元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
書くのを忘れていた
エヴァンゲリオン劇場版。
残業で後半30分くらいしか見られなかったのだが、
(新入りが3号機に乗ってビーストさせるあたり)
正直に言いますと

何一つ覚えていない

ことにビックリした。

何がどうなってアスカが潰れたのかとか、
そのあとどうなって新入りが3号機に乗ったのかとか、
この時シンジが何をしてたのかとか、レイが「ありがとう、
3号機の人」と言った事も、再構築もサルベージも
「翼をください」も、ロンギヌスの槍?らしきものも
何ひとつ覚えてなくて、弟に全て解説してもらって、
最後には「おまえバカじゃねぇの」と言われる始末。

うわー、なんだろう、エヴァに対するこの関心の薄さ。
どんだけつまらなくてもガンダム00の内容くらいは
覚えてるのに。なんなんだろう、この興味の薄さ。

いや、見てる分には「わー、面白いナー」「戦闘とか
スゲーなー」「設定とか凝ってるナー」「アスカも
レイも可愛いナー」とかフツーに楽しんでるのに、
ストーリーも展開も全然覚えてないってなぁ。

「Q」もきっと見に行くと思うんだが(弟と。解説を
してくれる人がいないとさっぱりわからないので)
これはまた来年秋には「どこで終わったか」すら
忘れてると思うな。でも見返す気にはなれないし…

ま、見返すほど思い入れがあるなら忘れないわな。

一言投票所

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダーオーズ」
▼オーズ>終盤5~6話は物凄く盛り上がったんですよ。最終回は後一話だけでもあればもっと盛り上げられたんじゃないかなと思うのですが、序盤中盤必要ない話もあったから擁護できない………。ちなみに「満足した」は終盤以降の展開、グリードの設定を抑えた名台詞だったりします。それだけに最終回が惜しい………
いやー、見てたわけじゃないのにこんな事を
言うのはいけないんですが、なんというか、
「平凡な最終回だったな~」と思ってしまって。
一年間あれば無駄な話の一つや二つはありますよ。
まぁ私だって一応1クールくらいは見ましたが、結構
「うーん、イマイチ」って話はありましたからね。

ストーリーだけは追ってたんですけど、アンクが
あっちについたりこっちについたり、兄ちゃんが
復活できたり、映司の欲望がどうだのこうだの、
伊達さん(よく知らんが)が復活だの、なんか
色々あったらしいというのは感じております。

でもちゃんと盛り上がってたんですね。
なんとなく一年間、どのレビューも「淡々としてるな」と
感じてたんですが、おもちゃは売れまくってたらしいし、
商業的には成功なのでしょう。これでまた平成ライダーの
寿命が延びましたね。次は宇宙ライダーということで、
学園ツッパリ青春ものですね。1話はチェックしますが、
学園ものというだけで既に90%興味ががないんですよね。

とりあえず、腰に巻くあれはもうベルトちゃうでしょ…

ドラマ
▼そういえば来年は松ケン(松山ケンイチ)が20年ぶりに平清盛を主役で演じるのですね。そりゃ、松ケン(松平健)違いやがな
暴れん坊将軍も清盛演ったんですね。へー。

戦国幕末江戸時代とローテしてたので、
たまにはこういう違う時代もいいですね。
でも源平といえば壇ノ浦の合戦なのに、
その頃は清盛もう死んじゃってますよね。
見せ場はやらないのかしらん…

2011-08-28 Sun 23:16
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
グリード・アンクの「生存戦略ー!」
というわけで、オーズが終了。

見てた人、本当にすまん。
本当に申し訳ない。
これはつまんない最終回だった…

いや、ずーっと見てたわけじゃない私が
こんな事を言ってはいけない事はよくわかる。
わかるのだが、言わせてください。

たとえばうんこライダー「キバ」ですら、
最終回は「わはは、なんじゃそりゃ」と笑えたり、
アホか!バカだろ!とツッコめる部分があったが、
オーズはびっくりするくらい普通でつまんなかった。
敵もあっけなかったし。え、終わり?的な…
電王も龍騎もシンケンジャーだって最終回は
あんなに面白かったのに、どしたぁ、靖子にゃん。

というわけでアンクの生存戦略ー!はこれにて無事完了し、
ピングドラムメダルを集めて欲望を満たし、満足して消滅した。
刑事さんはファンキーな髪型からまともになって
ひなちゃんのところに無事に戻ったのでありました。
そして映司は再び世界へGO。全てが見事予定調和でした。

まぁ一番格好良かったのは間違いなく里中くんでした。
あとQさまにウヴァが出た時(成城大生らしい。お坊ちゃま)、
「もう死んだのに今さらか?」と思っていたので、「ああ、
復活して最期まで出られたんだ、よかったね」と思いました。

最終回第一弾として、とりあえずオーズは終了。
来週からはフォーゼ。EDに出てたわざとらしくスイッチを
見せてた学生2人組は次に出る子たちか(過去の話の子かと…)
あ、あと戦国鍋も9月で終わるらしい。そろそろ潮時?

「シュタゲ」
やべぇ、朝から涙腺崩壊しそうになった。
自分が命を投げ出せば、と飛び込んだオカリンを
まゆしぃが救い、そして死んだまゆりに呼びかける
宮野の演技がファフナーROLの僚を思い出させたよ。
あの時の宮野の「祐未…いなくなったのか…祐未…」
の名演技を彷彿とさせたぜ。泣くわ、そりゃ!!

お墓のおばあちゃんに話しかけるまゆしぃの
寂しさを滲ませたモノローグの哀しいこと。
本当に2人とも素晴らしい役者さんですなぁ。
コミマ後の帰り道の会話からしみじみとした
シーンが続いてジーンときたよ。マーベラス!

それに比べると、いい子なのにクリスの中の人は
下手すぎていつまでたっても感情移入ができん…
なんだ、この棒読み演技は。味と思うしかないのか。

シュタゲの合間に「Fate/ZERO」のCMが流れたが、
作画や雰囲気はいい感じだったな。

「セイクリッドセブン」
「なんだよ、今回は学園物じゃなくてラブコメか」
とバカにしていたのだが、いやいやどうして!
「とりあえず」の誤解が解けてから後、鎌倉には
アルマの思い出が詰まっているとわかる後半にこそ
「ここに持ってきやがったか!」という感じ。

アルマの普通っぷりが本当に生きてるよね、これ。

バトルシーンもなく、カガミンがひたすら頑張った
(らしい)話だったけど、箸休め&アルマの過去&
ルリとアルマの距離が縮まる…ってことでいいのかも。
あ、アルマと石部長派には「んだよ、これ!」だと思う。
ヒロインをどっちに設定するかで作品見る眼って変わるよね。

「ピングドラム」
婚約発表ー!
というわけでデスティニーに暗雲立ち込めた今、
プロジェクトM…MのMはマリッジのM…ではなくて
マタニティのMなのだ!ということでストーカー
ゲロビッチが交尾態勢に入りそうであります。

キモカエルのキモ卵を食い尽くすペンギンも、
ゴキブリは食べないんだなぁと思う今日この頃。
兄は怪しげな人物と再接触、弟はストーカーを
ストーキング中。体の弱い妹は家でただ一人…
出番といえば生存戦略。ひまりちゃん、カワイソ。

「ゴーカイジャー」
俺がアイツでアイツが俺で…という入れ替わり回。
ハカセの人の演技のうまさに驚いた(ルカはそこそこ)
ナニゲに振り幅でかいな!ってか表情までうまいな!
まぁ器用さからいったらハカセだったんだろうけど、
キャラから言ったらジョーが女の子になる方が
面白かったよね。トイレに行きたくなるくらいの
時間が経つ前に元に戻れてよかったですね!

そして次回はいよいよ大先生、降臨!

ジェットマン…一体どうなるんだ…

「TIGER&BUNNY」
今回も最高だった。
しかもなんだよあの「俺たちの戦いはこれからだ!」
的なヒキはー!アツすぎるだろー、2人とも!

ワイルドタイガーのキメゼリフから
OPに入るその流れの格好良さ!
しかーし!
やってる事はいつもの虎徹!
サムズアップ・ゲッツ!
ヒーロー暴露話!
うう、スカイハイ…あんたって…
「ゲス野郎!」×2
借金20ドル!
ブルーローズけなげ!
娘登場に一同ビックリ!
「グッドな挨拶だ!」
うう、スカイハイ…あんたって…(二度目)

…まだ見てない方は是非この流れを楽しんでもらいたい。
しかし監督もスタッフもスカイハイの使い方を知ってるなぁ…

「貴様ー!反撃かー!」(バーナビー・ブルックスJr.)

いやいやバニたん、あのね…

しかし今回は斉藤さんですよ。やはり斉藤さんはいいね!
アニエスさんたちはバニー同様まだ戻ってないもんね。
あとこの間紹介した「タイバニを楽しむ動画」に出てた
巻き子(モブ子)がまたまた巻き込まれて登場してた。
バイクの変形機能やカー(バイクだけど)チェイスも
楽しめて、ヒーローたちの絆にもよかったと思える。
ハラハラしたり笑ったりドキドキしたりと最高だった。

一週間待ち遠しい。しかし残りあと3話と思うと寂しい。
しかし「この冬キャラ食も大量発売!」とか、金になると
わかったらプッシュしまくりの倍プッシュじゃねぇか!!
なおBS11では平田&森田のちょこっとインタビュー、
ユーストリームはイケメン津田健次郎が登場してた。

一言投票所

ドラマ
♥>藤原の鎌足 NHKは5、6年前の「大化の改新」で岡田准一にやらせてましたね。どちらかといえば入鹿の方が良いキャラしていて、そこそこ観れました
まぁ白村江を描くなら大化の改新もやらざるを得ませんが、
この場合は「韓流の力を借りる」のがコンセプトなので
メインは入鹿や蝦夷よりは百済、高句麗なんですがね。
宮崎→妻夫木→福山→上野→松ケン→綾瀬ときてますが、
次は誰かなー?題材は何かなー?まぁ見ないんですがね(笑)

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中)
♥例の「子供は5人」とかホテル勘違い時の反応のせいで、知人たちの間で目下『みんち実はムッツリスケベ疑惑』が浮上中です(笑)
み、耳年増と言ってあげてください(笑)
あんなに美人なのにそんな事気にもしてないし、
望む人からは望まれずを地で行ってしまう体質。
実際にいたら面倒くさいけど、アニメで可愛い
みんちを見ている分には実によろしいです^^

逆境無頼カイジ 破戒録篇(2011年4月開始・視聴中)
♥本シリーズから登場のアイツにキャラソンが!?(笑) http://www.youtube.com/watch?v=YZaUVaWWJH8
キャラソンて、ノーカン節…(笑)

ドラマ「それでも生きていく」
♥どうも、ロクなアニメ放映してない中国地方のものです(涙)
昨日お風呂から上がったら「それでも生きてゆく」と言うドラマを母が見ていて、私は見てないんですが娘を殺された母親を演じる大竹しのぶのガラガラの金切り声と気迫が凄まじくてつい見てしまいました
シュタインズ・ゲートの萌郁もすごかったけどこっちもすごい(笑)母は「大竹しのぶは頭のおかしい役やらせると上手いのよ」と言っていたのですがあまりの気迫につい魅入ってしまいました。
最近ドラマはつまらないのばかりだからアニメだけにしようと思っていたのですがどうやら久々の当たりドラマらしく見逃したのがちと残念でした。やっぱり大竹しのぶは女優さんですね あんまり彼女のドラマを見たことなかったのですが修羅場シーンはすごかったです
あとシュタインズ・ゲートの萌郁を演じた後藤さんの今後の活躍に期待したいです 個人的に彼女、能登さんの対抗馬か後釜になってくれるのではと思っているので

お母様のおっしゃるとおりです。あら~、イマドキの
若い方にとっては、大竹しのぶという女優は
「演技に入り込み過ぎのプッツン怪奇女優」というより、
「さんまの元妻」の方が印象強いんでしょうかねぇ…

大竹の演技ってスケールのでかい舞台や映画ではいいけど、
テレビだとクドかったりオーバーアクションだったりして
ちょっとやり過ぎ感が漂うんですよ。この回、私も実は
たまたま見たんですが、「やってるな、大竹」と思いました。
彼女が「北島マヤ、13歳!」を舞台で演じたのも頷ける。

後藤さんについては、私はあまり彼女と縁がないようで
これまで薔薇水晶とかQとかそういう系統の声しか
聞いたことがないので、もっといろんな役に
チャレンジしてもらって、色々な声を
聞かせてもらいたいと思います。

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
♥21話のまゆりの切々とした語りがとてもよかった。花澤さん、本当に上手くなりましたね。 ゼーガペインから見てる身としては何か感無量です。  それを受けての宮野さんの細かい演技もよかったなぁ
よかったですね、まゆしぃのモノローグ。
無理なく、哀しく、オカリンへの想いが
たくさん詰まっていて、とても優しい。

そのあまりのどヘタクソ演技に怒りを覚え、
うぜぇんだよカミナギ、バーカバーカ!と思っていた上に
「話がまどろっこしい、わざとわからないようにしているのが
あざとい、学園物だからそもそもムカつく、CGバトルが嫌い」
などとぶーたらぶーたら言いながら、「レビューしている時期に、
(ムカつくので)レビューをせずに26話完走した」唯一の作品です。
見なきゃいいだけなのに、当時はそれができなかったなぁ(笑)

ゼーガペイン。 ED「リトルグッバイ」は神曲。
「消されるな、この想い。忘れるな、我が痛み」
8月31日までが何度も繰り返され、9月1日は永遠に
来ないという、セレブラントたちのエンドレスエイト。
もう人間じゃなくなった人たちによる、ホモあり
子作りありのなんとなく生臭いロボットアニメ。
どっちもひでぇなエンタングル!
ってか、この時の転送失敗によるカミナギの
データロストシーン(=現体を失う)を見ると、
「面白そうじゃん」とか思ってしまうのが怖い!
舞浜サーバーを探しに行っちゃダメだぞ皆!(笑)

この頃は浅沼にも「ヘタクソーッ!」と怒ってました。
ソウルイーターの主役のP子やみんちとかさぁ、
真綾とかさぁ、ああいう声質と演技を聞けば
「うん、この人はずっとうまくならないな」
と思うのに、浅沼と花澤は全く見抜けなかった…
(ついでに言えばシズノ先輩は世紀の棒読み声優
川澄綾子だったし、ミナトの井上もどヘタクソ…
こんなんばっかり集めたのかというくらいだった)

ホント、こんなに聞く耳がなかったのは初めてです…
2人とも本当にすみません。今は大ファンです。

2011-08-28 Sun 16:12
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
白ユリと黒アゲハ
仕事で大失敗。
まぁ失敗したとしか言えない失敗なので
どうにもこうにももはや打つ手はないのだが。
とにかくない袖は振れないので諦めるしかない。

BUTTERFLY

今年は初めてホタルを見た。
名古屋城のお堀にヒメボタルを見に行ったことは
あったけど、網戸にくっついて光っているので
何かが反射してんのかと思ったらホタルだった。

夏も終わりだなぁ(嫌いなので無理やり終わらせる)

一言投票所

その他「本州の尻尾」
◆某中国地方(岡山以外) テレビ東京系が映らないから、放送が随分後とか、アニメを見るならケーブルつけろってくらいに、今考えると放送が少ない&時間帯がひどかったですね。ちなみに私が東京に来てはじめて思ったことは「何故こんなにアニメばっかやってるんだろう?」でしたね
テレ東が映らないって、アニメウォッチャーには
完璧致命的なんだなとしみじみわかりました。

地方から来た方はまずアニメの多さに驚かれるようで。
東京はバカなオタクのヒキコモリが多いから?(笑)
でも東京でもU局によっては格差があったりします。
チュバ&TVK、テレ玉&MX、MX&TVK、チュバ&TVK&MX、
TVK&テレ玉&MX(うちはこれ!)と組み合わせ多数。

放送の早いチュバ、ダサいけど再放送などがおいしい
テレ玉、充実しているがかぶり過ぎのTVK、規制は
弱いがL字にも弱いMXは、なぜかタイバニがU局の中で
オンリー放映だったりと独自性が。旧ガンダム系列が
テレ玉、新ガンダム系列はMXというのも特徴かも。
(ちなみにこの「新旧」は世紀で分けております)

その他「N県のアニメ事情」
◆N県…どまんなかの山の中でしょうか。ケーブルひっぱれてた間は見れてたものが地デジの弊害でまったく見れなくなりました…。夏目も何ももう見れません。地方民はアニメ見るなってことですかねえ…
あああ、夏目が見られないのは辛いですね。
夏目は普段アニメを見ない人でも見てるらしいですよ。
まさに「ノイタミナ」っぽい。でもテレ東だからこそ、
まったりのんびり息長~く、3期まで質を落とさずに
来たのかとも思います。気が早いけど4期もあるかな?

やってたのを確認できたのは「ドラえもん」
「クレしん」「ゴーカイジャー」「オーズ」
「トリコ」「Sプリキュア」「青の祓魔師」
「サザエ」「まる子」くらいでした。
(アンパンマンやブリーチやナルトもやってる模様)
しかも5チャンのN朝日放送が雷が鳴ったり雨が降ると
すぐに電波が乱れて見られない。何これ?地デジって何?

そういう環境を顧みずに、アニメの違法アップロード云々
言うより、配信にもっと力を入れればいいと思うんですよね。
プロバイダー料金に初めから含むとか工夫できないのかと。

「DVD買えばいいじゃん」という方はどんだけ金持ちかと。
いいか悪いかもわからずに買えるかい!…ですよね?

ドラマ「十年先も君に恋して」
◆昨年、「十年先も君に恋して」で離婚寸前の40男を演じた内野聖陽。現実はドラマよりも過酷なのです
離婚しちゃいましたね~、一路真輝と。
浮気が原因ですかね。いけませんね(笑)

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中)
◆毎週、孝ちゃんが本編に出てこない度にヤキモキします。最終話で孝ちゃんとあーだこーだ恋愛やってるよりも女将との関係含み旅館と将来、どう関わっていくのかの決断を鮮やかに見せて欲しいなーと思うので。(続きます→
→続き)旅館の跡取りになるかならないかとか、若旦那との関係を考えずにアニメが終わってしまったら、もったいない気が。残り話数が減るにつれ、孝ちゃんとの話はさっさと消化して欲しいようなじっくり時間掛けてやって欲しいようなで……。つまり、「孝ちゃんをさっさと出して!」です

どっちなのですか(笑)
まぁ私も孝ちゃんは気になります。
緒花があまりに幼すぎましたからね~、
1話の時点では。今はどうかなぁと。

でも確かに残りあと5話ですもんね。
早いものです。こういうタイプは1クールで
お茶濁しておしまいのパターンが多い気がしましたが、
今期はタイバニといいいろはといいじっくり系でよし。

さてさて、皆の未来はどうなるんでしょうね。
最終回、神無月にぼんぼりに導かれて出雲に向かう
子供神さまみたいに、緒花も道を見つけられるかな。

No.6(2011年7月開始・視聴中断)
◆二度とオヤスミのキスなどするな!」全く!キモイわ!やっぱ男の友情はドツキ愛だ!!(これでプラマイゼロ)かくしてねずみは主人公のファーストキスを前金にして童貞卒業のためのヒロイン(?)救出作戦に命懸けで手を貸すのでした。よーやるわ…
な、な、なんのこと!?と思ってググってみたら
キモいキャプがたんまり出てきて吐きそうです…
その後殴り合ったんですね。とってつけたように。
なんというか…中断して正解とあの日の自分を褒めたい。

ドラマ「おんな太閤記」
◆「おんな太閤記」は淀も良かったですね。足軽女房として苦労を重ねてきたねねに対して、生まれながらの姫としての気品や織田の血を引く気性が好印象。「巧妙が辻」での悪女もなかなか。「江」の宮沢りえ?知らん知らん
池上季実子ですね。気位が高くてね。
私が大河ドラマを意識したのは「獅子の時代」ですが
(OPのライオンが好きだった)「おんな太閤記」は
家族みんなで見ましたね。家族皆で見たのは他には
「八代将軍吉宗」かな。コミカルで面白かったです。

「山河燃ゆ」は視聴率はダメダメだったけど
興味深かったです。NHK、これもう一回きちんと
ドラマ化せんかな、今度こそ「二つの祖国」で。
東京裁判見た~い。松たか子を起用すれば親子2代。

全部は見なかったけど、最後の方を見て
「あ、これちゃんと見ればよかったかも」と
思ったのは「飛ぶが如く」ですね。

どっちにしろ戦国か幕末かはもう厭きました。
中大兄皇子と藤原の鎌足で白村江の戦いか、
幕末から平成までのクロニクルものやろーぜ!

2011-08-25 Thu 23:55
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
バカンス終了
N県はホントにアニメやっとらんな!

「ピングドラム」はそんな過去が…
と思わせたが、間違ってるから。
いやいや、それ、間違ってるから。
感動話に落とし込もうとしてもアカンから。

「ゴーカイジャー」
これはゴーカイジャー始まって以来、
「戦隊物35周年もの」としては最高傑作では?
(カーレン回とジェラシット回は別の意味で
最高傑作だと思いますよ、うん、間違いなく)

やはり何といっても、ハリケンジャー3人の
オリジナルキャスト勢ぞろいは素晴らしい。
たった1人のキャストすら用意できなかった
ディケイドよりずっと価値が高いですよ。

だから物語としてもハリケンらしくて面白かった。
人気はあったけど当時は好きじゃなかった
ハリケンジャーが、一味違って見えたもの。
オリジナルキャストって圧倒的に強いねー
やはり一年演じ抜いたチームは伊達じゃない。

「花咲くいろは」
縁さんと崇子さんがご結婚。しかし金がない。
ならば手作りの式を挙げよう!と文化祭に続く
お祭り前夜。とはいえ不穏な空気もありなん。

徹さんを巡ってみんちと緒花が浴場で大喧嘩。
徹さんは確かに賑やかな緒花ちゃんを
気にかけているのは本当で、でもそれはまだ
恋愛感情ってほどじゃないのではと思うんだが、
恋する乙女みんちとしては不安にもなるよねぇ…

緒花にその気がない分安心して見ていられるので、
みんちが報われるといいなぁ。あと孝ちゃんも。
オムライスバカといいバイトメガネといい、てめぇの
発情(恋愛)に勝手抜かす女が多いよなー、いろはは。
母ちゃんも。有能か知らんが母ちゃんも嫌いだよ、私は。

「銀魂」
長っ!さらに名前、長っ!
あのまま猿は返すとばかり思ったが、意外だった。
神楽の厨二ゲームが笑えたのでよし。
キューちゃんが可愛くて格好良かった。
東城がバカで変態で面白かった。

「夏目」
一期の子狐再び。ちょっと育った?
石の神様に守られてヨシアシに…はならず、
夏目と再会を果たして時はまた通り過ぎていく。
陶芸家がEDの中の人だった。

「TIGER&BUNNY」
ルナティック先生ー!
ベンさーん!!
ヤバい、ルナティック先生スゴ過ぎます。
この人はただの殺人犯殺人犯ではなく、本当に冷静で
緻密な「死の裁判官」であり「闇の執行人」なのだった。
タナトスの声を聞け~

そしてベンさんがいい人過ぎます。
あの演出はズルいよー!母さんや兄さんや楓ちゃんが
記憶操作を受けてないんだから、ベンさんだって当然
受けてるはずないとわかってるのに、あの間がうまい。

逃げ惑う虎徹に次々襲い掛かるヒーローたち。
昨日の友は今日の敵。
頼りになるやつほどおとろしい。
でもほだされかけちゃうブルーローズが可愛い。

不用意な発言によってマーベリックがバニーの行方を
知っていたと知り、昔のスーツを手に入れた虎徹には
何やら秘策が…と思ったが予告は何やら不穏な様子。
楓ちゃんがコピーしたから怖いもんないぞ!

このアニメはやはりおっさんがよい。
悪いおっさんも含め、皆味があってよい。
次回も楽しみ。つーかデジタルだとやはり美しいなぁ。
(いつもはデジアナで録画したものを見ているので)

どこのレビューもブログも「放映前は全くのノーマーク」
とか言いやがって!どこに眼ぇつけてんだと言いたいわ。

一言投票所

花咲くいろは(2011年4月開始・視聴中
★みんちも相当に面倒な性格ですけど、オムライスの子と違って自分を押し殺してでも徹の幸せを優先しようとする辺りに人間性が出てたかな。しかし、残り数話なのに出番も進展もない「不幸ちゃん」もとい孝ちゃんの方はどうするのやら…
みんちは不器用な女ですね、ホントに。
優しくないわけでも素直じゃないわけでもないのに
それをわかってもらうまでのプロセスが面倒くさい。
美人なのにもったいない。いや、美人だから許されるのか?

孝ちゃんは気になりますね。幸せになって欲しいですが、
男ってのは「遠く離れた理屈まみれの空回り女」より、手っ取り早く
やれちゃう「隣のみよちゃん」ですからなぁ、何と言っても(笑)
バイトメガネの勝利かもしれません。緒花の逆転はあるか!?

★いろは、毎週楽しくみてますよ。一話をたまたまキッズステーションで見かけて、ラストの自分からビンタくらってお礼を言う主人公に面白みを感じたので。最初の数分間は、「けいおん」っぽい……と危惧してましたが。萌えなら見ないぞ、と
なんだー、皆さん見てらっしゃる。
萌えじゃなかったですね。あと学園物の配分もちょうどいい。
学園物メインになって旅館が杜撰では本末転倒ですもんね。

★いろはちゃんと見てますよ!みんちが好きなので報われて欲しいなぁ。 「あぁ…(納得」って、徹さんのそれデフォじゃないよ!(笑)
おお、早速ありがとうございます!
いろはが面白いと書いても今までな~~~~んにも
書き込まれてこなかったので誰も見てないのかと(笑)
上質な作品なので、見ている方がいらしてよかった♪

鯉の洗いに酢味噌でLOVEはやめようね、徹さん!

セイクリッドセブン(2011年7月開始)
★1クールらしいですけど、それだったら学園要素は排除した方がよかったんじゃ…と思ったり。でもこのご時世だと学園抜いたら企画すら通らないんだろうなぁ…アポロは久々に掴んだ主役なんだからもうちょいガンバ
ですよねー、いらないですよねー、学園要素。
石部とかわけわかんないし。でもそうか、企画が
通らないのか、くだらない学園物を入れ込まないと…

岡島や入野が主役を張ってもいいところをゲットですからね。
でもカガミンとのパラシュートの攻防は笑ってしまいました。

★フェイ登場前に「性別:男」と聞いて絶望し、登場後完全にヒロインなあの子を見て「俺ホモじゃないのに」とジレンマに苦しむキモヲタが失礼します。でも、実際この作品、女性キャラよりも男性キャラの方が仕草や行動が可愛いんですよねwアルマとかがみとかww
「え?男?ウソだろ?男?マジでか?」という、
破壊的な可愛さがありますねフェイくんは。
おっしゃるとおり、確かにセイクリッドは男の方が
可愛い仕草が多いかも。特にアルマ。でかいのに可愛い。
女の子はビジュアル的には女の子なんですが、なんつーか…
ルリちゃんとか結構…オバサン臭くないです?<うぉい!
石部の連中もビジュアルも趣味(=石)もイマイチだしなぁ…

TIGER & BUNNY(2011年4月開始・視聴中)
★ああもうルナ先生もベンさんもクソスーツも格好良過ぎです
あと15分で始まるよー!

ドラマ「おんな太閤記」
★30年前のNHK大河「おんな太閤記」を借りてみました。戦国時代の女性ドラマはこれが先駆でしょうか。「利家とまつ」や「江」など比較にならないほど面白いです。
ああ、これは面白かったですね。
ドラマ嫌いの私でも当時ほぼ全話見ました。
何より佐久間良子と西田敏行がハマり役でねぇ。
おかげで未だにおねではなく「ねね」で「おかか」です。

淀君よりねねを応援したり、「ねねはどうしてんの?」と
気にしちゃうのも、「おんな太閤記」を見たからこそです。
秀吉が天下人になって茶々を娶った時、赤木春恵のおっかさまが
秀吉を追っかけまわしてねねのために怒り狂うのもすかっとした。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
★先ほどのリンク先の補足。これはブレイクブレイド最終第6章のDVD/ブルーレイ化です。トップページへ飛べるこちらの方が良かったかも。失敬!→http://breakblade.jp/soft/
結局見なかったなぁ…すいません。
(登録しなきゃいけないのが面倒臭かった…)

★>劇場版ブルーレイ化でリテイク 楽しみです!XEBECは他にもこんな実績があるので期待しちゃいます!→http://breakblade.jp/soft/pk6.html
力入れてますなぁ。
劇場版は評判がよかったのにリテイクとは、
金もかかるし人手もかかるのに、何より監督が
そこまでやる気があるという事でしょう。
(総集編を作る割にはろくでもない改変ばかりするくせに
「そこはきちっと作り直せや!」というところは直さず、
何より自分の作品のヒーローとヒロインが結婚したのに
それを人づてに聞いたらしいどこぞの監督とは違うね!)

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
★∀で以前、劇場版が「千年女優」の頃というレスを頂いた者です。仰る通りあの頃ガンダムは死に体で、禿監督は∀で自分の花道を作ったと思う位(失礼)。あそこからの種のブースト、まさに生存☆戦略でした。∀再放送、野球や局の事情で?遅れ気味なようですが関西在住にはそれでも非常にうらやましいのです。いいなー!!
確かにガンダムは死に体でしたね。
当時はアニメから離れていた私も、さすがにガンダムは
興味を持っていましたが、Xの失敗に続き、∀のデザインに
「トミノはもうこれで終わらす気だな」と思いましたもん。
それを覆してみせたんだから、内容はともあれ、やっぱり
種ってすごかったんでしょうね、業界的にはいろんな意味で。

3回目の時間移動と、7月半ばから8月初めまで放映しなくて、
(しかもなんの断りも成しに8月も第二週からだった)今は
ようやく2クール終了のあたりです。実家で録画してるので
見られてませんが、でも毎回かなり楽しみにしています。

Parallel Universe(管理人になにな)
★ロフストランドクラッチ、画像検索で初めて名称を知る事が出来ました。ありがとうございます。長年の疑問が解けて嬉しいのと同時に無知が恥ずかしいです。貧血、自分は鶏レバーを生姜山盛りで甘辛く濃く煮付け、冷蔵庫で寝かせてから食べますが、もしレバー苦手でしたらダメかもですね…
確かに普通はあの杖の名前はわからないかもですから、
無知と恥じるほどの事ではないですよ、きっと
レバー料理、ありがとうございます。
昨今流行のモツは臭いので嫌いなのですが、
歴史の長いレバーだけは生まれた時から大好きです。

私としては貧血そのものがウザイので根治治療をしたいと
願っているんですが、主治医はまだ早いと言うのです。
あーあ、もういらないんだけどなぁ、使わないし。

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
★ここで、小坂明子かよ!(笑)
あなた~あなた~あなた~がいてほしぃ~い♪

★なんべん聞いても「Welcome to Rock'n Roll Night」と聞こえない(^^; 空耳がー(笑)
空耳というより、洗脳?

2011-08-23 Tue 22:56
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
N県に問う
涼しくなったところで
明日からまたしても避暑に。
犬と猫に会えるのが嬉しい。
しかしアニメはやってない。
あのー、申し訳ないけどN県の方…

この県って、一体いつアニメやってんです?

(日朝もしょぼいし、ドラえもんとかまるちゃんとか
サザエさんくらいしか見かけないんですけれども…)

先日、エレベーターを待っていたら(貧血で
階段はドクターストップ中。ムカつくわ~)
両手でロフストランドクラッチをついた
障害者の人に「すいません」と声をかけられる。
何かと思えば、後ろのリュックで洋服がめくれ、
腰のところでもたついているので直して欲しい、
とのこと。もちろんすぐに直してあげた。

そして午後、書類を届けに本社に行ったのだが、
エレベーターで見知らぬおじさんと2人きりに。
「おっ!?髪切ったの!?」
「は!?…はぁ、はい」
「俺もさぁ、ほら、暑いからこの通り!」(帽子を取る)
「おお…ははははは…ですよね~」
「失礼します」と挨拶して先に降りたが、「…誰?」
同じ日にエレベーターで話しかけられるとは…
髪切った?って、タモさんスかあなたは…

先日など交差点で「あ、お久しぶり」と話しかけられ、
「これ、娘です」と一緒にいた娘さんを紹介されたのだが、
未だに誰だったのかわからない。何なんだろう一体…
他にも全く知らない人に、全然関係ない検診会場で
「同じマンションですよね」と話しかけられたり。

こんな風に相変わらず、見知らぬ人から頼まれたり
聞かれたり知り合いのように話しかけられる人生だ。
そんなにいい人には見えないと思うんだけどねぇ。

「STEINS;GATE」
ああ、それでFB…
FBは女じゃないんだろうと思ってたが、現れたのは
まさかのブラウン氏であった。しかしシャイニング
フィンガーを射殺し、自らも唐突に命を断ってしまう。
もうちょっと鈴羽との因縁が絡んで、どうして今の
境遇になったのかを描くような、複雑怪奇な話なら
もっと面白かったかも。でも雰囲気はよかったよ。

世界線は戻りつつあり、ついにIBNもリターン。
ところが…ほらほらほらほら~!やっぱりね!
第1話はあれが印象的だったから覚えてるよ。
アルファでは皆が悲しい結末を終えてしまうけど、
ベータでは何事もない。でも、クリスは死んでいる。
さてオカリンはどうする?まゆしぃか?クリスか?
時の矛盾の中で全てを救うことはできるのか。

「セイクリッドセブン」
おお、本当にED→OP、OP→EDにチェンジ。
OPはバトルメイン、EDはいのまたむつみキャラに
色がついていく。どっちもいい感じじゃないですか。

私一人が「平成風味の滑りコケアニメ」と思いながら
細々と見ているのかと思ってたら、ようやく「見てます」と
名乗りを上げてくれた方々がおられたので俄然楽しくなった。
やっぱアニメって皆で共有してわいわい見るのが楽しいのかも。

私が「3強」と評した声優のうち2人が出演してて(アルマが
アポロじゃなくて内山だったら完璧だったねー)声優も豪華。
同じサンライズながら、絵の綺麗さはタイバニより上かも。
バトルシーンも目新しいわけではないがまぁまぁの迫力。
なのになーんか「平成滑りコケアニメ」なんだよねー、これ。

そして物語も面白い方向に転がり出した<石だけに!
大橋監督ってさぁ、「ウィッチブレイド」の時も
そうだったけど、あんまり謎をだらだら引き伸ばさず、
主人公は意外と早く真実に近づき、その狭間で苦悩し
葛藤する…というパターンがお好みなのかしらん。

でもピンチと思いきやあっさりアルマが迎えに来た、
ああいうギャップがセイクリッドの面白さだと思う。
そのくせ今回アルマの見せ場はほとんどなかった。
ナイトの言葉を受けて、直前でサイクロプスにマックス
攻撃をやめたのは「アルマらしいなー」と思えたけど。
主人公並みの格好良さと燃えと萌えを苦悩は今のところ
ナイトとラウ・フェイゾイが背負っているんだよね。

