大みそか

いよいよ今年も大詰め。
気づけば半年以上種まみれだったわー(笑)

一言投票所

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
●00物語後は外伝含めて設定面倒だったりもCBがいない方が世界が平和だったように見える
ミスです>00の物語後をあまり語る気になれないのは外伝含めて設定面倒なのと、結局CBがいない方が世界が平和だったように見えるってのが一番の原因ですかね…

それ廃るビー印具(笑)が何をしたかったのかが
本編ではちっともわからなくてねぇ(世界を一つに
するために共通の敵になったというのはわかるけども)
もっと世界の惨状を見せてからでもよかったかも、
ソレスタルビーイングが颯爽と?現れるのは。
設定が面倒な割にはキャラクターにイマイチ
魅力がないとか、設定とかかわりがないとか。
なんともバラバラな感じ。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
●監督ログは全部本人の発言ですよ。『@~さんへの返信』という形です。5000以上の発言を読むのが面倒ならばttp://togetter.com/で『福田』で検索すれば一部まとめがありますが…なんか何度もしつこく勧めているようで申し訳ありません
あ~、うーん、そうですか…
ちょっと行って再チャレンジしてみましたが、
やっぱりどのへんを重点的に読めばいいのか
散漫すぎてわからないです…余計なことばっか
(00がどーとかこーとか掃除がどーとかさ…)
言ってるので、「おめーの私生活なんざどーでも
いいんだよ」と思ってしまうwダメですなーw

●キラ准将任官。こうやって地位について責任を果たし、実績を立てて部下の人心を得る。これがあるだけで、指揮官として決断して背負うことが出来れば、あの薄っぺらな「覚悟はある」がなんと意味のある台詞になることか。本編後すら見据えたこの積み重ね、素晴らしいです
ありがとうございます。
本当に嬉しい嬉しいお言葉です。

現在、逆転運命のPHASE45、後編公開中です。
最後にああなるのなら、私が望んだのはこんな
PHASE45でした。皆には凛々しくあってほしいです。
PHASE41以降のオーブ戦はかーなーり時間をかけて
練りました。ヤマであるべきところだよね~、やっぱ。

屍鬼(2010年7月開始)
●関西は2週遅れのため、年明けまで終わってくれないのです・・・悔しいぞ~!!
ああ、すすすすいません。
レビューやってないとどうしても
「遅れ域」への意識が…申し訳ない。

屍鬼(2010年7月開始)
●>屍鬼たちの幸福そうな顔 それは凄く面白そうですね。正直アニメ版だと屍鬼たちの仲の良さがただ不気味にしか見えなかったんで、人間達の報復が爽快でした…。それはそれで面白かったんですが、きっと小説だともっと後味悪いんでしょうね。年が明けたらゆっくり読みたいと思います
どっちの気持ちも正義もよくわかって面白いですよ。
アニメでは沙子と奈緒ぐらいですもんね、語ったの。
でもやっぱり我々は人間なので、静信に殺された
大川さんの言葉が正義じゃないかなぁと思います。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
●面白かった事は確かだけど中盤以降頭がこんがらがっちゃって物語に追いつけなかったです(汗)設定を隅々まで叩き込んでおかないと人間ドラマより戦闘パートに比重が置かれていた感があって、新キャラ達に僚達ほど共感できなかったのも一因かも
劇場版だとそういったウリ<戦闘シーンにリキ入る>が
必要だったのかもですね。サンライズ作品じゃないし、
磐梯山が商品化するわけじゃないんでしょうけど…
僚たちに感情移入が出来たのは、一騎たちの出番が
総士以外極力抑えられていたせいもあったのでは。
一騎たちのその後を描くからには、どうしても
新キャラは影が薄くなっちゃうのかもですよー

●間も無く、しばらくPCを使えなくなるので投票もそろそろ最後に。になになさんがご覧になっていない舞台版ファフナーの感想位しか書けなかったのが残念です!
ラストに舞台版を知らない人でも楽しめるネタを投下!この舞台版、どのキャラクターも見た目からしてアニメ版との違和感が無くてビックリしましたが、小楯・ゴウバイン・衛役の方・・・http://www.81produce.co.jp/list.cgi?man+2233113151710 イケメン過ぎ!(爆)
ラストといいつつ字数不足につき補足。実方氏、勿論表現力は素晴らしかったです。超ノリノリのゴウバインでした。(笑)

いや~、こんなに舞台版を見に行った方がおられたとは
ちょっと驚きです。アニメの舞台版ってキワモノ的な
イメージしかなかったので…食わず嫌いはいかんですね。

ホントだ衛がイケメンだw
サイガーが声やってたんだからもうちっとイケメンでも
よかったのにねぇ。まぁこういうキャラも必要だったと。

ご参加、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

映画「ブレイクブレイド」
●コミケットでブレイクブレイド本が無い!確かに映画化されている割にマイナーかもですが、それにしてもここまで無いとは何の陰謀かと思います。早くも某都知事新作のフィルターに引っかかる作品が出てきたか!?(笑)
マイナーですよね。
私はこの作品で一番気に入ったのは主要キャラクターが
ガキキャラが大好きな幼稚な日本社会にあって、珍しく
大人ばかりだったこと(12歳の巨乳とかはいますけど)
なんですよねー。東京都条例は色々と問題があるけど、
(魔女狩りや刀狩り的なところも出てくるでしょうから)
女性から見るとグロ過ぎるエロ作品など腹立だしい事も
あるので、完璧パーペキ全否定とまではいかないかなー

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
●映画は剣司の格好良さが一番でしたね。あんなへたれだったのを知っていると、咲良の面倒見たり衛のお父さんの世話したり、戦闘に至ってはリーダーになって引っ張って行く。乗っても性格が変わらなくなるほど成長して優しく良い男になっててね。
映画は並ばないと見られないぐらいずっと満席でした。数日経って見に行っても満席でしたから。出遅れたらスクリーンの前の席で見る羽目になっちゃいます。
舞台、良かったんですよね。甲洋の空回りっぷりも素晴らしく表現されていたけど、「出来ること無いか」「一騎君を呼んできて」だもんね。呼んできてやる甲洋切ないです。良かったのが3馬鹿が戦場に出されずに一騎のことをエースで調子に乗ってるとか悪口言って、一騎の孤独を見せるシーンかな。
続き 一騎も自分だけが戦えば良いと孤独になっていて、だから翔子の言葉が嬉しかったりする。真矢も良くて、孤独になろうとする一騎や総士を繋ごうと頑張るのだけど、それが出来ない無力さもあって。本当にちゃんとわかってやられていて凄く良かったです

なるほどねー、剣司は最終決戦ではホント、
おまえよく生き残ったなと驚くほどでしたが
(それくらいバタバタ死にましたからねー)
そんなキャラクターに成長しましたか。
まさに「続編ならこうあるべき」なようで。

翔子って実は一騎の戦闘パートナーだったんですよね。
ファフナーは常に2人一組で戦うという設定があって。
訓練においても一騎の戦闘力は甲洋と互角で
トップレベルなんだけど、飛翔能力だけは
誰も翔子を超えられないという設定でした。
小説だとかなり日々の訓練が厳しくて、
本編でも見たかったなぁと思ってたら、
そのへんはROLで語られてましたね。
体の悪い僚が「自由に走れる」と喜ぶ姿は、
翔子が飛べると喜んだ姿に重なりました。

特撮&仮面ライダーシリーズ
●大魔神であれだけ予算使ってこの結果じゃ、高寺Pの次作はもう当分見られそうにないですね…。役者さん一人一人に予算削って高級弁当振る舞ったりするのもたまには良いけれど、大先生みたく手作り弁当にして(実話)でコスト削減とかも考えないと…(違
クウガでも教会消失シーンで予算の大半を
使ったとか、響鬼でも予算使いすぎたとか、
Pのくせにそのへんの感覚が薄いのかなぁ…
監督が使っちゃうってのはまだわかるけど。
08:41 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

そろそろ00が見られそうなヨカーン

ハマり事の方が、よーやく目標としていた
ところまで来たので、00を見る時間が作れそう。
まぁまだもう少し様子を見る必要はありますが、
見られるかなと8割思えるようになってきた。
さわりだけ見たけどちょっと楽しみ。わくわく。
劇場版も賛否両論らしい作品なので、
自分がどう思うのかも楽しみ。わくわく。

一言投票所

その他「天元突破グレンラガン」
◆うじうじうグダグダ:カミナの死を乗り越えるまでのシモンがそんな感じでしたかね
そうかなぁ…
シモンはよくそう言われますけど、
私はそんなに気にならなかったです。
おとなしめの男の子が元気な兄貴分に
引きずられて、女の子に惚れて…でも
彼は死に、彼女は彼のものになりという、
思春期の壁にぶつかっただけと思ってましたから。

屍鬼(2010年7月開始)
◆ 小説版は読んでいないので何処がカットされたのかは分かりませんが、最終回見て感動しました。良いもの見たなぁと余韻に浸りつつも、坊主の方がトラクターに轢かれれば良いのにと胸糞悪かったり…(笑) Gacktのインタビューによるとあと3話ほどDVDに追加収録されるようですね。そちらも楽しみです
坊主はダメですよーマジで。
沙子も せっかく死ぬ覚悟したんだから引導渡したれ。
つーかあの坊主、神と仏がチャンポンな時点で既に
「だが静信、おめーはダメだ」なんですよねー

あー、あと3話あればもうちょっと深くまで
つっこめるかもですね。できれば3クールくらいで
新たな家族を得ていった屍鬼たちの幸福そうな顔を
見たかったですが…それによって人間たちの虐殺が
際立つんですよね。人間が反撃を始めた時点では
それまでがあまりに屍鬼のアドバンテージが高いので
「おっしゃ!」と思うんですが、団結した人間の力を
見せ付けられると「…怖いな、人間…」と思っちゃう。

