FC2ブログ

ワンナウツ!

この週末はこの春終わった「ワンナウツ」を全話視聴。
いや~、最高に面白かった!すっげー楽しかった!

評判がいいのは知ってたけど、ちょっと誤解してた。
私、昔マガジンだかサンデーによくあったみたいな
サインを盗みあう姑息な野球漫画とか、賭け野球の
駆け引きとかそんなダーク系ベースボールものかと
思ってたんだよね(「賭け野球」はホント最初だけ)

もちろん実際はとんでもねぇインチキ球場で
「おまえらそれでもプロか!」というような
ハチャメチャなトリック野球ばっかりやってるんだが、
もうもうこれがとにかく面白い!何度も大笑いしたし
先が気になって楽しみでしょうがないんだよね。

走るしか能がないカリビアンに梃子摺ったり、
いつもいつも大量リードから大逆転という
「おまえらどこの草野球チームだ!?」という
大笑いの展開ばかりなのだが、これがまた
めっちゃくちゃ面白い!ツボにハマるハマる。

世界観の狭い女が描くスポーツものと違い、
プライベート的なシーンなどほとんどないため
とにかくほとんどが試合の駆け引きに費やされる。
野球嫌いの人が見たら野球はこんなに頭使って
ねーだろ!とツッコまれるだろうけど、それがまた
思った以上に面白いんだからいいじゃないか。

女キャラは沖縄の黒い胴元ババァとキャスターと
ウグイス嬢とビールの売り子くらいしか出てこない。
(その代わり番組が終わるとアカギ時代に見たような
ジャンニックもどきが「GO!GO!リカオンズ!」と踊る)
そのへんがウザくなくていい。ひたすら野球なのがいい。

渡久地は正直初めは「ただのイヤなヤツ」かと思ったのだが、
なんだかんだでダメダメチームのリカオンズに溶け込み、
ダメダメな連中を引っ張り、児島を信頼し、バッテリーを組む
出口のこともさんざんダメ出ししつつもちゃんと認めている。

この出口は児島ほども達観できていない小市民なので、
サイン合戦の時渡久地にズバズバ刺される心理状態は
最高に面白かった。わかる~、わかるぞ出口その気持ち!!
ホームスチールなんか無理に決まってんだろと冷や汗を
かきながら「でも従わないと角が立つし」と考えてるところは
涙が出そうになったわ。出口、おまえいいやっちゃなぁ!
Lのおかげですっかり評価が上がった勝平ちゃんもナイス。

いやもうとにかくこれはリアルタイムで見る気がなかったのは
もったいなかったけど、逆に言えば常に先の展開が気になる
作品なので次々と続きを見ることが出来る一挙見も楽しかった。

インチキナックルとかさー盗聴とかさー言いがかりとかさー
(インチキナックルを攻略するところはカタルシスあったわ)

ってかどんだけ広岡…じゃない、城丘が悪者なの!
最初はまさか世界のお…じゃなかった、天堂監督が
悪いのか!?と思ったらこっちも城丘(弟)ってあんた!

私は野球が大好きだけど、自分がやったり好きなチームを
毎年毎年応援するためにできる限り試合を見るという事は
ないので(もっと時間のあった昔は毎日野球を見て聴いたが)
ある程度の知識はあるけど全くのトーシロレベルだ。

そのおかげなのかいつもならえらいドンくさい推理力しか
持っていない私には物語のトリックや罠への対処法が
イマイチわからないのだが、この作品は相性がいいのか
出口や児島たちが「ええ?どーいう事だよ渡久地!?」
と聞き返す時は大概「三振取ればいんじゃね?」とか
「音だろ」とか「1球目から振らないと損」などと的中し、
それがまたいい気分で物語を楽しめる要因になった。

アカギと鷲巣、カイジと兵藤というトンデモコンビが
対決してきたこの枠だが、今回は渡久地とオーナー。

しかし前の二組と違い、こちらはある意味直接の対決ではなく、
「ワンナウト500万」「1失点5000万」という契約を交わしての
対決。金の亡者のオーナーを内海賢治、良心的な部長を古川
登志男というベテランが固め、グラウンドとは違う社長室の
盛り上がりも毎回毎回面白かった。オーナーは自分のチームの
勝ち負けより渡久地潰しにご執心だが、もしかして忙しい身で
毎回渡久地登板の試合を全部見てるってのは実はすごくね?

主役も萩原聖人だったし日テレ深夜の「勝負もの三部作」と
なるらしいけど、カイジは映画化や続編が予定されてるんだし、
ワンナウツも決着してるんだから最後までやっていただきたい。
アカギは鷲巣さま破産ピンチ以来全然進んでないらしいので
無理そうだが(周囲では次は「金と銀」がいいという意見多数)
どっちにしろ蒼天航路が長そうなので次作はまだ先の話だろう。

最終回、万年最下位から抜け出してまるで優勝したように
大喜びするダメダメチームを見て渡久地に礼を言う児島に、
まだおまえとの勝負が終わってないと淡々と語るシーンは
胸が熱くなる。勝者は敗者に従うもの。あの日腕が欲しいと
言われ、折られると覚悟して差し出した渡久地の右腕は今、
リカオンズを優勝させる約束の腕として力を振るっている。

本当にいい作品だった。面白かった。楽しかった!!
昨年10月に始まった新番組の中で、2クールものとしては
飛びぬけて面白かった。ホント、続編やってくれんかしら…

***更新***

映画視聴感想 ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE UP
スポンサーサイト



戦国バカ等

すっげーハイスピード展開で面白かったハガレンとか
「すまん」じゃなく「ゴメン」とデレた殿に大笑いのシンケンとか
クウガクラスの練りこみで非常に面白かったアギト編の
ディケイドとか、他にも周囲の人間が「グイン・サーガって
結構面白いね」と言ってくるので「えっ…」と動揺してるとか、
「蒼天航路」はかなり堅実な作りで楽しめそうだとか、
「シャングリ・ラ」が意外といいとか、でも最高はやはり
期待の120%以上上を行った「東のエデン」だったりとか、
ビミョーだけど一応もう少し見ようと思った「ファントム」とか、
マジンガーの破壊力(警官の超走法とか)だったりするけど、
戦国BASARAは今回もやっぱりバカだった。何がってあんた、

あれ桶狭間違う

あんなん俺知らん。魔王降臨の日本の明日はどっちだ。

***更新***

映画視聴感想 消えた天使 UP
Visitor&Resident
最近の記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク