FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

連休の谷間は忙しい

インフルエンザのせいもあるけど、
夏に行こうと思っていた旅行がポシャったっぽい…
新年明けてからずっと狙ってたのに…アホだ。

月曜日の「お試しかっ!」が面白かった。
なつかしの各種ファミコンソフトを5人組で
10回連続一面クリアしたら100万円。

いや~、パックマンに緊張し、もたもたした
ドルアーガに笑い、ひっくり返るエキバイに
イライラし、マッピーにドキドキし、アイクラに
絶叫し…やべぇ、この企画むっちゃ楽しい。

そしてまたまた大量コメントが!
よーし、気合を入れてレスしますよー!
(そしてレスをしている間にまたコメをいただいたりも。
ホントにありがたすぎて感動の嵐でございます)

一言投票所

その他「ペルソナ」
★更新日記の絵に去年の傑作、ペルソナが映ると結構嬉しい。あれほど情緒溢れる演出はあれ以来見ない。今見ても言葉選びが秀逸で無言が冴える。切なくも暖かい物語も良かった
ペルソナは謎が多くて超絶難しかったけど、映像が
美しく、キャラの成長もあり、楽しんで見られました。
去年の作品では心理や情緒を描きながらも怒涛の
展開を見せた「喰霊」も非常によかったと思いましたね。

その他「イヴの時間」
★怒涛の投票数ですね。読んで追うのも大変ですが一つ一つ返信してくださるになにな様はお疲れ様です。大変だとは思うのですが僕も投票させてもらいます。「イヴの時間」というアニメをしっていますか?ニコで見れますが良質で気に入ってくださるのではないかと思いました
皆さん色々なご意見を忌憚なく述べてくださるので
私も楽しいです。レスには丁寧に答えたいので
どうしても数時間かかってしまうのが難点ですが(笑)

ああ、聞いたことはありますが見た事はないです。
機会があったら見てみたいと思います。

Parallel Universe(管理人になにな) 「プラネテス」
★暫く前にプラネテスを薦めた友人が、先日、「あれは面白かった」と短いコメントをくれました。私がプラネテスを知ったのはパラユニとになになさんのおかげです。 ありがとうございました。 座敷あざらあし
おお、お友達も楽しんでいただけたんですね。
「プラネテス」はねー、時代を経て見てもきっと
感動できるところがたくさんあると思います。
未来は未来だけど、高高度旅客機で簡単に
大気圏を旅できたり、ステーションで生活するほど
大きく変わったところもあれば、地球では変わらず
トンカツを揚げててフツーにバイクで旅してたり…

プラネはちょうど70年後の未来を描いてましたけど、
70年前の人が今の私たちを見たら驚きますよ。
でも畳に布団で生活してたりお茶碗とお箸でご飯を
食べてたりと、そんなところは変わってなかったり。
変わっても人間の根本はたとえばサルとヒトほどは
変わらないのかもしれないなと密かにほくそえんだり。

何より「人が人を愛することは普遍のこと」なんて
甘い優しさを谷口が見せてくれますからね!
リヴァが屈折した愛を描いた以外は、とにかく
恋愛が成就しない谷口作品で、もっともきれいに
まとまった恋愛が描かれた作品でもあります。

そんな「等身大の未来」がすごくよかった作品です。
それにスペースデブリについても勉強になります。
(最近衛星がぶつかりまたデブリが問題になりました)
見てない方はぜひ。ガンダムのような宇宙戦闘は
全くナンセンスなのだと思えるようになりますよ。
つーか誰よりもともさん!ぜひ!頼むから!(笑)

Parallel Universe(管理人になにな)「武勇伝」
★美女から誘われて>自分から迫って・頼み込んで・土下座してやらせてもらっても、人に話すときは「向こうから誘われて」に100万ジンバブエドル
う~ん、やっぱりそんなもんですよね(笑)
ああ、ジンバブエドルで…ってデノミかい!!