寄生獣の田村玲子の「我々は弱い。あまりいじめるな」
という言葉が思い浮かんでしまいますね、ついつい。

のんびりでいいので(のんびり読めるかどうかも試しに)
ぜひ原作を読んでみてくださいまし。アニメには結局
出てこなかった(?)「見える」男の子の一家が好き。
変態野郎に狙われるのでヒヤヒヤするんですよね~

◆フジの深夜枠の扱いがぞんざいなのは前からですが(蟲師とかチャンプルーとか)、やはり尺が足りなかった感のある終り方でしたね(^^;
ちょーっと足りなかったですね。
夏野が生きていた分、尺が取られちゃった。
あと外場の屍鬼たちが家族の再構成を行って
ささやかな幸せを手に入れるとか、そういう
細やかなところも描けなかったのは残念。

これだけの悲劇をすべて過去として忘れ去り、
「何事もなかったように生きていく」という
淡々とした選択をする村人たちの姿にぞっと
するという人間の因果も足りなかったかなー

ってか昭生きてるしー!!
原作を知らない方はビックリかもですが、
彼は無残に殺され、腐った姿で畳の下から
発見されるのですよ。私がかおりちゃんを
大好きなのは、こうして家族を奪われたのに、
彼女が自分の家で勇気をもって立ち向かい、
たった一人で屍鬼を撃退したからです。

でもその屍鬼が…お父さんなのですよね…

でも恵ちゃんの死に様は秀逸でした。
泣きそうになった…可哀想だった…
反面静信はダメだ。おめーはやっぱダメだ。

不気味さ、ストーリーのスピード感、
屍鬼と人間のそれぞれの残酷性などは
アニメとしてよく描けていたと思います。
スタッフ・キャストの皆様、お疲れ様でした!

◆>「屍鬼」が売れたら小野センセが続編書いてくれるかもー!  私は十二国記を先に完結させて欲しいですね(^^;
実はそれも「触れようかな~」と思いました(笑)
待ってる人多いでしょうなぁ。

◆徹ちゃんの死については、漫画&アニメが好きです。原作読んで、何故死ぬ事になったのかわかりずらかったので。夏野を作品の中心に持っていくのに最適かと
うそー、私は徹ちゃんほど自分の罪の深さに
慄いていたキャラはいないと思ってるので、
非常にわかりやすかった気がしましたけどねぇ…

原作では夏野を殺し、しかも原作の彼は結局
起き上がってこなかったという悲惨な結果に
なったので、墓前で泣くシーンがあったんじゃ
なかったでしたっけか。だから痛々しかった。

アニメでは律子との恋愛要素を入れたから、
確かにわかりやすかったかもですけど、
原作では自分にはできなかった律子の拒絶に
感銘し、康代を逃がして自分も共に滅ぶ道を
選んだんだと思いました…哀しいなぁ、徹ちゃん。

そんで徹の弟の保がいいんですよねぇ。
あんなに村を出たがっていた夏野を焼いてやってくれ、
煙に乗って好きなところへ行かせてやってくれと頼む。
でも結城のバカはそれを聞かずに村の慣習に従っちゃう。
でも結局夏野は大嫌いな村に葬られて腐り果ててしまい、
保は賢明な父親・武藤の決断で村を出て行くという…
「俺の方が出て行くことになったよ、夏野…」
あのモノローグ、なんだか哀しかったですね。


書いてから思ったんですが、ネタバレかもしれないんで
隠しときます。原作を知らない人は今日の放映が終わるまで
読むべからず!読んで「面白そう」と思ったら原作読むべし!
「屍鬼」が売れたら小野センセが続編書いてくれるかもー!

◆文庫本5冊分の長編を2クール足らずでどうやるのかとおもってましたが… 何とかなるもんですね(^^;
結構余計かなと思うような描写も多かったですしね。
まず漫画での再構成があって、それからアニメでの
再構成という二段構えだったのもよかったのかも。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆ttp://twilog.org/fukuda320←監督のログです。右横からワード検索もできて便利。#gusdで検索すればファンとの妄想語りも読めます。どれだけ自作の設定を知らないか、スタッフと連携とれてないか、なぜ作品があんな出来になったのかが解ります…本編の内容に傷つかれた方、これを読めばどうでもよくなりますよ(笑)
そうなんですよねー、ここ見たんですけど、
私、ツイッターってようわからんのですが、
この通りむっちゃ読みにくくてイヤになる…
本人の言葉だけを拾うのはどうやるんスか?
もー、簡単にまとめてあるサイトないスかー

◆今や沢山のアニメ関係者が呟いてますが、自分の知る限り積極的にアンチからの喧嘩を買ってくれるのは福田さんぐらいです。スルースキル無さ過ぎです。暇なんでしょうなぁ…
コメントのしみじみした「ヒマなんだろうね…」
という雰囲気に思わず笑っちゃいました。
そうか、スルースキル0なんですね、あの人。

確かに本編放映の頃から結構余計な事を言っては
物議を醸してましたもんねぇ。しかも悪い事に、
自分が言った事をケロッと忘れるんですよねー
あれはいかんですよ。視聴者の混乱を招きます。
(自分が神の立場にいることを自覚してない?)

アンチの相手もしてくれるとは心が広…もとい、
ヒマなんでしょうね、よっぽど。仕事ないのか。

◆既にご存知かと思いますが、福田監督のツイッター面白いですよね。カップル対立を煽ったり、痛い所つかれてキレたり、SEED学園を妄想したり、都知事を批判したり…干され生活を満喫されているようで何よりです(笑)
あー、自分がツイッターやってないので全然
読んでないんですけど、やってるらしいですね。
つーかよっぽどヒマなんですね、あの人…
仕事ないのか?

内容的に気になったのでまとめサイトでも見ようか…
と思ってググったら、皆熱い議論しすぎで一体どれが
福田の発言かわからない…本人のツイッターも他の人の
発言が多すぎてどれが本人のつぶやきなのかわからない。
もー「めんどくせぇ!」と読むのをやめてしまいました。

それにしてもどんだけ福田好きなんだ彼らは…(笑)

◆ビデオ類の整理をしていたらリアルタイムで全話録画した種のビデオが。運命は録画もしませんでしたが種はなぜか消せないんです。だって序盤は間違いなく面白かったんですもの!
上戸彩がガンプラのCMをやってたリアルタイム!
種は面白かったですよ。準備期間が長いだけあって
設定や脚本(少なくとも序盤)も練られてます。
中盤くらいから息切れし始めますね。総集編や
回想ばっかりになってきて、後半はちょっと
グダってしまう。クラインを殺しちゃうとか、
ラクスがいきなり反戦テロを始めたりとか、
行き当たりばったりすぎます。ザラ議長は
最後までよく頑張った。アスランとの和解、
あるいは訣別の父殺しイベントがなかったのは
残念だったけども(このへんが練りこみ不足ー)

あとキラ!口喧嘩弱すぎなんだよおめーは!
言い負かされて「うわーん!死ね」はないだろ!

戦国BASARA 弐(2010年9月終了)
◆ttp://vip0nanzo.blog109.fc2.com/blog-entry-506.html オ…オクラ?
バカだ、バカがおるwww

その他「装甲騎兵ボトムズ」
◆キリコの力 > ボトムズファンはキリコが気になるんだろうな~、と同時に、キリコのキャラがほとんどブレていないとも言えるのか?(逆にTVの第1話こそ違和感ありあり)そういう意味で「嚇亦」も確かにボトムズです
キリコは気になりますよ~。
アムロはそんなに気にならないけど
キリコほど「あいつどうなったんだろう」
と気にかかるサンライズキャラはいないかも。

あ、けど私は別に気にならないんだけど、
シャアを気にする人の気持ちはよくわかる。

その他「涼宮ハルヒの憂鬱」
◆私は、アニメになるまで「涼宮ハルヒ」を知りませんでした(笑)
いやいや、私も知らないですよ(笑)
「ホスト部」も知らなかったし、「おお振り」も
「ARIA」も「ジンキエクステンド」とか「海月姫」、
「精霊の守り人」なんか存在すら知らんかったなぁ。

ぶっちゃけメジャー系しか読まないですからね。
コミックなんちゃらとか手に取った事もないです。

その他「トライガン」
◆「なんでいまさら?」といえば、トライガンですね。放送終了から12年後に映画化って… もちろん、見に行きましたけれども(笑)
ああ、そういえば…
原作が完結したとか?その記念ですか?

