2012_07
31
(Tue)02:10

風呂勉

風呂は嫌いではないのだが、何しろモノグサにもホドがある掃除嫌いなので、「風呂に入る→風呂が汚れる→掃除をしなければならない」のが面倒くさくて、シャワーだけで過ごす日々が多い。
日曜日や連休など、実家に帰らず家で過ごす時だけ、湯を張ってのんびり長風呂をする程度だったのだが、最近は考えを改め、肩こりや代謝機能の回復のためにちょっと面倒だが毎日湯を張って1時間弱の入浴を楽しむ事にしている。
汗かきなので、42度の湯に浸かると数分で笑ってしまうほど肌には玉のような汗が噴き出してくる。
女性の中には「お風呂に入ってもなかなか汗をかかない」などという人がいるらしいが、とても信じられない。
顔も身体も汗をかくが、頭にかく汗もハンパなく、赤ん坊の頃は母曰くアセモ頭で大変だったらしい。

42度ではさすがに熱いので40度くらいで少し長めに入る事にしている。しかし温まるまで手持ち無沙汰である。ゲームも終わってしまったし、毎回防水携帯でワンセグを見るにも面白い番組がやっているとは限らない。小説でも読むかと思って本棚を見回し、はたと目を留める。

どうせ読むなら趣味と実益を兼ねた方がよい。
私が選んだのは高校時代の世界史の教科書である。
しかも黙読ではない。大声ではっきりと音読するのである。
メソポタミア文明やギリシアの陶片追放やクシャーナ王朝のカニシカ王や秦王の焚書坑儒など、まこと、教科書というのはあんなコンパクトな書物の中に見事なまでに必要最低限の知識がこれでもかと詰め込まれていて感心する。とにかくヤバ過ぎるほど面白い。まだあと200ページもある!と喜びつつ、終わったら次は日本史を読もうとほくほくしている。学説が変わっているものも当然多いと思うので、一通り読み終わったら最新の教科書を買ってみようかなどと考えている。

ローマ帝国が水道を引いたという定番の説明で、「ガール県の水道橋」として口絵に載っている写真が「見覚えがあるな」と思ったら、今年の正月にまさに歩いてきた「ポン・デュ・ガール」であった。
ソフォクレス、エウリピデス、アイスキュロスの三大悲劇詩人の名前を覚えた事も思い出すが、大学の西洋古代史では喜劇詩人のアリストパネスが取り上げられて「ええ~、そっち?」であったことも思い出す。

高校時代の教科書であるから、中国の春秋時代がいつからなのか2回ほど書き込まれていて、2回目には「いい加減覚えろ、バカ」と過去の私が過去の私を叱っている。うむ、未来の私も覚えてないから安心しる。

私は歴史学科出身だが、受験科目は日本史であった。理由は3つ。

「日本史は世界史より範囲が狭い」
「全くわからない問題が出た場合、行った事もない異国の歴史より、ドラマや小説で知っている自国の歴史の方が何かひらめく可能性が高い」
「高校の授業の単位が日本史は4単位、世界史は2単位だった」

以上である。
私自身は世界史の方が好きだが、世界史は2年で2単位必修で、3年では2単位しか選択できない。
なるべく受講科目を少なくしたかった私は「日本史=4単位」「古文=4単位」「漢文=2単位」にしたのである。
なぜならここで日本史でなく世界史を選択すると、あと2単位何か取らねばならない。
それは試験が増えるという事になり、しかも受験に必要な科目(国語・社会・英語)は既にカバーされているので受験に関係ない他の科目はやりたくない。
不要な科目の試験のために、余計な労力を使いたくないからである(とことん省エネ人間ゆえに)

もちろん、受験には関係ないけど体育が好きだから取るとか、息抜き的に家庭科を取るとか(当時は必修では受けられなかった男子が、意外と調理実習をやりたいからと選択していた)皆思い思いの科目を取っていた。
他にも、卒業に必要な単位を超えて、好きな授業をとってもよいのである。
そもそもなぜか進学理数系クラスに入れられていたので、数学や物理、生物を取るクラスメイトが多かった。必修科目に理数がないためなのだが、文系の私にとってはこの形態は本当にありがたかった。3年で数学があったらもう絶対卒業できんじゃないか!

時間割については私には思惑があった。いや、「野望」と言ってもいい。

ところでこう書くと「(なんか怪しい)単位制高校?」「ヒキコモリで高校行かなかったの?」と思われるかもしれないが、れっきとした普通科である。
今でこそ単位制高校というは珍しくないかもしれないが、当時は珍しかったと思う。何しろ通信制さえ珍しかった時代だ。私は未だに同世代以上の人で高校が単位制だったなどという人に会った事がない。

うちの高校(公立)は3年になると必修授業(英語、国語、政経)以外は全て選択性になる。1、2年は普通に決められた時間割通りに、同じ教室で同じ面子と授業を受けるスタイルだ。

ところが3年になると突然、全員が必修科目以外の好きな科目を12単位選択する。実は私は3年になるその日までこんな制度とは知らず、ものすごく驚いた。
1回目の授業は「仮授業」として試しに受けることができ、合わないなと思ったら変更する事ができる。人気のある授業は抽選になることもある。
クラスで受ける必修科目は遅い時は5時間目から、早くても3時間目からで、朝の1、2時間目には入らない。ただし午後の授業のない土曜日だけは1、2時間目が必修だった。

これは、朝早く来て出席だけ取ってそのままバックれることができないようにである。
なぜならクラスでの出席は昼休み後のHRの時にしか取らないからだ。(各々の授業ではもちろん取る)
ちなみのこのバックれ防止は、「生徒に勉強をさせるため」とか、「生徒の将来のため留年させない」などではなく、単に「補導でもされたら面倒くさいから」である。

うちの高校の自主性尊重は甘っちょろいものではなく、入学式に460人いたはずの生徒は卒業式には本当に400人に減っていた。そのうち、退学した者は10人ほどである。計算が合わない…
ダブり過ぎやで皆!(私のクラスにもしっかり2人がダブってたし、そのうち一人は卒業できずダブダブしていた)
教師も「勉強するしないはもう自由だからな、義務教育じゃないんだし」とはっきり言っていて気持ちよかった。

しかし入院と手術を繰り返して単位が不足した私のためには、先生方は課題を準備し、春休みに補講までしてくれて、ちゃんと進級させてくれた。ありがたいことである。「あなたには力があるけれど、こういう状況なので残念ながら2しかあげられない」と言ってくれた現国の先生との「サン・テグジュベリ」についての討論は、未だに忘れられないいい思い出である。

さて、ほとんどのクラスメイトは土曜日は2時間目までの必修で帰ったが、私は土曜日は日本史を選択して4時間目まで受け、逆に月曜や金曜は午前中の授業を取らず、5時間目と6時間目だけしか出なかった。理由は昼まで寝ていたかったためである。週に2回も昼まで寝ていていい日を作る!しかも土曜日はびっちり勉強しても、もともと半日で帰れる日だ。ナマケモノにとってはもう夢のようである。水曜も3時限目からだったから、実質朝起きるのは火木土だけだった。ばんざーい!

今手元にある生徒手帳に自分で書いた時間割を見ると、金曜など5時間目のリーダーしかない。クラスメイトからは「5時間目だけ来るってダルくね?」と言われたが、とんでもない。朝起きなくていいというのは、朝1時間だけ来るよりずっとよかった(でも今なら朝1時間を選ぶよ、当然!)

ちなみに生徒手帳は高校3年間分取ってあるのだが、卒業に必要な授業数(そこまでして時間割を立ててもサボりまくったため結構危なかった)と午後の授業に間に合うための電車に乗る時間も書いてある。こういう事だけは熱心だなぁ、自分…
こうした時間割作りのため、私の選択は受験科目を見据えつつも「日本史」「古文」「漢文」になったのである。時間になると決められた教室に教科書やノートを持って生徒が集まり、授業を受けるのも気に入っていた。
お互い知らない者同士なので挨拶する必要もなく、気を遣って煩わしい会話をする必要もない。私はむしろクラスメイトが誰もいない授業の方がよかった。(日本史は単位数が多く、受験科目にしている人もいたので、男女7人くらい一緒だったがちょっと煩わしかった)

しかしこんな大学のようなフリーダムな高校生活(何しろ3年の3学期などもはや期末テストもなく、1月に授業が終わったら受験に専念し、次に学校に行くのは3月12日の卒業式なのである)を送ってしまったので、大学に入学したら1年時は必修科目が多くてむちゃくちゃ忙しく、「高校の方が楽でよかった」とガッカリしたものだ。
(教職を取る人はコレに加えてさらに受ける講義が多いわけだから、ホントにすげぇなぁと思っていた)

そんな高校時代を懐かしく思い出しつつ、風呂に入りながら世界史の勉強に勤しむ日々。
明日はスキタイ人や匈奴や大月氏が活躍した西域・オアシス国家を学ぶ予定だ。

【輪廻のラグランジェ】
ヴィラジュリオも何考えてんのかよくわからんヤツだけどさ、ランの兄貴はもっとわけわからんよな。
ユリカノって幼児退行してるけど、実際はそれなりの年齢なのだろうか…
以前会った時やミドリのコックピットに怨念みたいに現れた姿は結構な大人という感じがしたが、だとしたら「ユリユリモード」は結構キモいかもしれんね。

「戦国鍋」の新EDはプリプリ。
今回のキャバクラでの結城秀康@村井良大はやっぱりうまかった。レイナさんもうまいからつい見入ってしまったよ。

一言投票所

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
★回想まみれなだけじゃなくて、戦闘が盛り上がらないのも種死を見習っちゃったんだろうか? 今回新型も参戦していよいよ大激戦!のはずなのに戦闘作画がヘナヘナすぎて思わず半眼になってしまいました(笑)
結局途中で見るのやめちゃったんですけど、なんかへなちょこな雰囲気でしたね。
回想が入るくらいだから重要人物かと思ったら、まとめスレとか見ても「ポッと出キャラ」らしいじゃないですか。あと2ヶ月で終わるのに何してんスか日野くん。これじゃ死んだ女の日記盗み読み&バンク回想とどっこいですよ。あっちは残り4話でやらかしてたけど(そう思うとやっぱ種デスってとことん黒伝説だよなぁ)

その他「ハーメルンのバイオリン弾き」
★になになさんは「ハーメルンのバイオリン弾き」ってご存知ですか?そのアニメ版がよくできた悲劇ものとしておススメです。ただし作画が動きませんが
90年代アニメは全く見ていないので見たことはありませんが、今川監督がシリーズ構成をやったことと、弟が最終回付近だけ見たそうで、かなり容赦ないバッドエンドぶりにむちゃくちゃ感心していたので名前は知っています。
原作ファン泣かせの原作クラッシュという点では、私は「クロノクルセイド」の救いのなさも好きですよ。
もちろん1期ハガレンもね。

TIGER & BUNNY(2011年9月終了・ネクストプロジェクト始動中)
★劇場版の主題歌は、UNISONとNOVELSに決定だそうで。ファンとしては嬉しい限り。そういえばこの前、目覚ましテレビで特集されててビビリました。しかも三分くらい、がっつりと。出世したなあ
おお、1期OP「オリオンをなぞる」のUNISON SQUARE GARDEN になったんですね。NOVELは二期OP「ミッシングリンク」だし。両者ともとてもタイバニらしい曲を書いてくれたので期待したいですね。
めざましに出てましたか。長年めざましを見てきたんですが、最近タイマーをNHKニュースに切り替えたので見損ねたなぁ。

