疾風に勁草を知る


2年前に亡くなった私の父に、今をときめく
中二病の頃、母のよいところはどこかと
尋ねたところ、父はしばらく考えて、

「自分の考えをしっかり持ってるところ」

と答えた。今もそれを覚えているという事は、
バカな中2にとっても印象的だったのだろう。

どちらも戦前生まれでありながら、父はノンポリ、
私の母は非常に政治的関心が高く、60年安保闘争も
「人間の環」に参加してそのパワーに引きずり回され、
「怖いよーあれ」と言っていた。むろん、東大生の安田さんが
死んだような過激なところでデモはしていないが、それでも
彼女が圧死したのは「あのパワーを思えばわかる」と言う。
腕を組んで議事堂の周りをデモるのだが、足が浮いてしまい、
もう自分ではどうにもできない凄まじいパワーだったそうだ。

また、彼女はバイトをするために、当時学生だった
江副の面接を受け、アイスクリーム売りをやったそうだ。
「なんか小汚い小屋で、陰気そうな学生が面接したけど、
この人東大生なんだなぁと思った」と笑っていた。

戦前の日本の様子、戦中の様子、シベリアに抑留された
父(私の祖父)が帰って来たときの強烈な印象、戦後、
日本の価値観が大きく変わっていくことへの戸惑いと憤り、
アメリカナイズされ、惰弱化しながらも、経済発展という
道を選び取って発展してきた日本への複雑な思い…

その間にも本を読み、映画を見、ネットなどない時代に
自分の頭で考えながら生きてきた母との話には共感したり
勉強になることが多い。中立的で私と同じく雑学が多い
父との話も大好きだったが(父は父で母が苦手な歴史や
スポーツ系に強いので、両者の話が聞けるのが楽しかった)
何にせよ、両親と話をするのは何よりの楽しみであった。
(私より丈夫で元気な母とはもちろん現在進行形であるが)

もし私が結婚し、子供を産んでいたら、子供とこうして
話ができればさぞや楽しかろうとそれだけはちと残念だ。
バカな子供など一切いらんが、自分の固くなったアタマに
新風をもたらしてくれる若い世代としてなら歓迎である。

私はこのブログでも何度か言っているが、教育に力を
入れるべきであり、日本人ならもっと日本語を大切にし、
勉強し、モラルと自律心を鍛えるべきである、そして
それを誇りに思うべきだと主張しているのだが、
母は教育に力を入れることは賛成してくれるのだが、
「日本人は自分を誇らなくてもよい、選民意識を持つと
ロクなことがない」とそこだけは譲らない。卑屈と
言われても、卑怯といわれても、自ら進んで誰かを
傷つけることはしない方がよいという考えを持っている。

ちなみに、「他国が侵略してきたら我々は降伏すべきか」
という質問をしたところ、自衛権を行使した後、被害の
拡大を食い止めるためには「降伏すべきである」と即答した。
国として、総力戦になるほど戦ってはならない。それは
国土を焼き、必ずや国民を痛めつけることになるからである。

ならばその後は甘んじて敵の侵略を受けるべきなのかと言うと、
「国民自身が、自分たちの国を守らんと抗うべきである」と言う。

武力を持って戦うことばかりではない。
たとえ日本の文化芸術を踏みにじられようと、
日本語を禁止されようと、日本人としての
アイデンティティーや国民性を保とうとして
国民各自が死に物狂いになって努力をすべきである。
国が悪い、誰々が悪いなどと言っているヒマはない。

それができないのなら、存在の意義はない。
侵略したものに迎合し、媚びへつらい、精神をも
侵されるのなら、「この国が滅んでも仕方がない」と言う。

これが、わずか7歳で東京大空襲の爆撃の中を逃げ惑い、
家を焼かれ、戦中・戦後と革命並みの価値観の転換を
求められて辛酸を舐めた母なりの結論なのであろう。

「戦うな、されど闘え」

母を一言で表すとこんな感じであろうか。

ま、そんな事を言っている母も、齢73を数えながら
「秋にはニュージーランドに語学留学に行くよ」
と呑気に敵性言語を学んでいるんだけどねー

ま、人生ってのは面白いもんだ。

14:30 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ホラー


屍鬼のめぐみちゃん、怖ぁ~
都市伝説もビックリの「ベッドの下からワンバンコ♥」

屍鬼はホント、フジリューのふざけた作画に
不快感がある反面、原作の雰囲気はヒジョーに
再現してるなぁ。汚らわしい○○もムカつくし、
これから先の怒涛のような群像劇が楽しみ。

ギャグが9割とはいえオカルト学園、
学園黙示録、屍鬼にさらに次回の
BASARAは怨霊マスターの市が登場。

夏ですねっ!

