FC2ブログ
2010/12/30 (Thu)  10:28

そろそろ00が見られそうなヨカーン

ハマり事の方が、よーやく目標としていた
ところまで来たので、00を見る時間が作れそう。
まぁまだもう少し様子を見る必要はありますが、
見られるかなと8割思えるようになってきた。
さわりだけ見たけどちょっと楽しみ。わくわく。
劇場版も賛否両論らしい作品なので、
自分がどう思うのかも楽しみ。わくわく。

一言投票所

その他「天元突破グレンラガン」
◆うじうじうグダグダ:カミナの死を乗り越えるまでのシモンがそんな感じでしたかね
そうかなぁ…
シモンはよくそう言われますけど、
私はそんなに気にならなかったです。
おとなしめの男の子が元気な兄貴分に
引きずられて、女の子に惚れて…でも
彼は死に、彼女は彼のものになりという、
思春期の壁にぶつかっただけと思ってましたから。

屍鬼(2010年7月開始)
◆ 小説版は読んでいないので何処がカットされたのかは分かりませんが、最終回見て感動しました。良いもの見たなぁと余韻に浸りつつも、坊主の方がトラクターに轢かれれば良いのにと胸糞悪かったり…(笑) Gacktのインタビューによるとあと3話ほどDVDに追加収録されるようですね。そちらも楽しみです
坊主はダメですよーマジで。
沙子も せっかく死ぬ覚悟したんだから引導渡したれ。
つーかあの坊主、神と仏がチャンポンな時点で既に
「だが静信、おめーはダメだ」なんですよねー

あー、あと3話あればもうちょっと深くまで
つっこめるかもですね。できれば3クールくらいで
新たな家族を得ていった屍鬼たちの幸福そうな顔を
見たかったですが…それによって人間たちの虐殺が
際立つんですよね。人間が反撃を始めた時点では
それまでがあまりに屍鬼のアドバンテージが高いので
「おっしゃ!」と思うんですが、団結した人間の力を
見せ付けられると「…怖いな、人間…」と思っちゃう。

寄生獣の田村玲子の「我々は弱い。あまりいじめるな」
という言葉が思い浮かんでしまいますね、ついつい。

のんびりでいいので(のんびり読めるかどうかも試しに)
ぜひ原作を読んでみてくださいまし。アニメには結局
出てこなかった(?)「見える」男の子の一家が好き。
変態野郎に狙われるのでヒヤヒヤするんですよね~

◆フジの深夜枠の扱いがぞんざいなのは前からですが(蟲師とかチャンプルーとか)、やはり尺が足りなかった感のある終り方でしたね(^^;
ちょーっと足りなかったですね。
夏野が生きていた分、尺が取られちゃった。
あと外場の屍鬼たちが家族の再構成を行って
ささやかな幸せを手に入れるとか、そういう
細やかなところも描けなかったのは残念。

これだけの悲劇をすべて過去として忘れ去り、
「何事もなかったように生きていく」という
淡々とした選択をする村人たちの姿にぞっと
するという人間の因果も足りなかったかなー

ってか昭生きてるしー!!
原作を知らない方はビックリかもですが、
彼は無残に殺され、腐った姿で畳の下から
発見されるのですよ。私がかおりちゃんを
大好きなのは、こうして家族を奪われたのに、
彼女が自分の家で勇気をもって立ち向かい、
たった一人で屍鬼を撃退したからです。

でもその屍鬼が…お父さんなのですよね…

でも恵ちゃんの死に様は秀逸でした。
泣きそうになった…可哀想だった…
反面静信はダメだ。おめーはやっぱダメだ。

不気味さ、ストーリーのスピード感、
屍鬼と人間のそれぞれの残酷性などは
アニメとしてよく描けていたと思います。
スタッフ・キャストの皆様、お疲れ様でした!