OPにもチビッコのナイト、フェイ、ルリ、アルマがいて
過去が絡んでくるようなので、後半も期待。ってかこれ、
1クールなの?2クールなの?アルのナイのどっちなの?
つか研見さんがやはり怪しすぎて嬉しくなるわ。

一言投票所

漫画&雑誌「君のいる町」
■君のいる町ですが祝・アニメ化決定♪ ……………………一体どんな判断なのでしょう?(滝汗)
皆でイライラッ!皆でもやもやっ!
…ってな感じなんですかね?
私は絶対見ないタイプの作品だと思うのですが、
巨大掲示板やブログやツイッターは毎回荒れそう。

セイクリッドセブン(2011年7月開始)
■アクションは格好良いし、絵も綺麗なのですがどうにも地味な感じなのですよね。あからさまに胡散臭い研美さんやアルマの普通さなど、面白さも多いので最後まで見守っていきたいです
いや、あれは地味ですよ。お嬢様の金遣いといい、
ぶっ飛んだ「イシ」設定といい、中途半端な学園物といい、
なーんかズレてるんですよ。ボケたりんごみたいなんです。
尖ってて気が強いキャラだと思うじゃないですか、アルマ。
全然違う。なんかフツー。体がデカいだけで超フツーの子。
そういうギャップがそこはかとなく楽しい。地味だけど。

いやホント、何の反応もないので誰も見てないのかと
思ってましたよ。同志が名乗りを上げてくれて嬉しい。
同様に未だに「花咲くいろは」を見てますという人が
コメントをくださった事がないので気になってます。
面白いのになぁ、いろは。すごくデキがいいのに、
見ないなんてもったいないと思うんだけどな。

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
■今作は音楽がJ・A・シーザーではないので、あまり寺山修司臭がしませんが(^^; 初めて「生存戦略ー!」を見たとき、間違いなくウテナを作った人間の仕業だと思いました(笑
ウテナの事は全く知らないので比べようがありませんが、
寺山修司の臭いぷんぷんなんですか?
私はよくわからんのですが。意味不明すぎて。

「生存戦略」は大好きですが、3話目あたりの
「突然ミュージカル」はちょっとウザかったです。
不条理ギャグとして楽しむのが一番なんでしょうね。
同じ不条理ものの「忘却の旋律」よりは絵も綺麗だし。

2011-08-20 Sat 00:06
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
やっぱタイバニ!
タイバニスキーにはお勧め♪



もう一回見たくなっちゃうね!
こういうアニメは最近本当に珍しい。
DVDやBLU-RAYを買った方はチェックチェック。

私は以前から、いい映画とされる条件のひとつに、
「監督が作品を愛し、とことんまでこだわっている」
ことだと思っているのだけど、タイバニもそんな感じ。

しかし1期EDのあのエンブレム(バッジのこと)が
こんなにクローズアップされるとは思わなんだ。
1話1話の完成度が高いのに、ちゃんとストーリーも
一貫してるし、残り少なくなってきちゃったけど、
果たしてどんな帰結を見せるのかホントに楽しみ。

昨日までをちゃんと愛して
   見たことない景色を見るよ
      『ココデオワルハズガナイノニ』

最終回にオリオンがフルで流れたりしたらきっと感動。
虎徹をはじめ、皆ホントにホントに大好きだよー!

「あっ、それでウサトラ!?今気づきました!」
キッドの中の人の天然ぶりが可愛かった。
3回見てゲストが2回、伊瀬さん。綺麗な人だね。
そういや彼女、ネオH×Hではキルア役なんだよね。

ところで噂では「セイクリッドセブン」のOPとEDが
入れ替わったという。梶浦ソングのOPがEDになり、
そして南里が歌うMANZOソングのEDがOPになったって?
1話だけじゃないの?ずっとそうなるん?
EDもOPとして使えそうな曲だなーとは思ってたけど…
放映は明日なのでまだ。もー、MXめ!放映遅いんだよ!!
(私が早くレコーダーを買えばいいだけの話なのだが)

一言投票所

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
■20話、非常にやりきれない、胸糞悪いと言うか虚しくなるような、救いの無い世界線の話でした。原作とは大きく展開を変えていたせいで改悪だと一部で叩かれているらしいですが、自分はそうは思いません。そして引きも、分かっちゃいたけどハッとさせられてしまいました
水曜日に何か物足りないなーと思うのは、朝、
シュタゲを見られなくなったからなのでした。
(代わりにカイジを見ている)
MXでは放映は今日の深夜なのです。
オリジナルでもこのスタッフなら
やってくれると思いますよ。
原作を知らない私にとっては
全てが楽しみなのでラッキー。
どんな話なんかな~^^

2011-08-18 Thu 15:22
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
女性声優は難し過ぎる
1990年代、アニメから完全に離れていた私が
SEEDを見始めてオタワールドに戻ってきたのが
2003年だったが、わずか8年しか経っていないのに
声優の変遷がとにかく激しい事に驚く。
しみじみ、彼ら声優が生きているのもやはり
「生き馬の目を抜く芸能界」であると実感する。

おいそれとやめるわけにはいかないだろう
男性声優はそれでもまだ追っていけるが、
女性となるともうわからない。30前後になると
最近の女優と同じように、結婚したり、家庭に
入ったりして見かける(聞く、か)事が少なく
なったり、安定した高収入のナレーターの方に
力を入れたりしてアニメや洋画ではあまり
お眼に(お耳に?)かからなくなるせいもある。
結婚して夫に依存しつつも、芸能界とは首の皮
一枚で繋がって足を洗わず、チャンスを狙う
ママタレ予備軍みたいな人も今後増えそうだ。

私は大体声優を毎シーズン5段階くらいに分けている。
5段階目を終えると圏外となり、大御所または大部屋になる。

1…とにかく旬。色々なところで聞きまくる。
2…主人公もたまにやるが、一時よりは仕事が減る
3…主人公はかなり少なくなり、ライバルや脇が多くなる。
4…父親や友達、重要だけど出番が少ないキャラが増える。
5…中堅から大御所へ向かう途中。聞くと「久々」といわれる。

2003年はまさにSEED出演者たちがまだまだ元気で、
保志、石田、櫻井、関(智)、森田あたりが頑張っていた。
保志なんかどこでも聞いたなぁ(この人の声は嫌いじゃない。
ただしへろへろしてる優男声じゃなく、野太いチンピラ系の声)

この時代は緑川は既に3の後半へ、ミキシンやコヤスは
3から4に移行したあたりだった。ここからしばらくは
鈴村や福山など、キャリアはそこそこ積んだ連中が
1を目指して争う群雄割拠の乱戦時代だった。

2006年頃になると大きな新旧交替が起こり、宮野が台頭。
中村、杉田、神谷、小野など、2011年の現在は2、3番手に
つけているような連中が続々と1に上り詰めていった。
非常に遅咲きの神谷の台頭は正直ビックリしたものだ。
吉野はダミ声なので好き嫌いが別れるが、なぜか
少しずつ主役も増えていった。なんだかんだ言っても
ガンダムをやるとやはりスターになるものだと思う。

宮野がハバを利かせたここ数年間に、浅沼や柿原、水島や
代永のような若手も出てきたが、やはりこのへんもかなり
混戦模様で、宮野を追い落とすほどの勢いはなかった。
交替が起きる前は上位安定で下位は乱戦になるらしい。

そして昨年あたり、再び見事な新旧交替が起きた。
今、やはり内山、岡本、入野が3強といえるだろう。
岡本の勢いは特にすごい。一方通行効果であろうか。
(こちらとしてはペルソナと言いたいところであるが)
彼らの怒涛の追い上げに、宮野は2に落ちたと言っていい。
入野などはキャリアはやたら長いが、演技がキャリアに
追いついたのはつい最近なので、やはり今が旬だと思う。

そしてやや遅咲きの下野が、ちょうど昔の神谷のように
じわじわと出演作を増やしていることも非常に面白い。
(バイク事故でも起こして死にかけたのだろうか)
こういう声優は息が長かったりするので侮れない。
木村良平も「エデン」以降はかなり見るようになった。
主役より脇で輝き、息が長くなりそうなタイプである。

では2003年の旬組は今どうかといえば、保志や櫻井は3、
石田や関は4、下手したらそろそろ5か?といったところ。

30までにスターダムにのしあがれないと厳しいのだろう。
何しろ旬を過ぎると圧倒的に「主役」が減るから、テキメンに
「シーズン終了」「戦力外」がわかっちゃうから大変だよね。
キャリア作っとかないとギャラが上がった頃に呼んでもらえなく
なっちゃう。そうなったらレギュラーのナレーション掴まんとな。

でもせっかく主役を射止めたのに、その後は鳴かず飛ばずの
人もいるので、この世界もとにかく実力と努力と頭の良さが
ものを言うのだろう。やはりバカにできる仕事ではない。

否。そもそもバカにはどんな仕事もできない。

あー、仕事が忙しすぎてヤバい。
一人にかかる仕事量としては異常。だ
しかしなんとかこなせてしまうのが困る。
自分を有能だなどとは決して思わないが、
「効率」「能率」を追求すればなんとかなる。
でもなんとかしてはいけないとも思う。
そもそも、仕事を放棄している宇宙人の仕事を
全部やらなきゃいけないなどおかしな話ではないか。

残業はしているけど、4月5月のように
「切羽詰って」やっているのではなく、
「まぁもう一回確認しとくか」という
「念のため」的な感じなので余裕。

毎朝姿を見るたびに
「うわ~、今日もいるのか」
とゲンナリする。
宇宙人は早く母星に帰って欲しい。

「セイクリッドセブン」
「きみに言われるまでもないね!」
やっぱアルマのこの性格は笑える。
設定や見た目とのギャップがデカい。
「体がでかいからいないと気になる」と電信柱扱い。
しかし水着トークにソワソワうきうきしちゃったり、
おじょーさまの接近戦にドギマギしちゃったり、
硬派なんだが軟派なんだかわからない。
いじられるかがみんも面白いッス。

ナイトの子供時代が結構可愛いんですが。
けだるいSPとのバトルは意外と面白かった。
しかし何というのかこの作品は…ハンパ?

水着回と思わせたけど大した事はなく、
学園物と思ったら輝島ナイト話だったり、
なんつーか、ことごとく「こうだろう」と
思って見てるとずっこけちゃうぜって感じ。

ラウ・フェイゾイって「僕」って言ってるけどホントに男なん?
キャラ的には好きくないがビジュアルはいいSPとこの子が
一番可愛いと思うんですけど(他はイマイチな娘ばかり)
鬼瓦のギャグキャラぶりは滑りまくるのだが憎めん。
「タイバニ」のOPが二期から変わってしまったので、
(あれも決して悪くはないのだが)今現在のNo1は
実はこのOP「stone cold」だったりするのである。

「夏目」
うーん、こいつら3人、いちいちホモくさくてやだな。
彼氏だったらしい式を贄にされておかしくなった女が
呼び出した妖怪は、頭がぱーぷーのダメ妖怪でした。
先生と名取のどつき漫才が意外にも面白かった。
名取は「全く!きみとは何もかも合わないな!」と
プンスカしていたが夏目より鋭いツッコミを見て
いやいや、きみら結構相性ええやんと思ったぜ。

「カイジ」
先週の「水袋でビルを傾ける」には爆笑したが、
今週は「負けられない店長」VSカイジの運否天賦。
兵藤の「素足のダシワイン」は気持ち悪いです。
一条は黒崎に可愛がられているといってたけど、
利根川が焼き土下座を免れていたらどうだったのか。

「タイバニ」は配信では見られなかった(途切れた?)
予告を見て、次回、本当に楓ちゃんカモンにビックリ。
逃げ回る虎徹は牛角と激突するようでちょい心配だが。

一言投票所

No.6(2011年7月開始・視聴中)
●主人公の髪が白髪化したのは白黒をはっきりしたがるねずみに対して妥協点(グレーゾーン)を見出して行くという演出なんでしょうか
あ、そういえば白くなったところまでしか見てないや。
どうなんでしょうね…と答えられるほども見てない(笑)
ホント、すみません。今期ノイタミナ2本とも脱落です。

STEINS;GATE(2011年4月開始・視聴中)
●今更ながら、先週のラジオのゲストが宮野守だったのですが「印象に残るシーンは?」という質問に対し、先週の乱闘シーンでの演技を熱く絶賛されていました。 溜めに溜め込んだ黒い感情を吐き出す岡部も、支えとなるもの全てを失って崩れる指圧師の演技も圧巻でした…
やはりあそこでしたか。
なかなかの迫真でしたね~、VSシャイニングフィンガー。
女が男に組み伏せられるシーンは女性としては
ちょっとヒヤリとしたが、事情はわかっているので
今回は眼をつぶるよオカリン。グーパンだったけど。
蹴ったけど。ドサクサに紛れてチューしてたけど。

でも、演技にほだされて「すげー」と思っちゃったけど、
唐突じゃないか、FBって。何FBって。全然わからんFBって。

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
●冠葉の声を初めて聞いた時は、結城比呂かと思いました(^^; まさかジャイアンだったとは…
そうなんですよ~、ジャイアンなんですよ。
結城比呂かー、あっちはもっとしゃがれ声かなー
ジャイアン、選ばれた頃はおっさんくさい中学生だったのに
いつの間にか本物のおっさん大学生になってたのですね。

しかもナニゲにいい声過ぎる。
双子はダブル木村ですけど、良平も最近は大分演技が
こなれてきているので、耳触りがいいです、この2人。
そして鼻声の「生存戦略ー!」最高ですね♡

イマージーン!

ARBの原曲もよろしく。

セイクリッドセブン(2011年7月開始)
●色んな所が足りて無かったり今一つなんですが、それでもなんか許せてしまう…w
おお、ここにも同志がいました(笑)
ホント、そうですね。足りなかったり中途半端だったり…
でも何しろこの不況の折り、マーケティングが読める
萌えアニメばかりなので、こういうバクチ覚悟の
オリジナルバトルものはぜひ応援したいです。
学園物だけど、今のところ半々くらいなのでいけそう。
ナイトが絡むと話が重めになるので、いい感じです。
大橋監督は物語を牽引できそうなキャラを早々と
殺しちゃう癖があるのでヤメテぇ。

●個人的にアルマとルリのギャップもツボで、今期スタートの中では一番面白いと思ってるんですけど、特に物語の謎とかについて語ろうとかは思わないんですよね。「あー今回も面白かった」で終わっちゃうというか
あっ!ようやくようやく、「セイクリッドセブン」を
見ている人が!何の反応もないし、レビューサイトでも
あまり触れられていないので「これ、見てる人いないのか」
と思ったくらいですよ。むーん、タイバニとは大違いだ(笑)

しかしまさしく、仰るとおりです。
なんかね、謎多いけど、物語はいいや、みたいな。
話が進めばそのうちわかるだろう、とか思ってしまう。

アルマが印象ほど暗くなく、重くなく、頑固でもなく、
逆にシャイでおとなしめで意外とフツーだからかな?
「研見さん」「藍羽さん」も「きみねー」もツボ。
でも大橋監督だからこんなもんかもとも思います。
研美さんは寝返ったりしないだろうかと心配。

あ、やっぱ結構楽しんでるな、自分(笑)
OPは中毒性高し。カッコよくていい歌です。

石ころはどこまでいける


2011-08-17 Wed 23:42
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
緒花ちゃんと小梅ちゃん
RIOこれぞ碧眼にゃん

本日の「銀魂」はキューちゃんの寝姿が
やたら色っぽ過ぎてドギマギしちゃったが、
やっぱ何よりも東城のダメっぷりが最高。
相変わらず「カーテンのシャーッ」かよ。
今期はいろんなとこで聞くなぁ遊佐さん。

「花咲くいろは」は緒花となこちがとりなし、
みんなオムライスでお見事一致団結ラストへ。
徹さんが誤解してなきゃだが…と思ったら
次回予告はラブウォーズ発覚のヨカーン。

ツレと「花咲くいろは」は面白いね~と話す。

「あれはなんたっていろはちゃんがさー」
「緒花ちゃんだっつの」
「あ、そうだ、緒花ちゃんね。緒花がさ、あれに
似てると思うんだ、『大正野球娘。』の主人公」
「あー、小梅ちゃん。確かにあの雰囲気あるかも」
「頑張り屋でいい子で、出しゃばりすぎないのに、
決めるところでは主人公らしく決めるんだよね」
「そうそう、ものっそい目立つわけじゃないのに
物語を引っ張っていける可愛い主役なのねー」
「ねー」

ねー。

最近一番の愛読書は高校の時の歴史の教科書。
いや~、教科書ってやっぱりすごいね。
必要な情報がピンポイントかつコンパクトに
ビシッと載っててすげー読みやすいし楽しい。

大学入試は私は日本史選択だったのだが、
全然勉強しなかったから解けなかったのが
屈辱で、未だに覚えているのが「分国法」だ。
今川仮名目録や甲州法度之次第、六角氏式目、
伊達政宗の名を聞くと未だに「塵芥集」と出る。

ちなみに解けなかったのは「朝倉孝景条々」
教科書に載ってなかったんだよー朝倉は!

あと同じく高校の国語便覧も大重宝。
アララギ派とかホトトギス派とか白樺派とか、
百人一首を読んだり李白を読んだりもできる。
服装とか和歌に出てくる花とか色あわせとか
見ているだけでも本当に楽しいんだよね。
儒学や朱子学の学者名なども体系だってるし。

他にも体育では一度も使わなかった「グラフィック
スポーツ」という教科書は、ほとんどのスポーツを
網羅していて、キャッチャーの構えやクロールの
掻き方なども写真とイラストで紹介してくれている。
床運動やあん馬、フィギュアスケートなども載っているが、
どれもこれも「できるかい」と思うほど高度で笑える。

あともう一つの愛読書が「図説資料生物」である。
これは面白い。恐竜とか循環とかミトコンドリアとか
プラナリアとかメンデルの法則がてんこ盛りで楽しい。
今年は長年曖昧にしか覚えていない地質時代区分を
いい加減きっちりと覚えようと思っている。

やはり教科書はいい。辞書と同じくらい大好きだ。

一言投票所

輪るピングドラム(2011年7月開始・視聴中)
●そういえば、ウテナでもカレーが重要なアイテムだったな(笑)
そうなのですか。私はウテナは全く見てないので
わからないのですが…見た人に聞いたところ、
「主人公はまぁまぁフツーの域に入るのだが、
廻りの連中がとにかくぶっ飛んでいる」との事。

というわけで皆さんお待ち金の幾原監督とは
これが初対面なので、果たしてどうなるのやら。

2011-08-15 Mon 22:48
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
お父さんピンチです!
あらあらあらあら。
殺人容疑がかかっちゃったよ虎徹!
ヒーローに追われる身になった虎徹!
サイトウさんまで取り込まれてはスーツも
手に入らなそうだし、ルナティックさんが
じっと見つめてたりして大ピンチです虎徹!

バニたんはデレからツンに戻るどころか
完全に他人行儀になってしまわれました。
キュウリパックを見られて「いや~ん」の
ブルーローズの想いまで消してしまうとは
マーベリックさんなかなかの鬼畜ぶり。

記憶操作に対抗するには…というわけで、
いよいよコピー能力の楓ちんが活躍か!?
頑張れ虎徹、負けるな虎徹!
本当に応援したくなる主人公よね。
やっぱり虎徹はヒーローなんだ。

2011-08-14 Sun 02:40
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
ももクロゼットだゼーット!!!
実家のレコーダーに溜め込んでいた
BS、TVK、テレ玉系の番組を視聴消化。
やっと再開した「ターンA」が相変わらず面白い。

ただ、今は愛犬も猫も母と別荘暮らしなので、
実家にいるのはむさい弟だけなのが辛い(笑)
クソ暑い中をラーメン食べに行ったりとか、
アイスを買ったら帰るまでに熔けてて相当の
暑さにビビったりとバカみたいで楽しいけれど。
他にも仕事の事や今後の人生はどうするかとか、
彼女との事など色々と話すのも楽しいけれど。

でもやっぱ犬と猫がいないとねーあかんねー

AKB48にもモー娘。にもKARAにも少女時代にも
興味のない私だが、「ももいろクローバーZ」には
大注目している。「ドラクラ」のEDのあまりの
転調ぶりに「何だこの曲?」と思い、さらに映像を見て
AKB以上の激しいぶっ飛びダンシング(前転あり)に
「えええええ?」と驚き、さらに深夜テレビでの
「きみたちはアイドルとして売れる気はあるのか」
という限界ギリギリの「そこまで」ぶりといい、
ぶっ飛んでいて面白い。うん、ももクロ好きだ♡

ももクロZ!

動きはものっそい激しいのに、「エンタメ」として
「見せる」ダンスとしては荒過ぎてまだまだ全っ然
洗練されていないとか、言うなれば「映画と特撮での
女優や俳優を捉える時の根本的カメラワークの違い」
みたいな、マイナーならではの泥臭さがたまりません。

「うさぎドロップ」は落ちた感じ。今期ノイタミナは脱落。
「セイクリッドセブン」も積録中。落ちるかもしれない。
「へうげもの」は実家録画視聴が続くと落ちるかもしれない。

今日はタイバニ、どうかなー
ユーストで見たいけどなー
暑くてバテバテなのでおばちゃん寝ちゃうかも。とほほ

2011-08-13 Sat 22:59
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| HOME | NEXT