一言投票所の項目やメッセージを
整理してたら、なんと…「銀魂」の項目を
完全に削除してしまった模様。

なぜ…俺はそんなミスを…

あーガッカリ。せっかく皆様から100以上の
コメントを頂いていたのに…どういう状況で
ミスをしたのか全くわからない…すみません。

職場は変わらないが仕事が変わって早4ヶ月。
まぁとにかく今組んでいる人たちは本当に
いい人ばかりなので、自分の薄汚れた感じが
明らかに突出している。皆さん清らか過ぎる。

明日から旅行だが、彼らには「関西に行く」と
ウソをついている。偽装みやげも本日届いた。
あまり根掘り葉掘り聞かれないことを祈るが、
何より事故やトラブルに巻き込まれず、
無事に帰ってこなければならない。

なぜなら今の状況は、なぜか2003年の夏に
非常に似ているので困るのである。

先日も書いたが、2003年にパソコンが完全にクラッシュ
したことと同じく、現在非常にパソコンの調子が悪い。

当時どッぷりハマったSEEDに、現在再びハマっている。

また、あの年の秋からは水島版ハガレンが始まり、
今年は逆に入江版と原作版ハガレンが終了した。

夏休みはロシアに行ったのだが、その時夢中で読んだのが
「屍鬼」であった。何の因果か現在アニメ放映中である。

そしてロシアといえばモスクワでの遅延夜明かし…
当時は長野に行った事にして「みすず飴」を
偽装みやげにしようと準備していたのに、
予定通り帰れなかったらどうしようと
そればかり気になったものである。

あの夏もヨーロッパは記録的な猛暑で大変であった。
イタリアからパリに乗り継ぐはずが、そもそもそこで
飛行機が動かず我々の乗る飛行機が来なかったのであるが、
イタリアは水不足でホテルのシャワーも出なかったそうだ。
(ロシアは8月でもスーツでちょうどよかったので問題ない)

とりあえず、明日からは旅行だ。
なお出発がひじょーに遅いので、また現れるかも…

01:41 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ねむねむちゃん


ゾンビ学園が4話目にして半分総集編で吹いた。
大丈夫か?
つか、おっぱいもみもみ男のくだり、いらん。
冗長で超絶ジャマーだったじゃん、あれ。

あのレイとかいうアマ、絶対主人公が
追っかけてくると計算してるよねー
やだねービッチだねーダメ女だねー

ツンデレピンクメガネとオタに
まさかの愛が芽生えたら笑ける。

今回の旅行のために買ったデジカメも届き
(デジイチはどーせ使いこなせないと思うので
使いこなせそうなスペックのコンデジにした)
ボストンキャリーとTSAロックも届いた。
明日は毎度の「偽装みやげ」が届く予定なり~

今回は北半球と南半球を股にかけるので、
季節は思いっきり夏と冬。服が大変じゃよー

しかしパソコンがマジでヤバい。
2003年、ロシアに行く直前にオシャカになって
自作したが(その時は安いと思ったが、結局その後
LAN、DVD、ファンと買い換えざるを得なかったので
安かったのやらどうやら…)もはや「突然止まる」
「電源がつかない」「勝手に再起動」を繰り返す。

もう7年だもんなー
このパソコンで最初に見たのが何しろ当時入ってた
フレッツでの「SEED超再放送」だったんだもんなー

「なんだよ、帰ってきてるはずなのにブログは
書かないし、一言投票所も開かないじゃねぇか」
という事態になったら、パソコンが死んだか、
または私自身が死んだかだと思ってくらさい。
すんまそん。

私が死んだ場合はどうしようもありませんが、
パソコンが死んだ場合は週末以降に復帰かな。多分。
今回はもうめんどくさいんでオールインワンにする。
モニターはまだ使えるのでいらん。
機種は既に決まっているので、あとはTVチューナーを
オプションで入れるかどうしようか悩むばかり…

あー、くそぅ、髪が伸びるのが早いな、夏は!
旅行にあわせて切ったのに、やや伸びすぎ模様なり~

23:50 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

あ、あなたは…!?