だってねー、夜勤してたらバツイチの看護師が
差し入れにきてくれてなんとなくそのまま…とか、
バイト先で知り合った人妻に誘われてつい…とか、
結婚直前に飲みに行った女の子とそのまま…とか、
皆ものっそい告白しやがるんですよねー、武勇伝を。

Parallel Universe(管理人になにな)「トップ画像」
★トップ画像変化、楽しいです。物の怪がまた、これは美しい…つかね、電脳コイルなぜアレなんですか!何の作品か思い出すのに数秒かかりましたよ!いや、あの回は傑作でしたが
ありがとうございます。
公式のものをコツコツ集めたものばかりです。
このお祭り終了までに、トップイラストは一体
何パターンあるのか当ててみてくださいね~♪

電脳コイル(笑)
何気なく入れたんですけど、あれがいきなり出ると
吹きますね。それにしてもあの回は面白かった。
私は電脳コイルはああいうバカバカしい探偵局の
物語を積み重ね、それで最後に仲間たちみんなで
イサコの因縁を解き放つ物語になって欲しいと
思ってましたよ。そういう意味ではちょっと残念。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
★アニメージュオリジナルにて水島&黒田さんのインタビューが載ったようです。→黒田「『00』は、「男の子にガンダムを取り戻した」という自信はあるんですけど、」……な、なに言ってるのこの人!!キャラデも商品展開もあちらの方向けでしたのに…
えええ?ガンダムを男の子の手にだって!?
巨乳がマッパで飛び回ったから!?
(でも男キャラの裸率の方が高かった)

ないと思います。黒田は錯乱している。

★ 「私たち分かり合えたよね?」――付加疑問で念押しされても困ります
この二人の間にそんな互いの誤解を乗り越えて
理解を深めるような描写がありましたっけかね?
描写ひとつなく唐突な薄っぺらい関係で愛だの
理解だの語られても陳腐なだけでシラけますって。

★ライルとアニューの所をニールとフェルトでやれば多少マシだったと思う。都合良く双子の弟出すくらいなら最初から殺すなと
そうですね、ニールが死ななければ4年経った
彼と彼女の物語は全く不自然ではなかったでしょう。

一昔前の香港映画じゃあるまいし双子ってなぁ…
むしろ恋愛を絡めず、ライルが実はカタロンのスパイだと
ばれるエピソードがあった方がまだよかったと思います。

★ここでなら言える…ライアニュはアスミア、アスメイぐらい「なければよかったのに」カプでした
やっぱり「不自然すぎるカップル」って、好きなキャラや
嫌いなキャラでなくとも「ねーよ!」と嫌悪感が沸きます。
積み重ねがあればまだしもねぇ…なかったですしねぇ…

機動戦士ガンダムSEED&DESTINY
★しかし今再放送しているのを見ると、絵がもはやちょっと古いなぁと思います。アニメが日々進化しているからそう見えるとも言えますが、自分の中でも種を過去のものとして認識しつつあるんですかね
確かに絵柄は古いかも…
私は当初から種の頃の平井絵が苦手だったので
ああ、こんなんだったなぁと思うだけですけども。
(スクライドの頃の平井絵が一番好きですね)
やっぱり絵柄も時代と共に変わらないとね。

でも彼は去年のラインバレルでもあまり変化や進歩が
なかった感じなので、今後はどうなんですかねぇ…

★↓↓(昨年・・・失礼しました。)馬鹿じゃないですよ。昨年種&種死一挙見した私は、只今MAXにアスカガ大好きです(遅)。になになさまの「創る種」、今は見れないのが残念です
おお、ここにも同志が!
というかアスカガテキストを読み返すと、あれだけの
怒りをよくもまぁあれだけの大量の文章に書き綴り、
まがりなりにもまとめきったもんだと感心…というか
呆れます(笑)すごいエネルギーですね、我ながら。

どれほど本編レビューで「アスカガがないなんて!」
と叫びたかったか。怒りと絶望で一杯でしたねぇ…

でもおかげさまであのテキストは気持ちを和らげて
くれました。やっぱりトコトンやらなきゃダメですね。
全エネルギーを費やして怒りや疑問やモヤモヤを
吐き出すと、さすがに気持ちにケリがつけられます。

その後ホスト部や電王のようなすばらしい作品に
出会えて素直に感動できたのもリセットできたから。
心のリセットって大事なんだとしみじみ思いましたとも。

「創る種」はお恥ずかしくてお恥ずかしくて下げました(笑)
なぜか「ディアミリ」を褒めていただいた散文くらいなら
あげておいてもいいかなと思いますが…うう、恥ずかしい。

★馬鹿じゃないと思いますよ。私も未だにディアミリが好きですから。でも抹殺されたのが辛くて、何度もになになさんのレビューを読んで傷を癒してます…
えええええ?
そんな思いもかけない嬉しいお言葉を
頂ける資格があるのかと思うような
テキストですが、ディアミリについても
本当に不満が一杯でしたねー

ありえない!と反対する人もいますけど、
そもそもフィクションなんだし、何より恋愛要素と
してはむっちゃドラマティックでいいと思いますよ。
まず相手がディアッカってところが私は何より
気に入ってるんですよ。王子でもフラガでも
サイでもダメ。ディアッカってのがいいんですよ。

もったいないし、ホント、あのテキストに書いたとおり
期待をわざと裏切り、いやがらせとしか思えない
仕打ちでしたね。だったら最初から匂わすな!(涙)

★アスカガ大好きで未だに映画で二人の幸せを願っている私はやっぱり馬鹿なんでしょうかね
そんなことないですよ。気持ちは痛いほどわかります。
でもきっと、これ以上やってもあの制作陣にはもっと
ひどいことをされる可能性はあっても、よくなるような
予兆や予感がまったく感じられないんですよね…

だったらこのままウヤムヤなまま「種は死んだ!」と、
時間という癒しを経て諦めるのがいいかなと思ったり。
正直、「キラとラクスの恋愛」な~んて言ってる時点で
悪い要素しかないと思います。決定的なものは見たくない。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
★ ↓すみません間違えて投票してしまいました;;>「始めたものは必ず終わらせなければならない」 コードギアスが終わってのこのになにな様の一言には作品を作る全ての人に深く心に留めて頂きたいことだなと思いました。(続きます) (続きです)たとえ二次創作であったとしても、唐突にブログ閉鎖されたりするのを見ると、「え?!あの話の続きは?!」といった感じで訪問者置いてけぼりになるのが哀しいです
そうですね…とうなずきつつ、その私自身が
「創る種が見られない」というコメントを頂いて
いるので偉そうなことは言えないのですが…

谷口監督はきちんと終わらせますよね、どれも。
ラストをきちんと決めているという姿勢こそが
あたりまえなのに実はできていないことだと
本当に感じます。見切り発車はやめてくれ。

でもホント、ダラダラ長々続いている作品は
きちんと終わらせましょうよと言いたい。
大概伸ばしてるうちにグダグダになっちゃうからなぁ…

★とにもかくにも、ゼロレクイエムという形で決着を着けた。 見事、とはお世辞にも言わないけれど、力技でねじ伏せたところは谷口監督らしい気がします。 座敷あざらし
いやぁ、私はあのラストは見事だと思いますよ。
「力技」に思えてしまうのはそれこそそこまでの
過程をじっくり描く時間がなかったからでしょう。

監督にしては珍しく時間配分を見誤ったのだと
思います。皇帝もV.V.もロロも1クールで片付け、
2クールは完全に対ブリタニア(対シュナイゼル)に
物語をシフトさせるべきでした。過程を描けばきっと
哀しくていいラストになったと思いますよ、あれは。

銀魂
★今週のオチは読めたな。何せ銀さんと同じミステイクを犯した事があるからな
「投票券はそのままお手元にお持ちください」
という警告を無視しちゃったんですね?

今回は散々批判してたくせに半分使いまわしましたね。
でも銀魂がやると「ストックねー時はこうやってごまかすって
言ったろ?」と開き直ってるみたいで笑っちゃいますけど。

★神楽不眠回のラジオの泣ける話は、原作読んでたからオチは判ってたけど思わずウルッときた。昔飼ってた犬を、碌に構ってやらなかった時期があるんだよなぁ
犬と人は古い時代に契約を結んだのです。
だから人は彼らを裏切ってはなりません。

映画 「ゴッドファーザーⅢ」
★ゴッドファーザーPARTⅢは「ゴッドファーザー物語」のその後として捉えて、シリーズ中一番好きです。一見静かに見える最晩年は人生を振り返るには十分過ぎる環境で、しかも自分だけは天寿をまっとうしてしまう残酷さがたまらないです
いや、評判も興行成績もイマイチだったみたいですけど、
私は悪くないと思いましたよ。むしろよかったですよ。
なんとなく自分の意思とはかけ離れた、血に染まった
人生の悲哀のようなものがそこここに感じられて
よかったと思います、ソフィア・コッポラ以外は(笑)

映画「ブラックホークダウン」
★ブラックホーク・ダウンは、私はラストにぞっとしました。あの戦闘のあとで、また戦場に戻って行く姿は忘れがたいです。あの心情を慮るのはなかなか難しいなあ…
結局にっちもさっちも行かなくなって撤退という
敗北を喫しましたからね。むなしいですよ、
死んだ若者は全く報われないんですから。

バイオハザード5序盤のヘリ墜落シーンを見ると
ブラックホークの墜落シーンが思い出されます。
マジニさんに殺されるのも怖いけど、よく考えたら
マジニさんじゃないのに虐殺の上死体を陵辱して
見世物にするフツーの人間の方が怖いですよね…

ONE OUTS -ワンナウツ-(3月終了)
★続編希望と仰られてますが、日テレだと多分無理だと思われます。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、渡久地の最後の敵って、あからさまに某野球チームの元オーナーがモデルですし
ああ、らしいですね。
でもそこは経営者たるもの、懐の深さを見せやんと。

その他「聖戦士ダンバイン」
★ダンバインは、戦闘ばかりやっていた印象だけど、その戦闘凄かったな。地上に出てからの連戦に次ぐ連戦で、今川演出の核の太陽作戦とか、演出凄かった。降伏の引っ掛けとか、良く考えるものだと感心したよ。
そして、ラストで敵味方全員死んで。地上に戦争を持ち込んだ存在は幻のように消え、一人残った妖精の話だけが異世界を語り、若本ナレの冒頭に繋がる。ある意味幻想的であり、ポカーンとしてしまうのが、監督らしい。エルガイムは見てられないのに全話見れるパワーがあったな

全員死にましたねー、マジで。
まぁバイストン・ウェルそのものが死者の国であると
想定すれば死んだことで帰れたんだろうと思いますが。
(オーラの力が生体エネルギーで聖戦士が強いのも
死者の国に現れた「生きた人間」だからでしょうし)

ただねぇ…あのキャラデザは本当にいただけません。
エレなんかは成長著しいキャラだったと思うのに、
あんな変な頭だし、男モモのニーもひどすぎる。
マーベルのゾウリムシみたいなまつげもキモいし。

ビーボォ絵はホントに大嫌いでしたね、当時。
あとわざとひどい名前をつけるトミノセンスの悪さ。

なんつーか、クセの強い作品ですよね。
でも確かにエルガイムよりはずっとマシです。
エルガイムはホント、どーしよーもないですから(笑)

ゲーム
★ガンソ、ファフナー、ゾイドとスパロボK参戦枠はまさに種死包囲網だったのに肝心の物語がまさかの種賛美…このメンツでそれはねぇだろ!?主人公やヒロインも問題アリアリだし、ストーリーが破綻するわけよ。スパロボは「たのしい二次創作」でいて欲しいのでシナリオにはもっと精進していただきたいです
あらら、イマイチでしたか。
せっかくのお祭りゲームなので、ファンが求めるものを
盛り込んで欲しいものですね。キラきゅんボロ負けとか。