◆>「屍鬼」が売れたら小野センセが続編書いてくれるかもー!  私は十二国記を先に完結させて欲しいですね(^^;
実はそれも「触れようかな~」と思いました(笑)
待ってる人多いでしょうなぁ。

◆徹ちゃんの死については、漫画&アニメが好きです。原作読んで、何故死ぬ事になったのかわかりずらかったので。夏野を作品の中心に持っていくのに最適かと
うそー、私は徹ちゃんほど自分の罪の深さに
慄いていたキャラはいないと思ってるので、
非常にわかりやすかった気がしましたけどねぇ…

原作では夏野を殺し、しかも原作の彼は結局
起き上がってこなかったという悲惨な結果に
なったので、墓前で泣くシーンがあったんじゃ
なかったでしたっけか。だから痛々しかった。

アニメでは律子との恋愛要素を入れたから、
確かにわかりやすかったかもですけど、
原作では自分にはできなかった律子の拒絶に
感銘し、康代を逃がして自分も共に滅ぶ道を
選んだんだと思いました…哀しいなぁ、徹ちゃん。

そんで徹の弟の保がいいんですよねぇ。
あんなに村を出たがっていた夏野を焼いてやってくれ、
煙に乗って好きなところへ行かせてやってくれと頼む。
でも結城のバカはそれを聞かずに村の慣習に従っちゃう。
でも結局夏野は大嫌いな村に葬られて腐り果ててしまい、
保は賢明な父親・武藤の決断で村を出て行くという…
「俺の方が出て行くことになったよ、夏野…」
あのモノローグ、なんだか哀しかったですね。


書いてから思ったんですが、ネタバレかもしれないんで
隠しときます。原作を知らない人は今日の放映が終わるまで
読むべからず!読んで「面白そう」と思ったら原作読むべし!
「屍鬼」が売れたら小野センセが続編書いてくれるかもー!

◆文庫本5冊分の長編を2クール足らずでどうやるのかとおもってましたが… 何とかなるもんですね(^^;
結構余計かなと思うような描写も多かったですしね。
まず漫画での再構成があって、それからアニメでの
再構成という二段構えだったのもよかったのかも。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆ttp://twilog.org/fukuda320←監督のログです。右横からワード検索もできて便利。#gusdで検索すればファンとの妄想語りも読めます。どれだけ自作の設定を知らないか、スタッフと連携とれてないか、なぜ作品があんな出来になったのかが解ります…本編の内容に傷つかれた方、これを読めばどうでもよくなりますよ(笑)
そうなんですよねー、ここ見たんですけど、
私、ツイッターってようわからんのですが、
この通りむっちゃ読みにくくてイヤになる…
本人の言葉だけを拾うのはどうやるんスか?
もー、簡単にまとめてあるサイトないスかー

◆今や沢山のアニメ関係者が呟いてますが、自分の知る限り積極的にアンチからの喧嘩を買ってくれるのは福田さんぐらいです。スルースキル無さ過ぎです。暇なんでしょうなぁ…
コメントのしみじみした「ヒマなんだろうね…」
という雰囲気に思わず笑っちゃいました。
そうか、スルースキル0なんですね、あの人。

確かに本編放映の頃から結構余計な事を言っては
物議を醸してましたもんねぇ。しかも悪い事に、
自分が言った事をケロッと忘れるんですよねー
あれはいかんですよ。視聴者の混乱を招きます。
(自分が神の立場にいることを自覚してない?)

アンチの相手もしてくれるとは心が広…もとい、
ヒマなんでしょうね、よっぽど。仕事ないのか。

◆既にご存知かと思いますが、福田監督のツイッター面白いですよね。カップル対立を煽ったり、痛い所つかれてキレたり、SEED学園を妄想したり、都知事を批判したり…干され生活を満喫されているようで何よりです(笑)
あー、自分がツイッターやってないので全然
読んでないんですけど、やってるらしいですね。
つーかよっぽどヒマなんですね、あの人…
仕事ないのか?

