね。彼が本編のラスボスでもよかった気がします。
カイの石黒くんも悪くなかったんですよね。ただもうちょっと早く出てきてくれていればインパクトがあったなぁと残念です。謎の人・桜井さんに注目が集まり過ぎて失敗しちゃった例ですよね。

結局牙王以外は浅倉と十臓しか知らないですけど、確かに唐橋さんも非常によかったですね。
この間のジェネ天(ヒーロー特集。Wの桐山さんも出てました)で的場も「ライダーやりたい。諦めてない」と言ってたので、どうでしょう。強面なので似合うかも。
このページのトップへ
01/18(Sat)

足首の関節

国家資格を持っているマッサージ師の知り合いからはいい顔をされないので黙っているが、最近タイ古式マッサージにはまっている。
これまで、高い金を払ってきちんと資格を持っているマッサージ師にマッサージしてもらっても、どうにも値段に見合った満足感が得られなかったのだが、タイ古式は初めて金を損したとは思わず、かつ「受けてよかった」と思えたマッサージであった。
もともと関節が柔らかく可動域がものすごく大きいので、筋肉を伸ばしてもらうタイ古式は合うようだ。(股関節は柔らかいが肉が異常に硬いので術師泣かせに変わりはないのだが)

ある時「足首が伸びていたのではめておきました」と言われて「???」だったのだが、「関節が柔らかい」ということは「ゆるい」ということにつながる可能性もあり、靭帯が伸びてしまっていることもあるらしいい。
所謂スポーツ選手で「捻挫が癖になっている」タイプはこれに近いらしい。

伸びてしまった靭帯はヘロヘロのゴムと同じで元には戻らないので、そうなったら筋肉の鎧で固めたり、テーピングで補う必要がある。
ウルフと呼ばれた千代の富士が肩の脱臼に泣かされ、鍛えに鍛えてあの盛り上がった肩の筋肉を作り上げた事がいい例だろう。

私の場合は確かに股関節や肩関節が柔らかいが、反面、膝裏や後背筋の硬さはそんじょそこらの「硬いんですよね」という人に負ける気がしないほどであるから、ゆるいというのはあてはまらない。

しかし足首は20年ほど前、陸上競技場の観客席から落ちて(3メートルくらい。よく骨折も打撲もしなかったものだ)鉄柵に引っ掛けてしまった右足首の靭帯を伸ばし、4ヵ月後には長野の善光寺の境内で左足首をコキッッと曲げて靭帯を伸ばしてしまった。踏んだり蹴ったりもいいとこである。

以来、足首は本調子に戻っていない。正座がしにくかったり、右と左が左右対称にならなかったりする。痛みや歩行に違和感があるわけではないが、決して健常ではないことは、健常な状態を知っている私だけしかわからない事である。

そんな状態の私の足首を「緩んでいる」と指摘されたのでビックリであった。
なんでもないところで一人だけ躓くくるぶしの弱さも、こうした緩さが問題のひとつかもしれない。
治るものではないと思うが、一番いいのはやはり足首の筋肉を鍛える事だろう。
(でも運動死ぬほど嫌い)

【いなりこんこん、恋いろは】
可愛い京都弁の少女漫画アニメ…なのだが、私の心が荒んでいるのだろうか…

①主人公が何かあるとベソベソと人前で泣く
②オトモダチが常に傍にいて慰めてくださる
③あんなくだらない悩み事で神様が現出
④そのさらに上を行くくだらない願い事

これらでイライライライライライライライライラして、同じく優等生ぶりにイライラしつつも切る要素もなかったため見続けてしまった「ぎんぎつね」以上に嫌悪感がぞわぞわ。
可愛いんだよ、キャラは。初恋物なのもいいんだよ。神様たちも面白そうなんだけど…

桑島神はそんなくだらない心の叫び声より、東北大震災とかいじめという名の暴力にあってる子や犯罪に巻き込まれて命を散らそうとしている人たちの「悲痛な心の叫び」にこそ耳を傾けるべきではないんですかと、フィクションに向かってわりと本気で憤ってしまった。
なんだろう、ホント、フィクションにいちいち怒ってたらアニメなんか見てられないと思うのにこれはどうにも鼻について…

