FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

レスのない夜

今回のハガレンでは、人体練成をしたエド・アル・イズミが
「自分たちが造ってしまった「モノ」が、実は自分たちが
造りたかった「者」ではなかった」と悟ったことで過去に
ピリオドを打つ…という話だったけど、えっとさぁ…

それについて彼らが悩んでいる描写ってあったっけ?

「禁忌を犯してしまった」ことについて口をつぐんだり、
「等価交換として体の一部を持っていかれた」ことに
思いを馳せたり、目的を定めて強気を見せてたのは
わかったけど、実は「人体練成には成功したけど、
それはもう一度愛する人を葬り去る行為だった」

からこそ、彼らは長年自責の念にかられていた…
なんて事は、ちょっとわかんなかったなぁ、私には。

いや、理解はできるよ?そう思うだろうという推測もね。
でもそれを(原作では結構長くて10巻くらいまで)ここまで
引き伸ばすかね?だったらもっといい布石打てたんじゃね?

なーんかね…とってつけた感というか、ええ、いまさら?
みたいなちょっとシラけた感じになってしまうのよね。
今回のようなターニング・ポイントは、物語が新展開を
始めるので主人公が改めて決意を固めるためには
必要だったってのはわかるけど、ミエミエ過ぎるっつか…

あとエドのホーエンハイムへのオイディプス・コンプレックスも
ひど過ぎてイライラする。アルが記憶を共有しているから体を
取り戻せるというのも、パッと見気にならないと思うけど、実は
自分は「エドが造った弟の記憶」でしかなんじゃないかとアルが
疑った時にもう解決したはずじゃなかったっけ?あの時エドは
アルとケンカしてまでそうじゃないって否定してたくせに、実は
コッソリ疑ってたってこと?えー?なんか変だよ。よくわからん…

一番よかったのは「もう…一人の夜はイヤなんだ」と言ったアル。

前作と比べてキャラクターの印象が一番変わってるのって
大佐やラストではなく、実はアルだったりするんだよ私は。
もちろんどっちのアルもいいじゃないって意味だけどもね。

3クールのOPはスキマスイッチに決定とかで楽しみ。
スキマといえば作品は見てないけど「獣の奏者エリン」の
OPがとても好きで、いつもそれだけ聞いてたくらいなのだ。
エレハンを見始めたので「このまま続けてOPだけ聞こう♪」と
楽しんでたのに、最近同じ歌を元ちとせが歌い始めてガッカリ。
あのけったいな奄美流ビブラートはちょっと合わないんだよぅ…

エレハンといえば、あのエレバイルはオモチャに
なりそうなのに放映がNHKじゃ販促にならんから
売らないのかと思ってたらやっぱ売ってるんだね。
この間CMもやっててビックリ。だってあの作品って
少し前ならテレ東の平日6時くらいからやりそうな
内容だもんね。「銀魂」の枠なんかが合いそうだ。

***更新***

映画視聴感想 野ばら UP
スポンサーサイト
00:45 | 日記 | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。