内容的に気になったのでまとめサイトでも見ようか…
と思ってググったら、皆熱い議論しすぎで一体どれが
福田の発言かわからない…本人のツイッターも他の人の
発言が多すぎてどれが本人のつぶやきなのかわからない。
もー「めんどくせぇ!」と読むのをやめてしまいました。

それにしてもどんだけ福田好きなんだ彼らは…(笑)

◆ビデオ類の整理をしていたらリアルタイムで全話録画した種のビデオが。運命は録画もしませんでしたが種はなぜか消せないんです。だって序盤は間違いなく面白かったんですもの!
上戸彩がガンプラのCMをやってたリアルタイム!
種は面白かったですよ。準備期間が長いだけあって
設定や脚本(少なくとも序盤)も練られてます。
中盤くらいから息切れし始めますね。総集編や
回想ばっかりになってきて、後半はちょっと
グダってしまう。クラインを殺しちゃうとか、
ラクスがいきなり反戦テロを始めたりとか、
行き当たりばったりすぎます。ザラ議長は
最後までよく頑張った。アスランとの和解、
あるいは訣別の父殺しイベントがなかったのは
残念だったけども(このへんが練りこみ不足ー)

あとキラ!口喧嘩弱すぎなんだよおめーは!
言い負かされて「うわーん!死ね」はないだろ!

戦国BASARA 弐(2010年9月終了)
◆ttp://vip0nanzo.blog109.fc2.com/blog-entry-506.html オ…オクラ?
バカだ、バカがおるwww

その他「装甲騎兵ボトムズ」
◆キリコの力 > ボトムズファンはキリコが気になるんだろうな~、と同時に、キリコのキャラがほとんどブレていないとも言えるのか?(逆にTVの第1話こそ違和感ありあり)そういう意味で「嚇亦」も確かにボトムズです
キリコは気になりますよ~。
アムロはそんなに気にならないけど
キリコほど「あいつどうなったんだろう」
と気にかかるサンライズキャラはいないかも。

あ、けど私は別に気にならないんだけど、
シャアを気にする人の気持ちはよくわかる。

その他「涼宮ハルヒの憂鬱」
◆私は、アニメになるまで「涼宮ハルヒ」を知りませんでした(笑)
いやいや、私も知らないですよ(笑)
「ホスト部」も知らなかったし、「おお振り」も
「ARIA」も「ジンキエクステンド」とか「海月姫」、
「精霊の守り人」なんか存在すら知らんかったなぁ。

ぶっちゃけメジャー系しか読まないですからね。
コミックなんちゃらとか手に取った事もないです。

その他「トライガン」
◆「なんでいまさら?」といえば、トライガンですね。放送終了から12年後に映画化って… もちろん、見に行きましたけれども(笑)
ああ、そういえば…
原作が完結したとか?その記念ですか?

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
◆終盤はやたらややこしい台詞やら、でかいイベントが多くて、ボーっとしてるとすぐ置いてかれそうになって大変でした。 いえ、とても面白かったんですが、終わったあとは頭が疲れました…(笑)
そういえば蒼穹作戦もそんな感じでしたっけねぇ。
そんなにややこしいならDVDで見た方がいいような
気がしてきました(笑)一時停止も巻き戻しも
ポチッとなだし、映像には元々こだわらんし(笑)

◆初日から見に行きました!素晴らしく良かったです!!いきなり見たらわからないかも、ですが、本編を見ていれば充分過ぎるほどに楽しめます。>続く
さすが、冲方さん!と唸りました。2度は見ていただきたいと思います。情報量が多すぎて一度だと頭が付いていかないというか。続く
ちなみに私は4回見ました。また見に行く予定です。中毒になりそうな映画です。見終わるとすぐまた見たい

4回!それはすごい!
それくらい面白いって事なんですね。
スタッフも冲ちんも感慨無量でしょうね。
ま、一から始めるわけじゃなし、総集編でもなし、
ちゃんと「続編」「2年後」と謳ってるわけですから
TVシリーズは見てて当然ですよ。じゃなきゃ映画を
作る意味もないですよね。私も見たいですねー。

