FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

悪い子はいねがぁ?!

「燃える!マスタングさん」

まず喜ばしい報告をしよう。

我らがエドくんがあの扉をくぐったよわーいわーい。
今回はアルが出なかったので、主人公としての面目も
守ったよわーいわーい。クライマックスはマスタングに奪われたけど

しかしあんなにもエンヴィーが小物臭い
口だけ野郎だったっけと本当にガッカリした。
仲間を消され、自分も策にはまったんだから
もうちっとネチネチくるかと思ったんだけどな。

まぁ迂闊にも死んでいるヒューズに化けるような
「人間の心理を全く理解していない」ことや、
口ではわかってるような事を言いながらも
人間の底知れぬ心の闇を侮っていたあたりが
ホムンクルスらしいっちゃらしいんだけど…

でもさ、もうさ、それさんざんやったじゃん。

一年間ずーっとやってきたじゃん。
さすがに厭きただよ、いい加減。
ホムンクルスも少しは学習しなはれ。

まーねー、ここで作者や制作側が視聴者に
一番何を見せたいかって言ったら明らかに
マスタングのブチ切れっぷりなんだから、
この演出は当然で、しゃーないのよねー

でもなんだろー、なんかミエミエなんだよなー
浅はかというか、積み重ねたものがないっちゅか…
え、ここでヒューズなん?みたいな拍子抜けというか…

私はFAハガレンに優しくないが、それでも毎回
欠かさず見ているということは「よかった探し」
をしたいんだよ。今回私的に一番よかったのは
スカーが非常に落ち着いて状況を見ていたこと。

帰ってきたチャイナガキを叱り飛ばしながらも
「泣くな」といさめ、マスタングにもエンヴィーにも
余計なことを言わず、情けないことにやっと扉を
突破してなお迷っているエドにも助言したスカー。
スカーが一番ふさわしい働きをしてたと思うね私は。

放火魔マスタングによる恐怖のナマハゲ鬼ごっこは
ハガレンのお約束としてもちろん来週に持ち越し。
エンヴィーも頼むからもうちっとエグくて残酷で
その上でスカッとする面白い戦闘を見せてくれよな。

しかしこれからまだグリード&リンとアル&プライド、
それにラースの安否、スロウスVSアームストロング姉弟、
それに加えて親父とお父様かよ…うわー、やる事多過ぎ。

まだまだありそうなんて思ってても、あと10回だぜ。
つーかあと10回で馬にハンドルつけて人間の手の動きを
完全無視した6本刀の隻眼バカとかひたすらわめくだけの
熱血バカとかがレッツラパーリー♪しに来ちゃうんだぜ。

だいじょぶか、ハガレン!?
ところであのOPって、番組が終わる頃はちょうど
梅雨でジメジメじとじとだからって事なんかしら…
スポンサーサイト



晴れない春

久々に死ぬほど寝た感のある週末だった。
やはり新しい環境や人間関係などで気の張った生活を
しているせいだろう。ああ、早くテラフォーミングして
心地よい環境を取り戻したい。共有パソコンの画面を
早く1024×768ピクセルにしたい。(こっそり直すと
一番力のある人が1280×1024ピクセルに直しやがる…
目が悪いから字が小さいのはキツイんだよくそぅ)

まぁ1年間はおとなしくガマンするとしても、
3年くらいでもっと面白い仕事をしたいもの。
でも今の仕事を続ける限り、今まで以上の
面白さなんかないだろうなー、とも思う。
まっとうな社会人に厭きた今日この頃…

そういえば最近、1月から異動になったツレが
仕事の関係ですっかりウツっぽくなって心配。
頚椎ヘルニアの悪化で腕もしびれると言うが、
遠くに住んでるので様子もわからんしなー
まぁ年齢的にも色々と悩む時期なのかもしれん。

アニメでも見てまったりしないとやってられん!?
(うわー、情けなー、しょーもなー、みっともなー)

おお振りは花井ステージに移ったと見せかけ、
一期から「ベストカウンセラー」として三橋と
阿部の関係をサポートする栄口くんが大活躍。

実は地味ながらも好きなんだよね、栄口くん。
私がこういうさりげなく気を配り、的確で優しい
サポート役が絶対にできない人間のせいだろう。

実力はあるのにチームを引っ張るという
責任感と田島へのコンプレックスで
イマイチ活躍できない花井も頑張れー

ノイタミナの生放送はなんというか…うーん…
中継に割って入った加藤夏希の追い出されっぷりに
吹いた。そして後半の討論。全部すっ飛ばした…

でも正直、「さらい屋五葉」ははじめ思ったほど
悪くなかったかな。(クソバカなギャルキャラが
出てこなかったせいかも。)五葉の頭目がやたら
ギンコに見えて仕方ないが、結構いけるかもしれん。

