FC2ブログ

サヨナラはカチガツのララバ~イ♪

朝っぱらから吉川晃司の歌を久々に聞き、
(マジで15年ぶりくらい)「さすそ」が
「しゃしゅしょ」になってしまうヤツの発音に
「変わってねぇなぁ…」としみじみした。

ちなみに私は当時大沢誉志幸が好きだったので、
吉川の歌ではダントツに「ラ・ヴィアン・ローズ~La Vie en rose
が好きである。なんてーキケンなータイクツだろうぉ~♪

もちろんオリジナルの大沢版の方がカッコいいけど、
吉川版はテンポが速いのでそれはそれで悪くない。
吉川って同い年だった尾崎とも結構仲良くてさ、
ラジオではよく「アイツがアイツが」言うてたねー

先週、なんだよー恋愛にシフトしちゃうのかよー
などとボヤいていた「WORKING!」だが、今週は
とにかくおにゃのこたちがかぁいくてかぁいくて
「うむ、恋愛でもいいぞ!」と思ってしまった。

なお「うしろの大魔王」のツレ(本人が聞いたら
不本意なあだ名であろうが)曰く、「WORKING!」
は小鳥遊の姉ちゃんたちが出てくるとまた面白く
なるよーと言っていた通りになりそうで楽しみ。
なずなちゃんも可愛いなー、デカいけど(^^;

まぁ今回一番楽しかったのは何より地味かと思った
相馬のクソヤローっぷりだが、最後には伊波さんに
フルボッコという天誅を受けたので笑ってしまった。
やっぱ楽しいな~WORKING!ぽぷら可愛いし♥

あとどうでもいいことなんですが、ブログ更新回数が
多い分、過去記事(レビュー)もかなり手直し&加筆
してるのでたまに読み返してくださいまし。昔と違って?
真面目なレビューではないのでいい加減ですんません(笑)

一言投票所

GIANT KILLING(2010年4月開始)
♥原作では目で見てわかるサッカーのフィールド描写がほとんど無いのはディーンの技術不足か、それとも難しいことはせずに皆にわかりやすくという英断か。なんいしても期待してます
う~ん、どっちかなぁ…前者かなぁ…
ディーンはとにかく作画がショボいのでね。
例えばもうちょっとCGとの違和感をなくそうとは
思わんのかと思いますし。どうも大味なんだよなー

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2(始動?)
♥明かされた所によると外伝の題名は『亡国のアキト』、ヨーロッパを舞台に絶望的な作戦を実行するイレブンの少年兵達という話のようで……あ、あれ? RIGHT OF LEFT?(違うだろうけど同様に相当過酷な話になりそうだなぁ)
へぇ、そうなんですね。
確かに過酷な内容になりそうだ…その中に故国への
思慕とか人生の意義への葛藤とか淡い恋愛とか…
ああ、もしそうなるなら谷口より赤根監督の方が
うまいかも?(谷口が絶望的状況をやるとリヴァに…)

♥ギアス外伝、内容はまだ不明ですが監督はノエインの赤根監督だそうです。丁寧な物語作りが巧い方なので、ゴロー監督でなくても安心感があると思いました
ありゃ、監督違うんですか?!そりゃビックリ…
赤根監督は私の中でも非常に評価が高いですが
(彼の恋愛作品はこそばゆいながらも自分の好みと
ハズレたものが今のところ一つもないから不思議…)
監督ほどの実力者なら何も他人(谷口)が作った作品を
やらなくてもいいような気もしますけどね…う~ん…

でもアクションを描かせたら力量はさほど変わらないし、
逆に恋愛を描くのがトコトン下手クソな谷口よりは
ロマンティックな作品に仕上げてくるかもしれない…
と思ったらなんだか俄然見たくなってきましたよー!