◆劇場版見てきました。TVシリーズとスペシャルを完走したファンへのご褒美な初心者には優しくない仕様でした(笑)TVのあのシーンやこのシーンが悉く伏線になっていたので何を言ってもネタバレになるのがなんとも。 ストーリーはSF好きには古典的な題材でとても面白かったのですが、脚本が詰め込みすぎて>続く
逆に散漫に感じるなどと珍しい体験をしてしまいました。おそらく時間軸と感情表現の緩急の演出が、上映時間が足りなすぎて練り込めなかったからだと思われます。冒頭部分の日常シーンは時間を制御出来ていたのですが。戦闘中に似たカット割りが目についてしまったのも気になりました。>続く
せめてトータル3時間の前後編にすればこのあたりは解消できただろうに。 いきなり酷評してしまいましたがこういう些細な点は普通は気にならないのでファフナー好きならお薦めです。CGフル活用した空中戦を始めとして戦闘シーンは見応えがありました。 都内で単館上映という暴挙をやらかしてくれたので>続く
大行列を形成しているから行くならネットで事前に指定席を購入しておくのが無難です。 キャラ的には一騎のブレなさっぷりがいっそ清々しかったです(大笑) >ちずる

えええ、そんなに大人気なんですか!
まぁ上映館が圧倒的に少ないというのが理由でしょうけど…

なるほど、劇場版には劇場版の不満点が目に付いてしまうと。
100%満足とはいかないでしょうが、ファフナーを一回も
見たことがない人が見るとは思えない(いたら猛者だ)ので
見てないとわからないのはしょうがないかも。新規視聴者の
開拓はオマケなのかもですよ。ROLだってそうだったですし。
 
◆>ホモ ホモ臭溢れる辺りに時系列舞台版では、純然たるギャグ要素に抑えられていたのが好印象でした。本当に序盤のホモ要素が苦手でファフナーを見切った人に観てほしい内容でしたね。「総司は一騎を独り占めするために翔子の自爆をほう助した」という邪推は
訂正:アニメだとホモ臭溢れる辺りの時系列を描いた舞台版では、~(中略)~「総司は一騎を独り占めするために翔子の自爆をほう助した」という邪推は成り立たないように描かれています。 寒さで指先が震えるもんだから間違ってエンター押してしまった!(汗)

あー、そうか、あれで切っちゃった人が多かったのか。
私はあの頃はサイト開いて1年目くらいで、ネットの
評判とかよくわかってなかったから、単に笑いのネタに
してましたけど、さらにその後、「ROL」のレビューを
(なぜか未だに来てくださる方も多いのです)読んだ方から
「ちゃんと見ればよかった」「序盤で切った」と言われ、
不思議に思ってました。そうか、ポエムが売り物だった
山野辺編で切っちゃったんですね…私は実は山野辺編も
別に嫌いじゃないです。やたら淡々としててあれもあれで
全体的に体温の低いファフナーっぽいかなぁと思ってます。

幇助したって思われてもおかしくない総士の一騎ラブっぷり。
これで一騎はそんな気がないというならフツーなんですが、
ファフナーは一騎の気持ちも総士に向きっぱなしだからな。
それがまた愛すべき連中なんですけどね。ニヤニヤするわ。
生粋のホモ嫌いの私にすら「まーいいか、こいつらは」と
思わせるとは恐るべし!でもホント、可愛いんですよね。

今日はちょっと寒いので風邪をひかないようにお気をつけて。

特撮&仮面ライダーシリーズ「大魔神カノン」
◆大魔神カノン:プロデューサーがクウガの人なので、そのひきですかね
らしいですね。
それで私も期待したんですけど…
ねぇ(笑)なんだあれは…

神のみぞ知るセカイ(2010年10月開始/2期決定)
◆>桂馬くんに怒られるんでしょうなぁ(笑)
神にーさまは未成年なので、エロゲはできないと思います(^^;

しかし自分は18歳未満だから18歳未満お断りは
見たことも聞いたこともやったこともないッス!
…なーんて人、おられるんでしょーかねーうーん(笑)

私はこんなのオトナの都合のいい免罪符だよねーと
思ってますが(笑)ああ、平成っ子はマジメなの?

その他「パチンコ」
◆最近はパチンコで人気に火がついて再アニメ化というケースがあるので「なんでいまさら?」と思う作品がありますね
無双やBASARAブームで歴女が騒がれたので
「花の慶次」あたりが来るかと思いましたが、
アレはアレでまたキワモノだからなぁ(笑)

パンティ&ストッキングwithガーターベルト(2010年10月開始)
◆この作品も例の都条例が施行されたら規制されるんでしょうかねぇ…
デフォルメしまくりだけどロリではないので
逃げられるんじゃないですか(笑)
つーかこの程度がエロ?ハードル低ーっ!

Parallel Universe(管理人になにな)
◆遅ればせながら投票所復活おめでとうございます。>ちずる
ありがとうございます^^
皆様との丁々発止、いつものように楽しんでおります。

ドラマ「坂の上の雲」
◆坂の上の雲、面白いです。時間と金と手間をかけ、作り手の熱意が感じられる今時珍しい壮大なドラマ。でも視聴率はきれいな着物きてキャッキャしてるだけの篤姫だの江姫だのに負けちゃうんですよね…
あー、なんだかんだで見逃しちゃってますねー
昨年の分も今回の放映前に再放送やったのにね。
「篤姫」ってそうだったんですか<綺麗な着物でキャッキャ
大河は「龍馬」にしろ全く見てないのでわからんちんです。
スポンサーサイト



2010/12/30 (Thu)  01:37

年の瀬

ひもじい寒いもう死にたい眠たい…
6連休の1日が終わっちゃったよー
コップの半分の水とかポジとかネガとかどうでもいいよ。
休みが減っていくのは純粋に哀しいよ。寂しいよ。

忘年会で東京駅まで行った弟が、25日から東京駅の
忘れ物取扱所にある携帯を取ってきてくれた模様。
よかったよかった。これで何もケチがつかなかった。

一言投票所

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
▼なんと「アスラン」はサンスクリット語では『迷う者』『定められない者』・古代ケルト語では『裏切り』の意だそうで。名はその存在を示す物とは議長の弁ですが、名が体を表しすぎてる!
へ~、そうだったんですか!
どうりでダメ男なわけですよアイツは。
特技が裏切りと自爆ですよ。なんだろう、
哀しいくらいもうどうでもいいなーホントに(笑)

▼>捏造アンケNTの場合 ttp://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-7571.html ピンク女帝は桜高軽音部が駆除したけど、桜が丘高は女子高なのでキラさんが倒せないorz
そもそもなんでラクスが上位だったのかがわからない。
アニメージュのナウシカと同じ扱いなのかしらん?
つーか私にはC.C.が入ってる事も理解不能ですけど。
キラきゅんかー、うーん…追い出すのは難しそう。

▼そういやガンダムエースは特集やらカレンダーやれ捏造アンケートで「種は未だに根強い人気があります」と必死にアピールしてますが、読者との温度差が痛々しい。奥の深い脚本が後年の再放送で再評価される名作に対して、マルチメディア戦略を駆使して「売れたら勝ち」路線の種らしくもありますが
種は根強いでしょう、やっぱり。
私は00を見返す気にはなれないですけども、
種ならいけますよ。運命は絶対いやだけど。

Ζなんかも面白いけど、毎回陣営がコロコロ変わって
わかりづらかったりしますよね。今何やってんの?
みたいな。ΖΖの方がわかりやすかったかな、まだ。
でもやっぱ一番面白いのはガンダムだな。
絵はひどいけど、どの話見ても面白いもんなー
(だから絶対、音声はそのまま使い、BGMは取り直しで、
絵コンテは一切変えずに作画だけやり直した「21世紀版」
ガンダムを作るべきだと思うんだよサンライズは!!)