職場でコーヒーを飲んでいたところ、
やたらぶんぶん飛び回るハエがいて
しかもやたらと私にまとわりつく。

「うるせぇなー」と手ではらっていたら、
その手にもやたらとぶつかってくる。
しかもその後、勝手に人のコーヒーに
入水して自殺しおった。職場の仲間がその
決定的瞬間を目撃し、「急降下したよ!」
と報告してくれて大爆笑。私は飲みかけを
捨てるハメになってなんやねーんと思う。

しかもそれまでの私へのまとわりつきから、

「になになさんの前世の恋人じゃない?」

と皆さんが笑いながらおっしゃられる。

誰だか知らんが、ハエかよ、恋人!

オカルト学園4話も見た!
ヤバい、なんなのあのバカさ加減。
作画のビミョーさに加えて、内容がアホらしくて
爆笑しまくり。昔のギャグアニメみたいで最高。

そしてJKパネェ!

あーもうマヤ様大好き。
2000年代のヤワな「ツンデレ」ではないなー、
あれは。セクシーで変顔もできてツンケンで
オカルトマニアにしか見えなくてステキング。

そして文明の最低さも最高。バカだろあれ…
オカルト版さっちゃんと化している教頭もアホ。

とりあえずホント、バカっぽくていいわー、これ。

屍鬼は時間変更してたんかい(最後が切れてた)

しっかし徹ちゃんがあんなヤサ男いい男に!
私のイメージではジミーな田舎の高校生だったのだが…
保はめっちゃ大事な役どころなので大事にして欲しいが、
夏野はどうなん?ちゃんと原作どおりになるん?

フジリューちっくなヘンキャラになっている兼正組は
アニメなのでまぁそれなりに見られるかなー
うん、でもやっぱこれは面白いし楽しみ。

二舎六房が全く録画できてない。
先週が30分遅れ、今週も時間変更があった模様。
まぁあんちゃん編は終わったし、縁がなかったと思うかなー
つまらないわけじゃなく、ちゃんと面白いんだけどね。

ゾンビ学園は先週今週とまだ見てましぇん。
ジャイキリは視聴済み。ナッツすげーじゃん。

BASARAさー、なんかさー、結構カッコよくね?
先週の筆頭も強いし。ただあの人、兜とると
なぜかやたら地味なんだよね~。なんでや?

つか普通に面白い。楽しみだよー、毎回。
負けちったけど、犬千代カッコよかったぜ。

直江は一期でも超豪快に吹っ飛ばされてたし
(確かガンダム…じゃない、ホンダムにね)
秀吉がゴリラどころかキングコングだったり
もちろんギャグも満載で爆笑しきり。

そして最後が

怖すぎる…

市、ヤバすぎ。

次回は陰の首領みたいな市と、陽の代表みたいな
幸村がニアミスするのもちょっと楽しみだわー
みんな、市のせい…で片付くのが怖い…

Wは「井坂センセがあんな人とは」とメモリを
渡した事を悔いていたというシュラウドを
照井が許してしまってシュラウド退場のご様子。

えええええええええええええええええええええ?

シュラさーん、あんたその後も井坂放置してたやん…
強いのに…それなりにあんたはんも強かったのに…

今回もやはり翔太郎おじいちゃんの名演が光った。
特殊メイクより、シルバーアクターを使う方がいいな!

とまぁ、こんなところでございます。

えーと、探して辿りつかれた皆様、お眼汚し、
申し訳ありません。でも頑張って書きました。
帰ってきたらきちんと最後まで仕上げますので、
私流「邪道種」(名づけて「ジャドゥーシュ」)
よかったら私と一緒に楽しんでください。

01:42 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

夏ばて~


というより、寝不足がいかんのはわかってるのだが。
昨日は5時、おとといは3時、さきおとといは4時…
ムチャにもホドがある!

つーかさー、暑過ぎ。
なんだよこれ。

全国的に大雨の被害がすごいらしいけど、
東京はマジで雨降ってないからね。カラカラよ。

7月5日の夕方のゲリラ豪雨以来、おしめり程度の
雨しか降ってないぜ。選挙の日もしょんぼり雨。
おかげで湿気がひどくてかえってばてたわ!
それ以外もポツポツくらいで、ロクな雨がない。

もーさー、連日37度38度とかカンベンしろや。
朝方4時5時でも汗だくってどーなの。

さて、私は終わった時、「先が気になる」
映画というのはなんだかんだ言っても
いい映画に入るんじゃないかと思ってる。

たとえば「カサブランカ」
ボギーはバーグマンのためにレジスタンスに協力すると
決め、夫とアメリカに渡る彼女を空港で見送るわけだが、
ナチスと闘うことになる彼はその後、パリ開放まで一体
どんな活躍をしたのかなと、むしろその先こそが気になる。