ドラマ
♥大河ドラマ『龍馬伝』、出来は正直、賛否両論ありますが、やたら濃い俳優陣の中で電王出身の佐藤君の健闘ぶりが、ひそかに嬉しいです
職場の女性は「福山が綺麗なので見ていて楽しい」と
評価してますが、ドラマや映画への評価はある程度
信頼できる母も、全体的に「まぁまぁ、それなりに
楽しめる」と評価してますよ。私は見てないけど(笑)

佐藤くんの役どころは人斬り似蔵…ならぬ以蔵ですね。
最近の若手の中では比較的地味な方だと思いますが、
出世したもんですなぁ。デコチークのCMも彼ですね。
何にせよライダー俳優の活躍は喜ばしいことです。

侍戦隊シンケンジャー(2010年2月終了)
♥シンケンVSゴーオンはかなり面白かったですよ。EDは両方のED曲を豪快にリミックスした仕様ですし。軍平が美味し過ぎる…。でも、来年はゴセイジャーのスタッフがシンケンジャー作るんですよね…。不安だ
かなり面白かったみたいですね。
今年転んでシンケン目当てに観に行った人たちが
皆声を揃えて「ゴーオンジャー面白そうだったな」と
言ってるのでホクホクでした。ゴーオンは面白いよ!
(キバを見て「また今週もつまんなかった」という
どんよりした気持ちをどれだけ慰めてくれたか!)

ゴセイジャー…漏れ聞こえてくる悪評判に、
キバ同様面白くない作品ほどフィーバーする
特撮ファンって一体…とちょっと面白いです。

仮面ライダーディケイド(2009年8月終了)
♥ビギンズナイトはともかく、ディケイド完結編は微妙だった気が…。記憶が存在を支えるって、3年前に観たような?
へぇ、そういう終わりだったんですね。
士の存在が確定しない、みたいな内容だったとは
聞いてたんですが、それじゃまるっきり電…デデンデンデン…

フツーに時空を超えて旅をする破壊者でよかった
気もしますけどね。創造の前に破壊が必要という
最初の渡の言葉どおり、世界というより膠着した
状態を壊すことで再び世界の循環と再生を促す、
超常的かつ孤独、かつ飄々とした存在のままで
いいような気もしますけどね、ディケイドは。
(ついでにライダー以外の皆の記憶から消える
存在ならますます寂しくて最高だったにゃ~)

Parallel Universe(管理人になにな)
♥職場の上司 > ナポレオンの言葉に「無能な部下などいない。駄目な指揮官がいるだけだ」というのがあるとか。新人の頃はピンと来なかったけれど、中堅になって身につまされています。そう言いながら「カスミン」の霞仙左右衛門を思い出すダメな自分wちなみに自分も飲みに行くのは苦手です
あっ、そうそう!そうなんですよね!
新人の頃は上司といえばすぐ上の直属であり、
先輩ですら上司と同じような存在だったけど、
中堅になってくると上の構造が見えてきて、
ダメな部分が浮き彫りになるというか…

正直、トップが変わらなきゃ何も変わらんのですね。
上司にもさらに上司がいるわけですから大変だとは
思うんですけど、どこかで変わらないとこの連鎖は
延々続くばかりですよね。そのために日本社会が
一番喜ぶのは「外圧」なんだとしみじみ思います。

アメリカのごり押しはもちろん、今流行の事業仕分けも
その一つ。結局、中から自分たちで変わるということが
滅多にできないんですね~、日本の村社会というのは。

ってかさすがはナポレオン。格好いいッスね!
(ただし皇帝まで上り詰めながら最後はコルシカ島に
流された彼を思うとなんとも言いがたいですけども…)

名作劇場
♥関西圏は最近、BS以外にも再放送が多いです。「フラン犬」→「ハイジ」→「こんにちはアン」→「赤毛のアン」、さー次は?
NHK-BSも名作劇場は結構やってますよね。
あ、あとMXも意外と昔の名作やってますよ。

次は…そうなるとトム・ソーヤーあたりかな?
それともラスカルに戻るかな?視聴率をバリバリ下げて
名作を危機に陥れたアンネットもいいですよ~、ドス黒くて
(セーラで回復するまで危機は続いた)アンネットだったら
コチラのレビューにかなうものはありません。最っ高。

まめにレス

嵐の大野が演じる「怪物くん」
昨日たまたまTVをつけていたらやっていたのだが、
どう考えてもギャグにしかならんのだろうと
思ったのに、意外としっかりしたテーマを
盛り込んでて見せるじゃないかと思った。

とはいえやっぱりドラマは見る気になれないな。
たまに見るときもあるけど、拘束時間が長いし。

今日のハガレンは文句なしに面白かった。
久々にハガレンらしいアクションやセリフでの
応酬や主人公が主人公らしくあってよかったよ。
(ああ、やっぱ作品を褒められるってすばらしい…)

もちろん見所はエンヴィーの最期だったわけだが、
憎しみに支配されようとするマスタングをあそこで
止めざるを得ないのはぬるいと感じる人もいると
思うけれど、そのカラーがこの作品なんだろう。

人間をわかっているような口をきいていながら
所詮は人間をマネた模造品だったエンヴィー。
人間にもどーーーーーーーーーーしようもない
ヤツは腐るほどいるので、仕掛けようとした
相手が悪かったとしかいいようがないねぇ…

人間を羨み、人間に嫉妬し、人間に憧れていた
エンヴィーが取った方法は、生きることに貪欲な
ホムンクルスにはあるまじき「自殺」だったのも、
最後まで人間の真似をしたようで哀れだったな…

Bパートでもクライマックスに向けて続々と
人材が集まってきた。EDにまで割り込むとは。
オヤジとお父様の対決もようやく実現か?
次回は時間変更なので録画派はご注意を。

一言投票所

その他「ネット小説」
■魔王と勇者のネット小説は、http://maouyusya2828.web.fc2.com/menu.html にまとめられています。本当に面白いですから。冒頭をちょっと読むだけで引き込まれます
ちらっと見に行きましたが、えらい長く続いてますね。
冒頭、魔王が戦争の功罪についてレクチャーしてました。
時間がありましたら読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

Parallel Universe(管理人になにな)
■会社の飲み会の席のことで質問した者です。ご返答ありがとうございました。私も会社の飲み会の席が苦手で苦手で仕方がないのですが、身分がまだ新人のペーペーなものですから一体どうしたらいいかと思い、普段から飲み会をかわしていると仰っていたになになさんにご質問させて頂きました。(②へ続きます)
(②)私の会社では月1回はおつかれ会と称して飲み会が行われます。しかしいつも忙しい月末に開かれるので、本当に労いの気持ちがあるなら帰してくれよと思うのですが、そこまでの配慮はしてもらえないようです。(③へ続きます)
(③)異動等に伴う飲み会ならまだそれまでお世話になった方へ改めてお礼や激励を述べる場となるのでいいかなと思うのですが、やっぱり仕事でお世話になった分は仕事でしか返せないと思うので、“飲みニケーション”なんて無くなったらいいのに…といつもそう心から願っています。(④へ続きます)
(④)ペーペーのくせに偉そうなことを長々と語ってしまいましたが、になになさんの処世術をぜひ参考にしたいと思います。ありがとうございました

いえいえ、本当にお気持ちはわかりますよ。
私はそもそもお酒が嫌いだし、お酒の席で羽目を
はずしていつもは言えない事を言うようなクソチキンな
人間も嫌いだし、何より他人の飲み代を払わされ、貴重な
時間を奪われるのが何よりも嫌いなので、本当に迷惑です。

飲み会への誘われ度、行かなければならない義務感は
新人、中堅、ベテランでも違うでしょうし、男性と
女性でも大きく違うでしょうから一概には言えませんが、
最近私が書いたように、職場というのは結局、上司が
変わらなければ何も変わりません。上司というのは
孤独な職業なので寂しくてしょうがないんですよね。
しかも家庭に居場所のないようなロクデナシも多いし。
(家帰れよって感じですが、多分居場所がないんです)

私は今年、管理職のヒアリング時に飲み会が苦痛だし、
飲み会に出ないことで評価が上下するのはおかしいと
言っちゃおうかなーと思ってます。腹が立つことに
今年評価が下がってたので、なら逆にもう下がりようが
ないのだから言いたい事を言ってやろうと思ってます。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2(始動?)
■外伝やるみたいですが、紹介文が「イレヴンの少年少女たち」なのがちょっと・・・。どうせやるなら民族・人種・出身地がバラバラのナンバーズ混合部隊作っちゃった方が面白そうなのに・・・・まぁ、それだと話がかえってグダグダになる可能性も高いのかもしれませんが
ああ、そういうタイトルなんですね。
それだけではさっぱり内容が読めないですが…
いつの話になるかで登場人物も変わりそうだし、
もうちょっと情報が出そろわないと何とも。

