FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

最終回ラッシュ&新番組

【パンドラハーツ】
原作が完結してない作品は仕方がないとはいえ
尻切れトンボ過ぎて笑った。いや、でも私は結構
楽しめたのでオズがしっかり自分の意思で立つ
あのラストは悪くなかったんじゃないかと思ったよ。

物語を盛り上げるOPの曲がすばらしく、BGMが
非常に印象的だった。キャラクターのテンションの
浮き沈みが物語の不気味さを増幅させる奇妙な
作品。スタッフ・キャストの皆様お疲れ様でした。

【大正野球娘。】
大正時代に婦女子が野球!?という突拍子も
ないところから始まったドラマだったけれど、
どうしてどうして、地道な練習やメンバー集め、
キャラの掘り下げなど実に楽しい作品だった。
最後の試合は負けてしまったけれど、それも
ありだと思わせたし、エンディング後の念願が
叶ってセーラー服(丈は短すぎるが)を着た
小梅ちゃんと三郎さんのストロベリートークも
ニヤニヤが止まらない。いやホント、地味~な
主人公だけどこの小梅ちゃんがいい子過ぎた。

なぜか突然「おお振り」の再放送も始まったし、
この枠といえば人形バトルか野球なのか!?
スタッフ・キャストの皆様、お疲れ様でした。

【化物語】
「どこがつばさキャットだよ!!!」
とツッコミたくなる最終回。腑に落ちないながらも、
暦に星空をプレゼントするひたぎの告白はちょっと
胸を突かれた。何よりマーベラスなエンディングは
このためだったのかと唸らされた。ちょっと感動。

でも褒めすぎるとこういう作品が増えそうでそれは
それでイヤだな…やっぱりあのセリフの狙い撃ちや
言葉遊びや予定調和会話は私にはどうも合わん。
ウィットの利いた会話や洒脱さなら好きなんだが…

何はともあれスタッフ・キャストの皆様お疲れ様でした。
暦編は忘れなかったら見る。(絶対忘れそうだ)

【真マジンガー 衝撃Z編】
あしゅら男爵ー!?

裏切って寝返って蘇って元通り…
まさしく、なんという衝撃!

ロケットパンチ百連発にはドクターヘルじゃ
なくても「バカかっ!」と叫ぶわ!

えええええええ~!?と言わずにはいられず、
でもまさにあの切りっぱなしは永井豪らしい
幕切れにも思え、終わってからもえ、これで
終わり?としばらくは呆然。やられたわ~

いや、ホントに面白かった。
惜しむらくは1クールがあまりにもスローな
展開だったこと。あの前半が後半と同じくらい
サクサク進んだらもう少しついてきた人もいたと
思うんだよな。(脱落した人多いと思う、絶対)

スタッフ・キャストの皆様、お疲れ様でした。
しかしやっぱり今こんなアホでバカで熱っ苦しい
作品を作れるのは今川くらいなのかねぇ…

【絶望先生】
多忙な新房&シャフト作品2作目も終了。
これは原作もあるのでツラツラ見るのには
うってつけ。何かしながらでも、見逃しても
サラサラと。お茶漬けのような作品ながら
時折鋭く笑いのツボを突いてくるので結局
毎回全話見てしまう。また復活しそうだしね。

スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした。
ことに化物語では主役なのに、こちらでは
暴演しまくった斉藤千和さん、そして毎回
キャスト陣が描くヘンテコリン過ぎる似顔絵。
ムチャするわー

残る最終回は明日の「蒼天航路」のみ。
新番組は今のところ視聴予定は数本で、
今までで一番少ないかも…その中でも
もちろん脱落しそうな作品はあるわけだし。

とりあえずサンレッドと鷹の爪は見る。
DTB2は様子見。不況のせいか確実に顧客が
掴める萌え系やハーレム系、ラブコメ系が多く、
おかげで試し見すらもせずに切れるのでラク。
メカものやバトルものが皆無になって、反面変な
ファンタジーばっかり増えるのも不況の特徴か?

グイン・サーガも終了した。中途半端だった。
プラネは先週温泉に行ってたのでフィーの活躍が
見られなかったけど、今回は九太郎登場回だった。
1クールが終了して、タナベとハチマキもいい雰囲気に
なって、このまままったり行くのかと思わせておいて…
なんだよね。私はこの先の怒涛の展開も好きなんだ。

実は本放映の時「九太郎=保志総一朗」に気づけず、
EDを見てひっくり返った。まだダメ絶対音感の上書き
歴史が浅かったんだよねー、あの頃は。(でも実は
未だに保志と飛田の声を当てるのが苦手だったり)

ルルーシュのイベントが決まったりしてビックリ。
まぁ最近は売れるものはブルーレイ系でも売り出すので
宣伝のためかもしれないが、SEEDみたいに息が長いな。

ハガレンは今作はホント、可もなく不可もなくなんだよなぁ。
悪くはないし、ダメなところも特に見つからない(ムリヤリな
ギャグは原作でもどうにも性に合わなくて好きになれんが)

仮面ライダーWは今回はややアクションにギャグテイストが
盛り込まれつつも、やはり翔太郎とフィリップの関係を
上手に描いて話にもまとまりを持たせるのがうまい。
二人の絆に加え、擬似的な家族テイストも加わって
ますます楽しみ。意外とレベルが高い翔太郎役の
桐山くんの演技力、演技はまだまだながら、外見に
似合わない太く落ち着いた声がいいフィリップ役の
菅田くん、今回一目置いてるはずのフィリップにも
スリッパ・ツッコミを入れた亜樹子役の山本さんも
徐々に演技がこなれてきてるかなーという感じ。

つーか若菜さんの「チッ」が怖いわ~

シンケンジャーは罠を見破ってたのでよかった。
ところでクサレ外道が相手だと羽織が赤いんだろうか?

今回レビューしたボトムズについては、なぜか前後して
アニマックスでも「赫奕たる異端」を放映してくれたので
こちらも順々に見ていく予定。レビューを読んで頂くと
わかるように、ボトムズワールドは好きなので楽しみ♪

***更新***

映画視聴感想
コール & 宇宙戦争
革命児サパタ & ヴィーナス  UP
アニメ視聴感想
装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ 劇場版 UP
スポンサーサイト