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
◆終盤はやたらややこしい台詞やら、でかいイベントが多くて、ボーっとしてるとすぐ置いてかれそうになって大変でした。 いえ、とても面白かったんですが、終わったあとは頭が疲れました…(笑)
そういえば蒼穹作戦もそんな感じでしたっけねぇ。
そんなにややこしいならDVDで見た方がいいような
気がしてきました(笑)一時停止も巻き戻しも
ポチッとなだし、映像には元々こだわらんし(笑)

◆初日から見に行きました!素晴らしく良かったです!!いきなり見たらわからないかも、ですが、本編を見ていれば充分過ぎるほどに楽しめます。>続く
さすが、冲方さん!と唸りました。2度は見ていただきたいと思います。情報量が多すぎて一度だと頭が付いていかないというか。続く
ちなみに私は4回見ました。また見に行く予定です。中毒になりそうな映画です。見終わるとすぐまた見たい

4回!それはすごい!
それくらい面白いって事なんですね。
スタッフも冲ちんも感慨無量でしょうね。
ま、一から始めるわけじゃなし、総集編でもなし、
ちゃんと「続編」「2年後」と謳ってるわけですから
TVシリーズは見てて当然ですよ。じゃなきゃ映画を
作る意味もないですよね。私も見たいですねー。

◆劇場版見てきました。TVシリーズとスペシャルを完走したファンへのご褒美な初心者には優しくない仕様でした(笑)TVのあのシーンやこのシーンが悉く伏線になっていたので何を言ってもネタバレになるのがなんとも。 ストーリーはSF好きには古典的な題材でとても面白かったのですが、脚本が詰め込みすぎて>続く
逆に散漫に感じるなどと珍しい体験をしてしまいました。おそらく時間軸と感情表現の緩急の演出が、上映時間が足りなすぎて練り込めなかったからだと思われます。冒頭部分の日常シーンは時間を制御出来ていたのですが。戦闘中に似たカット割りが目についてしまったのも気になりました。>続く
せめてトータル3時間の前後編にすればこのあたりは解消できただろうに。 いきなり酷評してしまいましたがこういう些細な点は普通は気にならないのでファフナー好きならお薦めです。CGフル活用した空中戦を始めとして戦闘シーンは見応えがありました。 都内で単館上映という暴挙をやらかしてくれたので>続く
大行列を形成しているから行くならネットで事前に指定席を購入しておくのが無難です。 キャラ的には一騎のブレなさっぷりがいっそ清々しかったです(大笑) >ちずる

えええ、そんなに大人気なんですか!
まぁ上映館が圧倒的に少ないというのが理由でしょうけど…

なるほど、劇場版には劇場版の不満点が目に付いてしまうと。
100%満足とはいかないでしょうが、ファフナーを一回も
見たことがない人が見るとは思えない(いたら猛者だ)ので
見てないとわからないのはしょうがないかも。新規視聴者の
開拓はオマケなのかもですよ。ROLだってそうだったですし。
 
◆>ホモ ホモ臭溢れる辺りに時系列舞台版では、純然たるギャグ要素に抑えられていたのが好印象でした。本当に序盤のホモ要素が苦手でファフナーを見切った人に観てほしい内容でしたね。「総司は一騎を独り占めするために翔子の自爆をほう助した」という邪推は
訂正:アニメだとホモ臭溢れる辺りの時系列を描いた舞台版では、~(中略)~「総司は一騎を独り占めするために翔子の自爆をほう助した」という邪推は成り立たないように描かれています。 寒さで指先が震えるもんだから間違ってエンター押してしまった!(汗)

あー、そうか、あれで切っちゃった人が多かったのか。
私はあの頃はサイト開いて1年目くらいで、ネットの
評判とかよくわかってなかったから、単に笑いのネタに
してましたけど、さらにその後、「ROL」のレビューを
(なぜか未だに来てくださる方も多いのです)読んだ方から
「ちゃんと見ればよかった」「序盤で切った」と言われ、
不思議に思ってました。そうか、ポエムが売り物だった
山野辺編で切っちゃったんですね…私は実は山野辺編も
別に嫌いじゃないです。やたら淡々としててあれもあれで
全体的に体温の低いファフナーっぽいかなぁと思ってます。

幇助したって思われてもおかしくない総士の一騎ラブっぷり。
これで一騎はそんな気がないというならフツーなんですが、
ファフナーは一騎の気持ちも総士に向きっぱなしだからな。
それがまた愛すべき連中なんですけどね。ニヤニヤするわ。
生粋のホモ嫌いの私にすら「まーいいか、こいつらは」と
思わせるとは恐るべし!でもホント、可愛いんですよね。

今日はちょっと寒いので風邪をひかないようにお気をつけて。

特撮&仮面ライダーシリーズ「大魔神カノン」
◆大魔神カノン:プロデューサーがクウガの人なので、そのひきですかね
らしいですね。
それで私も期待したんですけど…
ねぇ(笑)なんだあれは…

神のみぞ知るセカイ(2010年10月開始/2期決定)
◆>桂馬くんに怒られるんでしょうなぁ(笑)
神にーさまは未成年なので、エロゲはできないと思います(^^;

しかし自分は18歳未満だから18歳未満お断りは
見たことも聞いたこともやったこともないッス!
…なーんて人、おられるんでしょーかねーうーん(笑)

私はこんなのオトナの都合のいい免罪符だよねーと
思ってますが(笑)ああ、平成っ子はマジメなの?

その他「パチンコ」
◆最近はパチンコで人気に火がついて再アニメ化というケースがあるので「なんでいまさら?」と思う作品がありますね
無双やBASARAブームで歴女が騒がれたので
「花の慶次」あたりが来るかと思いましたが、
アレはアレでまたキワモノだからなぁ(笑)

パンティ&ストッキングwithガーターベルト(2010年10月開始)
◆この作品も例の都条例が施行されたら規制されるんでしょうかねぇ…
デフォルメしまくりだけどロリではないので
逃げられるんじゃないですか(笑)
つーかこの程度がエロ?ハードル低ーっ!

Parallel Universe(管理人になにな)
◆遅ればせながら投票所復活おめでとうございます。>ちずる
ありがとうございます^^
皆様との丁々発止、いつものように楽しんでおります。

ドラマ「坂の上の雲」
◆坂の上の雲、面白いです。時間と金と手間をかけ、作り手の熱意が感じられる今時珍しい壮大なドラマ。でも視聴率はきれいな着物きてキャッキャしてるだけの篤姫だの江姫だのに負けちゃうんですよね…
あー、なんだかんだで見逃しちゃってますねー
昨年の分も今回の放映前に再放送やったのにね。
「篤姫」ってそうだったんですか<綺麗な着物でキャッキャ
大河は「龍馬」にしろ全く見てないのでわからんちんです。
10:28 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

年の瀬

ひもじい寒いもう死にたい眠たい…
6連休の1日が終わっちゃったよー
コップの半分の水とかポジとかネガとかどうでもいいよ。
休みが減っていくのは純粋に哀しいよ。寂しいよ。

忘年会で東京駅まで行った弟が、25日から東京駅の
忘れ物取扱所にある携帯を取ってきてくれた模様。
よかったよかった。これで何もケチがつかなかった。

一言投票所

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
▼なんと「アスラン」はサンスクリット語では『迷う者』『定められない者』・古代ケルト語では『裏切り』の意だそうで。名はその存在を示す物とは議長の弁ですが、名が体を表しすぎてる!
へ~、そうだったんですか!
どうりでダメ男なわけですよアイツは。
特技が裏切りと自爆ですよ。なんだろう、
哀しいくらいもうどうでもいいなーホントに(笑)

▼>捏造アンケNTの場合 ttp://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-7571.html ピンク女帝は桜高軽音部が駆除したけど、桜が丘高は女子高なのでキラさんが倒せないorz
そもそもなんでラクスが上位だったのかがわからない。
アニメージュのナウシカと同じ扱いなのかしらん?
つーか私にはC.C.が入ってる事も理解不能ですけど。
キラきゅんかー、うーん…追い出すのは難しそう。

▼そういやガンダムエースは特集やらカレンダーやれ捏造アンケートで「種は未だに根強い人気があります」と必死にアピールしてますが、読者との温度差が痛々しい。奥の深い脚本が後年の再放送で再評価される名作に対して、マルチメディア戦略を駆使して「売れたら勝ち」路線の種らしくもありますが
種は根強いでしょう、やっぱり。
私は00を見返す気にはなれないですけども、
種ならいけますよ。運命は絶対いやだけど。

Ζなんかも面白いけど、毎回陣営がコロコロ変わって
わかりづらかったりしますよね。今何やってんの?
みたいな。ΖΖの方がわかりやすかったかな、まだ。
でもやっぱ一番面白いのはガンダムだな。
絵はひどいけど、どの話見ても面白いもんなー
(だから絶対、音声はそのまま使い、BGMは取り直しで、
絵コンテは一切変えずに作画だけやり直した「21世紀版」
ガンダムを作るべきだと思うんだよサンライズは!!)

漫画&雑誌「君町」
▼君町以外でもマガジンは「グッドエンディング」も、これまたメンドーなメインヒロインを持ち上げる為に他のヒロインが次々に貶められるという嫁の魂の親戚風味で……そういえばマガジンは監督対談とか作家イラストとか当時デス種と提携してたので何か繋がりが?(んなわきゃない)
少女漫画の恋愛ものもかなり苦手だけど、
少年漫画の恋愛ものはもっと苦手ですねー
基本恋愛物は嫌いなんだな。恋愛は物語の
副産物でいいんですよ。それで十分十分。

その他「未完作品」
▼ネットの噂によると「アニメ化されると原作読者が一桁ふえる」のだそうです(笑) 私の場合、アニメ化されなければ手に取る機会のなかったであろう作品が結構あるので「30分のコマーシャル」としての効能はありますね
ほうほう、そういう方もおられるんですね。
私はあんまり原作集めには興味がないからなぁ…
アニメを見たから原作を読んだ作品ってあったかな?
あー、ハガレンか?あとアニメじゃないけど4月から
続編が開始の「仁」かな。他はないなー、特に…

▼原作のネームバリューに頼っているので、旬のうちにアニメ化しないとビジネスチャンスを逃すということなのでしょう。連載開始と同時にアニメ化なんてのもありましたが(笑)
もちろんそれをわかった上で、それでも中途ハンパな
アニメは見たくねぇんだよゴルァ!と怒っとる訳です。
せめてオリジナルの結末とかなら監督の心意気も
感じるんですけどねーそれすらないものあるよねー

ドラマ「龍馬伝」
▼龍馬伝。これが好きな人が私は嫌いだった。というのも、彼らが他の功労者のことはよく知らず、龍馬独りを革命児のごとく言うから。でも日本の歴史を見ると、重要な社会変革が独りだけでなされた例というのはないと思いませんか?それに反した龍馬像には胡散臭く感じます
私はあんまり坂本龍馬って好きじゃないので
詳しくないんですが、日本に英雄はいないので
明治維新はやっぱり有象無象の皆さんの力ですよ。
しかも「革命」とされつつも士族だけだし、騒いだの。
所詮はバッファロー国家ですからこんなもんでしょう。

その他「漂流少年キリコとマルコ」
▼母を訪ねて三千里のパロディで「行き倒れのマルコを、ボトムズのキリコが助ける」というのがあったけれど、ボトムズ本編がこのままいくと同じような展開になるので期待しています(ハイジの逆パターン?)
そもそもそのつながりが全然わからないんですけども(笑)
見る前は「こんなに続いてどこへ行く気だボトムズ!」
と思っても、ボトムズって見終わるとちゃんとボトムズ
なんですよね。そういう意味ではガンダムよりすごい。
やっぱりこれってキリコの力じゃないかと思うなぁ…

特撮&仮面ライダーシリーズ「大魔神カノン」
▼大魔神カノン:最終回にオダギリジョーが出てたことしか覚えていない(笑)
えええ!?
オダジョーが今さら特撮に!?
やっぱりクウガ繋がりですかね?

