FC2ブログ
2011/10/16 (Sun)  20:30

怒涛のレス

本日は「ガンダムAGE」の2話目。
コロニーが危機に陥り、住民を避難させつつ
ガンダムは戦艦へと向かう…といういつもの
ガンダム。こうして見ると00がこれを全く
踏襲しなかった(そしてそのままずーっと
説明もしないままだった)というのは、実に
冒険だったんだなぁと思う(ただし冒険に出て
そのまま遭難し、気づいたら白骨化してた感じ)

新たなヒロイン、ユリンが登場。
お膝に抱っこという王道展開に加え、そのまま初の
宇宙戦をこなすフリットもすごいが、一番ウケたのは
飛び出したらUEに衝突したところ。UEもさぞ驚いたろう。

どっちがフリットの相手なんだと騒がれてるらしいけど、
2代目の髪の色からは明らかにエミリーだと思うのだが…
でもこの念波少女、ビジュアル的には非常に好みである。

司令が自決覚悟のコロニー放出を請負、同時に副司令が
まさかの新造戦艦強奪。「本部からの命令じゃなきゃ
やってらんねーぜ」という艦長も艦長だが、副司令も
副司令である。この世界にマトモな人間はおらんのかね!

コロニーの芯を抜き取っちゃうというのはなかなか面白いと
思ったけど、AGEシステムのスイッチが昔懐かしいレバーで
吹いた。ないわー、それ。起動したシステムがものものしく
メカメカしいので「一体何をする気なんだろう」と思ったら
ガチャガチャと見た目がむっちゃシンプルでしょぼい武器を
造っただけだったのでこれまた笑った。何これ?ギャグ?

絶対ギャグサークルとかでネタにされるよね。
飛び出してきた武器がシイタケだったとか釣竿だったとかさー
フリットをツッコミにするか逆に大ボケにして戦い抜くかの
バリエーションでパロディが増えそう。スイッチはレバーで!

あー、やっぱりね、子供向けなんだね。
OPにも歌詞が出てるし、世界観も今のところ語ってないし、
何しろ難しい事は何一つ言ってないもん、セリフの中で。
見てれば流れはわかる。まさにスーパーヒーロータイム。

一言投票所

その他「UN-GO」
▼UN-GO、良い出だしでしたよね。原作は読んだことありませんが、飄々とした主人公には魅力を感じますし、バックグラウンドも気になってます。映画で語られるなら観に行くかなぁ… あ、あと俳優の声も合ってて良いと思います
いや、面白かったですよ。
退廃的でありながらスタイリッシュ、近未来的でありながら
いつの時代にも通じそうな普遍性も持ち合わせていましたし。

つい最近まで戦争をやっていたとか(だから負け続けの
「敗戦探偵」とそれに絡んだ渾名なんでしょうね)、
復興した地区と破壊されたままの地区が同居している
街とか、こんな世界観なら当然ながら格差の問題も
出てきそうですし、色々と楽しみです。冒頭部分は
映画で語られるのかもしれませんが、気になりますね。

00映画で思わせぶりな新キャラ(でも役立たず)で
使ったのは、次作で勝地さんを主役に抜擢する事が
決まっていたからかも。がゆんは嫌いだがこの程度の
がゆん臭ならまぁいいだろう(BLOOD-Cよりはマシだ)

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーフォーゼ」
▼今回のフォーゼ、相変わらず女性陣が可愛く、そして何より大文字さんが面白過ぎました! まさかと思ったらやっぱり飛びつき、そして爆発オチだなんて…。 キングは間違いなくダイザー要員になるんでしょうけど、ゴスロリは何の役に立つんでしょうかね
キング!キング!キング!
やりましたね!クィーンの話が面白かったのでキングは
どうなるかと思いましたが、突き抜けていきました。
父親の期待に応えようとするキングと、父の遺言を
守ろうとするハナオとのエピソードがリンクしたら
うまい事いきそうな気がしますが、どうでしょう?

とりあえず、初めはどうかと思った弦ちゃんが
思った以上にフォーゼを牽引してると思いません?

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
▼AGEの一話wo
→すみません、途中送信です。AGE一話は丸い友達だけまるっきりレイトン系のキャラデザだったな、と。そっちばかり気になったレイトンファンです。あれが一番日野さん臭しました

しかしこれ、何しろネタになりそうな美形が
いないので腐女子層は相当振り落とされそう。
逆に腐ショタが復活ですかね?どうでもいいけど。

そうなんですよ、レイトンキャラでシリアス話はおかしいって。
ああいうキャラはレイトンワールドから出てきちゃだめです。
バカボンのパパがガンダムに乗るみたいなもんです、ある意味。

▼AGE>不安が全面的中というか、どうにも全体的に子供騙しな感じを受けました。何か一つ「これだけは」という印象が皆無なのは如何なものかと。美形揃いにしろとは言いませんが、醍醐味であるOPくらいスピーディーで迫力があって欲しかった
これぞまさしくチビッコガンダムですね~
まぁしょうがないですよ、オモチャ買うのは子供だから。
私は自分が子供だった時から、物語をぶち壊す子供だましの
媚びキャラが嫌いだったので(自分も子供だったのにガンダムの
カツレツキッカがクソ嫌いでした。なんでガキが混ざってんだと
子供ながらにイラつきました。あと名作によくあった、主人公が
連れている動物キャラも嫌い。あれも子供に媚びてますよね~)

でもこれだけ思い入れられそうなキャラが皆無となると、逆に
物語に集中できていいですけどね。フリットが後にエミリーと
くっつこうがユリンとくっつこうがどーでもいい事ですから。

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年2月開始・視聴中)
▼みなさんが挙げてた伝説の名乗りシーン。ダイレンジャーはかなり子供の頃に見た作品なので記憶にないんですが、これだけ格好いいのを出来るのはやっぱりすごいですね。 http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=sYugMoOMiYM
皆さん生身で頑張ってますねー
こんなにキレのあるアクションは求められても難しい。
それでもライダーよりはアクションしてると
思いますけどね、今の戦隊物も。舞台も出るし?

▼ダイレンジャーで特に印象的だった、変身能力を失くしても躊躇うことなく、いつも通りに名乗りを上げて戦うエピソードがオマージュされていて感激しました。亮役の和田さんの筋肉、全く衰えていないようで良かったです
そうなんですね。
和田さんって細身なので、そんな風にアクションに
定評のある人とは知りませんでした。お見事でした。

▼ダイレンジャーは、今やお約束になった役者さんによるポーズと名乗りを最初にやった作品なんですよ。他にも、レッドが拉致されて加入、全員が兼業ヒーロー、孫がダイレンジャーを引き継ぐラストなど、なかなか斬新な作品でした
ああ、孫が引き継ぐってこのダイレンジャーですか。
私は90年代はアニメ離れしてましたし、まして戦隊物など
全く興味がなかったので知らなくて、いつの間にか金曜日の
夕方に左遷されてたのを見て、「このシリーズももう終わりか」と
ひそかに思ってたくらいです。(変な日本語を喋る忍者がいた
カクレンジャーと変な顔だと思い、タイトルからもそろそろ
本当に終わりかと心配したオーレンジャーしか知らないッス)

でも年齢的にどんぴしゃな人はやっぱり見てたんでしょうね。

▼自分もバスコは(敵味方というより自分勝手…と思わせて、実は赤レッドの知られざる目的を…とか期待していたので)悪役風のデザインだったのはガッカリでした。子供向けにポジションを分かり易くしたのかもしれませんが
ディエンドみたいに微妙に主役に似てるデザインでね。
見た目ヒーローっぽいし7人目の戦士っぽいけど違う、
という方がバスコらしくて面白いんですけど…
ですよね、チビッコにはそんな複雑な事情は
わからないだろうから、仕方ないですよね。

▼生身アクションに期待してましたが、期待を裏切らないどころか、まさかダイレンの生身名乗りやってくれるとは思ってませんでした。実は6月の映画に既に出演済みだったのですが、アクションシーンが0で、亮役の和田さんはひそかに不満だったとか(笑
足上がってましたね~
昔の特撮俳優はイケメンではなかったけど
アクションはそこそこできる人がいましたからね。
(イケメン俳優起用になったことでB級扱いの特撮役者が
本人の精進である程度上り詰められるようになったので
責める事はできませんけれど)足上がってましたね~
ジェットマンもすごかったけどダイレンジャーもすごかった。

私が「ゴーオンジャーは声優だから揃えやすいと思う」と
楽しみにしていたら、「映画で出ちゃいましたよ」と
冷たく言われ「そうか、もうゴーオンは終わったのか…」

…と思ったら、次回なんとゴーオンジャーですよ。
なんだ、ちゃんとあるじゃないですか!
このダイレンジャーにしろ、「映画で出たからもう終わり」
じゃなかったってことですね。よかったですね^^

その他「ルパン三世」
▼ルパン三世の声優が12月から、銭形警部:山寺宏一、石川五ェ門:浪川大輔、峰不二子:沢城みゆきに変更されるそうです。 まだまだ続ける気なんだ
ドラえもんに続いてついにルパンも変更しますね。
サザエさんが変わるとなったらどうなるのだろう。
納谷吾郎と増山江威子は滑舌がもう相っっっ当
ヤバかったですからね。真樹夫もダメだったのか…
山ちゃんもみゆきちもいいですよ。しかし…しかし…

またおまえか浪川

もー、マジで嫌いなんだけどあの人の声質。
奥歯の奥に空気が入り込むみたいな滑舌も勘弁してくれ。
しかし小林清志は正直すごいです。ウソでしょと思います。
変わらないのは無理もないと思いますが、代わりいるんか…

その他「Fate/Zero」
▼「COOOOOL!!」な石田さんハマリ役ですねぇ。子供に対する笑い声の流れとか、どことなく楽しんで演じてそうな気がしました(台詞の内容は鬼畜すぎるけど)
ああいう快楽殺人者とリンチ系殺人者は許せないので
こっちこそクールに見てますが、きっとひどい末路が
待っているに違いないさと楽しみにしておきます。
あっさり殺すなよ…もったいない…

石田彰もカン高い声を出す時はあまり好きじゃないですが、
役者としてキャラの色々な顔を出せるのでそれはそれで
アリかなと思っています。

▼>Fate/Zero 最近あまり聞かなかったベテラン声優の声が沢山聞けて耳が幸せであります。踊るようにして…というより踊りながら結界(?)を避けるアサシン、オーシャンズ12を思い出して笑いました。あと、予告の令呪の演出が格好良くて好きです
踊ってましたね、やられちゃったけど。
やられちゃったけど、生きてましたね。

予告の令呪?どんなんでしたっけ…(全然マジメに
見てないのがバレバレだ)後で確かめておきます。

▼ Fate/Zero、2クールでこのクオリティを保てるものなのかと思ってましたが、やっぱり分割での2クールだそうです。クオリティ維持のために仕方ないのかもしれませんが、ちょっと残念…
短気な私としては、結果のわかっている話などさくさくと
サーバント同士が戦って潰しあって1クールで終了すれば
いいのにと思うんですけどね。無駄な話が多いからなぁ…
今回の「城を出るのは初めて」シーンはあんなに尺いらん。
(ホムンクルスの運命を語る上で必要なエピソードというのは
わかりますが、あんなにコンテ使わなくてもいいという意味ッス)

その他「スクライド」
▼スクライド>ドラマCDによると、雲慶の尊敬する脚本家は「6時間で脚本2つ書き上げる井上さん」……まさか?(笑)  来月上映の映画版、二部構成なので区切りの良い13話目まで収録でしょうか
ああ、速筆らしいですからね~、大先生。
内容がないモノを書き上げているとも言いますが。

スクライドもいいけど、谷口の新作の噂も聞きたい今日この頃。

その他「まどかといろは」
▼結構今更の話になってしまいますが、「まどか★マギカ」や「いろは」の方で何やら動きがあるみたいですね。両方とも「監督が動いてる」「脚本が匂わせてる」とかいう具合で続編なのか外伝なのか、tvなのかOVAなのか映画なのか、全く検討がついていない状況ではありますが。(続き→
→続き)きちんと完結した作品ですし「無理に続きを作ればいいってもんじゃないよ」とは思いつつ、早く何が新しい情報出ないかな、とウキウキしてる自分が憎いです(笑。

へぇ~、そうなんですね。
「あの花」も再放送したりイベントやったりで何かしら
動きそうだし、今年はオリジナルが本当に頑張りました。
「いろは」は後日談にまつわる話か、キャラクター一新で
スピンオフかってとこですかね。まどかは戦いの始まりとか
ほむらのその後とかまぁ売れそうな話をやるのかなぁ…

どっちにしろ私はTVでやらないものに興味はありませんが。

TIGER & BUNNY(2011年4月開始・視聴中)
▼桂正和さんと言えば、私的にはウイングマンなんですよね…。「WING LOVE」は神曲だ
いい曲ですね。
アニメ化された時は阿鼻叫喚の坩堝でしたっけね~、
桂正和の美麗な絵がなぜこんな風になってしまうのかと。
原作よりアニメの方が絵がいい作品がたくさんある
今の時代の人にはわからないでしょうけど、昔は
本当に「アニメ化=ガッカリ」の代名詞だったんですよね。
そんな違いを知らない一般の人はフツーに楽しんでたから、
語れないオタは余計に辛いものがありました。(語ってる
オタはうる星論争に見られるようにそれはそれで痛かった)

その他「未来日記」
▼未来日記、自分は読んでいませんがたしか原作は完結していたような。2クールらしいのでデッドマンのようなことにはならないんじゃないかと
12巻で完結しているらしいですね。よかったです。
とりあえずちゃんと話をまとめていただきたい。
(まだ終わってないのは「ちはやふる」でした)

その他
▼「ベル薔薇」アンドレの歌は「愛が苦しみなら~いくらでも~苦しもう~♪」という部分で真性M確定でした
あとあの歌ってなんかセリフ入るんじゃないですっけ?
志垣太郎にそんな羞恥プレイを強いるのもアンドレらしい。

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
▼になになさんが先週感じた「不快感」と一緒のものか分かりませんが、自分は今日眞利と黒ウサギに「得体の分からない」恐怖を感じました。謎が深まった部分、答えがぼんやり浮かんだ部分、その両方に自分は楽しさも感じましたが、今週は不気味だった前半に引っ張られたような気がします
私はピンク頭の謎のモノローグはさほどでした。
暗く重くなってきたので以前ほどは面白くないですが、
まぁ流して見る分にはこれもいいかなーと思っています。

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
▼カードゲーム屋さんで「ガンダム・ウォー」の新しいカードを見ましたが、新弾のコンセプトは絵師さんが描く萌えな女性キャラのようで、ソシエお嬢様やソーマ、シーマ様まで可愛く描かれて狙いすぎだろ、と笑ってしまいましたwそして、何故お前がそこにいる、ティエリア・アーデ(女装)!!
萌え女性キャラ(笑)いわゆるテコ入れってやつですね。
熟れ爛れたシーマ様の萌えっぷりに喜ぶ人もいるのか…

ティエリアは女じゃないかと言われてましたっけね、昔。
声が神谷だったので「あ、違う」と誰もが納得したけど。
でもイノベイドってアニューみたいな諜報役には、男性型、
女性型のペアタイプもいたし、もしくは本当に柔軟にやるなら
相手に合わせて性を変えられるなんてのも面白いと思うんですよね。
確率半分より100%のが便利ですよね、どっちも相手できる方が。

声優&俳優
▼突然ですが、声自体に色気を感じてしまうことは女性にもないのでしょうか?歌唱力に惹かれるという現象は世界普遍だと思うのですが、姿を見せないで声だけでやっていく商売が成り立つ日本というのは不思議に思うのです
すみません、私、質問の意味がよくわからないのですが…

「声自体に色気を感じてしまうことは女性にもないのでしょうか」

女性に「も」というこの「も」はどこにかかるのでしょう?
目的語の「声」が男性のものであり、それに女性(私)「も」
色気を感じるか?という事なのか、「私」が女性の声に「も」
色気を感じることがないのか、という事なのか、何度読んでも
何を聞かれているのかよくわからなくて返答に困るのですが…

さらに、その後に続く文章が「声優という職業が成り立つ日本は
不思議」となると、「声だけで色気を感じるなんておかしくない?」
という意図で質問をされているのか、いまひとつ判断しかねるのですが…

すみません、私の読解力が不足しているのかもしれません。
大変申し訳ないのですが、質問意図を明らかにしていただけますか?

ゲーム
▼になになさんがプレイしてるゲーム>いや、になになさんのヒントが的確すぎました。流石にやったこともなく、BGMがいいって知識しかない自分が「これだ!」って確信できるのが一発で検索に引っ掛かるとは思いませんでしたが。検索って便利ですが、ヒントが駄目だといくらやっても答えに辿り着きませんしね
このシリーズ、音楽がそんなに評判いいとは
知りませんでした。へー、そうなんですね。
たまにアニメを見てると不意打ちでブルーレイと
DVDのCMが入るので困ります。のっぺり顔だなぁ。

その他「プルトニウム」
▼最近ネットでいろいろ調べていたら、大気中にプルトニウムが飛散していて東京の人は1日10個吸い込んでいる!・・・・と言う記事を読んで震えております
肺がんは大気汚染だし、爆発的に増えた
アレルギーは恐らく食物の中の何かしらが
原因だろうし、動物界の中で再弱の部類に入る
我々人間にとって、地球はもはや安寧の地では
ないのかもしれません。まぁそうやって壊して
きたのは人間自身の「欲望」なんですけども。
スポンサーサイト



2011/10/16 (Sun)  16:54

さらばPSP

世界を救う旅がとりあえず中断されたため、
溜め込んでいたアニメや他の番組を視聴。

以前、若手声優の代替わりについてブログに書いたが、
それにしても浪川大輔の未だに衰えないレギュラー数が
すごすぎてうんざりする。実はあまり好きではない。
私は男性声優の

甲高い声
滑舌の悪さ
サ行やカ行の破裂的な癖

が特に嫌いで、そういう意味で昔から三ツ矢雄二、
古谷徹、山口勝平、神谷明、水島裕が大嫌いなのだ。
(70年代から80年代のアニメ声優が嫌いという理由が
おわかりいただけるラインナップだと思う、まさしく)

この法則にあてはまる二又一成も古川登志男も堀川亮も
皆嫌いである。カン高い声の最高峰は千葉繁だが、昔は
この人が出ているだけで見なかったくらい大嫌いである。
(今はおかげで皆重鎮になり、天井知らずの契約声優に
なってくれたのであまり聞かなくなったのが救いである)

今の声優さんは、俳優崩れで仕事がないから仕方なくやる、
という人が減り、声優の専門学校などが増えたおかげで
最初から「この声だから声優になる」という人が多くなり、
おかげであまりにもひどい声や、変な喋り癖のある人が
いなくなった。これは本当に喜ばしい事である。
だからこそ私も、「最近の声優の方が好き」なのだ。

オリジナルガンダムが再アニメ化と聞いた時も、まず思ったのが
「古谷とかもういいから声優全部一新してくれぇ!」だった。
(でも絶対無理なんだろうなぁ…とほほ…)

そんな風に「イマドキ声優」には嫌悪感があまりないのだが、
(宮野真守が出だしに音が割れるとか神谷浩史がカン高いとか、
いささか気になるが、7、80年代に比べればどうということはない)

しかし、浪川はいかん。
棒読みぶりは川澄綾子という芸の確立者がいるのでかまわんが、
(演技力そのものはないとは思わないし)音が破裂する感じは
どうにも慣れない。今後年を取ると、さらに滑舌が悪くなって
耳に障ると思われるもつれるようなトロい呂律、カン高い声、
どれもウンザリする。そして今期も彼が出ている作品が多い。

何より、アクセント程度の端役ならともかく、主役を張ったり
重要キャラだったりするのも困りものである。なんでだろう。
芸暦が長いとはいえ、こんなオッサンなんで使うんだろう。
やっとカイジが終わったと思ったら、Fate、HUNTER、ペルソナ4と
浪川祭である。ペルソナは抑えた演技なのでまだいいし、ヒソカも
まぁアリかなと思えるが、問題はFateだ。うるせぇ、あいつ…
逆に私は大塚明夫のような太くて低いどっしりした声が好きなので
組んでると余計にウザい。まぁそれも狙いなのかもしれないけれど…

それから!
浪川2号とも言うべき若手がもう一人いる。
声のカン高さ、滑舌、呂律の癖、なんでこんな似たようなコが…

それは「梶君」である。

私は彼を全く知らなかったのだが、「東京エンカウント」の
ゲストで中村&杉田コンビにいじられまくっていたので知り、
「端役くらいはやれるようになるといいねぇ」と思っていたら
その後見る作品見る作品にこの梶君が。しかも声質がイマイチ。
そして折笠冨美子同様、「出る作品が皆クソ」声優っぽい。
デッドマンワンダーランド、No6、ギルティ・クラウン…
まぁ「いろは」の孝ちゃんくらいならアクセントでいいのだが、
メインを演るとどうも最初に「…ん?」となる作品ばかりである。

浪川と梶君に侵される秋アニメ。ああ…今後が不安。

以下、視聴決定。

●月曜日
新番組なし。「銀魂’」継続。

●火曜日
「ちはやふる(イチオシ)」
今回も面白かった!
眼鏡を盗まれるのは眼の悪い人間にとっては死活問題。
千早の明るさと元気さは時に疲れるが、でも悪くはない。
OPがすごく好き。歌詞に「ちはやふる」がちゃんと入ってる!
今は ちはやふる思い 胸に抱いて
目指した先に 谷があるんだ


しっかし「BE-LOVE」でこんなのを連載していたとは…
「BE-LOVE」って行き場のなくなった「年取った少女漫画家」
のために創刊したレディコミの走りで、「For LADY」とこれが
二大雑誌だったけど、その後「YOU」やらなんやらが出てきて
すっかり廃れたと思ってたよ。まだちゃんと存在してたのね。

●水曜日
なし。

●木曜日
「UN-GO」
そうそう、私、こういう感じの「完璧時代超越アレンジ物」が
見たいんだよね。昔のものを昔のままやられても萎えるもん。
30年代とか40年代のものをリメイクするなら、それを21世紀に
置き換えてやってもらいたい(これはもちろんもっと前だが)
悪くない。推理物としてのテンポもいいし外連味もたっぷり。
怪しくも美しい雰囲気も出てたし、近未来的な雰囲気もいい。

何より水島監督は早いトコ00の呪縛から離れて欲しかったし、
合川もディケイド降板以来だったので、滑り出しは上々だと思う。

「ギルティ・クラウン」
「UN-GO」がかなり上々に進んだのに反し、こちらは不快感や
「なんだそりゃ」「そんなんねーよ」「これが40過ぎのばばぁとか
ぶっさいくな男とかホームレスみたいなじじぃだったら助けないだろ」
とツッコミまくり、ちっとも物語が楽しめない。逃げるのにそんな格好
するかバカと思えるおっぱい見せ衣装のピンク頭女も、隠れてるくせに
歌を歌ってたり、なんかもう吉野脚本の悪いところが全部出たみたいな。
後輩の大河内がいるので修正されるかなとも思うのだが、どうだろう…
次回見て苦痛だったら切ると思う。何より主役が梶君なので声がキツい。

再放送の「ターンエー」と「探偵オペラ ミルキィホームズ」は継続。

しかし今期のノイタミナは2本とも世界観が似とるな…なんでや?

●金曜日
「ペルソナ4」
「カッ!」って、いらなくない?なくていいと思うよ、あれ。

うん、これ、面白い。物語の進みも結構引き込まれたし、
主人公悠の肝の据わり具合と動じなさが、このおかしな
ペルソナワールドにマッチしてていいと思う。驚き役は
陽介と里中が担ってくれて、悠はすでに早々とペルソナ
(力は「ワイルド」だそうな)を使いこなしている。
ペルソナがまさしく「仮面」という描き方がされていて
ゲームをやってない視聴者にも親切設計となっている。

浪川だけど、かなり抑揚を抑えているし、全体的に
一昔前の声優ばかり取り揃えているので仕方がない。

他には「ピングドラム」を継続…しているが、そうか、
「ゆり」って、「ゆり」って…その「ゆり」かーーーい!
「ラストエグザイル」は事前番組だけざっと見た結果、
女だらけだし、前作見てないしとざっくり斬り捨て。

ちなみに再放送の「TIGER&BUNNY」はMX版の火曜日ではなく、
BS11版なのでこっち。BS11はタイトルが残るので重宝だ。

●土曜日
「バクマン。」視聴決定済。
蒼樹さんがこのままいやな女のままだったら大変だと
思うんだけど、高田が登場してきたのですっかり丸い
いい人に成長した。変な女が多い小畑つぐみ漫画で、
女性がある程度ちゃんと成長するのは珍しいもんね。

「Working!!」
今後は無理をせず、嫌いな伊波以外のキャラがメインの
時だけ見ようと決めたら、今回も小鳥遊の姉妹がメインで
面白かった。気楽に、いつでも切れると思って見ようと思う。
どーせ途中で切ったってストーリーがあるわけじゃないしね。

「Fate/Zero」
アサシンがいっぱい。
いよいよバトル開始という様相だが、何がどう動いていくのかは
よくわからない。武器を持ってきた女とチューしてた切嗣が何を
するつもりなのかもよくわからんし。ってか「男同士の話」とか
聞いてたのに、出てくるの女ばっかりじゃん。なんかうぜぇ。

こんな感じ。まだ本日日曜日の二巡目が終わっていないので、
「ガンダム」と「未来日記」が残ってるけど、まぁ続くかなと。

でもそんな中で一番笑ったりツッコンだりニヤニヤしたり
視聴している間中ワクワクしている作品はタイバニだったり。
再放送なのに?といわれるかもだが、何しろ生で見られないと
アナログで録画したものしか見ていないので、字は読めない、
背景は背景でしかない、表情もボヤボヤという粗画像でしか
見ていないので、ハイビジョン録画だと(しかもDRだし)
すべてが新鮮なのだ。初々しいあのコンビが実に楽しい♪

「ゴーカイジャー」
尻彦さん、尻彦さんじゃないか!
というわけで、今回はルカのお当番回。
お姫様のアイムの話を放っておくのは意図的なのか、
まだ何も考えていないからなのかどっちなんだろう。

制作側は「あまり旧戦隊を出すつもりはなかった」と
言ってたけど、旧戦隊がからまない話はイマイチなので
「はいはい箸休め箸休め」と思うよねー、どうしても。

「フォーゼ」
先週分を溜め込んでいたので連続視聴。
「ええ?大ピンチなのにそこで本音をばらすかね!」
というところでぶっちゃけるジェイクに笑ってしまった。

そして今週は満を持してのキングお当番回。
既にクイーンが部長にしか見えなくなっているので
「さてキングはどんな印象を残すのか」と思っていたら、
まさかのフォーゼと一緒に空中大爆発でコーヒー吹いた。
ヤバい何これ、面白すぎる。あんたやっぱキングだよ!

何より弦ちゃんがどんどん魅力的になってきているし、
部長もユウキも可愛いし、ジェイクもすっかり弦太朗と
いいコンビになりつつあるので、困ったことに本来の
バディであるハナオが全く目立たない。たとえばさー、
スイッチを盗まれた弦ちゃんが盗んだ張本人のジェイクと
一緒に必死に探してた事を知ってたんだから、あそこで
熱い友情イベントを持ってきたりしないとますます印象が…
(思ったよりあっさりスルーしたよね、あのあたり)

頑張れハナオ。
キャラが立たないからますますブサイクに見え、最近では
「…若林か?」と思えるくらいだが、とりあえず頑張れ。

一言投票所

レスが溜まっててすみません。
今16:55なので、ガンダムAGE見たら18:00頃から随時レスします。