そういえば以前キラきゅんにキャラクターたちが説教する
展開があった作品では皆さんマジで大喜びでしたよね(笑)

★スパロボK>まだ全ルートクリアしてませんが、シナリオが色々と駄目すぎる・・・・特にレイ兄さん嬉しい事にどう頑張っても生存して仲間になってしまうんですが、その時のシナリオがあまりにもグダグダすぎて、何が何だか。
スパロボK続き>戦闘アニメーションはかなりの高レベルです、あの再現度は異常。例によって動画サイトで挙がってますので是非ご覧になってください。になにな様へのオススメはヴァン・ファフナー合体技・ディスティニーガンダムの最強攻撃あたりでしょうか
スパロボKつづき>難易度はかなりヌルいです。ガンソのヴァン、種死のキラさえ育てておけば、普通にクリアできるというか、この2人いれば、ぶっちゃっけ他の機体いらないというか・・・・他の機体も十分強い(というより、敵がそこまで強くない)のですが、この2人はほぼ別格だったり。
スパロボK続き>あと、ファフナー勢のシナリオが原作以上に救われません。原作最終回のその後を捏造してますけれど、生き残ったパイロット4人が死にそうになってるというか。フェストゥムからもらった情報の量が多すぎて同化現象の治療法確立できないっていうあまりにも酷すぎるEDでした。
スパロボK>もっとも情報によるとファフナー勢もちゃんとハッピーエンドが用意されているそうです。しかも、甲洋や翔子を含むパイロット勢全員生存するそうで。しかも助けにくるのはなんとカイジ。まだ、自分はハッピーエンド見てないのですが、正直楽しみでなりません。
スパロボK続き>そうそう、ミズーギィ王国のあの迷惑夫婦も登場しました。しかも最終的にオーブに雇われてます。あんな二人雇っていいのか、オーブ(笑。シャワーシーンにはバリカールとゾイドのザイリンさんが同時出演。スタッフの意図がわかりませんwww
スパロボK続き>まぁ、所々を見ると面白かった作品なのですが、やっぱり全体通してやると怒りが込み上げてくるというか、あんまりオススメできない作品です。とりあえず、一番の不満は「返せ!俺のラッキー!!」が見れなかったことですかね。まぁ、そんなこんなで長文失礼しましたm(_ _)m
スパロボK続き>それからムゲンライガーはハヤテライガーに出番奪われます。というのも、全形態の最強攻撃が全て同じなのです(技名・連続エヴォルト)。おかげで戦闘MAPでは移動力・回避率の高いハヤテライガーが最後まで活躍することに
スパロボK続き>今回初参戦なのにゾイド勢が報われません。宇宙ではかなり性能ダウンするし、空には攻撃できない・・・・今回シリーズ初登場にもかかわらず、です。それでも、自分は頑張ってルージ君鍛えましたが

ガンソやゾイド、ファフナーも参戦してるんですね。
でもせっかくの豪華出演なのに話がショボくては
ガッカリですね。ファフナーがあの後さらに悲惨に
なってるというのが笑えました。だってありそうで(笑)

パリカールとザイリンさんのシャワーシーンて!
それはスーパーエロエロマル秘大サービス!(笑)

次は00やグレンラガン・マクロスF待ちって感じですか?
そういえば当時はとてもじゃないけど今の大活躍が
想像できなかった浅沼さんや花澤さんが主演した
エンタングル@ゼーガペインは参戦してるんですか?

ジャイアントロボ
★つい最近あるアニメの存在を知った。『銀河帝国の滅亡・外伝 蒼き狼たちの伝説』(フェニックス・エンタテインメント・1996年)音楽・天野正道/ワルシャワフィル、メカデザ・小林誠はGロボと同じ。キャラデザ・平山智、主人公(受)はコヤス、戦闘シーンにはン万枚の(続く) (続き)セルを使用。でも18禁。この作品の売上げでGロボ完成したってマジ?
へぇ、そうなんですか?
まぁ色々紆余曲折があったとは聞いてますが…
そうか、18禁に助けられてあの名作ができたのか。

ケータイ捜査官7(3月終了)
★ネット配信限定なのかはまだ未定ですが、「ケータイ捜査官7 NEXT」なる新シリーズが5月から始まるそうです。前作の後日談ではなく、ゼロワンと和解した時期からのサイドストーリーがメインらしいですが
ああ、そういえば新展開だとのことですね。
ゼロワンは初回からコツコツとケイタとの関係を
築いてきたセブンを食うほどのナイスバディぶりを
見せましたからねー。でもケイタも出るのかしら?
彼も今年はカブト後の水島ヒロ&山本裕典や
電王後の佐藤くんのように飛躍の年にしないと
いかんのだし…役者さんはその後が勝負ですから。

仮面ライダーキバ(1月終了)
★結局、最後の最後まで身内以外は助けないヒーロらしくないヒーロー番組でした。積み重ねのないハッピーエンド(と言えるのかどうか)は茶番以外の何物でもない事を制作陣は理解していて欲しかった。(特にそれを強制したらしいプロデューサー)
あのハッピーエンド?は完全に開き直って
視聴者を嘲ってるとしか思えませんでした。

あんなひどいラストを見たのは久々です。
種デスもひどかったけどある意味もっとひどい。
バッドエンドの方がまだ認められましたね。

ってかもう私の中では「キバ=ディケイドのキバ」が
デフォルトになってるので記憶がぼやけてます(笑)

侍戦隊シンケンジャー(2月開始)
★今年の宇都宮Pは、長年サブPとして活躍されていた方ですので、それぞれの作品の良い所、悪い所を良く学んでいらっしゃるなという印象です。それにしても何故それを去年のライダーのPは出来なかったのかと小一時間ry
そうなんですか。
私は今年は不自然だったオールアフレコが
なくなったことだけでもめっちゃ評価してます。
あれが戦隊物を幼稚に見せる要因の1つだったし。

うん、やっぱ女ってのはダメですね。
イケメンが好きならトレンディドラマでもやってろ。

★久しぶりの悪らしい悪の組織(ガイアークも大変魅力的したが)に人間体ではない悪の女幹部(朴さん非常にお美しい方なのでそのうち出てくるかもしれませんがw)に、久しぶりの熱血バカではないレッドと久しぶり尽くしで、長年視聴している者としては逆に新鮮味を感じますw
ああ、「レッド=熱血バカ」はいつからか
そうなってしまっただけで、もともと我々のような
ゴレンジャー世代からすれば「レッド=リーダー」
なんですけどね、ちょっとお堅いところもあるような。

今年の悪の組織は陰気な感じですよね。
ただ三途の川の水を増やしたいだけなのか、
何かもっと目的があるのかわからないところも
気になります。でも過去の因縁が時々蘇るのは
ちょっと楽しいですね。脈々と受け継がれてきたと
思えば殿の重圧もますます…(喜んでませんよ!)

★相葉君(ブルー)目当てで見始めましたが、やっぱり靖子さん担当の特撮は楽しいなぁ♪でも今年は敵組織の魅力がちょっと少ない?まぁメインの5人が良い味だしてるので、さしたる問題ではないのですが
相場くんは彼らの中ではキャリアが一番あるので
癖の強い流之介を達者に演じてると思います。
ほかの子たちもいい感じですよね。殿になつく
ことはが妹属性丸出しで毎回可愛すぎます♥

悪の組織は確かにもうちょっと魅力を見せて欲しい。

花咲ける青少年(4月開始)
★私は妙齢の女性ではありませんが(ハッキリ言ってオバぁです)見ています。楽しみされている方がいると思うとツライです。ホスト部や夏目が良かっただけにツライ。樹作品のアニメ化には泣かされっぱなしです(獣王星はソコソコだったけど)。古い作品なだけに大胆なアレンジを期待していたんですけど
ああ…うん、なんかそんな感じです…
なんというか…色々残念みたいな…まぁまだ
これから先長いので化けるかもしれませんが…
でもやっぱり化けないかもしれない…う~ん…

「地球へ…」みたいに結構アレンジを利かせて
新たなファンを獲得した作品もありますもんね。
(ブルーが生き過ぎとかブルーが生き過ぎとかブルーが生き過ぎとか)

とりあえずビミョーな感じです。
でも今回のひでーどろどろセレブドラマは笑えました。

★すっごく楽しみにしていたのに、BSは見れないのです・・・いや、友人に頼んでるのでDVD埋まったら見せてもらえるのですが、気になって・・・そしてコメント数が0なのが寂しい。妙齢の女性しかわからないネタだからか(笑)
ああ、う、う~ん…花咲…花咲は…う~ん…
あのですね、ぴえろなのでね、作画がね、ちょっとですね…

とりあえず今回はどろっどろでした。

も、どーしよーもないどろっどろでしたね。
ビックリです。でも少女漫画ってどろどろ好きですよね。
あれでいきなり愛とか語られても…とポカーンとしつつ、
なんだか結局視聴リストに加わってます…
とにかくいろいろ難しい作品です…うん…

特撮&仮面ライダーシリーズ
★ギンガマン、私もお気に入りです!細かい人物設定、テンポのよいシナリオで靖子さんは昔からすごかったんだなぁと思います。この作品からまた戦隊ものを見始めるようになったもんで(笑)
ギンガマン、ラメ入りのキラキラした衣装で、
頭に何か巻いてませんでしたっけね?
ヒカルゲンジが巻いてたみたいなヤツ(笑)

靖子にゃんは長いスパンで伏線をちりばめて
回収し、帰結させていく器用さがありますね。
何よりキャラがうまいです。明るさを持ちながら
そこには悲哀や苦悩や悲しみもあるんだけど、
前向きに立ち上がって歩き出すキャラがうまい。

ただ他人に書かせても物語をきちんと統括する
シリーズ構成としては弱いところがあると思います。
なるべく他人に任せず彼女自身が全てのシナリオを
書く環境の方がいい作品ができるんじゃないでしょうか。

★ 「カーレンジャー」の頃は、自分は高校生でしたね。あれは子供よりマニア層に人気だったはず。漫画家さんが紹介してたりしてましたし、AV女優さんを起用したことでも話題になりました。ってか「カーレンジャー」好きが自分以外にもせよいたのが驚き(自分の投稿は、これで3つ目)
ねー、それぞれ違う方がカーレンジャーに
投稿してくださってるのでビックリですよ。
結構大人向けだったってことですね。
AV女優の起用なんかもその一環だったのか。

さすがに見ることはないと思いますが(ライダーですら
やはり一年物は時間的にも見るのが厳しいので…)
心にとどめておきます。やっぱりこういう作品は
リアルタイムならではの楽しみでいいですね。

シャングリ・ラ(4月開始)
★草薙少尉の回想として水玉パンツをちらっと映せば、彼が重要キャラだとより印象づけられたのでは。だって、あんなにスカート短くて、周囲のわんさキャラに見えてないなんてありえんのに。視聴者には見えないから、つまり雑魚キャラに対する草薙少尉の優位性は水玉柄だと教えてくれたことだけ。でもパンツアニメも要らんな
スカート穿いて激しい戦闘をするなんて時点で
「見られてもキャーキャー言うな」と言いたいです。
エウレカみたいな服ならいいのに。エウレカはスカートと
思いきやあの下にはショートパンツを穿いてたんですよね。

あと男性諸氏は「パンツ」と「アンダースコート」の違いを
意外とわかってませんね。アンスコ見て喜ばれても(笑)
スポンサーサイト