漫画&雑誌「君町」
▼君町以外でもマガジンは「グッドエンディング」も、これまたメンドーなメインヒロインを持ち上げる為に他のヒロインが次々に貶められるという嫁の魂の親戚風味で……そういえばマガジンは監督対談とか作家イラストとか当時デス種と提携してたので何か繋がりが?(んなわきゃない)
少女漫画の恋愛ものもかなり苦手だけど、
少年漫画の恋愛ものはもっと苦手ですねー
基本恋愛物は嫌いなんだな。恋愛は物語の
副産物でいいんですよ。それで十分十分。

その他「未完作品」
▼ネットの噂によると「アニメ化されると原作読者が一桁ふえる」のだそうです(笑) 私の場合、アニメ化されなければ手に取る機会のなかったであろう作品が結構あるので「30分のコマーシャル」としての効能はありますね
ほうほう、そういう方もおられるんですね。
私はあんまり原作集めには興味がないからなぁ…
アニメを見たから原作を読んだ作品ってあったかな?
あー、ハガレンか?あとアニメじゃないけど4月から
続編が開始の「仁」かな。他はないなー、特に…

▼原作のネームバリューに頼っているので、旬のうちにアニメ化しないとビジネスチャンスを逃すということなのでしょう。連載開始と同時にアニメ化なんてのもありましたが(笑)
もちろんそれをわかった上で、それでも中途ハンパな
アニメは見たくねぇんだよゴルァ!と怒っとる訳です。
せめてオリジナルの結末とかなら監督の心意気も
感じるんですけどねーそれすらないものあるよねー

ドラマ「龍馬伝」
▼龍馬伝。これが好きな人が私は嫌いだった。というのも、彼らが他の功労者のことはよく知らず、龍馬独りを革命児のごとく言うから。でも日本の歴史を見ると、重要な社会変革が独りだけでなされた例というのはないと思いませんか?それに反した龍馬像には胡散臭く感じます
私はあんまり坂本龍馬って好きじゃないので
詳しくないんですが、日本に英雄はいないので
明治維新はやっぱり有象無象の皆さんの力ですよ。
しかも「革命」とされつつも士族だけだし、騒いだの。
所詮はバッファロー国家ですからこんなもんでしょう。

その他「漂流少年キリコとマルコ」
▼母を訪ねて三千里のパロディで「行き倒れのマルコを、ボトムズのキリコが助ける」というのがあったけれど、ボトムズ本編がこのままいくと同じような展開になるので期待しています(ハイジの逆パターン?)
そもそもそのつながりが全然わからないんですけども(笑)
見る前は「こんなに続いてどこへ行く気だボトムズ!」
と思っても、ボトムズって見終わるとちゃんとボトムズ
なんですよね。そういう意味ではガンダムよりすごい。
やっぱりこれってキリコの力じゃないかと思うなぁ…

特撮&仮面ライダーシリーズ「大魔神カノン」
▼大魔神カノン:最終回にオダギリジョーが出てたことしか覚えていない(笑)
えええ!?
オダジョーが今さら特撮に!?
やっぱりクウガ繋がりですかね?

その他「アマガミ」
▼ アマガミはエロゲではなくてギャルゲーですよ。アニメはエロゲみたいなシナリオでしたが(笑)男
ヤるかヤらないかだけでコンセプトは同じだろう…
なーんて言うと桂馬くんに怒られるんでしょうなぁ(笑)

▼すいません、ここで懺悔をさせて下さい。2010年のアニメに関しては「アマガミSS」というエロゲ原作のもののみを見るのだけが楽しみでした……
アマガミって、図書館の本棚の蔭で女の子が
スカートをたくし上げて「もっと見たい?」と
言うみたいな甘酸っぱいお色気作品でしたっけ?
あれ?違う?