「風と共に去りぬ」は、タラの地でしたたかに生きていく
スカーレットより、うなるほど金があり、その後もきっと
女には全く困らないだろうに、何か満たされないものを
抱きながら生きていくであろうバトラーの方が気になる。

彼はきっと、決裂してしまったとはいえ、あれほどの女には
会えないまま、そして決して元には戻れないまま、退廃的で
哀れな人生を送ったんじゃないか…などと想像してしまう。

「誰がために鐘は鳴る」では、北欧人のバーグマンでは
ちょっとイメージが合わないが、マリアはスペイン娘らしく
子供をボロボロ産むようなたくましいおかみさんになって、
亭主の尻を引っぱたきながら生きたんじゃないか…

たまに、はかない恋に燃えたアメリカ人の男の事を
思い出して涙ぐんだりしながら、でもなんだかんだで
現実的に生きたんじゃないかなとか、そんな風に
考える余地があることがとても楽しい。

儲け優先で、安易に続編を作ってしまうことで
そうした色々な想像の域を壊してしまうのは
本当にもったいないと思うのだ。

そしてふと思う。

上に挙げた作品のように、続編は作られてないけど
「先をあれこれと想像してしまう」なんて作品、
最近あったっけか?と。

満足感を与えつつ、想像の余地をも与えるって、
ホント、よく考えたらすごいことだなーと思う。

21:57 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

三連休が終了


なんかもうね、休みが飛ぶように過ぎる。
あたりまえっちゃあたりまえなんだが。

やりたいことやりまくってるのでいいんだが。

今のBGMがSEEDとハガレン(1期)とエウレカと
BLOOD+とDESTINYと妖奇士と地球へ…である。
あとギアス(でもジンは入ってないよキモいから!)

一番いい曲はなんだろなー
FLOWの「DAYS」とか「COLORS」とか
UVERの「Colors of the Heart」とか
「endscape」とかもいいよねー
うーん、土6はよかったなー
何より土曜日だったしなんだそりゃ

SEEDでは意外と「ignited」がむっちゃカッコいいと
再認識した。あれカッコいいなー。すげーなー。

窓から見慣れぬタワーが見えるので何じゃと思ったら
いつの間にかスカイツリーがドまん前に鎮座ましまして
ビックリ。いつの間にかデカくなったなー
サンシャインの向こう側にしっかりと。
そして今日の東京タワーはダイヤモンドヴェール。
プラネットブルーとアクアブルーで綺麗だったよ。
3つが一度に見えて、かつ新宿都心の摩天楼群、
ついでに臨海副都心までベランダから見えるって、
よく考えると(考えなくても?)贅沢かもしれんなー

今日のより魂さんは、ちょうど連載一周年で初の
長期物となり、かつEDのジャスタウェイ登場回!
ついでに辰馬もチラリと登場。

「友達じゃねーよ こんなん!
死んでくんないかな
頼むから死んでくんねーかな
スゴク苦しい死に方してほしい」

とまで言われる辰馬と銀さんの容赦ない関係が好き。
幼馴染のヅラより遠慮がない気がするからかなー

ちなみにさっちゃんの部分は完全オリジナル。
しかしスタッフはよほどこのメス豚が好きらしく、
空知が描くのと全く遜色ないデキになっておる。

ノリノリ杉田のボイス七変化も楽しい。

あとこの回、沖田がメチャクチャなので好き。

先週美しいヅラ子(しかし口紅がどどめ色なのが惜しい)を
見たが、今回と同じ巻に乗っている幾松とヅラの話も見たいなー

アニメだとねー、なんかねー、色気あんだよねー、この話。

やたらシリアスなヅラと未亡人が一つ屋根の下だもんなー
狙ってるよなースタッフ。ちょっとときめいちゃったぜ!

原作の方は別に色気ねーけどな(笑)原作なのに(笑)

01:17 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

世紀末バカルト学園


いや~、オカルト学園。
ダメだこれ、笑いっぱであった。
チンモロ男が1999年にはヒネた
サイコキネシスガキだったとか、
マヤ様にこてんぱんなところとか、
今後もこのノリなら楽しそう。