何しろ制作がマングローブというだけで、
剣戟シーンは絶対見応えがあると思うしね。
ってかこの作品、監督がモッチーだったのね。
きっとエロいぞー(色々フェチ的な意味で)

四畳半もなんかアホっぽくて笑えそうだった。
東のエデンとの共通点?ってなんだろう、わくわく。
浅沼晋太郎といい花澤香菜といい、ゼーガコンビの
躍進はすげぇなぁと思ってたら劇場版って…ええ?
まさに驚きの「今さら?!」エンタングル。

でもやっぱ中村優一の沢木はムリあり過ぎな気が…
まずでけぇよ!180㎝近い沢木とかムリムリムリ!
けどまぁ加藤夏希のハルカさんはアリ?かも??

ドラゴンナイトはいきなりナイトと龍騎の特訓が
始まってワケわかんねぇー。でもシザーズが戦う
理由(金を稼ぐ)は、ああいう動機付けがされれば
龍騎が賛否両論の大きな理由である「ライダー対決」も
悪くないかもと思ってしまった。キットにしても戦う理由は
当然「父を探し、救出するため」になると思うしね。

Angel Beatsはまたしてもいきなり過去を語りだす
キャラクターに笑ったけど(主人公聞き役過ぎ)、
ああいう形で「成仏」するとは意表を突かれた。

「予測できる範疇なのに意外なところから変化球を
投げてくる」作品のような気がするよ。いいんでない?
こうなると記憶のない主人公も「本当に死んでいるのか」
「まだ半分しか死んでいないのか」「むしろ実は天使が
手先として送り込んだ擬似天使(皆の心残りを聞き出し、
最終的に成仏させて内側から戦線を崩壊させる)」など、
色々と今後の想像が広がって楽しいじゃないか。

モエモエの絵柄で、ラブコメ風味(まだあまりないが)も
ありそうなハルヒのパクりみたいな作品なのに見てしまう。
EDが最終回は「そして誰もいなくなった」ならすげーよ。

カノンは早送りで見た結果、今回も魔神が出なかった。
相変わらず暗い感じだったし、もういいや。見ない。

仮面ライダーWはまさに後半のシリアスな展開に…
やべぇ、ピンチの陥り方といい、先に変化に気づいた
フィリップの策(=ファングでいく)といい、最後に
ついに「Wになれない」と気づいた翔太郎といい、
全編がテンションの高い(これは言葉どおり緊張感の
高い、って意味ね)高レベルな作りになってたと思う。

フィリップを気にかけながらもフィリップの変化に
気づかない翔太郎の鈍感さは、まだ非リアルの中で
生きているフィリップと違って、翔太郎が現実を
生きている、つまり「愛する風都と、風都に住む
人々の平和を守りたいという目的を持って探偵を
やっている」からという意識の差でもあると思える。

外界からの刺激や影響が少ない分、鍛えられてない
フィリップの方がどうしてもセンシティブなわけだ。
最初は2人がバラバラ過ぎてどんなもんかと思ってた
キャラクターがこんな風に見事に立ってくるとはね…
園咲姉妹にウェザーもからみ、パワー・ドーパントの
ビーストとサムちゃん、おやっさんの過去も関係し…

パワーアップを前になかなかのハードボイルド展開だが、
それを亜樹ちゃんがまた相変わらずふっと抜いてくれる
ムードメーカーとして活躍。なお、今回照井は「お助け
ライダー」でしかなかったけど、次回はオカンが奨める
お見合い相手としてフィリップに口説かれそうな雰囲気。

う~ん、W面白いなー
超ダメライダーのキバは問題外、ディケイドもお祭り
ライダーだったのでストーリーは二の次だったから、
久々にストーリーでグイグイ引っ張ってくれる感じ。
(もちろんギャグ風味もホドホドに入ってていいよー)

つーかフィリップ、マジで背デカくなってね?

あーそれにしてもBS-hiが入ってないので
ジャイキリが朝見られないのが辛いぜ。

さて、果たして今回こそ話が動くのか
気になる?ハガレンまでは勉強しよー