その他三国志アニメ
■よく考えたら、この春アニメって三国志アニメが4本って…。ま、ガンダムに、女性化に、転生物となかなか色物揃いですが。何となく、ガンダムが1番面白い気がしますが…
いやいや、普通に見ても多いですよ。
ガンダムはそもそもSDガンダムを受け入れられないと
全く視聴対象にならないマイナス点がありますね。

仮面ライダーW(2009年9月開始)
■正直、亜樹子は萌えキャラではなく燃えキャラだと思います。翔太郎やフィリップより漢らしいシーンが結構多いし(笑
もちろん「亜樹子=燃えキャラ」が前提ですよ(笑)
だから「うっかり」とつけて笑ってるんですから。

今日もフィリップへの啖呵は漢でしたね。
そして来週の翔太郎への啖呵?も楽しみです。

■Wの新フォームの武器が毎度毎度、鞘に戻して強化するのって、ダイの大冒険を彷彿とさせるなぁ。同じ脚本さんだから?
ああ、そうなんですかね~
悠長な事やってんなとか思ってしまいましたが
そこはおもちゃを売らねばならない宿命ゆえ…

その他「裏切りは僕の名前を知っている」
■1話で挫折。キモ過ぎる。保志氏も石田氏もまだ、こんな役が回ってくるのか…
やっぱりそうだったんですね。
私なんか絵柄を見ただけで早々とシカトしてしまいました…

春眠

「おしり!?」(鳴海亜樹子)

うわぁ~、なんか変なの出た~

人間的になってきたとはいえ、まだまだ人の心の
機微に疎いフィリップは、「合理的な考え」から
照井にコンビを組まないかと申し出て拒否され、
亜樹子にはなじられる羽目に。でも学習・勉強中の
人間の美点は、謙虚なのですぐに修正が利くこと。

でもサムがかばったのはマルではないという点に気づき、
ベルがドーパントだと推測した翔太郎もなかなかだった。
怪力無双かつ脅威の回復能力、自分の作ったゾーン内なら
瞬間移動を起こせるという相手にひたすらパワーで押すとは…

ボクたちのWは戦闘機械じゃないなんて言ってたくせに、
相変わらず言ってる事とやってる事が違うぜフィリップ!
それにしてもいよいよもって身も心も一つになった2人。
なんかヘンだなと思いつつもパワーで持っていかれてしまう。

しかしエクストリームはテラテラしてて不気味だ…
あとガジェットを吊るす時になぜ黒い糸を使うのか!丸見えや!

「来週きっと面白いだろう」と思ってたジャイキリが
面白かった。椿の葛藤とチキンぶりが明らかになる
シーンで、かつての指導者たちの言葉を受けての
達海の言葉にじーん…その言葉が椿にライオン・
ハートを与えることになるというのがお約束で
盛り上がる。王子の飄々としたエースっぷりもよい。
反撃のビクトリー、ETU側も不満がくすぶり、来週も楽しみ。

一言投票所
ちょこちょこと書き込みありがとうございます。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
■「星の鼓動は愛」のジェリドは「カミーユを殺すためなら仲間も犠牲にする」TV版の非情さが改変される一方、グワダン攻撃時の指揮官らしい台詞も無くなっている。どうも「恋人たち」でガディ指揮下で参加した作戦が端折られた事に起因しているようだ
すごいなぁ、詳しく覚えてらっしゃいますね。
私なんか劇場で見ただけで、多分今後も見返すことは
皆無に近そうなので、細かいところは全然思い出せない…

Ζも、一年間やったTV版を全部生かすのは無理なので
やっぱり資金集めをきちんとした上で完全新作にするか、
初めからやらないかのどっちかだった気がしますけどね。

Angel Beats!!(2010年4月開始)
■あの世界は一体何なのかと考えると色々浮かんで愉しいですよ。神が作った人間観察の場
↓失礼、ミスです。自分と向き合う為の猶予の場。天使と言う兵器の実験場など色々。どれが正しくて、あるいはまったく違うのか確かめるのが愉しみですね。

ですよね、荒さや安直さもあるんですけど、なんとなく
楽しんで見てます。予選でのミスから麻薬に手を出して
オーバードーズで死んだ?日向も、感動的に消えるかと
思った瞬間、まさかのバカタックルには吹きました。