丹波橋くんもいい子だし、友達とつるまなきゃ何もできない主人公より墨染さんの方が凛としてるし、桑島神も綺麗だし狐も可愛いし悪くはないんだけど…うーん…

【575】
575をもっとマジメに学んでいくアニメ化と思ったけど、なんかユリ臭いだけとわかった。5分でもダメなもんはダメだ。

【PUPA】
お兄ちゃんが…美味しいです。ホント、最終回を迎えても「なぜ5分アニメでやったし」と疑問を持ち続けそうな作品だ。

【未確認で進行形】
集中力がサッパリ続かない。ダメだなこれは。切り。

【凪のあすから】
目覚めたヒカリにとって、お船ひきは「おととい」のことだというセリフが痛かった。
でも本音をぶつけるのが紡だったのがすごくよかった。紡ならそんなヒカリをベタベタと甘やかすわけでも、冷たく突き放すわけでもなく受け止められると思うから。

ヒカリが目覚めた事、同い年になれた事が嬉しくてヒカリの事を考えてなかったと反省する美海が思った以上にいい子だった。

一方、心も体も大人になり、「変わってしまった」引け目からヒカリに会いに行けないちさきは悶々と悩み続けている様子。
だけど実際に会ってみれば、ヒカリからは「(中身は)全然変わってない」と言ってもらえて少し安心したようだ。
悩み多きところや調和を考えすぎるところ、勇気がなくて行動できないところなんかは確かに変わってないよね。
そしてこれまでそんなちさきを黙って見守っていた紡が、ヒカリの目覚めでどういう変化を見せるのかも楽しみ。

汐鹿生に入れない事、まなかがどうなったのか、父や要たちがどうしているのか知るすべもないヒカリは、変わってしまった世界を受け入れ、すべて見てやると再び前に進み始める。

OPにいる要がいつ目覚めるのか、「一人で生きていく」ために自立すると言っていたさゆの秘められた思いが炸裂しそうな次回も眼が離せませんな。
CMでは子供時代の5人の姿が健在なだけに、この先も楽しみだ。

【鬼灯の冷徹】
虎のパンツからアウトなラムちゃんネタに吹いた。平野文かと思ったけど物真似だったようだ。
Bパートは悪魔サタンの地獄訪問。グランプリを取った金魚草も刺身に…殺されたてだとどうやらおいしいらしい。
EDが変わった。こっちが本命なのかしらん。

【のうりん】
今回も「のうたりん」で面白かった。全然農業してないけど面白かった。パンツ握り締めてのバカ話がばかばかし過ぎて面白かった。パロディも面白かった。何より浅沼・花澤コンビがこんなにうまくなって売れまくっているのが…感慨無量だわぁ…

【キルラキル】
流子復活。京都・大阪・神戸の三都攻略物語だけど、京都は蛇と犬のタッグ、神戸は蟇が簡単に制圧しそうだったけど、猿が派遣された大阪はなかなか手強い。あんまり簡単でもつまらないので、金満なボスはちょっと嬉しい。頑張れ。

ってかこの金満高校の宝多金男役の粟根まことさんのセリフ回しがむっちゃくちゃうまいので「誰だろう?」と調べたら劇団☆新感線の役者さんだった。どうりで。

【魔法戦争】
ラスト・レクイエム!
ボクッ娘校長に世界を二つに分ける魔法使い同士の戦争と、もはやあまりにも厨二病全開の展開に、これは当然狙っているんだろうとわかりながらも「無理だわぁ…」とギブアップ。切り。

サムライフラメンコと銀の匙は実家で録画失敗していたので家に帰ってから見る予定。

一言投票所

ガンダムビルドファイターズ(2013年10月開始)
▼エクシアシルエット、かっこいいーとなりました。エクシア好きなんで、あのラスボス感はいい。来週はどうやらフェリーニさんとガチバトルっぽいので楽しみです。W、見たことないんですけど評判悪くはないですよね。確か後半の監督が高松監督だったり。
フェリーニは今回のOPでずいぶん格好良く描かれていますよねー。フェニーチェ戦は大期待ですね。
最終決戦はやっぱり会長だと思うんですけど、その前にアイラがあるでしょうから、因縁を強める為にマオがアイラに敗れるというのがありがちな展開ですかね。まぁこのスタッフはいい意味で期待を破ってくれるんでそれはそれで大歓迎なんですけど。

▼バトルに出そうで出なかったエクシアが新OPで会長の後ろに大ボスっぽく映っていてワクワクです
え?会長の後ろ?と思って探しちゃいました。CEOのことか。(ユウキ会長の事かと勘違い)
エクシア出ましたねぇ。参戦するんでしょうか。 新OPはさらにバトル色が強くてカッコいいですね。