その他「アマガミ」
▼ アマガミはエロゲではなくてギャルゲーですよ。アニメはエロゲみたいなシナリオでしたが(笑)男
ヤるかヤらないかだけでコンセプトは同じだろう…
なーんて言うと桂馬くんに怒られるんでしょうなぁ(笑)

▼すいません、ここで懺悔をさせて下さい。2010年のアニメに関しては「アマガミSS」というエロゲ原作のもののみを見るのだけが楽しみでした……
アマガミって、図書館の本棚の蔭で女の子が
スカートをたくし上げて「もっと見たい?」と
言うみたいな甘酸っぱいお色気作品でしたっけ?
あれ?違う?

映画「2010ベスト」
▼になのなさんの2010年ベスト5は全部テレビアニメでしたが、劇場版で琴線に触れるものはありませんでしたか? 失礼しました「になになさんの~」です
アニメのベスト5ですから(笑)
でも映画ですか!?うーん、9月以降見てないですからねぇ。
やっぱ演説バックンの「ディープ・ブルー」か!<嘘です

アニメなら「トイ・ストーリー3」や「ヒックとドラゴン」
「ブレイクブレイド」も面白いので続きが気になるかな。
実写なら「第9地区」とか、私は「アイアンマン2」が
面白かった。ミッキー・ロークが思ったよりよかった。
インセプションもノーラン監督らしい小細工が利いてて
唸らされましたね。ディカプリオもハマってたかも。

その他「エヴァンゲリオン新劇場版(序)(破)」
▼エヴァンゲリオン新劇場版(序)(破)。私は今頃見ました。主人公が根暗という設定は当初残されつつも、破の終盤でブレークスルーした印象を持ちました。そういえば最近、前作のシンジ君的キャラというのは見かけなくなったような
シンジがうじうじうグダグダしないだけでかなり
見やすいですよね、エヴァ。あとレイちゃんが可愛い♪
平成っ子はあっけらかんとしてるからじゃないですか。
ちなみに私はあんな主人公はイヤですねー。
主人公は明るくてカッコいい方が好き。

名作劇場「母を訪ねて三千里」
▼三千里は「僕は何かに呪われてるんだー!」(http://takahata-isao.net/c02/c02-33.htm)で大爆笑してました。脚本・構成は完璧(逆を言えば子供向けの遊びが無い)の三千里に対して、ポルフィは見切り発車でしたね…
なんにせよ、大勢で創ってる利点を生かして
脚本は何度も議論を重ねて練るべきですよね。
現場で書かせる谷口とか、合宿する神山みたいにさ。
高畑監督もトコトンこだわりそうですもんねー

▼母を訪ねてが素晴らしいのを再確認。確かに名作です。ポルフィという旅モノの奴を見たら、適当に妹探して旅するものだから、マルコの場所がわかるけど、そこまで行くのが大変、すれ違いの真っ当さに鳥肌。マルコが普通なのに、普通に感動です
マルコは見るたびにゲンナリしたなぁ…
結局本放映も挫折したと思います。ハイジ、フラン犬、
ラスカル、ペリーヌまではちゃんと見通したのに、
マルコだけはラストを知らない。再放送で見たけど。

短気な私はすれ違いモノってマジダメかも。
「未来少年コナン」で、ラナとコナンが会えない
(でもほんの数話なんだけど)だけでもあーもう!と
かきむしりたくなるほどでしたからねー。あかんわ。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
▼舞台を見ると設定解除がちゃんとされて、丁度再放送を見たら、まったくされていなかったので、説明されないとわかるわけないよ。ジークフリードが搭乗者の痛みまで感じるとか、前半なかったですからね。あれがあると総士への感情移入というか一緒に苦しんでるから見方がちょっと違ってるのよね
ROLでは解除される描写がありましたが、小説版でも
面白い解除のされ方をしてましたね。その一つが
アルヴィスの地図。一騎はなかなか覚えられないけど、
「仲間殺しの甲洋」はその能力に長けてるんですよ、確か。
後半には総士が戦っている仲間たちの痛みを共有していて
フラッシュバックに苦しんでるなんて描写がありましたね。
まるっきり1人SMでした。

▼舞台は、翔子をメインに自爆までやって、容子とカノンがそれを回想して、蒼穹作戦前の親子関係で締めで、これ見るだけでファフナーの設定がわかると言って良いぐらい設定説明がされてました。ちゃんと翔子が乗りたがる気持ち、乗れるから役に立てることを言って唐突だったのが感動的に仕上がってました
ああ、ノベライズ版みたいですね。
冲方さんはホントに翔子が好きだったご様子。
翔子や僚のように体を想うように動かせない人間の方が
実際の体の動きに囚われないのでファフナーを操るのに
抵抗がないらしい。一騎は一騎で総士を傷つけたことで
「自分なんかいなくなればいい」と存在を否定してたので
逆に言えば最強のファフナー乗りとなり、甲洋は養父母から
いらない子扱いされていたので…という暗い設定がありましたな。
01:37 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

悪魔よ来たれり我が胃袋の中へ

辛い物は苦手ではなく、むしろそこそこは
食べられる方だと思うのだが、ディアボロは辛い。
けれどうまい。

2007年にルルーシュ(1期)のレビューをやっていた頃、
ちょうど17.5話が総集編だったというラッキーも重なり、
イタリア旅行に出かけた。目的はベニスのカーニバル。
おかげさまで本当に楽しいお祭りを満喫できたのだが、
その時、なんてことないドライブインで乾燥している
パスタソースを購入した。2ユーロもしなかったと思う。

「話の種に」くらいの気持ちだったが、帰国して
食べてみたらこれがうまい。何が入ってるのか
(ドライトマトとかニンニクスライスとか唐辛子)
よくわからないが、茹でたパスタにあえるだけで
ヒーカラなパスタができる。辛さは入れる量で
調節するが、粉チーズともよく合うし、これは
買いだったと大事に大事にしながら食べてきた。

日本で色々探してもそれが見つからない。
一体なんというソースだったのか、袋を捨てて
瓶に詰め替えていたのでわからない。
乾燥品なので2年以上もったが、いよいよ心許なくなり、
ああ、もうこのパスタを食べる事はできないんだなぁと
思っていたところ、昨年、チュニジアに行った時の事。

トランジットがローマのフィウミチーノ(ダ・ヴィンチ)空港
だったのだが、そこのなんでもない売店に、見覚えのある
それがドサッと無造作に置かれているではないか。
見れば「ディアボロ」と書いてある。
「悪魔の」という意味のそれはピザなどでお馴染みの名前だ。
それのパスタ版だったのか!道理で辛いわけだよと納得し、
「何もイタリアで土産買わなくても…」と思っていたのに、
昼食代としてもらった5ユーロも全部つぎ込んで購入。
名称もわかったし、大事に食べれば(というか辛くて
たくさんは入れられない)一袋2年はゆうに持つので
ほくほくである。なくなったらまたイタリアに行こう♪

一言投票所

名作劇場 「特劇アプリオリ」
♥本丸が残っていたのですね。ありがとうございます。しかし箇所によって見れたり見れなかったり・・・、「新マン」のグドン&ツインテールレビューが読みたい!
そうなんですよねー、見られなくなってる
コンテンツも多くて…何よりあの可愛いのに
毒のある絵がほとんど見られないのが残念。
移行してくれ…ないかな、ないよねぇ。
やはり憎むべきはインフォシーク@楽天!
こういうの、やめてもらいたいですよね。
(FC2のアク解とか、勝手にやめたくせに
邪魔な宣伝は流しっぱなしにしやがって…
全部外すの大変なんだよ!大元で消せよ!)

漫画&雑誌「君町」
♥「君町」の作者、「ラブソング」読んでたかもですね。「主人公をショートヘアのヒロインといちゃつかせる」を前提として思いついたシチュエーションを描くためストーリーを動かす奴。「」部分を「キラをカッコよく描く」に置き換えると、まんま両澤
皆様の話を聞いて何となく思い出しました「たとえばこんなラブソング」
懐かしいですね(笑)あれもホント、わけわからん作品だったにゃー
シチュエーションを書きたいという動機は、創作の際には
アリだと思うんですが、そのためにはちゃんとストーリーや
キャラクターの肉付けをしろと言いたいですよね。「君町」の
作者さんを否定するわけじゃないですが(第一読んでない)

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
♥>舞台版 戦闘もしっかりありましたよ。コクピット内部のパイロット、司令部(総司含む)を役者が壇上で表現しつつ効果音で演出していました。(フェストゥムが出現、迫ってくるシーンは金色のライトと「あなたはそこにいますか?」のアナウンスで表現)役者さんの表現力が高かったので緊迫感が凄かったです
なるほど、演出で見せる戦闘だったんですね。
ファフナーといえば前半と後半で脚本家が交替し、
カラーもちょっと違うという不思議な作品ですけども、
まさかこんな展開(スペシャル、劇場版、舞台化)を
見せるとは、2004年にあれを生で見て「ホモー!」と
笑っていた我々にぜひとも教えてあげたいですなっ!!
10:35 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

年末ゆえに…

年賀状の印刷をやってたらこんな時間に…
あああああもうホントに忙しいなぁやりたい事があるのに!

たくさんの書き込み、ありがとうございます^^

一言投票所

仮面ライダー龍騎/カメンライダー ドラゴンナイト
★ドラゴンナイト、終盤は正義の13ライダーズVS悪の宇宙人になるらしいです。正義の王蛇はハイパーバトルビデオで十分です(笑)
王蛇が正義の味方になるなんて世も末っ!(笑)
これだからアメリカってのは。

その他「Fate/Zero」
★おや、Fate/Zeroの話題が出るとは。って、アニメ化されるのですか! あれは本編からは想像つかない程男臭くてハードボイルドな作品に仕上がっているので、個人的には本編よりも断然おススメ出来ます。アニメが地上波なのかOVAなのか、それとも劇場版なのかは分かりませんが機会があればどうぞ
アーチャーといい、エロゲのくせにナニゲに
男臭さを求められる作品なのが不思議ですね。
エロがなければ売れない、でも本当はエロ抜きで
やりたいという感じでしょうかね原作サイドは。

★Fate本編の10年前の戦いを描いたFate/zeroがアニメ化らしいです。媒体はわかりませんが、小説全4巻分なので映画版とは考えにくく、前の劇場版級の戦闘クオリティ(ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm12294250)は超えそうにないかなぁ
ああ、アニメ化するらしいですね。
10年前だと養父とあの中田ボイスの話って事でしょうかね?
Fateは弟が好きなので全く知らないわけではないですけど、
「ディーンじゃなければいいけど」との事でした。確かに。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
★DSの『スーパーロボット大戦L』の種はオススメですよ。シンが最後まで主人公だったりアスランがヘタレじゃなかったり…もし良かったらプレイしてみてください
ゲームではシンの扱いがすごくいいらしいじゃないですか。
ん~、まぁ、でもアスランはどうでもいいや。
もうホント、哀しいかなアスランが好きで好きで
種が好きになったのに、いまやヤツが自分の中では
一番どーでもいいキャラになっちゃったのが哀しい…
正直死ねばよかったと思うよアスラン。わりとマジで。

でも残念ながらワタクシにアクションは無理です。
ちなみにSAGAも途中で止まりました。ムリ。

★ttp://www.youtube.com/watch?v=M6_CLCcMsKM 何で今更種のカレンダーなんだろ?種厨の俺にも理解不能
種カレンダーらしいですね。商品では出なくなったから?
でもだからって劇場版始動ではないと思いますきっと。
あれは都市伝説ですよ。もうできるはずがない。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
★作画も流石劇場クォリティで素晴らしかったのですが、なにより冲方氏の脚本の腕前に脱帽でした。脇役の一人一人までにきちんと見せ場があって、過去作の展開をしっかり踏襲してる所に作品への愛を感じる!
マルドゥックも並行で進めてただろうに、
ファフナーへの愛情を忘れないとは…
製作者の愛が感じられる作品ってのは、
やっぱりいいですよね。ファフナーは
ホント、成長した作品という感じですね。

★自分は基本的にホモホモしいのが全く駄目なのですが、総士と一騎に限ってはある程度ホモホモしててくれないとなんだか落ち着かない気持ちになります(笑)
ああ、なんかわかるわかる(笑)
私もホモ嫌いなのに、なんかもういいよ
おまえらは的な甘酸っぱさがありますよねー
僚は別にそんな感じしないのに、
あの2人はいつでもセットだなぁ。

★真矢の人、上手くなってました。6年経てば、そりゃ滑舌も良くなるよ。心底それが喜ばしい
ホントですか。それは何よりであります。
で、あのざーとらしい鼻声でべちゃっとした甘え声は…
さすがに声質までは変わらないですよね6年経っても(汗)

★6年前からファフナーを見てきた人にとっては、神アニメ。OA本編から特別編のROLまで踏まえた総括的な脚本の素晴らしさは、まさかあのファフナーがこんな結末を迎えるんだ・・・と背筋が震えました。本編OAをリアルタイムで見ていた管理人さんは絶対に見るべき作品だと思います!
そうですか、本当によくできてるっぽいですね。
リアルタイムで見ましたよ~。録画ですらなくね。
全部生で見て、レビューの前にもう一回見て、
レビューの後で確認のために見るという。
今思えばすごい情熱だったなーと思います。
で、書いてることはおちょくりばっでしたが。

屍鬼(2010年7月開始)
★原作だと静信が書いてる小説のパートを読むのが苦痛だたのですが、アニメだとさらっと流してるので良いですね
屍鬼に静信ほど嫌いなキャラはいないので、
あいつが出てくるだけでゲンナリでしたっけ。
いらないところは省いてくれるのはいいですよね。
今週最終回ですが、気持ち的にはあと一回欲しいかも?

その他「フォーチュン・アテリアル」
★フォーチュン・アテリアルが目にとまらなかったのは「大魔神カノン」の後番組だからに違いない(笑)
あ、あれ終わったんですか?(笑)
知らなかった…どうだったんですか?
序盤はもうつまらなさ臭ぷんぷんでしたけども…

漫画&雑誌「君のいる町」
★ウィキペディア調べてもよくわからないのはある意味当然かな、と。なんせ連載読んでる者ですらよくわからない、理解しがたい展開が殆どなので(笑) 因みに明日香というのが第2部ヒロインです
あ、あれが2部のヒロインですか!
なんだよー、ならヤッちゃえばよかったのに…
北崎拓の「たとえばこんなラブソング」も散々
ショートカットの彼女とヤリまくってたのに、
最後はロングヘアの元カノと元鞘という展開で
「少年漫画の恋愛ものって怖い」と思いました。
元々少女マンガのラブものも嫌いだからなぁ、私は…

名作劇場「特劇アプリオリ」
★楽天の撤退で『特劇アプリオリ』が跡地まで消えてしまいました…。せっかく「ペリーヌ」の再放送がBSでやってるのに
えええ!?なんと、あの名作サイトが!?
なんかもーインフォシーク舐めんなやって感じでしたね。

特劇あぷりおり

これだとダメですかね?

ジャイアントロボ
★マスク・ザ・レッドに続いて幽鬼。訃報が相次ぎました…(涙
なんと、十傑集が次々とお亡くなりになったのですね!
ジャイロボの続きがアニメとして描かれる事は無いのだろう…

その他「未完」
★完結してないっていうのは、大きいですよね。それで、興味があるのに見てないアニメがいくつかあります。ほとんどが原作が漫画なので、漫画を読めばいいんですが……別の事にお金を使ってるので、単行本を買うところまでお金がまわらないのと……あとは収納場所がないんですよね。(笑)
完結したものだけをアニメ化するという
決まりにして欲しいくらい、「なぜそこで
こんな中途半端なものを!?」という作品って、
ホントによくありますよね。いい加減にして欲しい。

そして逆に完結している名作を、きちんと練りこんで
アニメ化して欲しい。一杯あるでしょうにねぇ。
02:11 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2010年ベスト5

明日で仕事納めですね!

さてさて、私的2010年のアニメベスト5は…

第1位 四畳半神話大系

昨年の「空中ブランコ」に続くシュール系
独白(毒吐く?)アニメ。繰り返す日常という
ループものでありながら、毎回テーマもオチも
違っており、最終的には何も希望を見出せない
私が、「日常って面白い」と光明を見だすという
クールでブラックでありながら若さには可能性と
情熱がつきものであるという明るさが最高だった。
面白かった~♪下鴨神社も京大も行ってきたし。

紅葉もちょこっとだけ残ってた 首のあるみたらし団子

そして浅沼さんの早口演技が最高。
キョウちゃんの頃はバカにしててごめんねごめんね。
花澤さんもね。カミナギの時は声優はもう諦めろとか
思ってごめんねごめんね。うまくなり過ぎだキミタチ。

OPEDも大好きでした。
最終話でEDをOPに、OPをEDに変えたのは大正解だったと
思います。ホント、センスのいいアニメだったなぁ。

第2位 世紀末オカルト学院

毎回毎回、久しぶりに「ここまでバカをやるか」という
明るくてちょっとぞっとして何だかわからない(まさに
オカルトやなぁ)という展開に爆笑したり感動したり。
1クールなのに濃かった!いきなり葬式から始まったり、
ノストラさんの予言が当たっちゃった人類滅亡だったり、
チュパカブラやらダメ過ぎる憑依体質のこずえちゃんやら
面白かった。でも何よりマヤ様が美しカッコよくて素敵過ぎ!
文明のヘタレぶりも、最後の突撃ぶりもよかったぜぃ♪

第3位(暫定)屍鬼

完結しているかしていないかで明暗を分けた「海月姫」を
破って3位。最終回がまだなので暫定3位だが、対抗馬はない。
原作は本当に面白くて夢中で読んでしまったけど、正直、
原作を知らなかった方が物語を純粋に楽しめると思う。
絶対「この先どうなるんだろう」ってハラハラするもんね。
まぁ原作を読んだ人は読み進みながらそうだったんだけど…

スクエアで連載が始まると聞き、フジリューの個性的な絵柄に
ちょっと嫌悪感があり、読んでも絵がコチャコチャでさっぱり
わからず、だからこそアニメも期待してなかったんだけど…

