FC2ブログ
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク

メーデーが祝日になればいい

ちょっと映画を見てる間にコメがたくさん!
本当にありがとうございます^^
暦どおりなので明日明後日は仕事、
週末はちょっとだけ出かけるかもですが、
できる限りレスは早めにいたしますね~

一言投票所

機動戦士ガンダムUC
◆アニメ化が発表された『UC』には期待しております。『ZZ』や『逆シャア』に直結するネタが満載の上に、「シャアそっくりさん」がカッコよすぎる。主人公は歴代シリーズでいうと『F91』のシーブックに近いのかな(ワタル)
へ~、そうなんですか?
まだ媒体が何になるのかわかりませんけど、
それなら期待してもいいんでしょうかね。
30年ということでガンダムもお祭りなんですね。

なおUCは独立項目を作ってありますので
コメントを移動させていただきました。

その他「原作VSアニメ」
◆私も原作に忠実ばかりが良いとは思いません、かなり変えても面白くしてくれたら全然OKなんですよね。でも、原作の良さが生かせてないわ、そのくせ物語理解の大事なところは原作参照してねでは、アニメ単体で評価して原作と比べるなよ、なんて原作厨と呼ばれてもケッですね。アニメ単体がダメだから怒るんだっつうの
確かにそうですね~
アレンジはいいと思いますよ。「言葉として聞くセリフ」
「いつもある色」「BGM」そしてなんといっても「動き」は
紙ベースの原作にはないものですもんね。

原作を読み込んで理解し、その上で無駄を省いたり
演出という名のアレンジを加えたり、役者の演技や
作画やエフェクトで原作とは違った魅力を引き出して
欲しいと思いますもんね。多くの人はきっとそれが
魅力的なら原作とは大胆に違ったっていいんですよ。

◆マンガや小説のアニメ化の際、原作に忠実じゃないと拒絶したりする人もいますけど、自分は原作と違うオリジナル展開も面白ければそれでよし。マンガや小説、アニメでは表現するものが違うんですかね。面白く、愉しめればいい認めます。鋼の錬金術師なんかがそうです。逆はラインバレルですかね
アレンジされてさらに原作以上になる事も
アレンジが逆にダメという場合もあるので
一概にどっちがダメとも言えないですよね。

オリジナルでは不評の井上大先生ですが、
デスノの大胆アレンジは物語が簡略明快に
なってよかったと思うし、ハガレンもアニメの
かなり大胆なアレンジは好きです。原作も
すばらしいプラネテスの谷口流アレンジも
かなりエンタメしててよかったと思います。

逆にアイシールドなんかはダメでしたねー、
好きな作品だったのに(笑)

絶対絶対原作に忠実に!というなら
「蟲師」レベルまでいってくれないとね。

鋼の錬金術師(4月開始) *前作 ヘの コメント
◆未だに新キャストに違和感が。ホムンクルスというかもう前々番組の特派かと。エンビィーやロゼが消えたけどヤサコやバーローがはいってきたよ…おっと、再放送中の電脳コイルと間違えたようで
まぁ前作が強烈だった分、違和感はあるかもですね。
私は今のところさほど違和感は感じてないです。
キンブリーはうえだゆうじがよかったなと思ったくらい。

でも今でこそ「大佐はやっぱり大川透さん!」なんて
言われてますけど、私覚えてますよ、当時「あんな
オッサン声はいやだ!」とあちこちでブーイングが
起きてたこと!ホント、調子いいなぁと思います。

コードギアス 反逆のルルーシュ&R2
◆C.C. の色気に惹かれたと書いた者です。20歳のころ、25歳ぐらいの色気たっぷりの女性に「フフ……いろいろと教えてあげるわよ」ということになったんですよ。最初は躊躇しましたが、関を切ったら、ええ、もう遠慮しませんでしたよ。またああいう機会ってないかなぁ……。あ、ギアスと全く関係ないや。失礼しました。。。
C.C. の色気に惹かれたと書いた者です。もう少しだけ続けます。ああいう、半目が開いた状態で「フフ・・・」と微笑している妖艶な感のする人って自分のツボなのかもしれない。優しい目で接してくれるセシルさんもいいなぁと思ってしまいました。ああっ、人様のサイトで何を書いているんだろう。。。
ギアスを見始めたきっかけは C.C. の色気に惹かれたからでした。僕は20代後半で普段アニメは全く見なかったのですが、ふとテレビで C.C. を見たとき、まさかアニメキャラに本当にドキドキするなんて思いもしませんでした。になにな様はこういう体験が大人になってもおありでしょうか?

セシルさんは優しそうなのでわかりますけど、
C.C.はなー…私の好みではないので(笑)

なんですかその男なら誰もがうらやむような
「据え膳食わねば男の恥」状態は!
ミハエル?君はミハエルじゃないか!?

ってかねー、ツレどもとくだらないシモネタ話に花を
咲かせてると、大概どいつもこいつも「美女から誘われて
やっちゃった♥」という「武勇伝」を語り始めやがりますが、
これってホントに信じていいんですか男性諸君?(笑)

その他「メカもの最終決戦」
◆ファーストガンダムとダンバインの最終決戦ですごいと思ったのは流れ弾で手足が破壊されるところです。最近の作品にもこういう描写がもっと見たいですね
戦争なんて容赦のない阿鼻叫喚の殺し合いだ
というトミノの信念のようなものを感じますね。
ゲームみたいにマルチロックオンして撃ち殺し、
自分は弾もビームもかすりもしないなんておかしい。

機動戦士ガンダム00 1st & 2ndシーズン(3月終了)
◆展開とは関係ありませんが、勝手にセラヴィーの背中のガンダムヘッドは0ライザーみたいな支援機と合体してサイコガンダムみたいなのになるのかと…。結局ナドレと同じでガッカリでした。
ナドレはちょっと驚かされましたが、結局二番機を
搭載しているというだけで意外性はなかったですね。

つかティエリアは二期で人間的に飛躍的に成長した
キャラだと思うのに、全く生かされませんでしたね。
生かされないどころかせっかく人間味溢れるキャラに
なったのに、最後はヴェーダと融合して人外化って…
なんだそれは!キャラクターに整合性がなさ過ぎる!

◆CBは人類共通の敵として宇宙に散り、マリナ姫は非武装を貫いた結果こども達を失い…などとひたすら悲劇を想像していたので「よくわからないけどハッピーなED」にハァ?ってなってしまいました
わはははは、「ハァ?」はわかりますわかります!
悲惨さの欠片もない変な最終回でしたね~

小熊もルイスも個人的感情で他者を屠りながら
別に悩むでもなくスッキリした顔してて違和感。
マリナ姫は一般人に戻って子供たちを育てるのかと
思ったらいきなり国家元首に返り咲いてて「ハァ!?」
あれだけ自分の無力さを痛感して戻れる心臓がすげぇ。

◆ガンダムシリーズ、初完走しました。 物語も登場人物もMSも、全てがインフレを起こして、結果的に何も回収されなかったなぁ・・・という感じですかね。 ここまでカタルシスを感じさせてくれないロボット物も珍しい気がします。 座敷あざらし
ガンダム初完走お疲れ様です。

ただし何もこの作品でなくても…と歯がゆいです。
ファースト、Ζ、私はΖΖも面白かったのでお勧めだし、
一番好きなのは0083です(コウとニナがウザくるしいが)
Gガンも面白いんですが、ガンダムを理解した上での
許容量が必要かも…いや待てよ、むしろ最初にGガンを
どどーんと見ちゃえばフツーに受け入れられるかも?

その他{聖戦士ダンバイン」
◆去年のアメトーークのアニソン特集で宮迫がダンバインとぶがお気に入りだといっていました。アタック、アタック、アタックの所が特に燃えると。同感でしたね
ダンバインはいいですよ。MIOの歌は力強くていいですよね。
4/10に最終回を迎えたダンバイン、
26年の月日を経てようやく見ましたが
最終回はものすげー死にまくりでした。

'82 ザブングル → 死なない
'83 ダンバイン → 死にまくり
'84 エルガイム → 死なない
'85 Ζガンダム → 死にまくり
'86 ΖΖガンダム → そこそこ(Ζほどではない)

ザブングルの前のイデオンはああだし、
ΖΖのあとのVガンもああだし。
もしやトミノのデスサイクル?

その他「サブングル&ダンバイン」
◆http://www.nicovideo.jp/watch/sm1947930 ダンバインとザブングルのMADです。秋田大学のすごさに関心しました
なんスかこれは(笑)
いやはや爆笑させていただきました。
「うちは農家」って無駄に歌がうますぎます。
「大根植える」ってなぁ…あと最後のはバイファムの
挿入歌「君はステキ」ですね。懐かしすぎて泣けた。

その他「スクライド」
◆今更ながらスクライド1話を視聴したのですが...これ.....ひょっとして物凄い名作じゃね?
なんですか今さら(笑)
黒田と谷口が組んだあの作品の熱さ、
面白さ、メチャクチャさはないですね。
笑えて泣けて燃えて感動できます。

一挙見ですがレビューもしてますし、
このブログの検索機能で「スクライド」を
入れてみてください。何度も語ってます。

特撮&仮面ライダーシリーズ
◆カーレンジャーでは電気ウナギで作ったうな重でパワーUPする話や阪神ファンの怪人と戦う話が印象に残っています。後者では1号ロボと2号ロボで手足パーツを交換して戦ったりと今見ても面白いシーンがありましたよ
90年代半ばというと本当に完全にアニメ、
ましてや特撮などとは離れてまっとうな
生活をしてましたからまったくわかりません…

はっ、もしやこの作品を熱く語ってらっしゃる方は
私のように「90年代半ばにはすでにいい大人だった」
のではなく、まさにリアルタイムで毎週見ていた
チビッコだった…な~んて事はないですよね?ね?