映画「2010ベスト」
▼になのなさんの2010年ベスト5は全部テレビアニメでしたが、劇場版で琴線に触れるものはありませんでしたか? 失礼しました「になになさんの~」です
アニメのベスト5ですから(笑)
でも映画ですか!?うーん、9月以降見てないですからねぇ。
やっぱ演説バックンの「ディープ・ブルー」か!<嘘です

アニメなら「トイ・ストーリー3」や「ヒックとドラゴン」
「ブレイクブレイド」も面白いので続きが気になるかな。
実写なら「第9地区」とか、私は「アイアンマン2」が
面白かった。ミッキー・ロークが思ったよりよかった。
インセプションもノーラン監督らしい小細工が利いてて
唸らされましたね。ディカプリオもハマってたかも。

その他「エヴァンゲリオン新劇場版(序)(破)」
▼エヴァンゲリオン新劇場版(序)(破)。私は今頃見ました。主人公が根暗という設定は当初残されつつも、破の終盤でブレークスルーした印象を持ちました。そういえば最近、前作のシンジ君的キャラというのは見かけなくなったような
シンジがうじうじうグダグダしないだけでかなり
見やすいですよね、エヴァ。あとレイちゃんが可愛い♪
平成っ子はあっけらかんとしてるからじゃないですか。
ちなみに私はあんな主人公はイヤですねー。
主人公は明るくてカッコいい方が好き。

名作劇場「母を訪ねて三千里」
▼三千里は「僕は何かに呪われてるんだー!」(http://takahata-isao.net/c02/c02-33.htm)で大爆笑してました。脚本・構成は完璧(逆を言えば子供向けの遊びが無い)の三千里に対して、ポルフィは見切り発車でしたね…
なんにせよ、大勢で創ってる利点を生かして
脚本は何度も議論を重ねて練るべきですよね。
現場で書かせる谷口とか、合宿する神山みたいにさ。
高畑監督もトコトンこだわりそうですもんねー

▼母を訪ねてが素晴らしいのを再確認。確かに名作です。ポルフィという旅モノの奴を見たら、適当に妹探して旅するものだから、マルコの場所がわかるけど、そこまで行くのが大変、すれ違いの真っ当さに鳥肌。マルコが普通なのに、普通に感動です
マルコは見るたびにゲンナリしたなぁ…
結局本放映も挫折したと思います。ハイジ、フラン犬、
ラスカル、ペリーヌまではちゃんと見通したのに、
マルコだけはラストを知らない。再放送で見たけど。

短気な私はすれ違いモノってマジダメかも。
「未来少年コナン」で、ラナとコナンが会えない
(でもほんの数話なんだけど)だけでもあーもう!と
かきむしりたくなるほどでしたからねー。あかんわ。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
▼舞台を見ると設定解除がちゃんとされて、丁度再放送を見たら、まったくされていなかったので、説明されないとわかるわけないよ。ジークフリードが搭乗者の痛みまで感じるとか、前半なかったですからね。あれがあると総士への感情移入というか一緒に苦しんでるから見方がちょっと違ってるのよね
ROLでは解除される描写がありましたが、小説版でも
面白い解除のされ方をしてましたね。その一つが
アルヴィスの地図。一騎はなかなか覚えられないけど、
「仲間殺しの甲洋」はその能力に長けてるんですよ、確か。
後半には総士が戦っている仲間たちの痛みを共有していて
フラッシュバックに苦しんでるなんて描写がありましたね。
まるっきり1人SMでした。

▼舞台は、翔子をメインに自爆までやって、容子とカノンがそれを回想して、蒼穹作戦前の親子関係で締めで、これ見るだけでファフナーの設定がわかると言って良いぐらい設定説明がされてました。ちゃんと翔子が乗りたがる気持ち、乗れるから役に立てることを言って唐突だったのが感動的に仕上がってました
ああ、ノベライズ版みたいですね。
冲方さんはホントに翔子が好きだったご様子。
翔子や僚のように体を想うように動かせない人間の方が
実際の体の動きに囚われないのでファフナーを操るのに
抵抗がないらしい。一騎は一騎で総士を傷つけたことで
「自分なんかいなくなればいい」と存在を否定してたので
逆に言えば最強のファフナー乗りとなり、甲洋は養父母から
いらない子扱いされていたので…という暗い設定がありましたな。