正直、色がついて背景がしっかりしてて声の演技や
効果音が入ったアニメの方が絶対見やすいわー

第4位 (暫定)海月姫

完結していないというのが大きな減点に…
でも私、こういうタイプの少女(女性?)漫画は好きだ。
恋愛を全面的に出される少女マンガはねぇ…苦手でねぇ…
毎回非常に肩の力を抜いて見られる。ストーリーも
気になるし、キャラクターも皆それぞれ魅力的だし。

OPとEDどっちもとても好き。
何も解決しないままに最終回になりそうなのが残念ー

第5位 戦国BASARA弐

前半6話目くらいまでは「どしたぁ!?」というくらい
おとなしくておとなしくてダメダメだったのに、アニキが
出てからのハジけっぷりは特筆すべきものがあった。
デカすぎるゴリラ(秀吉)より、血反吐マスクマンより、
1期で出番の少なかったアニキと毛利に持ってかれた。
そして最後にずっともやもやしてた幸村の暴れっぷりに
「ないわー、ないない、それはない」とツッコみまくり、
爆笑のうちに「永遠に続く戦国時代」に終わりはないという
まさかの劇場版オチ。そこは3期でいいじゃんかよー

サンレッドや荒川なども上位。ジャイキリは続き見たいがないかのぅ。
特撮ではシンケンジャーとWはもちろん合格ラインを超えましたとも。
でもまぁ見ていたものの中では「さらい屋」や「WORKING!!」「神のみ」
などもそれなりにレベル高かった。今年の失敗は「おおかみかくし」か。
あれはマジつまらんかった。もう竜騎士の作品は絶対見ねぇぞゴルァ!
あ、あと様々な物議をかもした「Angel Beat!!」あれはなぁ…
とりあえず「天使ちゃんマジ天使」に尽きる話であった…

ハガレン(FA)についてはもうめんどくせぇから語らない。
というか既に記憶からも抹消されてて全部忘れちゃったよ。

一言投票所

屍鬼(2010年7月開始)
●アニメ版だと住職が屍鬼を招いた真意が語られないので、なぜ屍鬼になってまで死にたかったのかわからないんですよね(^^;
まぁ予測できるといえばできるかなぁという感じなので
敢えて割愛したのか、単に尺の問題なのかわかりませんが。

その他「フォーチュン・アテリアル」
●フォーチュン・アテリアルは、エロゲ原作の学園ラブコメって時点でになになさんの圏外だったのでしょうね(笑)
いや~、これは本当に知りませなんだ…あったんだという感じ。
同じエロゲでも「ヨスガノソラ」は色々話題にもなったので
聞いてはいたんですけども、「何のこと?」状態でした…

その他「装甲騎兵ボトムズ」
●ボトムズ幻影編(結局全話買いました)~最終章という話だったのに、終わってません。DVDの付録読むと、新シリーズのプロローグに変更された?映画はこっちでは上映しないので、ちょっと悔しいです
ボトムズが終わるわけないと誰もが思ってました(笑)
何しろガンダムブランドに対抗するサンライズ唯一の
タイトルですからねー(他社ならマクロスやエヴァが)
キリコ・キュービーがそう簡単に終わるわけない。
すっかり永遠の18歳になりおって!(つか18歳に見えん)

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
●になになさんにターンAはどうかな……と思ったら、やはり挫折しまくりですか。Xは主人公がガキなのとボーイミーツガール的要素を除けば、いけそうな気もするんですが……ってもう終わっちゃうのか。(笑)
Xはいつの間にか始まってたんですよね(笑)
Vも見てないので(本放映時は主人公がガキだったので
イヤだった)見たらXもいけそうな気がします、確かに。
そうそう、XのOPは私のドライブソングに入ってますよ。

そう、挫折しまくりんぐなんですよねー、ヒゲガンダム。
本放映時も何度か見たものの「このガンダムはないわー」と
違和感が…ガンダムWと同じくらい挫折しております。
でも褒める人が多いので見ておきたい気もするんですよ。

名作劇場「牧場の少女カトリ」
●になにな様が「自画自賛してるんじゃねぇ!」と仰ってるカトリの原作はこんな(http://homepage3.nifty.com/katri/gensaku2/katri-story1.htm )です。問題は作者よりも、ぬるま湯にしたアニメスタッフ。さらに遡れば熱湯のアンネットが元凶かと…
えらい悲惨ないじめど根性ものじゃないですか。
セーラもびっくり。あれ読んだらアニメは別物ですね。
ホント、なんだあのぬるま湯展開のいい子ちゃんアニメは…

映画「ディープ・ブルー」
● 「ディープ・ブルー」はやっぱり名演説中の社長がいきなりバクンでしたな(笑。演じたサミュエル・ジャクソンは新SWでヨーダに次ぐジェダイ№2で土壇場でアナキンに裏切られる役回り。派手な死に様が得意なんだろうか?
あれはあの映画の中のどんなシーンより衝撃でしたよね!
演説中にバクンて!ええっとビックリしましたよ!
う~ん、意外性の男ですね(笑)

漫画&雑誌「君のいる町」
●「君のいる町」 いえ、私は第一部ヒロインこそシンだと考えています。瀬尾氏の過去作品を見ると作者が病的なショートカットヒロイン好き(このため前作の涼風は作中神だった)と分かります。ロングヘアは途中で描くのが嫌になり無理矢理、嫌われ者にして作品から追い出したのです
シン・アスカとメインヒロインが比較されているシュールさ…
とりあえず、作者の愛がこもってないキャラはダメですよ。
脇役ならかまわないですけどね。主役じゃダメです。

●瀬尾氏の次回作…「君のいる町」ですねぇ。明らかに今後第1部ヒロインが復帰して全部持ってくのが見え見えでそれがまた……そうか、トンデモ展開とはいえ第2部ヒロインに対して感じていたこの気持ちはシンに対してのと同じだったのか(第1部ヒロインの好感度が既に最悪以下なのも手伝って)
皆様が熱く語るこの作品、ウィキペディアで
ちょろっと調べたんですがいまいちわからず…
東京から来た人がメインヒロインで、幼馴染がサブヒロイン?
で、最新号でラブホへ行った明日香ってのは何者ですか?
全然わからん…ちゅーか何ですかこのヘタレ主人公は。
相手が寝ちゃう展開なんかもう手垢つきすぎですね。

●マガジン漫画家の瀬尾氏(「涼風」の作者)は両澤と魂の親戚だと思ってたら本当にそうでした。メインヒロイン=作中神の次回作はメインヒロイン交代劇って種の流れそのまんま
妊娠エンドだった作品でしたっけ<涼花
魂の親戚(笑)マガジン最近全然読んでないんで
わからないんですけど、皆様のご意見が熱い!

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
●観てきましたが面白かったです。相変わらずホモホモしかったけれど…(笑) TVシリーズと違い、CGで描かれたファフナーの動きはとても格好良かったです
プロモでも動きがよくてビックリしました。
動きのよさは英雄の一族ベルクロスっぽかったり。
ホモホモしいのは変わらずなんですね。つか、6年経ってますが、
あそこまで露骨にホモホモしかったのはやはりファフナーしか…

バクマン。(2010年10月開始/2期決定)
● 原作と部分部分違ってみせてるところが面白いっていうか、新鮮ですよね。中の漫画(「ふたつの地球」以外)の内容を入れるはやっぱ難しいんでしょうね
原作のストックを貯めるためにももっと
「漫画内漫画」に時間とってくれてもいいのに。
私は原作をジャンプで一回しか読んでないので、
忘れてしまって比較ができないんですが、
そんなに変わってましたっけ?

仮面ライダーW(2010年9月終了)
●アクセルとエターナルを主役にVシネ化するみたいですね。しかもアクセル、エターナルは勿論ですが、翔太郎やフィリップまでも主役ではないとはいえオリジナルキャストのまま登場するらしく、驚きました。嬉しいんですが、ライダー終わった後の彼らがちょっと心配だったり
へー、そうなんですか!佐藤健も終わってからも
随分電王に関わってくれた方だとは思いますが、
ああして売れたからいいものの、売れないとねぇ…
「いつまでもB級」のレッテルが貼られますからねぇ…

翔太郎もフィリップもどちらも愛すべきキャラだったので
戻ってきてくれるのは嬉しいような、でも次のステージへ
羽ばたいて欲しいような、複雑な感じですね~

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
●>当然の帰結 同意です。受け入れられるかどうかは置いといて、2期であの方向に進んでしまった後で、完結させるならこれで良かった…というかこれしか無いんじゃないかな、と
GN粒子が関係するんでしょうかね。
いかん、話に参加できん。
やっぱり見なきゃダメだな(笑)

●劇場版>TV版のストーリーにどうしても納得がいかなかった自分としては、最悪に近い印象でした。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、ホントに最後まで「人類」とか「世界」とかを物凄く矮小化した話だったなぁと思いましたよ。(続きます)
(続きです)ただ、00の完結編としてはもうこれしかないというか、当然の帰結だなーとも思いました。これ以外の帰結だと00っていう作品の存在自体が無意味になるもんなぁ、みたいな

私はやっぱりそこまで00に思いいれてないのかなぁ…
2期がどんな話だったとか、何を言いたかったとか、
語ろうにも内容も全然覚えてなくて、覚えてるのは
ただひたすら「つまんなかった」ということだけ…
種ならいくらでも語れるのに、00は何も語れない。
せいぜい「あの予報士はいらない」くらいかな。

パンティ&ストッキングwithガーターベルト(2010年10月開始)
●最終回の細切れはB級ホラーにありがちな蛇足オチだと思われます。もしくは「ガイナックスだし」
細切れってなんでしたっけ…
まぁとにかくはちゃめちゃにお下劣なネタを
好き放題やってくれたなぁという感じですね。
面白かったですよ。気楽に見られたし。
ブリーフの素顔を見た途端股を開いたパンティの
ビッチぶりには噴出しましたが。結局顔かよ!

名作劇場「アルプスの少女ハイジ」
●ロッテンマイヤーさんは情がなかったけど、言っていることは、少なくとも礼儀と教育を叩き込んだことは正しかった。大人になると気難しい先生と手の掛かる生徒に見えて。ハイジも要領良くないから怒られてばかりで、そりゃ病気になるよ
そうそうそうそう!要領悪いんですよハイジがこれまた!
ポリアンナとかルーシーも要領の悪い子でイライラしたけど、
ハイジは幼いから余計にね。ロッテンマイヤーさん怖いしね。
文字が読めるようになったのは(クララのおばあさまの方が
影響大きいのかもしれんけど)ハイジの人生を開きますよね。
00:15 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

気づけば最終回シーズン

テレ東は再放送ばっかりやなー
(神のみとかオカルト学院とか)
テレ玉ではガンダムX後にターン∀か。
見ようと思いつつ見損ねてるので…見とくべき?

「海月姫」の「早かったですね」「やっぱり死んでましたか」
「逃げましょう」「高飛びですね」の連続コヤス最高だった。
コヤスってこういうのやらせたら右に出る者はいないと思うわー

「パンスト」のグダグダビッチぶりはすごかった。
もう続かないよね?冗談だよね?やめとくよね?

一言投票所

名作劇場「アルプスの少女ハイジ」
■ハイジを見てるんですけど、フランクフルトでロッテンマイヤーさんの教育を受けて大人になったハイジが病弱なクララを助けるなんて物語が想像出来て、美味しい設定です。まあ子供なハイジには窮屈な生活が一番嫌だったけど
あー、ペリーヌとかカトリならそうなりそう(笑)
私はフランクフルト時代のハイジは黄色いドレスで
お行儀よさげで可愛いらしいので結構好きでした。
ハイジを病気にしたフランクフルトってどんな街だろうと、
多分生まれてから二番目くらいに意識した異国の街だと
思うのに未だに行ったことがない…トランジットもなし。

ちなみに一番初めに意識した異国の街はなんたって
「バグダッド」ですね。シンドバッドやアリババの
物語で読んだか聞いたからでしょうけどね、多分。
うーん、そうそうイラクなんか行けないだろうなー

その他「ターン∀」
■ターンエーは、見ないと損ですよ。いろいろと失敗したところもあるけれど、1話、1話目を見てください。1話の平凡で平和な日常がとんでもなく愛しくなります
実は数年前から見ることができる環境にあるんですが、
見てないんですよ。Wと同じで挫折しまくり。
でも毎週のんびりゆっくり見てみるかなぁ…
しばらくガンダムもTVシリーズはなさそうだし。

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
■シンは確固たる強靭な意志の力を持っているはずなんですよね。キラもだけど、守りたいもの、欲しいものの思想のぶつかり合いが出来たはずなのに。逆転読むと彼の格好良さに癒されます
ホント、ただ単純にシンを格好良くて強い少年…
キラみたいにベソをかかせず、アスランみたいに
迷ったり惑ったりさせずに描くだけで、DESTINYは
数倍以上面白くなったと思います。シンを最初から
最後まで「強いキャラ」として統一しなかったのが
敗因ですよね。でも今、シナリオを読むとそれは
所詮無理な話だったんだなぁとしみじみ思います。

だって制作者にシンへの愛が全くないんですもん。
反面、中盤以降のキラは破格。あかんわ、あれは。

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
■1期終了時や2期スタート時に思い描いていた理想の結末とは程遠いんですが、あの2期最終回からの続きから始めて終わらせるなら、あれで良かったんじゃないかな、と思ってます。突っ込み所も改善点も思いつきます
すいません、タイプミスです(汗 問題点を挙げたらキリがないんですが、ほんと観る人によって真っ二つな映画だったかな…と。実際上映終了後、色んな声が聞こえてきましたしね

なるほど、視点をキャラに置くか
ストーリーに置くかガンダムに置くか…
それによって変わるというのはあるかもしれないですね。
私はもちろんストーリーですが、そのへんはどうかなぁ。

■カタギリとコーラ、金色の大使に笑わせてもらった劇場版。お話も00の完結編として締めてくれたし、私的には満足な終わりでした
なんでしょうかこの好感度の温度差は。
いいんじゃないかと言う方、ダメダメでしたと言う方が
はっきりと分かれてますなぁ。やはり自分の目で確かめよう。

屍鬼(2010年7月開始)
■「不景気には吸血鬼、好景気にはフランケンシュタインが流行する」と、ダンス・ウィズ・ヴァンパイアバンドで言ってましたが… ゾンビが大流行の今年は何なんでしょうね(^^;
うーん、確かに。なんでしょうね?
大不況?それとも蘇りを表す再生期?
ロメロのゾンビが流行した時やバイオハザードが
爆発的に売れた時の事を思い出すと、ゾンビものが
流行るのは「不安感が強い」という印象がありますね。
その後さらに悪くなる、みたいな(ベトナム戦争やら
消費税引き上げやら就職氷河期やら)悪くなんのかい!!

■屍鬼を見てからフォーチュン・アテリアルを見ると、主人公達の言ってることが奇麗事にしか聞こえなくて困ります(笑)
そのタイトルを全く知らなかったので、調べたら
エロゲで、「そんなん言われても…」と思ったら、
なんと10月からアニメ化されてたんですってね。
知らなかった…存在すらも…すいませんです。

屍鬼は「人と人ではない者の対立」をシュールに
描いてますよね。ラストもムカつくけど結構好き。

仮面ライダーオーズ(2010年9月開始・視聴脱落)
■視聴脱落されたようですが、ほんわかグリード一家の甘えん坊三男ガメルとメズール母さんが退場……は、早すぎる。尻彦さんよりも早すぎる。まあ明確な『死亡』ではないので4クールくらいに復活するかも知れないけど…
すいません、もう面倒くさくて見てないです。
完全に特撮ものに厭きましたホントすいません。
ってかもう退場!?早っ!早いよ靖子にゃん!
でもライダーものって意外と復活ないからなぁ…
俳優さんの都合なんでしょうけども。
22:37 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

東京の寒さは普通

京都も寒かったけど、ヨーロッパがやばい。
どうしよう…予防線張りまくっておかなければ…

ラストM-1はデキレース丸出しでムカつく。
ま、終わりでいいんじゃないのーこんなの。

一言投票所

HEROMAN(2010年9月終了)
▼ディズニーXDの再放送から視聴中。教授やサイ君や姉ちゃんの人情とか、いかにもボンズらしい顔芸とか(笑)、なかなか面白い作品で地上波から観れば良かったと反省。しかし私を惹きつける一番の吸引力はリナ嬢だったり。セクシーなチアリーディングのコスが基本状態なんて反則だぞ!(爆)
地上波時代はどこのレビューも「ジョーイきゅんラブ」でしたが
リナも恋する乙女で可愛いですよね。兄ちゃんもいいですし。
1年やるものとばっかり思ってたので2クールは意外でした。

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
▼文字通り「俺達がガンダムだ!」だったに尽きると思います。M-1グランプリで例えると、自分だけが決勝に行けると思っているだけで、実際は審査員に生でこれでもかとけなされるほどのネタだったという感じでした。種デスの轍のどこを踏まなかったと問いたくなります
「正義の怒りをぶつけろガンダム」だったんですね。
まぁ00は間違いなく「SEEDの轍は踏まない詐欺」でしたね。
期待した分、ガッカリ度は種より高かったかもしれない。
M-1って、誰だろう。生でダメ出しを食らったハライチ?(笑)

▼劇場版は未見ですがwikiとかで大体の内容は分かりました。PVとかで見た限り戦闘は面白そうなんですけどねぇ。シナリオはどうにも自分には合いそうにありません。なんでガンダムで異星人ものをやってるんだか。そういうのはマクロスとかに任せていいと思うんですけどねぇ
おー、そうなんですか。私は内容も見ないようにしてるので
よくわかりませんが、確かにガンダムなら「人間ドラマ」に
重きを置いて欲しいかなぁと思いますね。他文化との交流は
代表マクロス、戦いは代表エヴァに任せていいですよねぇ。

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
▼12月初旬からこの投票所が開設されていれば、それとなく舞台版の宣伝を書き込めたのですが・・・思いの他感動的な舞台だっただけに惜しい!わざとらしくても日記の方でオススメすれば良かった!(笑)
ああ、何か舞台版があったらしいですね。
そうですか、よかったんですね…って、
フェストゥムとのバトルシーンとかは
どうなってたんですか?効果音のみ?

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
▼逆転は、カガリがシンに対して言い負かされない、しかもシンを気にしているとかで、欲しい描写が全部あって読んでると気持ちが良いです。キラたちが全員生きて戻るなんて誓うのが仲の良さに繋がって、こういうのも良かったです。全体的に行動の意味をわかってやってると意味合いが違ってきます
逆種は「泣き虫でもなくバカでもないカガリを格好良く
凛々しく書きたい」というのが動機でしたからねー
今思えば逆種を書き出した時からシンとの「対決と決着」を
視野に入れてたような気がします。ミネルバ側もアークエンジェル側も、
物語の帰結を知っていればちゃんとバランスよく書けるもんですね。
私のような才能もないトーシロにできてプロにできないはずがない。
と言うことは、やっぱり練りこみが足りないんですよね、明らかに。
そりゃ駄作になっちゃうわけですよ。いいものは一杯あるのに。

▼シンがね。単なる戦闘人形だったのが、自分の意思で動くだけでこうも違うかって感じです。彼の理想は確かに議長にあった。ルナとの関係も暴れん坊で人を拒絶していたという設定があるだけ違いますね
私はシン・アスカはあれだけの過去を持ちながら
たった一人で立ち上がってきただけに、非常に
魅力的なキャラクターに出来たはずだと思うんです。
私は本当にシンが大好きで息子のように気にかけていますが、
それゆえに両澤が「シンが可愛くて仕方ない」と言った
インタビューは昔から絶対に嘘だと確信しています。
あれは絶対に嘘。間違いない。好きなわけないです。

Parallel Universe(管理人になにな)
▼少し遅くなりましたが、一言投票所復活おめでとうございます。毎度言ってる気もしますが今回も愉しまさせてもらいますね
ありがとうございます。
サボりっぱなしで何もしてないのに訪れてくださる
皆さんのおかげで私も毎回やり取りが楽しみです。

コメントをいただきましたのでコチラでレスしました。
ありがとうございました!
19:45 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

忘れ物はしてはけない

新幹線に忘れた携帯が無事に届けられました。
つーか車内放送かかってたのである事は確実だったのに、
尋ねた東京駅の駅員が全然やる気ないんだもん。
仕事しろよー(そもそもおまえが物を忘れるな)

一言投票所レスです。ガンガン行こうぜ!

一言投票所

GIANT KILLING(2010年9月終了)
◆バクマンの後で見てますが、地味に面白いです。前半が終了し意識改革が進んで、戦術が決まって初勝利の流れは気持ちよかった。でも、チーム周りの描写が一番良かったです。フロントとか広報とかサポーターとか記者とかクラブの関わりが分かるとね
そうそう、私もクラブチームの裏側が一番面白かったです。
オールスターまで行けばもっと面白かったみたいですが、
二期ないのかしらん。バクマン。とかは決まってるのに
話がないって事はないのかしらん。残念だなぁ…

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
◆違った、逆転はこっちか。申し訳ないです。投稿間違えました
あ、ホントだ(笑)入れなおしておきますね

◆逆転は、非常に素晴らしく楽しんでます。ほとんど同じ展開なはずなのに、人物描写が確固たるものがあり、ちょっと補足、または頭良く譲れない信念があるとこうも気分が晴れるとは
おおおおお、ありがとうございます。
お恥ずかしいですが、こんな感想をいただけると嬉しいです。
私も今の状況はかなり気に入ってます。最初はどうなるか
手探りでしたが、シン・アスカやルナマリアはこうあるべきと
思うとおりに進んでおります。それだけでかなり違いますね。
コーディらしく、少し頭をよくしただけなんですけどねぇ。

あとね、やっぱりあれはシナリオがひどすぎ(笑)
1人称がコロコロ変わったり、設定忘れてたり、回想が多いのに、
肝心な回想(アスランがカガリを想う、シンが人々を虐げた戦争を
想う、キラやラクスが前大戦の悲劇を想うなど)が全くなかったり、
あれはダメですよ。明らかに練りこみが足りなすぎますよねー

2000アクセス突破記念の人気投票もやってますので、ぜひご参加くださいね。

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
◆00で一番可哀相だったのは出番もなく新機体もなく、ただ王留美を殺してルイスに殺される為だけに生かされたネーナだと思いました
確かに。なんか思わせぶりに出てきて生き残っただけの
役割を担わされるのかと思ったのに、何もなかったですね。
復讐相手はもうサーシェスだけで十分だったと思うのに…
やっぱりキャラが多い割に動かしきれてなかった感じですね。
11:32 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

メリークリスマス

帰ってまいりました。
何事もなく無事に…と言いたいところですが、
予定の新幹線には乗り遅れるわ、歩き過ぎて
踵に水ぶくれはできるわ、携帯は忘れるわ…

まぁでもそれを抜きにしたら楽しかったです。
情報をくださったのに時間がなくて買えず…
とはいえ、ホントに何を食べてもうまかったです。

一言投票所も書き込みありがとうございます!
ファフナーの公開も始まり、そろそろ観た方も?
私も行きたいですがねー。棚上げになってるものがねー。
どうなんやら。仕事も残り二日、頑張ります。

今夜はスカイツリーが綺麗でしたなー。
中之島の一方通行イルミも綺麗でしたよん。
でもやっぱ東京とは桁が違うかな~?
(東京駅でもイベントやってました)

一言投票所

特撮&仮面ライダーシリーズ「35周年記念戦隊」
●今度の35周年記念戦隊は、歴代戦隊に変身&歴代キャストゲスト出演(後者はまだ噂ですが)……とてつもなくディケイドの二番煎じ感が(汗) しっかし、よりにもよって『海賊』戦隊なのはワンピースがブームだからかなぁ
天使の次は海賊ですか。しかもディケイド風味?
リサイクル・ライダーの成功に味を占めたか!?
こうなるとプリキュアも10周年迎えたら同窓会やりそう(笑)

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
●すっかり終わってからはまってしまい、矛盾に苦しみ、ここにたどり着きました。見返すと苦しいのですが…おもしろいのは否めません
終わってからハマられましたか!それも色々と辛いかも…
私はSEEDが26話からで終盤にかけてだったので、それでも
辛いものがありました。そして再放送レビューを始め、
その後続編の話が出て、実際始まったら不幸のどん底に…
という二転三転を繰り返しました。でも今でも好きです。
まぁなんだかんだ言いながらずっと好きでしょうねぇw

だからお気兼ねなく遊びに来てください。
デスノートがメインテキストと思ってましたが、最近自分の
レビュー(デスフェイズ)を読み返し、毎回ネタでまわした
レビューも悪くはないかもなーと手前味噌に思ってます。
ほんのちょっぴり創作もやってますのでぜひどうぞ。

屍鬼(2010年7月開始)
●原作は読んでないのですが、坊主が嫌われている理由がよく分かりました…
あ、アニメ、まだ見てないけどそこまで行ったんですね?
私も静信大大大嫌いですよーなんだよーあいつはよー
だからこそ、「なんで夏野すぐ死んでしまうん?」
だったんですが、アニメはひっくり返しましたよね。
安直な形にしたくなかったのかもですが、やっぱり
夏野と俊夫と静信じゃないのかなー、主人公は。

●アニメですっかりはまりました!コミックス大人買い&原作は中古本購入しました♪放送話数が少ないのが難
原作は面白いですよ~
いや、私はアニメはよくできていると思います。
あれだけの量の原作をよくぞまぁコンパクトに
まとめたもんだと思いますよ。これは再構成した
フジリューがすごいのかもしれませんが、彼の
絵柄ではあまりにも見づらい・見にくいので、
やっぱりアニメがいいと思います。
バクチクソングもいいですしねー

機動戦士ガンダム00(2010年9月劇場版公開)
●劇場版、刹那とマリナに重点を於けば、アリかなと。というかそれだけで満足しました。2期では「変わる」と叫んでおいて、一番変化したのは体質というオチには失望してましたが、今回のはちゃんとした変化と言えるのでは
ああ、そういえばそんな事言ってた…
言ってました…っけ?よく覚えてないや(笑)
劇場版はまだ見てないのでレビューは
もう少しお待たせになっちゃうかなぁ…
ホント、すみません。見に行けばよかった。
ってか松竹ピカデリーが…<まだ言ってる

●劇場版はやはり正義の味方ソレスタをスタッフがやりたかっただけでした。散々言ってた罪や罰や咎はホントいずこへ……
ほう、地球を救う正義の味方だったんですね。
罪とか罰は2期で片付かなかったので、
もう片付ける気ないんだなと思ってました。
案の定かい!

蒼穹のファフナー(2010年12月劇場版公開)
●本放送時の記憶がだいぶ抜け落ちているので、になになさんのレビューと同時進行で再放送を楽しんでおります。そして最新話(?)の某キャラに対する「ぶん殴りたくなる」というコメントに吹き出しました(笑)(ワタル)
はい、未だにぶん殴りたくなります(笑)
彼女じゃなければ真矢ももうちょっと好感度が
アップしたかもしれないなぁと思います。
今回の劇場版はどうなんだろう。
少しはうまくなってるのかな?
中の人チェンジでもいいのに…

●クリスマスは関西ですか・・・私は公開初日に見に行って、一騎の死を悼む予定です。何か、完結編作らないで欲しかった・・・
一騎死んじゃうのですか!?ありゃりゃ~
まぁ彼にとっては最後の決戦から先は
ロスタイムみたいなもんだったのかもですが。
うーん、気になるなぁ…

よりぬき銀魂さん(2010年4月開始/2期決定)
●祝!再アニメ化!!年賀状の話が好きだったんですが、さすがにアニメは無理かしら?
いやいや、フツーにそこから始まるかもですよ?
つーか今度こそ深夜枠でやりたい放題だったらいいのに(笑)

その他
●恒例の期間限定復活ありがとうございます!小学生の頃から読んでるワンピースに一票。TVアニメは全く見てませんが、昨年の映画は面白かったです
はい、高齢の…ならぬ恒例の復活です。
なのに初っ端からレスできない状態ですみませんでした。
本日無事戻りましたので今後は私なんぞでよければ
がつがつと?コミュニケーションいたしましょう。

ワンピースはビビの話が始まる前までは
面白かったんですけどね(チョッパーまで)
(ナミの「ルフィ…助けて」でハマったなぁ)
もうそれも遠い彼方になってしまいましたよね。
今はもう「昔は好きだったよ」って感じです…

神のみぞ知るセカイ(2010年10月開始/2期決定)
●最終回、下野頑張った!
見ました見ました(笑)確かに下野頑張った!
エロハメアニメの主役に落とし神と、下野、始まったな!
(なんか次もなんかの主役決まってましたっけねー)

コメントをいただきましたのでコチラコチラ
レスさせていただきました。ありがとうございました!

23:06 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