ゲーム
★ファルコムは頭に「日本」が付いていた8ビット時代に夢中になってやってました。7版と88版の違いについて熱く語り合ったりしたものです…(~_~;)トオイメヲスル
ファルコムはもう「イース」しかないんだろうと思って、全く興味が無かったんですよ。
正直こんなにパソゲーで息の長いシリーズやってるとは知りませんでした。
自分自身は「DQ→FF→WA」で既に完結してました。

男性声優人気投票

山寺宏一
★↓SAOでしたね、失礼。  悪役も結構やられてる山寺さんですが、個人的に「おおっ!」と思ったのはストレンヂアの羅狼。あの静かにイカレきった感じと、鋭い気合の声が迫力あってよかったですな
私も「SAOだっけ?SOAだっけ?」と迷う時があったんですが、以前一言をくださった方が「竿とも言われているそうです」と言ってくださったので、「竿=SAOだ」と間違えなくなりました。
「ストレンヂア 無皇刃譚」はあまり知名度がないですけど、これ、ホントよかったですよね!私は大好きです。
長瀬の名無しもすごくよかったし、アクションはボンズなので安心して見ていられます。そしてラストの無常さ、非情さが実にいい。あー、思い出したらなんか見たくなってきちゃったな~(笑)

女性声優人気投票

豊崎愛生
★映画「ベルセルクⅡ」のグリフィスとシャルロットの濡れ場でまさかの熱演。個人的にこういう場面で手を抜く人は好きになれないので、ヘンな意味じゃなく嬉しかったですが。
★ベルセルク第二部の濡れ場:アイドル声優だし、PG12なのでイメージでごまかして処理するのかと思ってたら… ガチンコ勝負で驚いた。あれならR15でもいいんじゃないか(笑)

手を抜くというか…まぁ監督や音響監督の意向もあるでしょうからそういう雰囲気があったとしても声優のせいとばかりも言えないでしょうが、とりあえず豊崎さんはあのシーンで迫真の演技を見せたのですね。
まぁ私としてはベルセルクがいまひとつ好きになれない(ちゃんと読んではいますが)のは、女性が虐げられるエログロシーンが多いからなので(まぁ夜這いとはいえこの2人は合意の上なので作品の中では数少ない普通のベッドシーンでしょうけど)、「別にあからさまにやらなくてもいいんだけどネー」と思うんですが。

柚木涼香
★キャラクター自体やその立ち位置はともかく(笑)、スプリガンの演技と声の使い分けはとてもよかったです
「スプリンガン…誰?」と思ったらAGEの裏切り女でしたか。
マジメに見てなかったので柚木さんとは気づきませなんだ。すみません。
あ、でも「そんなにゼハートに褒められたいの」とかってセリフには笑いました。女は怖いよ~

千葉紗子
★声優業に復帰しても、代役が定着したため戻らないケースもあるので(小山茉美、井上 瑤…etc )現状ではなんともいえませんねぇ…
そうですね。まぁそもそも復帰するかどうかわからないんじゃねぇ…
2012_07
30
(Mon)00:51

筋肉痛ってこれだけ有名なのにまだメカニズムが完全には解明されてないんですってよ、奥さん!

昨日の掃除の後遺症である筋肉痛がシャレにならないことになってきて、休日出勤中も「うぉっ!」「おりゃっ!」と、猪木のように掛け声をかけないと椅子に座ったり立ったりしゃがんだりができない。
先日も書いたように、よく痛くなるのは階段を下りる時に「ブレーキ作用」で使うふくらはぎの筋肉だが、今回痛むのはケツと内腿の筋肉だ。O脚の人が膝をつけようとするとものすごく力がいるのが、大腿ではなく内腿だと気づくアレである。

ちなみにこの筋肉が弱く、股関節がゆるいと変形性股関節症になるので、足を投げ出すように歩くのはお奨めできない。内腿に力がない人は大腿で歩いている場合が多いので股関節の負担に気づかないようだ。女性は本当にこういう人が多くて驚く。きっと後で泣くぞ。
私はガリガリだった子供時代には掌が5枚くらい入るほどの完璧なO脚だったが、思春期の頃から意識して直すようにし、今は「膝をすり合わせて歩く」事が可能なくらい自己矯正した。それでも腿には掌2枚が軽く入る隙間が開く。意識しないと内腿に力を入れず、「サボってるな」とわかるのでたまにチェックしている。

ケツが痛いと椅子に座る時が一苦労である。
内腿や大腿はしゃがんだり立ち上がる時は満遍なく痛い。
どんな動きをしたらこうなるのかと調べたところ、「ここが痛くなれば正しい筋肉を使っている」というものがあった。
それは「太もも前側のストレッチ」 → そうそうコレコレ!
ランナーが走る前によくやっているような、片足を前に出して身体を沈みこませるアレだ。
美容特集の雑誌では大概「ヒップアップにも効く」とかって紹介されている。
「ケツ痛=ヒップアップ」とつじつまも合う。

ではどの動きでこのストレッチと同じ痛みが起きたのかといえば、間違いない。脚立の昇り降りであろう。
昨日も書いたように、ベランダ内とはいえ地上数十メートルでの作業なので、昇降は恐ろしく慎重に行っていた。
それがブレーキ効果を呼び、一歩一歩の昇降が自然、筋肉への負荷になったのだ。しかも正しい筋肉の使い方として。

しかし意図せず使った筋肉なので、まさかここまで筋肉痛がひどいとは…
長柄のスポンジで黙々と天井を磨き、水で洗うと水浸しになる作業に「ミケランジェロかっ!」と思わずノリツッコミをした割に、腕はさほどの筋肉痛にはなっていない。金比羅参りでも示されたように、老いと共に足の衰えが顕著ということだろう。それはわかっているが、しかし運動はしたくない。ジレンマに悩むところである。

今週はオリンピックで「ドリランド」「フォーゼ」がお休み。
しかし録画できていたおかげで「ドリランド」ではウェイトリフティングのメダル獲得シーンを、「フォーゼ」では柔道と水泳のメダル獲得ダイジェストを見ることができた。

【SAO】
ひょんなことからビーストテイマーのシリカと行動を共にする事になったキリト。
なんかすっかり「ソード・アート・仕事人オンライン」みたいになってますけど…
ゲームの中で人を殺したら、相手は本当に死ぬ…と言われても、確かにクリアが見えない今は誰もそれを確かめられないわけで、実際それが現実社会で殺人罪に問われるかどうかもわからないわけで(この時代の電脳法がどうなのかわからんので何ともいえない)そうなるとこういうムチャな行動に出るバカ野郎もいるかもしれないなぁと思う…かな?シリカが妹(実際は従妹)に似ていたというキリトの過去も少しだけ語られた。
うん、今回も面白かった。シリカが1話きりというのも、この作品が主人公が成長していく、ゲームという名のロード物と見るならエピソード的にいいと思う。

【聖闘士星矢】
アッペンデックスこと貴鬼が登場。とはいえ光牙たちとは彼の弟子である羅喜が関わったのだが。
しかし「修復師」と「黄金聖闘士」の二足のわらじを履いていたムウはつくづくすげーな(しかも出てきた時は誰もこの人が黄金聖闘士とは思わなかったという)

【宇宙兄弟】
「辞退してくれませんか」に対抗するには、「いや、JAXAは選択の過程や討議の状況を見たいんだから、選択肢を『3人』に狭めて簡易にしてしまうより『5人』の方がいいはずだよ」と言えばいいかなぁとか考えてしまった。
A班とB班は運としかいいようがない。だから…せりかさんは忘れ去られているC班に配置すべきだったんだよね!

【ぽよぽよ観察日記】
「今狩れよ」の一言に笑ってしまった。ごもっとも。

【ガンダムAGE】
ソファで惰眠を貪っていたところ、始まったので「ああ、見たくない…」と思いながらもうつらうつら。
Xラウンダーの実験?訓練?中に、止めてもらえなくて一緒に受けてた被験者が死んだのでヴェイガン側についたとか。あの男って、アセム編のどこぞのコロニーで裏工作してたヤツだったっけか。
その復讐女に噂どおりキオが「もうやめてください!ボクたちの力は、こんな事のために使うべきじゃない」とかなんとか言い始めたので吹いた。
ええ~?マジかこいつ…キオくん、もうガンダム乗るのやめなさい。あと日野くん、もうガンダム作るのやめなさい。

一言投票所

その他「涼宮ハルヒの消失」
▼「ハルヒ消失」は長かったですねー。あれ、原作はそんなに長くないのに。二百五十ページくらいです。通常の映画の尺で充分やれるはずなんですけれど、セリフの細部までほぼノーカットでやってるせいで、ものすごく長くなってます。ぼくは原作ファンなので大満足ですが、そうでない方にとっては少々きついでしょうね
長すぎますよ。なんでもっとテンポよくできないのかと演出の悪さに苛立ちました。
物語そのものはそんなに悪くないし、タイムトリックも面白かったのに。

ゲーム「DQ10」
▼ドラクエ10について。8月に発売されるけれど、になになさんは手をつけなさそうですよね。MMORPGだと他プレーヤーと関わらなくてはならないのですが、喧騒の中に首を突っ込んでいくようなことが煩わしくないですか
つけないですね~、他の人と関わるなんてウザったくて。
ゲームってのは私にとっては「一人で好きなだけ没頭したいからやるもの」ですからねぇ。
そんなに他人とかかわりたいなら、普通に現実社会で関係持ちますよ。
DQ9でさえ、試しに電源入れッぱで歩いてみたら地図がいくつか手に入ってて、なんとも居心地が悪かったです。

▼ドラクエ10、今まで全部やってきたんですが10は私は断念する事になりそうです。そもそもWiiを持ってない、連動があるらしい3DSも持ってない、オンラインゲームをやるようなネット環境もないのないないづくしです(笑)。
↓続き ま、それ以前にゲームやるような友達がいないし非コミュというやつなので何かゲームで他人と関わるのは面倒くさそうだな……というのもありますね。一人でじっくりやりたいです。

面倒くさいですよ~、知らない人とはじめましてから始めたり、レベル差や知識の差や所持金、装備なんかに気を遣ったりするんでしょ?うわ~、めんどくせぇ!
そもそも自分の時間に割り込まれるのはイヤだし。つーかその「自分の時間」を駆使するのがゲームじゃないですか。DQといえば長年のファンが多い作品なんだから、「みんなでやる」「一人でやる」のどっちも選べるようにすべきじゃないかと思います。

ソードアート・オンライン(2012年7月開始)
▼プレイヤーを攻撃するギルドが出てましたが、「倒されたら死亡・倒したら殺人犯」のリスクを背負ってまで、自分が直接貰えるわけでもないレアアイテム横取りになんて参加しますかね?(続)
(続)これが本物の異世界に飛ばされた!とかなら帰れる可能性もないし、誰も見てないんだからやっちまえになるかもしれませんが、SAOはゲームだから行動ログが残って証拠になる可能性もありますし、どうもその辺が受け入れ難かったですね

それが今回の4話で明かされてた気がします。
「ホントに死んでるかどうかなんてわかんないじゃん!」って、ああ、そうかもと思いましたが。

その他「ちはやふる」
▼「ちはやふる」の原作者・末次由紀さん。どこかで聞いたことのある名前だなあと思っていたら、過去に「スラムダンク」の作画トレースで問題になった人だったんですね。どん底の状態から脱し、マンガ大賞を受賞したところに、プロとしての底力を感じます。アニメ二期もすごく楽しみです
そうそう、それまでの作品は全て絶版になったんですよね。どん底だったと思いますよ。
でもまさかこんな形で復活を遂げるとは思いませんでした。実際「ちはやふる」は面白いですしね。
2期決まってたんですね~、知りませんでした。項目削除しちゃったので復活させねば(笑)楽しみ。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
▼アセム編のED曲・spyairの「my world」が、最近のお気に入りです。これと「サムライハート」は、落ちこんだときによく聴いています。肝心の本編のほうは、二十話くらいでアウトしました……
ああ、私も好きでした。
ラストシーンに立ってるAGE2はすっげー格好良かったなぁ、ダブルオーライザーみたいで。
私、ショルダーがソリッドな機体って好きなんですよね、ギャプランみたいなタイプ。
あー、あの頃は少しだけ期待したのになぁ…

「サムライハート」は私も好きです。銀魂は銀魂だけで音楽リスト作っているので、今のBGMには入ってないですね。

TIGER & BUNNY(2011年9月終了・ネクストプロジェクト始動中)
▼DVDにて再視聴。久しぶりに見ると、本当に面白いですね。当初は「Mr.インクレディブル」や「RATMAN」みたいなのを想像していたのですが、また違った魅力がありました。一風変わったアニメに見えて、中身は古き良きヒーロー物っていうのも、バランスが取れていてよかったと思います。ただ少し残念なのは、
終盤の展開が少し冗長に感じられたこと。あと、主役二人以外のヒーローについては、「いなくてもお話が成立するんじゃないか?」と思えてしまったこと。魅力的なキャラばかりだらこそ、もっと個々の見せ場がほしかったなあと。すみません、少し愚痴臭くなってしまいました。久しぶりにドハマりしたアニメだったので……。
ともあれ、近年稀に見るくらいの清々しい王道展開で、見ていて本当に爽快でした。この作品を知ることが出来たのも、このサイトのおかげです。ありがとうございました

そう言っていただけると本当に嬉しい限りです。
タイバニは私はもう新番組リサーチの頃に一番期待だったんですが世間の評価は低く、しかし1話を見て「私の眼に狂いはなかった!」と確信した作品です。どのヒーローも魅力的で、どの話も面白かった。
でも仰るとおり、確かにクライマックスはせいぜい3話くらいでコンパクトにまとめた方がよかったかなと思います。
他のヒーローの活躍についても確かに。じゃあそのへんは皆で今秋の映画を見てヒットさせ、二期制作決定ってことでリベンジ!(笑)

その他「京アニ」
▼京アニはせっかく作画力があるのだから、たまには萌えに頼らない作品を作ってもいいのではと思います。『氷菓』も原作は一般向けのミステリなのに、アニメは少々萌えを押し出していて「なんだかなー」と感じました。『萌え』って購買欲をあおる代わりに、視聴層を狭めてしまう諸刃の剣だと思います
それを京アニの人たちに問い詰めたら、きっと「好きなことしかやりたくない」と答えるんじゃないでしょうか。
同人誌の超人気者に、商業誌で勝負させるとCLAMPが書く作品みたいになるということですね、わかります。

映画「細田監督作品」…その他から映画に投票し直しました。
▼「時かけ」のほうは、作品の出来よりも好みの問題だと思います。わたし個人は好きでしたし、賛否両論の「サマウォ」と比べて、世間での評価もおおむねよかったように思います。「サマウォ」のほうは、わたしもあまり好きではありません。なんというか、全体的に粗が目に付いて……
「作品の出来よりも好みの問題」というのは、作品のデキは明らかにいいのだから、あとはあなたが好きか嫌いかって事ですよ、って事でしょうか?私も評判が呆れるほどいいのでかなり期待して見たんですけどねぇ…

映画「ぼくらのウォーゲーム」
▼サマーウォーズのプロトタイプ的な、デジモンの二作目の映画「ぼくらのウォーゲーム」の方がTVシリーズでキャラと世界観が固まっている分、入りやすいですね。プロットは同じでもデジモンのほうがシンプルにまとまってる感じでしょうか
子供向けだからよりシンプルでわかりやすいのでは。内容はどんなものか知りませんけど。

Parallel Universe(管理人になにな)
▼ゆとり:いよいよ、円周率を「およそ3」と習った世代が新卒で入ってきますね(笑)
学校の勉強と社会勉強は別物なので、本人の努力次第で知識の乏しさはカバーできると思います。

それより最近うちの会社で頻発したのが、新入社員による「メール問題」です。
若い子って、昔の人たちと違ってメール送信を全く怖がらないんですよ。
手紙を書いた量より圧倒的にメール・コミュニケーションの方が多いからでしょうけど、先輩から「メール流して」と言われても、もう日常ツールだから全くビビらないんですね。

でもそれはあくまでも個人レベルで慣れているだけで、ビジネスマナーにはいくつか法則がありますよね。
BCCとCCの違いや、添付ファイルは個人情報を削除してから送るとか、秘匿的内容はメールには書かないとか…
昔は見よう見まねでそういう事を学んでから取り掛かるのが常識でしたが、今の子はメールなど空気と同じ。
なのでこういうルールを理解する前から全く恐れずにバンバンやっちゃう。フツーは社内とはいえ顔も知らない相手にメールするんだから緊張するじゃないですか。ましてや大切な案件なら余計気を遣うもの。ところがさくっと送ってくるんですよ、重要な案件を。

さすがに被扶養者の名前が全部乗っかって来た時は、「おいおい、人事もオープンになったなぁ」と驚いてたら、その後案の定回収作業となり、怒涛のような(そして無駄な労力を使う)大騒ぎに発展しました。きみらアホだろ…

ちなみにその後もその新人は個人メールで大事な調査案件を送ってきたので、当然「返信」という事で個人メールに回答したところ、別の部署から「まだ回答が来ていない」と苦情の電話がかかってくることに…締め切りより一ヶ月も早く出したのに苦情言われるってなぁ…(無論あちらの確認ミスおよびそもそも送信方法のミスと判明した)

およそ3でも生活科でも土曜日=お休み!でも何でもいいから、仕事はちゃんとやっていただきたい。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
▼先週のリマスターSEEDに物申したい・・ダメ出ししたいのはフレイさんとミリアリアの女の修羅場、あのシーンの挿入は暁の車じゃなきゃ絶対ダメでしょー!
↓挿入歌は、です すみません なんか普通にBGMにしてしまった為に悲壮感やらが全然ダメじゃないかぁ!せっかくのフレイ様の見せ場の一つなのにぃ!個人的に暁の車は後のお父様ぁー!よりもこっちの方で流れてて好きになりました
そのため暁の車はドロドロ修羅場ソングなのです これじゃ3分でできる昼ドラなのだわっ 自分の中で1、2を争う好きなシーンだっただけに非常に残念でした・・
フレイさんが銃をリロードする時の音と撃った銃声がプラスチックのおもちゃみたいなのも気になったし!でも銃をカタカタさせるフレイさんはとびきり可愛かったです それだけは満足でした

う~ん、まぁでも「暁の車」は何しろPHASE24で先に使われちゃってますからねぇ。
むしろ新しい挿入歌でもよかったくらいだと思いますよ、本放映時にもね。当時は私も「使いまわすなよ!」と思いましたから。フレイさんは誰がなんと言おうとれっきとしたSEEDのヒロインなんですから、イメージ挿入歌くらいあって然るべきだったとつくづく思います。
でも修羅場のフレイさん、可愛かったですか。よかったですね。あそこは確かぐっさん(AGEの監督です)作画なので絵柄は全く期待できないのですが、描き直されてたんでしょうか?

その他「北海道」
▼北海道は涼しい(湿気が少ない)んですが、10月中旬から寒くなってGWの花見まで殆どの家は引きこもりですからね~。そして室内で暖まりながら(外は雪景色)アイスクリームを食べてるんですよ(統計でもアイスが売れるのは冬)関東の人に行ったら「ヘンタイ」呼ばわりされましたけど
そうなんですよねぇ、ひきこもり大好きだし、寒いのももともと嫌いじゃないんですが、いかんせん雪がなぁ…あと道が凍るのもなぁ…

確かに、真冬の北海道は室内は信じられないほど暖かいですよね。そりゃアイスも食べたくなるのでは。
暖房のボカボカ感が好きじゃないので東京ではひと冬暖房を使わずに過ごす(風邪をひきそうな時や旅行前で大事を取りたい時だけは予防でつける事があるものの、基本はパジャマの上にニットカーデガンとダウン半天を着て、暖房なしで乗り越える)私としては、暖めすぎじゃないかと思うほど。

でも外の寒さはうっかりしてると関節に来るほどですからね!指先とか「これマジヤバくね?」と思うほど冷えますからね!でもそれが気にならないほど楽しいんですよね~、北海道観光って。魔力ありすぎッスよ!

女性声優人気投票

千葉紗子
▼そして、映画のパンフではその事に触れられていないという
▼wikiには代役って書いてあるけど、正式に交代したってことなんでしょうね>坂本美緒

う~ん、子育て中なんでしたっけ?ひと段落したら戻ってくるのか、このまま何となく引退なのか、お声を聞かなくなって結構経つのでわからないですね。
でもパンフにないってことは希望を残しているのかもですよ。パンフは公式で、Wikiはあくまでも第三者、しかもほとんどが素人の編集ですしね。
2012_07
29
(Sun)03:22

右足よ、おまえもか!

左足に続き、右足の親指の爪もべろ~んと剥がれてしまった。
痛みはなく、下には新しい爪が生えているが、左同様「普通にここまで切ったら深爪過ぎて痛くて歩けない」レベルまでしか生えていない(親指の半分くらい)ため、今は爪先の敏感ぶりはすごい。しかも左で経験済みだがこれがまた全然伸びてこない。

s-つめ 001剥けた爪。日が経つと不思議な事にどんどん丸まってくる。
s-つめ 002爪の裏には薄皮のようなベロベロが張り付いていた。

少し長い時間しゃがんでいると爪先に負担がかかるらしく、親指が少しちくちくする事はある。
再生したばかりの爪は弱そうなのでケガには気をつけているが、触れた時の感触がいつも以上である事以外は特に支障はない。
足の爪って意外と伸びるのが遅いんだなぁと改めて実感。手の爪はむちゃむちゃ伸びるの早いのに。

さて本日も猛暑日だったようだが、私はあまり暑さを感じることがなかった。
宣言していた通り、本日は朝からベランダの大掃除と風呂場の大掃除、その後レンジ周りの掃除を行った。
ベランダ掃除とは、「窓・壁・天井・床の大掛かりな水掃除」のことである。
洗面所からひいたホースでとにかくひたすら水掃除。
スカイツリーを見ながら、天井を洗い、壁を洗い、窓を洗う。
脚立に乗ってゴシゴシやるので、一歩間違えば数十メートル下に転落死などという不名誉すぎて死ぬに死ねない事になりうる。ことに手すり側の天井を洗う時が怖い。高所恐怖症というわけではなく、「失敗した時のイメージ」を常に持ちながら仕事をする慎重なタイプなので、「そんなみっともない死に方は怖い」と思っていたという事だ。

ホースを天井に向けて洗うと、天井は斜めにはできていないため水がボタボタと私にかかってくる。
昨年はうっかり6月の梅雨まっさかりに作業して寒くて寒くて仕方がなかったので、今年は梅雨明けまで我慢して、満を持しての掃除開始。
今日くらい暑ければ特に問題はないのだが、Tシャツだと水を含んで冷えてしまうので水着に着替えての掃除だ。
さらに日焼け止めをがっつり塗って、天井は長い柄のスポンジ、窓はスクィージー、壁はスポンジと雑巾、床はデッキブラシで延べ4時間にわたる大掃除であった。

隣の家の犬の毛がうちの排水溝に詰まってしまうのでスクレイパーと歯ブラシで取り除く。
これがまたも~んのすごく獣くさいので、「これ、動物嫌いの人だったら隣人トラブルの元になるなぁ」と思う。
私はずぼらで掃除が大嫌いなので、ベランダも年一回掃除をするかしないかだし、犬の毛だろうが猫の毛だろうがもとが動物好きなのでそのへんは「お互い様ッスよね」と別にかまわないが、マメに掃除している神経質で綺麗好きな人だったらキレるかもしれない。

水仕事が終わったら布団やシーツを干し、次は風呂場だ。
ユニットのエプロンを外して床や排水溝、壁に至るまでひたすらごしごし。
毛量が多く、抜け毛もハンパでないので色々なところにちょこっと髪の毛が詰まっていて気持ち悪い。
だが他人の髪の毛が出てくることだけはないのが安心だ。(出てきたら怖いわ)
カビ取り剤を散布して休憩方々「アクセルワールド」と「エウレカセブンAO」を見る。

おばさん声(遠藤綾)の「スカイレイカー」の厳しい特訓を受け、「心意」に近づく肉丸。
彼女は義足の女子高生(中学生?)で、かつて黒のレギオンに所属していた先輩のお友達だったとか。
飛翔ではないものの「跳躍」の外装を譲り受け、一歩前進というところ。
スカイレイカーはとても可愛い娘だったけど、アッシュへの評価が酷すぎて笑った。

エウレカはもう全然面白くない。ガゼルたちがイラつくわー、見てて。
シークレットは果たしてコーラリアンを滅ぼす「ヒトの味方」か、これまでの認識どおりコーラリアンとセットの「ヒトの敵」かというところだけど、なんかもうどうでもいい感じ。フレアがまともで可愛いのが救い…って、はっ!!!!!!
私コレ、元祖エウレカでもこういう見方してたな!「ドミニクがまともで面白いからまぁいいや」って!
うーわー、これ完全アウトのダメパターンだよ…

腹がくちくなったところで今度は流しとレンジ、レンジフードを掃除。
「これらはそもそも汚れるところなんだから完璧にきれいにしても意味が無い」というポリシーのもと、さくっと終了。
大掃除で頑固な油汚れなどに苦労したくないのなら、極意は「使ったら簡単に一拭き一掃除」しておくことが大切だ。
トイレは前日やってしまったので今回はやらなかったが、これはトイレにもいえることである。
私はとにかく掃除が大嫌いなので、大掃除をしなくていいようにマメにちょこっと一掃除するようにしている。

死神小僧名探偵コナンが始まった頃、全ての掃除が終了し、シーツ・布団をセットして完了。
実に充実した掃除デーであった。そしてこうやって掃除をしてみて、パチエモンを買ってよかったと心から思う。
とにかく床にほとんどゴミが落ちていないのだ。毎日毎日パチエモンがキッチンマットと喧嘩しながら(どうやら風呂マットには勝てるようになったらしく、風呂マットが巻き上げられて塔になっている事がしばしば)床を綺麗にしてくれているので、掃除をすると目につく床の埃や髪の毛についぞお目にかからなかった。濡れた足をうっかり床についてしまっても、掃除サボりーヌの証である「湿った足にゴミや髪の毛がくっつく」ことが全くない。

「う~ん、ルンバ買おうかなぁ」と迷っている方がおられたら、絶対にお奨めである。(いや、私はルンバマスターではないのだが…)

①一人暮らし、あるいは共働き
②掃除が嫌い
③抜け毛が多い多毛の方

この要素があるなら買って損はないと思う。
②については、ルンバを買ったとしても、普通自分でも掃除機をかけるのは当然だろうが、私のようにそもそも「掃除機をかけるのが大嫌い」「それどころかまず掃除機を持っていない」人なら間違いなく得する。
逆に「自分で隅々まで丁寧に掃除機をかけないと気がすまない人」は、機械のやることなど絶対に物足りないと思うのでやめた方がいい。
抜け毛を見てコロコロしたり指でつまんで捨てる事が激減し、ストレスがなくなったのは嬉しい。

しかし掃除しただけで既に体中筋肉痛なんだがどうなってるんだ…(明らかに運動不足です)
あー、でももうこれで来年まで掃除しなくて済むぞ。嬉しいなぁ♪
はっ、明日は休日出勤なのでこんなことしている場合ではない。早く寝なければ。

男性声優人気投票

山寺宏一
●SOAで久しぶりにお声を聞いたので一票。やっぱり山寺さんの長い説明台詞は迫力がありますねぇ
山寺さんは太さといい低さといい、本当にいい声してますよね。
80年代末に声は先に知っていたので(駆け出しの頃に声質が好きだったんですよ)、空白の90年代を知らず、オタ生活に戻った2000年代に入ってからご本人を見た時「え?これ山寺宏一なの?同姓同名じゃないの?あ、声同じだ」と驚いたものです。だってものまね番組に出てたんだもん。そりゃたまげますよ。

辻谷 耕史
●自分も辻谷さんといえばバーニィですが、それ以外だとBLOOD+のソロモンが印象深いですね。あの常時困ったような顔してる優男のくせに、戦闘では妙に容赦なかったりする独特の味は辻谷さんならではだと思いました
●まずはご結婚おめでとうございます。まさかケロロと結婚するとは・・・驚きました。犬夜叉で共演してましたね。バー二ィですいません。間違えて送信してしまいました。やっぱりバーニィが好きです。ビデオレターのあの淡々とした喋りがほんと泣けます。タンダもよかったですね。優しい声だと思います

ご結婚されましたね~、おめでとうございます。
というかカテジナさんもバーニィ(あるいはシーブック)も独身だったんですね。

朴訥でどこか抜けているのに、どこまでも善良で優しいタンダ、冷酷な部分と愛情深い部分が混在している不思議な美青年ソロモン、不快な侵略者であるスカブコーラルを殲滅させて大地を人の手に取り戻そうと謀り続けてきたデューイ、削除と市が大好きな浅井長政など、ヘラヘラと凛々しさが同居する弥勒様以外にも印象的な役が多いです。そしてバーニィはもはや伝説ですね。ポケ戦は思い出すだけでじわっときます。ケンプファーもな(笑)

鈴村健一
●アッシュ・ローラーがこの人だなんてテラ信じらんねぇ!!
ねー、私も「えっ!?これ鈴村だったの!?」とキャストを見てぶったまげましたよ。
でもすごく印象深い面白いキャラだったので、「また出てこないかなぁ」「鈴村使ったんだから出てきて欲しいなぁ」と思ってたら、2クールOPにそれらしき姿があったので「お?これは期待できるかも?」と思ったら本当に再登場。しかもなんていい奴なんだ!スカイレイカーの前ではすっかりタジタジなのも可愛いじゃないか!

女性声優人気投票

千葉紗子
●劇場版ストライクウィッチーズ:二代目の世戸さおりも悪くないけど、千葉紗子に復帰して欲いかったなぁ… 最後に美味しいとこを持ってく役どころだけに(笑)
ありゃ、千葉さんまだ復帰されてないんですか。

早見沙織
●ストーリー自体は個人的にイマイチでしたが、サチの演技は実感がこもっていてとてもよかったです。また死に役なのが残念でしたが…
私はさくさく話が進んで面白かったと思うんですけど、ネットでの評判はイマイチだったみたいですね。
その理由が「せめて2話はやれよ!」というものが多くて、「1話で十分まとまってたし、初見の私でも十分全部理解できたのに」と思いました。
どうも最近は、ただひたすらダラダラダラダラやればいいという傾向があるようですなぁ。
だからたとえば「涼宮ハルヒの消失」が、3時間近くもあるなんてバカバカしい結果になるんでしょうね。
2012_07
28
(Sat)02:49

ぅあっつぅ!

しかし今日はさすがに群馬や静岡や埼玉にはかなわなかった。
アメダスの「低温ベスト」の北海道の気温を見ては、職場の仲間と「いいよねぇ」とため息をつく。
丑の日らしくうなぎの蒲焼を買った。土鍋でご飯を炊いて食す。うまうま。

なでしこの勝利は、確信まではいかないにしろ8割方イケるだろうと思ってたので「よくやった。これで勢いがついた」だったが、男子サッカーは「ええっ!?ウソでしょ!?」であった。
いや~、正直無理だと思ってたわ。そして負けても十分言い訳が立つと思ってたわ。まさか勝つとは思わなんだ。
スタミナのない日本のサッカーによくありがちな「闇雲ゴール」で惜しいシーンも多々あったけど、でも昔の日本のように「そもそもFWが全然攻めとらんじゃないか!ゴール前におらんじゃないか!」ということがなくなったのはいい傾向だと思う。
いや、ホント、90年代のサッカーってFWがてんでダメだったじゃん。著名な選手はいたけど、私なんか「日本のFWって、MFのことなの?」と勘違いするくらい。サッカーまで中流意識持たなくていいんだよ!

普段はスポーツなんか全然見ない(相撲や野球、たまにサッカーの国際試合くらい)けど、オリンピックは祭典としてW杯同様楽しみ。各局のテーマソングの中でお気に入りを見つけるのも毎回の楽しみだけど、今年はどれもなぁ…一番早くから聞いていたコカ・コーラCMの加藤ミリヤが元気溌剌で一番いいような気がする。

曲といえば、現在のBGMは2000年代の視聴アニメのうち、「たま~に、またはほとんど聞かないけど良曲だよね」というOPED曲。記憶が鮮明な2009年あたりから現在までの曲は選ばず、2003年から2007,8年頃の「そうそう、これいい曲だったっけ…最近はあんまり聞いてないけど」というマイナーBGM集だ。
WMPのリストをテキスト化する技があると知って、以下のように抽出してみた。

AVENGER - 月蝕グランギニョル
GUNGRAVE - 茜色に燃えるとき
鋼の錬金術師 - メリッサ
MADLAX - 瞳の欠片
モンキーターン - ココロが止まらない
ロックマンエグゼ AXESS - 二つの未来
鋼の錬金術師 - リライト
最遊記RELOAD GUNLOCK - 白の呪文
JINKI:EXTEND - FLY AWAY
tactics - ミエナイチカラ
ジパング - 羅針盤
ローゼンメイデン - 透明シェルター
交響詩篇エウレカセブン - 少年ハート
ローゼンメイデントロイメント - 聖少女領域
SAMURAI7 - JUSTICE
イノセント・ヴィーナス - Noble Roar
デジモンセイバーズ - Going! Going! My Soul!
RED GARDEN - Jolly Jolly
おおきく振りかぶって - 青春ライン
機動戦士ガンダムOO - 罠
鉄子の旅 - なんかアリかもね
サムライチャンプルー - 四季ノ唄
KURAU - 懐かしい宇宙
ロックマンエグゼ STREAM - Be Somewhere
D.Gray-Man - Innocent Sorrow
紅 - Love Jump
獣王星 - Deep in your heart
ガラスの艦隊 - ツヨクツヨク
クレイモア - 断罪の花~Guilty Sky~
ふたつのスピカ - Venus Say
Kiba - Very Very
Kiba - 世界の果てまで
Kiba - StayGold
明日のナージャ - け・せら・せら
金色のガッシュベル!! - 見えない翼
Kiba - Sanctuary
BLOOD+ - Colors of the Heart
俗・さよなら絶望先生 - マリオネット
二十面相の娘 - 霞
彩雲国物語 - 最高の片想い
絶対少年 ‐ 光のシルエット
地球へ… - endscape
天元突破グレンラガン ‐ みんなのピース

こうして見るとなかなか懐かしい。
たとえば「おおきく振りかぶって」などは、1期1クールの「ドラマティック」があまりにも名曲過ぎて今も聞きまくっているので、今をときめく「いきものがかり」の「青春ライン」など、ここ数年ほとんど聞いていない。なので敢えて取り上げてみた。「ローゼン」もアリプロの曲はしょっちゅう聴くが、1期EDの「透明シェルター」など最近はほとんど聞いてない。
「ガラスの艦隊」や「RED GARDEN」の名を見ると、GONZOのムチャクチャぶりに苦笑しきりだが、「ラノベ全盛・萌え萌え全盛・ハーレム全盛」アニメばかりの今に比べれば、野心的な作品が多かったなぁと思う。まぁ野心がfデカ過ぎて誰にも理解されず、転落しちゃったけど。

SAMURAI7については、私はNHK総合で見たのでV6バージョンである。
EDの「虹結び」はとても好きなので今もドライブソングになっているため、今回は敢えてOPにした。

相川七瀬版
V6版

どちらがいいかは好みだと思うが、私はV6バージョンの方が好きだ。
ただいかんせんV6がど下手クソなので、もっと上手な歌手がこれを歌ったらもっといいと思う。
攻殻S.A.Cが「inner universe」(オリガの歌もCGも完成度が高い)か「GET9」(曲は悪くないが絵は全てバンク)かと聞かれると結構迷うが、2nd GIGは圧倒的に「rise」である。「christmas in the silent forest」もCGは凝っているのだが曲がなぁ…

中途半端に終わったクレイモアや、せっかく完結したジパングなどは続きを見せてくれたらいいのにと思ったり。
牙-Kiba-は、3曲目のED「StayGold」がとても好きだった。しかしED4曲目を聞くたびに、「何を『いい最終回だった!』みたいに終わってんだ!」と思ったあの時を思い出す。ひたすら「豹変→死」を一年間。井上大先生恐るべし!

