FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

GWもあと少し

雨。

毎年夏になると憎むべき湿気。
しかし今年はきっと彼らが我ら日本国民を
インフルエンザから守ってくれるであろう。

一言投票所

ゲーム「DQ」
●DQすらそんな要素がついたらと思うととぞっとしますね(苦笑)RPGと思って買ったら苦労を背負ったことは数知れず…(SOとかSH1とか)メガテンはアクションは皆無ですが、FFやDQとは方向性が違います。ぶっちゃけ「すごい殺伐とした合体できるポケモン」です。その辺ご注意を。しかしこのゲームキリスト圏内では絶対売れないなぁ
DQはDQでもうちょっと操作性をよくした方が
いいんじゃないかと思ってしまいますが(笑)

ゲームも昔と違って時間を割いてのんびりやる事が
できなくなったので、一番いいのはポータブル版で
時間のある時にやる、または「全くやらない」ですな。

その他「カレイドスター」
●私もここのレビューからアニメを見始めましたが、巌窟王とカレイドスターは今でも何回も見てます。gyaoで放送してますのでちょっと寄ってみてくださいね
私が参加していた光希桃さまの感想率調査で
カレイドスターはプラネテスを抑えて見事1位に
輝いた作品なんですよ。あの時の悔しさったら(笑)
2004年5月終了評価
(ちなみに私が参加させていただいたのは6回から)

だからな~んかムカついて見ないのもあるし、
ケーブルで見ても「けっ、この程度かよ」と
心の狭い事を考えてしまうのでした(笑)
ごめんねカレスタさん。今度機会があれば…
いや、でも長いからなーやっぱやだなー

ゲーム「FF6」
●思い出しました。FF6のマッシュ自分もだめでした(技が←→←のみ)ティルズも突っ込む+連打でこなしてました。大神も敵の攻撃モロに食らってました(爆)ただ仕掛けをクリアするにあたって数ヶ所執念が必要でした(自分は)。というか、FF13アクションあるんですか…(泣)どうしよう
そうそう、わかりますわかります。
まぁそんな私もディシディアはよくやったと思いますが、
あれはストーリーを進めるだけならそんなにバトルに
固執しなくてもよいのでなんとかやりきりました。
だから「バトルをクリアしないとストーリーが進まない」
クライシスコアは案の定完全に放置されてますよ。
あとスターオーシャンも完全に放置されています。

FF13は基本的にはRPGらしいんですが、もうね、
グラフィックがすご過ぎて、これで位置取りを
しながらコマンドを入れるなんてぜってー無理!
とあんぐりしてしまいました。グルグル視点が変わる
WA3でさえ最初は「どうしよう…」と思ったくらいですから。
昨今はハードの能力を生かすためアクションゲームが
増えてきて、RPG好きには不遇の時代に入りました。

花咲ける青少年(4月開始)
●機会があって、青い眼の殿下と出会う回を観てみたら、確かに絵がちょっと古い感じですね。昔の作品とは言え、どうせなら「獣王星」くらいのレベルが良かった。原作未読だし一話観ただけではストーリーがよく分からないので判断できませんが、子安さんが出てくるとつい条件反射で笑ってしまうのがどうにも…(苦笑)
ぴえろの作画が悪いのもあるけど、もうちょっと現代風に
アレンジしてもよかったですよね。「ガラスの仮面」でさえ
マヤと速水はまんまだったけど亜弓さんの豪華ロールが
なくなり、桜小路くんはイマドキのにーちゃんになりましたし。

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
●カミーユは香港でトーレス宛の土産にエロビデオを購入した。当然、mkⅡのコクピットしか置き場所が無く(23話で)渡すまで何日かタイムラグもある。フォウの感触(触覚)と匂い(嗅覚)に視覚と聴覚までオカズは万全!
…だったわけだが、この時代にテープの保存や再生は万全なのだろうか。サンライズも映像媒体のデジタル化が4半世紀未満で進むとは予想してなかっただろう。(劇場版では奥行きつきの写真が出てましたが)

あー、確かに(笑)
既に古代となっている80年代はまだしも、
1991と2000年ではものすごい差ができた
90年代の作品は結構痛いものがありますね。
最先端のつもりで描いた磁気ディスクも今はもう
誰も使わねーよ!的な。何しろ98年のビバップで
ビデオテープを再生するデッキを手に入れるために
アキバに潜入する話があったくらいですもんねぇ。

漫画&雑誌
●「ベルセルク」といえば休載続きでテンション落ちまくっていたのが久しぶりに盛り上がってきました。フェムト対髑髏の騎士!
おお、盛り上がってますか。
私は単行本待ちなのでよくわかりませんが、
これもそろそろ結末に向けて物語を
収束させて欲しい長期連載のひとつですね。

こんなに長くて次回作はどうするんだろう…

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
●ガンダムWを見た頃はBLとか知らない純粋な少年(笑)だったので、色眼鏡で見ずに楽しめました。今でも好きだよ
私も別にそんな色眼鏡で見ないのではないですよ。
というか腐女子のBL視点って、「BLではないのに
何でもかんでもBLに結びつける」ことだと思うので、
たとえば「最遊記」とか「マ王」とか「07-GHOST」
みたいに「初めから作者もBL大好物ですっ!」って
作品ならばそういう趣味もあるよねと思えます。
理解も同調もしないけどさ(笑)

だから別にWが「ホモくさいからやだ」みたいな
気持ちで見そびれているわけではないんですよ。
ぶっちゃけ1年もの長い時間を付き合えそうな
魅力がどうも感じられないんですよねぇ…

やっぱΖやGガンくらいの面白さレベルじゃなきゃ
社会人である私の貴重な時間は捧げられん!
スポンサーサイト



Re:

「ああ…俺は…世界を壊し…世界を…創る…」
                (ルルーシュ・ランペルージ)

見る気もなかったのにアニマックスでR2の
23~25話まで見てしまったではないか!
そして昨年見た時同様、覚悟を貫いた
ルルーシュに、「よくぞ終わらせた」と
ねぎらいの言葉をかけたくなったよ。

今回久々に見て今更ながら思ったんだけど、
C.C.はルルーシュを死なせない方法を持っていたのに
敢えてそれは使わず、彼のほんのささやかな願いを
貫かせてあげたんじゃないかとしみじみ思ったよ。

1回見ただけでは気づかなかった(あと私がC.C.のことが
あまり好きではないのもいかんかった)C.C.の気持ちが
わかったかなーと思い、それも結末のひとつかと思うと
やっぱり谷口は作品の流れをよく考えてるのかも…
と勝手に感心した。うん、そういう事にしておこう。

一言投票所

仮面ライダー電王
■NEW電王のかませぶりに私が泣いた。 桜田通君のインタビューにもありましたが、次回があるなら幸太郎とテディ中心の話も見てみたいですね
ありゃりゃ~
でもオリジナル電王がないがしろにされても
きっと「おいおいそりゃねーよ!」と思うと思うし、
かといって次代の主人公としてはもうちょっと
見せ場を作ってあげて欲しい気もするし…
って、見てないけど(笑)

その他 <巌窟王>
■間違っていきなりボタン押してしまいました。すいません。気を取り直してコメントを。これと同じレベルの作品は今でもなかなかないと思っています。伯爵のパフォーマンスに酔いしれた人間は私だけではないはずです。拙文ですがごめんなさい
巌窟王も間違いなく傑作ですよね。
私はカレイドスターのことは知りませんが、
これがGONZO最高峰と言っていいでしょう。
もっと評価され、たくさんの人に見てもらたい。

私はそれまでGONZOの事もよく知らず、
中田譲治さんの事も福山さんのことも
知りませんでしたが、色々な意味で
深く深く深~く刻まれましたね。

Pandora Hearts(4月開始)
■次回予告がサイレント風なのは「誰のセリフか予想してね」ってことなのか(笑)
あ、パンドラハーツはナニゲに面白いです。
セリフも緊迫感を誘うけど、全部は覚えていられないので
見終わったら前回の予告を見てから削除する事にしてます。

あとパンドラハーツの項目がなくてすみません。
新しく作ってそちらに移させてただきました。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
■スタッフの趣味なのかは知りませんけど「拘束」が多いアニメですよね(笑)
確かに拘束シーンはやたら多かったですね(笑)
まぁ谷口ってにっちもさっちもいかないような状態に
おかれたキャラクターを描くのって結構好きッスよね。

リヴァイアスはもう誰も彼もそんなんだったし、
スクライドでは監禁されて虐待と陵辱を受けてたシェリス、
プラネではエルタニカから脱出するまで文字も読めず
悲惨な運命を歩んでいたと推測できるクレア、
ガンソはもちろん娼婦だったファサリナさん。

女性を窮地に陥れるのがやたら好きな監督ですが、
ルルーシュでは男女お構いなく拘束しまくってましたな(笑)

映画「プロヴァンス物語」
■ 「プロヴァンス物語」前回の一言投票所で「素敵ですよ」と書いた者です。その後まもなくになになさんのレビューを拝見できてすごく嬉しかったです♪私は「夏」のラストでお父さんが魚を手に嬉しそうに写真におさまっている姿がたまらなく愛しい。(続)
(続)国も環境も全て違っているはずなのに、あの物語が懐かしいと感じるのはになになさんが仰るように、自分もまた子供時代に幸せだったのだと感じる瞬間があったのでしょうね。そう気づかせて頂いて有難うございました。だから余計に「お城」のラストはほろ苦く切ないのかも知れません

とんでもない、こちらこそ身にあまるお言葉を
いただきまして感激至極。ありがとうございます。

プロヴァンスは見た人は誰もがその幸せな優しさや
ほろ苦さに惹きつけられ、子供時代のノスタルジーを
感じて立ち止まり、それでももう過去は戻らないと
あきらめざるを得ない寂しさを感じるからかもしれません。

本当に上質な映画だと思います。
そしてフランス映画らしいと思います。

映画「SAYURI」
■度々すみません。原作のラストは結構アグレッシブです。さゆりは一人でニューヨークに暮らす元気なおばあちゃんとして生きていますよ。ただし、モデルとなった女性には小説は事実を歪めたものとして非難されていますが。でも映画はそれ単体の評価をするべきですよね。ちょんと観ようと思います
他人が書く物・創る物はどうしたってフィクションに
なるのは仕方がないですよ。事実を残したいなら
やっぱり自分で書かないとね(そもそも書く事を
許可したなら残したいと思ったわけでしょうから)

なんでもそうですけど、原作とメディア化の
乖離は語っても絶対相容れないですからねー
受け入れられる部分を探すか、はじめから
触れないかが一番賢いと思いますよ。

というわけでこの作品の視聴はくれぐれも慎重に…

■スピルバーグが映画化権を取得したと聞いて原作小説を買ったのですが、それが味わい深くて、実際に映画化された時にはイメージを壊されたくなくて遂に未見のままです。になになさんのレビューを拝見すると案外観ても良かったかなと思ってしまいました。
(続)「SAYURI」ただ京都在住者の実感としては、芸妓さんの中には「年を食ったら使い捨ての虚しい人生」を送らない技量と才能のある人がかなりいらっしゃって、そういう方が営むお店(喫茶店とかもあります)は極上の居心地を提供してくれます。機会があればになになさんも是非♪

日本の描き方や全体の雰囲気は悪くなかったですよ。
ただ全編英語であるという事や演じる女優たちが
アジア圏の人々であることなどが受け入れられないと
ただただ不快なだけになると思いますので悪しからず。

へ~、そういう第二第三の人生を歩んでおられる方も
いらっしゃるんですね。いつか京都に行く時はどこか
お勧めのお店があったらぜひぜひ教えてくださいね。
(一見さんお断りだと困るけど(笑))

特撮&仮面ライダーシリーズ「仮面ライダー555」
■平成ライダーの劇場版ではファイズもいいですよ。 中盤以降のグダグダとか最終回で重要なシーンがカットされていたらしいファイズですが、自分これとTV版を1クール少しまでしかチェックしてなかったので。 (どうやらこれはオススメの視聴スタイルだったらしい) ちょっと世紀末救世主伝説入ってて笑えますけどね
劇場版の題名の中では実は555の
「パラダイス・ロスト」ってのが一番
カッコいいと思ってるんですよね。
放映してくれれば見るんですけども(笑)

Parallel Universe(管理人になにな)
■頭打っておバカになった過去を持つものです。お気遣いありがとうございます。一応(?)完治していますよ。座っていて受身も取れずアスファルト直撃です。外傷がなかったので余計にダメージを受けました。一週間は親もあせる症状(自分がしたことを忘れる)でしたが、医師は日帰りを指示。医者の選択の重要さを実感しました
脳のダメージは記憶が途切れたり
感情が不安定になったり怖いですから。
今後はどうぞお気をつけて。

バイクでこけて医師に日帰りを指示され、
夜明けに嘔吐と意識障害を起こして今は
喋ることもできずニコニコ笑いながら車椅子で
全介助を受けつつ生活している人を知ってますが、
事故当初は親御さんは気が狂いそうでしたよ…

■2009年はアタリ作品が無いと以前、仰ってましたが今日の朝刊に同意見が…。「ジャパニメーション、特に深夜枠は類似作品が多く行き詰まり傾向」と。この枠で売れた作品として「マクロスF」(←未見ですがヒットしてました?)はともかく10年以上前の「ベルセルク」まで持ち出していて参考データは多そうでした
いや~、ホントに減りましたよ、いい作品。
萌えもBLも苦手な、ただフツーに面白い
作品が好きな人間が楽しめる作品がない。

マクロスFは…ああいうラブコメメカバトルが
好きな方には面白かったのかもしれません。
うーん、喰霊やペルソナやドルアーガなどは
面白かったけど、ほかの年の良作品に
比べたらちょっと小物過ぎますね。

ゲーム「ワイルドアームズ」
■ワイルドアームズならアーカイブスで配信してますね。自分はやったことないのでいつかやるつもりです。になになさんがハマったってくらいだし!
王道のレトロさを持つRPGです。
意地悪な人は古臭いと言うかもしれませんが、
古いからといって名作が色褪せることはない。
お時間のある時にぜひ。

鋼の錬金術師(4月開始) *前作 ヘの コメント
■原作ファンですが、二期はなんか省いて作るわけにもいかないから仕方なく一から作ってます感がありありと漂っている…
へぇ、そうですかね?
原作ファンには文句も多いかもしれませんが、
これはこれでそれなりに面白いと思いますけど。
むしろ前作とは違うルートを辿るあたりからが
勝負どころなのかなーとか思いますけどね。

その他「るろ剣」
■>ああ、「巴編」が入ってるやつですよね? はい、そうです。 原作の少年漫画的な演出を徹底的に省いて、重厚な雰囲気でアニメに興味がない友人にも薦められる作品です。 原作のような勧善懲悪ではなく、剣心の人斬りの業を徹底的に書いてるあたりすごく引き込まれるものがあります
うん、雰囲気もよかったし面白かったですよ。
主人公が女じゃなければもっとよかった。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
■創刊号(2001年夏号)から捨てられずに全部保管していたガンダムエース、00観たあとは何かどーでもよくなって、5月号までの計82冊全て処分できた。お陰で部屋もスッキリ。ありがとうガンダム00、そしてさようならだ
うはははははは、今日一番最高のコメントでした!
なんとなく気持ちはわかる…いや、よし、よくやった!

侍戦隊シンケンジャー(2月開始)
■実は第一話開始前から新メンバーの情報が出回ってたという(笑) 流出が早すぎるけど、外道衆が「七福神」モチーフらしいのでシンケン側は「七人の侍」になると考えた方が妥当でしょうか
ああ、そうなんですか。
まぁ情報ってのは漏れるというよりは
制作側からリークされるものだし…
あと気になるのは果たして劇場前に
出てくるのかどうかですかね。

その他「50話は視聴意欲を殺ぐ」
■長編ものとかは無駄に長くやると見る気が減りますね。必要ないキャラ、話は割愛して纏めればもっと綺麗に終わるだろうと思うのが結構あるんですよね
そうなんですよ、特に一年物はいけません。
前作のハガレンにも無駄は多かったし、
陰陽やゾイジェネも…あ、でも意外にも
デジモンセイバーズはほとんど無駄話が
なかったかもしれません。うん、ないかも。

***更新***
映画視聴感想 インファナル・アフェア & インファナル・アフェア 無間序曲