◆芋羊羹 普通に食べると巨大化することを偶然発見し、芋長という店で普通に500円払って購入するんですよ。でもファミマで買った物を食べたら逆に縮んでしまうという…。最終決戦でも芋羊羹が逆転の鍵になりましたし、もうカーレンジャーと言えば芋羊羹という感じです
作らせるでも奪い取るでもなく
買ってるんかい!!!!!
なんていい悪の組織なんですか。
もーヴァンプ様も感動しちゃいますよ。

戦国BASARA(4月開始)
◆BASARAの前田慶次は利家達と仲がいいのが個人的に気に入っています。利家を知ったのが大河ドラマだったので、いやなおじさんとして書かれている花の慶次に不満があったので
そもそも「花の慶次」で読むまではマイナーな
前田慶次なんぞよく知りませんでしたっけ。
BASARAの人間関係は超絶いい加減なので
ま、どうでもいいですね、面白ければ(笑)

機動戦士ガンダムシリーズ(Ζ、ΖΖ、G 他)
◆種と00の見た後だと、Gガンダムはかなりの完成度だったなと改めて思いました。種と00が主人公以外いらない子状態のまま投げっぱなしで終わったのに比べ、主人公、ヒロイン、ライバル、サブキャラにいたるまで見せ場と落とし所をキチンと用意して、きっちり終わらせたのは凄い事だと思いした。
もちろん、それが当たり前と言われたらそれまでなんですが、その当たり前が出来ていない作品が多すぎるので余計にそう感じたのかもしれません。こっち(視聴者)が見たい物を見せてから、きっちり終わらせた作品と言うと陰陽大戦記とガン×ソード、あと電王くらいしか思いつかないですね

Gガンは最後までまっすぐに突き抜けました。
師匠との別れからドモンからレインへの
熱烈な愛の告白、それが冷めやらぬまま
石破ラブラブ天驚拳ってアンタたちはー!

敵の撃破、ライバルたちとの共闘、父の救出、
物語の帰結、ヒーローとヒロインの愛の成就。
どれをとってもきっちりまとめきりましたよ。
近年のガンダムは全くできてないですね、これ。

私は自分がレビューした中では意外ときっちり系は
ありますよ。挙げてくださった3作品はもちろんで、
ハガレン、ホスト部、 攻殻、精霊、プラネテス、
スクライド、デジモンS、ガングレイヴなどなど…
知名度の低い作品では「ヒロイックエイジ」や
「ノエイン」などもよかったと思いますね。

皆やればできる子なんですよ。

仮面ライダーディケイド(1月開始)
◆会川さん、雑誌で「悲しいことがあって、ディケイドからは外れることになった」などと言ってますけど、いったい何が…。大先生が担当するのはクライマックス間近みたいなので、変に個性出したりはしないと思いますが……
制作側と何かトラブったんでしょうかね?
せっかくいい感じできてるのに、メインライターの
交代は視聴者にとってもキツいですよね~。

鉄腕バーディー DECODE&DECODE:02(3月終了)
◆最終話の作画は本当に凄かった。あのアクション、猛烈に動く高速戦闘は圧倒された。ナタルの怒りが伝わってくるほど。子供バーディの狂乱もだけど、感情の激しさまで伝わるシーンは本当に凄かった
バトルのウネウネした動きはよかったですね。
バーディーってレビュー屋さんたちからも不遇な扱いで
取り上げられてるのもあまり目にしなかったんですけど、
一期より二期の方が面白かったし、良作だったと思います。

◆ナタルが最後まで優しい良い男だったのが良かったな。境遇を知れば、親友を親を殺されれば、復讐する理由もわからなくもない。バーディとの関係も良くて、OPにもある黄色の並木道を二人で歩くシーンは綺麗だった。だからこそ最後の言葉もなく伝えるキスの愛が良い。好きとか言わずにキスだから
ナタル、すごくよかったですね。
穏やかで優しくて、本当はずっと一人ぼっちだった
バーディーの事を心から愛してくれてましたもんね。
彼もどこかでひっそりと生きていると信じたい。
ホントに今思い出してもせつないラストでした。
だがそれがいい。

Phantom~Requiem for the Phantom~(4月開始)
◆来週からアニメのオリジナルエピソードが入るみたいですが、後編を原作者自らが担当するみたいなんですが、原作知ってる身としては公式の外伝を見られるようで嬉しいです。ブラスレイターのXAT壊滅編も面白かったですしね
ああ、ブラスレイターはあのZAT壊滅が
一番の盛り上がりでしたね、後にも先にも。
なら心配ないかな?楽しみに待てそう。

***更新***

映画視聴感想 バガー・ヴァンスの伝説 UP
スポンサーサイト