EDで音無が手を伸ばしてないのであれ?と思ったら
ゆいとタッグマッチ中に変更とは…やられました。

その他
■「魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」というネット小説をご存知ですか?タイトルで検索すれば出てくるスレッド小説なのですか、とんでもない超弩級の大傑作です。最近ネットで話題になっていたのですが、会話文だけで恐ろしく面白いです。本当にお勧めです。一読の価値有です
知らないですね~
スレッド小説って、合間に感想が書き込まれたり、
続きがどこに現れるのかわかりづらくてどうにも…
ああいうのって書いてる人は同じなんですかね?
たまに文体が全然違うのでイラッとしたりもします。

閃光のナイトレイド(2010年4月開始)
■丁寧に作ってあるけど、いかんせん地味過ぎる。監督がペルソナの人だから、訳分からなくても面白いかなと思ったけど、それもないし。戦闘が地味なのは同じだけど。丁寧な心理描写とか上手くやっているのだけど戦闘がメインだから地味だ
地味ですよね。どこがどう悪いとはっきり
指摘できるほどじゃないんだけどイマイチ。

監督はペルソナの人なんですね。
うーん、なら結末は結構難解に終わるのかも…

機動戦士ガンダムUC
■面白かったです。下の方の言う通り戦闘シーン、あとは音楽とユニコーン起動の演出が素晴らしかったです。でも完全に話を理解するには原作を読む必要がありそうな。監督は「原作とは違う結末にする」と仰っていましたが
ああ、小説が原作だと、アニメでは
細かい部分まではなかなか表現できないから
よくわからない…という事が起こりかねないですね。

でもネットで評判を見ると概ね好評ですよね。
「早く先が見たい!」という人も多いし。

■話はともかく、MS戦はさすが宇宙世紀で、Zの劇場版をさらに良くしたような出来で、機体の重さを随所に表現してくれて、スラスターが噴射するだけで熱い。散弾バズーカが出たのは嬉しかった
Zの劇場版はMS戦はよかったですからね。
なんで新規作画で全部やらんかったと思うくらい。
でもUCだからこう、ADだからこう、コズミック・イラだから
こう…という風に、製作側としてはそんな顕著に
差をつけてるんですかね?それともやはりそういう
点で差が出るのも演出や監督の力量の差なんですかね?

侍戦隊シンケンジャー(2010年2月終了)
■本当に面白かった作品でした。最初は主従なんて、すぐに並ぶ関係になるとか思っていたら、リーダーの責務を描いて、実はそれすらフェイクで。みんなが帰った後に、自分を探すというのも素晴らしかった
ああ、そうですね、私もいつ殿が「俺のことはタケルでいいぞ」と
言い出すんかしらと思ったけど(まぁ殿と呼んでたのは青と黄だけ
だったんですけども)最後まで主従関係は崩れず、それゆえに
真の姫に従わざるを得ない家臣たちという図にまでなるとは
思わなかったですねー。何よりゲンちゃんの使い方がうまい。

正直、ロボ戦については全然面白みがなくて、ゴーオンの方が
ずっとロボの形状なども覚えてるんですけど、ストーリー性は
さすが小林靖子ここにあり!という感じでうならされました。
ドウコクと太夫のキッズ番組にあるまじき?結末もよかった。

私は前年の能天気なゴーオンがとても好きだったので、
シンケンは逆に「どうせ次はつまんないだろう」と
思ってただけに、思った以上の拾いものでしたね。
(で、それはゴセイジャーが全て背負ってるらしい)

その他「巌窟王」
■今更ながら「岩窟王」を一気観。「ギアス」の後だけにケツアゴに心酔する福山に大爆笑!「アホベール」で検索すると引っかかりまくりですね
巌窟王はGONZO作品の最高峰でしょうなー
カレイドスターとかあげる人もいるでしょうけど、
美麗さ、キッチュさ、とんでも展開、キャラの濃さ、
全てを合わせればその異形作品ぶりは群を抜いています。

当時のアホベールぶりにネット中が沸いていたあの頃を
思い出しますね。今アニマックスで「舞-HiME」をやってて
それを見ると巌窟王の時代でもある2004年末から2005年を
思い出しますね。あの頃はアニメも面白くて楽しかった。