【輪廻のラグランジェ】
あれは本物のユリカノなのかな?

【超訳百人一首】
この間死んだと思ったらまた出てきた業平。
「むべ山風を嵐といふらむ」はシンプルで好きだが、確かに「ただうまいこと言いたいだけです」かも…
後宮にあがった小町さんは、報われなかったお兄様を未だに頼ってるのが可愛いじゃないの。

【しろくまカフェ】
「すーげぇ、このひと…」
もうね、爆笑した。マジで吹いた。釘宮さん、女子高生の絶望感出すのうま過ぎだ!

【もやしもん】
相変わらずどーでもいい事を何話もかけてやってるなぁ…というわけで、ハルカさんはフランスへ。
銀杏って昔は食わず嫌いしてたけど、意外とうまいよね、もっちりしてて。

【夏雪ランデブー】
体温の低い花やしきデート話で、盛り上がらないローテンション会話に「なんのために来たんだ」と思い、情熱的に迫る葉月を見て「口説かれるっていい気分」みたいな店長も、モロに白っぽい原稿のレディースコミックを思い出させたりして、「なんか…これはちょっと…」と思わずロープに手をかけそうになった瞬間、福山幽霊が乗っ取りに成功!
そう言うだけでどうせなかなかやらないんだろうなと思ってたので「うぉい、やりやがった!」と跳ね起きたよ(ソファに寝転がってぐでぐでしてたから本当に起き上がった)
同い年の男と結婚して両者が平均寿命まで生きた場合、女性の寡婦年齢は8年くらいあるので、8歳以上年下の男性を選ぶとちょうど同時にあの世へゴールできるらしいッス。

明日はベランダと風呂場掃除。そして明後日は休日出勤。がんばんべー

一言投票所

映画「サマーウォーズ」
◆夏戦争は展開粗かったですね。テレビ用にカットされてる部分が多かったらしいが、それでもねえ。あれこれ命令する有力者なのに葬式で馬鹿騒ぎするラストのアホさに引いたので、その印象しかないですけど
皆様大絶賛の「時をかける少女」も面白くなかったのでダメだろうと思っていたら案の定ダメでした。
まぁ「監督ができるのはあと1作」とやめるやめる詐欺をまきちらしているパヤオに代わる看板アニメ監督が欲しい日テレとしては、彼がイチオシなんでしょうね。

その他「新世紀エヴァンゲリオン」
◆エヴァンゲリオンについて。アニメでは意味不明だが謎めいてな専門用語や
エヴァンゲリオンについて。アニメでは、解説なしに謎めいた専門用語やシーンを断片的に大量に毎回使い、一方でこれまでに見たり聞いたりしたもの意味を考えさせることで少しずつその謎を分からせ視聴者の関心を惹き付けさせる戦略は上手かったと思う

私はこの作品を見たのが2004年頃なので、何よりすぐ調べられるネットがあり、難解な用語や概念も既に研究しつくされた感がありました。
だから当時の「全く今までにない新しい何か」を示す空気感や、視聴者の好奇心を刺激する雰囲気がイマイチわからないんですよ。リアルタイムで見るのと解説を手にして見るのではやはり大違いですね。
逆説的ですが、ファーストガンダムをゲームや劇場版でしか見ていない若人がしたり顔でガンダムを語るようなもんですかね。

その他「キャンディ・キャンディ」から「アポロン」へ
◆下で何度か主題歌の話題が出ていますが、「そばかす」でやらかしてしまったYUKIさんは坂道のアポロンのOPで見事な「アニメ主題歌」を作っていましたね。あの歌はどこからどう聞いても「アポロン」の主題歌といった見事な出来でした
今回はちゃんとアニメの内容を聞いて咀嚼して作ったんでしょうかね。

どうしよう あなたに出逢うまでの私 忘れちゃったわ
風は頬を撫でる
♪ララバイ オブ バードランド♪ 坂道蹴りながら
頼りない影は伸びる
終わらない夏休みみたいね プールに忍び込んでる気分
ねぇ 服のまま泳ごうよ 跳ねる!!
衝撃的誘惑スパイラル この胸を突き刺すビートはストレンジ
(それはパッと燃えて消えてしまうの)
散々な日々も上等 ドレスアップ
スウィングしてる ハイなスピード サラウンド
(それは何ていうダンス? 止まらないの)
行かないで 耳に絡みついてもう離れないよ
メロディは 恋みたいだ

「坂道のメロディ」、名曲です。

エウレカセブンAO(2012年4月開始)
◆名も無きエキストラがメインキャラクターに出会ってしまうと死亡率が跳ね上がるのは毎日放送アニメの伝統!?
仕様です。
つーか最近マジでわけわかんないんですけど…昔のエウレカも大概ひどかったけど、今回のエウレカもひどい。

アクセル・ワールド(2012年4月開始)
◆ジャケットイラストに釣られて後期OPのCDを買ってフルサイズのPVを観てしまった!・・・わけわからん!CDで初回盤を買って後悔したのなんて初めてだ!!・・・さてあと2、3回観よう。(笑)
~(続き) 因みに歌自体は曲調も歌詞もアクセルワールドの雰囲気にマッチしていて良いですね。最終決戦あたりで、フルサイズで挿入歌に使われたら超絶的に盛り上がりそうです。

「え?何コレ?」と呆気に取られますよね~、あれ(笑)
1クール2クールともスピード感溢れていいですよね。
あとナニゲに今期のEDで、自分のアバターから肉丸君を取り戻す先輩が可愛くて面白かったり。

ソードアート・オンライン(2012年7月開始)
◆「ビーター」命名の時の科白の流れが無理やりすぎてちょっと笑ってしまいました。お前らビーター言いたいだけだろと
私も「いやいや、それは無理やりにもホドがある」と思いました。
どこかで「ビーターと呼ばれる者たちがいる…俺もその一人だ」みたいなモノローグ調の説明でも入れればよかったのに。

その他「家電クラッシャー」
◆家電製品は続けて壊れるのジンクス通りにエアコンと冷蔵庫が纏めてお亡くなりになり今年の夏は終了しました(予算的な意味で)もし電化製品をどれか一つしか選べないなら迷わずエアコンと応えてしまう体験はもうしたくないです…>ちずる
エアコン故障とのこと、ここ数日の猛暑はいかがだったでしょう。大丈夫でしたか?

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
◆三期で色々悪い方向に変わっている本作ですが、ゼハートだけは少しも変わってません。連邦に攻撃されてる基地の司令なのに一切指揮をとらずひたすら「まだ余裕まだ余裕」と言うばかり。部下の撃墜映像を尻目に味方とのんびりお話し、前線に出たらアセムのケツ追っかけて部下はほったらかし
ガンダムによくいるタイプの「ダメな悪役(またはライバル)」そのものじゃないですか!
しかも実況板では皆さん「なんで棒立ち?」「またか!」とハテナマークでしたよ。

◆AGEに関してはぐるっと一周してシベ超を観賞する感覚に近いです、水野さんなら仕方ないと。 ダメな所だらけですが不思議に脚本を全否定する所まではいってません。 物語の骨子に責任を持つ日野氏が脚本で描いたシーンを映像化するにはどれくらいの時間が必要かを経験で理解しそこを直すだけでストーリー構成は
もう少しマシになった筈です。 まあ最初から時間の構成だけは別の人に任せるべきだったのですが。 それよりフリット編演出の迷走ぶりが半端なく視聴断念寸前まで追い込まれました。 アセム編で仕切り直しをしキオ編でようやく落ち着いた模様ですが、話の語り口くらい最初に詰めてほしかったです>ちずる

いやいやいやいや、金出して見に行く「シベ超」はそれこそ好きな人だけが見ればいいですけど、「公共放送で無料で見られる」「ガンダムブランドを冠しているので期待が大きい」一般向け作品がそんな事では…
もう見ていないので(見る気もないですし…2012年インフォページにも「視聴挫折」とさせていただいております)アレですけど、この間久々に公式ページに飛んだら、「フリット編」「アセム編」「キオ編」に続いて「三世代編」とかいうリンクが増えていて驚きました。なんだ「三世代編」って!?
あとキャラクター紹介のページでヒロインを見比べると、やはり山田が一番可愛いと思いました。というわけで「フリット編」の勝ち!

その他「戻り梅雨」
◆天気の話で。「戻り梅雨」というのを天気予報で聞くのですが、それってまだ梅雨明けてなくね?発表早く出しすぎたたけじゃね?と今週末のような肌寒い天気になるとふと思います
今週は暑かったですが、先週は寒かったんですよね~、そういえば。
実際梅雨明けを撤回する時もあるので、やっぱり「戻り梅雨」という現象もあるのかも?
でも仰るとおり、今年はちょっと早すぎた気がしますよね。やっぱり明けたのは23日以降じゃないかな~
2012_07
22
(Sun)19:31

日曜日は休む

っていいなぁ…
天気が悪いのでベランダの水掃除と布団干しはできなかったが、何よりものんびりできる。
ちなみに上記の仕事については来週土曜日にやる予定。晴れるとよい。
ちなみに来週の日曜日は仕事なので雨でもよい。

17:00から久々にリアルタイムで見ようかどうか迷った「ガンダムAGE」だが、やはり決心がつきかねたので、同じく久々に2chの実況板をウォッチングしてみる事にした。スレがあまりに伸びないので笑ったが、「作画がひどい」「回想が多過ぎ」「MSがカッコ悪い」「死ぬかと思ったキャラが死なない」「爺と思わせて親父が来た」「キラよりタチが悪い」「いや自覚してる分悪くない」、そして「地震だ」「宮城大丈夫か」「テロ?」などなど、皆さんの混乱振りがよくわかる実況ぶりに、やはり「見なくてよかった」と胸を撫で下ろしたのであった。

種ファンからは「当時はあんなにこき下ろされたSEEDを、今はこちらが何も言わなくても勝手に持ち上げてもらえるのはAGEのおかげ。ありがとう」とあって吹いた。
そして今回の私の「ウケましたで賞」は「どこも華麗ではなかった」という冷め切った投げやりな一言であった(サブタイが「華麗なフラム」だったため)

そんなヒマな日曜日を過ごしている私であるから、夕飯を食べながら「サマーウォーズ」を見ている。
しかし今も見終わっていない。見るのに大変な労力と覚悟がいる上に、途中でちょいちょい飽きるのでこうしてブログをいじりに来ているのだ。
残りあと30分くらいであろうか。風呂を沸かしながら少し見て、風呂から出たら残りを少し見れば終わるだろうか。
あー、苦痛だ。
だが何より平成ゆとりキッズたちが死ぬほど大好きな天才細田監督作品である。
何か…そう、何か言うにしてもまずは見なければなるまい。あー、しっかし苦痛…

一言投票所

仮面ライダーフォーゼ(2011年9月開始)
■賢吾の正体は、カプリコーン回に突如理事長が単語を口にし、以降全く触れられなかったコアスイッチの可能性もありますよ!!…………スタッフがコアスイッチをどうするつもりか知りませんが、十二使徒だけじゃなくて、コアスイッチも探す描写があれば良かったのに、って今更ながら思います
あっ、そうか!そうですね、それもありましたね。
ヴァルゴも消える間際に鼻男には何か話そうとしてたし…やはり鼻男が最後のキーパーソンになるのかな。
2012_07
22
(Sun)16:22

究極兵器は赤ん坊

今うちの職場には産休・育休を取っている人が2人いる。
男性も奥さんが妊娠している人が2人いて、いずれ産休か育休を取るかもしれないと言っている。
さらに母子手帳が取れないらしいが(どんな理由かは知らん)初期妊娠中の人もいるらしい。

普通ならそんな事は私には何の関係もない。
しかし人事関係を一気に引き受けている今は、制度上の手続きは全て私にのしかかってくる。
産休育休代替の派遣職員の補填やら、休暇期間中の手続きなども皆そうだ。正直、すべて「余計な仕事」である。

まぁそれが仕事なので滞りなく行っているが、一番困るのが「無事生まれました♪」と当人が子供を連れて職場に来る時だ。
まずはもちろん自分の仕事をかぶってくれている人たちに挨拶をするのはいいのだが、人事関係上私に世話になっているからと子供を連れて徐々に徐々に私のデスクに近づいてくる姿を見ると(来るなっ…来るなぁ!!)と思う。

「わー、可愛いネ」と心にも無いセリフを言わせるなやっ!!

同期のヤツは私の子供嫌いを察して(というか恐れて)近寄ってこなかったが、この間来た彼女は違った。
彼女自身は向上心に富み、勉強熱心で本当にいい子だと思うのだが、生んだ子供については私とは何の関係も無い。
だから妊娠中の彼女や、子育てで疲れているだろう彼女をねぎらう気にはなるが(彼女自身とは職務上関係があるので)、その子供や家族など私にとっては何の興味もないしなんの関係も無い。
お世辞も言いたくないし、興味を仕向ける事もしたくない。

なのに彼女はニコニコ顔で、ガキを前抱っこしながら私の方にやってくて、「いつもお世話になっています」と言った。
その時の私の苦虫を噛み潰した想いを誰にわかってもらえるのだろうか。顔ではもちろん笑っていたが、「あぁ~…か、かわぃ…」という言葉には全く力がなかったと思うし、多くの人がやるように手を出してあやしたり触れたりする事もしなかった。(んなキモいことできるか!顔を背けなかっただけ褒めやがれ!)

「子供=最強兵器」というのはわかるが、それが本当に、言葉だけでなく、死ぬほど嫌いな人間もいる。
泣かすな騒がすな走り回らせるな野放しにするなと言いたい。こういうサルガキとサル親は動物よりずっとずっとタチが悪いと思う。「子供産んだぞ、どやっ!」と得意げに構えている人を見ても(最近だとクワバタオハラのクワバタとか、アンジェラ・アキとか、もう女として人間として自信満々だよね。それまではコンプレックスの塊みたいだったのに)正直「うわぁ、うぜぇ」…としか思わない。

あ、ちなみにIQが高く物静かで頭のいい、ちゃんとおしゃべりのできる子はとても好きですよ。
あと旅先などで客観的に家族連れを見ていると、基本的に「お父さんがかなり熱心に子供の面倒を見ている家族の子供はいい子が多い」と思う。お父さんがまだおむつ取れたての子を連れ歩くなんて昔はなかなか見なかったけど(いや~、そんな光景見なかったよね、ホント)、最近の若いお父さんはたとえ1人でも子供を連れ歩き、果敢に子育てに参加していて偉いと思う。男親は女親ほど心配性だったり神経質じゃないことが多いからか、子供も大らかでいられるのかもしれないな。皇帝ペンギンみたいで格好いいぜ、ヤンパパ!
ま、人類の繁栄(と私の老後)のためには産めよ殖やせよで頑張ってくれたまえ、若人たちよ。

【探検ドリランド】
完璧超人かと思いきや、まさかの「乗り物酔い」というアホスキルがあったウォーレンス。蜘蛛に乗っても乗り物酔いてアンタ…
「仲間」について何か思うところがあるらしいので、やはりウォーレンスの過去は興味津々。そしてポロンがさりげなく緩衝材&話の引っ張り手(勘違いとはいえ)になっているのがいい。とにかくこれ、姫がウザキャラじゃないのが何より。次回はお休みで8月再開は「女海賊アルビダ」スベスベの実は食ってないよね?

【SAO】
なんじゃこの「ソードアート・ガンダムAGE」はっ!!!
薄幸少女を早見さんがやってるのでなんかイヤな予感がしていたら案の定大変な事に!
黒猫団リーダー(CV.豊永さん)まさかの自殺にアイスコーヒー吹いたわ!(ちなみにCV.江口さんはザコっぽく殺されました)
でもこれやっぱ結構面白いね。「ドルアーガ」を見た時の「意外な」わくわく感を思い出したよ。
まぁあっちよりは暗めだし、「hackよか重い」と評されつつも、私は「でもG.Iに比べればマシじゃね?」と思ってるけども。(だってディアベルさんがボマーだったらどうよ?)そういえばこのゲームにもモタリケさんはいるのかなぁ…
あ、あとクラインさんが生き残っていてよかった。相変わらずとてもいい人だった。アスナっちもまた早く出てこないかな♪あの子すっごく可愛い上に強いんだもの。そういう女の子キャラ好き。

【星矢】
昔の星矢にもよくあったような(聖域編まではむしろメイン的に)息抜き話。光牙が意外と臨機応変な立ち回りができないので驚いた。あと栄人を使いあぐねているように感じるのは気のせいだろうか。

【宇宙兄弟】
3話かけてそれかよ!とツッコミつつも、ムッタが「思い出した」ということでようやくグリーンカードの件が判明。あー、もうストレス溜まった。はっ、これももしかしてJAXAの仕業か!?
でもまぁこのノロノロ展開があったからこそ、「食料が足りないのもグリーンカードのせい」という勘違いに笑えたので、よしとするかね。むしろこういうアクシデントの方が重大だよね。水のタンクが壊れたとか(シャワーはもちろんトイレもできないとかさ)せりかさんの耳栓は完全にシャットアウトはできないだろうけど、ナイスアイディアだったしね。B班も見習おう。
あと蚊はどうでもいいけど、ゴキブリが出たら退治するまで眠れないだろ!寝てる間に顔の上を這ったり口の中覘かれたりしたらどーすんだよ!

【仮面ライダーフォーゼ】
成り代わられかけた偽ユウキを、弦ちゃんの友情パワーが引き戻す。
でも一番の功労者は鼻男だと思う。偽ユウキにも気づいたしさ。
鼻男の活躍は流星登場以来とんと目立たないが、全員が部を離脱してもいつもと変わらなかったり、鼻男の成長も著しいと思うのだが。しかしその鼻男にどうやら謎の力が?彼がピスケスなのか、それともそれすらも超えるさらなる星なのか。来週はオリンピック特番のためお休み。となると残り4話か。いや~、早いもんだねぇ。
あと今回三条脚本だったせいか、急にカップル化した(とはいえ前々からその傾向は見えていたけど)流星と友子が竜くんと亜樹子に見えたわ。

一言投票所

仮面ライダーフォーゼ(2011年9月開始)
♥「我が身を守るためなら何でもする!」 オンドゥルルラギルンディスカー!と叫ばずにはいられない… ネット版仮面ライダーフォーゼの方では眠っていたバトルファイトとダイヤの仮面ライダーの記憶が一瞬蘇ってしまったりと絶好調です
オンドゥルってましたね、橘さん!じゃなくて校長先生!!
いや~、この人は一旦完全にダメだと思ったのに「ラプラスの瞳」の力を得るという逆転ホームランで生還したのも面白かったですが、歯向かおうとしては乙女座や獅子座にボコられるという情けないところが実に面白い(見た目は爽やかなイケメンなのにねぇ)
そんな彼も最後のピスケスを見つけちゃうと、そろそろ「用済みモード」に入ってしまいますからねぇ。一体どうするんだ速水校長!と思ったらサブタイが思いっきり「天秤離反」…って、まんまやんけ!

アクセル・ワールド(2012年4月開始)
♥深夜アニメでは、作品名が歌詞に入ってる主題歌って珍しいですね。ヒェア!ヒェア!曲は本当に良いのに、PVが何故こんなことに!? http://www.whv-amusic.com/altima
な、な、なんじゃこりゃあぁぁ!?
ふざけてるにしろホドがある…と思ったら、歌ってる人たちも結構なキワモノみたいですね。
作品名を入れるのはあからさま過ぎるというのもわかるんですが、OPやEDになるからには、やはりその作品の世界観、物語性に見合った歌であって欲しいです。youtubeなどで「懐かしの90年代アニソンベスト10」とか、「アニソン売り上げベスト10」なんかを検索すると必ず出てくるのが「るろ剣(ソバカス)」だとか「スラダン(世界が…やあなただけ…君が好きだと…など)」や「コナン系」ですが、歌を聴いてもそれはそのアーティストの歌でしかなくて、さっぱり作品が思い出せないというのはねぇ…それはドラマでやればいいじゃないと思います。

その他「なのは」
♥ストーリーは改変ありの総集編ですが、前作も今作も作画は全部新規で、ただでさえド派手な戦闘シーンが更にド派手になってたりします。意外と予算あるんですよね
新規作画というのはいいですね。SEEDもリマスターというならそれくらいやって欲しかったです、わりとマジで。

その他「ジョジョの奇妙な冒険」
♥JOJO>私は第二部が一番好きです。もはや極まった感のある波紋アクションもいいし、何より敵も味方もキャラが良かった。シーザー・ワムウ辺りは勿論として、タフで狡猾で優しいジョセフは今でも一番好きなジョジョですね
おー、同志ですね。私も第二部は未だにしっかり覚えているほど好きです。毎週毎週ジャンプで読むのが楽しみでした。よくよく考えると、画力や迫力はもちろん、セリフ力、何よりジョセフが貼る知恵とはったりを毎週楽しめていたなんて本当に贅沢でした。あの頃は何しろ星矢やDB、男塾やシティハンターなど廻りが強敵ばかりでしたから、巻頭カラーになると「ああ、人気あるんだ、よかったぁ」と嬉しくてね。
カーズが最後の最後までどうしようもない最強生物だったのもよかったです。それに打ち克ったのが人間と地球の力ってのも震えます。ジョジョは2部で完全に完結を見たのに、その後も進化を続けているというのがすごい。実は意外と4部も好きなんですよ。壮大な3部に比べると狭いご町内の話ながら、少し哀しみが混じっていてよくまとまっていたと思います。(実際は「世界の狭さ」で言えば1部が狭いので、通じるものがあるのかも)

女性声優人気投票

日笠陽子
♥ハルカの声、可愛くていいですねぇ。日笠さんといえば一時期は演技のパターンが少ないなんて言われたりしてましたが、最近はロリ声とか、ハルカみたいな爽やかな声も聞けるようになってファンとしては嬉しい限りです
アバンで探検への意気込みを鼓舞してくれる元気で明るいお姉さんのハルカ、可愛いですよね。
ホントは姫役がやりたかったのかなぁ?でもハルカ役だとCMもできるから収入としては美味しいか。
若いんだし、まだまだこれからに期待したいですね。花澤さんが君臨する今、演技の限界なんてないさ!
2012_07
22
(Sun)01:53