学園黙示録ももうちょっとエロが
抑え目な方がありがたいのだが、
それを除けばまぁまぁ面白かった。
介錯を受けた2年生とか潔かった。

ただし自分だったら「サーセン、先輩、
ゾンビになってからお願いします」
と頼むと思うな、ボクは!痛いのやだー

ミリオタのデブは逃走中に飯がないので
痩せるとかあればよかろうに、ロメロ・
リスペクトならば最後はショッピング
モールに立てこもるだろうからアカンか。

BASARAが意外とおもろいなー
半兵衛と秀吉が仲良しさんだなー

私は今回主役っぽく描かれている前田慶次が
好きではないのだが(なんつーか、BASARAの
慶次が嫌いというわけではなく、「花の慶次」の
イメージが強すぎるのか、後付でキャラが作られすぎと
言うか、うーん、なんかこうイメージがかみ合わん)
1期ではあっさり片付けられた九州が再浮上したり、
スルーされまくった四国や毛利にスポットが
当たりそうだったり、ちょっと先が気になるぜー

やっぱシュラウドが母親なんやなーと思わせるWは、
翔太郎おじいちゃんの名演技に大笑いだった。

翔太郎は年老いたのに、フィリップはともかく
照井はならないとか、やはりこいつらは特殊なのか…

でもさ、主人公が普通の人っていいじゃないか。
照井が亜樹ちゃんたちを「仲間」と言ったのも
いいじゃないか。まぁそれが次回再び「絆」を
際立たせる話になりそうで期待したいところ。

今期は忙しいので少数精鋭でいきますわ。
あっちの方も現在一番の盛り上がり。
実にフリーダムに楽しんでおりますwww

19:02 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

屍鬼

うーん、思ったより面白いかも。
フジリュー絵柄はアニメになった方が見やすい。
何より、背景が私のイメージどおり。
尾崎医院の無駄に豪華だがボロい感じとか、
洋館とか、山入の雰囲気とか夏野の家とか
(障子とかまさに!まさにあんな感じ!)
あー、スタッフが大事に作ってるなーと
思わせていいよね、こういう部分って。

かおりや律子を見るとせつなくなり、
静信を見るとぶん殴りたくなるぜー
OPにちょっとしたネタバレも見えるしね。
うん、結構楽しみだぞこれ。

で、BASARAはフツーにBASARAであった。

Wはやはりあの男が犯人。
今回、翔太郎とフィリップの立ち位置が
逆という変則的な変身がカッコよかった。

ジャイキリもまだだし、オカルト学院までも
まだたどり着いていない。ま、のんびりいくさー

あ、スターウォーズも始まるっけ。
昨日もやってたけど、やっぱハウルは思ったほど
悪くはないと思うな。ラブストーリーだしな。


16:37 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

おやすー

ヒーローマンは電気で動いてるから、
電気の攻撃は効かない!むしろチャージ!!


ジョーイきゅんの理論だと、

車にガソリンをかけても燃えない!むしろチャージ!

となりますぞ。

とにかくこれ、王道過ぎて文句がない。

3連休嬉しー!
2週間ぶりにわんこに会ってニャンコにも会う。
嬉しー!だからもう寝るー!


01:30 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ねーむーいー


鍋を冷蔵庫の中で放置しては、新たなるスモールワールドを
作り上げてしまう「お鍋の錬金術師」の名を欲しいままに
している私だが、今は4月の歓送迎会でもらった花束を
花瓶にさしたまま早3ヶ月の錬金が進行中である。

既に花瓶の中には赤い水が作り出され、
「花瓶の錬金術師」とも呼ぶ人もいる(いねぇよ)
ちなみに弟はペットボトルの中に不思議な螺旋形の
「何か」を作り出す「おーいお茶」錬金術師である。

まぁ単にとっとと片付けろや!って話なんですけどもね。

なんかなーどうもなーめんどくせぇ…
洗濯物も取り込まなきゃなーと思いながら
既に一週間。パリパリになっとるなー(笑)
あーもうめんどくせぇ。暑いしなー

さて私が今、何に夢中になっているのかを
知っている人ならばおわかりであろうが、
ここのところ、全くアニメを見ていない。
つーか時間がなさ過ぎて見られるわけがない。

つーかヤバい。
録画がたまり過ぎててヤバい。

先週の木曜日のもやしもんから先は何も見てない。
見たのは銀魂だけ。再放送なのになぜだ(笑)
(ラクなんだよ、再放送。考えなくていいから)

オカルト学院とか見たいんだけど見てない。
戦国BAKARA(バカ等)弐も見てない。
仮面ライダーWも見てない。

見る時間が取れないというか、
見る時間があるなら…という感じ。
(核心に入れば入るほど補完が必要って…)

まだしばらくは「眠れない、見られない」日が続くにゃー。

コメントを頂きましたのでコチラでレスしました。
ありがとうございました。

00:53 | 日記 | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