元・アニメ・映画レビューサイトParallel Universeの更新日記
戦う大人たち
今期アニメが続々と終了。

一番星は「東のエデン」だったことに変わりないんだけど、
正直、私にはあのラストの意味がさっぱりわからなかった。

ニートどもにミサイル回避の方法を書き込ませて最良の策を
見つけろって言ってたけど、結果としてあの迎撃がそれなの?
何かもっとヒネった防衛策があるのかと思ってたのでちょっと
拍子抜け。というか…うーん、よくわからんのだよなぁ…

まぁ某巨大掲示板で好き勝手言ってる人たちの中には
確かにダラダラとブログや論文を書いてる人には到底
書きたくても書けないきらめくようなコメントがある事は
(イヤだけど)認めざるを得ないので、今後はそういった力を
嫌悪したり無視し続けるわけにはいかないでしょ、
というメッセージ性は伝わってきた。それが時代を
泳ぎきるための柔軟性とでもいうのかなぁ…

この国には責任を負うものがいないという滝沢の
言葉は辛らつだったね。最近では国のトップに
なった人がいきなり投げ出したりするしね。
いや、ホントはそんな異常事態があっても
揺らがないこの国がある意味変なんだけど。
(普通どんな国でもトップが「やーめた!」なんて
言ったら大騒ぎになって、下手したら内乱が起きる)

「戦国BASARA」はもう光秀というか
速水奨の変態っぷりに大爆笑だったわ。
「ああっ、もっとっ!足りませんよっ!」とか
バカすぎる。最後までバカに突き抜けて最高。

信長とのバトルはこれなんてスクライドって感じ。
やっぱり二期があるのでパーリィはまだまだ続く。

終了済もう一本が「リストランテ・パラディーゾ」
なんで毎回見てしまったのかよくわからない…
むしろ2クールやってくれれば4話くらいでスッパリ
切れたのになぁ。悪口はいくでらでも出てくるけど、
ファンの人に申し訳ないのでやめておこう。

私とこの作者の相性が多分ダメなんだと思う。

あと一本は明日の「はじめの一歩」だけど、
これはまぁ鉄板だろう。しかし後番でカイジの
再放送をやるなら一歩続けてもいいじゃん…

しかし「シャングリ・ラ」のグダグダさはなんだありゃ…
つーかさぁ、飛行機の翼を走ったりミサイルに
飛び乗ったりするのは、コナンみたいな自然児ゆえの
スーパーキャラだから面白いのであって、暴風の中でも
鉄壁のミニスカを履くあの子がやってもシラけるシラける。

しかもブーメランの投げ方の迫力が無さ過ぎて最っ低。
何だあの棒みたいな動き。ブンブン回るマネキンか?
GONZOもさぁ、経営ヤバいのは絶対動画サイトの
せいばっかじゃねーよ。とにかくほとんどくだらねぇ
作品しか作らないんだもん。その罪の方が重いよ。

「花咲」と「グイン・サーガ」の間で次週から開始の
「プラネテス」の番宣が入り、もう何度も見てるのに
また見たくなってしまう。ちなみに「宇宙の安全を守る」
なんて格好いい話ではない。だってそれは仕事だから。

ハタチ未満のガキの出番がなく、大人が戦う(仕事をする)
話では「プラネテス」と「ダイ・ガード」は私の中では金字塔。
(もちろん「攻殻」とか「よみがえる空」とか「GUNGRAVE」
「キートン」「ジパング」なども。ブララグなんかもそうかな?
かつては結構大人が主役のアニメも多かったんだがなぁ)
あ~あ、これからプラネを初めて見る人が羨ましい(笑)

***更新***

映画視聴感想
たそがれ清兵衛 & パンズ・ラビリンス & 敦煌 UP
2009-06-30 Tue 01:04
別窓 | 日記
ワード検索
アクセス解析の検索結果というのは、
管理人サイドから見れば、どんなところから
来てくれてるんだろうとか、誰がリンクを
張ってくれたんだろうとか、自分のサイトの
第三者評価のような感じで気になるが、
訪問者の立場になると、なんとなく自分の
出入りを管理人に監視されている気がして
あまり気持ちのよいものではないと思う。

実際には管理人にアクセス先がわかったから
どうということもなく、アクセス制限をかける事も
できないので「好奇心を満たすだけ」に留まって
いるのだが、アクセス解析の結果をいちいち
報告しているサイトだと、飛ぶ前に一度YAHOOや
GOOGLEに戻ってからコピペしてなるべく
足跡を辿られないようにしたりしてしまう。

だから私自身もあまりそのネタには触れてこなかった。
某巨大掲示板からの大量アクセスがあるとドキドキ
して探りにいき、どんな紹介のされ方をしてるかを
確かめるくらいである。運のいいことに好意的な方が
多く、しかも大体話題にもなっとらんのでホッとする。

ただかなり昔に書いたアスカガのテキストについては
まるでリアルタイムのように叩かれててすごかったなー
しかしアスカガ嫌いの人は気分悪くするから読むなよと
断り書きを入れてるのになんで読むんだろう。そして
なぜわざわざ晒して叩こうとするんだろう。ヒマなの?

というかもう私には遠い遠い忘れたい過去なので、
むしろアンチだろうが叩きだろうが未だに種なんぞで
あれほど情熱的かつ熱狂的に盛り上がってる人が
いる事にビックリした。すごい高性能電池に感心。

まぁ正直そんなことはどうでもいい。
(それにまだ見に来てる物好きな人がいると
面倒なのでほどほどにしてやめておこう)

気になるのは最近のブログの検索ワードである。
なぜそれ?と思われるようなオモシロワードが多い。
そしてなぜかエロネタも多い。これは皆さん共通なのか?
以下は6月に多かった、または面白かった検索ワード。

「ライアニュ批判」「ライアニュアンチ」

いやいやいや、別に批判なんぞしてないってば(笑)
最後まで全然面白くなかった00カプなぞどうでもいい。

「老いのときめき 動画」

そんなもの置いてまへんがな。

「三宅さやを知っていますか」

知らんわ。というかそんな事聞かれましても…

「m男くんの笑撃 動画」

SもMもヤダよ。ノーマルでおながいします。

「男は僕一人ぼっちだった学校」

ハーレム?それとも単に生徒一人の過疎校!?

「身長を縮ます方法」

縮ますんかい!

「眠い 病気 老化」

ああ、ババァサイトだからねー

「山桜種から野育成の仕方」

なぜにっ!?

「息子さんを僕にください スザク」

うちに来てもガッカリするだけなのになぜ引っかかる?

「東方神起について投票したいんですが」

なさればよろしい。

「歯並びがよくなる運動 大人」

そんなのあるのか?こっちが教えてほしい。

「手軽で無料で見れる女子高生のエロ動画」

人生はそんなに甘くねーんだよ!

「春に多く静岡で起きる交通事故」

富士山に見とれてとか浜名湖に突っ込むとか…

「右胸が凄く小さいので病気かな」

気になるなら病院で検査を。

「少年ジャンプ のワンピースキャラクター増やす方法」

当初から入れたがってた音楽家もついに入ったからなぁ。

「女の裸姿見たい」

ただの欲望の垂れ流しじゃねーか!

「重機オペレーター いりませんか」

間に合ってます。

「魚でも魚へんがつかないのは理由がある」

そうなんだ?あとでググっとこう。

「髪型 最新 男性 菅原文太」

いつの時代の最新だ。

「理論的可熊性てなんて言うの」

なんとも言えませんな…熊て(笑)

「そうするしかなかったんです。ご理解下さい」

ええええ~?

面白いフレーズを探してるうちに、
あまりの量の多さにヘトってしまった。
たとえ一見さんでも来てくださるのはありがたいが、
ヒットしたので期待してクリックしたらなんじゃこりゃ?
というブログでは、逆恨みされそうでコワイコワイ。

***更新***

映画視聴感想 駅 STATION UP
2009-06-26 Fri 01:53
別窓 | 日記
恨めしいけど恨めない
だって自分も女子だから。

映画も消化しつつ、刑事一代をちまちま見つつ、
7月開始の新番組のチェックにも余念がなく、
さらには新作映画も見ようかと思って…ぬぅ。

私の拙い&酷い映画レビューを読んでくださってる方は、
本日のレディーズデーは「トランスフォーマー リベンジ」
見に行くんじゃないかと思った方もおられたかもしれないが、
まさしくビンゴ。少し残業になって開始時間ギリギリなれど
いつもならCM帯に十分入場できる時間に着いたのだが、
チケット売り場が長蛇の列。レディーズデーはこんなものと
思われるかもしれないが、いつもガラガラにすいていて
快適ないきつけ映画館では滅多に起きることではない。

理由はTFの15分後に始まる「ROOKIES」であった。

女子の列が消化されるまでに確実に本編が始まってしまう。
これはもう遅く来た自分が悪いと断念せざるを得ない。

来週の水曜日は映画の日で混みそうだから
もう別の日のレイトショーにしようかなー
(来週からはエヴァ2もあるんだっけか)
次回見に行く時こそまさにリベンジ。

***更新***

映画視聴感想 天使の牙B.T.A. UP
2009-06-25 Thu 01:05
別窓 | 日記
冷房は苦手じゃない
暑すぎてドライを入れちゃったよ!

ディケイドが、次回の大先生ディエンドの世界が終わったら
シンケンジャーの世界に行くという怪情報が本当だったとか、
月末のBSのガンダム特集の力の入れようは一体とか
(おかげでようやく「逆襲のシャア」が見られそうだ)
7月のケーブルはホラー映画ばかりで夏だねぇとか。

そして私の夏休みの予定も決まった。
さて今年はどこに行ったことにしようかなぁ…
(現在ネットで職場に配るダミーみやげを物色中)

***更新***

映画視聴感想 陽気なギャングが地球を回す & プロデューサーズ UP
2009-06-24 Wed 01:23
別窓 | 日記
いろいろ見た
今日のハガレンはよかったな。
厳しいイズミ先生に受け入れてもらい、抱きしめられる
エドとアルを見てたら不覚にもうるっときてしまったよ。

いよいよ次回からは原作準拠の
「グリードとゆかいな仲間たち」が登場。
本当の意味で再アニメ化の意義が問われる
2クール目にはぜひ期待したいところ。

あー眠い。寝る。

***更新***

映画視聴感想
青いパパイヤの香り & マリー・アントワネット
ターミネーター3 & トランスフォーマー UP
アニメ視聴感想
川の光 & ルパン三世 ルパンVS複製人間 UP
2009-06-22 Mon 00:44
別窓 | 日記
私信しまくり
7月5日よりBS2、日曜日23:54からは「プラネテス」!
蟲師の後番にこれが来るとはね。BSやるね!
見ていない方、見逃してる方はぜひご覧ください。
谷口監督の別の面を見ることができるかも?

つーかともさ~ん!祈りが届きましたよ!
BASARAも一歩もエデンも終わることですし、
ぜひ視聴予定番組の中に入れてくださいね。

ただ6話だけはちょっとね…
正直、あの話だけは笑って見逃してください。
ただしそれすらも後々生きてくるんですよ。

はじめのタナベのうるささには負けそうになると
思いますが、そこは我慢我慢で耐えてください。
あとはナイショ(笑)ぜひ楽しんでくださいね。

あ、クマには食われないでください。
すいません、ついコーフンして変なレビューで(^-^;
でも後悔はしません。あれが私の正直な感想です。

長くブログがお休みだったたまりさまも復活されて
ほっとしました。体調も戻られたのでしょうか?

なにやら雲行きの怪しかったコメントの
問題も解決?したようでよかったです。

ディケイドは巷のブーイングを薄々感じてらっしゃると
思いますが、はい、案の定でした。キバってました。

見れば不愉快になることを約束しつつ(やな約束だ)
たまりさまのやんわりとしながらも鋭いレビューが
ちょっと楽しみだったりします。でも一応ディエンド
ワールドで大先生の仕事はおしまいらしいので、
ひとまずそれが終わってからでしょうかね?

さて今週もあと2日。明日もがんばるべし。

***更新***

映画視聴感想 ターミネーター4 & 老人と海 UP
2009-06-18 Thu 00:32
別窓 | 日記
声に歴史あり
アテレコやアフレコでの声優の演技と俳優の演技を比べ、
「声だけで表現する声優」が優れていて、本来は動きや
表情など体の動きを使って表現する俳優ではかなわず、
だからこそ違和感があったり、演技に食い足りなさが残る
と、宮崎アニメなどで俳優やタレントが起用されるたびに
熱弁を振るう人が多いけれど、時代背景知ってるんかな?

今でこそ声優はアニメの仕事がメインになって、歌も歌えば
ラジオもやるし、顔出しでテレビに出てはファンをガッカリさせる
アピールして人気を博す商売になったけど、そもそも洋画
(今はアジアものの台頭著しいので「外画」と言うらしいが)
のアフレコは「芝居では食っていけない食い詰めた役者」の
仕事だった。第一声の仕事はラジオ時代の放送局が育てる
役者やアナウンサーやナレーターがメインで、アフレコは
いわば邪道。食っていくためにしぶしぶやってる仕事なのに
そこからさらにジャリのための子供番組で「マンガに声を
入れる」なんて仕事はさぞや屈辱的だったに違いない。
(だから絵が完成していないと仕事を何だと思ってると
吐き捨てて帰っちゃう声優とかもいたんだろうなぁ)

その後彼らが出演料の交渉などでストライキを起こして
現場が混乱し、その穴埋めをした人たちが本格的に
「声優」を仕事とするようになったと聞いている。

今でも、俳優を目指していたものの売れなかったから
声優に転向したとか、声優をメインにしながらも舞台や
芝居を続けている「仕事は声優、夢は俳優」の人もまぁまぁ
いらっしゃるようだ。私も正直そういう人の方が評価が高い。

そもそも「声優」の出発が「俳優」なのに、「俳優には声優の
仕事はできない」と言っちゃうのを見てるとなんだか可笑しい。
まぁアフレコは表情や声の調子など「人間の演技」を見ながら
演れるので、目玉お化けのようなアニメ絵を見て演技しろと
言われても慣れない俳優さんは確かに困るかもしれないけど。

そんな私が今男性で好きな声は断然「玉木宏」である。
低めで落ち着いた声が好きなので彼の太い声はいい。
あとお笑い芸人の「麒麟」の貧乏じゃない方の声。
あの野太い声も非常によろしいと思う。(書いた瞬間
名前を思い出したが川島という人ではなかったか?)
なおひそかにシンケンジャーの殿の声も気に入っているが、
彼の場合まだ素の声を聞いた事がないので保留中である。

女性では仲間由紀恵。低めでくぐもる感じがよい。
最近お目にかからないが鶴田真由の声も好きである。
あと真矢みきも低めで落ち着いたいい声をしていると思う。

自分が超音波発生器(低周波が聞き取りづらくなる老人性難聴の
じーちゃんばーちゃんには大好評!)のせいか、やはり低めの
落ち着いた声に憧れる。とはいえ昨年の年末のように声が全然
出なくなるのも困るので、あまり声の悪口は言わないようにしよう…

***更新***

映画視聴感想 タイタンズを忘れない UP
2009-06-16 Tue 00:30
別窓 | 日記
日曜日らしい日曜日
本日は「何もすることがない」という実に充実した日曜日だった。

溜め込んだ映画も昨日すべて消化し(うんこばっか)
年来の懸案事項だっためくれた床の修復も終了し、
ディケイドやシンケンジャーも朝のうちに見てしまい、
プリキュアに至っては新メンツ投入に踊らされて
ついつい見てしまい、「まだ引き伸ばすんかい!」と
つっこんでみたりしつつ、朝から珍しくヒマヒマだった。

する事がないので「よつばと」を読み返した。
風香はイマドキ信じられないくらいええ子なので
一刻も早くよつばのお母さんになってもらいたい。
ちなみにこの場合、「とーちゃんのお嫁さん」ではなく
あくまでも「よつばのお母さん」というのがミソである。
(それでもいいんだけどさ。私は誰も望んでないだろう
賢木と紫穂がくっつけばいいと思ってるくらいだからさ)

あと部屋の観葉植物が死滅して株分けポトスばかりに
なってしまい味気ないので、新しい植物を購入せんと
園芸店に行ったのだが、場所をすっかり忘れてしまい
たどり着けなかった(ただ1時間半散歩しただけだった)

「ああ、これが普通の日曜日か」としみじみ思う。
さすがにアニメのレビューをやっていた頃よりは
ヒマだが、映画を見ると2時間潰れるので結局
時間の消費量は変わらなかったりするからなぁ。

今日のように、ディケイドを見たら思ったことを
特に調べることもせずに即スラスラと書きなぐれる
レビューにはずっと憧れていた。羨ましかったなぁ…

もし今も私がレビューをしていたら、まずは土曜の
マジンガーZのレビューをし、それからディケイド、
シンケンジャー、ハガレン、さらにはグイン、
さらに深夜のシャングリ・ラまでまとめて
レビューしないとUPできなかったからだ。
必然的に更新は月曜になる。できたから
それだけすぐUPというのは納得できない。

それにここに書いているあんなテキトーなものは
私のポリシー的に「レビュー」とは絶対呼べない。
こんなもの、某巨大掲示板で好き勝手なことを
言っているのとなんら変わりはないと思っている。

やはり物語そのもの、キャラクターの言動、演出、
そういったものすべてを「見なかった人が読んでも
ある程度は想像できる」ように書きたいからだ。

さらにはテキストの繋がりや起承転結に気を配り、
完璧には無理だがなるべく間違いがないように
情報を収集し、必ず自分自身の考えを盛り込む。

そんな事をやれば数時間はあっという間に経つ。
となればレビュー屋が忙しくないはずがない。

だから今私が巡回するレビューサイトが色々な作品に
即応できないのはその人なりのプロセスを踏んでいる
ことがわかるので、特にツッコミたい作品があると時は
歯がゆいだろうなぁと思う。私はいちぬけしてしまったが、
皆さんにはこれからもぜひ楽しいレビューをお願いしたい。

そのレビューで思うのだが、ブログで書いている人の中に
レビューを「続きを読む」にする人がいるのはどうなんだろう…

たとえば「それを読むと不愉快になる方がいるので」とか、
「ネタバレ全開なので」とか、「私見に過ぎないため」など、
納得できる理由をつけている人は全く問題ないと思う。
私だってたま~にそういう事を…したような気もする。

確かに誰彼かまわず読まれては困るものもあるだろうし、
アクセス制限やパスワードほどではないにしろ管理者の
アテンションを残すことで意思を確認しているともとれる。
読む人はヤバいと思ったらクリックを控えればよい。

ところが特にそういう注意もなく、実際開いてみても
別に隠すような内容ではないフツーのレビューがあると、
「この人わざと隠して『読欲』を煽ってんじゃねーか?」
と勘ぐってしまう。ブログが縦に長くなるのがイヤとか
文章ばっかりだとゴチャゴチャして見づらくなるからとか
色々理由があるのかもしれないが、なら記事を一つしか
表示しないようにもできるだろうし、そもそもそんなに
長くもないし内容のあるレビューでもなかったりする。

どうも「そろそろ閉鎖しようかと思います」と言いふらし、
それを見てコメント欄に「やめないでください!」と残されると
「やっぱやめるのをやめま~す」と手のひらを返す人みたいで
なんとなく不快な気分になる。あれは一番ズルい技だと思う。
元来そういう姑息さが嫌いなタチなので人を試すなと言いたい。

ああ、なんだかダラダラどうでもいいことを書いていたら
何か書きたいことがあった気がするのに忘れてしまった。
もー、これだからババァは困るんだよなー

そういえば相変わらず「ハガレン」はギャグ要素が
多くて疲れるよ…もうちょっとおとなしくシリアスに
やってくれんかな。バタバタやられるとイラッとする。
しかしウィンリィは本当によい娘っ子だよねぇ…
とにかくあと少しで原作ルートに入るので頑張ろう。

あとマジンガーZもすげー面白かった。
マジンガーと甲児は実はまだあまり掘り下げられて
ないので、人質と勝利の関係とかなかなか熱かった。
あと耐えぬけ耐え抜いたの信頼もよかったな。

そんなこんなで日曜日が暮れた。

2009-06-14 Sun 23:10
別窓 | 日記
やっちまったなー
ダメだろこれは…

仮面ライダーディケイド

学校の銘板を持ってくるって、あれは完璧犯罪。
先週は「何かを取ってくること」とボカしておいて、
庭石も自分の家のものだったりポケットティッシュも
単にたくさんもらっただけってんならごまかせたけど、
学校の門から全員で引っぺがそうとした時点で
カンペキにアウト。脚本もひどいけど、ストップしない
監督やプロデューサーもかなりヤバい感覚だと思う。

本当の世界で一生懸命生きれば光が見えてくる、
みたいな事を光もクソもないネガ夏海の前で言うなよ…
間違いなくすぐ死ぬだろーあの世界では。
ってかあの世界自体はマジ放置ですか。

コンプリートフォームの頭ばかりが気になる。
カードがプラプラしてるから激しいバトルでは
パラパラ落ちて、落ちたカードをディケイドが
また膝をついて拾い集めそうで笑ってしまう。

コンプリフォームでは変身ではなく召喚なのは、
鳴滝やディエンドのライダー使役システムの方が
王道って事なのかね?ディケイドはやつらと違って
変身することで自分の拳を傷めてるからいいというのも
あったんだが…結局はライダー同士の代理戦争なのか?

龍騎は最近よく出るのは嬉しいが、出ても一時のキバ並の
やられライダーポジションだったのでサヴァイブで見せ場が
あってよかった。ドラグレッターが活躍したらもっとよかった。
ただカブトはもっとスピード対決になるかと思ったけどなぁ。

ってか響鬼は?完全にシカト?

あとスカウトネタはつい最近電王でやったばかりなので
そのへんのネタのかぶりはプロデューサーやスタッフが
ちゃんとチェックしろよ…やっつけ仕事になってんのが
ミエミエなんだよ。ってか今シリ構誰がやってんの?

映画やイベント企画で忙しかったりシリ構交代劇で
ゴタゴタしてるのはわかるけど、いつもより話数が
少ないんだから、集中してがんばってくださいよ。

先週のディケイドのレビューを見ると、脚本家が
やったことと監督たち現場がやったことを完全に
履き違えてる人が多くてちょっとウンザリした。

脚本はそんなに細かいところまで決めてないはず。
そこから先は監督と演出、そして役者の仕事になる。

ただセリフや流れは当然脚本準拠なので、今回のように
全くいいところのない話はやはり脚本に問題があると思う。

キャラの描写がいつもと違うとか、物語の流れが狂ってしまうと
暴走を止められない製作陣も悪い。そもそも子供番組で朝から
モロに犯罪行為はヤバいですよと誰も言えなかったのだろうか。

「ネガの世界」は、ポジの世界(夏海の世界)があるからこそ
存在するものだと思うのだが、ならなぜネガの世界はあんな
地獄になってしまっているのかが語られないのはおかしい。

たとえばポジの世界でムリに押し込めているもの(=怪人)が
ネガの世界で暴発してしまい、人を殺している…なんていう
ダークな設定なら「ネガ」である意味もわかると思うんだが…

ま、ただ士の写真の反転をやりたかっただけだろうから
どうせネガとポジの関係について意味なんかないんだろう。

今までは米村の「剣の世界」がワースト1を独走していたが、
それでさえこんなにつまらない後味の悪さはなかった。
カブト、響鬼と名作が続いたせいだけじゃないと思う。

私は「井上だから」というだけで叩きたくはない。
ディケイドは何でもありのお祭りっぷりがとても好きだし、
あのフォームだって普通に見たら「いやいやいやいや、
あれはない、ないわ~」
と苦笑するのだが、それでも
「うん、ま、でもディケイドならアリかも…」とつい思わせる
ディケイドは「お祭りライダー」で「特別」なんだと思ってる。

それくらい気に入ってるので、雲行きが怪しくなっても
なんとかいいところを探したいと思ってリアルタイムで
見たくらいなのに、それでも絶望感でいっぱいだった。

次回は毎年6月と11月にある恒例のゴルフ休み。
2週間投げっぱなし状態じゃ某巨大掲示板もさぞや
アンチや憶測や擁護の皆さんでにぎわうことだろう。

ところで、音也はなんだったの?

【侍戦隊シンケンジャー】

「もう一回見てみよう 赤身えび軍艦巻き(梅盛源太)

口直しに見たシンケンジャーは楽しくて笑いっぱなし。
(やはり昨年のキバと同じく、今回は先にディケイド→
その後シンケンで正解。でも実は間にプリキュア見た)
電子モジカラの開発などもしかして天才?と思わせる
努力人6人目の仲間入りも積み重ねがあってよかった。

柔軟な若手二人はすんなり受け入れ、すべてを知ってる
幼馴染の登場に嬉しいやら複雑やらの殿にはピンクが
アドバイスというそれぞれきちんと役割をこなしてナイスお茶

殿命の流之介が意外とおとなしく受け入れたなぁ…
と思ってたら次回こそが流之介VS源太の一本勝負。
む~、やはり簡単にはハズさないなシンケンジャーは。

ゴーオンジャーの明るいノーテンキさも好きだったけど、
物語やキャラに深みがあるシンケンジャーも好きだよ。

2009-06-14 Sun 09:46
別窓 | 日記
そろそろ最終回シーズン
今回は佐助に翻弄されつつも助けられた
かすががきゃわゆ過ぎた戦国BASARA、
次回最終回だけど二期ありそうじゃね?

ってかいくらBASARAがムチャクチャな戦国モノでも、
やっぱり秀吉が出ないってのは無理があり過ぎという
気がしなくもないですな。二期があれば出るのかね。
ま、ホントにあるかどうかは知らんけど。

「東のエデン」はようやく真実が見えてきたものの、
肝心の滝沢が記憶を消した理由は匂わされただけで
視聴者にははっきりとは示されず。しかし小佐野・児玉・
笹川という戦後の経済界を牛耳ったドンたちのことなぞ
平成生まれにわかるんだろか(昭和生まれでさえ一日
一善CM効果で「笹川ってあの優しそうなじいちゃん?」
とか言ってたんだからねぇ)次回はいよいよ最終回。

本当に今期はエデンがすべてを持って行ったな。
「今は谷口よりコイツの方が面白いかも」と言い張るツレと
話したが、神山の攻殻(SACと2nd GIG)がちょうど谷口の
リヴァイアスとスクライドにあたり、谷口が次に挑んだのが
原作つきで異色の「プラネテス」だったように、神山も同じく
原作つきで異色の「精霊の守り人」(しかも同じNHK-BS)
だったとすれば、神山エデンは谷口の息抜きでもあり一方で
意欲作でもあった「ガン×ソード」にあたるだろうから面白い
はずだと比較してみたり。ただ谷口がかなわなかったのは
「40代で映画を撮る」と公言している彼が未だ果たせてない
劇場版製作を神山の方が先にやってしまうことだろうなぁ。

やっぱ谷口もホントはルルーシュを二期ではなく劇場版で
完結させた方がよかったんじゃないかと思う、今となっては。
その方が学園モノや中華やロロなどの無駄な描写も切り、
ナイト・オブ・ラウンズの使いどころも間違わず、物語もかなり
シンプルにスピード感も持てる分よかったんじゃないかな。
(ついでに言えばエロ描写も劇場版の方がずっとゆるいし)

あと私は「パンドラハーツ」がすげー面白いと思うんですが。
どのレビューも「可もなく不可もなく」だし、いいとも悪いとも
言われてないのがホントに不思議なんだが、面白いよね?

ファントムは総集編かい!
ってかこれ2クールもやんの?短くまとめてくれればいいのに。
シャングリ・ラもまだ見てる。やめよっかなーと思うと持ち直す。

もうじき終わってしまうはじめの一歩も盛り上がってるけど、
蒼天航路も非常に面白い。角度が違うと新たな発見もある。
なお先週のマジンガーZはこれぞ今川節!という感じの
ムチャクチャぶりで大爆笑だった。こらえてくだされ先生!

Mr.BRAINはいつもは流し見しかしとらんが、
今回ゲストの佐藤くん、なかなかよかったですな。
CMの「たーけたーけたけるー♪」も耳に残って困る。

そしてリングの上で三沢死去のニュースにビックリ。
たかが15や18歳程度のくせにくだらねー痴情のもつれで
殺しあう子供たちにビックリ。久本の「ダブルベッド=草原」
にいたく共感してしまう私には縁のない世界だのぅ(笑)

***更新***

映画視聴感想
ポルターガイスト & 真昼の死闘 & ライフ・イズ・ミラクル & LOFTUP
今月はホントに全然アタリがない…今のところ「未来世紀ブラジル」のみ合格、
次点がかなり離されて「ジャケット」と「サイン・オブ・デス」だもの。ひどいわぁ…
公開時、見たかったけど別に遠くはないんだがどうせ混んでる恵比寿まで
行くのが面倒くさくて視聴を断念した「パンズ・ラビリンス」に期待したい。
2009-06-13 Sat 21:50
別窓 | 日記
| HOME | NEXT