寒ぅ

昨日一昨日とも夏とは思えない寒い日でしたなぁ。

旅行中に溜め込んでいたアニメをようやく消化。
同時に3月以降整理していなかった一言投票所のアニメ作品・皆様の過去ログをまとめ、7月バージョンに直しました。
項目を作らないまま完結してしまった「坂道のアポロン」や「つり球」などは申し訳ない。

7月開始作品で視聴継続が決定したのは「ソードアート・オンライン」
OPでもうひとりの主人公格の女の子が可愛い事、さらに凛々しく動くのが気に入った事(戸松さんもね)
仲間になってくれそうなキャラがまぁまぁいい感じだった事、黒マントを手に入れたキリトが場をおさめるためにヒール役を買って出た事など、「うん、これなら…」という感じだったから。相変わらず作画はイマイチだが…
A-1ちょっと仕事請けすぎじゃないの!
「探検ドリランド」は純粋に面白いので。デフォルメしたゲームものなんかダメかと思ったけど、意外と相性がいいようだ。
「超訳百人一首」も継続。これは意外と面白い。相変わらず「なぜ今アニメ化?」とは思うけど。
そしてノイタミナは春ほどの情熱をもっては見ないものの、まぁ勝手知ったる「もやしもん」と、女性漫画が苦手な身には2割ほど不満と嫌悪感がありつつも、ひたすら女に都合のいい「夏雪ランデブー」もまぁ見るかという感じ。
「ラグランジェ」も同様。またちんたらモタモタやるんだろうな~と思いつつ、結局見てしまいそうだ。

「トータル・イクリプス」はもうダメだった。本当にカンベンしておくれ状態だったので3話で切り。
「じょしらく」はダラダラ続く会話に耐性がないので切り。10分ものなら見るのだが。またはマジメに落語に取り組んでくむ面白下町青春ストーリーか。
「AKB0048」も頑張ろうと思っていたのだが、2話目でわらわらと女の子が出てきたらちょっとおなか一杯になってしまい、「も、もういいや…」とゲップしてしまった。

しかし「エウレカセブンAO」がひでぇな!!!!!
もー、見ていてイライラしてたまらんのだが、「いや、元々うんことわかっているエウレカに今さら文句を言っても自己責任…ここは穏やかに進路に落ちている汚物でも見るように諦めようじゃないか」と言い聞かせている。
時間はぶっ飛びナゾはまだまだ明かされず青ハウルの存在意義がわからずアオはひたすらママっ子でしょーもない。
FLOWのOPに変わったからといって騙されん!とりあえず、あそこでマトモなキャラクターって実はフレアだけの気がする。そしてマトモな人は影が薄いというエウレカの法則も生きている!ああああ、もうキチガイばっかで気が狂うぅぅ~!!

あとねー、「宇宙兄弟」が納得いかないんだよなぁ…
ああやってトラブルが起きることについて、ムッタたちはなんであんなにみっともなく動揺したり大騒ぎするの?
あんな「非日常的状況」すなわち「異常」な閉鎖空間で何かアクシデントが起きれば、犯人がどうとかじゃなくて「JAXAが仕組んでるな」とまず考えるに決まってんじゃん。つかそう考えろよ、何かあったら!!
あんなのまだマシで、非常ベルが鳴るとか、本当に火災が起きるとか、トラブルやアクシデント対応能力を見るための試験だってやるかもしれないじゃん。実際「プラネテス」では部屋の酸素を抜かれたわけだし。
なんで皆、あんな「普通の状態で作業している時に起きたアクシデント」のようにフツーの対応してんの?特にムッタは犯人を見てるんだから、あんなにうろたえてキョロキョロしたり「俺は犯人じゃねぇぞ!」と言うとかやめればいいのに。みっともないなぁ。しかもこういうシーンがあまりに長すぎて、しかも何度も出てくるのでホントにウザい。もうちょっとシンプルにさくさくと話を進められないかなぁ。こののんびり加減、ドラえもんタイムですかー監督!

アクセル・ワールドは、もー、肉丸のうじうじメソメソぶりにキレそうだった。いい加減にしろよグズ!
アッシュ・ローラーは噛ませ犬だからもう出てこないのかなーと思ってたので再登場はちと嬉しかったり。

「サマー・ウォーズ」は10分だけ我慢して見たのだが、どうにも耐え切れずそのまま放置。
そのうち見るだろうか。見ないと思うが。どうやら細田監督とはとことん合わないようである。

一言投票所

コメントレスが抜け落ちていてすみません。

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
★三世代100年戦争達成の為にいちいち年月を水増ししてる本作ですが、そのせいで爺二人は50年以上、海賊さんは10年以上戦い続けて成果0という惨状に…
100年戦争となると、ジャンヌ・ダルクが必要ですねっ!(バカにしてますよ~)

★初代ガンダムが正義VS悪の勧善懲悪を脱却して、正義VS正義を描いて新しいとか当時言われたみたいですが、AGEは悪VS悪を描いててこれまた新しくていいじゃないですか!ま、残念ながら全く面白くは無いんですが
悪VS悪て…そんなガンダムはいやだ。

★フリット爺さんが息子を戦闘マシンに仕立てた事について、アセムは一時的に容認してるだけで後で何か一言あるに違いないと思ってたんですが、直接顔合わせても何もありませんでしたね…。この子には戦争のない世界を云々は本当になんだったのか
そもそも海賊になっていたというのが衝撃的なんですが…何しろ経過を全く見ていないので(笑)
ホント、なんだったんでしょうね?軍を辞めるあの時に何かを決意してたけど、結局うまくいかなかったんで自分の中で有耶無耶にしてんのかな?

その他「じょしらく」
★中国スイカは反則(笑。でも、現実のスイカは身の詰まり具合を確認するためにポンポンと叩いただけで爆発したそうなので、日本に来る前に爆発しそうなものですが、それ含めて手寅の運というものでしょうかww
また異国ネタほりこんできましたか。
2話目を視聴しかけたんですが…言ってる事は結構過激でも、どうもまったりし過ぎて厭きました。
5分とか10分ものならよかったのになぁ。

Parallel Universe(管理人になにな)
★になになさま、お誕生日、おめでとうございます!!!! になになさまが気質の違いも含めて四国を楽しまれたご様子に、私も旅をしたくなりました(暑くない季節に)。次はどこへ行かれるのでしょうか? またワクワクさせてくださいね。(たまり)
たまり様、改めてのお祝いをありがとうございます。何百年も生きている身としましてはもはや何の感慨もなく、どーでもいいイベントではございますが、わざわざの書き込み、本当にすみません。どうか今年限りで忘れてください。

確かに旅は「暑すぎず、寒すぎず」がベストですね。暑いの嫌いです。ものっそい汗かきなので、炎天下で歩き回ると滝のように流れる汗が恨めしい。一方寒いのは苦手ではありませんが、雪で交通が乱れたり、凍結で滑って転ぶのが怖いので困ります。やはり旅するなら秋が一番ですね。(春は多かれ少なかれ環境が変わるので旅行どころではありません)

大阪は東京より暑いと思われます。カレーで汗をかき、氷枕でひんやりしつつ、どうぞお体ご自愛ください。

その他「りりかるなのは」
★になになさんは興味ないでしょうが、「リリカルなのは」の劇場版見に行ってきました。まあ、リメイクなので不満点はチラホラありましたが面白かったです。後、戦闘シーンの演出があまりにロボットアニメっぽくて、「魔法少女ってなんだろう?」と疑問に思ったのは自分だけじゃないはずw
知らない間に劇場版をやってたんですね。総集編はお金がかかりませんもんね。DVD(ブルーレイ)の販促にもなるし。ま、まぁ私もなのはは最終回を見てビックリしましたが、元々武闘派魔法アニメですしね。「ドラゴンボールも空を飛んだり、技を出す時はぶっちゃけ魔法みたいなもんだし」と思えばおかしくない…かな?

その他「トータル・イクリプス」
★心理描写がここまで下手なアニメも珍しいです。戦闘の見せ方も下手で。ロボアニメなのにここまで演出が下手で良いのか。AGEより悪いかも。(目も当てられないぐらい相当悪いってことです)
そのお言葉に戦々恐々として見た3話目、もはや「完全にアウト!」でしたね。
もっさり戦闘、エロいだけのおっぱいスーツ描写、陳腐な戦闘、ペラペラのパーソナリティ、チンケな会話…
「ああ、これはやはりダメだ」という宝庫でした。最後の捨てゼリフシーンなんか唐突でわけわからん。

女性声優人気投票

水樹奈々
★「黒執事Ⅱ」でもテンション高めのテンパり坊やを好演してらしたので、ひょっとしたらテンパッた演技がお得意なのかもしれませんね
女の子らしい女の子とか、のんびりしたお嬢さんとか、戦う化け物とか、私の耳にはそういう役を演じる時の彼女の声がどうもしっくりこないので、もしかしたら「テンパリ演技が天職」なのかもですね。0

柚木涼香
★アドリブでこんなにしゃべれるなんて頭の回転が速すぎるよ!(笑) http://nicoviewer.net/sm18172084
これアドリブなんですか。ものっそいですねぇ。でも柚木さんなら「うん、ありかも」と思ってしまう。

日笠陽子
★「カンピオーネ!」で今までと少し違うタイプのお声が聞けたので期待したのですが、速攻デレてしまって残念でした…
私はドリランドのハルカさんがむっちゃ可愛いので満足です♪

斎賀みつき
★ガンダムAGEで名無しのモブ子供をやってた時は、きっと後で男装の麗人的な敵パイロット役とかで出てくるんだろうなと期待してたんですが…(笑)
サイガーボイス=「男装の麗人」あるいは「男より男らしい男キャラ」に変換されてしまうのは不思議不思議…

男性声優人気投票

白鳥哲
★「エリアの騎士」で南米人のイケメンサッカー選手の役をやられてますが、似合ってるのに何となく笑ってしまうのは何故だろう(笑)
「シラトリンのことだ、きっとそのうち何かやらかしてくれるにちまいない!」という期待感がニヤリ笑いになってしまうのですよ!
2012_07
19
(Thu)00:47

やっぱこうでないとね

「梅雨が明けた」と言われても、雷雨がないと明けた気がしない。
今夜は派手にどんがらがっしゃん鳴って降ったので、これで名実共に夏が来た。

お天気お姉さんがいくら無責任に明るい笑顔で「今日は晴れますヨ」と言っても、西の空が曇っていれば「晴れないな」と算段するように、やはり昔からのお天気諺は侮れない。
東京では滅多に見なくなってしまった燕が、松山や徳島には駅やら民家やらにガンガン巣を作っていて驚いたのだが(四国ってこんなに燕がおったんか!あと雀も多い!雀警戒心なさ過ぎ!あと鶯も一杯いる。嬉しくなるほど)、雨がちだった旅の前半は確かに燕がえらい低く飛んでいた。怒ってるのかと思うほどこっちの頭すれすれを飛んでいた。
しかし後半、天気が回復してからは高く飛んでいた。ああ、これが燕の天気予報かと感心した。

大津のいじめ問題は、あまりの教師の逃げ腰っぷりに、もう見るのもいやになっている。
「大丈夫か?」と聞いたら「大丈夫」と答えたから「大丈夫だと思った」って、バカかおまえらは。

正直、最近はバカで低脳な親が増えているせいで、どちらかといえばモンスターペアレントに悩まされる教師に同情していたのだが、今回の校長や教育委員会の見解を見るにつけ、ああ、教師という生物は何も変わっていないなと、中学生の頃世界一嫌いな大人といえば教師だった私は思う。

近年親が学校に求めるらしい「しつけ」は家庭の責任だ。
親がバカだから子供がバカになるのである。親が人の悪口を言うから子供も人の悪口を言い、いじめや差別が起きる。
親が子供をきちんとしつけ、人としての社会的マナーと倫理・道徳を教え込むことは当然の義務である。

しかしいじめは学校の責任である。いじめだけは家庭で防ぐ事はできない。これだけは発見も予防もやめさせることそのものも、学校の、ひいては教師の責任である。

私は自分が中学生の頃から、教師は授業が終わってからもちゃんとクラスの様子を観察すべきだと思っていた。
いじめられているヤツ、バカにされているヤツ、仲間はずれにされているヤツなど、全ては休憩時間に起きるのだ。
それは決して監視などではない。教師がすべきなのは子供の「観察」である。
見ようと思えばいくらでも見えるはずだ。少なくとも親がそれを見つけるよりは絶対的に見つけるチャンスが多い。
なのに見ようとしない。見るのが面倒くさいのか、見つけたら対処しなければならないのがイヤなのか知らんが、教師は絶対に生徒を見ない。頑ななまでに見ない。見られたことのない、「無問題児」だった私はそれをよく知っている。

ここ数年の「いじめは減っている」という文科省の発表の胡散臭さにも辟易していたが、案の定である。
いじめが減るわけがない。むしろ裏サイトのように、見えない悪質ないじめは逆に増えているはずだ。
いじめの発端はほとんどがストレスの発散だ。それが数の論理でどんどんエスカレートしていく。
その構図は数々の痛ましいリンチ殺人と全く同じである。殺人を犯す前に小動物を殺す輩と同じである。

それに気づけるのは、毎日当事者である子供たちと接している教師しかいない。
わずかな変化、クラスの雰囲気、子供の様子、全てが雄弁に物語るはずなのだ。
しかし教師は気づかない。気づかないふりをするからだ。気のせいだと思いこむからだ。
日々の業務に忙しいからという言い訳が成り立つなら、働いている人は皆そうであろう。舐めるなよ。

私は昔から教師が嫌いだった。今でも正直、嫌いだ。特に中学の教師が一番嫌いだ。
半人前の子供を相手にしているくせに、やたら偉そうだから嫌いだ。

それでも、教師になる人には絶対条件として欲しいことがある。
それは「とにかく子供が好き」である事だ。
私のような、ゴキブリ並にガキを嫌う人間には絶対に教師になって欲しくない。
割のいい職業として教師を選んで欲しくない。安定してるからという理由で教壇に立って欲しくない。
とにかく絶対に「子供が好き」な人であって欲しい。それが子供に接する職業の人間として最低の条件ではないだろうか。

…そんな人は一体どれだけいるのだろう。少なくとも私の中学には1割もいなかったと確信している。

一言投票所

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
★三世代のキャラをこれでもかと出しまくる新OPを見ていると、今までをちゃんと描けていればこれもガングレイヴの最終回特殊エンディングみたいに楽しく見られたんだろうなぁと、妙な方向に感慨深くなります
ほー、そうなんですか。もう全然見る気がないのでわかりません(笑)
ガングレイヴと比べるなんて!雲泥どころかエベレストとマリアナ海溝くらいの差があり過ぎますよ!比べ物にならんですよ!
早く終わってくれないかなぁ、AGE。ロケハンもばっちりというマギがめっさ楽しみなのです♪
2012_07
17
(Tue)21:38

梅雨明けだって

九州は大変だったようですね。
近いせいか四国も雨がひどいのではないかと家族や友人から心配されましたが、存外雨は降りませんでしたな。
ただ山で降れば水かさは増すわけで、予定していた四万十川行きは中止しました。う~む、残念。
しかも三連休が終わるまで梅雨空が続くという予報は見事にはずれ、一昨日からあちらは天気が回復し、まー暑いこと暑いこと。
そして東京に帰ってくれば来たでこれまた暑いこと。っとに暑いよっ!

これで未踏だった四国にも足跡を残せた。(昔児島から坂出を記念に往復した事はあるけど)
しかし四国は遠い。もう一度行けるかどうかわからないほど遠い。
いや、行こうと思えばもちろん行けないことはないけど(国内だし)、私は一度行った場所よりさらに「まだ行ったことのない場所」へ行きたい派なので、多分もう一度四国に心が向かうにはかなりのモチベーションが必要だと思う。

四国の印象は、これはあくまでも私の個人的なものなのだけど、ものっそいのんびりしている気がする。
特急が車両故障で止まってしまっていても、駅で一時間待っていた私がその情報を全く得られず(なんでよ!?)、ホームに上がって初めて知って「はぁ!?」と驚くくらい、人も時間ものんびりしている。
その後慌てて快速の指定席を取りに行ったら、「これ、鈍行でも行けるから指定に変える必要ないよ~」とのんびり言われた…お、思わず「快速のが15分早いですよね!?」と声が上ずってしまったよ。
都会の数分単位の移動法は通用しないのか四国!!そっ、そもそも特急が止まってると知ってたらその一つ前の快速に乗れたんですけどっ!?いや、その後だって改札した時に「特急止まってますよ」の一言もないってどういうこと!?「その後にくる鈍行に乗れるからいいよネ♪」ってことなのかっ!?

…私と同じ江戸っ子の夏目漱石が松山の人々を面白おかしく小説に描いたのはなんだかわかる気がするぞ。(このやりとりは愛媛でではないけど)
いや、でも四国の人々の名誉のために言っておくと、そののんびりにイライラするわけじゃなく、こっちのペースが乱されるというか、「ふにゃ~」と気持ちが萎えるというか、「ま、まぁいいか…」と思うというか…
もしビジネスで来たらやり取りのたびにノッキングしまくるかもしれんな。

それに、基本的にはとても親切だと思うし、一人旅の観光客にも変な差別的視線を送ってこないし、そういう意味では大らかで優しい。「どちらから?」くらいで、必要以上に踏み込んでくることがないのもとても嬉しい。
こちらが指定列車を取る時、何度も「南風(みなみかぜ)○号」と言っているのに黙って席を取ってくれて、実際乗り込んでから車内放送で「こちらは南風(なんぷー)○号」と聞いて「がー!間違ってるなら訂正しろや!」と心の中でツッコんだのは秘密だ。

北海道のような観光大国だと、結構観光ズレしているところが多く、「そちら(行き先)のお天気は大丈夫でしょうか?」と問い合わせた時、「は?別に普通ですけど?」みたいなこっちが萎縮するような答え方をする施設がいくつかあったのだが、四国ではとても親切で優しい対応が多く、いやな思いをした事など一度もなかった。何しろその北海道の嫌な思い出がトラウマになって四国で天気の状況を聞けずに後回しにしたケースもあったのだ。意を決して電話したところ、ものすごく丁寧に、親切に教えてくれたので感動した。しかも回答は「天候が悪くて催行しない」だったので向こうにとっては商売にならないことなのに、だ。
長い期間旅をしたのは北海道(2週間)、九州(7日間)、四国(6日間)だったが、いやな思いをしなかったという点では九州といい勝負である。北海道を責めているわけではないが、さすが観光立国(道?)だけあって何においても対応数が多い分、ついビジネスライクになっていると言えるのかもしれない。

それにしても四国を旅していて、毎日移動する身にとって一番困ったのが天気予報だ。
雨の状態によっては毎日臨機応変に行き先や乗る列車を変えなければならないので、限られた休みしかない旅人には死活問題なのだ。そもそもスマホを持っていないので完全な情報難民である。今時ⅰモードでは限界がある。
そこで宿のテレビが頼りなのだが、四国の人々は自分の県の天気にしか興味がないらしく、愛媛は愛媛、徳島は徳島しか流さない。たま~に「続いて近県の天気です」と大阪や広島までの広域天気を流してくれる場合もあるが、その場合も説明は「近畿地方と中国地方」に限られる。
仕方がないので全国放送の全国版天気予報を見ると、ネットしている県しか示さないので、大体松山か高知のみ。
四国の詳細天気予報がどれほど欲しかったか。確か一回だけ見た気がするが(高松かな?)、少なすぎる。
首都圏はほぼ同じ放送局なので全ての県を網羅しているのだと、やはり東京はデカいと改めて思う。
そりゃ隣の県の天気なんか知ったこっちゃないかもしれないけど…少しは流してくれてもいいじゃん。

帰ってきて真っ先に見たのは気楽に見られそうな「ドリランド」だったが、うーん、これやっぱ面白いな。私は好きだ。姫が足手まといじゃないのもよい。なんで放映が夕方や朝じゃないのか。ガチャか。やはりガチャなのか。

あとは「ぽよ」とジョジョ芸人のアメトーークを見た。川島がウザくてイライラしたが、1部2部が多く取り上げられていたのでスーパー嬉しかった。1部と2部はやはり傑作としか言いようがない。第3部は承太郎以外はいいんだがなぁ…スタンド戦も面白いし(承太郎が苦手だと、その後全てのJOJOがダメになってしまうというのがとても辛い)
第4部は地味だが結構好きだ。スタイリッシュな第5部はラストがよくわからなかったが、新たなファンを開拓したのはここだから仕方がない。私にはJOJOではなくGIOGIOなのはどうにも納得いかんのだが。
第6部は女主人公という事もあってほぼ95%読めたと思う。世界の再構築には驚いたが、楽しめた。

「ぽよぽよ」は英の優しさにずっきゅ~んであった。
いやぁ、優しいなぁ。こういう男っぽい無骨な優しさっていいよねぇ。たとえそれも結構痛かろうと、そりゃ我慢しちゃうよね、マキちゃん♡

一言投票所

機動戦士ガンダムAGE(2011年10月開始)
▼フリット、イゼルカント様に続いてアセムまで「両陣営の戦力を拮抗させれば大規模な衝突は避けられるから犠牲者を減らせる!だから俺は必要なら両陣営を攻撃するぜ」というマジキチ理論を持ち出してきて、もうどうしたもんかと…。
そして、キオはキラきゅん化しました。(笑)

ざっとまとめサイトを巡ってみましたが(「ちゃんと見ろや!」という残酷な意見は置いといて)、

フリット … 「(山田を殺した)敵はすべて全滅させるべし!」
アセム  … 「睨み合わせておけば小競り合いしか起きないだろう…きっと、多分、おそらく、あるいは…」
キオ   … 「やめてよね。本気を出したら火星人が僕にかなうわけないだろ」

こんな感じで合ってますか?
種はラストがグダグダ、種デスは問題外、期待した00も種という前例がある割にはつまんねーガンダムでしたけど、AGEはさらにひどいですなぁ。あ、そういやOPが変わって死人祭りになったとか。種デスでもそんなEDがあったけど、駄作ほど死人に頼る。やだやだ。

女性声優人気投票

大原さやか
▼最近は故人役ばかりで、長い出番がないので残念です。ラノベだと下品な喋りをする役ばっかりだし
Fate/Zeroのホムンクルスも故人に入っちゃうんですかね?
私は今期、両作品ともメインキャラを演じているノイタミナタイムによく聞きますが…
けど下品な喋りっていうのはすっごくよくわかります。スケバン言葉というか女子プロ言葉というか、女の子のハスッパな喋りって私も嫌いなので、ほどほどにして欲しい。無駄な露出と下品な口調では単なる下級娼婦だぞ。

な~んつっても、自分はリアルでは結構言葉遣い悪い方なんですけどね。

さて、旅の疲れもあるし今日は早く寝ます。おやすみなさい。
2012_07
17
(Tue)08:45

有名な

徳島観光ポスター




鳴門はこちら。