FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

バトルしてナンボ

「つきあってやる…10秒間だけな!」(門矢士)

カブトではなく対ザビー戦ではあったけど、
クロックアップ VS アクセルフォームの
バトルはすげー面白かった!

【仮面ライダーディケイド】

背景にコンクリがゆっくりと舞い飛んでいるシーンが
「超速の中で戦っている」演出になりつつ、実際の
動きもスピードを乗せているのでその素早さがとても
気持ちよく見えたしね。あとまさかクウガのペガサス
フォームであれを乗り切るとはね…う~ん、やるなぁ。

東映公式を読むまでもなく、今回のバトルのスタッフの
知恵の絞りようはいいよね。電王も出てきたけど、
あんなに活躍しなかった新フォームもねーだろ!
(それもまた電王だからかまわんけどもね)
ってかさしもの士にも使いこなせないって
どんだけフリーダムなんだかアイツら…

それとOPまで電王映画モードだったのは
電王ファンにはうれしいサプライズだったが、
世の中には撃滅的に電王嫌いという人もいて
(ただただひたすら嫌いなんじゃ!という気持ちが
この世には存在する事がよく理解できるだけに)
そういうアンチ人の気持ちをまたムダに逆撫で
するんじゃなかろうかといらん心配をしてしまう。

とりあえずカブトの劇場版を見ておいたのは
アタリだった。これだけでずいぶん違ったわ~
カブトはもともとぼっちゃまや地獄兄弟など、
比較的見た事のある馴染み深いライダーでは
あったけど、クロックアップとかキャスト・オフなど
劇場版で見たおかげでわかったってのもあった。

ってか今回のカブトの世界、フツーに面白い。
いよいよ脚本家変更となったものの違和感もなかったし、
全く違う次元に存在しながら謎であり脅威となっている
カブトの描き方がミステリアスですごく面白いと思うよ。

それに次回への引きのシーンもうまいわ。
マユのお兄ちゃん=カブトだと散々思わせておいて
え、ザビー?みたいな。でももともと名前も「ソウ」だし、
ZECTに所属していてカブトに殺されたと言ってたし…
と裏づけはちゃんとあった。ソウ「ジ」じゃないあたりが
何か鍵なのかもしれんけど…というように、あれこれ
考えさせるってことはうまいんだよね、ヒキが。

こうしてみるとまんまだった電王も「もしディケイド風に
すべてがアレンジされてたらどうなってたんだろ?」と
考えちゃうね。いや、あれはあれですごく面白かったので
ないものねだりだけどね。贅沢すぎてブレイドに悪いね。
とにかく次回も楽しみだ。

新番組も1ヶ月経つとなんとか落ち着いてきたかな。
もちろん一番面白いのは文句なく「東のエデン」
今回は大沢君の可哀想っぷりと女王様の怖っぷりが
見所だったけど、あの会社の陰険さにはドン引きだ。

まぁ確かに内定面接前日まで旅行ってのはどーよとは
思ったけどさ…でもああいう陰湿なイジメは嫌いだよ。
大体わかってんなら教えてやればいいじゃんあのOLもよー
そもそもすげームカつくんだよな、裏で色々やるヤツって。
私はクソみたいな人間だが裏で言うくらいなら直接言う。
はっきり言えねーチキンは死ぬまで黙ってろやボケ。

でも実は私、いつもなら一番嫌いそうなキャラなのに
咲ちゃんはすごく好きなのだ。彼女が今回、長年の
義兄への想いを朗にちゃんと話したのもすごくよかった。
新しい男が現れたからって、実は好きな人がいる事を
隠してるってズルくね?黙ってるだけで嘘ついてない…
ってのもやっぱりギリ反則じゃね?と思うんだよね。
男を都合よくキープしてるみたいで不愉快じゃん。

まぁ大沢君の立場から見たら意見は逆になるけど。
でもあいつはあいつでちょっと鈍感過ぎるからなぁ…

女王様だけでなく新たなセレソンも姿を見せたし、
ホントに毎回毎回楽しみすぎてドキドキするわ~

「パンドラハーツ」は結構あっさり10年ウラシマが
ばれてびっくりした。はじめからバレバレだった
レイヴンの正体はもっと引き伸ばすかと思ったが…

「ファントム」は石頭がちと気の毒すぎる。
最期はあっさり仲間の裏切りて!

「戦国BASARA」は「なぜ長政を撃ちまくって
本的の伊達はスルー?」と思ってたらしっかり
当たっていた。見栄っ張りもホドホドにせーよ。

長政を失った市が豹変し、悪鬼の如き強さを
見せたりするのかと期待してたのに、同じ嫁でも
濃姫のバテレン殺法のすさまじさに爆笑だった。
ちょっとまむし姫、あんたそのガトリングどこから
出したん!?ってかそれで本多忠勝死亡なん!?

いちいちブースターふかす本多忠勝のギミックぶりも
大爆笑だった。相手、近っ!そんな近いならわざわざ
飛ばんでもええやろ!エネルギーの無駄遣いやろ!

東国大敗につき、舞台は西へ。
次はあの異様なトンガリ帽子と全身紫の海賊王か。
いやはや相変わらず毎回笑かしてくれますなー
(ツレが「サムライディーパー狂を思い出すガイキチぶり」
と言うので吹き出した。全く忘れてたわそれの存在!!)

「マジンガー」は前回「頼むわ監督」と言ったとおり
ホントに小休止してくれたので一息つけた感じだね。
同じく「蒼天航路」も曹操側は小休止で桃園の誓い。
「はじめの一歩」はほぼ一巻分使った鷹村の減量話を
じっくりと。アニメだと水音が入るからリアルだわぁ…

そして相変わらず「リスパラ」はキツいなー
そしてやっぱり「花咲」もキツいなー

「ハガレン」は今回も可もなく不可もなくって感じだ。
ウィンリィは新キャストでもホントに違和感ないと思う。
Drマルコーも賢者の石もすげー早足で駆け抜けた。
ま、さくさく進むのは歓迎なのでいいんだけどね。

「…おまえがおもしれーよ」(谷千明)

「シンケンジャー」はガールズバトル。
相変わらず赤鬼子おぶったままのシンケンオーでも
背負ってない二人の腕だけは動くってのは感心した。
あと流之介の愛すべきバカっぷりが今回も楽しかった。

しかし親が自分を見知らぬ子のように扱うって、
子供にとっては恐怖の何ものでもないよね。
でもどうみてもモリモリ系全身タイツを自分と
間違えられた事もトラウマになると思います。

そうそう、なんでか夕方やってた「クロスゲーム」の
第1話再放送も見た。とんとん拍子にいったんだなぁ。
でも今週一番笑ったのはあれだ、金卵のじーちゃん。
バカな夫婦がじーちゃんの腹の中探るってやつ。

んで、本日は母の日。
スコッチ好きの母にはオールド・パーを二本送った。

***更新***

映画視聴感想
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~ブレイブ雲が出るまで UP
スポンサーサイト