Parallel Universe(管理人になにな)
■になになさんに『仕事』のことで質問があります。以前ブログで会社の飲み会の席が好きではないと書かれていたように思いますが(違ったらすみません)、異動等も多いこの季節、いつもどのように乗り切っていらっしゃるのでしょうか?
飲み会の席、本当に嫌いですね~

今までは長かったので飲み会が嫌いだというオーラを
出しまくって断ってきましたが、リセットされた今は
仕方なく歓送迎会だけは出ることにしています。
(それでも出席人数が多い職場全体の歓送迎会は断りました)

飲み会は一回でもOKするとなぜか「誘っていいんだ」と
思われるので、最初からのらりくらりと断るのが一番です。

ただし、飲み会を断ったら200%悪口を言われていると
思った方がいいですよ(笑)それに耐えられる精神力と、
悪口を言われても揺るがない実力と(アイツはつきあいの悪い
超嫌なやつだけど、仕事が出来るので仕方がないと思わせる)
飲み会で培われる人脈(…と、飲み会好きな彼らが口を揃えて
言うが、実際はただのノミスケの馴れ合い)を棒に振る勇気が
あるなら、「急な用事で」「母の膝の具合が悪くて」「大切な
荷物が届くので」「マンションの管理組合で」「親が来るので」
「歯医者の予約で」「酒と食物に制限があって」など、言い訳を
山ほど用意しておきましょう。3回くらいでつきあいの悪いダメな
ヤツとレッテルを貼られ、声もかけられないかお義理になります。

ただし職場に「飲み会に出ない=ムカつくダメなヤツ」とする
バカがいると、風当たりも強くなるのでよくよく雰囲気を観察し、
全部断るか、3回に1回、5回に1回はつきあうかなど、調節すると
よいと思います。金に糸目をつけないなら、毎回必ず行くけど
必ず一時間で帰るというのも手かもしれませんよ。

声優&俳優
■何かと話題の聖痕のクェイサー。内容はさておき、非常にカッコいい新OPなのですが大川透氏が演じているキャラがどう見てもマスタング大佐を意識した演出がされていて、声変更にがっかりした身としてはちょっと嬉しかったり
あまりにも修正が多すぎて地上波放映の必要
ないんちゃうかとぼやかれているとウワサの
クウェイサーですね。大川さん出てるんですか!

一期アニメ化では「オヤジ過ぎ」「合ってない」と
原作派からさんざん叩かれた大川ボイスですが、
ミキシンに代われば代わったで懐かしいものです。
つーかFAはどうせ代えるなら全部代えればいいのに
中途半端に代えるから違和感が残るんですよね~

私自身はさほど声優変更に対して文句はありませんが、
あるとすればただ1人、キンブリーですね。あれは同じ
チンピラボイスならうえだゆうじの方が合ってました。

仮面ライダーディケイド(2009年8月終了)
■超電王も良いんですが、ディケイドでもまた何か企画やって貰いたい…。冬映画は個人的には結構楽しめたんですが(夏と変わらず突っ込んだら負けですが)、鳴滝の正体は分からないままというのはなんだかなぁ
私もディケイドは結構好きでしたから、お祭りらしく
もっと派手にやってくれてもいいのにーと思いますね。
鳴滝さんの正体も知りたいですね。おのれディケイドォ!

そういえばこの間何かのスペシャルでモヤシこと
井上正大くんが走り高飛びに挑戦してましたが
すごいですね彼の運動能力は…ビックリした!

■春映画にゼロノス、NEW電王ときてディエンドがオチでいるのは笑ってしまいました。予告のコンプリートフォームらしき姿も、妙にやっつけ臭くて逆に笑いをさそうというか…ともあれ、海東さんをまた劇場で見れるのは楽しみです
電王の2号ライダーであるゼロノスはともかく、
なんでディエンド!?とまず笑いましたね。

ディケイドが面白かったのは、お祭りライダーで
ある事に加えて怪盗海東の本当につかみどころの
ないキャラのおかげもあったと思うので(鳴滝さん
も要素に入ってますよー)復活は嬉しいかもですね。

つーかやたら子供に人気あったからなー、ディエンド。
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク