TUBULAR BELLS

今は作業用BGMとして映画のサントラを流している。
インディとかカリビアンとか風共とか何でもありだが、
夜中に流れてくるとちょっとひゃーとなるのが「エクソシスト」
その昔、携帯の着メロにしてて隣の人にめっちゃビビられた。

なかなかうまくできてるなー

映画自体は先日久々に見て、怖いというより
演出がうまいのと芸術性が高いので感心したけど、
(サブリミナルは置いといて)BGMはやっぱ怖い。
これはやはり「得体の知れないものを想像させる」
からだろうな。BGMも物語の展開も実にうまいよね。

公開当時はもちろん私もいたいけな子供だったので
ものすごい恐怖だった。でも今はむしろ人の恐怖心を
くすぐる脚本や演出、俳優の表情を引き出すために
氷点下の部屋で撮影するなど尋常じゃないこだわりに
感心する。こういう太古の昔から人の奥底にしみついて
眠っている「恐怖心」を煽るホラーって最近ないよね。

やっぱり血のりべったりのスプラッタが流行ってきて、
恐怖というよりもっと簡単な「驚かせる」ことに
重きを置くようになったからだよねー、きっと。
(でもサスペリアなんかは血のりべったり
ビックリでもそこはかとなく怖かったな)

でも「ペット・セメタリー」はいやだ(笑)

コメントをいただきましたのでコチラコチラ
レスしました。ありがとうございました!
01:24 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

戦隊物は赤を「女の色」から「リーダーカラー」にしたよね

先週土曜日、何気なくテレビをつけたら
「35大ヒーロー戦隊一挙大公開SP」をやっていて懐かしかった。
とはいえ、私が見たのは走りの数作と平成に入って数作。
平成No1がシンケンジャーで、一応メインで映画公開なのに
「ゴセイジャーといわないところが正直だ」と思いました。
ってか今見てもシンケンの殺陣は群を抜いてカッコいいぞ。

そして噂に聞く井上大先生節が炸裂したという「ジェットマン」
土田の「子供に一体何を受け取れといってるんですか!?」
というセリフに爆笑した。大人はドロドロだよ、ですかい。
これに関わったプロデューサー、今いる!?と聞いてましたね。

土田のバトルジャパンのこきおろしっぷりにも吹いた。
バトルフランスの登場シーンは子供心にも「それは違うだろ」と
思ってたし、バトルコサックが死んで「俺が新たなコサックだ」
とヘルメット脇に抱えてお友達が現れた時の衝撃はなかったぜ。

で、次のゴーカイジャーは噂どおり戦隊版ディケイドなんですな。
これまた売る気満々のあざとい商売が展開されそうだにゃー。
ワンピース人気に便乗してるんだろうけど(今年はカリビアンも
4作目だっけ)本物の現代の海賊はシャレにならんからなぁ。

コメントをいただきましたのでコチラコチラでレスしました。
ありがとうございました!
19:11 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

都市計画

旅行好きさまよりコメントをいただきました。

「海外の町並み」
突然のコメントを差し出し、失礼いたします。

になにな様は国内・海外旅行によく行っておられるようで、そのまとめ記事を拝見させていただきました。
そういう方に個人的にぜひお尋ねしたいことがあります。

私はこれまで海外では、米国ニューヨークシティとボストン、および韓国のいくつかの都市に行ったことがあります。
その際、有名観光地よりも、そうでも何でもない現地の人々の住居や商業施設の方が惹かれるのです。そして気がついたのは、NYやボストンでは町並みの調和が取れていて美しいと感じることが多い点でした。建物の色やら窓の大きさやらが不思議と均衡が取れているようでした。
しかし、韓国はそうではなかったし、そして日本でもそう感じます。京都ですら、街中に1000年ほど前のお寺がある一方でそのすぐ隣にマンションがあるなど珍しくなく、個人的にはこれが無粋というか殺風景というか、そういう感じがしました。スポットだけは豪華だが、その隣には異質なものがあるというか。
また、モノを気軽に壊したり捨てたりすると言われ、確かにそういう側面を私も感じる米国において、日本以上に町並みに均衡を感じた点は意外でした。もっとも、欧州程度には及ばないとも感じますが。

さて前置きが長くなりましたが、こういう美しさを保った町並みを作る意識があるのは西洋先進国だけのように経験的に感じます。とはいえ、米国の2都市を見ただけなのですから早計とも思えます。そこで、経験豊富なになにな様に、町並みに均衡があるとすればそれはどういうところか、お聞きしたいのです。


経験豊富などと言われると面映すぎて泣けてきますが(焦)、
確かに、町並みへのこだわりは、ヨーロッパが一番だと思います。
空爆で壊滅的に壊されたドイツのドレスデンなど、壊れた大聖堂の
破片と欠片をパズルのように組み合わせて復活させたんですから
そのこだわりは並大抵のものじゃありません。

画像 071白いのは足りない間を埋めるコンクリ

また、イタリアも行った方が多いと思いますが、
ここも町並みは統一していますね。
旧来から都市国家の集まりだったせいでしょうか。

PICT0498.jpg古都・シエナは広場を中心に円形です
PICT0528.jpgフィレンツェ・ウフィッツィ前はぎっしり
PICT0629.jpgヴェニスのゴンドラより見た風景

今回、私が行ってきたのはポーランドですが、
ワルシャワもナチスに徹底的に破壊された街です。
けれど街の人々の不断の努力により、戦前の姿が
再現されました。その再現方法はといえば、まずは
人々の「記憶」をもとにし、写真があればそれを、
ない時代の町並みも多かったので、昔の画家が
描いた「絵」を元にしたのだそうです。
こだわり過ぎやでポーリッシュ!!

s-DSCF3885.jpgわからないところは想像だそう…

中欧も非常に美しいですよね。

画像 272チェコ・プラハの町並み
画像 343ハンガリー・ブダペストのイシュトヴァーン大聖堂より

しかしこうして見ると、町並みに興味のない人なら
「どこも似たような石造りの箱型の家が、ただ整然と
並ぶだけじゃないか」と思うのではないでしょうか。
味のある町並みも、見る人によっては退屈で古臭い、
と厭きちゃうものなのかもしれません。

政権崩壊でアラブ社会に激震を走らせたチュニジアは
こんな感じです。海の近くですが、砂漠も近いので
街の中にはサラサラの砂があちこち溜まっています。

チュニジア 122スースはリゾート地

インドは一体街と呼べるのやら…

画像 079川の向こうに寺院だか遺跡だか…
画像 032ヴァーナラシー(ベナレス)は乞食天国

さらにケニアだと観光客はいいホテルしか行きませんが、
ふと目を向ければ、田舎では電気もない村の中で、
都会ならごみの山で暮らしている人たちがいます。

s-2010_08080525.jpgこれは村?町?

今現在は行く事が難しい新彊ウィグル地区は、
中国でありながら中国ではありませんね。
敦煌は漢民族が多いので中国っぽいですが、
カシュガルやクチャなどのウィグル族の街は、
ウズベキスタンと似ていて中央アジアそのものです。

新疆ウィグル自治区 176クチャののんびりした裏道
新疆ウィグル自治区 177ウィグルの子供たち
新疆ウィグル自治区 010敦煌は結構都会ですね

アジアはあまり行ったことがありませんが、
ヴェトナムはのどかで昔の日本みたいな雰囲気?

DSCF0205.jpgフランス統治だったせいかコロニアル
DSCF0178.jpgハロン湾では水上生活者も

先日行った京都は、東京人の私から見ると、
ちょっと裏手に入っただけで古い町並みがまだ
息づいていたり(広島の竹原とか金沢なんかも
そうでしたね)して、「いいな~」と思いました。
むしろ「無粋」とおっしゃられた古い建物と、
古い家並みと、安そうな建売やアパートとの
コントラストが面白いとさえ思ってしまいました。

まぁでも、高層ビルはさすがに合わないですね…

日本はどうしても木材家屋が多かったですから、
「諸行無常」なんですよね…焼けたり腐ったりで、
時が来れば必ず都市は生まれ変わらなければいけない。
それを維持できるのが「権力者」であり「金持ち」の
ステータスだったんじゃないですかね、きっと。

焼け野原だった日本の戦後復興が急ピッチだったのも、
江戸時代以来、「100万都市での大火」という
前代未聞の経験を繰り返してきたからだとか。

確かに、見ているだけで美しいヨーロッパには
かないませんが、機能を徹底的に追及した日本の
ごちゃごちゃした町並みも嫌いではないのです。
むしろ「きれいな町並みが見たかったら、外国に
行けばいいじゃない」などと思って、ごちゃごちゃの
街中にそびえ立つスカイツリーを眺めております。

色々な町並みがあるから、その国その国の個性が出て
面白いなーと思います。私は歴史好きなので、
旅の目的はどうしても歴史に置きがちですが、
そこに今、暮らしている人々の生の姿も好きです。

アメリカは空爆を受けていませんし、ヨーロッパには
不便だろうがバリアフリーなどという言葉は知らんと
言わんばかりの頑固さがありますし、植民地だった
国々にはそこかしこに文化の統合が見られます。
家すらない人々もいますし、水上で生活する人もいます。

日本にも日本のよさがあり、私などは最後の日本の
美しい風景を見ることができた「昭和の尻尾」世代ですが
人口は多いし国土は狭いし火事台風地震が怖い、の日本では、
今のような住宅を選択し、こういう都市の形を選んだのも
無理はないかなーと思います。韓国は日本のマネばっか
してるのでポリシーがあるのかどうかはわかりませんが、
田舎町では瓦葺やどっしりした門などの住宅が多く、
まだまだ昔の雰囲気が残っていていいなとは思いました。

大した持論もなくて申し訳ありませんが、こんなところで…
ホント、すみません、いまひとつきちんとレスできませんで。

私は確かにあちこち旅をしておりますが、一番好きな国、
世界で一番素晴らしい国は、間違いなく日本だと思ってます。

こんなに安全で水が豊富で便利で電車が時間通り来て
人々の仕事が合理的で機能的でテキパキしてて清潔で
食べ物がおいしくて政治が安定(これでも!)してて
貧富の差が少ない(これでも!)国はないですよ!
(アニメも漫画もゲームもてんこ盛り状態だしね!)

文句を言うなら外国にお行きなさいと言いたい。
ひとつでもトラブルを蒙ったなら、その時こそ、
「日本ってすげぇ国…」と思えることでしょう。

コメントをいただきましたのでコチラでレスしました。
ありがとうございました!
10:24 | 日記 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

負け犬の遠吠え

正月に年子の妹と話をしてて、
「最近は我々が本放映で見た古いアニメを、
パチンコやらゲームやらで知ったくせに
したり顔で語る若オタが多いな!」
という、単なるババオタのグチになった。

「しかも制作や放映から時間が経っているので、
後付設定とか裏話を知ってるからとエラソーに
作品を語るヤツも多いのがけしからんな!」
「しかも連中、見るとなるとDVDで何度も見返すから、
話の内容をよく知っておる。当時は数回見たとはいえ、
遥か彼方の本放映時の記憶に頼るしかない我々は不利だ」

う~む…なんだか本放映で見た我々の方が
情報弱者とは悔しいのぅ、悔しいのぅと
いう事になり、達した結論は、

「ならば本放映を見たヤツにしかわからない、
その番組の提供CMやミニ番組を語ればよい!」

となった。
そんなの語っても誰も覚えとらんかも…
と思いつつも語ろうとしたら、自分たちも
大して覚えてなかった。ダメじゃん!!

コメントを頂いたのでコチラでレスしました。
ありがとうございました!

(もうお一方のコメントについては
すみません、後日レスいたします)
01:16 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

寒いぜ東京

一昨年末に行って大変楽しかったチュニジアでの
暴動→非常事態宣言→政権崩壊は結構ショック。
だってどこにでもベンアリ大統領のポスターが
貼ってあってさー、長期独裁とはいえ、基本
平和で長閑な国だったからねー、チュニジア。

チュニジア 376ロスバゲしましたけどねー

しかしチュニジアのみならず、新彊ウィグルや
レバノンなど、行った翌年事件勃発ってどうなの。
まさに行ってるその時に事件勃発よりはいいけどさ。

そして旅行から帰ってきてみたら、日本では
タイガーマスクがあちこちで出没していて
「ああ、日本は相変わらず平和だなぁ」
としみじみ思ったりもした。
もちろん嫌味で言ってるんじゃない。
たとえ1億総平和ボケと言われようとも、
やっぱりこれは何より幸せなことだよ。

新番アニメは全然見てない。
つーか録画失敗しまくり。あれぇ?
不景気と共にお金を落とす人にのみ向けた
「確実売れ筋萌え」アニメが増えた昨今、
私の興味はダダすぼまり。もうあかんー

コメントをいただきましたので、コチラ
コチラでレスしました。ありがとうございました!
03:22 | 日記 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

帰国しました

寒波寒波と言われていたのに、暖かかったッス。
初めてヨーロッパに行った時も寒波だったのに
私が行った場所に限ってはスイス以外(ユングフラウが
吹雪きまくったため。アイガーやメンヒは見られたけど)
特に問題なく、トルコに行った時もモロッコに行った時も
「いつもは4メートルくらい雪が降るんですけどね」と
言われつつも雪はほとんどない状態だったなー

あと帰りの飛行機はプルシェンコ夫妻と一緒だった。
ガラガラの機内は日本人ばかりだったけど、誰一人
騒ぐことなく(気づかず)彼らのような有名人に
とってはよい環境だったのではないかと思われる。

アエロフロートは、旧ソビエト時代はサービスなど
望むべくもない社会主義らしい状態だったらしいが、
今となっては機体が広くて飯がうまいので好きだよん。
起きてる人にはアイスクリームを出してくれるのも○。

15:26 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

しばらく留守にします

1/6~1/12まで不在となります。

体験した事のない、極寒&零下の世界へ旅立ちます。
でも雨が降るようなので思ったよりマシかも?
23:34 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

仕事始め

毎年毎年、職場で会う人ごとに
「今年もよろしくほんにゃらむんにゃら…」
言うのが面倒くさくて面倒くさくて、
あまりに面倒な時は4日も休むくらい。

今年は6日から旅行なので休めんので、
超うぜぇ「ほんにゃらむんにゃら」を
ごにょごにょとやらねばならなかった。

スルーしようとしても、午後になってこっそりと
「今年もよろしく」と耳打ちしてくる人がいて
「くそぅ、逃げられんかった」とほんにゃらむんにゃら。
あー、めんどいわー
連休で事務所が冷え切ってて最後まで寒かったし。

しかも仕事を片付けようとミスが見つかった業者に
電話したら「本日の業務は終了しました」だしー!
いいな、休み長くて!こっちは通常営業だよ!
もっと休みたいよー、きー!(やつあたり)

というグチは置いといて。
新番組が決まらない。全部見るのはイヤだしなー
既に見ようかと思っていた「昭和物語」はミス。
んもー、緊張感ないなー自分…

コメントをいただきましたので、コチラ
レスさせていただきました。ありがとうございました。
00:28 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ありがとうございました!

毎度ながらレビューサイトを名乗る事も
おこがましいというのに、たくさんの方のご参加、
本当にありがとうございます。とても楽しかったです。

今回はDVD発売の00と劇場版公開のファフナー、
最終回の屍鬼でも盛り上がって本当に楽しかったです。
また種や運命についても嬉しいお言葉を頂きました。
イロモノではありますが、本編のつもりで書いてます。

本当に楽しい時間をありがとうございました。
皆様にとって、2011年がよい年でありますよう、
心よりお祈り申し上げます。

あと「なんとか31日中に更新を!」と思ってたので
すっごく焦って書いた00劇場版のレビュー、
ところどころ恥ずかしい間違いがあったので手直し。
「オーバーフラッグ」っていつの時代だよと(笑)
「ソルブレイブス」ね。サーセンっした、おとめ座隊長。
00:24 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

一言投票所開場中!


 

2010/12/23~2011/1/2 クリスマス・年末年始限定復活!

あまり見ているアニメはないですが、
よろしければ一言どうぞ♪
00:00 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