▼ 今日出てきたV2ガンダムがザンスパイン(「敵側サイドが作ったV2ガンダムのコピー機」という設定のゲームオリジナル機)に似たカラーリングで思わず声を上げて驚いてしまいました。このスタッフならあのカラーリングは偶然でなく間違いなくわざとだろうなぁ…………(笑。
相変わらずVガン系は視聴者をびっくりさせてるみたいですな。私は忘れ去られたかと思ってたスタービルドマークⅡがさらっと出てきたのでちょっと嬉しかったですよ。色々ボーナスがあるので相変わらず楽しい作品ですね。

その他「ノブナガン」
▼あれは「織田さんはどんな兵器になりたいですか?」「でんどろびうむとかみーてぃあっぽい種子島で!!」という事なんでしょうか。偉人チョイスは味があるって感じですねー
しかもなんかあの武装、さらに進化しそうな雰囲気もぷんぷんですよね。
ノブナガン、ノブナガ・ザ・フール共に出てくる偉人が楽しみです。チャンドラ・グプタとかいいよね。誰もが知ってる有名どころばっかりじゃなくて、イヴン・バットゥータとかウルグベグとかクアウテモックとかも出したげて欲しいわ。

その他「バディ・コンプレックス」
▼2話の「ナイスカップリング反応です!」で腹筋が崩壊し、過呼吸になりましたが、変な意味だけでなくちゃんとした意味があるんですよね…………でもやっぱりサンライズは全て分かった上で、こちらの腹筋狙いに来てるとしか思えないんですが、どうなんでしょう(笑?
ねぇ。シンクロとかユニゾンとかリンケージとかいくらでもそれ以外のフレーズはあるだろうに、真っ向から「ナイスカップリング」だの「プロポージング」だので勝負を仕掛けてきやがりましたね。
でもそれ以外は青葉も明るくはきはきした好感度の持てそうな主人公だし、ディオも家庭の事情が垣間見えそうなクールイケメンだし、杉田や花澤さんのように青葉に同情的なキャラもいてくれるし、悪くない感じですよね。今後も楽しみです。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 、∀他)
▼「しかしVは再放送やってくれんなぁ。見たいんだけどなぁ」現在見ることができる環境にあるのかは分かりませんが、スカパーのアニマックスで来月から放送予定です、週5回の放送ですけど。
ケーブルは解約したので見られません。
テレ玉はガンダム再放送に力を入れてて、GもZもZZもターンAもここで見たんですけど、なぜかVはやらないんですよね。
反面、Wは毎年のように再放送してます。どんだけW好きなんだ埼玉県…あ、Xも絶対やりません。なぜだ。

その他「とある飛空士への恋歌」
▼一話見て愕然としました。原作の冒頭を大胆にはしょり、一巻の終盤部分を1話に持ってくるとは……。主人公の生い立ち等がすっ飛ばされてるので深みも何も感じられないし、原作未読の方にはさっぱり状況がつかめないでしょう。主人公が姉だか妹だかとはしゃいでて、他の子といい感じになっておしまい。
ただ「追憶」とは違って、一応今回は原作の場面をちゃんとなぞってるので、つまらない部分があるのは原作者のせいでもあるのですが……。しかしファンから言わせて貰えば、この作者は本当に、アニメ化に恵まれていない。

あの劇場版でヘドが出るような思いをしたので全く期待していなかったのに、そのしていない期待すらもさらに下回るダメダメさでした。
アニメスタッフが悪いのか、それとも原作者自身が悪いのか…客観的に見たらどっちなんでしょうかね。
見ない作品の事はどうでもいいんですけど、こういう皆が不満を感じるような作品が作られることで、本当はよりアニメ化すべき優良作品が夢叶わなかったり先送りされたりしてると思うと許せませんなぁ。

その他「新番組」
▼新番組、お疲れ様です。今期はバディコンが面白そうですね。青葉くんが普通に性格いいし、見やすいです。櫻井ボイスはあの冷静なかんじからどう狂気的になるのでしょうか。タイムスリップ系なので平行世界ありなしなのか気になるところ。
続きです。あと鬼灯の面白そうですね。あのOPはくせになります。安元さんの主役は珍しいですね。EDはいいのか、それというかんじ。しかし可愛いキャラがバリトンボイスで話すとそれだけで笑えます。津田犬に笑いました。

バディは普通に面白そうですね。ヴァルヴレイヴの後遺症か、サンライズのロボット物と聞くと身構えてしまうんですが、今のところ2話とも面白かったです。速水奨ボイスの、パトレイバーの後藤隊長っぽい艦長が普通に有能そうなのでそれも大きな要因かも。
櫻井キャラはOPの扱いも大きいですしね。ライバルキャラがいるというのも王道的でいいですなぁ。

「鬼灯の冷徹」は既に安定株ですね。淡々と進むギャグ交じりの会話が楽しいです。津田犬もご結婚で。
時計と眼鏡はともかく、ヅラって…うん、けどやっぱ棺に入れるよなぁ、多分…遺体と最後の対面をしたら髪の毛がなかった!じゃビックリしちゃうもんねぇ、皆…
(そういう時に「闘病生活で容貌が変わっているので棺の蓋を閉めさせていただいてる」って言うんだろうか)

特撮&仮面ライダーシリーズ「鎧武」
▼怪人に襲われ、負傷した人々の傷口から謎の植物が激痛と共に発芽する現象が続出し、TVでは若者たちのインベスゲームが原因と報道。一方、前々回でベルトを奪われ、襲ってくるかもしれない怪人への恐怖と、他ライダーへの劣等感から果実の誘惑に負け、それを口にした初瀬という人物がまさかの怪人化!
相変わらず都合よく怪人に襲われる人々の前を通りすがるライダーたちや、販促の為に意味もなく行われるフォームチェンジなど、突っ込み所多いですが、先々週ぐらいからようやく面白くなってきました。怪人化してしまった初瀬は、ただ悪ガキなだけで、そこまで悪い奴でもなかったので、処遇が気になっています

販促展開は、何しろおもちゃ売らないと次回以降の作品が放映されないので仕方がありません。
ようやく面白くなってきた発言が多くなって何よりです。ただ私は見てないのでさっぱりですが。

▼鎧武はマジで1クール要らなかったです。1クールでやる内容は半クールあれば十分でした。本当に長かった……………。後、ダンスバトルはともかく、ダンス自体は重要なファクターになりそうではあるので、まあ入れざるを得なかったのかな、と………
そういう作品ありますよねぇ。これでさらにラスト周辺で巻いたり話数が足りなくて駆け足になったら余計にあの話いらなかったって言われるんでしょうね。

▼いやーやっと、やっと鎧武が面白くなってきました!(今だけかもしれませんが ようやくダンスチーム同士の戦いから、ライダーVS怪人&町を支配するユグドラシルカンパニーになったからだと感じます。やっぱりダンスバトル要らなかった…
鎧武ってユグドラシルの設定を聞いたとき、Wのミュージアムとドーパントと風都の関係を思い出しましたよ。
Wは大人びた話が多くてホントに面白かったなぁ…

その他「烈車戦隊トッキュウジャー」
▼次回の戦隊ものは靖子にゃんですか。あの人の脚本の醍醐味の一つはインパクトのある悪役だと思うんですよ。浅倉しかり、十臓しかり、ゴーバスターではライバルポジかつラスボスの悪役が素晴らしくノリノリなキャラでした。トッキュウジャーでもそういう格好いい悪役が出れば、と期待してます。
なるほど、言われてみれば確かに。ゴーバスターズは見てないのでわかんないです。
ただあれだけ人気があった電王はちょっとラスボスが弱かった気もしますが…オーズはどうだったんでしょうか?

▼今度の戦隊は『電車』コンセプトでメイン脚本が小林靖子さんだそうです。スーツの第一印象が致命的にダサいデザインな点も含めてなんか既視感が・・・?
うーむ、確かに何か既視感ありますねー
靖子にゃんはオーズ、ゴーバスとダメだったけど、久々に見てみようかな。

革命機ヴァルヴレイヴ(2013年10月2期開始)
▼ヒーローの条件はマジェプリが教えてくれましたが、この作品はヒロインの条件を教えてくれました。それは『主人公を信じる』ことだと
しかし実際には「いけしゃあしゃあと生き残ること」でしたねっ!!ホントにわけわからんわぁ…

映画「エリジウム」
▼好きな要素が多くて面白くはあったんですが、第9地区で高まった期待には遠く及ばず、という感じでしたね。既に製作開始されているらしい”第10地区”では何をテーマにするのか気になるところ
そうですね、決して評価の低い映画じゃなかったんですが、やっぱり「第9地区」と比べちゃいますよね、どうしても。
へぇ、「第10地区」作ってるんですか。どうなるんだろう?クリストファーは無事に帰ってくるのかなぁ。

その他「蟲師2期」
▼あけましておめでとうございます。さて年始のサプライズは蟲師2期決定発表でした。これで今年のアニメライフは安泰です(冬アニメは燃え系が継続中なので満足)>ちずる
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
蟲師2期はまさかのサプライズでしたね!今後も中途半端で終わった名作(ただし名作に限る!)はきっちり完結させる、という流れになってほしいな。ホスト部とかUN-GOとか!

このページのトップへ
ホーム 次のページへ